« 100325-3 三宮小学校 | トップページ | 100326-2 楽しみの若丹国境尾根 »

2010.03.26

100326 Ustream(ユーストリーム)とは

100326_ustream 孫正義氏のインタビュー記事を読んでいて、始めてユーストリームというサービスを知りました。

 Ustream(ユーストリーム)とは2007年の3月に設立されたアメリカの動画共有サービスですが、動画共有サービスとしては、すでにYoutubeやニコニコ動画が先行しているので、何が孫氏を感動させたのか記事を読んでもピンときませんでした。

 色々検索して判ったことは、Youtubeやニコ動がユーザーが収録編集したビデオ動画を共有サーバーに登録するバッチ処理なのに対して、Ustreamはリアル共有、すなわちライブ中継であるという点です。

 登録方法や設定方法はやさしい始め方シリーズUSTREAM 編にやさしく詳しく解説されていますから、誰でもすぐに始められますが、ライブ中継に必要な機器はカメラ付きのパソコンやiPhoneのようなPDA、携帯とヘッドセット(マイク付きイヤフォン)だけですし、音声なしならヘッドセットもいらないかも知れません。

【引用】

 Youtube やニコニコ動画のように、いったん撮影・編集された動画を配信するための動画投稿サイトとは異なり、「今やっていることをリアルタイムに配信できる仕組み」は、テレビの生中継のようなものとお考えいただいて差し支えありません。
 もちろん、無料で生中継、生放送ができるというだけでなく、予め用意していた動画を放送したり、決められた時間にスケジュール配信したり、2画面同時放送(ピクチャーインピクチャー)を実現できるなど、高度な放送管理機能を持ったシステムでもあります。
 ツイッターのようなフォロー機能のほか、チャット機能、ツイッターと連携させる機能などもあるので、放送を楽しんでもらっているユーザー間でコミュニケーションを取ってもらったり、Twitter から質問を頂戴しつつ映像上でリアルタイムに回答していくなど、配信内容を肴にユーザーとコミュニケーションを行うための周辺機能も充実しています。

 個人的には山の上から360度の展望を生中継するとか、山仲間の主演のライブ中継とかが考えられます。

 会社では、社長の年頭訓辞などを遠隔の営業所とか海外子会社へも生中継とかに使えそうですが、この場合は、公開というわけにはいかないので、非公開のURLを使うことになるでしょう。
 基本的には無料ですが、複数カメラを同時接続したり、より高画質な画像を表示できる有償版もあるようです。

 たしかにすごい時代になったものです。

Posted on 3月 26, 2010 at 10:53 午前 |

コメント

コメントを書く