« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010.03.31

100331 巨大ソーラー・プレーン本格飛行実験を開始へ

100331_solarplane今日の日経Tech-Onの記事:
 巨大ソーラー・プレーン,本格飛行実験を開始へ
 という記事があります。
 実際にはまだ地上1mで350mほど飛んだ段階だそうですが、今夏には夜間飛行も含めた36時間連続飛行に挑戦するそうです。
 素人考えですが、最も馬力が必要なのは離陸時ではないかと思いますので、そのあたりはどうなんでしょうね。
 地球に優しい省エネ技術の試みは話題になります。

【主な特徴】 
 1.発電源として太陽電池だけを用いる
 2.2011~2012年には太陽光エネルギーだけで世界一周を目指す
 3.寸法が全長21.85m,翼長63.4m,高さ6.4m,重さ1.6トンで自動車1台分程度と非常に軽い
 4.平均飛行速度は時速70kmと非常に低速
 5.夜間飛行は,Liポリマ2次電池を約400kg搭載,総重量の約1/4をこの電池が占める
 6.2011年には2機目となるさらに大型の機体「HB-SIB」(翼長80m)を製作する計画
 7.2012年に大西洋越えを試み,2013年前後に20~25日かけて世界一周飛行に挑戦する

【引用記事】 日経Tech-On

 スイスSolar Impulse SAは2010年3月30日,同社が製作した,発電源として太陽電池だけを用いる巨大飛行機の試作機「HB-SIA」の飛行実験を本格的に始める(関連サイト)。これは,冒険家のBertrand Piccard氏などが主導して2003年に始まった「Solar Impulseプロジェクト」に基づくもの。2011~2012年には2機目の機体を製作して,太陽光エネルギーだけで世界一周を目指すという。

 HB-SIAは,寸法が全長21.85m,翼長63.4m,高さ6.4mの飛行機。翼長だけなら,米Boeing社の大型旅客機「747」や欧州AirBus社の「A340」に並ぶ大きさである。一方,重さは1.6トンで自動車1台分程度と非常に軽い。

 主翼と水平尾翼上の面積200m2のスペースには,変換効率22%で150μm厚の米SunPower社製太陽電池を1万1628枚敷き詰めている。この太陽電池の出力で,最大出力7.5kW(10馬力),平均出力6kWの電気駆動のエンジン計4台を駆動する。平均飛行速度は時速70kmと非常に低速である。

 夜間飛行に備えては,エネルギー密度が約220Wh/kgのLiポリマ2次電池を約400kg搭載する。総重量の約1/4をこの電池が占めている。

 初飛行は2009年12月に終えているが,距離350m,高さ地上約1mの非常に短くて低い「飛行」だった。今回は,約1時間半飛行を続けて操縦性などを確認し,2010年夏までには夜間も含めた36時間連続の飛行に挑戦する計画である。

 2011年には2機目となるさらに大型の機体「HB-SIB」(翼長80mで,AirBus社の「A380」を超える)を製作する計画。2012年に大西洋越えを試み,2013年前後に20~25日かけて世界一周飛行に挑戦する。途中,世界の5地域に着陸予定で,アジアでは中国および日本に立ち寄ることを検討している

Posted on 3月 31, 2010 at 02:40 午後 | | コメント (0)

2010.03.30

100330-2 十三で精進落とし

100330-2 十三で精進直し100330-2 十三で精進直し 登らない山仲間・CYMさんのお通夜帰りに十三で途中下車
 富五郎は現金払い、金皿にお金を入れて即金です。

Posted on 3月 30, 2010 at 09:45 午後 | | コメント (0)

100330 山行計画:4/3 4月例会下見/湖北・万路越え~海津大崎の桜

Imgp5433 4月の例会は4月18日(日)に湖北・海津大崎の桜見を兼ねて大崎背山の東山三角点から万路越えの尾根歩きを予定しています。
 その下見は1月のブログで4月3日(土)に行くと決めていました。

 当初はきよもりとJNKさんの二人で行くつもりでしたが、3月の摩耶山での例会の帰りにHRAさんから下見参加の意思表示をいただいていました。
 昨日、TRNさん、HSMさんからも下見参加のメールをいただき、さらに昨夜にはAOKさんからもメールをいただいたので、賑やかな下見になりそうです。ということで、飲兵衛ばっかりの下見計画を再掲させていただきます。
 湖北ですから、まだ花は蕾だと思われますが、同行していただく皆様ご了承下さい。

 4/18例会本番は花見の最盛期ですから、混雑を避けるため逆コースをとって、JRマキノから歩き始めて海津大崎を通り抜けて東山への急登を登り、万路越からJR永原に至る行程になります。

Imgp5463【山行計画】 
 下見計画:湖北・万路越え~東山~海津大崎の桜
日 時:平成22年4月3日(土) 9:40~16:40
集 合:JR湖西線・永原駅改札口 9:35
 参考:JR三ノ宮7:20⇒新快速⇒芦屋7:29⇒大阪7:45⇒京都8:15⇒湖西線⇒9:31永原
    新快速は前4両が敦賀行き、後ろ4両が近江今津切り離しですから、前から2両目に乗って下さい。 
行き先:湖北・万路越え~東山~海津大崎
参加者:5名/HSMさん、AOKさん、TRNさん、HRAさん、きよもり
 飛び入り歓迎です。当日新快速の2両目に乗って下さい。
地 図:国土地理院25000分の1「海津」
 断面図 & 予定ルート
ルート:JR永原~黒山集落~万路峠~峯山~東山~大崎寺~JRマキノ
  ランク:中級の下(行程が長い、藪あり)
持ち物:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、スパッツ、軽アイゼン、ストック、着替
行 程:約11.6km、所要時間:7時間00分(歩行時間 4時間40分、休憩昼食2時間20分)
 JR三ノ宮7:20⇒新快速⇒芦屋7:29⇒大阪7:45⇒京都8:15⇒湖西線⇒9:31永原
 JR永原(90m、9:40頃)→20分→黒山集落→60分→万路越え(11:20頃)→30分→峯山(△532.0m、12:00頃、昼食)→80分→東山(△594.9m、14:30頃)→40分→大崎寺(90m、15:20頃、花見?、15:50発)→50分→JRマキノ(16:40頃)
 マキノ16:50⇒湖西線・新快速⇒京都(解散)17:59⇒大阪18:30⇒芦屋18:43⇒18:51三ノ宮
 参考:その他のマキノ発時刻表
   ① マキノ17:28⇒17:36近江今津17:41⇒18:51京都、
   ② マキノ18:07⇒18:15近江今津18:26⇒19:32京都
   ③ マキノ18:31⇒18:35近江今津18:42⇒19:47京都
費 用:交通費¥2,900(「春の関西1デイパス」を利用)
【地図】
 断面図

送信者 100418_KaizuOosaki

 予定ルート
送信者 100418_KaizuOosaki

 カシミール3Dルートデータ
 「100403_Kohoku_KaiduOsaki.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 30, 2010 at 06:12 午前 | | コメント (0)

2010.03.29

100329 山行記録:3/27~28 若丹国境尾根・堀越峠~八ヶ峰/にぎり寿司&アンコウ鍋でKRKさん壮行会【写真掲載100409】

100328_hachigamine_001【コメント】
 昨日、一昨日は4月から広島へ帰られる山仲間のKRKさんの番外編メンバーによる壮行会で、久し振りの若丹国境へ行きました。
 3月に若丹国境に行こうという話は、昨年末の奈良・穴師山の下見のあと、八木の「如意」で飲みながら話題に上がっていました。
 年が明けて、参加可能メンバーがHSMさん、AKEさん、AOKさん、KRKさん、きよもりでほぼ固まって、その後KRKさんの転勤が決まったため、KRKさんの壮行会を兼ねることになりました。
 それなら腕によりをかけて美味しいものをお出ししたいという、AKEさんのご好意によって若丹AKE亭を設置していただき、にぎり寿司とアンコウ鍋をご馳走になりました。

 AKEさん、2時から起きてネタの仕込みをしていただいたそうで有り難う御座います。前回、木地山峠でお座敷天ぷらをご馳走になったときは季候もよくて熱い料理だったから、まだしもでしたが、今回は氷点下にもなる雪面に設置した幕営場でのにぎり寿司ですから、冷水で指を冷やしながら手つきも鮮やかに、かつ丁寧にしゃりを握られる様子を見ているだけで本当に申し訳ない思いでした。
 おかげさまで、またとない想い出になる壮行会が出来ました、有り難う御座いました。
 AKE亭2AKE亭3AKE亭4AKE亭5AKE亭6

 前日まで雨が続いて、天候の崩れが心配でしたが、今回もHSM大明神の御利益で見事に晴れて、二日目八ヶ峰から河鹿荘がある知見口まで戻った途端に雨が降り出しましたから、まるで神がかりでした。
 若丹国境尾根は山仲間番外遍のルーツでもあり、わずか800mにも足りない低山の連なりですが、何故か足を踏み入れるだけで、ほのぼのと気持ちが安らぎます。
 今回も堀越峠から八ヶ峰まで誰とも会うこともなく、2、3日前に降った新雪を5人で踏みしめながら、快適な尾根歩きを満喫できました。

 KRKさん、数々の想い出を残していただいて、本当に有り難う御座いました。5月になったら、番外編メンバーを誘って、広島へ押しかけますから、次回は広島の山を案内して下さいね。

【山行記録】
日 程:平成22年3月27日(土)~28日(日)
集 合:3/27 7:00 京都駅北口(烏丸口) 郵便局前
参加者:5名/HSMさん、AKEさん、AOKさん、KRKさん、きよもり
行 程:歩行距離合計:12.9km、所要時間合計:8時間49分(歩行:5時間48分、休憩・昼食:3時間01分)
3/27 晴れ時々曇り、4℃~12℃、歩行距離:6.2km、所要時間:4時間09分(歩行:2時間49分、休憩・昼食:1時間20分)
 京都6:53⇒AOK車・AKE車⇒7:53周山8:00⇒8:40知見登山口(AOK車デポ) 8:46⇒AKE車⇒9:33堀越峠(AKE車デポ)
 堀越峠(510m水汲み、体操) 10:16→10:39マイクロ車道分岐(645m)→10:52棚野坂(650m、軽食、りんご) 11:10→11:14中継所→11:16西畑越え→11:31山90境界標(左折点) 11:40→11:53巻き道分岐(荷物デポ)→12:06オバタケダン(△729.0m) 12:15→戻り→12:22巻き道分岐荷物デポ地点(昼食、12℃) 12:45→13:08小ピーク(690m) 13:20→13:31鉄塔(右折)→13:45 P706m 13:54→14:07 P720m→14:25 P721m手前の広尾根(700m、幕営、16:00前宴、17:00鮟鱇鍋、18:00にぎり寿司、酒宴、20:00中締め、23:00全員就寝)

3/28 曇り、0℃~10℃、歩行距離:6.7km、所要時間:4時間40分(歩行:2時間59分、休憩・昼食:1時間41分)
 幕営地(6:00起床、0℃、7:00朝食、湯沸し、ゴミ焼き) 9:07→9:14 P721m→急登→9:37迷点4(右折点、りんご) 9:52→10:09 P745mの南(790m、右折、10℃) 10:13→10:25小ピーク(左折の迷点、785m)→10:38 P772m 10:50→11:15最後の小ピーク(770m) 11:31→11:42知井坂(715m、デポ) 11:45→12:05八ヶ峰 (△800.1m) 12:25→12:36知井坂(昼食) 13:07→13:28スキー場跡→13:47知見登山口(340m)
 知見登山口13:58⇒14:05知見口(AKE車回収) 15:30⇒15:33河鹿荘(入浴) 16:54⇒17:26周山17:35⇒19:05京都駅八条口(解散)
地 図:25000分の1「口坂本」「久坂」
 断面図GPSトラック図

【会計報告】
 集金 45,000円(一人@9,000円)
 支払 45,000円
 残金      0円

  費用内訳
  100327_28hiyoumeisai

【写真】100409追加
2週間たちましたが、写真を69枚掲載します。
Picasaの地図情報付きウェブアルバムです。

100327_28 若丹・堀越峠~八ヶ峰

【フォトムービー】
写真の動画です。
再生時間は4’36”
BGMは甘茶の音楽工房から「お日様とお散歩」です。

【若丹AKE亭】
100327_ake_001100327_ake_002100327_ake_003

100327_ake_004100327_ake_005100327_ake_006

【地図】
 断面図
 100327_28t_horikoshitoge_8gaminedan

 GPSトラック図
 100327_28t_horikoshitoge_8gamine

 カシミール3DのGPSトラックデータ
 「100327_28.gpx」をダウンロード

Posted on 3月 29, 2010 at 02:51 午前 | | コメント (0)

2010.03.28

100328 八ヶ峰

100328 八ヶ峰100328 八ヶ峰 12時10分、無事八ヶ峰に着きました。
 飲みすぎと寝不足の人もふたりいますがあとは降りるだけ。

Posted on 3月 28, 2010 at 05:05 午後 | | コメント (0)

2010.03.27

100327 快晴

100327 快晴 心配していたお天気は明日の昼過ぎまでは大丈夫のようです。
 にぎり寿司と鮟鱇鍋、楽しんできます。

Posted on 3月 27, 2010 at 06:30 午前 | | コメント (0)

2010.03.26

100326-2 楽しみの若丹国境尾根

 明日は朝7:00京都駅集合です。
 天気も回復しそうですが、また寒くなりましたから、やはり寿司には熱燗が良いかも知れませんね。
 AKEさんから、食材の詳細をお送りいただきました。
 ますます楽しみですが、初日は食い気と呑み気に負けて早々と幕営になりそうですね。
 AKEさんありがとうございました。食材の買出しや下造りで大変ご面倒をおかけします。
 担ぐのはお任せ下さい。

【AKEシェフの献立表】
にぎり寿司
 鰤トロ キングサーモン 紋甲烏賊 活本鯛 寿司海老 活ダコタタキ とり貝
 ナマキハダ鮪 厚焼玉子 胡瓜 大葉 
 わさび たまり醤油 寿司酢 米・5合 焼海苔
あんこう鍋
 鮟鱇1.6Kg(1匹) 白菜 菊菜 豆腐 エノキ マロニー
 ポン酢 もみじおろし キザミネギ

Posted on 3月 26, 2010 at 06:01 午後 | | コメント (0)

100326 Ustream(ユーストリーム)とは

100326_ustream 孫正義氏のインタビュー記事を読んでいて、始めてユーストリームというサービスを知りました。

 Ustream(ユーストリーム)とは2007年の3月に設立されたアメリカの動画共有サービスですが、動画共有サービスとしては、すでにYoutubeやニコニコ動画が先行しているので、何が孫氏を感動させたのか記事を読んでもピンときませんでした。

 色々検索して判ったことは、Youtubeやニコ動がユーザーが収録編集したビデオ動画を共有サーバーに登録するバッチ処理なのに対して、Ustreamはリアル共有、すなわちライブ中継であるという点です。

 登録方法や設定方法はやさしい始め方シリーズUSTREAM 編にやさしく詳しく解説されていますから、誰でもすぐに始められますが、ライブ中継に必要な機器はカメラ付きのパソコンやiPhoneのようなPDA、携帯とヘッドセット(マイク付きイヤフォン)だけですし、音声なしならヘッドセットもいらないかも知れません。

【引用】

 Youtube やニコニコ動画のように、いったん撮影・編集された動画を配信するための動画投稿サイトとは異なり、「今やっていることをリアルタイムに配信できる仕組み」は、テレビの生中継のようなものとお考えいただいて差し支えありません。
 もちろん、無料で生中継、生放送ができるというだけでなく、予め用意していた動画を放送したり、決められた時間にスケジュール配信したり、2画面同時放送(ピクチャーインピクチャー)を実現できるなど、高度な放送管理機能を持ったシステムでもあります。
 ツイッターのようなフォロー機能のほか、チャット機能、ツイッターと連携させる機能などもあるので、放送を楽しんでもらっているユーザー間でコミュニケーションを取ってもらったり、Twitter から質問を頂戴しつつ映像上でリアルタイムに回答していくなど、配信内容を肴にユーザーとコミュニケーションを行うための周辺機能も充実しています。

 個人的には山の上から360度の展望を生中継するとか、山仲間の主演のライブ中継とかが考えられます。

 会社では、社長の年頭訓辞などを遠隔の営業所とか海外子会社へも生中継とかに使えそうですが、この場合は、公開というわけにはいかないので、非公開のURLを使うことになるでしょう。
 基本的には無料ですが、複数カメラを同時接続したり、より高画質な画像を表示できる有償版もあるようです。

 たしかにすごい時代になったものです。

Posted on 3月 26, 2010 at 10:53 午前 | | コメント (0)

2010.03.25

100325-3 三宮小学校

100325-3 三ノ宮小学校100325-3 三ノ宮小学校 飲み放題だけど今の時期は超満員で、注文が裁ききれず、生ビールの待ち行列が50杯
 全個室貸切の教室形式、食器もアルマイト製かと思ったけど、ごく普通のエポキシ食器でしたから、普通の飲み屋とあまり変わりません。個室居酒屋 神戸私立 三宮小学校
 

Posted on 3月 25, 2010 at 08:56 午後 | | コメント (0)

100325 山行計画:3/27~28 若丹国境尾根縦走・堀越峠~八ヶ峰/確定

090718_19_koma_hyakuri_025 今週末に迫った若丹国境尾根縦走の計画がようやく固まりましたから、掲載します。
 今回は4月から広島におられる奥様やお孫さんのもとへ帰られるKRKさんの壮行も兼ねて、久し振りに若丹国境のホームグラウンドへ行きます。
 おなじみのメンバーばかりなので気楽ですが、今回もAKEシェフの板前料理が目玉になります。
 昨年7月には同じ尾根上の江若国境の木地山峠でお座敷天ぷらをご馳走になりました。(090721 山行記録:7/18~19 江若国境/駒ヶ岳~百里ヶ岳
 今回は、何と!にぎり寿司に挑戦!!
 併せて、あんこう鍋もご馳走になる予定ですから、スゴク楽しみです。

 なお、今日も江若丹地区は雨が降っていて、残雪も溶けていると思われるため、装備にはアイゼンを記載していませんが、リュックに余裕があれば念のため持参して下さい。(軽アイゼンでも可)

【山行計画】
日 程:平成22年3月27日(土)~28日(日)
集 合:3/27 7:00 京都駅北口(烏丸口) 郵便局前
参加者:5名/HSMさん、AKEさん、AOKさん、KRKさん、きよもり
行 程:
3/27
 京都7:00⇒AOK車・AKE車⇒8:00周山⇒9:00知見登山口(AKE車デポ)⇒9:30堀越峠旧道入口(AOK車デポ)
 堀越峠旧道入口(9:40頃)→60分→堀越峠(水汲み)→30分→マイクロアンテナ→20分→棚野坂(12:00頃・昼食)→60分→オバタケダン(△729.0m)→60分→鉄塔下(15:30頃、幕営)
3/28
 鉄塔(6:00起床、朝食、8:00発)→60分→P720m→60分→迷点4(右折点)→60分→P772m(11:30頃・昼食)→60分→知井坂→30分→八ヶ峰 (△800.1m、14:00頃)→20分→知井坂→60分→知見登山口(15:40頃)
 知見登山口16:00⇒16:30堀越峠旧道入口(車回収)⇒17:30周山⇒18:30京都(解散)
地 図:25000分の1「口坂本」「久坂」
 断面図予定コース図
 カシミール3Dの予定ルートデータ
 「100327_28Horikosi_8gamine.gpx」をダウンロード
費 用:一人8千円/食費+ガソリン代:6千円、運転手当:2千円(3人)
100327_28_jyakutanhiyo

装 備
 100327_28

食 糧
 100327_28_2

装備・食糧計画のEXCEL表
 「100327_28.xls」をダウンロード

【地図】
断面図
100328_29_horikoshitoge_8gaminedanm

予定コース図
100328_29_horikoshitoge_8gamines

Posted on 3月 25, 2010 at 01:57 午後 | | コメント (0)

100325 卒業式

100325 卒業式100325 卒業式 震災で壊滅的な被害を受けたポートアイランド西岸の神戸港埠頭は広い海沿いの敷地がキャンパスエリアに衣替えしました。
 今日もぐずついた天気ですが、卒業式があるらしく、制服姿の男子学生や袴姿の女子学生であふれています。
 足元が悪いから気の毒です。

 全員市民広場で降りたので、ワールド記念ホールの垂れ幕を見たら、神戸大学の卒業式のようです。流石に男子学生は全員制服を着ています。そういえば、大学の時、制服って入学式と卒業式しか着なかったですね。

Posted on 3月 25, 2010 at 09:49 午前 | | コメント (0)

2010.03.24

100324 郷愁のガンプラ

100324_gundam56409100324_gundam56410 ガンプラというのは、ガンダムのプラモデルのことですが、他のプラモではこのような特定の呼称をつけられたシリーズはありません。
 累計販売数が4億個を突破、30年も経っても大した人気です。
 
 バンダイ プレスリリース http://goo.gl/Z2jT #Gundam →100324 ガンダムは今でも時々ビデオを見ますが、アムロもシャアも今も個性が光っていて色褪せません。

 昨年夏、お台場に立つガンダムをついに見に行く機会がなかったので、静岡で公開されたら是非見に行きます。
100325_000001100325_000101 7月の1/144精密モデルの発売も楽しみですが、きよもりの部屋には度々の引越しにも耐えて、15年も前に秋葉で買った初代1/144スケールのガンダムが本棚に並んでいます。

100324_gundam56413100324_221901 今度のシリーズでは同じスケールでも可動部も増え部品点数も倍になっているから、並べて飾るのが楽しみです。
 一体\2,625、JNKさんのおままごとセットのヒトカケラにしかなりませんが、『ターゲット:10代半ば~30代後半の男性』、というのが気になります。
 30年前に子供連れで見に行った元30代もターゲットに加えて欲しいです。

Posted on 3月 24, 2010 at 12:14 午後 | | コメント (0)

2010.03.23

100324 神戸も開花

100324 神戸も開花 引っ越しでバタバタしているうちに桜の花が咲き始めていました。
 今週末は若丹ですが、タムシバが見られるかも知れません。

Posted on 3月 23, 2010 at 12:52 午後 | | コメント (0)

2010.03.22

100322-2 手打ちうどん

100322-2 手打ちうどん ヨドバシでLED電球を買ってから、三ノ宮に戻りました。
 遅い昼飯で阪急西口地下で手打ちうどん「中村屋
 博多ぶっかけ明太子とキム玉納豆ぶっかけうどん
 珍しいメニューだけど、結構美味しいです。

Posted on 3月 22, 2010 at 03:48 午後 | | コメント (2)

100322 パソコンセットアップ完了

100322 パソコンセットアップ完了100322 パソコンセットアップ完了 日付が変わった頃にパソコン2台とホームサーバーのセットアップが終わりました。
 今度のマンションは、各部屋にLANの端子や電話端子、TVのアンテナ端子がありますから、配線はそれぞれ5mもあれば充分なんですが、前のマンションでは結構配線の引き回しが大変で10〜20mのLAN線、電話線、アンテナ線を使っていましたから、長いケーブルは、全部交換し配線がすっきりしました。
 でもパソコン室が6畳から5畳になったので、パソコン3台とスチールラック3台並べたらほとんど壁面が無くなりました。
 そのかわり、パソコンに向かっていても、椅子を回せば全ての棚に手が届くから、意外に居心地がよいです。

Posted on 3月 22, 2010 at 05:06 午前 | | コメント (0)

2010.03.21

100321 引っ越し三日目

100321 引っ越し三日目100321 引っ越し三日目 昨夜は荷揚げが始まったのが16時05分になったため、すべての荷揚げと開梱が終わって引越屋さんが帰ったのが22時10分でした。
 23時30分COCO壱番屋で大盛3倍カレーを食べてやっと晩ご飯。
 朝2時から目一杯忙しく動き回って疲れ果てて01時00分就寝でした。

 今朝は07時50分に起きて片付け始めましたが、部屋のテレポーションが出来たらよいのにね。

Posted on 3月 21, 2010 at 11:16 午前 | | コメント (0)

2010.03.20

100320-3 黄砂

100320-3 黄砂100320-3 黄砂 02時30分にやっとコンビニ弁当で昼食がとれましたが、エアコンや食洗機などの取付工事は終わったけど、肝心の引越荷物は先行の荷揚げが終わらないので、順番待ちです。

Posted on 3月 20, 2010 at 03:52 午後 | | コメント (2)

100320-2 引っ越し本番

100320-2 引っ越し本番100320-2 引っ越し本番 昨夜01時までかかって、荷造りや壊れ物を先行して移動して、今朝は08時30分から引越屋さんが来てくれました。
 わずか2年9ヶ月しか居なかったけど、いざ引っ越しとなると、荷物が多くで大変です。
 やっと大半の荷物を出し切ったから搬出は午前中に終わりそうだけど、新築マンションだから搬入が集中して、運び終わるのは、夜遅くなりそうです。

Posted on 3月 20, 2010 at 11:41 午前 | | コメント (0)

100320 今日もお天気

100320 今日もお天気 今日は春霞が立つ陽気で雲もなく暖かいです。
 三宮辺りは霞んでいますが、昨日に引き続き引っ越し日和でよかったです。

Posted on 3月 20, 2010 at 11:29 午前 | | コメント (0)

2010.03.19

100319 引っ越し初日

100319 引っ越し初日100319 引っ越し初日 朝からマンションの鍵を受け取り、その足で住民票の移動届けを出して、登記用に住民票を取得
 午後からアリさんマークの引越屋さんが荷造りに来て、同時にJ-COMの機器引き取りや電気釜の修理引き取りが来て、目が回りました。
 快晴に恵まれてよかったです。
 パソコンがインターネットにつながるのは、明日の夜だから、ブログの更新はケータイでやります。

Posted on 3月 19, 2010 at 05:23 午後 | | コメント (0)

2010.03.18

100318 山行計画:3/27~28 若丹国境尾根縦走・堀越峠~八ヶ峰

050410_085601 5年前の計画
050407 若丹国境縦走計画書・4/9,10堀越峠~八ヶ峰

この時は同行3名(HSMさん、AOKさん、きよもり)でしたが、今回はAKEさんと今月末で広島へ帰るKRKさんも加わり、5名の参加になります。これにMTNさんが加わればフルメンバーですが、奇しくも2007/6/2~6/3には、HSMさん、MTNさん、AKEさん、YMUさん、AOKさん、NWHさん、KRKさん、きよもりの8名の大所帯が横尾峠から県境尾根に上がって、堀越峠で幕営、翌日一気に、オバタケダン、八ヶ峰を越えて、五波峠までのロングコースを歩いています。
今回は8人のうち5名が参加ですから、よほどこの行程には縁があるのかも知れません。
ちなみに、5年前にこのコースで確保したのがこの立派な牡鹿の角ですが、先日の壮行会でKRKさんへの餞別でAOKさんが精魂込めて作られたナイフはこの鹿角を加工したものです。

【山行計画】
日 程:平成22年3月27日(土)~28日(日)
集 合:3/27 7:00 京都駅北口(烏丸口) 郵便局前
参加者:5名/HSMさん、AKEさん、AOKさん、KRKさん、きよもり
行 程:
3/27
 京都7:00⇒AOK車・AKE車⇒8:00周山⇒9:00知見登山口(AKE車デポ)⇒9:30堀越峠旧道入口(AOK車デポ)
 堀越峠旧道入口(9:40頃)→60分→堀越峠(水汲み)→30分→マイクロアンテナ→20分→棚野坂(12:00頃・昼食)→60分→オバタケダン(△729.0m)→60分→鉄塔下(15:30頃、幕営)
3/28
 鉄塔(6:00起床、朝食、8:00発)→60分→P720m→60分→迷点4(右折点)→60分→P772m(11:30頃・昼食)→60分→知井坂→30分→八ヶ峰 (△800.1m、14:00頃)→20分→知井坂→60分→知見登山口(15:40頃)
 知見登山口16:00⇒16:30堀越峠旧道入口(車回収)⇒17:30周山⇒18:30京都(解散)
地 図:25000分の1「口坂本」「久坂」
 断面図予定コース図
費 用:一人5千円/食費+ガソリン代:3千円、運転手当:2千円(3人)

【地図】
断面図
100328_29_horikoshitoge_8gaminedanm

予定コース図
100328_29_horikoshitoge_8gamines

【050407のブログ記事】
050407 若丹国境縦走計画書・4/9,10堀越峠~八ヶ峰
日 程; 平成17年4月9日~10日
参加者: 3名  HSMさん、AOKさん、きよもり
行 程:
4/9
 京都7:15⇒JRバス⇒8:29周山8:30⇒周山タクシー(0771-52-0109)⇒9:30堀越峠旧道入口
 堀越峠旧道入口(9:40頃)→60分→堀越峠→30分→マイクロアンテナ→30分→棚野坂(12:00頃・昼食)→60分→オバタケダン(△729.0m)→60分→鉄塔下→40分→P720m→120分→P772m(17:00頃・幕営)
4/10
 P772m(7:00頃)→60分→知井坂→30分→八ヶ峰 (△800.1m)→20分→知井坂→90分→知見登山口→90分→知見口/自然文化村(13:00頃・昼食・入浴)
 知見口14:20⇒町営バス⇒15:10周山 15:20⇒JRバス⇒16:42京都(解散)
   または 知見口17:25⇒町営バス ⇒18:15周山18:30⇒19:49京都
地 図:25000分の1/口坂本、久坂、中
費 用:一人約9,000円(京都から)
 行き:京都~周山 JRバス\1150、周山~堀越峠旧道口 タクシー\12,000(1台)
 帰り:自然文化村~周山 町営バス\1020、周山~京都 JRバス\1150
  バス代合計 \3,320 タクシーは\12,000で一人\4,000になります。交通費は一人7,300円程度、
  二日分の食料代は一人1,500円程度、入浴代含め、一人合計10,000円くらいです。
追記:
・今回も美山の京都タクシーに電話がつながりませんので、長駆 周山からタクシーで入ることになりました。
  一泊二日にしては割高になって申し訳ありません。
・5/3~5は、休日ですからバスで知見口まで入り、八ヶ峰~五波峠~杉尾坂~シンコボ~三国峠~朽窪峠~百里ヶ岳~生杉 を縦走するつもりです。

Posted on 3月 18, 2010 at 12:59 午後 | | コメント (0)

2010.03.17

100317-2 堂島ロール

100317-2 堂島ロール 渡辺橋まで続くお客様の行列は今まで通り
 今日は電通で講習会だから帰りに買います。

Posted on 3月 17, 2010 at 01:55 午後 | | コメント (0)

100317 「1Q84」 BOOK3 発売

100317 1Q84 BOOK3 発売 昨年の年間ベストセラーになった「1Q84」の第3巻が発売されるようです。
 第2巻の終わりが主人公二人の出会いを匂わせる場面で切れていましたから、『あれでよい』という読者も、『いや 第3巻がある』という読者もいました。
 第3巻では、新たな展開が予感されます。

Posted on 3月 17, 2010 at 01:51 午後 | | コメント (0)

2010.03.16

100316-4 野球部壮行会

100316-4 野球部壮行会100316-4 野球部壮行会100316-4 野球部壮行会 年度替わりはサリーマンにとっては、戦々恐々のシーズン
 山仲間もスパイラルズも主力メンバーを引き抜かれて戦力ダウン
 早く帰って来て下さいね

Posted on 3月 16, 2010 at 09:56 午後 | | コメント (0)

100316-3 とんび

100316-3 とんび みたらし団子じゃなくて、とんびです。
 トンビとは、とんがり烏賊のくちばしなんだそうです。

Posted on 3月 16, 2010 at 08:20 午後 | | コメント (0)

100316-2 日野山

100316-2 日野山 朝一のサンダーバードで武生に出張していましたが、早く終わったので、早めに帰れます。
 でも、湖西線が強風のため徐行運転になるので、米原回りに変更されました。
 琵琶湖線回りだと、30分〜40分遅れて大阪に着くそうです。
 今夜も三宮で飲み会があるけど一時間くらい遅れて19時30分頃に宴会場に着きそうです。
 武生は今は越前市になりましたが、駅名は昔のまま、日野山は越前富士として親しまれています。
 今日の昼はおろし蕎麦と鴨なん蕎麦を食べて、少しだけ旅情を味わいました。

Posted on 3月 16, 2010 at 04:40 午後 | | コメント (0)

100316 山行記録:3/14 山仲間第129回例会 摩耶山/焼き肉&壮行会【写真】

 昨日、掲載が間に合わなかった3/14の例会の写真を公開します。
 PicasaのWebアルバムで、120枚あります。

100314 摩耶山例会 焼き肉&壮行会

Posted on 3月 16, 2010 at 02:41 午前 | | コメント (0)

2010.03.15

100315 山行記録:3/14 山仲間第129回例会 摩耶山/焼き肉&壮行会【写真&フォトムービー 100410追加】

100314__4 昨日は5年間、常に笑顔を絶やさず、底知れぬ体力で山仲間の皆さんを支えていただいたKRKさんの単身赴任が解けて、奥様と4人のお孫さんたちが待たれる広島に帰られることになったので、麻耶山上で壮行会を開催しました。
 KRKさん、お疲れ様でした。また神戸に来られる機会には是非一緒に山歩きを楽しみましょう。

 ということで、山仲間の例会は行き先を摩耶山に変更して、3年ぶり(H17.05.15)にオテルド麻耶の北広場で焼き肉を楽しみました。先週の週初めは天気が崩れ勝ちで、北日本では大雪が降ったりして、週末の天候を心配しましたが、日頃の行いがよいKRKさんのご利益か、晴れ男大明神のご利益か、絶好の快晴に恵まれ、風もない穏やかな焼き肉日和でした。
 参加者は23人のうち、女性が8名、男性15名、平均年齢60歳ですが、年齢も性別も関係なく、持ち上げた肉類6kg、野菜等4kg、ビールロング缶20本10kg、酒・焼酎8本7kgを見事にすべて平らげて、宴会後はロングコースの長峰尾根を賑やかに談笑しながら下りました。

 有志11名と例会に参加出来なかった3名の方も駆けつけていただいて、18時からは王子公園の「きむよし」で二次会を開催し、20:30まで壮行の宴が続きました。

 参加していただいた延26名の皆様有難うございました。

【山行記録】
 3/141 山仲間第129回例会 摩耶山/焼き肉&壮行会
日 時:平成22年3月14日(日) 10:34~17:32
行き先:摩耶山(焼き肉&壮行会)~長峰尾根
 コース:虹の駅~史跡公園~掬星台~焼き肉会場~杣谷峠~長峰尾根~天狗塚~伯母野山町
参加者:23名/SSKさん、YMOさん、HMDさん、HSMさん、MEDさん、NROさん、AOMさん、ADTさん、DNNさん、きよもり
  KRKさん、USIさん、HARさん、WTTさん、HRTさん、FTSさん、MTHさん
  AOKさん、AKEさん、KMRさん、TKDさん、SGMさん、JNKさん
地 図:25000分の一「神戸首部」、昭文社「六甲・麻耶」
 断面図GPSトラック
行 程:8.2km、所要時間:6時間58分(歩行時間:3時間27分、宴会・休憩:3時間41分)、快晴、16℃
 王子公園(9:50集合) 10:04⇒市バス\200⇒10:15摩耶ケーブル下10:20⇒ケーブル\340(割引)⇒10:25虹の駅
 虹の駅(450m) 10:34→10:48山門跡→11:00史跡公園(600m) 11:10→11:20掬星台(690m)→11:33オテルド麻耶・北広場(焼き肉・壮行会)14:19→14:40杣谷峠(620m) 14:50→15:03鉄塔15:10→15:18山羊戸渡分岐15:20→15:24立ち休憩15:27→15:45天狗岩(687.8m) 15:58→16:12展望台→16:25鉄塔16:30→16:52伯母野山登山口(290m)→17:12六甲・王子公園分岐(110m、解散) 17:17→17:32灘温泉(40m、入浴) 18:05→18:15「きむよし」(壮行会二次会) 20:30→20:50王子公園(解散)
【会計報告】
100314_mayasan_kaikeihokoku収支報告:
① 焼き肉&壮行会 参加者23名
 集金 ¥67,000 一人@\3000×22+\1,000(MTNさん)
 支払 ¥56,690 食材\16,400、野菜&備品ほか\7,071、ビールほか\5,079、ケーブル代\7,140、餞別\21,000
 残金 ¥10,310 
② 壮行会二次会:於「きむよし」 参加者14名
 集金 ¥48,000  @4000×10+\3000×2+\2000×1
 支払 ¥54,070
 不足金 △\6,070
差引残金 ¥4,240 山仲間預り金に入金させていただきます。預金残高\13,759

【写真】
PicasaのWebアルバムで、120枚あります。

100314 摩耶山例会 焼き肉&壮行会

【フォトムービー】
写真の動画です。
再生時間は8’04”
BGMはConcerto For Piano & Orchestra No. 23 In A Major: Allegro Assai (Wolfgang Amadeus Mozart)

【地図】
断面図
100314t_mayasanyakinikudanmen

GPSトラック
100314t_mayasanyakiniku


Posted on 3月 15, 2010 at 06:00 午後 | | コメント (0)

2010.03.14

100314 壮行会

100314 壮行会100314 壮行会100314 壮行会 快晴無風の最高のお天気に恵まれて、23名の参加をいただいて、麻耶山頂で焼き肉例会
 肉とソーセージで6kgをペロリと平らげ、酒と焼酎を7本、ビール20缶を完食
 皆さんお元気です。

Posted on 3月 14, 2010 at 07:44 午後 | | コメント (1)

2010.03.13

100313-2 白木蓮

100313-2 白木蓮100313-2 白木蓮 橘屋で肉を買った帰り道に元町で降りて、とんかつ「太郎」で早めに夕食
 大丸前の元町商店街入り口辺りは白木蓮が丁度満開でした。

Posted on 3月 13, 2010 at 06:39 午後 | | コメント (1)

100313 明日は晴れ

100313_tenki 明日の山仲間例会は昨夜、TKDさんから参加メールをいただきましたから、24名の大人数になりました。
 参加される皆様、有り難う御座います。
 会費に余裕が出そうですから、集合場所の王子公園に早めに行って、缶ビール、お茶、氷などを購入したいと思います。

 心配していたお天気も今日は少し曇っていますが、明日は晴れマークなので終日好天に恵まれると思います。
 例会で焼き肉や流し素麺を企画すると途中で雨が降ったりすることが多いのですが、久し振りに雨の心配はしなくて良さそうです。
 大人数なので、肉はソーセージを含めて約6kg、野菜が約5kg、ビールなどが12kg、コンロ、網などの装備が12kgくらいになりますから、締めて35kg!
 王子公園で皆さんに分担して担ぎ上げていただく予定です。

 これから、先週舌見したお肉を引き取りに湊川の「橘屋」へ行きます。

Posted on 3月 13, 2010 at 02:49 午後 | | コメント (0)

2010.03.12

100312 いつLED電球に替えるか?

100312_led_denkyu 来週末に引っ越しますが、身辺の整理が大体終わったから、あとは引越し通知の印刷と全部で13箇所もある廊下や洗面所などのダウンライトの照明器具の入替をいつやるかです。

 LED電球は電気代が10分の一以下、電球寿命が10倍にもなるから(山行記録: 100205 普及が進むLED電球)、年間の電気代が一灯当たり\2300→\300に激減、13灯だと年間2万6千円も電気代が変わってきます。

100312_led_kikaku Twitterに引用させていただいた「LED電球体験記 感動したり落胆したり」によると、廊下や階段には最適だそうですから、引っ越したらすぐに試してみます。
 ちなみに、Amazonの価格は東芝(LDA3L-E17)が\2873、Panasonic(LDA6LE17AID)が高くて\4980、シャープ(DL-J40AL)は\2947です。Panasonicが高いのは発売時期が古いからだと思われますので、実勢価格は三社とも3千円を切るところまで落ちているようですね。

【Twitterの書き込み】
 LED電球体験記 感動したり落胆したり :ECO JAPAN http://goo.gl/tejR →100312 この記事は実際にマイホームの照明器具を試行錯誤しながらLEDされた経験談ですごく参考になります。天井器具の形状なんか素人には判らないので売る方にも問題ありです

Posted on 3月 12, 2010 at 05:50 午後 | | コメント (0)

2010.03.11

100311 雪化粧と寒椿

100311_080701 昨日は午後から京橋の方へ外出していましたが、天気がまだはっきりしない震えるような寒さでした。
 北日本では時節はずれの大雪に見舞われたようですが、今朝、駅から見上げると麻耶山頂付近はうっすらと雪をかぶって朝日に輝いていました。
 確実に春の足音が聞こえてきそうですが、この寒さは週末まで続きそうです。
 でも、3/14の焼き肉例会は高気圧の中心に掛かりそうだから好天に恵まれると思います。よかったです。

100311_083801 寒椿は山茶花と違って葉裏に花を付けるのでなかなか良いアングルで写真が撮れませんが、たまたま陽を浴びていい形で花が開いていました。

Posted on 3月 11, 2010 at 09:00 午前 | | コメント (0)

2010.03.10

100310 車輪梅

100310_082301100310_082401 月曜日の夜から降り続いた雨はようやく小降りになりましたが、また冬に戻ったようで底冷えの寒気が老体には堪えます。
 それでも、確実に春が近づいているようで、ポートアイランドの散歩道の車輪梅の花が咲き揃いだしました。

100308_084201 毎年摩耶山・史跡公園の白木蓮の着花時期を教えてくれる会社の近くの白木蓮はまだまだつぼみは固くて、枝に止まる鵯(ヒヨドリ)や雀も震えていますが、おじゃま虫さんのブログではすでに白木蓮が満開の様子なので、地域による差がかなり大きいのですね。
 今週末はKRKさんの壮行会も兼ねた山仲間の例会で、摩耶山で焼き肉懇親会ですが、現時点での参加予定者は22名になっていますから賑やかにお送り出来そうです。有難うございます。
 でも、まだ史跡公園の白木蓮のつぼみは膨らまないから、防寒着をお忘れ無く。
 お天気はよくなりそうなので、風が無いことを祈りましょう。

Posted on 3月 10, 2010 at 09:00 午前 | | コメント (0)

2010.03.09

100309 iPadの発売日はWi-FiタイプもWi-Fi+3Gタイプとも4月後半

100309_ipad_000_o_ 当初は日本での発売日はWi-FiタイプとWi-Fi+3Gタイプとで2ヶ月くらい差があるというアナウンスでしたが、今回の変更ではどちらも同時、4月後半の発売に決まったようです。
 一部では、部品手配の遅れで出荷時期がずれるというニュースや当初はかなり出荷量が限られるというニュースも流れていますから、4月下旬に向けて早めの予約が必要かも知れません。

 3Gタイプにした時の通信料が心配ですが、外出先にe-Mobileと一緒に持ち歩くのも何となく面妖ですから、e-Mobileを解約する前提で3Gタイプ(もちろん64G)を購入します。
 日本での電子ブックの提供がどうなるのか非常に流動的ですが、青空文庫や先日無料公開された「生命保険のカラクリ」のようなPDFファイルは取り込んで読めそうですから、大画面で読書するとか好きなアニメやビデオを見るのには当面不自由しないと思います。

【Twitterの書き込み】
ASCII.jp:アップル、iPadの発売日を変更 日本では4月後半 http://goo.gl/YwqD →100309 #iPadjp 日本での発売日はWi-FiタイプもWi-Fi+3Gタイプも4月後半と決まったようです。 外出先でのインターネット接続の要否で悩みます。

【ASCIIjpの記事引用】

アップル、iPadの発売日を変更 日本では4月後半
 2010年03月06日 00時30分更新 文● ASCII.jp編集部
.
 米アップルは5日、タブレット端末「iPad」の発売日を発表した。米国においては、Wi-Fiモデルが4月3日、Wi-Fi+3Gモデルが4月後半に発売する。日本、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イタリア、スペイン、スイス、英国では、Wi-Fiモデル、Wi-Fi + 3Gモデルともに4月後半に販売する。

 1月末の発表会においては、日本における発売時期を、Wi-Fiモデルが3月下旬以降、Wi-Fi+3Gモデルが6月以降とアナウンスしていたが、この時期が変更された(関連記事)。

 米国における価格は以下の通りで、以前から変わっていない。前述した日本を含む9国での販売価格は4月に発表するという。また、iPadは今年後半にはそのほかの国々でも販売する予定だ。

 電子書籍ストア「iBookstore」を含むアプリ「iBooks app for iPad」は、米国では4月3日にApp Storeにて無料で提供される。また、今年後半にはそのほかの国々でも提供が始まるという。

モデル       16GB    32GB      64GB
無線LAN     499ドル   599ドル    699ドル
無線LAN+3G  629ドル   729ドル    829ドル


Posted on 3月 9, 2010 at 05:07 午後 | | コメント (0)

2010.03.08

100308 津波の高さは海水の体積で計算?

 津波は先日のチリ地震の津波が2/28に日本に押し寄せて避難命令がでたり、予想より津波規模が小さくて、問題になったりしましたが、大きな被害が無くてよかった、と思う反面、津波規模の予測の難しさを感じました。
 3/6のITmediaの記事に
津波の規模は、高さ以外の分かりやすい尺度が必要なんでは
 というのがあって、津波の波高の計算式が表示されています。

100308_tsunami_hakou1 津波の波高は水深の4乗根と水路幅の2乗根に反比例するので、仮に水深160メートル、幅900メートルの湾口に高さ1メートルの津波が押し寄せ、湾内の水深10メートル、幅100メートルの所に達した場合、波高は水深の減少で2倍、水路幅の減少で3倍になるため、総合すると波高は6メートルになる。
 このまま読んでも何のことか判らないので、EXCELで計算式を入れて、算出してみました。
 平方根というのは中学校の頃に√という記号とともに、『富士山麓オウム鳴く』、とか『ひと夜ひと夜に人見頃』、とか言ってまる覚えした記憶にありますが、実生活ではほとんど馴染みが無く、まして、3乗根、4乗根なんて言われても全くピンと来ませんが、EXCELではPOWERという関数で簡単に乗根値を算出することが出来ます。

100308_tsunami_hakou2 1mの波が6mになるには、水深160mから水深10mに移動しないといけませんが、もう少し現実的に水深が20mから半分の10mになり、湾の入り口が幅200mから半分の100mになるだけでも、波の高さが2倍になるようです。
 EXCELのファイルを付けておきますので、暇な方は数字を入れてみて下さい。
「100308_Tunami_Keisanshiki.xls」をダウンロード

 海岸に押し寄せると一気に波高が上がり勢いを増すのは、海際を歩いていていつも目にしていることですが、線路際以上に海際には近づかないのが良いようです。

Posted on 3月 8, 2010 at 01:00 午後 | | コメント (0)

2010.03.07

100307 焼き肉試食買い

100307 焼き肉試食買い 来週の焼き肉例会に備えて湊川まで食材を買いに来ました。
 試しに今夜自宅で焼いてみます。

100307_210401 タン、ハラミ、カルビ、ロースを各100g、一人200gで、ソーセージと野菜を加えてこれだけ食べたら、大食いのきよもりでもお腹いっぱいですから、肉は三種類します。


Posted on 3月 7, 2010 at 04:00 午後 | | コメント (2)

2010.03.06

100306 e-Taxで確定申告

100306_etax 昨年も試行錯誤しながら確定申告をしましたが、国税局の画面で全て入力したのに、電子証明の取得などで手間取ったため、最後の提出は結局、手持ちで芦屋税務署に提出していました。
 今年はe-Taxで全て処理できて、1時間程度で申告書の送付まで完了しました。

 今年も還付を受けられてよかったけど、来年は株の売却益やら不動産取得が重なりますから、多額の納税を覚悟しないといけません。クワバラ、くわばら!

Posted on 3月 6, 2010 at 03:34 午後 | | コメント (0)

100306 ハワイアンバーガー

100306 ハワイアンバーガー 今日は夕方から飲み会なので、久し振りに二度寝して、棚片付けで連日1時30分〜2時30分まで続いた寝不足が解消しました。
 起きたら9時50分、雨は小降りですが、取りあえず下のMacへ

 2週間前と同じハワイアンバーガーを頼んだけど、前回より全体が小ぶりで、何となくおかしいとは思いながらも、お腹が空いているから、四分の三位まで食べてからやっぱりおかしいと、メニューの写真と見比べると…

 目玉焼きが入ってない!

 係の人に話したらクォーターパウンダーと間違えられたようでした。
 もちろん、早速、交換?してくれました。

 おかげさまでハンバーガーを二つも食べることになりましたから、夕方の飲み会まで何も食べなくてよくなりました。
 体重増加が心配です。

 Macの商品群の中で以前はまずくて頼む気にもなれなかったコーヒーがそこそこ美味しくなって、ハンバーガーの品揃えもクォーターパウンダーやハワイアンバーガーのように食べ応えのある商品が増えていて、成人層にも受け入れられているようです。

 問題はパン生地が最悪。
 AKEさんにお聞きしたら、このパンはFパンで焼いているのだそうです。
 パンだけ食べても舌の肥えた成人層にも受け入れられるように改善しないと、また客離れが起きるのではないでしょうか。
 パンは食材のベースになるものですから、ドトールのようなこだわりが欲しいです。

Posted on 3月 6, 2010 at 11:47 午前 | | コメント (0)

2010.03.05

100305 山行計画: 3/14 山仲間第129回例会案内 摩耶山/焼肉懇親会&KRKさん壮行会

Mayasanoterudokesiki
                                              平成22年3月5日
山仲間諸兄諸姉
                                           山仲間事務局 きよもり
     山仲間第129回例会案内 摩耶山/焼肉懇親会&KRKさん壮行会

 梅の花や藪椿に春の兆しが見える今日この頃ですが、3月に入って不安定な天候が続いており、スッキリしません。花粉症の方にとっては悩ましい時期の到来ですが、皆様お元気でしょうか。
 2月の例会は雪道歩きに期待して京都北山・花脊峠~鞍馬尾根のコースでしたが、あいにく雪は最初の天狗杉山頂までに15cm程度の積雪があっただけで、アイゼンを使う機会がありませんでしたが、好天に恵まれて和気藹々で鞍馬寺まで快調に下りました。参加していただいた13名の皆様有難うございました。
 さて、3月の例会は予告では六甲北の丹生山系と考えていましたが、会社の人事異動発令で山仲間のKRKさんが長い単身赴任を解かれて、奥様と新居が待つ広島へ帰られることになりましたので、壮行会を兼ねてお馴染みの摩耶山での焼肉懇親会でお送りしたいと思います。
 交通の便がよいので、歩く方はもちろん、ロープウェイかバスで直接会場へ行かれても結構ですから、是非皆様ご参加下さい。
なお、昼間の参加が無理な方は当日18:00から王子公園の「いち栄」、参加人数によっては「きむよし」で二次会を開催しますので、ご参加下さい。
 参加していただける方は、3/12(金)までにメールまたはFAXでご連絡ください。
                               敬具
【山行計画】 
日 時:平成22年3月14日(日) 10:40~18:00
行き先:摩耶山/焼肉懇親会&KRKさん壮行会
コース:摩耶山ケーブル・虹の駅~史跡公園~掬星台~焼肉会場~杣谷峠~天狗岩~長峰尾根~王子公園
集 合:阪急・王子公園東口 9:50 (10:05発の摩耶ケーブル下行きバスに乗車します)
 参考: 阪急三宮9:42⇒神戸線・各駅停車⇒9:46王子公園
     阪急梅田9:10⇒神戸線・特急⇒9:22西宮北口9:24⇒神戸線・各駅停車⇒9:40王子公園
地 図:25000分の一「神戸首部」、昭文社「六甲・麻耶」
レベル:初級の中(下山コース次第、ロープウェイ利用も可能)
100314_mayasan行 程: 約5.0km 所要時間:3時間30分
 王子公園東10:05⇒市バス\200⇒10:15摩耶ケーブル下10:20⇒10:35虹の駅
 虹の駅(10:40頃)→30分→旧山門→20分→史跡公園(11:30頃)→30分→星の駅・掬星台→10分→焼肉会場(12:20頃、場所はオテルド麻耶裏の天上寺側にある展望広場です/右図を参照して下さい)
 焼肉会場(懇親会&壮行会:12:30~15:30)→30分→杣谷峠→40分→長峰尾根・天狗岩→60分→長峰墓地→20分→王子公園(18:00頃、解散)
持ち物:飲み物(酒ジュースなどは各自持参下さい)、雨具、防寒具、着替え
会 費:一人3000円 (食材費+KRKさん餞別代)
    交通費は各自お払い下さい。(行きはバス+ケーブルで\630です)
追 記1:
  壮行会・二次会は18:00から王子公園の「いち栄」で行いますが、参加者が8名以上の場合はすぐ近くの「きむよし」に会場を変えます。参加していただける方は例会の返事と併せてご連絡下さい
追 記2:
  山仲間番外編として、3/27~3/28に若丹国境・堀越峠~八ヶ峰~五波峠を歩きます。
     KRKさんの番外編グループの送別会を兼ねます。車2台で行く予定です。
  4月は4/18(日)に湖北・海津大崎の観桜と東山(△594.9m)~万路越えの縦走を予定しています。
     (下見は4/3の予定です)
  5月は5/16(日)に3月に予定をしていた北六甲の丹生山系に行きます。

Posted on 3月 5, 2010 at 02:03 午後 | | コメント (0)

2010.03.04

100304 豊田章男社長の思いやり

100304_toyotaakio_pekin 日経ビジネス ONLINE 10/03/04 に
中国の謝罪会見が穏やかだった理由
 という記事があります。

 内容は米国での公聴会のあと、いったん帰国する予定を変更して、直接中国・北京での謝罪記者会見に駆け付けられた豊田章男社長の行動が中国ではおおむね好意的に受け入れられたというレポートです。
 いわゆる先手必勝の機動力はトヨタらしいと感心させられますが、それ以上に感心させられたのは、記者会見のあと日系記者・欧米記者を前に話された、アメリカでの涙の理由です。

 この記事を読んで昨年一月、豊田章男氏の次期社長就任が報道されたことに関して、きよもりのご本人との接点についての思い出を書かせていただいた記事を思い出しました。

 偉ぶらない、常に謙虚で、弱者に優しい、ご本人の性向がうかがえます。
 巨大企業ゆえに、個人の意思を貫き通すことはなかなか出来ないとは思いますが、根底には自分のことより、従業員や他人のことを思いやる章男社長の素直なやさしい気持ちが伝わってきます。

 逆風に負けずこれからも頑張ってください。

【記事の引用(抜粋)】 『坂田 亮太郎のチャイナ☆スナップ』 (日経新聞・北京支局長)

豊田社長が涙を流した理由

 さて、最後に今回の記事で記者がどうしても触れておきたいことがある。米国の公聴会で豊田社長が声を詰まらせ、また工場従業員と話していた時に涙を流したことに対して欧米では批判的な報道があるようだ。

 1日の北京での共同記者会見が終わったあと、一部の日系メディアと欧米メディアには豊田社長との質疑応答の機会があった。欧米メディアから「アジアでは経営者の涙は受け入れられるかもしれないが、欧米ではどのように受け止められると思うか」という質問に対し、豊田社長は次のように答えた。

 「涙に関して、私は(感情を)コントロールできるほど人間ができていない。(社長である)私はしんがり役を務めていたつもりで、彼ら(工場従業員)を守ろうと一生懸命にやってきたつもりだった。だが実際は違った。私は彼らに守られていることが分かった瞬間に、申し訳ないけれど・・・(涙が出た)。そのことはアジアで理解され、米国では理解されないかも知れないけれど、心が涙という形で反応してしまった。米国社会に(私の涙が)誤解されて伝わっているならば大変申し訳ない」

 誌面が限られている日本のメディアでは、おそらく豊田社長のコメントが全て掲載されることはないと思う。自分の会社の社長が、異国の地でサンドバッグのように叩かれている。トヨタの関係者には、この現実を改めて噛め締めて早期に再起して欲しいと願うばかりだ。

 会見の最後に一連の不祥事に対する責任問題について質問が飛んだ。2009年6月に社長に就任したばかりの豊田社長に対して、これまでのところ辞任を求める声は表立っては無い。だが、この日の豊田社長はこう言い切った。

 「『トヨタがやっぱりトヨタだったね』と皆様に言ってもらえるまで、(自分は社長として)頑張っていく」。

【09/01/13 きよもりのブログ記事引用】

090113 トヨタ自動車のV回復に期待
 トヨタ自動車の営業赤字への業績修正が発表されて、市場には大きな衝撃が走りましたが、実際に営業利益の推移をグラフで見るとそのすさまじい落差には驚くばかりです。

 百年に一度の危機に直面して、トヨタ社長に豊田章男氏、創業家の下 団結図るという大政奉還の方針が出されたのも、ご存じの通りです。

 ちまたでは賛否両論があるようですが、きよもりの場合は、12年前に直接、講演会で豊田章男氏のお話を聞き、たまたま直接質問を投げかけて、お答えをいただいた時から、将来はこのような方が社長になるべきだと思っていましたから、この時期にこの方がトップに立つのは、トヨタにとっても千載一遇のタイミングだと思いました。
 
 当時、豊田章男氏はシステム開発部長として、Netz(ネッツ)の顧客管理システム開発の立ち上げに責任者として携わっておられました。
 従来各販社単位でのハンド管理であったNetz会員を統合して、顧客情報を共有し、会員の転居や、購買履歴、来店履歴を一元管理するシステムを立ち上げられたのです。
 
 その時きよもりが質問させていただいたのは、『新システムを開発されるに当たって、最も苦労されたのはどのようなことでしょうか?』、というものでした。

 豊田章男氏はしばらく考えられたあと、『それは、現場の社員の方々に、如何にして、新システムの必要性と稼働した時の効果を理解してもらうか、ということでした。」と答えられました。言葉を継いで、『どのような先進的システムを開発できても、日々利用するベテラン社員から新入社員に至るまですべての関係者が自信を持って使えるシステムを提供しないといけないと肝に銘じて、開発時から配慮しました。」と言われたので、きよもりはもちろんその時講演を聴いていた数十名の同業界の方々も感心したのを思い出します。

 講師が豊田章男氏とあった時から、多分豊田本家の系列の方だろう、良家のお坊ちゃんのお話を聞くのもよいな程度に、軽く考えていた自分が恥ずかしくなったのを感慨深く思い出します。
 
 ですから今回の豊田章男氏の社長就任には全面的に期待しています。


Posted on 3月 4, 2010 at 08:58 午前 | | コメント (2)

100304 何となくスッキリ

100304 何となくスッキリ100304 何となくスッキリ 引っ越し準備に漸く重い腰を上げて、スチール棚のコンテナラックを引き出しの収納ケースに入れ替えました。
 あわせて、山の本も並べ直したので、少しだけスッキリしました。
 きよもりの荷物はこれだけだから、3年前に比べたら半分くらいになっています。

Posted on 3月 4, 2010 at 02:08 午前 | | コメント (0)

2010.03.03

100303 電子出版は離陸するか?「続・混沌の館にて」

Title_konton Twitterにも書きましたが、混沌の館のジェリー・パーネル氏の見解では、2010年が離陸の年になるとの予言です。

2010年、電子出版は離陸するか?:ジェリー・パーネル「続・混沌の館にて」 http://goo.gl/5DSO →10303 iPadの話題に触れていないと思ったら、NICの開催時期(10/01/07-10)の直後のようで、iPadの発表日(10/02/28)以前です

 iPadを買うのは決めていますが、3Gタイプにするのがよいのかどうかで悩んでいます。外へ持ち出さないつもりだったけど、たまに乗る新幹線でノートパソコンを引っ張り出すより、iPadで本を読むだけではなく、メールチェックもできた方がいいですよね。11月まで残っているE-mobileのS21HTがネックです。

Posted on 3月 3, 2010 at 06:20 午後 | | コメント (0)

2010.03.02

100302 日本版「フリー」流行の兆し

100302_bunsyun_ph2 今日の日経ビジネスONLINE 「時事深層」で
 「この本、丸ごと無料です」
 という記事を読んで、なるほどと感心しました。

 記事にも書いてある通り、この発想はベストセラー本「フリー」の二番煎じですが、異なるのは本をまず出版し、版を重ねて元がとれたので本の内容全てをPDFファイルでインターネット公開するという、あとさき逆の考えだということです。

 この考え方って、これからかなり広がりそうですね。
 理由1.著作者にとってはすでに原稿料以外に充分な印税を得ており、寛容になっている。
 理由2.出版社にとっては、印刷製本と書籍流通のコストに対する、膨大な返品リスクを考えると、今後更に重版するより、無料宣伝でクチコミが広がれば、購入希望者の底辺が拡大するので息の長い持続的な販売に期待できる。

 前宣伝がよいのか後宣伝がよいのかは内容と本の価格次第かも知れませんが、今回のような事例は読者にも好意的に受け入れられやすいので増えると思います。
 もちろん、インターネットで全文公開される前に本を購入した人からは、苦情が入る可能性もありますが、青空文庫のように、著作権が切れた本を無料公開しているのと同じと考えれば、手元にベストセラー本が残っているのですから、無駄金とは言えません。

 今後、ベストセラーによって充分な報酬を得た著作権者が出版社と話しあって、インターネットで無料公開するケースが増えるでしょう。
 極端な発想で言えば、重版が10版以上になったら、あるいは5万冊以上になったら、著作権者さえ承認すればすべてインターネットで公開するような原則を作れば、KindleやiPadの普及と相乗して若い人達の活字離れも解消し、日本の文化水準向上にも大いに資するし、50%にものぼる書籍流通の返品も減少し、資源の節約にもなると、期待出来ます。

参考:初版部数を考える 

【記事引用】日経ビジネスONLINE 「時事深層」 2010年3月2日(火)
「この本、丸ごと無料です」  中原 敬太(日経ビジネス記者)

3月1日、文芸春秋が1冊の新書を全文無料で公開する。無料公開で本は売れなくなるのか、それともさらに売れるのか。電子書籍の登場で揺れる出版業界の注目を集めそうだ。

 大手出版社の文芸春秋が3月1日から1つの実験を始める。昨年10月に出版した新書『生命保険のカラクリ』をインターネット上で全文無料で読めるようにするというもの。大手出版社が丸ごと1冊を無料で公開するのは極めて異例のことだ。

著者の強い希望で実現
 今回の「実験」を言い出したのはこの新書の著者である、岩瀬大輔氏だ。ネット経由で死亡保険や医療保険を販売するライフネット生命保険の副社長である彼はこの本の中で、従来の生命保険のコスト構造を明らかにするなど、生保業界のタブーに切り込んで話題を集めた。

100302_bunsyunbunko02 彼の周囲の著名人のブログなどで取り上げられ、アマゾン・ドット・コムなどネット書店を中心に売れ行きは好調。出版から3カ月で6刷が決まり、発行部数は2万9000部に達した。

 「さらに多くの人に読んでもらうためには、どうしたらいいか」

 出版当初からネットでの無料配信に関心があった岩瀬氏は、クリス・アンダーソン氏の『フリー』の存在を知り、その思いを強めた。『フリー』は、無料にすれば利用者が増え、結果として利益を生むと主張。その本自体が先着1万人にネットで無料公開され、ヒットにつながった。岩瀬氏は文春の担当者に相談した。

 前例のない提案に、最初は戸惑いを隠せなかった文春だが、「どこかが始めるのは時間の問題。文春のような保守的な出版社が先駆けてやることに意味がある」という岩瀬氏の熱意に押し切られる格好で承諾した。
 一部分だけの配信も検討したが、最後はPDF方式で全文公開を決断。期間のみ4月15日までと限定した。年代と性別を答えると、ダウンロードでき、後はコピーするなり、メールで転送するなり、ユーザーの自由だ。

100302_bunsyunbunko_02 ネットで無料公開したら、本が売れなくなるという意見に対しては、「全部印刷する手間と費用を考えたら、新書を買った方がいいと考える人も少なくないはず」(岩瀬氏)と予想する。

 確かに、新書は235ページ。すべて印刷すると1枚5円でも採算が合わない。きちんと製本された形を819円で手に入れられると考えれば、本を購入した方が割安という見方もできる。

 今回の岩瀬氏と文春の取り組みは、起爆剤となって他の書籍にも影響を与えるのか。文春新書の飯窪成幸編集部長は比較的冷静だ。

 「我々は自社の持つコンテンツを大切にするために、どうすべきかを考えなければならない。今回のやり方も1つの方法だとは思っているが、ネット上はすべてタダという考え方は危険」と話す。実験の結果がどうであれ、すぐにほかの新書や書籍の無料公開に踏み切ることは考えていないという。

出版業界の今後占う?
 出版業界はこれまで、著者も出版社も、無料公開はコンテンツの価値否定になると二の足を踏んできた。しかし今回、著者が自ら希望し、それに出版社も同意したのは第一歩と言える。

 内容によっても異なるが、時流を捉えたテーマで勝負することが多い新書は、それだけ賞味期限は短いと見られる。しかし今回のように発売から4カ月が経過した新書の無料公開は、寿命をさらに延ばす可能性もある。

 文春という大手出版社を巻き込んだ今回の実験は、出版業界で話題になりそうだ。どちらの結果となっても、それはキンドルやiPadの登場により、紙媒体と電子媒体の間で揺れる出版業界に有用な視座を与えるに違いない。日本版『フリー』の実験に注目が集まる。

日経ビジネス 2010年3月1日号117ページより

Posted on 3月 2, 2010 at 12:53 午後 | | コメント (0)

2010.03.01

100301 献血車

100301_130401 今日は半年ぶりの献血。毎年2回会社へ献血車が来ますから、出張が無い限り献血するようにしています。
 年の割りに血の気が多いから、たまには血の気を抜いてもらわないとリフレッシュ出来ない。
 というのは兎も角、採血の前に血液検査がありますから、健康確認のためにも重宝しています。
 献血って年齢制限はないのでしょうか。歳とともに血が薄くなるとかして自然に採血できなくなるのかも知れません。

 確認したら、「16歳から69歳までの健康な方なら大丈夫です」とのことでした。


Posted on 3月 1, 2010 at 04:42 午後 | | コメント (1)