« 091229 ガラガラ | トップページ | 091230 メディアマーカー登録とUNIQLOカレンダー »

2009.12.29

091229 お薦め 『メディアマーカー』

091229_mediamarker 昨日、たまたま日経パソコン(12/28)を読んでいて、「デジタル蔵書の世界」という特集記事にメディアマーカーというWeb上で本やCDなどをデータベース(DB)化できるソフトを知りました。
 試しに使ってみましたが、自分が読んだ本を読後感や読了日付なども含めて、整理するのに便利です。
 Amazonとも連携しているから、手元にその本がなくても表紙の画像なども含めて書名、著者、価格などをDB化できるので、いかにもインターネットが発達した現代だからできるサービスで、もちろん無料です。
 公開するもよし、非公開にして自分だけで楽しむのも自由ですから、お薦めです。

 この半年余りで読んだ本をDB化して、コメントを入れていきましたが、あとで見直すと結構真面目に読んでいたことが判ります。
 もちろん読了日なんて正確に覚えているわけはないのですが、読んだ本の量から考えると通勤の行き帰りで文庫本一冊に大体一週間掛かっているのが判ります。
 平均300頁として、一日40ページ程度コツコツと読んでいるので、我ながら感心します。
 もちろん、山行などで遠出の時に車中で読めばもっとピッチが上がるのですが、山行に持っていくことはあっても、仲間と一緒なのでまず開く機会はありません。

 もう一つ、いいなと思うのは、このWebでは自分の蔵書と同じ本を蔵書登録しているユーザー数が表示されていて、それぞれの人の評価(星の数)や、コメントが公開されていることです。
 ですから、自分では星5つを付けているのに、星ひとつと云う評価の人もいますし、村上春樹の本のように、読者層が若い場合、その人達の視点と自分の視点の違いや相似点が判って興味深いです。

Posted on 12月 29, 2009 at 12:25 午後 |

コメント

コメントを書く