« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010.06.30

100630 堂島ロールと先斗町入ル

100630 堂島ロールと先斗町入ル100630 堂島ロールと先斗町入ル ダイエット中ですが梅雨の中休みと云うことでお許し下さい。

Posted on 6月 30, 2010 at 06:05 午後 | | コメント (0)

100630 電気自動車のテスラ上場

 トヨタとの提携で一躍知名度が上がったテスラがニューヨークのナスダック市場に上場されたそうです。
 記事によるとCEOのイーロン・マスク氏はネット決済サービス「ペイパル」などを興した起業家だそうで、会社創業も2003年とまだ7年しかたっていないそうです。
 電気自動車は家電やパソコン並に優秀な部品を組み合わせたらすぐに独自な完成品が組み立てられるので、自動車産業の構造が変わる可能性があります。
100630_tesra【日経新聞記事引用】
電気自動車のテスラ上場 初値、公開価格上回る19ドル
2010/6/30 1:12
 【ニューヨーク=川上穣】米電気自動車(EV)ベンチャーのテスラ・モーターズが29日、米ナスダック市場に上場した。初値は19ドルと公開価格(17ドル)を約12%上回った。有望なベンチャー企業の上場として、投資家の関心の高さを裏付けた。テスラは上場で総額2億ドル超を調達し、成長戦略に資金を投じる計画。

 テスラは2003年の設立。ネット決済サービス「ペイパル」などを興した起業家、イーロン・マスク氏が創業資金を出資した。独ダイムラーとの提携に続き、今年5月にはトヨタ自動車との資本・業務提携を発表。トヨタと米ゼネラル・モーターズ(GM)の旧合弁工場「NUMMI」の土地や建物の一部の購入も決めた。

Posted on 6月 30, 2010 at 10:45 午前 | | コメント (0)

2010.06.29

100629 屋上ビヤガーデン

100629 屋上ビヤガーデン 部内の歓送迎会で三宮で飲み会
 何年振りかの屋上ビヤガーデン
 以前と違って、酒の種類もつまみも中身が充実しています

Posted on 6月 29, 2010 at 06:58 午後 | | コメント (0)

100629 HAYABUSAの次はIKAROS(イカロス)の宇宙ヨット

100629_ikaros 太陽の熱を利用して発電するのは太陽電池ですが、宇宙ヨットは太陽の光を風として縦横14m四方の帆に受け、風圧?を推進力として航行します。
 HAYABUSAのイオンエンジンも新しい技術の実証として成功しましたが、IKAROSの太陽光帆行も新しい技術への実証実験ですから成功して欲しいですね。

【日経新聞Web版より引用】
宇宙ヨット「イカロス」 帆の制御装置の動作確認 宇宙機構、太陽光を「風」として利用  2010/6/28 19:47

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は28日、5月に打ち上げた宇宙ヨット「IKAROS(イカロス)」の帆を制御する主要装置が動作することを確認したと発表した。同機構は今後、太陽光を地上の“風”のように利用して進むイカロスが実際に進路を変えられるか本実験に取り組む。

 帆は正方形で1辺が14メートル。どら焼きのように折り畳んでいたが、宇宙できちんと広げることに成功した。電源となる薄膜太陽電池のほか、航行の向きを制御する装置として液晶素子が付いており、電気で液晶素子を動かして太陽光の受け方を調整しながら進行方向を変える仕組み。

 同機構は液晶素子を電波で操作し、使い捨てカメラをイカロスから分離して帆の様子を撮影することに成功した。

 イカロスは燃料を搭載しておらず、本実験に成功すれば、太陽光を利用して航行するのは世界で初となる。液晶素子が順調に動いたことで計画はさらに一歩前進した。

Posted on 6月 29, 2010 at 10:19 午前 | | コメント (0)

2010.06.28

100628 山行記録:6/27 丹波・長老ヶ岳/新ハイキング関西例会 【写真追加】

100626_27_049 長老ヶ岳は一等三角点の山なので名前だけは学生時代からよく知っていて、いつかは登りたいと考えていましたが、綾部の東で舞鶴にも近い遠隔地ですから日帰りが難しく、なかなか実現できませんでした。
 ですから、新ハイキングの例会に取り上げられ、貸切バスで日帰りできる行程でしたから、すぐに参加申し込みをさせていただきました。
 ところが、前日の土曜日(6/26)は夜までほとんど止むこともなく雨が降り続いていて、日曜日の例会開催は厳しいのではないかと懸念していました。でも、17時の天気予報では降水確率が30%しかなかったので、天気予報に期待して、早い目に就寝しました。
 朝5時に起きたら雨はやんでいて、六甲や摩耶山はすっかり雲に覆われてはいましたが、天気予報通りの曇り空。勇躍、集合場所の京都に向かいました。

  当初の予定では長老ヶ岳の北側、仏主(ほどす)登山口から森林公園を登る予定でしたが、下山後のアマゴの里への便宜を考えて、南側の上乙見から登ることになりました。
 登り道としては自然林と植林の静かな谷沿いから尾根への上りが続き、京都北山らしい雰囲気が味わえてよかったと思います。

【山行記録】
丹波「長老ヶ岳」/新ハイキング関西山行
日 時:6月27日(日) 9:35~13:57
集 合:JR京都駅/八条西口 団体バス乗り場 7時40分
参加者:27名リーダー村田さん、SL・SENさん、JNKさん、きよもり
地 図:25000分の1地形図「和知」 
 断面図、 GPSトラック図
100626_27_076 行 程:歩行距離:7.7km、所要時間 4時間21分(歩行時間 3時間04分、休憩・昼食 1時間17分)、曇り、28℃~24℃
 京都駅7:43⇒貸切バス/京都縦貫道⇒8:45「丹波の里」やまがた屋(トイレ休憩) 9:02⇒9:21上乙見
 上乙見(点呼、体操、280m、28℃) 9:35→9:57林道終点(410m)→谷沿いの山道→10:05徒渉(450m)→10:15あと100分の道標(500m) 10:19→ 10:37谷離れ(620m) →10:45立ち休み(670m) 10:48→11:03支尾根(780m) 11:15→11:24尾根道→11:32NTTアンテナ(遊歩道合流)→11:40長老ヶ岳(一等三角点916.9m、昼食、24℃) 12:28→12:32NTTアンテナ→遊歩道→12:50 P785m巻き道→12:59東屋(750m)→直進→13:07戻り点(700m)→13:17東屋(750m) 13:21→13:33展望台(690m) 13:39→13:57管理棟(トイレ、530m、バス出迎え)14:12⇒貸切バス⇒14:24林道(七色の木 見学往復) 14:40⇒14:45アマゴの里(着替え、アマゴの塩焼き、ビール) 15:50⇒貸切バス・京都縦貫⇒16:32「丹波の里」やまがた屋(トイレ休憩) 16:45⇒18:05京都駅(解散) 18:23⇒快速⇒19:26住吉
費 用:4,500円
 4,000円(京都駅からのバス・アマゴ・飲み物代)+「山行運営費」 400円+「保険料」 100円

【写真】 20160918再編集
Google フォトのアルバムです。
100627 上乙見から長老ヶ岳 /新ハイキング関西例会

【写真】 現在リンクは開けません(理由不明160918)
PicasaのWebアルバムです。
写真は位置情報付きで78枚あります。

100627 長老ヶ岳

Youtubeのフォトムービーです。
再生時間は8'50"です。

【地図】
 断面図
 100627t_tyorogatakedanmen_2

 GPSトラック図
 100627t_tyorogatake_2

Posted on 6月 28, 2010 at 11:05 午後 | | コメント (0)

2010.06.27

100627-2 アマゴの里

100627-2 アマゴの里
100627-2 アマゴの里 15時00分前に降りてきて、アマゴの里で打ち上げ
 トレトレのアマゴに塩だけかけてほうばると山里の香りが広がります。

Posted on 6月 27, 2010 at 04:39 午後 | | コメント (0)

100627 長老ヶ岳

100627 長老ヶ岳100627 長老ヶ岳 幸い雨にも遭わず11時45分、無事山頂に着きました。
 折角の一等三角点ですが、あいにくのガスで展望はありません。
 遊歩道を下ってアマゴの里で酒盛りです。

Posted on 6月 27, 2010 at 12:09 午後 | | コメント (0)

2010.06.26

100626 悠斗君

100626 悠斗君100626 悠斗君 悠斗君は2年ぶりなのですが、大きな可愛い目はそのままです。
 ベランダから目を輝かせて車を見ているのもちっとも変わっていません。

Posted on 6月 26, 2010 at 06:00 午後 | | コメント (0)

2010.06.25

100625 Twilogとは

100625_twilogTwilogというのは、自分が発言したTwittsのログを検索したり、一覧するためのアプリだそうです。

【紹介記事引用】
http://twitternavi.blog88.fc2.com/blog-entry-23.html

twilog(ついろぐ)とは
http://twilog.org/

「Twilog」(ついろぐ)はTwitterのつぶやきをブログ形式で保存、閲覧できるサービスです。

登録すると、自分のつぶやきのログを自動的に記録していきます。
記録したログは日ごとにまとめられ、ブログ形式で閲覧することができます。
ユーザーページのサンプル(開発者のつぶやき)

Twilogの特徴
* つぶやきを日ごとにまとめて記録していくので、過去のつぶやきも簡単に見ることができます。
* パスワード不要で簡単も登録!もちろん無料でご利用いただけます。
* つぶやきをHTMLソースとしてまとめて取得し、あなたのブログに貼り付けることもできます。
* リプライを送った相手やハッシュタグごとに、つぶやきをまとめて見ることができます。
* 過去のつぶやきを、キーワードで検索することが可能です。
* つぶやきに、携帯百景、TwitPic、はてなフォトライフのURLが記載されていると、
   画像を展開して表示します。
* 登録しなくても、ユーザー名(username)をフォームに入力すれば、最新200件分のつぶやきを
   ブログ形式で見ることができます。HTMLソースの取得もOK
-引用説明-
こんなの欲しかったって感じです。ありがとうございます。

【きよもりの過去のTwitter】2010/06/11~06/25

-
-
16982344062

「包括利益」11年3月期連結から開示義務付け 会計基準委決定:日本経済新聞 http://goo.gl/g8av →100625 包括利益を算出するためには営業外収入・営業外費用や特別利益・特別損失の洗い直しが前提ですから、企業側の対応は結構大変です。

-
16972476067

ASCII.jp:ぺんてるの「airpen」がEvernoteと連携 http://goo.gl/0pD4 →100625 写真を見てびっくり、センサー部分は10cmくらいしか無いんですね。これなら、筆記用具と一緒に持ち歩いても邪魔になりません。12千円くらいだそうです。

-
16964421803

I ran 1468m before hitting a wall and tumbling to my death on my iPad. http://www.canabalt.com/

-
16915337974

大阪市立科学館-プレス用資料・画像 http://goo.gl/YzFB →100624 Hayabusa_JAXA 大阪市立科学館の飯山青海学芸員が撮影された「はやぶさ」の地球帰還のライブ映像です。400Mbyteもありますから、ダウンロードして解凍してください。

-
16902535929

「iPadは人の想像力をかきたてる端末」“iPadショック”の林信行氏が公開トーク - ニュース:ITpro http://goo.gl/UFkZ →100624 先進的ユーザーがiPadを活用するのはこれから。それまでは浅く広く情報を拾うしかありません。

-
16902098390

Evernoteが日本法人を設立。画像から日本語認識も可能に - ニュース:ITpro http://goo.gl/cTJn →100624 Twitterに気になる記事を書き出してからはすっかりEvernoteにはご無沙汰しています。ファイル共有はDropBoxに移行しました

-
16893740871

日本のファッション業界に影響を及ぼすブロガー誕生なるか?:記事の芽 http://goo.gl/I4hF →100624 ブログやTwitterは無名の個人が世界に向けて発言する機会を作ってくれました。あとは内容で勝負

-
16893422656

アマゾン、iPadに対抗して、Kindleを値下げ Computerworld.jp http://goo.gl/lJ82 →100624 ソフトで儲けるなら、ハードは無料と割り切るべきでしょう。最後はコンテンツでの勝負です。

-
16889685791

予定が書き込める黒板製の時計「じこくばん」 - ヒット研究所 - 日経トレンディネット http://goo.gl/FekM →100624 1万4700円でも初回分は売り切れ。今は受注生産だそうです。何となく懐かしいけど、書き込みを考えるとやはり机の上に置くのがよいでしょう。

-
16889280469

フジCSの連ドラに賛否両論 なぜ“第10話”は消えたのか? - トレンド - 日経トレンディネット http://goo.gl/KNG4 →100624 最終回がないTVドラマ。横槍が入って放映をやめたのではなく、当初から作らず、後日談だけ作ったそうです。すごい勇気です。

-
16828399473

iPadではHTML5対応プレーヤーを自動起動、スマートフォン向け動画配信ソリューション:ITpro http://goo.gl/4EUU →100623 iPad最大の弱みはFlash非対応。アプリ側で自動的に認識してiPadであればHTML5で表示するBrightcove

-
16827716494

iPad快走、販売300万台を突破 発売80日で:日本経済新聞 http://goo.gl/VITN →100623 予想通りの推移ですが、年間1300万台を販売するには、iPadだけで動くキラーアプリが必要です。

-
16826704995

日産が株主総会 ゴーン社長の報酬8億9000万円:日本経済新聞 http://goo.gl/fcW9 →100623 ソニーのストリンガー会長が約4億1000万円ですから、倍以上で国内最高。豊田章男社長の1億数千万円との差は何でしょうね。

-
16818925709

100621 山行記録:6/20 山仲間第132回例会 武庫川峡谷/福知山線廃線跡~道場 http://bit.ly/aWrk0S

-
16816652468

「ネロには死んでもらいます」 フランダースの犬秘話:日経ビジネスオンライン http://goo.gl/2lX6 →100623 子どもたちと一緒に毎週欠かさず見ていた「世界名作劇場」作る方も見る方も一生懸命で真面目な時代でした。

-
16813343494

I uploaded a YouTube video -- 100620 武庫川峡谷/福知山線廃線跡.wmv http://youtu.be/f6p4qn2GjJU?a

-
16811604410

キーで文字入力はもう古い?「音声で検索」の時代に突入:IT羅針盤 http://goo.gl/ndMV →100623 グーグル「ネクサス・ワン」、MSの「Bing」、Sourcenextが発売する「超速通訳 ツージル」など、音声認識もようやく実用化レベルになってきたようです。

-
16808887038

ASCII.jp:iPadでモテるアプリを使いこなす技|柳谷智宣の「真似したくなるPC活用術」 http://goo.gl/u4mI →100623 そろそろひと月経って、iPad関連の入門書も出揃い、アプリの紹介も広範になってきました。次に市場を賑わすのは裏技ですね。

-
16748150832

SAP ジャパン - ビジネスインテリジェンスによる成功の鍵がここに。 http://goo.gl/DKKy →100622 『徳川幕府の海外情報網~予告されていた黒船来航』 情報は「収集」されても、「分析」と「活用」が無ければ何も生かされないという事例

-
16747472503

「蝶の翅色」のナノ構造と宇宙素材 | WIRED VISION http://goo.gl/KvVw →100622 蝶の羽の鮮やかで個体ごとに異なる色合いにはジャイロイド(3方向に無限に連結した3次元の周期極小曲面)という特殊な結晶構造が作用しているのだそうです。

-
16746051149

NEC株主総会、「はやぶさの技術、クラウドに」:日本経済新聞 http://goo.gl/Mmao →100622 ライバル企業と明暗を分けて株主総会。次の事業基盤を早急に確立することが喫緊の課題です。

-
16745344092

元社長の辞任に質疑集中 富士通社長、株主に陳謝:日本経済新聞 http://goo.gl/QT36 →100622 経営改革の実績と突然の辞任。相反する要素を正当に評価するのは難しい。それでも、富士通の企業体質の古さ硬さは株主からひんしゅくを買って当然です。

-
16744776407

iPhoneが渡す引導:日経ビジネスオンライン http://goo.gl/4j9a →100622 既存の携帯電話の市場縮小を受けて、NEC+カシオ、富士通+東芝の事業統合は収束へのワンステップ。LTEへの移行が起死回生の効果を生み出す前に市場はスマートフォンに席巻されるかも

-
16742273230

なぜ鳩山前首相は「裸踊り」と呟いたのか:日経ビジネスオンライン http://goo.gl/TPZI →100622 内容は菅首相の計算し尽くされた就任時の閣僚人事の小出し発表などのテク。消費税増税政策発表も絶好のタイミング、方法で打ち出されたと思います。

-
16676439951

紀伊国屋書店、電子書籍に参入 :日本経済新聞 http://goo.gl/Qlu0 →100621 新規参入が次々と名乗りを上げ、ユーザーにとっては選択幅が広がるようにも見えますが、ユーザーにとっては読みたい本が読みやすい価格で提供されるかが最大関心事です。

-
16661701763

iPad、年内にも1500万台突破か 日経BPネット http://goo.gl/gm7d →100621 大方の予想は2010年のiPad出荷台数を700万台前後としていましたが、『日経マーケット・アクセス』では倍数の予想をしています。多分、このくらいが妥当な数字でしょう。

-
16660409136

【宇宙戦略】小惑星探査機「はやぶさ」の成功に思う「わが国の宇宙政策のあり方」Tech-On! http://goo.gl/acYS →100621 『宇宙政策を戦略的に行う体制を整備』企業や政策のように費用対効果では評価できない点は、研究活動に共通の悩みです。

-
16659777909

100億円も売上水増し上場したエフオーアイ(FOI) 日経Tech-On! http://goo.gl/erZb →100621 前期売上11,855(08期9,496)、経常利益2,016(1,297)こんな数字が全て架空だったとは! 会計士や監査役は何をしていたのか?

-
16659080358

菅内閣の「第3の道」は有効か nikkei BPnet http://goo.gl/fdta →100621 着実な景気回復の流れに乗って、菅内閣の経済政策、財政政策が受け入れられる方向が明確化しています。歴代内閣の評価(ツキ)には本人の力以上に景気動向が左右する面があります。

-
16457064002

ソニー会長、報酬4.1億円:日本経済新聞 http://goo.gl/BSH3 →100618 元来アメリカには純利益の三分の一は経営者がもらってもよいという発想がありますから、日本とは倫理観が異なります。ゴーン社長はもっと上でしょうね。

-
16446969622

IFRS時代に求められる会計プロフェッション - 中澤進の「IFRS動向を読む」:ITpro http://goo.gl/d6ns 経理会計の知識だけでは対応できないIFRS。会計=簿記=決算=監査というアプローチから会計=説明責任=情報開示=企業活動全般という視点へ転換必要

-
16444592307

ASCII.jp:ScanSnap+iPadが最強! 本気で始める紙のデジタル化 http://goo.gl/FOXy →100618 紙書類の保管にスキャナとiPadをリンクさせている。Evernoteも併用されているしGoodReaderも駆使されているので最先端ユーザー。

-
16438091787

揺れる時価会計 欧米、厳格適用巡り溝広がる:日本経済新聞 http://goo.gl/bLe9 →100618 『貸付金を時価評価すると、毎期の収益が大きく振れ、貸し出しを絞らざるを得なくなる』貸付金の時価評価で利益が吹っ飛ぶ可能性も、金融界では不安視する声も高いようです。

-
16433961485

三菱自、電気自動車を実質200万円に 12年度めど:日本経済新聞 http://goo.gl/Ueix →100618 2年後には2百万円以下の普及価格帯で大手メーカーの競合が始まる。それまでに電池を軽量化、容量の飛躍的増加が必須使命になる。組立工程の簡略化で新規参入も増加する

-
16366118560

【総論】ファイルの共有は「ネット経由」が常識に:大容量ファイルを送信&保管 http://goo.gl/eLar →100617 DropBoxは見かけ上は通常のファイルなので、使い勝手がいいです。

-
16359566875

横浜銀行が営業プロセスの可視化で成果、成約額が月間300億円強に:ITpro http://goo.gl/B2ru →100617 EBM(イベント・ベースド・マーケティング)。年金や給与振込あるいは大口預金など新規取引や取引状況の変化=イベントを自動配信。データ活用に応用可能

-
16357126763

LEDで電力63%削減、内田洋行が本社で実証|日経BP社 ケンプラッツ http://goo.gl/xwMD →100617 蛍光灯からLEDへの切り替えは白熱球とは違って電気代の削減は半分程度。器具も高いから、オフィス環境トータルの刷新と考えるのが正解かも知れません。

-
16356041667

iPad、Gmail、Dropboxで実現!究極のペーパーレス仕事術とは? - デジタル - 日経トレンディネット http://goo.gl/Ub2k →100617 iPadとG-mail、DropBoxの合わせ技。どこでもオフィスの実現。

-
16355365804

全米のスタバで無料 Wi-Fi 提供。7 月 1 日から。 - スラッシュドット・ジャパン http://goo.gl/Ev0p →100617 日本でもマックやスタバで無料化になっていくでしょう。iPadを抱えて終日茶店で過ごす時代が来ます。

-
16354562293

電子化したら、本当に本を買って読むのか? iPad登場後のデジタルコンテンツ・エコノミーを考える(5/6): EnterpriseZine (EZ) http://goo.gl/ftWj →100617 キラーコンテンツ次第でブレイクする。移行の速度が早いか遅いかの差です。

-
16353007768

iPadに企業も熱視線 - 日経コンピュータReport:ITpro http://goo.gl/rCEK →100617 プレゼン用端末としての用途。外出先からの社内LANアクセス。画面が大きいだけで使い方が広がる。シンクライアントとしてうまく利用出来そうです。

-
16321787058

100617 武田尾今昔/国土地理院地図で比較 http://bit.ly/c34AFP

-
16293854361

ASCII.jp:ついにたどり着いた小惑星イトカワが「ラッコ」だった件について http://goo.gl/8Xto →100616 HAYABUSAのイトカワに接近して観測する様子を関係者が振り返りながらレポート

-
16292412593

宇宙ヨット「イカロス」帆の撮影に成功:日本経済新聞 http://goo.gl/8CyB →100616 推進エネルギーは太陽光の圧力だそうです。イオンエンジンとか太陽光圧とか、地上では想像もつかない動力源が実用に近づきつつあるのですね。この分野でも日本は頑張っています。

-
16284935032

回転式歯ブラシ 「ニッチヒット」日経トレンディネット http://goo.gl/ANLX →100616 今春、10年ぶりに歯医者へ行ったら、歯茎のマッサージが歯を長持ちさせるコツと教えていただきました。 それから毎日昼食後に歯茎マッサージをしているので歯茎が丈夫になりました

-
16284630417

100616 音声自動翻訳は同時通訳可能か? http://bit.ly/9X69RQ

-
16279172114

Foxconn、中国工場の縮小・撤退を検討? - スラッシュドット・ジャパン http://goo.gl/lZtP →100616 何かと話題の富士康の工場ですが、自殺手当なんて初めて聞きました。儒教の国ですから親のために自分を犠牲にして…なんてことはないとは思いますが…

-
16278779315

iPadで快適ブログ更新:伊藤浩一「モバイルライフ応援日記」 http://goo.gl/8zdH →100616 iPadを使ってブログを書くという発想は、自宅ではすぐ横にパソコンがあるからなかなか生まれませんが、馴れたら便利かも知れません。

-
16240089463

100615 HAYABUSA 帰還 見ました? /ライブ中継追加しました http://bit.ly/donRRe

-
16235065699

I uploaded a YouTube video -- 100613 HAYABUSA はやぶさの帰還.wmv http://youtu.be/wLTHtxG7Kpw?a

-
16198044609

富士通元社長・野副氏の仮処分申請を裁判所が却下 - ニュース:ITpro http://goo.gl/Nq1g →100615 実りのない泥試合をいつまで続けるつもりなんでしょう。こんな人が社長だったと思うと情けないです。

-
16197155958

ついにたどり着いた小惑星イトカワが「ラッコ」だった件について http://ascii.jp/e/529555/ #asciijp #HAYABUSA →100615 当事者が大挙して出演されていて、結構中身の濃い記事です。

-
16196607591

MicrosoftがWebで成功するために実行すべきこと - ITmedia エンタープライズ http://goo.gl/2gQX →100615 前門の虎APPLE、 後門の狼google、Microsoftの生き残りは蓮舫氏の「二番手では駄目なんです。」

-
16196122265

MicrosoftのバルマーCEO、スマートフォン分野での誤りを認める - ITmedia エンタープライズ http://goo.gl/5Znr →100615 「われわれは1周遅れてしまった」と認める通り、Microsoftはすでに成長領域に対応した商品がありません。

-
16195752033

Twitter、公式短縮URL「t.co」を今夏スタート - ITmedia エンタープライズ http://goo.gl/uOCD →100615 短縮URLが正規版で利用出来るのは大歓迎です。

-
16188716820

[MM読了]まんぞく まんぞく (新潮文庫) http://bit.ly/ajk3gZ 100521 ジュンク堂三宮駅前店で購入1Q84と閉口して読んでいたのでなかなか進まなかったけど、内容が軽いのでこちらを先に読了。(6/9)主人公の心理描写があまり無いので、何となく…

-
16137373555

映像プレーヤー:日本経済新聞 http://goo.gl/w2Ua →100614 HAYABUSAの帰還映像。これもはっきり写っていますが、画像は小さいです。

-
16135961954

ASCII.jp:祝帰還!「はやぶさ」7年50億kmのミッション完全解説“JAXA総力インタビュー http://goo.gl/tnGF 惑星の地球衝突を避けるには軌道をそらす方法が有望だそうです。衝突の30~40年前に発見しておいて、軌道修正用のロケットを打ち上げるそうです。

-
16130458179

生まれ変わるICタグの衝撃 - 記者の眼:ITpro http://goo.gl/LuCu →100614 950M~956MHz帯から950M~958MHz帯に拡張。場所の制限がなく読書きができ読取距離の長い「中出力型」ICタグシステム利用可能。普及に弾みがつけばいいですね。

-
16123767537

「はやぶさ」の落下カプセル確認 14日午後に回収:日本経済新聞 http://goo.gl/Og2d →100614 来年から6月13日は「隼忌」ゆかりの地に慰霊碑を立ててあげたら盛り上がりますね。できたら、中之島の市立科学館に慰霊碑を立てて欲しいです。

-
16078714470

#RealPlayer で ハヤブサ突入!, kws_futo Captured on Ustream:HAYABUSA re-entry Science http://www.ustream.tv/recorded/7634995/highlight/81175

-
16077919200

100614 HAYABUSA 地球帰還、見ました http://bit.ly/bk9XfP

-
16074659755

I uploaded a YouTube video -- 100612 オークラの尾/新ハイキング関西.wmv http://youtu.be/763f_R2tYTI?a

-
16073616621

見えましたか? (@live_universe live at http://ustre.am/iOgd )

-
16068880483

残念ながら、iPadではライブ画像はFURASH未対応なので見ることができません。 (@live_universe live at http://ustre.am/iOgd )

-
16052413858

Hayabusa back to the earth on USTREAM: 2010/6/13に地球に帰還する小惑星探査機「はやぶさ」 http://goo.gl/5VA8 USTREAMでのライブ画面はこちらです。 6/13 22:30をお見逃し無く

-
16052341951

2010年6月13日 はやぶさカプセルの帰還ライブ中継 http://goo.gl/2gmN 母校がHAYABUSAのライブ中継を企画しているようです。 6/13 22:30をお見逃し無く

-
15909351983

「重要な欠陥」は使わない可能性大、J-SOX簡素化・明確化を議論 - ニュース:ITpro http://goo.gl/427p →100611 中身は同じでも言葉のニュアンスが投資家には刺激過ぎたようです。「重要な影響」とかに代わるようですね。

-
15908952319

昨年7月に木星に衝突した天体、小惑星と判明 - スラッシュドット・ジャパン http://goo.gl/T74c →100611 たかが直径500mの小惑星がぶつかっただけで太平洋並みの陥没が出来ているそうです。いまのうちからアルマゲドン計画が必要です。

-
15907688880

「au Wi-Fi WINカード」、4200円で6月11日発売 - ケータイ Watch http://goo.gl/vOQh →100611 これでまた選択技が増えました。

-
15905396774

誠 Biz.ID:「大画面になるだけで使い勝手が大きく変わる」――iPadでLotus Notesを使ってみた http://goo.gl/sDXc →100611 iPadで社外のインターネットからCACHATTOを通して、社内のLotus Notes/Dominoにアクセス

-
15904082104

まずは“捨てる”から始まる 「消費のクリエイティブ」:日経ビジネスオンライン http://goo.gl/ZKi7 →100611 吊編み製法のTシャツの話、自然栽培のバナナの話、糸井重里さんのお話は経験ベースなので説得力があります。

-
15903610701

まずは“捨てる”から始まる 「消費のクリエイティブ」:日経ビジネスオンライン http://goo.gl/bAB3 →100611 『ダイエットを始めた人間は、自分にとって大切なおいしいものをちょっとずつ食べる工夫を始める』12000円の湯のみだからこそ選ぶ消費のクリエイティブ

-
15903153839

まずは“捨てる”から始まる 「消費のクリエイティブ」:日経ビジネスオンライン http://goo.gl/kA4V →100611 『昔、人々が百貨店に訪れたのは、そこに毎回、わくわくするような新しい何かがあったから』。『百貨店は常に新しいメディアになれ!』さすがは糸井さんです

-
15902709975

まずは“捨てる”から始まる 「消費のクリエイティブ」:日経ビジネスオンライン http://goo.gl/AvHw →100611 『消費者としての自分が、「こんなものがあったらうれしいな、楽しいな」という視点が後回しになっているんじゃないか』おっしゃる通り、商売の原点ですね。

-
15902270249

菅政権とポジティブスパイラルを作る経営:日経ビジネスオンライン http://goo.gl/Qw3O →100611 経済を発展させ、税収を増やし、無駄な出費を減らし、消費税を上げて財政再建へのベクトルを定め、社会保障を充実させる道を拓く。法人税引き下げは第一歩、次が消費税UP

-
15901584940

おそらく、うちの国の人たちは政変が好きなのだ:日経ビジネスオンライン http://goo.gl/8vLE →100611 5年間で5人も首相が代わることは異常ですが、その前の小泉さんは歴代3位の5年半も君臨されたことを忘れてはいけません。改革できない宰相は無能だということです

-
15899237545

「絶対儲からない」はずのアマゾン流が成功する理由:日経ビジネスオンライン http://goo.gl/OWIU →100611 『顧客に喜んでもらえるナンバーワンの価値を提供し続ければ、必ず成功できるという企業哲学』品揃え・低価格・利便性は商売の普遍的な鉄則。損して得をとる戦略

-
15897721878

「第3回政策アンケート」の予言的中 今、永田町を支配する「B党」って何?:日経ビジネスオンライン http://goo.gl/woDa →100611 B党とは「安定重視・成長派」。財政の安定は消費税増税で資金基盤を作り、それをもって産業を活性化する政策。いつ増税するかがキー。

-
15896437737

シリコンバレーの「縮図」イケア(海外とっておき):日本経済新聞 http://goo.gl/6fzk →100611 人の出入りが激しいシリコンバレーでは、転入者が最初に訪れるのがイケア。「肌の色も言葉も違う多種多様な人々で常にあふれている」のだそうです。納得!

Posted on 6月 25, 2010 at 01:42 午後 | | コメント (0)

100625 iPadで遊ぶ

100625_findwally 休日は山や結婚式などのイベント、普段の夜はパソコンでブログの写真や地図の作成に追われていて、折角買ったiPadなのにゆっくり遊んでいる暇がありません。
 でも、昨夜は結婚式の写真をフォトムービーに変換したついでに、iPadのフォトフレーム(?)にも写真をコピーしましたから、少しiPadに触る機会がありました。
 iPadに写真を読み込むにはパソコンでiTuneを使うのが一番手っ取り早いのですが、写真を読み込む作業の行きがけの駄賃にApp Storeでいくつかゲームを落としました。
 Air Hockey Gold(エアホッケー)とか、Real Racing(カーレーシング)、CANABALT(ビルジャンプ)など、iPadの発売前から話題になっていたゲームと一緒にたまたま目についたウォーリーの姿が懐かしくて Find Wally(正式名はWhere's Wally? The Fantastic Journey) というゲーム(絵本?)も落としました。
 子供たちがまだ小学校の低学年の頃に何冊か絵本を買った覚えがありますが、大画面のiPadならこその復活といったところですね。
 遊び方などはこちらをご覧ください。http://onlyipad.blog130.fc2.com/blog-entry-50.html


Posted on 6月 25, 2010 at 08:50 午前 | | コメント (0)

2010.06.24

100624 HAYABUSA(はやぶさ)地球帰還の映像決定版

100624150135tknさんに教えていただいた大阪市立科学館の学芸員・飯山氏が撮影されたHAYABUSA 地球再突入の画像です。

【Twitterの書き込み】
大阪市立科学館-プレス用資料・画像 http://goo.gl/YzFB →100624 Hayabusa_JAXA 大阪市立科学館の飯山青海学芸員が撮影された「はやぶさ」の地球帰還のライブ映像です。400Mbyteもありますから、ダウンロードして解凍してください。

 クレジット JAXA/大阪市立科学館/GOTO INC./NCU
 約400MBありますので、ダウンロードに時間がかかります。途中で切断した場合は、再ダウンロードしてください。
  JAXAの映像および画像の使用にあたっては、JAXAのデジタルイメージアーカイブスの利用規定に準じます。詳しくは http://jda.jaxa.jp/jda/service_j.html をご覧ください。

Posted on 6月 24, 2010 at 05:49 午後 | | コメント (0)

100624 梅雨の晴れ間

100624 梅雨の晴れ間 週明けはぐずついた天気でしたが、今朝は雲もなく爽やかな快晴で気持ちがよいです。

Posted on 6月 24, 2010 at 07:56 午前 | | コメント (0)

2010.06.23

100623 体重グラフの変更

100624_diet_town 2006年頃から、毎朝体重を計ってグラフを付けています。
 最近は『ためしてガッテン!』でグラフを付けることによって体重をコントロールするダイエットが有名になっていますから、JNKさんも一緒に頑張っています。

 でも、毎日体重を記録しているパソコン用のフリーソフトが何故か途中でサービス停止になって、非常に戸惑っています。
 体重グラフのつけ始めを調べたら2005/09/01だったことが判りました。
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2006/09/060921_999f.html

 その後、当時使っていた体重記録ソフト(blogmeter.jp)の作者がHPを廃止されたので、同様のサービスを公開されているHP(hakatter.com)に移行していました。
 ところが、そのhakatter.comも6月いっぱいでサービスを停止されるとの掲示があり、またまた別の体重記録ソフトを探していました。

 ようやく、新しいダイエットタウンというソフトが見つかりましたので、明日からそちらに移行します。

Posted on 6月 23, 2010 at 07:21 午後 | | コメント (0)

2010.06.22

100622 山行計画:6/27 丹波・長老ヶ岳/新ハイキング関西例会

Cyorogatake00 週一ペースの山行が続いていますが、幸い雨に遭うこともなく計画通りの日帰り山行が出来ています。
 4/18 例会130 万路越え~海津大崎、4/24 例会下見? 丹生山系、5/1 海津大崎~万路越え、5/3~5 江若国境・五波峠~朽窪峠、5/15 新ハイ 岩籠山、5/16 例会131 石楠花尾根、5/30 例会下見 福知山線廃線跡~道場、6/5 新ハイ 地蔵峠~おにゅう峠、6/12 新ハイ 北山・オークラの尾、6/20 例会132 福知山線廃線跡~道場
 今年は引越しもあって、なかなか日数が増えませんが、それでも先週までに28日ですから、月平均では5日近く山行している計算です。
 ただ、昨年のように北アや八ツへの泊まり遠征が無くなっているので、このペースでは年間60日程度で終わるでしょう。今のところ泊まりの山行計画は8/11~14 西穂高~奥穂高、10/9~11 おにゅう峠、の二回しかありません。

 ということで、今週末も上半期の最終を飾って、新ハイキング関西例会で丹波・長老ヶ岳へ同行させていただきます。梅雨シーズンなので雨が心配ですが、長老ヶ岳は初めてなので是非行きたいですね。

【山行計画】(案内ハガキより転載)
新ハイキング関西山行案内
丹波「長老ヶ岳」
期 日:6月27日(日) 小雨決行
 前夜の気象情報で当日の京都府北部の降水確率が午前・午後のいずれかが70%以上の予報の場合は中止します。 ℡情報 0773-177(前26日の17時発表の予報)
集 合:JR京都駅/八条西口 団体バス乗り場 7時40分
コース
 京都駅7:40⇒貸切バス/京都縦貫道⇒仏主(ほどす)登山口
 仏主登山口(340m) 9:40→10:00七色の木→10:20森林公園(ハーブ園、580m)→10:30東屋展望台(740m)→11:10 P785m→12:20長老ヶ岳(一等三角点916.9m、昼食) 13:20→14:30上乙見集落
 上乙見集落⇒貸切バス⇒15:00「あまごの里」(休憩・アマゴ塩焼き) 16:00⇒京都駅(18:00頃、解散)
 今回はアユが少なく高価なので、アマゴにしました。
装 備:日帰り山行装備(雨具・帽子・スパッツ・ストック・着替え)
費 用:約4,000円(京都駅からのバス・アマゴ・飲み物代込み)
  *「山行運営費」 400円「保険料」 100円を別途徴収します。
地 図:25000分の一「和知」「島」
 断面図予定コース図
係 : 村田 智俊さん
連絡先:新ハイ関西まで(Tel/Fax 0774-53-2754)
  当日は村田さんまで (ケータイ 090-3719-3045
  *「あまごの里」 ☏ 0771-84-1400

【引用写真】
七色の木
Tyourou31

あまごの里
Amagonosato

【地図】
断面図
100627_cyorogatakedanmen

予定コース図
100627_cyorogatake

Posted on 6月 22, 2010 at 05:16 午後 | | コメント (2)

2010.06.21

100621 山行記録:6/20 山仲間第132回例会 武庫川峡谷/福知山線廃線跡~道場

 昨日は事前の天気予報では雨は避けられないと覚悟していましたが、幸い最後まで雨に遭うこともなく14kmのロングコースをクリアできました。

 前半、武田尾までは線路敷の平坦な歩きやすい道ですが、よく整備されている線路敷の散歩道と真っ暗なトンネルやスリルがある鉄橋とのギャップがかえって新鮮で結構盛り上がりました。
 後半は雨上がりの川沿いルートは岩が濡れていて一ヶ所緊張の岩場があり、更に車道に出る手前では、予想外の増水でくるぶしまでの渡渉があったりして、山仲間らしいハプニングが楽しめました。

 参加していただいた18名の皆様ありがとうございました。
 やっと写真を掲載しました。(100623)
【写真】
100620_haisenato_036100620_haisenato_080

【山行記録】
 6/20 山仲間第132回例会 武庫川峡谷/福知山線廃線跡から道場
日 時:平成22年6月20日(日) 9:03~15:30
行き先:武庫川峡谷/福知山線廃線跡~道場
 コース:西宮名塩~廃線跡~武田尾~川下川ダム~東山橋~道場
参加者:18名/NROさん、NSNさん、ADTさん、きよもり
  TRNさん、USIさん、HRAさん、SMDさん、HRTさん、FTSさん、MTHさん
  AKEさん、AOKさん、KMRさん、TKDさん、SGMさん、JNKさん
地 図:25000分の一「宝塚」「武田尾」、昭文社「京都西山・北摂」
 断面図GPSトラック前半GPSトラック後半
行 程:14.0km、所要時間:6時間27分(歩行時間:3時間59分、休憩・昼食・岩場他:2時間28分)、快晴、28℃~26℃
 住吉7:58⇒普通⇒8:21尼崎8:28⇒福知山線快速⇒8:50西宮名塩
 西宮名塩(100m、体操) 9:03→9:22木之元(70m、廃線跡入口)→9:31トンネル1(75m、ヘッドランプ用意トンネル28℃) 9:37→9:53トンネル2→10:05溝滝手前・小トンネル(26℃) 10:14→10:20トンネル3→10:23武庫川鉄橋(105m) 10:27→10:28トンネル4→10:39桜の園入口・トンネル5→10:45さくら広場(昼食、スパッツ着用) 11:28→トンネル6→11:38旧武田尾駅(トイレ) 11:45→11:50JR武田尾駅(120m、NSNさんと別れる)→12:10足湯12:12→12:05車道分岐(右の山道へ)→川沿いの水平道→12:20ガードレール(140m) 12:26→山道→12:35岩峰の岩場(ザイルフィックスで下る)13:06→13:18川下川河口(くるぶしまでの渡渉) 13:23→13:26車道折り返し→車道登り→13:35川下川ダム(185m、パイン) 13:48→ダム回遊車道→13:56山道取っ付き→14:05尾根上(記念撮影) 14:09→14:12丸山分岐(左折) →14:28丸山湿原分岐→14:32分岐の先(170m) 14:38→14:42分岐2→15:02東山橋(150m、スパッツ外し) 15:14→15:30JR道場(140m、解散)
 道場15:38⇒普通⇒16:00川西池田16:02⇒快速⇒16:13尼崎16:21⇒新快速⇒16:28芦屋16:30⇒16:36住吉

【写真】
PicasaのWEBアルバムです。
位置情報付きで89枚あります。

100620 武庫川峡谷・福知山線廃線跡から道場へ

Youtubeのフォトムービーです。
再生時間は8'37"です。

【地図】
断面図
100620t_fukuchiyamasenhaisenato_doj

GPSトラック前半
100620t_fukuchiyamasenhaisenato_d_2

GPSトラック後半
100620t_fukuchiyamasenhaisenato_d_3

Posted on 6月 21, 2010 at 12:59 午後 | | コメント (0)

2010.06.20

100620 ロングコース

100620 ロングコース 山仲間にしては珍しい、14kmの長丁場でしたが、アップダウンが少ないから、6時間30分で完了しました。
 計画段階から雨を覚悟して、午後から武田尾温泉で汗を流して帰るつもりでしたが、雨が降らずにまともに歩いたから少し疲れましたね。

Posted on 6月 20, 2010 at 04:02 午後 | | コメント (4)

2010.06.19

100619 おめでとうございます

100619 おめでとうございます 今日は山仲間のWTSさんの結婚式
 たくさんの人々に祝福されて終始にこやかな笑顔が素敵でした。

Posted on 6月 19, 2010 at 04:06 午後 | | コメント (0)

2010.06.18

100618「 はやぶさ (HAYABUSA)」プラモデル

100618_070401_3100618 はやぶさプラモデル 愛丁会のMTBさんから「はやぶさ」のプラモデルを送っていただきました。
 有り難う御座います。
 昨夜帰り道にアニメート近くのプラモデルショップで塗料や筆などを購入しました。
 20年振りだけどうまく塗れるかな?
 ナッコ君!「イトカワ」は食べられないよ。

Posted on 6月 18, 2010 at 08:51 午前 | | コメント (0)

2010.06.17

100617 武田尾今昔/国土地理院地図で比較

C687ea6007891001c2877878cf9e17d9 今週末の山仲間例会は例会で取り上げるのは初めての福知山線廃線跡です。
 正確には3年くらい前の例会(H19年9月、きよもりは不参加)で武田尾から短い廃線トンネルを2つ越えて、櫻の園まで歩き、大峰山から中山最高峰に抜けていますが、今回のように西宮塩瀬方面から武庫川の上流に向かって廃線跡を歩くのは初めてです。
 ただし、きよもりは単独で12年も前(H10.5.3)に生瀬から入って武田尾まで歩き、武田尾温泉に入ろうとして断られたときに今回の前半行程を歩いています。

 今回の行程では、西宮名塩から武田尾までは線路敷きなのでほとんど高低差がありません。武田尾から先は下見で始めて歩きましたが、現在の地図では旧福知山線の線路敷きがしばらく続いており、気になったので、国土地理院に郵送で申し込んで、まだ旧来の福知山線が走っていた頃、昭和42年(1967年)の地図を送っていただきました。
カラーなので一枚2400円と高い(白黒は500円)のですが、原板から印刷する手間を考えたら妥当かも知れません。
 ちなみに福知山線が電化されて現在の線路敷きに移行したのは昭和61年(1986年)だそうです。

 その結果判ったことは、武田尾からしばらくは武庫川の左岸(右手)を走っていますが、その先で本流を鉄橋で渡って右岸(左手)に線路敷きは移り、そのまま道場手前まで川沿いに進んでから三度も武庫川を短い鉄橋で渡って今と同じ位置にあった道場駅に入っていたことが判りました。

 今週末の例会では、廃線跡はもちろん、旧武田尾駅や武田尾から少し上流に自動車用トンネルとして残る廃線跡も偲びながら歩きたいと思います。

【地図の比較】
今の地図(平成4年版)
H04

昔の地図(昭和42年版) 43年前です
S42


Posted on 6月 17, 2010 at 02:11 午前 | | コメント (0)

2010.06.16

100616 HAYABUSA プラモ発売

あればぜひ買いたいと思っていたから、頑張って色付します。
有難うございます。
100616_hayabusa_pramoあまりの人気に「はやぶさ」公式プラモデル発売開始
 通信途絶からの復旧、そしてエンジン停止からクロス運転による再始動という「はやぶさ」の不死鳥ぶりはネットを中心にたびたび報道され、その「勇姿」を称えるべく擬人化イラストや動画が矢継ぎ早に発表された。

 そんななか、ウォーターラインシリーズなどスケールモデルの雄で、近頃は痛車のプラモ化でも有名な青島文化教材社が、なんと「はやぶさ」のプラモデル化を発表した。

 もちろんJAXAロゴが入った公式商品だ。本来、探査機に商標登録などはないため自由に製作販売できるのだが、「ぜひともJAXAさんのお墨付きをいただきたい」という担当者の熱意で今回の公式商品化が実現したという。

 今年6月発売、価格は2100円(税込)。SPACE CRAFT SERIES No.1と銘打ち、イトカワを模した台座と探査ローバ「ミネルバ」が付属する。

100616_hayabusa_pramo2

http://ascii.jp/elem/000/000/529/529648/index-5.html

100616_hayabusa_itokawa“JAXAの真田ぁ~ず”に総力インタビュー! ― 第4回
http://ascii.jp/elem/000/000/529/529648/
祝帰還!「はやぶさ」7年50億kmのミッション完全解説【その4】

「はやぶさ」の危機に、真田ぁ~ず「こんなこともあろうかとッ!!」
2010年06月15日 12時00分更新
文● 秋山文野 撮影●小林伸ほか イラスト●shigezoh 協力●JAXA/ジャンプトゥスペース
.
2005年9月19日の第一回タッチダウンでイトカワ表面に着陸した「はやぶさ」の想像図(クレジット:池下章裕)

■前回までのあらすじ

 小惑星「イトカワ」到達。打ち上げから2年強、プロジェクトマネージャ 川口氏が「一番嬉しかった」と振り返る「はやぶさ」ミッションのポイントでもあった。このとき行なわれた観測をもとに執筆された論文は、科学雑誌「Science」に特集として掲載されている。そして、いよいよイトカワへのタッチダウンフェーズが開始された。

第一回タッチダウン「はやぶさはどこだ!?」――2005年11月20日
 2005年11月19日、21時から開始されたイトカワへの降下では、地上の運用室で「はやぶさ」の動作がわからなくなる緊急事態が起きた。後に得られた記録では、「はやぶさ」は障害物を検知して試料採取シーケンスを停止し、20日7時ごろ、地上からの指示で離脱を開始するまでイトカワ表面にバウンドして2回到達したことがわかっている。

 しかし当時リアルタイムで得られたデータは速度計のみ。延々と降下を続ける(ように見える)「はやぶさ」の動作に対し、「まさかイトカワ表面が柔らか過ぎて、ずぶずぶと潜り込んでいるのでは!?」「イトカワ表面を回り込んで探査機が失われてしまうのでは」といった懸念で運用室は緊迫した空気に包まれたという。最終的に、試料採取はならなかったものの、「はやぶさ」は小惑星から離陸した初の宇宙機となった。

吉川 非常に重要なときだったので、アメリカのアンテナも借りて、アメリカの担当者もこちらにいて24時間監視していました。

 ただ、リアルタイムで監視できるのは速度だけなので、最初のうちは予定の振る舞いをしていたのに、いつまでたっても上昇しないものだから、何が起こったのかまったく、まったくわかりませんでした。まさか着陸しているとは誰も思っていなかった。

 さすがにイトカワに潜ってしまった、というのは冗談でしたけど、あり得たのはイトカワにぶつからず通り過ぎてしまう、ということですよね。「イトカワ星人が引っ張ってたんじゃないか」という冗談まで出ました。

 後になってデータを降ろしてやっとわかったのは、実は着陸していた。接近し続けているように見えたのは、イトカワも自転していますから、その速度が見えていたんだと。

 何が起きているかわからない状態ではありましたけど、ひとつ確信を持って言えたのは、「電波は出続けている。探査機は生きている」ということです。その点は安心していました。

「判断ミスしたら、僕が最後のスーパーバイザーになってしまう」
矢野 7年間、スーパーバイザーを担当して一番強烈に印象に残っていて、厳しかったのはこのとき。何が起きているのかわからなかった。わからないけど判断はしなくてはいけなくて、しかもその判断が間違っていたら、僕が「はやぶさ」の最後のスーパーバイザーになってしまうのが明々白々だった。

 まるで探査機が地下に潜っていくように見える状況で、でもそんなことあるわけない。じゃあこれは一体なんなんだ、そして次の一手はどうするんだ、早くしないと通信できなくなってしまうという状況で、川口先生から「ちょっとひとりで考えてみて」と言われたんです。

 絶対時間としてはそんなに長くなかったと思います。10~15分くらいだったかもしれませんが、僕にとってはとても長い時間に感じられました。僕は理学の人間ですから、ネジ一本まで探査機を知り尽くしているわけではない。だけど、トレーニングの甲斐もあって、宇宙機を扱うすべてのシステムについて大枠は知っていて、自分はどこまでがわからなくて、わからないことは誰に聞けばいいのかはわかっている。

 そして状況はわからないけど、「はやぶさ」に何が起きていると考えられるだろう、そのケースに沿って「はやぶさ」を救うとしたら何をすればいい、と僕なりに考えて出した答えは、川口先生と同意見でした。

 最終決断をするのは川口先生と、探査機を熟知しているNECのシステム担当の方。どちらも考えはまとまっていて、川口先生は僕の答えを聞いて、「そうだよね。じゃあ、やろうか」と。最大能力で緊急離脱。持てる力で、とにかく地球側にジャンプさせようと。

 その次は、大急ぎで探査機の捕捉です。なにしろ全速力で小惑星から遠ざかっているわけですから、一生懸命止めないと一週間後のタッチダウンに間に合わなくなってしまう。やっと止めたときは100kmくらい離れてました。それでもとにかく探査機は生きていたし、地球との通信も回復した。健康状態もそんなに悪いわけじゃないことがわかった。

 あのときはなんと表現すればいいのか……スポーツの試合中、決定的な場面で『次はどう動くべきか』と考える瞬間が延々続いているような状態でした。終わった後、振り返ってみてやっと『これは絶対、一生忘れない日だな』と思いました。次につなげられてよかった。

安部 スーパーバイザー担当ではありませんが、タッチダウンのときには運用室にいました。航法誘導や姿勢系のチームがスラスタを吹くタイミングを決定するんです。降りていくと小惑星の重力に引っ張られるのですが、それがあまり速いスピードだとぶつかってしまうので、ほどよく逆噴射、上昇するためにスラスタを吹いて降下速度を下げる。

 私は噴射量を聞いて、タイミングを合わせてミネルバをリリースするとか、そうした分担のなかに入っていました。「次、吹かないと降下が速すぎる」「あまり吹かすと上がっちゃう」とか、ワンコマンドごとの指示を出すために必要な情報を揃えて「今こういうことが予想されます」とやりとりして。非常に緊張感を持って関わったことが思い出されます。

Posted on 6月 16, 2010 at 06:37 午後 | | コメント (0)

100616 音声自動翻訳は同時通訳可能か?

100616_sourcenext_honyaku 日経トレンディに音声認識の翻訳ソフトが紹介されています。
ソースネクスト、話すだけで瞬時に翻訳できるソフトなど発表

 日英双方向の音声翻訳ソフト「超速通訳ツージル」という名前からわかるように低価格普及版ソフトの市場展開でソフト市場を拡大したソースネクスト社の製品ですが、名前は何となく軽薄ですが、価格はこの会社としては一桁違う6万4800円!
 びっくりするような高価格ですが、それだからこそ、ひょっとしたら実用性があるのかも知れません。
 以前、IBMとジャストシステムのコラボで音声認識ワープロというのが発売され、現在でもレノボ辺りが継続して発売しているのかも知れませんが、発言者の発声パターンをあらかじめ記憶させるための事前準備がかなり手間と時間がかかるため、一時的な話題にしかなりませんでした。
 今回の「超速通訳ツージル」はそういった事前準備もいらないし、日本語特有の主語が無いような発言でも正しく翻訳して文字表示と同時に英語でも発声もしてくれるそうですから、かなり優秀そうです。

 でも、日本語で入力した文書を翻訳ソフトを使って変換してもまだまだ実用レベルには程遠いという印象なのに、一足飛びに音声自動認識、同時翻訳ができるなら、6万4800円は安いかも知れません。
 どこかで取り上げて使用レポートを書いていただきたいものですね。

100816_hikarunogo 話は全く飛びますが、数年前に「ヒカルの碁」というアニメが話題になったのを覚えている方もおられると思います。最近Gyaoで再放映していて、ついつい、第一話からもう一度見てしまいましたが、その時ふと思ったのは、人間の記憶力には限界があるけど、機械の記憶能力には限界がないから、藤原の佐為(平安時代の囲碁名人の霊)のように、数億通りもあるような囲碁の定石などのデータを保持させて、必要な部分を自ら判断して、直接人の頭脳に情報を流せるようになれば、記憶という物理的制約から解放されるのではないかということです。
 コンピューターの記憶媒体が限りなく小型化していくのは身近に見ているとおりですから、そのうち、身体の一部として取り込んで臨機応変に必要な情報を人の判断中枢に送って、シームレスで正しい答えを発言したり、書いたりできるようになるでしょう。
 物忘れがよい(?)、と自他共に認めていますから、そのような時代に早くなって欲しいと夢見ています。
 思わぬ人工頭脳つながりで横道にそれっぱなしで申し訳ありません。

【日経トレンディの記事】
100616_sourcenext_honyaku2 ソースネクスト、話すだけで瞬時に翻訳できるソフトなど発表 2010年06月15日
 ソースネクストは2010年6月15日、日英双方向の音声翻訳ソフト「超速通訳ツージル」を発表した。パソコンのマイクに向かって日本語や英語で話すだけで、瞬時に文字と音声で翻訳される。最高峰の音声翻訳技術を用いることにより、待たされることなくほぼリアルタイムに音声翻訳できるのが特徴だ(翻訳にかかる時間は約1.5秒ほど)。希望小売価格は6万4800円。発売は7月2日。学割版も用意する(希望小売価格は4万9800円)。

 「モーニングコールをお願いします」「頭がガンガンする」といった主語を省略する日本語特有の言い回しにも対応した。これまでの音声翻訳ソフトとは異なり、利用者の年齢層や性別、実際の声を登録するといった事前の設定は必要ない。インターネットへの接続も不要なため、海外や航空機内でも利用できる。

Posted on 6月 16, 2010 at 12:55 午後 | | コメント (0)

2010.06.15

100615 HAYABUSA 帰還 見ました? /ライブ中継追加しました

100615_hayabusa【O子さんからのコメント】
お二人のこの記録を当方二人も胸に溢れる思いで其々が其々の心に打たれるものを抱きながら無言で映像の画面に釘附けになりました。ハヤブサの姿は忘れられません!

【きよもりの返信】
O子様、お久し振りです。
HAYABUSAに興味を持っていただいてありがとうございます。
うちの家内は全天周映画「HAYABUSA」を昨年6月に見て以来、完全に感情移入してしまって、今月初めにねだられてもう一度映画を見に行き、そのままひたすらカウントダウンの日までテレビのニュースや番組で取り上げられるのを探しては食い入るように見ていました。

6月13日は夕方から、ライブ中継の画面をパソコンに表示して待ち構えていましたので、なんとか写真とビデオに記録することができました。
それからは、カプセルが無事帰還し、はやぶさが燃え尽きる画面を何度も再生してはポロポロ泣いてばっかり!
自分の息子が戦死して泣く母親みたいでした。

全天周映画「HAYABUSA」は上映施設が少なくて、関東地方では以下の10個所だけのようです。:
つくばエキスポセンター|  神奈川工科大学厚木市子ども科学館|  日立シビックセンター天球劇場|  東大和市立郷土博物館|  川口市立科学館| 山梨県立科学館|| サイエンスドーム八王子| 千葉市科学館| 相模原市立博物館|  府中市郷土の森博物館 |

ただし、7月や8月で上映終了の掲示があるところや、上映日、時間も限定されているケースも多いから要注意です。
もっと重要なのは、上映時間43分のロングバージョンと26分のショートバージョンの二種類があることで、ご覧になるなら是非とも43分のロングバージョンをご覧下さい。
http://hayabusa-movie.jp/theater.html
もっとも、帰還の様子がテレビや新聞でかなり取り上げられましたから、今後は上映館や上映期間が増えるものと思われます。
全天周映画なので、通常の映画館や自宅のビデオデッキでは再生できないのが残念ですが、ワイド画面でもいいからビデオで売り出して欲しいですね。

【きよもりの昨日の某アンケートへの回答】
全天周映画「HAYABUSA」を市立科学館で二回見て、すっかりはやぶさファンになりました。
昨夜の帰還カウントダウンもライブに首っ引きでパソコンを見ていました。
4つの基本技術の組み合わせ以外にもいくつもの技術知識を集約して初めて成し遂げられた快挙だと思いますが、倒れても痛められても不死鳥のように蘇って満身創痍で地球に帰ってきた「HAYABUSA」に心からエールを贈るとともに、諦めない、諦めてはいけない勇気を与えてくれた「HAYABUSA」に『有難う、ご苦労様』と追悼の言葉をお送りします。
【和歌山大学のライブ中継の画像をビデオ撮影】
音声と画像がずれているのはライブ中継のタイミングのズレだと考えられますが、現地での歓声から35秒ほど遅れてHAYABUSAの大気圏突入画像が見えます

【ASCIIの記事】
http://ascii.jp/elem/000/000/529/529611/?mail
祝帰還!「はやぶさ」7年50億kmのミッション完全解説【その2】

【速報】「はやぶさ」帰還! ウーメラ砂漠にてカプセルも確認
2010年06月14日 03時00分更新
文● 秋山文野 撮影●小林伸 協力●JAXA/ジャンプトゥスペース
100615_hayabusa_001_r_o_.
「はやぶさ」が撮影した最後の画像。数枚の撮影を試みた最後の一枚に地球が写っていた(提供:JAXA)


「はやぶさ」大気圏突入直前に撮影した最後の一枚を公開
 「はやぶさ」が還ってきた。

 日本時間6月13日19時51分、「はやぶさ」は再突入カプセルを無事に分離。約17kgのカプセルを分離したため、「はやぶさ」の姿勢は大きく擾乱、30~40度も乱れたという。
100615_hayabusa_002_r_o_
ウーメラで光学班が撮影した火球(提供:JAXA)

100615_hayabusa_003_r_o_
WPAのRange-Eから撮影した火球。ふた筋の光跡が見える。左上が「はやぶさ」、右下が再突入カプセルとみられる(提供:JAXA)

 最後のリアクションホイール1基とキセノン生ガス噴射で姿勢を正す試みを続け、20時過ぎから航法カメラONC-Tで地球撮像を試みた。テストも含めて5~6枚の画像を撮影し、最後の1枚、地球を写した画像を低利得アンテナにて内之浦 鹿児島局に送信中、22時28分30秒、通信途絶。

 2003年の打ち上げ以来、幾多のトラブルに見舞われたものの、最後の瞬間まで動作し続け、7年間の役割すべてを終えた。

 最後に送った画像は、地球の姿だ。陰になった部分ではあるが、視野には母港の内之浦も捕らえている。
100615_hayabusa_staff

予想地点の真ん中でカプセル発見。回収は明日
 22時51分ごろ、再突入カプセルが大気圏突入、ほんのわずか遅れて母船の「はやぶさ」も大気圏に突入した。
 22時52分ごろ最大発光。
100615_hayabusa_008_o_
和歌山大学が現地から生中継したUSTREAMにはのべ約19万ユーザーが訪れ、大気圏に突入した「はやぶさ」の姿に見入った。そのほかニコニコ生放送でも「はやぶさ」帰還の生中継が行なわれ、のべ約20万ユーザーが視聴した

 23時7~8分にはオーストラリア ウーメラ砂漠にてビーコン発信を確認。

 オーストラリア ウーメラの回収隊はただちに探査を開始。23時56分、着地地点でのビーコンを確認し、ヘリから目視でカプセルの存在を確認した。ほとんど風がなかったこともあったとはいうが、着地地点は予想の真ん中、ぶれはほとんどなかったという。

100615_hayabusa_staff2

 GPSマーキングを済ませた後、回収隊は明朝回収に向かい、日本時間6月14日午後、回収が行なわれる予定だ。

 JAXA相模原キャンパスのパブリックビューイング会場には深夜まで来場者が続々と訪れ、のべ1536人が集まった。「はやぶさ」帰還の瞬間には拍手が沸いていた。
100615_hayabusa_staff3

 24時からの記者会見に臨んだプロジェクトマネージャの川口氏は、開口一番、「諸先輩方が築き上げた上にできた成果。お祝いの言葉は諸先輩方にこそ」と述べ、「いろんな方の声援を受けてここまでやってこれた。最後まで「はやぶさ」自身に助けられて成功できた。プロジェクトのみなさんは献身的、非常な貢献をされたので、プロジェクトを感謝したい」とプロジェクトをとりまく人々に感謝の言葉を送った。
100615_hayabusa_staff4

 プロジェクトの成功については、「今でも背伸びした計画だと思っている。うまくここまで転がってきたのはまことに幸運。しかし挑戦のステップがどこかで行なわれないと先も見えてこない。先を見るために挑戦しないと」と語った。終始にこやかな表情だった。

■関連サイト
JAXA 宇宙航空研究開発機構
JAXA 小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)
はやぶさ、地球へ!

Posted on 6月 15, 2010 at 10:42 午前 | | コメント (0)

2010.06.14

100614 山行計画:6/20 山仲間第132回例会案内 北摂/武庫川渓谷・福知山線廃線跡から川下川ダム

100530_fukuchiyamasenhaisen_038 
                                      平成22年6月14日
山仲間諸兄諸姉
                                      山仲間事務局 きよもり
     山仲間第132回例会案内 北摂/武庫川渓谷・福知山線廃線跡から川下川ダム

 6月に入ったのにほとんど雨が降らず、空梅雨かと思ったら、昨日(6/13)は終日の雨でようやく梅雨入り宣言が出されたようです。今年は4月以降、週末は好天に恵まれ、快適な初夏の山歩きを満喫された方も多いと存じます。
 5月の例会は折角石楠花尾根で花見を企画しましたが、あまり石楠花が見られなくて申し訳ありません。
 あとで他の山へ行かれた方々のお話を聞いても今年はどこでもあまりきれいな石楠花は見られなかったそうで、ハズレの年だったようです。参加していただいた15名の皆様ありがとうございました。

 さて、6月の例会は予定通り武庫川渓谷の福知山線の廃線跡を歩きたいと思います。
 行程としてはJR福知山線の西宮名塩から木之元へ旧道を下り、廃線跡に入り、トンネル6箇所、本流鉄橋1箇所をわたって武田尾まで歩きます。
 武田尾までだと昼食を挟んでも4時間あまりで例会としては物足りないので、後半は武田尾から更に川沿いに上流へ辿り、川下川から川下川ダムに上がって、山越えでJR道場まで歩きたいと存じます。
 脚力に自信の無い方は武田尾で別れ、武田尾温泉に寄って日帰り温泉(入浴料\1000)でのんびりされて帰られるのもよいかも知れません
 参加していただける方は、6/18(金)までにメールまたはFAXでご連絡ください。
                               敬具

【山行計画】 
日 時:平成22年6月20日(日) 9:10~17:30
行き先:北摂/武庫川渓谷・福知山線廃線跡から川下川ダム
コース:JR西宮名塩~木之元~廃線跡~武田尾~川下川ダム~東山橋~JR道場
集 合:JR福知山線・西宮名塩駅前ロータリー 9:00
  参考:三ノ宮8:05⇒JR新快速⇒8:21尼崎(乗換)8:28⇒福知山線快速⇒8:50西宮名塩
   または 阪急三宮8:10⇒特急⇒8:25西宮北口(乗換)8:28⇒今津線⇒8:42宝塚(乗換)8:47⇒8:50西宮名塩
   京都・大阪から 京都7:44⇒快速⇒8:21大阪⇒8:27尼崎(乗換)8:28⇒福知山線快速⇒8:50西宮名塩
地 図:25000分の一「宝塚」「武田尾」、昭文社「北摂・京都西山」
 レベル:前半(武田尾まで) 初級の下(変化はあるがアップダウン無しで楽勝)
    後半(武田尾から道場) 中級の下(武庫川沿いに2ヶ所の岩場、行程が長い)
 断面図予定ルート前半予定ルート後半
持ち物:昼食弁当、飲み物、雨具、着替え、懐中電灯(ヘッドランプでなくても可)、ストック、スパッツ
行 程:約15.2km 所要時間8時間20分
  西宮名塩駅(100m、9:10頃)→30分→木之元・廃線跡入口(60m)→10分→第1トンネル(北山第一トンネル・318m)→20分→第2トンネル(北山第二トンネル・413m)→30分→第3トンネル(溝滝尾トンネル・149m、11:00頃)→10分→鉄橋(第二武庫川橋梁)・第4トンネル(長尾山第一トンネル・307m)→20分→櫻の園入口・第5トンネル(長尾山第二トンネル・147m)→10分→さくら広場(12:00頃、昼食)→10分→第6トンネル(長尾山第三トンネル・91m)→10分→僧川(ぼうさんがわ)→10分→JR武田尾駅(13:40頃、前半終了)→20分→車道分岐→20分→遡行→20分→岩峰の岩場→20分→川下川河口(15:10頃、130m)→20分→川下川ダム(15:30頃、180m)→20分→尾根取付(170m)→30分→丸山三角点281.5m分岐(16:30頃、170m)→20分→東山橋・波豆川河口(140m) →20分→JR道場駅(17:30頃、150m、解散)
 道場17:38⇒\570(尼崎まで)⇒17:58川西池田(乗換) 18:01⇒快速⇒18:11尼崎
費 用:交通費¥970(尼崎起点JR運賃:尼崎~西宮名塩\400、道場~尼崎\570)
追 記:
  7月の例会は連休のため変則ですが7/25(日)にリトル比良・寒風峠から揚梅(ヤマモモ)の滝+流し素麺を予定します。
  8月も夏期休暇があるため変則ですが、8/21(土)にNWHさんも参加でお馴染みの逢山峡へ水遊びに行きます。
【参考】
 下見の記録もご覧下さい。
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2010/05/100531-330-e983.html

【地図】
断面図
100531t_fukuchiyamasennhaisenatodan

GPSトラック前半
100530t_fukuchiyamasenhaisenato1

GPSトラック後半
100530t_fukuchiyamasenhaisenato2

Posted on 6月 14, 2010 at 12:03 午後 | | コメント (0)

100614 HAYABUSA 地球帰還、見ました

100613_hayabusa_21 6月13日の23時過ぎ、HAYABUSAの地球帰還の画像を和歌山大学のスタッフがライブ中継していただいたので、一眼レフデジカメで連写しました。
 あまり期待していなかったけど、大きな火球が地平近くを辺りの空を明るく染めながら流れていく様子はすごい迫力でした。
 ライブ中継は同時に37880名の方が見ておられたそうです。
 母校の皆様、歴史に残る快挙を中継していただき有り難う御座いました。
 お疲れ様でした。

Picasaの写真をご覧下さい。

100613 HAYABUSA 帰還

kws_futoさんのビデオ画像です。

NASAのビデオ画像です。
小さいですが画像は鮮明です

Posted on 6月 14, 2010 at 12:09 午前 | | コメント (2)

2010.06.13

100613 山行記録:6/12 京都北山最奥部・オークラの尾 (新ハイキング関西例会)

100612_ookuranoo_026 昨日は先週の高島トレイル・「地蔵峠からおにゅう峠」に引き続き、新ハイキング関西の例会に参加させていただき、快晴に恵まれた京都北山の最奥部、美山町の東にある「オークラの尾」へ行きました。
 今回はネームバリューの差か参加者が少なめで27名でしたが、顔ぶれを拝見すると先週も来られていた方も多く、高齢者中心ながらいずれもベテラン揃いで、急登も藪漕ぎも徒渉も全然苦にしないで終始快調なペースで無事クリアできました。

 時期的には初夏の陽射しが強くなり始め、汗ばむシーズンですが樹間や谷間のルートなので直射日光に晒される行程もありませんでしたから、風はほとんど無かったけれど、充分飲み物を持っていましたから途中水分補給をしながら無事付いていくことができました。

 P790mまでのルートは黄色い紐のマーキングもあって踏み跡が比較的はっきりしていましたが、最初の300mあまりはかなりの急登で、支尾根に出てからはP790mまで笹藪もない尾根道の登り。
 P790mの北へ少し足を伸ばしたブナの広場の木陰で昼ご飯を摂ってからP790mに戻り、アップダウンを繰り返して、13:18オークラの尾(三等三角点、点名:田歌、826.3m)に着きました。

 オークラの尾からは南に伸びる尾根を下りました。最初の半分はかなりの藪こぎで尾根通しには馬酔木などの灌木が密生していましたから、左右に避けながら見通しの悪い下り。尾根が西に振る690m付近からは藪は消えて見通しもよくなりましたが、傾斜もきつくなって最後はトラバース気味に左の谷へ逃げ、ザイルでルートフィックスもして、無事に支谷に降り立ちました。

 小野倉谷の渓谷沿いにはほとんど踏み跡程度しか残っておらず、何度も右岸から左岸へと渡り返しながら足首まで水に浸かる箇所もありましたが水量が少ないことも幸いして、予定より少し遅れましたが、貸切バスが待つ白石の車道に出て変化の多い行程を終えました。

【山行記録】
6/12 京都北山最奥部 『オークラの尾』
日 時:平成22年6月12日(土) 9:43~15:58
集 合:京都駅八条口 7:40
コース:京都駅⇒安掛⇒江和~P790m~オークラの尾~小野倉谷~白石⇒安掛⇒京都駅
参加者:27名/村田リーダー、FKHサブリーダー、きよもり他
地 図:国土地理院25000分の1「中」、昭文社「京都北山」
 断面図GPSトラック
行 程:約8.0km、所要時間:6時間15分(歩行時間:4時間19分、休憩昼食:1時間56分)、快晴、25℃~24℃
 住吉6:17⇒快速⇒7:13京都駅八条口7:35⇒貸切バス⇒9:10安掛(トイレ休憩) 9:25⇒9:43江和
 江和(270m、25℃) 9:43→9:48林道ゲート(290m、用意、体操) 9:58→民ヶ谷林道→10:23林道終点(390m) 10:28→10:50立休(530m、植林) 10:52→11:02支尾根(580m) 11:09→11:35尾根の小ピーク(710m) 11:39→11:57 P790m 12:02→左へ→12:05ブナ林(760m、昼食、26℃) 12:52→12:57 P790m→大杉→13:18オークラの尾(三等三角点826.3m) 13:25→南尾根・藪下り→14:06右折点(690m) 14:15→急尾根→14:35ザイルフィックス→14:50支谷出合(450m) 15:03→15:07小野倉谷出合(徒渉) →徒渉11回→15:39林道手前(420m) 15:46→15:49林道(400m)→15:58佐々里車道・白石(380m)
 白石16:09⇒貸切バス⇒16:35知見(ビール購入) 16:39⇒16:53安掛(トイレ、買い物) 17:05⇒18:18花園駅⇒18:47京都駅18:59⇒新快速⇒19:43芦屋19:44⇒19:51住吉
会費3,000円(貸切バス代、会運営費、保険料含む)
【写真】
picasaのWEBアルバムです。
写真は位置データ付きで64枚あります。

100612 京都北山最奥部/オークラの尾 (新ハイキング関西)

Youtubeのフォトムービーです。
再生時間は8’52”です。

【地図】
断面図
100612t_ookuranoodanmen

GPSトラック
100612t_ookuranoo

Posted on 6月 13, 2010 at 02:54 午後 | | コメント (2)

2010.06.12

100612-2 オークラの尾

100612-2 オークラの尾100612-2 オークラの尾 新ハイキング関西の例会の中でも村田さんの主催されるコースはかなりマニアックで個人ではとても行けない山が計画されます。
 今回のオークラの尾も826.3mの三角点はありますが、地図にも名前が書かれていません。
 美山の東、若丹国境から由良川を挟んだ南にありますから、余程の物好きしか近寄らないのではないでしょうか?
 でも終わってみれば急登アリ、薮漕ぎの急下降アリ、最後は11回も谷を渡ってようやく佐々里の車道に出ました。
 いつもながら、参加者27名どなたもお元気で最後の急斜面ではザイルもフィックスしましたが、全員無事下山しました。
 少し遅くなりましたが、19時には京都に帰れるでしょう。

Posted on 6月 12, 2010 at 05:35 午後 | | コメント (0)

100612 山行計画: 6/12 京都北山・オークラノ尾/新ハイキング関西

090411_hananokidan_001 先週、6月5日に引き続き今週末も新ハイキング関西の例会に参加させていただきます。今回はJNKさんの都合が悪く、始めてひとりでの参加となりますから、何となく気楽です。

 今回も江若丹国境に近い京都北山最奥部の「オークラノ尾」ですが、国土地理院の地形図では826.3mの三角点(点名:田歌)の表示があるだけです。
 オークラノ尾という山名も南面の小野倉谷から付けられたとしたら「オノクラの尾」とするのが正しいような気もしますが、北山クラブの『北山百山』では「大倉谷山」とかっこ書きされています。

 ついでに『北山百山』のレポートでは昭和61年4月20日に今回と同じ民ヶ谷林道から取っ付いていますが、P790mの手前から右にユリ道があって、そのまま山腹に沿って三角点から西に延びる支尾根の800m小ピーク辺りに飛び出しています。当時は尾根全体が根曲がり竹と熊笹で被われており難渋しながら、小ピークから尾根伝いに東に藪こぎして、三角点に到達しています。
 この行程と今回の予定ルートは異なりますが、5年くらい前の笹の花の開花に伴う笹枯れによって、おそらくこの尾根周辺も通過は容易になっていると思われます。

 掲載した写真は昨年4月11日にオークラノ尾の南にある「花ノ木段」に同じく新ハイキング関西例会で村田リーダーに付いて登ったときのものです。
 時まさに全山タムシバ満開の季節で、花ノ木段の東尾根はもちろん小野倉谷を隔てて北側のオークラノ尾の東から南に延びる長い尾根もタムシバの花が浮き雲のように点在していて見事でした。

【山行計画】(案内ハガキより転載)
新ハイキング関西山行案内
朽木「地蔵峠からおにゅう峠」(中級向き)
期 日:6月12日(土) 雨天中止
 前夜の気象情報で当日の京都府北部の降水確率が午前・午後のいずれかが60%以上の予報の場合は中止します。 ℡情報 0773-177(前11日の17時発表の予報)
集 合:JR京都駅/八条西口 団体バス乗り場 7時40分
コース 参加予定者:27名
 京都駅7:40⇒貸切バス⇒江和(えわ)
 江和(270m) 9:30→民ヶ谷林道→10:00林道終点(380m)→11:00 P790→12:00オークラノ尾(三等三角点826.3m、昼食) 13:00→南尾根→14:00小野倉谷(450m)→15:10小野倉谷林道終点(390m)→15:30白石(380m)
 白石⇒貸切バス⇒京都駅(18:00頃、解散)
 *バスは貸切、不要な荷物は車内に置いて歩けます。
 *小野倉谷歩きは何ヶ所か徒渉があります。当日前の雨で増水し徒渉が困難な場合はコース変更します。
 *靴は防水でスパッツ・雨ズボンを必ず用意(ヤマビルの心配はない)。
装 備:一般日帰り山行装備・雨具・ストック・帽子・手袋・スパッツ等
費 用:約2,500円(京都駅からバス代)
  *山行運営費 400円・保険料 100円を別途徴収します。
係 : 村田 智俊さん
地 図:25000分の一「中」、昭文社「京都北山」
 断面図予定コース図
連絡先:新ハイキング関西本部/0774-53-2754
問合せ:村田さん/0774-53-2754
  *当日は村田さんケータイへ/090-3719-3045

【地図】
断面図
100612_ookuranoodanmen

予定コース図
100612_ookuranoo

カシミール3Dの予定コースデータ
「100612_OokuranoO.gpx」をダウンロード

Posted on 6月 12, 2010 at 05:46 午前 | | コメント (0)

2010.06.11

100611 CACHATTO

100611_cachatto_index_img01CACHATTO(カチャット)というのは、VPNと同じ発想で、モバイル機器から社内のLANに接続して、LotusNotesやサーバーアプリを直接操作できるインフラを提供するアプリケーションです。

【CACHATTOの紹介記事】

「いつでも、どこでも、安全に」 - それがCACHATTOの提案するビジネススタイルCACHATTOは、複数のセキュリティ技術や製品との連携により、モバイルアクセスにおける最高レベルのセキュリティを実現しているため、既存モバイル端末を仮想的なシンクライアント(記憶装置を持たない端末)として有効活用することが出来ます。

インターネットに接続できる環境と端末さえあれば、いつでも、どこでも、安全に、社内のメールやスケジュール、グループウェアを利用できます。場所や時間にとらわれないビジネススタイルを確立することで、業務の効率化やクイックレスポンスを実現します。



100611_cachattoBizID誠には、iPadでCACHATTOを使うことで、今までのスマートフォンやモバイル端末での使い勝手と大きく変る様子が写真入りで記載されていて、非常に興味があります。
やはりパソコン並みの大画面で見るメリットはNotesやEXCELのように情報の一覧性が要求されるビジネスシーンでは絶大な威力があるのですね。

『Lotus Notes/Dominoやマイクロソフトの「Exchange」シリーズ、サイボウズの「Office」シリーズなど、社内のイントラネット内で構築したシステムに、社外からセキュアにアクセスしたい――CACHATTOはそういうニーズに応えるミドルウエアだ。モバイル端末からCACHATTOを通してアクセスすれば、社内メール・スケジュール・ファイル・Webなどを使っても、データは端末に残らない。』
とありますから、セキュリティー面でもやシンクライアントの方向にも沿った新しい選択技として注目されます。

価格は一例ですが、以下のとおりなので、試してみる価値は十分ありそうだし、代理店もNEC、大塚商会、ソフトバンクなど広範囲なのでとっつきやすそうです。
■「CACHATTO SecureBrowser(Android)」価格
初年度1ユーザー単価:1,800円(購入単位:10ユーザー)
次年度1ユーザー単価:600円(購入単位:10ユーザー)
■「CACHATTO専用インターフェース対応オプション」価格
初年度1サーバー単価:150,000円(購入単位:1サーバー)
次年度以降:0円

Posted on 6月 11, 2010 at 02:20 午後 | | コメント (0)

2010.06.10

100610 iPadで欲しいもの/Dock延長コードとBleutooth

愛丁会のtknさんのコメントへの返事です。
iPadを買って2週間、毎日1時間程度しか使う時間が無いので、なかなか使いこなせませんが、少しずつ慣れてきました。

tknさん、
neu.Notes インストールしましたが、マニュアルを見ながら使わないと猫に小判で、単なる落書き帳になっています。
昨日ネット記事を見ていたらgoogleの音声認識検索というのはあったから、インストールしてみました。
山仲間(ヤマナカマ!)は認識しましたが、ナッコ君(ナッコクン!)は何度話しかけてみても誤検索ばっかり。
このあたりは限界なのか、発音が悪いのか、面白いけど、まだまだ使い込まないとアカンみたいです。
http://ameblo.jp/iptelfr/entry-10554657635.html

100610_dockextendercableDockの延長ケーブル、買いました。
プレアデスという会社から0.5mなら1580円、1.8mでも1980円で発売されていますが、直売もネットショップもすべて売り切れ
やむを得ず、別メーカーの2980円 (2フィート)を買いました。
iPodやNanoなんかのドック付きスピーカーがたくさん出回っていますが、コネクターは同じでもiPadではそのまま刺せませんから、今後この手の延長ケーブルがどっと出回るでしょう。

ついでに、本体と同時に買ったiPad用のキーボードだと、iPadを横置きではコネクターが直結なので使えませんから、このケーブルとElecomの書見台を併用すれば画面の角度調整も簡単で縦置き横置き関係なしなので快適な入力環境になると思いますが、時間がなくてまだ試していません。

Drcbt30あわせて、iPadでは音が悪いからBluetoothで音を飛ばすアダプターが流行ると思います。
これもsonyのDRC-BT30を買いましたが、充電式で連続使用5時間程度ですから、今後はACアダプターで常時接続するか、スピーカーから電源を取れるようなタイプが売れると思います。

ちなみに、スピーカーはiPodTune用に購入していたBOSEのSoundDockサウンドドックですが、iPad側のBluetooth設定も、Bluetooth本体設定も自動認識してSoundDockのステレオコネクターで綺麗な音が出ましたが、iPadの方で別ソフトを立ち上げると音楽が中断したりしますので、音楽再生に特化しないと駄目みたいです。

Posted on 6月 10, 2010 at 03:55 午後 | | コメント (5)

100610 人間ドック完了

100610 人間ドック完了 新神戸のジークレフ新神戸にある神鋼病院で人間ドックを受けました。
 今回も問題点はなく、多少コレステロール値が高めと言われただけでしたから、一安心です。
 少し油気を控えるようにして、経年によるコレステロール値上昇に注意します。

Posted on 6月 10, 2010 at 12:11 午後 | | コメント (0)

2010.06.09

100609 マネージャーの心得:その一

100609_zu001_2 会社はもちろん組織で動きますが、中間管理職である課長やマネージャーは上からの指示と下からの突き上げの狭間に立ち常に緊張感が抜けません。
 もちろん部長になっても、上に役員や社長がいるわけですから、この緊張感は同じですが、少し違うのは課長という立場は多くは平社員から次のステップで、それまで人を使った経験が少ないという点です。
 高度成長期なら、課長の下に係長もいて、下に対するクッションの役割を係長に肩代わりしてもらうことも出来たのでしょうが、現在では課長やマネージャーが中間管理職の代表的な肩書きでしょう。

 日経ビジネスOnlineで連載が始まった『スネオ課長とマネージャー島耕作』は中間管理職のタイプを類別して、中間管理職のあるべき姿を示唆する連載のようで、まえがきによれば「スネオ」「マスオ」「星一徹」「島耕作」「ダメおやじ」の5タイプに分類して解説するようです。

 第一回目を読んで、パターンを極端化している点は否めませんが、反面教師としてなかなか参考になりそうなので引用させていただきました。
 この図にある悪い性行を取らないよう、常に自らを客観的に見ることが出来れば、このコラムで理想型とされるマネージャー島耕作を目指すのは難しくないと思うのですが、思った通りの行動を取れないのが会社勤めの難しさでしょう。
自己中心型マネージャーが組織を傷める

【引用記事】日経ビジネス Online
スネオ上司、後ろから部下を撃つ
【第1回】自己中心型マネージャーが組織を傷める 2010年6月9日 水曜日 稲垣 公雄

 あなたの会社には、どんなタイプの管理職がいますか?

 2010年1月に三菱総合研究所が20代、30代の日本のビジネスパーソン約1000人に自分の上司について調査したところ、大きく5つのタイプに分かれることが見えてきた。それぞれを「スネオ」「マスオ」「星一徹」「島耕作」「ダメおやじ」というアニメなどの登場人物でシンボル化し、今回は特徴を分かりやすくまとめた。

 第1回目に登場するのは「スネオ」タイプ。舞台は東京のビジネス街にある丸定商事だ。

2010年6月17日15時。 丸定商事、常務室にて――

 無性に暑かった。汗がだらだら流れる。最初は、梅雨に入った気候のせいだと思っていた。遠くから本川課長の声が聞こえる。

 「確かに常務のご指摘の通りですね。この企画は全然なっていません。私の前任の為田課長から引き継いだ際に、常務のご指示だと聞いていたものですから…。担当の高村からもきちんとした説明もなかったもので、全く申し訳ありません! さっそく練り直しまして、改めてご報告いたします!」

 役員室からの移動中、本川と高村圭吾は終始無言だった。会議室から自分の席に戻るとほぼ同時に、本川が声をはりあげた。

「高村! ちょっとこい!」

 また憂鬱な時間が始まる――。

 「言っただろう。あの企画じゃだめだって。だから、平田常務が言っているのはこういうことなんだよ。為田はダメなんだよ。あいつが中途半端なものを置いていくから、俺達が困るんだ!」

 悪夢が始まったのは1カ月前だった。前の為田課長もはっきりいって最悪だった。しかし、この本川ほどではなかった。

「高村、ご愁傷様だなー。本川課長だって?」
「いや、ダメ親父よりはましだろう?」
「ダメ親父って?」
「為田課長だよ。親に次ぐと書いて、為田親次(しんじ)。それで、ダメ親父」
「そりゃいいな。でも、ダメ親父よりもある意味きついかもよ、スネオくんは」
「スネオって?」
「本川課長だよ。本川直(すなお)ってんだけど、周りからはスネオくんって呼ばれてるらしいぜ」
「なんだ、そりゃ?」

 本川課長の赴任前、営業2課の中川から聞いていたとおりだった。為田は、誰から見ても分かりやすいダメ上司だった。それゆえ、逆にやりやすい面もあった。為田の指示なんてあってないようなもの。今回の秋の営業キャンペーンの企画案も、ほとんど自分が好きなように作ったものだといっていい。いや、作っていたものだったというべきか。

常務のいいなりになるスネオ課長
 本川は、1カ月前に営業3課の課長に就任して、すぐにこのキャンペーン企画に目をつけた。全体のコンセプトの整合性などはお構いなしで、細かく、いろいろな口を出してきた。上へのアピールチャンスになりそうなネタだと思ったらしい。

「平田常務は3年前のあの企画の成功体験があるんだよ。だから、それにならって……」

 企画の内容はほとんどズタズタだった。本川は、全体感なく思いつきのようにあちこちに手を入れた。本川のセンスによる「平田常務が気に入りそうな要素」により、高村から見れば支離滅裂で、全く何をやりたいのか分からないものになってしまった。高村は今日のプレゼン前から確信していた。おそらく常務にはこの企画は受け入れられないと。
100609_zu001
 「全く困るよなー。とにかく明日までに練り直してくれよ。よろしくな」

 一番困るのはあんただよ…。とてもじゃないが、今日は何も手に付きそうにない…。

同日夜 丸定商事本社近くの居酒屋にて。

「中川、今日は突然、悪かったな。石田さんも」
「いいよいいよ。俺も飲みに行きたかったとこだ。しかし、お前もたいへんだな。本川さんは言うことがコロコロ変わるから。朝令暮改っていうか、直前に聞いた話で、思いつきで動くところがあるし」
「そうそう。それに態度も変わるし。今日の昼間の企画では、課長の言う通りにしたのに平田常務にダメだしされてさ。その瞬間に知らん顔さ。『高村の作り方悪い』って。最悪だよ。あんたの言うとおりに作ったんじゃねぇか。敵に突っ込んだ時に味方から背中を銃で撃たれるような感じだよ」

「課長はコロコロ変わるというよりも、上からなんか言われると、その前の発言を忘れちゃうんじゃないかしら。ただ、言葉が変わるんじゃなくて、本当にそう思っちゃっているような気がするわ」

⇒スネオ上司の特徴1
 言っていること、考え方がころころ変わる

「基本的に自分の思い込みが強くて、人の話を聞いてないんだよな。何かを説明しても分かった分かったっていうんだけれど、本当は全然分かっていないもんな」
「でさ、妙に反応する時あるじゃん? それでずーと自分でしゃべり続けて」
「あるある。結局、何の話だったか自分でも分からなくなっていくのよね(笑)」

⇒スネオ上司の特徴2
 人の話をちゃんと聞けない。自分の話したいことだけ話す

「しかし、営業3課はスネオがいると空気が違うよ。『次は誰が血祭りになるか』って、いつもみんなが課長の方を気にしている感じがするよ」
「まあ、あれだけ瞬間湯沸し器だとなぁ。いつも怒鳴り声が俺の席まで聞こえてくるぐらいだから、誰だってピリピリはするよ。はやりの『部下を誉めて育てる』っていうのとは正反対のタイプだよな」
「でも、先々月の課長研修で習ったらしくて、『これからはコーチングだ』とか言ってるわよ」
「じゃぁ、多少は変わってきたのか?」
「いやぁ、変わったといえば変わったんだけど、何か違うんだよな…。この前なんか、適当に作った資料をいきなりスネオに誉められてさ。気味が悪かったよ」
「ひょっとして、あの定例の営業戦略会議の資料?」
「そうそう。あの資料、石田さんがいつも取りまとめてくれている」
「先週あの資料を課長に渡した時は、『つまんない資料なんだよなー』って言ってたわよ…」
「やっぱりそうか…。スネオと2人で話していると、誰彼なく文句言っているから、どうせ俺も何か言われているだろうとは思ってたんだよなぁ」

⇒スネオ上司の特徴3
 部下を褒めるべき時に褒めることができない

「部下へはボロクソだけど、上には妙に弱いっていうか、従順だよなぁ」
「今日は典型的だよ。あそこまで変わり身が早いのはすごいよ」
「でも、常務からすると、使いやすいのは事実だろう。田中部長のように人柄だけで部長になったような人と比べると、やはり結果を出してるよな」
「まあ、自分の部下に何と思われようと、自分の上司の考えていることを実現しようとするわけだからな。でも、その上司がアホだと最悪になるわけか」
「そういうこと。だから、今の常務のうちはまだ救われているってことだよ」

⇒スネオ上司の特徴4
 上にものが言えない。上から言われるとすぐに前言を変える

「結局、本川さんは会社の中で偉くなりたいんだよな」
「まぁ、本人は認めないでしょうけどね。そういえば噂で聞いたんだけど、前の部署で辞めたいって本川さんに相談にいった子がいるんだけど、何て言われたと思う?」
「辞めたいなら辞めろ、とか?」
「それが、正反対。今は辞めないでって。でも、その理由がすごいの。『自分がいる間に退職者を出すと自分の査定に響くから、自分が異動してから辞めて』って」
「それ、マジで!?」

⇒スネオ上司の特徴5
 自分の昇進、社内評価への関心が異常に強い

「本川さん、会社の業績評価対象になるものについてはとにかくうるさいもんな」
「前から残業もうるさかったけれど、今期になって急に休め休めって。あれはたまらんよ」
「組織評価に今年から有給休暇取得率が入ったからだろ? 業績は上げろ、残業はするな、有給は取れって。無理だよな。あの人の場合、結局、サービス残業をしろってニュアンスだから」
「まあ、スネオくんじゃなくて、会社の方針が無茶苦茶とも言えるけどな」
「でも、課長は言い方が下手よね。休まないと組織評価が下がるから休めって言っちゃうでしょ?」
「いや、むしろお前らが休まないと俺のボーナスが減るじゃないか、みたいな(笑)」
「そこにいくと、1課の星野課長はすごいよ。『とにかくいい仕事しろ』って。休みを取れとは一切言わないらしいよ」

「それもつらいけどな(笑)。課長全体で見れば、やはり2課の島田課長はうまいよ。『みんなで休もう! どうやったら休めるか工夫しよう』って感じだもんな」

⇒スネオ上司の特徴6
 目標達成・社内評価へのこだわりが強すぎて、無茶を言う。割り切りの良さがない

「でもさ、星野さんだって、島田さんだって、実は上のこと気にしているし、業績にはうるさいところもあるよな」
「まあ、ウチの営業で無欲でいたら、課長にはなれないよ。でも、スタンスの違いなんだよ。スネオの場合は自分が上からどのように見られているか、というだけなんだよな。だから、結局、部下のことを何とも思っていない感じがすると思わないか?」
「でも、いろいろ口は出してくるじゃない? 勉強してるかとか、頑張れとかとも言うでしょ?」
「それは、結局、部下があげる結果や数字がほしいだけなんだよ。スネオが関心を持っているのはジャイアン、つまり自分の上司だけ。のび太とか自分の部下には興味はない。ただ、のび太が出してくる、ドラえもんの道具にはすごく関心があるっていうこと(笑)」
「それに比べると、島田さんは人間そのものに関心があるんだよな。本当によく覚えているもん」
「そうそう、私が去年プーケットに行った話でも1回話しただけなのに覚えている。うちで飼ってるネコの名前までも忘れない。私、感動しちゃった」

⇒スネオ上司の特徴7
 部下のあげる成果には関心があるが、部下そのものに本質的に関心を持っていない

「要するに自分の立場だけで考えてんだよな、スネオはいつも。相手の立場に立つという発想が皆無なんだよ」
「でも、そういう振る舞いをしていたら、長い目で見ればマイナスよね」
「それはどうかな。そういうやり方で豪腕を鳴らして、結果を出して課長にまでなったわけだからな」
「ある意味では真直ぐなんだよ、良くも悪くも。周りが見えてない、空気が読めないっていうけど、読めなくても生きていけるんだよね。本人のスタイルだし、会社にとってもある程度は成果を上げるから、いいかもしれないよ」
「おれは嫌だな、やっぱり。それに本川さんの下に入ると、部下が辞めたり身体を壊したりしてるよな。そこまで含めたら会社にとってもマイナスなんじゃないの?」
「だから、ある意味では会社も分かっているんだよ。平田常務も本川さんのことを本当には信用してないと思う。このままいけば、便利に使われて最後は切られるだけだよ。そういうところまで見えていたら、ああいう生き方はできないでしょう。見えてないからやれるだろうな」

⇒スネオ上司の特徴8
 物事を客観的・体系的にとらえることができない

⇒スネオ上司の特徴9
 相手の立場にたって考えることができない。他者に対するいたわりや関心が薄い

中間管理職の5つのタイプは
 さて、いかがだっただろうか? 皆さんの周りにはこんな「スネオ上司」はいないだろうか?

 筆者の所属する会社は、職業柄、比較的冷静で客観的な社員が多く、実はこのタイプのマネージャーはあまり見かけない。一方で、毎年、多くの経営者やマネージャー、担当者と話をさせていただく機会があるが、このタイプの経営者やマネージャーは少なくない。

「よくまあ、こんな人がこういう立場にいるなぁ」

 と思うことがしばしばある。第一印象としてはエネルギッシュで、いわゆるリーダーシップがあるように見えるタイプである。ところが、周囲も含めてよく話を聞いていくと、問題が非常に多いことが分かる。

 一部の中小、中堅企業のオーナー社長的な立場の経営者や、その下にいるマネージャーに典型的に見られるタイプである。丸定商事の高村圭吾はまだ恵まれているかもしれない。本川課長の上司である田中部長、平田常務は、それなりにまっとうそうである。オーナー社長自身や、その下の幹部がこのタイプだと、部下は相当つらい。

「稲垣さん、本当に何とかしてくださいよ…」

 と、相談されたことは、一度や二度ではない。もちろん、経営者やマネージャーになっているぐらいだから、それなりの成果をあげてきた人種であることも間違いない。しかし、このやり方はいわゆる「焼き畑式マネジメント」である。持続的な成長は難しい。ましてや、これからの時代は優秀な人材を求めて『人材獲得競争』が繰り広げられる時代になる。今後、この種のマネジメントは通用しなくなっていく。

 三菱総合研究所(MRI)が2010年1月に実施した20代、30代のビジネスパーソンを対象とした調査によると、日本の一般的な企業において、最も典型的な上司スタイルとして5つのタイプがあることが分かった(平均タイプを併せると6タイプ)。

 マネージャーには、大きく「ビジョン構築力と実践力」と「コミュニケーション環境構築力とその実践力」の2つの能力が必要となる。この2つの能力でタイプ分けされる。

100609_zu002

 5つ(平均タイプを含めると6つ)のタイプのうち、十分な成果を挙げているのは、「島耕作上司」「星一徹上司」のみ。それ以外は平均以下の成果しかあげていない。その中でも、最も部下に嫌われるタイプがこの「スネオ上司」である。スネオ上司の典型的な特徴が、ここまで紹介してきた本川課長の特性に現れている。

島耕作タイプが実践するエンゲージメント・マネジメント
 MRIのこれまでの研究によると、島耕作タイプの上司は部下の組織や仕事に対するエンゲージメント度(愛着心や一体感)を高めることに成功している。そして、その高まりによって組織を好業績に導いている。我々はこの島耕作タイプのマネージャーが実践するマネジメントを、『エンゲージメント・マネジメント』と呼ぶ。

 エンゲージメント・マネージャーが実践するマネジメントレベルに比べると、今回紹介したスネオ上司には、図表3のような特徴がある。最大の課題は「聴く・ほめる」を中心にコミュニケーション実践力が不足している点にある。心理特性・価値観として「社内評価への関心」が高く、本質的に「人間への関心」が低い。その特性が全ての行動を規定している。ただ、組織の中での業績はそれなりにあげているため、それなりに出世するタイプでもある。現在の日本企業のマネージャーのうち、実に12%がこのタイプのマネージャーである。
100609zu003

 本コラムでは、それぞれのタイプの上司の課題を整理し、最も優れたマネージャータイプである「島耕作上司」と何がどのように違い、何を変えていけばいいのかを紹介する。また、島耕作タイプのマネージャーをより多く排出する組織の取り組みについても紹介していきたい。

 来週水曜日には「第2回 マスオ上司逃げる」を掲載する予定です。

スネオ課長とマネージャー島耕作
企業の中で、管理職の果たす役割が大きく変わり始めている。業績低迷、人員削減や成果主義人事制度などの浸透により、課長職に求められる仕事はこれまで以上に重くなった。ところが現場では、その役割をうまく果たせる人材もいれば、逃げ回ってしまう人もいる。日本企業への調査をもとにアニメなどの登場人物である「スネオ」「マスオさん」「星一徹」「島耕作」「ダメおやじ」の5タイプを抽出。それぞれの特徴を解き明かす。

稲垣 公雄(いながき・きみお)
三菱総合研究所 金融コンサルティング本部・商品サービス戦略グループリーダー・主席研究員。専門は、CS・マーケティング戦略、ES・人材マネジメント戦略。京都大学経済学部経営学科卒。著書・論文に、『エンゲージメント・マネジメント戦略』(日本経済新聞出版社)、『顧客標準』(東洋経済新報社)、『顧客満足度・従業員満足度・企業業績を高める人材マネジメントモデル』(三菱総合研究所『所報』43号)等。
日本体育協会財務部会委員。個人のブログはこちらをご覧ください。

Posted on 6月 9, 2010 at 10:32 午前 | | コメント (0)

2010.06.08

100608 はやぶさ、7年間の旅、カウントダウン

100608_hayabusa_nec 愛丁会のtknさんからコメントをいただきました。
> tknです。ご無沙汰しております。
> こちらも御覧くださいませ!
> http://www.nec.co.jp/ad/hayabusa/

リンク先はNECのホームページの中にあるはやぶさ、7年間の旅というページです。
JAXAのホームページでもはやぶさで盛り上がっていますが、あと5日ですから興味津々ですね。

Posted on 6月 8, 2010 at 12:04 午後 | | コメント (2)

2010.06.07

100607 iPad用のブックスタンド

100607 iPad用のブックスタンド100607 iPad用のブックスタンド100607 iPad用のブックスタンド iPadの付属ドックやキーボードドックでは縦置きしか使えないし、立てたときに角度も変えられません。
 ネットで調べたらブックスタンドが一番手頃で使いやすいという書き込みがあったので、エレコムのブックスタンド EDH-004(\1277)を買いました。

 角度も変えられるし、足には滑り止めも付いているので、使いやすそうです。使わないときには折りたためるし、意外に軽いのもイイです。

Posted on 6月 7, 2010 at 10:54 午後 | | コメント (2)

100607 6月13日、はやぶさ、地球に帰還へ

100607_hayabusa 昨日、JNKさんのたっての希望で、中之島の大阪市立科学館で11月28日まで延長公開している「HAYABUSA」の全天周映画を見に行きました。
 昨年6月に続いて2回目ですが、7年間に及ぶHAYABUSAの孤独でけなげな宇宙一人ぽっちの航行は何度見ても泣けます。

 今日の日経新聞電子版で開発の背景からスタッフの苦労話まで詳しく記載されていましたので、引用させていただきます。

 全天周映画「HAYABUSA」は現在、北海道から、東北、関東、中部を中心に全国17箇所で上映されていますので、機会があればぜひご覧下さい。
 大阪市立科学館での観客数は延べで5万人を越したと書かれていましたが、一日一回300人程度しか入れないプラネタリウムドームですから、一年余りの数字としてはこの程度でしょうが、意外に見ている方はまだ少ないのですね。
 ドーム型天井に投影しますのでプラネタリウムなどの設備がないと上映できないのが、観客数や上映館が少ない理由です。

 6月13日にカプセル帰参になれば、またNHKなどのTVでも話題になるでしょうし、この映画もBSなどで放映される可能性もありますが、全天周映画を家庭で放映するのは難しいのでせめて3DTVで見たいですね。

【日経新聞電子版】記事引用
はやぶさ、地球に帰還へ 太陽系の起源を探査 2010/6/5 22:08  ニュースソース 日本経済新聞 電子版

 7年間も宇宙空間を旅していた小惑星探査機「はやぶさ」が13日、地球に戻ってくる。地上との交信が一時途絶えるなど幾多のトラブルを乗り切り、「イトカワ」という小惑星で回収したサンプルを持ち帰る。無事に地球へ帰還できれば、太陽系が誕生した起源の解明などに貢献すると期待される。

 3日正午、宇宙航空研究開発機構(JAXA)相模原キャンパス(相模原市)にある運用管制室。はやぶさの運行を示すモニターを食い入るように見つめていたJAXA月・惑星探査プログラムグループの西山和孝准教授が左手の親指を突き出した瞬間、大きな拍手が起きた。

 地球帰還に向けてはやぶさは4回、イオンエンジンを燃焼して軌道を変更する。今回は3回目で5日に終了したが、エンジン燃焼の開始は地球帰還を確実にする大きな節目だった。JAXAの川口淳一郎・はやぶさプロジェクトマネージャは「(エンジンは)何度もつけたり消したりしたが、これほど緊張したことはなかった」と語った。

 はやぶさは2003年5月にΜ―5ロケットで内之浦宇宙空間観測所(鹿児島県)から打ち上げられた。地球の周りを回りながら、火星の軌道の外側と地球の内側の軌道を周回するイトカワに向かった。地球から約3億キロメートル離れた地点で着陸。着陸時の衝撃で舞い上がったほこりを探査機の内部にあるカプセルに詰め込んだ。カプセルの大きさは直径40センチ高さ20センチで、小惑星を作る鉱物や表面にあるガスが入ったとされる。

 JAXA月・惑星探査プログラムグループの吉川真准教授は「月以外の太陽系天体を探査して戻ってきた事例は実は少ない」と説明する。これまで成功したのは彗星(すいせい)のちりを集めた米のスターダスト計画や、太陽から出る原子を捕まえた米ジェネシス計画だけ。いずれも天体に着陸していない。小惑星とはいえ着陸に成功し地球に戻るのは世界で初めてだ。

 しかし、地球への帰還に向けた道のりは平たんではなかった。地上との通信が断絶したり、ほとんどのエンジンが故障したりして満身創痍(そうい)の状況。当初4年だった飛行計画は7年に延びた。それでも、これまでの軌道修正でようやく地球から約400万キロメートル離れた地点まで来た。9日に最後の軌道修正をして、大気圏に突入する前にカプセルを放出。オーストラリアの南オーストラリア州ウーメラ地区に落下する計画だ。カプセルは回収後に航空機で日本に運ばれ、厳重管理のもとで開封。成分の分析に取りかかる計画だ。

 吉川准教授は、ほこりなどの分析が「太陽系の起源や生命の誕生の解明に役立つ」と解説する。約46億年前に宇宙空間のガスが集まって太陽ができ、地球をはじめとした惑星ができたとされる。地球は誕生後、海や陸、中央部はマグマなどの物質がどろどろに混ざり、初期の情報を知る手掛かりは少ない。一方、小惑星はできたときの状態がそのまま残る。太陽系ができた当初、どんな成分が多かったのか。また有機物質が調べられれば生命をつくる元の物質について分かる可能性があるという。

 はやぶさの飛行は太陽系惑星を往復する長距離飛行の技術を実証する目的もある。はやぶさの総飛行距離は約50億キロメートル。地球が太陽の周りを5周するのと同じくらいの距離になる。「地球スイングバイ」という地球の重力を利用して加速する手法を使ったほか、燃料を節約するためにイオンエンジンを採用した。エンジンは電子レンジと同じマイクロ波でプラズマを発生し電荷を帯びたイオンを放出して前に進む。プラズマのエネルギーは太陽光を使うので探査機は小型になる。高温ガスを噴射する化学エンジンより推進力は小さいものの、長時間かけて少しずつ加速できる。

 はやぶさプロジェクトは宇宙探査の本家である米国にも影響を与えたようだ。700億~800億円かけて小惑星のサンプルを持ち帰るプロジェクトが計画されているという。日本もはやぶさ2の計画を4、5年後に実施できるよう進める。今年は日本初の金星探査機「あかつき」が5月に旅立ったばかり。惑星を巡る動きは活発になっている。(新井重徳)

Posted on 6月 7, 2010 at 12:10 午後 | | コメント (4)

2010.06.06

100606-3 満席

100606-3満席100606-3満席 「HAYABUSA」の上映は1日一回なので休日の座席チケット(定員300名)の前売りはすぐ満席になるようです。
 フルリクライニングで涼しいし、BGMも心地よいからつい寝てしまわないようご注意。

Posted on 6月 6, 2010 at 12:58 午後 | | コメント (0)

100606 HAYABUSAとルノアール

100606 HAYABUSAとルノアール100606 HAYABUSAとルノアール100606 HAYABUSAとルノアール 朝一番で並んで、HAYABUSAの全天周映画を見に行きました。
 06月13日にハヤブサのカプセルが地球に帰ってくるためか、チケットは早々と完売になったようです。
 13時00分からの上映なので3時間くらい待つ間に隣の国立国際美術館で開催中のルノアール展も見て、早めに向かいにある一膳メシ屋で昼御飯を食べて、スタンバイです。

Posted on 6月 6, 2010 at 12:50 午後 | | コメント (0)

100606 山行記録:6/5 高島トレイル/地蔵峠からおにゅう峠 (新ハイキング関西例会)

100606089 昨日は新ハイキング例会・高島トレイルで地蔵峠から三国峠を経てアップダウンの多い尾根をおにゅう峠まで歩きました。
 おにゅう峠は帰宅後に確認したら、① 02/07/27のP803往復(AOKさんと二人)、② 02/08/03-04に三国峠から百里ヶ岳(HSMさんと二人)、③ 02/08/14-17の五波峠から木地山峠の集中登山(UOさん、HSMさんと三人)のあと、④ 05/10/08-10のラウンド琵琶湖で三国岳(さんごくだけ)から百里ヶ岳(重廣さん、SGMさん、YMUさん、NWHさん、JNKさんと六人でAOKさん飛び入り)、⑤ 07/11/14-15台風通過のおにゅう峠(AKEさん、NWHさん、KRKさんと四人)まで、足かけ5回も来ていますが、初回を除いて常に重い幕営道具をかついで吊り尾根の長い登りや、最後のP697を越えて三叉路への登りは、いつも結構大変でした。

 今回は日帰りだから、リュックも軽々で10kgもありませんから、長い登りもほとんど気になりませんでしたが、8年前には尾根全体に笹が茂って見通しも悪く急斜面のアップダウンの連続には根を上げました。
 高島トレイル事業で道が整備されたのと笹が枯れた効果は抜群で、林道の開通もあって行程としてはすごく楽になっています。

 新ハイキング関西の例会でも、狩野さんの高島トレイルは人気プロジェクトで、今回も参加者は41名の大人数でした。いつもながら皆さんお元気で途中P803への吊り尾根の急登と最後のおにゅう峠手前の支尾根分岐までの急登との2回の150mの登りにもどなたも遅れず、変化を楽しんでおられる様子でした。
 今回も3週間前の岩籠山と同様に天気に恵まれ、若狭湾からの爽やかな西風が頬を快く刺激して終始快適な尾根歩きを満喫できました。

【山行記録】
6/5 朽木『地蔵峠からおにゅう峠』
日 時:平成22年6月5日(土) 9:55~15:54
集 合:京都駅八条口 7:40
コース:京都駅⇒生杉⇒林道ゲート~地蔵峠~三国峠~朽窪峠~P709~P803~オクスゲの池~P659~三叉路~おにゅう峠⇒朽木⇒京都駅
参加者:41名/狩野リーダー、NKYサブリーダー、KWKさん、JNKさん、きよもり他
地 図:国土地理院25000分の1「古屋」、昭文社「京都北山」
 断面図GPSトラック
行 程:約8.8km、所要時間:5時間59分(歩行時間:4時間10分、休憩昼食:1時間49分)、快晴、20℃~25℃~24℃
 住吉6:17⇒快速⇒7:13京都駅八条口7:35⇒貸切バス2台⇒8:50朽木・新本陣9:00⇒能家経由⇒9:45生杉林道ゲート
 ゲート(570m) 9:55→10:20地蔵峠(680m) 10:24→高島トレイル・県境尾根ルート→10:48 2ッ目小ピーク(740m、立ち休み、20℃) 10:51→11:15 4ッ目小ピーク(760m、パン) 11:20→11:35三国峠(三等三角点775.9m) 11:41→11:57朽窪峠(鍋窪峠、618m)→12:09 P677m(挙原分岐、右折)→12:17 710m広いブナ林ピーク(昼食、25℃) 13:11→13:22 P709m吊り尾根→13:38急登途中(750m) 13:40→急坂→13:47池分岐(右へ)→13:49 P803m(大休止) 14:09→分岐へ戻る→14:20オクスゲの池(740m)→14:30水場の鞍部(20.5℃)→14:48 P659m(大岩の左折)→痩せ尾根→14:57最低鞍部(旧幕営地、660m) 15:06→急登→15:23支尾根分岐(740m、左折)→15:32尾根台地(800m) 15:38→15:50三叉路(860m、右折)→15:54おにゅう峠(830m、24℃)
 おにゅう峠(着替え) 16:07⇒貸切バス⇒小入谷・能家経由⇒16:58朽木・新本陣17:12⇒途中経由⇒18:38京都駅八条口(解散) 18:53⇒快速⇒19:56住吉  
会費3,500円(貸切バス代、会運営費、保険料含む)
【写真】
picasaのWEB写真アルバムです
写真は位置情報付きで68枚あります。

100605 朽木/地蔵峠からおにゅう峠 (新ハイキング関西)

YouTubeのフォトムービーです。
9’10”あります。

【地図】
断面図
100605t_jizotouge_onyutogedanmen

GPSトラック
100605t_jizotouge_onyutoge

カシミール3Dのトラックデータ
「100605T_JizoTouge_OnyuTouge.gpx」をダウンロード

Posted on 6月 6, 2010 at 06:42 午前 | | コメント (0)

2010.06.05

100605-2 おにゅう峠

100605-2 おにゅう峠 16時00分、予定通りおにゅう峠に着きました。
 今日はここまで貸切バスが上がってくれていますから、生杉までの長い下りは無し、楽チンです。

 おにゅう峠と云えば、3年前の台風避難事件を思い出します。
 あのときはこの祠に4人潜り込んで台風通過を無事逃れることができましたから、このお地蔵様には大変お世話になりました。礼拝! 

Posted on 6月 5, 2010 at 04:55 午後 | | コメント (2)

100605 地蔵峠からおにゅう峠へ

100605 地蔵峠からおにゅう峠へ 新ハイキング関西の例会はバス2台で41名の大人数です。
 三国峠から朽窪峠を越して久し振りにおにゅう峠へ長い登りです。

 13時10分ブナ林の中でゆっくり昼ごはんを食べてP803を目指します。

Posted on 6月 5, 2010 at 04:55 午後 | | コメント (0)

2010.06.04

100604-4 iPadのガラス面は意外に頑丈

日経新聞web版の記事によると
前面ガラスの強度はどのくらい? iPadを解剖
 iPadのガラス面は意外なほど丈夫で、落としても割ないし、踏んづけてもヒビがいかないそうです。
 そのかわりすごく重くて、本体重量の27%を占めるそうです。

100604_ipad_grass
100604_ipad_weight

Posted on 6月 4, 2010 at 02:00 午後 | | コメント (0)

100604-3 iPad買いましたか?

214634
 SKEちゃん、お元気ですか?

5/10にAPPLE Storeにインターネットで予約を入れていたので、5/28の発売日に入手しました。
家で使う分には画面が大きいし、キーボードもコードもLANケーブルも無いから、スッキリサッパリ。
時間さえあれば一日中、本を読んだりネットサーフィンしたり、ビデオを見たりで不自由することはありません。

でも、きょう日経の記事を見ていて、これって仕事にも充分使えそうだということに気がつきました。

http://business.nikkeibp.co.jp/article/tech/20100602/214740/?P=2
インターネットが“空気”になる!

>相手に資料を見せて説明しながら、自分が資料を確認するときは本体を自分側に傾ければ、画面に表示された資料がくるっと180度回転して自分の方を向く。
>不動産業や建築士なんて、もっと分かりやすい。間取り図や物件の写真、所在地の地図まで大きな画面で顧客に見せることが可能だ。

マンションにはゲストルームもあって割安で泊まれるから仕事や遊びで来ることがあったら連絡下さい。
親爺より

Posted on 6月 4, 2010 at 12:02 午後 | | コメント (0)

100604 iPadでフォトフレーム

100604 iPadでフォトフレーム iPadはスクリーンセーバー代わりにフォトフレーム機能があって、取り込んだ写真と音楽を組み合わせて、バタバタマンガみたいにランダムに表示してくれます。
これにBluetoothで好きな曲をBOSEのスピーカーへ無線で飛ばせば、BGMにもなります。

Posted on 6月 4, 2010 at 06:29 午前 | | コメント (0)

100604 日経ビジネス5月31日号を購入 iPad特集

100605_nikkeibusiness_ipad 現在自分で定期購読している雑誌は「日経パソコン」と「日経PC21」の二紙だけです。
 新聞は今年になって、「日経新聞電子版」が始まったので、12年間も定期購読をやめていた日経新聞も購読を再開しましたから、日々活字漬けになっています。
 電子版を購読するようになって、毎日最低6回以上速報や主要ニュース、まとめニュースが配信されますので、世間の動きにはかなり感度が敏感になって、日経新聞のスタッフの皆さんには感謝のしようもありません。

 配信されてくるニュースや記事の中には「日経ビジネスオンライン」というのがあって、本来はコンピュータやICTの記事だけではなく、政治経済全般のテーマが対象のはずですが、どうしても関心の深い情報システムやパソコン、インターネットに関連した記事に目が行きます。
 「日経ビジネス」が他社の定期刊行誌や同社のICT関連諸紙と一線を引いているのは、記事に一定のポリシーが感じられるからでしょうか。

100605_nikkeibusiness 先週末に発行された5月31日号では、「iPad上陸・ジョブスが迫る破壊と創造」と刺激的なタイトルで最新の情報がまとまって読めそうです。
 ところが、ご存じの通り「日経ビジネス」は定期購読者のみに直送形態を取っているため、一冊売りはしませんし、大きな書店に行っても購入できないようです。
 もちろん会社では年間購読していますから、読むだけならそれを借りれば事は済むのですが、目次を見ると最低でも10頁以上にわたって、多方面の切り口で記事が掲載されているようなので、やはり買って手元に置きたいと思いました。

 昨日帰り道に三宮のジュンク堂で探しましたが、やはり置いていません。
 昼間検索したときにJRの駅で購入した方がいるのを思い出して、本屋からJR三ノ宮駅のキオスクに行きましたが、乗換口の方の店には置いておらず、諦めて帰りかけましたが、念のためと前売り券の窓口近くのキオスクを覗いたら、ARIMASITA!

 これで心置きなく記事を読めます。

日経ビジネスの定期購読

Posted on 6月 4, 2010 at 05:47 午前 | | コメント (4)

2010.06.03

100603-2 YouTubeに投稿された猫が弾く動画

ASCIIのiPadアプリ紹介で取り上げられていました。
どこの猫も好奇心旺盛ですね。

Posted on 6月 3, 2010 at 04:58 午後 | | コメント (0)

100603 山行計画: 6/5 高島トレイル・地蔵峠からおにゅう峠/新ハイキング関西

020727_kojyakukokyo_034 今週末は新ハイキングの例会で高島トレイル・地蔵峠からおにゅう峠に参加させていただきます。
 6月は来週6/12(土)も新ハイキングで京都北山・オークラの尾、6/20(日)は山仲間例会で武庫川渓谷/廃線跡、6/27(日)がまた新ハイキングで丹波・長老ヶ岳と毎週1日ずつ山行計画が入っています。

 最近はテント泊の機会が減って日帰りばかりですから、体力的には楽ですが、山でゆっくり酒を飲みながらたき火を囲んで星空を眺める機会が減ったのはやはり寂しいです。

 今週末の地蔵峠からおにゅう峠はまだ高島トレイルの企画というか事業が始まる前に苦労しながら歩きましたから、想い出深いです。
 過去の記録を見直すと2002年7月27日にAOKさんと二人でまだ車道が通じていなかったおにゅう峠の手前から歩き始め、P697の右折点が判らず、木登りしてルートを探りながら何とかP803までたどり着いたものの、あまりの猛暑に閉口して木陰で昼寝していたら、時間切れになって、同じ道を引き返したのが最初でした。
 二回目はHSMさんと二人、翌週の8月3日、4日にバスで生杉に入り、三国峠往復後、朽窪峠に戻って、笹藪を漕ぎながら初日はP659まで、翌日は早出して根来坂から百里ヶ岳を越えて、木地山峠から木地山へ下っています。

 あれから8年経って、ルートが整備され、尾根全体を覆っていた笹藪も花が咲いて完全に消えてしまいましたから、見通しも良くなりましたが、あの頃の苦労は今でも懐かしく思い出されます。

【山行計画】(案内ハガキより転載)
新ハイキング関西山行案内
朽木「地蔵峠からおにゅう峠」(一般向き)
期 日:6月5日(土) 雨天中止
 前夜の気象情報で当日の滋賀県北部の降水確率が午前・午後のいずれかが60%以上の予報の場合は中止します。 ℡情報 0775-177(4日の17時発表の予報)
集 合:JR京都駅/八条口 団体バスのりば 7時40分
コース 参加予定者:44名
 京都駅7:40⇒貸切バス⇒朽木生杉休憩舎ゲート
 ゲート(550m)→地蔵峠(680m)→三国峠(△775.9m)→ナベクボ峠(朽窪峠、630m、昼食)→P803m→おにゅう峠(830m)
 おにゅう峠⇒貸切バス⇒18:00京都駅頃(解散)
装 備:一般日帰り山行装備・雨具・帽子・スパッツ・ストック等
費 用:約3,000円(京都駅からバス代)
  山行運営費 400円・保険料 100円を別途徴収します。
係 : 狩野さん
地 図:25000分の一「古屋」、昭文社「京都北山」
 断面図予定コース図
連絡先:新ハイキング関西本部/0774-53-2754
  携帯:狩野さん/090-4302-0186

【写真】2002年7月27日の写真です。
020727_kojyakukokyo_034_2020727_kojyakukokyo_021020727_kojyakukokyo_026

【地図】6/5の計画地図です。
断面図
100605_jizotouge_onyutougedanmen

予定コース
100605_jizotouge_onyutouge

GPS予定ルート(カシミール3D)
「100605_Jizotouge_OnyuTouge.gpx」をダウンロード

Posted on 6月 3, 2010 at 07:38 午前 | | コメント (2)

2010.06.02

100602 対岸の火事ではない富士康で自殺者続出

100602_foxconn 先週5/27のITmediaの記事に
 「自殺相次ぐ中国のガジェット工場、AppleやDellが調査
 というのがあったので、興味半分で読みましたが、AppleやDellが過剰労働や若年者労働を強いていたのでは無さそうで、不思議に思いました。

 週が開けて、今日またASCII jpの記事に
 「iPad人気の影響!? Foxconnで自殺者続出の理由
 という記事が出ていたので、ますます不思議に思います。

 今日の記事では、記事の作者が「中国人の知人に『日本企業はなんで自殺者が出るほど働かせるのだ?』と言われた」と書いておられるので、よく読むと工場の中国名が富士康なので日本企業と誤解されての詰問と分かりましたが、依然として原因は不明です。

 世界の最先端を行くAppleやNOKIA、Dell、HP、などのそうそうたるIT産業のOEM工場であることと何らかの関連性があるような気もしますが、下手な憶測は出来ません。

Posted on 6月 2, 2010 at 03:50 午後 | | コメント (0)

2010.06.01

100601 雨降って固まるトヨタの針路

100601_toyotakaikaku 今日の日経ビジネスONLINEの記事:
 雨降って固まるトヨタの針路を読んで
 
 勝手応援の豊田章男社長が輝き出して、嬉しいです。
 「利益よりも信用」と言えるのは宗家ならこその余裕で今までの番頭さんには口が裂けても言えなかったことです。
 テスラとの技術提携にしても新しい技術への敏感な感受性と、閉鎖工場の再活用と従業員の再雇用という一石三鳥の効果が期待できますから、成功して欲しいです。

 商売の常識として、利害が反するのは勝者と敗者、騙すものと騙されるものがいて、下手なやり方。売る方も買う方も取引してよかったと思えるようでないと本当の商いとは言えません。渋澤栄一氏の「論語と算盤」の趣旨もその辺りに商売の倫理があると主張されているのだと思います。
 手前事で恐縮ですが、20年も前に全国の小売店様200店あまりを訪問して当時まだ珍しかったオンラインでの在庫照会&発注システムをお奨めしたのも、売る方にも買う方にも大きなメリットがあるという信念があったればこそです。


Posted on 6月 1, 2010 at 12:01 午後 | | コメント (0)