« 100602 対岸の火事ではない富士康で自殺者続出 | トップページ | 100603-2 YouTubeに投稿された猫が弾く動画 »

2010.06.03

100603 山行計画: 6/5 高島トレイル・地蔵峠からおにゅう峠/新ハイキング関西

020727_kojyakukokyo_034 今週末は新ハイキングの例会で高島トレイル・地蔵峠からおにゅう峠に参加させていただきます。
 6月は来週6/12(土)も新ハイキングで京都北山・オークラの尾、6/20(日)は山仲間例会で武庫川渓谷/廃線跡、6/27(日)がまた新ハイキングで丹波・長老ヶ岳と毎週1日ずつ山行計画が入っています。

 最近はテント泊の機会が減って日帰りばかりですから、体力的には楽ですが、山でゆっくり酒を飲みながらたき火を囲んで星空を眺める機会が減ったのはやはり寂しいです。

 今週末の地蔵峠からおにゅう峠はまだ高島トレイルの企画というか事業が始まる前に苦労しながら歩きましたから、想い出深いです。
 過去の記録を見直すと2002年7月27日にAOKさんと二人でまだ車道が通じていなかったおにゅう峠の手前から歩き始め、P697の右折点が判らず、木登りしてルートを探りながら何とかP803までたどり着いたものの、あまりの猛暑に閉口して木陰で昼寝していたら、時間切れになって、同じ道を引き返したのが最初でした。
 二回目はHSMさんと二人、翌週の8月3日、4日にバスで生杉に入り、三国峠往復後、朽窪峠に戻って、笹藪を漕ぎながら初日はP659まで、翌日は早出して根来坂から百里ヶ岳を越えて、木地山峠から木地山へ下っています。

 あれから8年経って、ルートが整備され、尾根全体を覆っていた笹藪も花が咲いて完全に消えてしまいましたから、見通しも良くなりましたが、あの頃の苦労は今でも懐かしく思い出されます。

【山行計画】(案内ハガキより転載)
新ハイキング関西山行案内
朽木「地蔵峠からおにゅう峠」(一般向き)
期 日:6月5日(土) 雨天中止
 前夜の気象情報で当日の滋賀県北部の降水確率が午前・午後のいずれかが60%以上の予報の場合は中止します。 ℡情報 0775-177(4日の17時発表の予報)
集 合:JR京都駅/八条口 団体バスのりば 7時40分
コース 参加予定者:44名
 京都駅7:40⇒貸切バス⇒朽木生杉休憩舎ゲート
 ゲート(550m)→地蔵峠(680m)→三国峠(△775.9m)→ナベクボ峠(朽窪峠、630m、昼食)→P803m→おにゅう峠(830m)
 おにゅう峠⇒貸切バス⇒18:00京都駅頃(解散)
装 備:一般日帰り山行装備・雨具・帽子・スパッツ・ストック等
費 用:約3,000円(京都駅からバス代)
  山行運営費 400円・保険料 100円を別途徴収します。
係 : 狩野さん
地 図:25000分の一「古屋」、昭文社「京都北山」
 断面図予定コース図
連絡先:新ハイキング関西本部/0774-53-2754
  携帯:狩野さん/090-4302-0186

【写真】2002年7月27日の写真です。
020727_kojyakukokyo_034_2020727_kojyakukokyo_021020727_kojyakukokyo_026

【地図】6/5の計画地図です。
断面図
100605_jizotouge_onyutougedanmen

予定コース
100605_jizotouge_onyutouge

GPS予定ルート(カシミール3D)
「100605_Jizotouge_OnyuTouge.gpx」をダウンロード

Posted on 6月 3, 2010 at 07:38 午前 |

コメント

意欲と体力は経験から生まれるもの。
三人娘もKMRさんも例会はもちろん単発のイベントや、百名山など、山行日数がわれわれ顔負けです。
テント泊まりの山行は最低15kgかつがないとついて行けませんから、日帰りの時でも中身は別腹用のお菓子や果物かも知れませんが、結構荷物を持ってこられています。

投稿: きよもり | 2010/06/04 4:29:00

三人娘は各々テントを持っているし、KMRさんも買われたようですから、関西は女性の方が意欲的ですね。
東京の女性はおとなしくて、日帰りがせいぜいです。

投稿: NWH | 2010/06/03 16:16:09

コメントを書く