« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009.11.30

091130 山行記録 11/29 例会下見/愛宕裏・水尾~明智越(逆コース)

091129_mizuo_015_2 昨日は、曇り空で何となく肌寒い天候でしたが、幸い風が無くて、心配した雨も亀岡に降りてから少しぽつぽつと来た程度でしたから、下見は順調に終わりました。
 この時期は最後の紅葉見物客で帰りの嵐山辺りはごった返していましたが、水尾周辺の尾根道は行き会う登山者も少なくて、晩秋らしい里山歩きが楽しめました。
 清和天皇陵へは、水尾の集落の神明峠寄りからいったん水尾川に降って、ジグザグの坂道を約15分ほど上がったところにひっそりと祀られていました。
 天皇陵のすぐ横にある無人の社務所の左手から細い踏み跡をしばらく山腹沿いに進み、途中から分岐を谷筋に沿って登っていくと最後の急登を経て尾根の途中に設置された鉄塔に出ました。そこから5分ほど藪尾根を登って主稜線に飛び出しました。

【山行記録】
日 時:平成21年11月29日(日)  8:32~16:24
行き先:例会下見/米買い道~水尾~清和天皇陵~明智越~亀岡
参加者:2名/JNKさん、きよもり
地 図:25000分の一「京都西北部」「亀岡」
 断面図GPSトラック

行 程: 曇り、14℃、歩行距離:12.6km、所要時間:7時間52分(歩行時間:4時間54分、休憩昼食:2時間58分)
 JR住吉6:47⇒快速⇒7:52京都8:09⇒山陰線\230⇒8:32保津峡
 保津峡(60m) 8:32→8:40ツツジ道登山口(米買い道枝道、体操)8:51→急登→9:03尾根上9:07→9:53長坂峠(庚申峠、380m、バナナ) 10:05→10:13中尾根乗越(大岩)→10:22東の田んぼ跡→10:38清和天皇社(参拝) 10:42→10:45水尾「六兵衛」(予約確認、250m) 11:20→11:40清和天皇陵(320m)→杣道→11:53鉄塔道合流→急登→12:00鉄塔→尾根への急登→12:13主稜線(470m)→12:15 NTT中継所(昼食、ニシン蕎麦・タヌキ蕎麦) 13:27→13:37迷・戻り→13:41右折点→13:54展望鉄塔13:59→14:10鉄塔2(小ピーク) 14:16→14:28明智越分岐(400m) 14:39→15:05峯の堂→15:28大見晴らし(展望なし、ミカン、230m) 15:35→15:40明智越登山口(140m) 15:51→16:06保津町→16:24JR亀岡(100m)
 亀岡16:32⇒山陰線\400⇒17:13京都17:23⇒快速⇒18:25住吉(解散)

【写真】
picasaの写真アルバムです。
地図情報付きで32枚あります。

091129 水尾下見

【地図】
断面図
091129t_mizuodanmen

GPSトラック
091129t_mizuo

Posted on 11月 30, 2009 at 12:44 午後 | | コメント (0)

2009.11.29

091129-2 水尾・明智越え下見完了

091129-2 水尾・明智越え下見完了 何とか天気ももって、予定より1時間早く16時25分に亀岡に降りてきました。
 例会は亀岡からの逆コースなので水尾まで4時間くらいでしょう。

Posted on 11月 29, 2009 at 04:59 午後 | | コメント (0)

091129 清和天皇陵から明智越え

091129 清和天皇陵から明智越え 保津峡から米買い道を経由して水尾へ
 12月20日の例会予約確認をしました。
 清和天皇陵から明智越の尾根までは大した薮もなく昼過ぎに主稜線に出ました。
 14℃で寒いからニシン蕎麦とタヌキが暖かくてよいです。
 例会では逆コースですが、清和天皇陵への下り口が確認出来ましたから、大丈夫です。

Posted on 11月 29, 2009 at 01:12 午後 | | コメント (0)

2009.11.28

091128 昼からステーキ

091128 昼からステーキ091128 昼からステーキ 夕方から忘年会があるので、昼間から出掛けて、摂津本山駅近くの「膳・ZEN」へ
 この店はKMRさんお薦めの神戸牛の美味しい店ですから楽しみです。
 ちょっと高いけど・・

Posted on 11月 28, 2009 at 11:34 午前 | | コメント (0)

2009.11.27

091127-2 山行計画 11/29 例会下見/愛宕裏・水尾~明智越(逆コース)

 先週予定していましたが、都合で行けなかった12月例会の下見に行きます。計画を再掲します。
Sagaten15 12月の例会は12/20(日)にYNTさんの送別会を兼ねて、水尾で鶏すきと決めています。
 すでに20~22名で予約していますが、今回は明智越えの途中から、今まで訪れたことがない清和天皇陵を経て水尾に入りますので、ルート確認のため下見に行くつもりで、11/29(日)に下見に行きます。
 天気が崩れそうですが、天皇陵から尾根までのルート以外は藪もありませんから、雨でも歩けると思います。

【山行計画】
開催日:平成21年11月29日(日) 
行き先:愛宕裏・米買い道~水尾~清和天皇陵~明智越え~亀岡(例会では逆コース)
参加予定:2名/JNKさん、きよもり
地 図:25000分の一「京都西北部」「亀岡」
 断面図予定ルート
行 程: 歩行距離:11.7km 所要時間:8時間50分(歩行時間:6時間20分、休憩昼食:2時間30分)
 JR住吉6:47⇒快速⇒7:52京都8:09⇒山陰線\230⇒8:32保津峡
 保津峡(60m、8:40頃)→60分→長坂峠(380m)→60分→水尾(250m、11:00頃) 11:30発→30分→清和天皇陵(320m、昼食、13:00発)→30分→主尾根(470m)→60分→明智越え分岐(400m)→90分→明智越え登山口(150m、16:30頃)→50分→JR亀岡(17:30頃)
 亀岡17:37⇒山陰線\400⇒18:12京都18:23⇒快速⇒19:26住吉
装備等:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、スパッツ、ストック

【地図】
断面図
091123_akechikoedanmen
予定コース
091123_akechikoe


Posted on 11月 27, 2009 at 12:36 午後 | | コメント (0)

091127 道路を電池にする発想?/電気自動車の話題

091127_eliica 注目を集めつつある電気自動車に関して、「エリーカ」で有名になった清水浩氏のインタビュー記事が日経BPに掲載されています。
なぜ電気自動車が世界を変えるのか 清水浩が新会社をつくったわけ 2009年11月26日
シムドライブ社長/慶應義塾大学教授 清水 浩氏

 以前から何度もこの話題を取り上げていますが、企業化を三段階に捉え、生産ラインが10万台を超えれば、ブレイクするという視点は明確です。
 ギアなど噛まさず、モーターとタイアホイールを直結するダイレクトドライブ方式ですから、エネルギー効率がよく車体構造も単純化できるとの発想は、企業化の障壁も低く車体デザインも既存の自動車のフォルムにとらわれることもないから、多産業が参入すれば価格も急激に下がると期待されます。

 普及のネックになるのはここでも電池ですが、清水浩氏のお話から、思いつくのは日本の場合だと高速道路の側壁などに全面に太陽電池を設置して、路面から電気を車体に充電できるようにすれば、充電式の電池の容量、重量、価格の問題も充電時間の課題もかなり緩和されそうです。

【日経BPの記事引用抜粋】

 電気自動車と太陽電池が世界を変える
清水: 私はいま、2回目の産業革命が起ころうとしているのだと考えています。1回目は農業社会から工業化社会への変革で、社会を支える基盤が食料からエネルギーへと変わりました。農業も工業もサービスも、すべてエネルギーに立脚しています。20世紀はエネルギーを十分に使える豊かな生活を目指しましたが、その豊かさを手に入れたのは一部の先進国の人たちだけで、世界人口から見たら1割に過ぎません。残る9割は農業社会時代と変わらない生活を送っているのです。

 そうした状況を打開する技術の一つが電気自動車。そしてもう一つが太陽電池です。解決できるのは環境問題だけではありません。

 試算では、地表の1.5%に太陽電池を張り付ければ世界の70億人が米国人並みにエネルギーを使えるようになります。エネルギーが行きわたるようになれば、世界の農業や工業、教育もすべてが変わる。そして、電気で走る電気自動車は環境やエネルギーの制約を受けない最も手軽な移動手段として世界中で自由に使えるようになるでしょう。そうなれば、世界中の人々の生活を変わります。貧困や人口爆発もなくなって、先進国と途上国の差がなくなっていきます。

 これが21世紀の産業革命だと私は考えています。成功のカギは、こうすれば我々は明るい未来をつくれるのだと、世界中のみんながポジティブに考えることだと思います。

Posted on 11月 27, 2009 at 12:24 午後 | | コメント (0)

2009.11.26

091126 プリンター共有で試行錯誤

 12月に入ると何となく追い立てられるような気持ちになるので、昨年も比較的早く年賀状の準備にかかりましたが、今年も昨夜から文面の作成に取りかかりました。

 正確には、その前3日間ぐらいナッコ君をネタにしたイラストを作るのに、PhotoShopやその他2、3種類の画像加工フリーソフトをダウンロードして試行錯誤していました。でも、付け焼き刃でやりたいことを実現するには敷居が高すぎて、結局、一番使い慣れているMS-Paintでマウスの筆ペン機能を使って手書きで写真を加工することで何とかそれらしく出来上がりました。

 さて昨夜は、ナッコ君のイラストを中心にJNKさんと一緒に写真をあれこれ選んで配置し、筆まめで年賀状の文面の原稿が出来上がりました。
 そこまでは大体順調に進行しましたが、きよもりのプリンターでは葉書に完璧な縁なし印刷が出来ないので、ルーター経由で繋いだJNKさんのパソコンに直付けされたプリンターから印刷しようとしましたが、結局どうにもならず諦めました。

091126_asciic01_o_ 今朝になって、今までろくに読んでいなかったWindows7のマニュアルを見たら、VistaやXPとは違って、7では「ホームグループ」という概念が新たに追加され、件のプリンターはもちろん、音楽や画像、ビデオに留まらず、マイドキュメントまで共有できるようになったのですね。
 「ライブラリ」に関しては、今まで一台のパソコンなのにアカウントごとに厳格に切り分けていたマイドキュメントなどを共有できるようになったのを知って、非常に便利なのでWindows7 導入後すぐに使っていますが、2台以上のパソコンでの共有と云うことまで手を伸ばす余裕がなかったので、やっぱりちゃんと勉強しないといけませんね。
 反省!

【参考】 ASCII.jpの解説記事
  Windows 7の新機能「ホームグループ」とは何か?

【追記】091127 10:30
プリンタードライバーの再インストール
 昨夜、帰宅早々ホームグループの設定をしようと、自宅のパソコンを確認したら、何のことはない、すでにホームグループの設定は終わっていて、プリンターはもちろん、マイドキュメントや、画像、音楽フォルダーも共有されていました。拍子抜け!

 きよもりのパソコンからJNKさんのプリンターが使えないのは、一昨日インストールしたプリンタードライバーがまともにセットアップできていないためだと思います。もちろんHPのホームページからWindows7対応の新しいファイルを落としてインストールも正常に終わっていたはずですが・・・

 結局、いったんプリンタードライバーを削除し、再起動して再度、最初からドライバーをインストールし、きよもりのパソコンにUSBでプリンターを直結接続し動作確認してからLAN経由に戻したら、ちゃんと認識できてプリントできるようになりました。
 やれやれ!

Posted on 11月 26, 2009 at 11:57 午前 | | コメント (0)

2009.11.25

091125 愛宕裏・松尾峠のプレート

2009112411290000【DNNさんからきよもりへのメール】
 2009年11月24日15:56 DNN@docomo.ne.jp:
 > 今日はHSMさんと2人で朝日峰にやって来ました。愛宕道からの途中、松尾峠に山歩仲間のプレート発見!
 > 朽ちかけて、文字の判読はできません。ここでHSMさん、来たこと思い出しました。何時頃に設置されましたか?

030524_matuotouge【DNNさんへの返信】
DNNさん
 メール有り難う御座います。愛宕道から松尾峠に登り着いて、プレートを発見されたのですね。
このプレートは自宅のパソコンのフォルダーを探すと2003年5月16日に作成していますから、プレート設置は、2003年5月24日だと思います。

 山日記を見ると5月24日に愛宕道7:55発、田尻谷の途中から山越えで芦見川に出て、芦見峠から竜ヶ岳、首無地蔵を経て、松尾峠に16:49着となっています。
松尾峠からは朝日峰には行かず、松尾峠地蔵様の横の林道を清滝川へ下り栂尾18:31着で帰りました。

 朝日峰には2002年7月21日に山歩仲間の例会で同じく愛宕道から田尻谷の上流で流し素麺をして、松尾峠に上がり朝日峰を経て、高山寺に下っています。

 ちなみにプレートの文字は以下の通りで、金久昌業氏の「北山の峠・中巻」からの引用です。
 『峠からの景観は変らない。高雄から沢ノ池あたりを中心とした緑の山の向うに京都の街衢(がいく)が淡い紫の霧の底に沈む。市街といっても主に西方の展望であり、桂川が銀蛇のように光る。この眺めは多くの旅人の疲れをどれだけ癒したことであろう。かつてこの峠が周山街道の峠であった時、若狭からの旅人にとっては始めて見(まみ)える京の街である。その感慨はこの峠の印象と共に忘れられなかったことであろう。

Posted on 11月 25, 2009 at 12:01 午前 | | コメント (0)

2009.11.24

091124 PC View

091124_pc_view01091124_pc_view 一昨夜、息子にグラフィックボードの入れ替えでヘルプ電話して、システムのあらゆる情報を確認するためのフリーソフト、PC Viewというのを教えてもらいました。
 グラフィックボードの情報は見ることができなかったのですが、インストールしているソフトや、ネットワークのドメインやコンピューター名、プリンター、システムデバイスなど、コントロールパネルからだとあちこち画面を切り替えないと見られない情報がタブ切り替え一覧で見られますから、結構重宝しそうです。
 何気なく入れている余分なアプリケーションもこれで確認して消去しておきたいと思います。

Posted on 11月 24, 2009 at 05:51 午後 | | コメント (0)

2009.11.23

091123 山行記録 11/22 若丹・中山谷山~奥の谷山/新ハイキング関西例会)

091122_nakayamadaniyama_029 毎週一日のペースになってしまった、というか毎週一日は山へ行っているというか、最近はなんとなく出そびれて、二日連続の日帰り山行から遠ざかっています。
 ということで、今日11/23は折角の好天にもかかわらず、自宅でパソコン三昧、ついでに昨日の山行記録をまとめています。

 昨日は新ハイキング関西の例会、2週間前の岳山と同じ村田さんの企画ですから、かなり遠出の若丹国境周辺の山、今年4月の花ノ木段にも近い中山谷山から奥ノ谷山への尾根歩きでした。
 往復は貸切バスでしかも参加費2500円ですから、参加者も多くて、39名の大部隊でした。これだけいたら一人二人は必ず遅れたり、足が吊ったりすると思うのですが、今回のようなマイナーなコースが主体だから皆さん高齢にもかかわらず、非常にご達者で最後まで一糸乱れず快調な尾根歩きが楽しめました。

 コースは五波峠までバスが入りましたから、大きな長い登りもなく、100m前後のアップダウンが錯綜する尾根に沿って続きますから、ほとんど息を切らすこともなく、また意外に踏み跡がしっかりしていて、笹藪も5、6年前の笹の開花のせいですっかり見通しがよくなっていましたから、若丹国境尾根歩きの創成期(H11年5月)頃とは様変わりです。
 奥ノ谷山の手前まではブナ並木が続く黄葉も落ち尽くした冬枯れの広い尾根を快適に辿り、林道分岐で荷物を置いて、枯れた笹藪を少しだけ漕いで奥ノ谷山を往復しました。
 最後は荒れた林道を下って、田歌の手前でバスに拾ってもらい帰途につきましたが、紅葉の季節とあって、高尾から京都駅まで普段なら1時間で充分の筈が、2時間もかかってやっと京都駅に着いたら18:45でした。
 お疲れ様、有り難う御座いました。

 
【山行記録】
 11/22 新ハイキング関西例会 若丹/中山谷山~奥ノ谷山
日 時:平成21年11月22日(日) 10:17~14:45
行き先:若丹/中山谷山~奥ノ谷山
 コース:五波峠~国境尾根分岐~中山谷山~P766~林道分岐~奥ノ谷山~林道分岐~田歌
参加者:39名/リーダー・村田さん、きよもり、JNKさん、他
地 図:25000分の一「久坂」「中」、昭文社「京都北山」(裏面)
  断面図 GPSのトラック

行 程:8.8km、所要時間:4時間28分(歩行時間:3時間18分、休憩・昼食:1時間10分)、晴れ、12℃~9.5℃
 JR住吉6:17⇒快速⇒7:19京都駅(七条口)7:40⇒貸切バス\2500⇒8:43周山8:53⇒9:58五波峠
 五波峠(530m、12℃)10:17→10:39県境尾根分岐(690m)10:42→広い尾根道→11:03中山谷山(三等△791.8m) 1:10→11:17山頂下広尾根(760m、昼食) 11:55→11:09右折点→12:24 P766m 12:29→12:47林道分岐(735m、荷物デポ) 12:50→薄い踏み跡→13:20奥ノ谷山(三等△811.0m、9.5℃) 13:27→戻り→13:51林道分岐(735m) 13:58→林道/途中崖崩れ・倒木数ヵ所→14:34ツベタ水谷・橋→荒れた林道→14:45田歌上(五波谷川林道、330m)
 田歌14:55⇒貸切バス⇒15:22安掛(トイレ休憩) 15:35⇒16:30高尾(トイレ休憩) 16:40⇒大渋滞⇒18:45京都駅七条口(解散) 18:59⇒新快速⇒19:28大阪
会費:¥2500(貸切バス\2000、保険料事務料\500)
【写真】
 位置情報付きのpicasaアルバムです

091122 若丹・中山谷山~奥ノ谷山

【地図】
断面図
091122t_nakayamadaniyamadanmen

GPSトラック
091122t_nakayamadaniyama


Posted on 11月 23, 2009 at 02:47 午後 | | コメント (3)

2009.11.22

091122-2 曇りのち渋滞

091122-2 曇りのち渋滞 快調に中山谷山から奥の谷山へ冬枯れのブナ尾根を縦走
 バスが待つ田歌に14時45分に戻りました。
 雨が降り始めた周山街道を順調に高雄まで帰ってきたのが16時30分
 ところが、そこから紅葉狩りの大渋滞に巻き込まれて、京都駅まで2時間も掛かってしまいました。
 オナカスイタ!

Posted on 11月 22, 2009 at 07:25 午後 | | コメント (0)

091122 晴れた!

091122 晴れた!091122 晴れた! 今日はリベンジの若丹
 五波峠から中山谷山、奥の谷山です。
 京都から周山街道を北上して長駆3時間、往復は貸切バスですから楽チン
 参加者39名でバスは満員です。

Posted on 11月 22, 2009 at 07:42 午前 | | コメント (2)

2009.11.21

091121-2 山行計画 11/23 例会下見/愛宕裏・水尾~明智越(逆コース)

Sagaten15 12月の例会は12/20(日)にYNTさんの送別会を兼ねて、水尾で鶏すきと決めています。
 すでに20~22名で予約していますが、今回は明智越えの途中から、今まで訪れたことがない清和天皇陵を経て水尾に入りますので、ルート確認のため下見に行くつもりで、11/29(日)を当てていました。
 でも、11/23(月)が祭日で、今のところ別の予定も入っていませんから、天気と元気さえ良ければ、二日連チャンになりますが下見に行くことにします。

【山行計画】
開催日:平成21年11月23日(月・勤労感謝の日) 
行き先:愛宕裏・米買い道~水尾~清和天皇陵~明智越え~亀岡(例会では逆コース)
参加予定:2名/JNKさん、きよもり
地 図:25000分の一「京都西北部」「亀岡」
 断面図予定ルート
行 程: 歩行距離:11.7km 所要時間:8時間50分(歩行時間:6時間20分、休憩昼食:2時間30分)
 JR住吉6:47⇒快速⇒7:52京都8:09⇒山陰線\230⇒8:32保津峡
 保津峡(60m、8:40頃)→60分→長坂峠(380m)→60分→水尾(250m、11:00頃) 11:30発→30分→清和天皇陵(320m、昼食、13:00発)→30分→主尾根(470m)→60分→明智越え分岐(400m)→90分→明智越え登山口(150m、16:30頃)→50分→JR亀岡(17:30頃)
 亀岡17:37⇒山陰線\400⇒18:12京都18:23⇒快速⇒19:26住吉
装備等:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、スパッツ、ストック

【地図】
断面図
091123_akechikoedanmen
予定コース
091123_akechikoe


Posted on 11月 21, 2009 at 05:24 午後 | | コメント (0)

091121 明日は晴れ

091121_082901 昨夜でブルーレイ映画の再生に関しては何とかケリが付いたので、10/22から始まったWindows7に関わる自宅のパソコン回りはようやく一区切りです。

 明日は久し振りの若丹ですが、新ハイキングの参加者は皆さんお元気なので、40名も参加されるイベントでは出来るだけ前を歩かないと遅れ勝ちになります。
 天気は天気図を見ても、うろこ雲を見ても崩れそうもないんだけど、日本海寄りなので雪雲がかかる可能性があり、要注意です。

 明後日は予定を早めて愛宕裏へ12月例会の下見に行こうと思いますが、天気と元気次第
 行くなら、JR保津峡から米買い道を水尾まで歩いて、水尾川を挟んだ西斜面の清和天皇陵を経て明智越えからの尾根に上がり、明智越えのルートを亀岡に下ろうと思います。


【Wikipediaの巻積雲】
 巻積雲
 091121_kensekiun_800pxenjugahama_se


Posted on 11月 21, 2009 at 11:56 午前 | | コメント (0)

2009.11.20

091120-3 グラフィックボード交換

091120-3 グラフィックボード交換
かれこれ3週間、元はと言えば、ブルーレイディスクを綺麗に再生したいという単純な望みが始まりでした。
まず外付けのUSB接続のBRドライブでは、伝送速度が遅いので、内臓のBRドライブを買って繋いだけど、改善されず。
次いで、外付けBRドライブをUSB接続から伝送速度が早いeSATAに変えるべく、JNKさんにヨドバシで拡張ボード買ってきてもらったのに、何故かドライブを認識せず。
最後に、画像の再生はグラフィックボードの性能を上げればよいのではないかと気が付いて、今付いているグラフィックボード(GF7600GS)を調べると、BR再生には対応していないことが判りました。
ということで、今夜「玄人志向」GF8400GSを設置して、ようやくどっと晴れ

Posted on 11月 20, 2009 at 10:22 午後 | | コメント (2)

091120-2 KOBE LIGHT MESSAGE

KOBE LIGHT MESSAGEKOBE LIGHT MESSAGEKOBE LIGHT MESSAGE 三宮のミント前からそごうにかけて、光のベルトが伸びています。
 実際には、明日11/21~12/25の点灯ですが、昨日はテストだったようです。
 ルミナリエとの相乗効果が狙いでしょうか?

Posted on 11月 20, 2009 at 07:03 午後 | | コメント (0)

091120 Office2010 β版リリース/インストールできない?

091120_office2000beta 今日のCOMPUTERWORLDjpの記事:
 マイクロソフト、「Office 2010」パブリック・ベータ版をリリース オンライン版「Office Web Apps」もベータ公開

 記事にあるMSへのリンクをクリックするか、googleで"Office2010、Microsoft"を検索すると、MicrosoftのホームページにOffice2010のβ版が公開されています。
 http://www.microsoft.com/office/2010/en/download-office-professional-plus/default.aspx

 MSNに登録が必要ですが、ダウンロードに資格は不要のようですから、取りあえずダウンロードして互換性や評判の悪いOffice2007のリボンが、Office2010ではどのようにカスタマイズできるのか確認してみます。
 Online版は今のところ外出するときは、ノートパソコンを持参することの方が多いから、しばらく様子を見ることにします。

 ダウンロードのページは英語表記ですが、実際にダウンロードするOffice2010 β版は日本語も選択できますのでご安心下さい。

【トラブル】
 折角、ダウンロードしてβ版を使ってみようとしましたが、なぜかファイルを展開すると、Office2003のファイルが破損されているとか云うメッセージが出て、処理が中断してしまいます。Office2003なんてOffice2007で上書きしたから消えている筈なんですけどね・・・
 これって、何となくWindows7をインストールする時にウィルスバスター2007が邪魔したのとよく似ていませんか?
 
 ファイルをダウンロードして、Office2010β版を展開しようとProfessionalPlus.exeを実行すると、
 「お使いのコンピューターにインストールされているOffice2003は破損しており、セットアップを続行できません。Office20003製品を削除または修復してからセットアップを再度実行してください。
 というメッセージが出て、Office2010を展開できません。
 ちなみに現在のパソコンはOffice2007がインストールされており、Office2003は上書きで消えています。ただし、アンインストールを別途実行した覚えはありません。

_/_/_/_/_/_/_/_/ 09.11.20 12:55_/_/_/_/_/_/_/_/


Posted on 11月 20, 2009 at 11:07 午前 | | コメント (0)

2009.11.19

091119 Twitter(ツイッター)

091119_twitter Twitter(ツイッター)というのは、つぶやき(twit)という言葉から連想できるように、独り言を140文字(全角・半角の区別無し)で書き込むサービスです。
 利用者はあくまでも自分自身の言葉で書くのですが、公開されるため、世界中の人がそれを閲覧したり、投稿者に返信したり出来るサービスが基本のようです。

 きよもりは、まだ始めて3日位ですから、なぜこんなに(全世界のユーザー数4450万人/09年6月・米調査会社コムスコア、日本のユーザー数193万人/09年8月・ビデオリサーチインタラクティブ)利用者が多いのかは判りません。
 ブログの場合は、自分の日記という位置づけで日々書き続けることで、ある意味では目的も手段もはっきりしていますが、Twitterの場合、今きよもりがイメージできるのは備忘録代わりといった用途位でしょうか。

 オバマ大統領も書いているとか、総選挙前にツイッターの利用は公職選挙法に違反するなどといった話題がありましたから、日本で普及するとしたら、露出度の高いアイドルがTwitterを始めて、若い人が認知してからでしょう。
 今のところ日本での普及は200万人位で、70%は男性だそうですから、まだオタクの世界です。

Posted on 11月 19, 2009 at 11:53 午前 | | コメント (0)

2009.11.18

091118-2 青い薔薇

Img10332033637 今日の日経ビジネスオンラインの記事
 発表から5年の理由  青いバラ(サントリーホールディングス)

 記事によると、新品種開発まで15年、生態系に影響を与えないことを実証し、農林水産省から認可を得るまで5年かかってようやく今年から市販を始めたのだそうです。
 既に通販などでもかなり出回っているようで一本240円、20本の花束でも4800円程度で発売されています。
 鉢植えがあったら毎年楽しめるから買いたいですね。

Posted on 11月 18, 2009 at 12:39 午後 | | コメント (0)

091118 苦戦中 BD内蔵ドライブ増設

091118 苦戦中091118 苦戦中 昨夜帰宅したら当日アマゾンで発注したBDの内蔵ドライブ(BR-H816FBS-BK)が到着
 今は当日受注、当日出荷、当日配達なんですね。
 すごいです

 セットアップはデスクトップパソコンの分解から始まりますから、こんなあられもない格好で解体開始
 ドライブの入替で一箇所ねじ回しを使う以外は、プラモデルの組み立てみたいにロックを外しながら解体できるから、一度要領が判ると意外に簡単です。

 SATA用の電源ケーブルやインターフェースケーブルがたまたま予備で買ってあったので設置完了ですぐ認識しました。
 店頭で購入する場合は店員さんがケーブルの有無を聞いてくれますが、ケーブルの予備なんて普通持っていないから、こういったドライブを通販で購入する場合は注意が必要です。

 ヨドバシへ湯沸かし器のコンセントを引き取りに行ったJNKさんに、ついでに購入してもらったラトックのREX-PE30SというeSATA用の拡張ボードも同時に設置しましたが、外付けで今までUSB接続していたもう一台のDVDドライブがどうしても認識しないので、昨夜は途中で気絶してしまいました。

Posted on 11月 18, 2009 at 09:14 午前 | | コメント (2)

2009.11.17

091117 山行計画:11/22 若丹国境/五波峠から中山谷山・奥の谷山(新ハイキング関西)

020512_jyakutankotohajime_01020512_jyakutankotohajime_02 9月12日に予定されていた新ハイキング関西の五波峠~中山谷山が雨で中止になったため、今週末の日曜日にリベンジとなりました。
 ただし、今回はコースが若干替わって、後半に奥の谷山の三角点を往復し、芦生には降りないで田歌の五波谷出合に降りてくるコースになっています。
 村田さんがリーダーで京都駅から貸切バスですが、参加者が42名になっていて満員です。

 個人で若丹国境に入るには、京都駅からでもアプローチに最低2時間かかりますから、どうしても日帰りは諦めて、途中で幕営する行程になります。また、縦走となると下山場所によってはバス停までかなり時間がかかるし、タクシーを呼ぶにも今は地元にタクシー会社が無くて、気安く呼ぶわけにいきません。
 その点、貸切バスだと五波峠の上まで送ってもらえるし、下山予定の田歌で貸切バスに待機してもらえますから願ったりかなったりです。当然参加者も増える道理です。

 きよもりが一番最初に若丹国境の県境尾根を歩き始めたスタートが五波峠で、平成14年5月11日、UOさんと二人、霧で見通しもきかず、身長以上の笹藪に難渋しながら、地図と磁石だけを頼りに尾根通しに、杉尾坂方向を目指しました。
 ようやく、尾根の急斜面を登り切って、かすかな踏み跡を辿って、到達したのがこの中山谷山でしたが、磁石を見ると、北に向かうべきところなのに踏み跡は反対の南に続いていてビックリ。引き返したものの、県境尾根への左折点がどうしても判らず、初日はあきらめて五波峠に引き返しました。
 翌5月12日、もう一度難渋しながら中山谷山の手前まで戻り、左折点を探して右往左往しましたが、どうしても判らず、あきらめかけたところで、ほんの一瞬、ガスの切れ目から県境尾根の山並みが見えて、方向だけを頼りに強引に急斜面を駆け下った鞍部に県境の黄色い杭を発見した時のうれしさを今でも新鮮に思い出します。
 
 今回は、間違えて到達した中山谷山から更に南下して、奥の谷山(オクノタンヤマ)まで支尾根を縦走しますから、中山谷山から先は全く初めてのルートなので楽しみです。
【山行計画】
 9/12 五波峠から中山谷山(新ハイキング関西)
日時:平成21年11月22日(日)
集合:京都駅八条口 7:40
コース・予定タイム:
 京都駅7:40⇒貸切バス\3000⇒10:30五波峠
 五波峠(10:30)→11:00県境尾根分岐→11:30中山谷山(△791.8m、昼食) 12:10→12:40 P766m→13:00 P743m→13:10林道上部→13:40奥の谷山→戻り→14:00林道上部→15:00田歌
 田歌15:00⇒貸切バス⇒18:00京都駅(解散)
装備:雨具、防寒具、帽子、スパッツ、ストック、手袋、
費用:¥3000+運営費・保険料¥500
地図:昭文社「京都北山」、25000分の一「久坂」「中」
 断面図予定ルート

【断面図】
091122_nakayamadaniyama_okunotandan

【予定ルート】
091122_nakayamadaniyama_okunotan

カシミール3Dルートデータ
「091122_NakayamadaniYama_Okunotan.gpx」をダウンロード


Posted on 11月 17, 2009 at 12:04 午後 | | コメント (0)

2009.11.16

091116 山行記録:11/15 山仲間第125回例会/播州アルプス・桶居山~百間岩縦走

091115_okesueyama_022 昨日は前日午前中まで降っていた雨もやんで絶好の山日和になりました。
 前半は06年12月の91回例会と同じく、御着(ごちゃく)から桶居山(おけすえやま)への岩尾根、午後からは主稜線で高御位山(たかみくらやま)とは反対の百間岩に向かい、最後は鹿島神社に下りました。
 桶居山は百間岩から高御位山へ続く主稜線から外れているため、いつも比較的に登山者は少ないですが、駅から近いこと、尾根から播磨灘を正面に望む好展望であること、岩尾根が続き結構スリルがあって藪が少ないことなど、地理的に京阪神から少し離れていることを除けば非常に楽しい尾根歩きが出来るからお奨めです。ただし、尾根にはほとんど日陰がありませんから、晩秋の今の時期か春先が歩きやすくてよいと思います。

【山行記録】
 11/15 山仲間第125回例会 播州アルプス/桶居山~百間岩縦走
日 時:平成21年11月15日(日) 9:07~14:47
行き先:播州アルプス/桶居山~百間岩縦走
 コース:JR神戸線・御着駅~桶居山~播州アルプス主稜線~百間岩~鹿島神社
参加者:10名/HSMさん、NROさん、ADTさん、DNNさん、きよもり
  TRNさん、KRKさん、YNTさん
  TKDさん、JNKさん
地 図:25000分の一「加古川」「姫路南部」
 断面図GPSトラック
行 程:8.9km、所要時間:5時間40分(歩行時間:3時間42分、休憩・昼食:1時間58分)、快晴、18℃~20℃
 JR三ノ宮8:08⇒新快速⇒8:38加古川8:41⇒普通⇒8:55御着(集合9:00)
 御着(10m) 9:07→9:16大歳神社→9:31登山口(20m) 9:36→9:53尾根上(160m、ゼリー) 10:03→10:28小ピーク(210m) 10:32→10:54桶居山(三等三角点、247.6m) 11:07→11:31第2鉄塔→左折(200m)→11:46右折(谷へ)→11:58 P182m手前(175m、昼食) 12:50→13:15主稜線(230m)→右折→13:22鷹ノ巣山(四等三角点△264.2m、馬の背尾根分岐) 13:37→14:00鉄塔・反射板→14:05百間岩上(180m、チョコおたべ) 14:16→下降組7名・巻き組3名→14:25百間岩下・展望台(105m) 14:33→14:37鹿島神社→14:37鹿島神社大鳥居(バス停、20m)
 鹿島神社15:10⇒コミュニティバス\100⇒15:21JR曽根駅15:28⇒快速⇒16:25三ノ宮(解散)
【写真】
 Picasa3の写真アルバム
 53枚の写真は地図とリンクしています。

091115_桶居山~百間岩

【地図】
断面図
091115t_okesueyama_hyakkeniwadanmen
GPSトラック
091115t_okesueyama_hyakkeniwa

Posted on 11月 16, 2009 at 12:26 午後 | | コメント (0)

2009.11.15

091115-3 レトロ

091115-3 レトロ091115-3 レトロ 曽根から灘へ直行
 新しい駅舎に以前の駅舎を飾っていたステンドグラスのフレームがマッチしていて懐かしいです。
 灘温泉から懐かしい「いち栄」
 NWHさんが羨ましがるでしょう。

Posted on 11月 15, 2009 at 06:26 午後 | | コメント (2)

091115-2 百間岩

091115-2 百間岩 快調に岩尾根をクリアして、14時30分には百間岩の下まで降りてきました。
 鹿島神社からコミュニティバスで曽根駅へショートカットしました。
 まだまだ時間が早いのでこれから灘温泉です。

Posted on 11月 15, 2009 at 03:55 午後 | | コメント (1)

091115 桶居山

091115 桶居山 今日は10人
 爽やかな秋風です

Posted on 11月 15, 2009 at 12:49 午後 | | コメント (1)

2009.11.14

091114-3 とんかつ太郎

091114-3 とんかつ太郎091114-3 とんかつ太郎 大倉山からタクシーで元町商店街の中間辺りにある「とんかつ太郎」へ
 ここのヒレカツ定食は1800円で高いけど、肉が分厚くて食べごたえがあります。
 昨日今日とダイエット食はお休み
 それでも、61.5kgだからリバウンドはありません。

Posted on 11月 14, 2009 at 08:18 午後 | | コメント (0)

091114-2 ウィンフィルハーモニア・ピアノトリオ

091114-2 ウィンフィルハーモニア・ピアノトリオ091114-2 ウィンフィルハーモニア・ピアノトリオ 夕方、大倉山の神戸文化ホールで室内楽のコンサートを聴きました。
 息がぴったり合ったピアノ、ヴァイオリン、チェロが身体に染み込みます。

Posted on 11月 14, 2009 at 06:07 午後 | | コメント (0)

091114 晴れた

091114 晴れた 昨夜もまた雨が降って、今朝まで悪天が続きました。
 でも昼過ぎからは雲も切れて青空が覗き、晴れました。
 これから神戸文化ホールでピアノコンサート
 晴れてよかったね。
 高尾山も午後は晴れたかな?

Posted on 11月 14, 2009 at 03:01 午後 | | コメント (0)

2009.11.13

091113 「Windows 7にアップグレードしない理由はない」… それでも新規購入は待つべし

091111_title_konton 日経バイト時代から結構目を通していた「混沌の館にて」、今は日経PC Onlineに「続・混沌の館にて」として引き継がれています。
 11/10の記事は、 
 Windows 7にアップグレードしない理由はない
 というタイトルで、Windows7の導入を推奨しています。

 ジェリー・パウエル氏もきよもりも偶然4台のパソコンをWindows7にアップグレードしていますが、きよもりの印象もVISTAからのアップグレードは意外に簡単だったという点で一致していてうれしくなります。

 きよもりの場合は、ウィルスバスター2007の残骸が残っていて、予定外の回り道を強いられましたが、その点以外は同時進行で3台のパソコンが円滑にWindows7に切り替わりましたし、新規インストールになった会社の新しいノートパソコンへのインストールも、今まで使っていたパソコンでの設定やプログラムを「パソコン引越し 7 Pro」 というソフト(有償)で比較的短時間に終わらせることが出来ましたから、アプリケーションはNotes、ATOK、Docuworksなど、DLLやレジストリーを書き換えるプログラムの再インストールだけで、11/4に一日でうまく移行できました。

 それでも、久し振りに買い替え需要で市場が盛り上がっている市場に水を差すようですが、Windows7がプレインストールされたパソコンの新規購入には慎重にならざるを得ません。

【新規購入を待つ理由】
理由1
 というのは、Windows7の発売は10/22でしたが、一番よく使うMS-Officeは、次世代のOffice2010が2010年上半期の発売が予定されており、Windows VISTA→Windows 7と同様、Office2007→Office2010はかなり使いやすくなっていると期待されていますから、どうせ待つなら来春まで待つのが得策でしょう。

091112_091109_usb3bench理由2
 もう一つが、USB3.0の製品が出回る時期との兼ね合いです。
 すでにバッファローからはインターフェースをUSB3.0にした外付けHDDが発売開始になっています。同社の記事だけではなく、日経パソコン11/9の記事でも、データのリードライトが従来のUSB2.0規格より3.7倍も速いことがベンチマークで判っていますし、日経の記事では内蔵のHDDとほぼ同じリードライト速度が出ています。
 ASUSギガバイトからはマザーボードが発表されています。
 価格はまだまだ高いですが、いずれは移行するのは目に見えていますから、せめて交換が不可能なマザーボードに3.0規格が搭載されるまでは待った方が得策でしょう。

091111_crystaldiskmark理由3
 最後の理由は、SSDの導入が進むだろうと云うことです。
 きよもりの自宅のデスクトップパソコン(DELL Precision 390 Quad Core2、HDD1.5Tbyte))と今春購入したSony VAIO Type T (SSD128Gbyte)のベンチマーク (Crystal Disk Mark) を見ると、ランダムアクセスの数値が非力な筈のTypeTの方が4倍~20倍も早いことが一目瞭然です。
 それぞれのアプリがメモリーをどのように使っているのか知りませんが、頻繁に読み書きする場合はHDDよりもSSDの方が圧倒的に早いものと思われます。
 ようやくSSDの価格もこなれてきましたから、今後は内蔵ハードディスクはSSDに移行するのが自然の流れでしょう。

 ということで、Office2010が発売され、USB3.0の規格で、内蔵ディスクをSSDにしたパソコンが次のトレンドだと思いますが、このうち、USB3.0が来年4月頃ではまだ一般化していないと思われますので、その辺りが思案どころですね。

091111_hdhu3speed バッファローのニュースリリースでも3.7倍のリードライト速度

Posted on 11月 13, 2009 at 06:40 午前 | | コメント (0)

2009.11.12

091112-2 SDXC とは

091112_sdxc_sd01 今日のImpress 携帯Watchに以下の記事がありました。
●ケータイ用語の基礎知識
第443回:SDXC とは
http://k-tai.impress.co.jp/docs/column/keyword/20091111_328034.html
 携帯電話・PHS関連の用語を毎回ひとつずつ、やさしく解説するコーナーです。
 今回は、最大2TBという容量が実現できるメモリカードで、今後登場する予定の 「SDXC」についてご紹介します。

【コメント】
 記憶媒体としてはパソコンではハードディスクが一般的で、ムーアの法則に則って大容量化が進んでいますが、その辺りの事情はメモリーにおいても同様です。

 USBメモリーやSDカードなど、4、5年前ならMbyte単位の価格表現だったのが、最近ではGbyte単位で価格表示されています。さらに、今年になっていよいよTbyteの媒体が普及期に入ったようで、HDDでは1TBで一万円前後まで価格がこなれてきました。ちなみに昨日きよもりが購入した4GbyteのUSBメモリーは1千円でした。

 見かけでは極端に大きさの異なるUSBメモリーやSDメモリーですが、すでにTbyteを視野に入れた市場が来年辺りから展開されるようです。
 USBメモリーやSDメモリーは駆動部分がないので省電力と衝撃や摩耗による劣化や故障にも影響されずよいとこずくめです。
 しかも、MicroSDXCだと、わずか1cm角の、鼻息で飛ぶようなメモリーに2TB(2000兆文字)ものデータが入ることになりますから、いよいよ鉄腕アトムが誕生するかも知れません。

Posted on 11月 12, 2009 at 12:25 午後 | | コメント (0)

091112 晩秋

091112 晩秋091112 晩秋 一昨夜から降り続いた雨はようやく止んで今朝は爽やかです。
 雨のせいで急に落ち葉が増えて、何となく肌寒いです。

Posted on 11月 12, 2009 at 08:58 午前 | | コメント (0)

2009.11.11

091111 スキャナ付きフォトフレーム

091111_020501 新しもの好きなので、ヤシカから発売されているスキャナ付きのフォトフレーム (DVF828) を通販で購入しました。
 スキャナはプリンターに付いているから要らないはずですが、パソコンラックの上に乗せてある多機能プリンターにいちいち昔取り貯めた印画紙焼きの写真を並べてパソコンに取り込むのは、写真が1000枚以上ありそうですから、膨大な作業量になります。
 かといってスキャナだけ単体で買うのも、今手元にある写真を読み取ったあとは、ほとんど出番が無くなるので、二の足を踏んでいました。

 たまたま、ひと月位前に読んだITmediaの記事が頭の隅に残っていたので、スキャナが要らなくなってもフォトフレームとして使えるから、ちょっと高かった (\22,400) けど購入しました。

 写真取り込みの前に、フォトフレームの機能確認と云うことで、デジカメのデータをUSBメモリーで読ませてみると結構綺麗に表示されて一安心、これで今あるパソコンの写真データから気に入ったものをコピーして簡単にスライドショーが楽しめます。

 つぎに、スキャナの機能確認、こちらも思ったより読み取り速度は速くて、本体内蔵の1Gbyteメモリーに自動割り付け連番で保存されます。
 実際には、ある程度グループ化して焼付け写真を取り込まないと、元の写真とデジカメデータになった写真との関連づけが面倒になりそうですが、内蔵メモリーからUSB経由か、直接ケーブル接続でパソコンに取り込めます。

 ついでに、動画も音楽付きで表示できるとのことだったから、AVS Video Converterという映像形式変換ソフトを利用して、パソコンのWMV形式ファイルをフォトフレーム用にMPGファイルに変換しましたが、これが結構くせ者で、結局、AVS Video Converter の対応フォーマットのうちからIBM Motion JPEG仕様のAVI形式に落としてようやく動画が表示できた時には2:00になっていました。
 ビデオの画像形式って何種類もあって、更にそれぞれにビットレートとかフレームレートとかの設定がありますから、普段動画をダビングしたりしていないので全く理解できません。ムツカシイ!

【裏話:スキャナ付きフォトフレームを秋葉探索】
 興味を持ったヤシカのスキャナー付きのフォトフレーム (DVF828) ですが、10月下旬発売の筈なのに、11/8日曜日に息子と3時間も秋葉を捜し回ったのに扱っている店はありませんでした。
 それどころかメーカーも型番も判らない時点で、某ヨ*バシで店員に「スキャナ付きのフォトフレームを扱っていませんか」と聞いたら、「そんなものは聞いたことがない」と、けんもほろろ。
 頭に来て、ヴィ・ド・フランスに入って、珈琲を飲みながら、神戸から持参していたノートパソコンで E-mobile経由インターネットに接続して”スキャナ付きフォトフレーム”で検索したら、ヤシカが発売している事が判り、型番も知れました。
 
 秋葉の探索が無駄足だったから、結局、神戸に帰る新幹線の車中で再度E-mobileでインターネットに接続して、通販で発注し、無事昨夜、手元に届きました。

【ヤシカはヤシカにあらず】
 wikipediaによると、50歳代以上の方なら皆さんご存じの老舗カメラメーカーであったヤシカは、1983年に京セラに吸収され、その京セラも2007年にはカメラ事業から撤退したのだそうです。
 今回購入したヤシカ製品は、京セラから商標権を買い取ったJNCという会社の製品なんだそうです。
 wikipediaの記事はヤシカの創業期から一世を風靡した電子シャッターEEカメラを武器に日本最大のカメラメーカーだった昭和30年代、内部不正や労働争議などで景気破綻を経て、京セラに吸収される経緯など、非常に詳しく記載されていて、同じ企業人として悲哀を感じました。

Posted on 11月 11, 2009 at 12:35 午後 | | コメント (4)

エリ松居

Sendtwitter


Posted on 11月 11, 2009 at 07:25 午前 | | コメント (0)

2009.11.10

091110-2 リコー、ユニット交換式で“変身”する新コンセプトデジカメ「GXR」

 夕方になって、ITmediaに
リコー、ユニット交換式で“変身”する新コンセプトデジカメ「GXR」
 リコーがボディ内に撮像素子を持たず、「レンズ/撮像素子/画像処理エンジン」が一体化したユニットを交換するデジタルカメラ「GXR」を発売する

 という記事が掲載されています。
 12月発売ですでにAmazon.comでは予約を受け付けています。
 本体が\49,799、3倍ズームのレンズユニットが\39,799なので、一眼デジカメとしては安い方ですが、デジカメとしたらかなり割高です。

091110_richo_l_hi_ri06 一番の特徴はレンズユニットに撮影画素や画像処理エンジンが搭載されているので、レンズユニットを変えれば標準レンズでも、望遠レンズでも装着できることです。
 そのお陰で、RICHOの製品情報 によると本体の重量はわずか160gですから、サイズ、重量ともにレンズ交換式カメラとしては世界一です。
 その代わり、機能を詰め込んだ交換レンズの方が重くて、標準レンズユニットは263g、3倍ズームの方が軽くて161gとなっています。

 何となく、デジタル一眼カメラとデジカメのすき間を狙った商品みたいですね。もちろん買いません。

Posted on 11月 10, 2009 at 06:41 午後 | | コメント (0)

091110 パソコン疲れ撃退マニュアル ??

 今日の日経PC Onlineに、>パソコン疲れ撃退マニュアル
 という記事がありました。

 タイトルを読んで、パソコン疲れ撃退・・・とあるから、最初に頭に浮かんだのは色々なアプリケーションを起動させたりして、動作が遅くなったパソコンの疲れを回復する方法と思ったのは、きよもりだけかも知れません。

091110_pc_online1_px450 実は、会社でも、自宅でもパソコンを触っていて、疲れたという経験はほとんどありません。特にこの2週間あまりのWindows7導入のように新しいソフトのインストールや動作確認、アプリのセットアップなどのように短期で集中的に実行するイベントでは、次々と段階的に作業が連続しますから、ほとんど時計を見ることもなく4時間でも5時間でも緊張を持続しながらキーボードをたたいています。

 この記事にあるように、確かに目が疲れるとか、首筋が痛くなったりという感覚もないことはないのですが、そのようなときでも、ちょっとベランダで一服して気分を切り替えると新たな活力が戻りますから、純粋にパソコンが好きなんでしょうね。

 記事の内容は、疲れやすい身体の部位、疲れにくいパソコンの輝度調整、画面への映り込みによる疲れ、姿勢、表示文字の拡大方法など、親切に解説されていますので、疲れやすい方は一読をお奨めします。
 でも、JNKさんのようにパソコンの画面に向かった途端に眠気に襲われるような方に対する対策は書かれていません。これって条件反射?

 きよもりが期待した、パソコンの疲労を回復させる方法に関しては、以下の連載が役に立ちそうです。
 パソコン健康診断---健康診断の手引き 普通に使っているだけなのに…パソコンにも生活習慣病

 ただしこの記事は2007/2/9ですから、XP全盛の頃の話。いまはWindows7にしたらどう変わるのかを検証した方が良さそうです。

091110_microsoft_windows7_zoom_02 ここ3週間ばかり使っての感じでは、Windows7で起動や終了が早くなったことは実感で判ります。
 また、メモリーの管理方法に関しても、本家Microsoftのリリースで
 Windows7 新機能紹介 たくさんウィンドウを起動しても消費するメモリーは一定

 とありますから、メモリー効果のような蓄積疲労は軽減されていると思います。

Posted on 11月 10, 2009 at 12:45 午後 | | コメント (1)

2009.11.09

091109-2 Windows7のログオン画面を変更

091109_changelogonoriginal Windowsの起動画面とか、デフォルトの背景画像はWin95やXP、Vistaでも、なんとなく涼やかで好ましい印象でしたが、今回のWindows7の起動画面は、すすきと秋の枯れ葉みたいな模様でなんとなく寂しげで好きになれません。
 何とか違う背景に変える方法がないかとGoogleで探してみたら、ありました。
 Logon Changer for Windows 7
 Tweaks.comというのは会社名ですが、このソフト自体はフリーソフトだし、JPGファイルなら大きさも自動的に調整してくれますし、元のデフォルト画面に戻すのもワンクリックですから、まったく問題ありません。

091109_changelogon きよもりは早速、赤谷山からの剱岳を背景にしました。
 ただし、全画面になるからもっと解像度の高い写真を使った方が繊細になりそうなので、明日もう一度挑戦してみます。

Posted on 11月 9, 2009 at 05:35 午後 | | コメント (0)

091109 オリンパス、海外で「E-P2」発表!

今日の日経TrendyNetに 
【速報】オリンパス、海外で「E-P2」発表! 黒ボディーと高精細ファインダーが特徴
 という記事があります。091109_olympus_ep2body 
 現行のマイクロフォーサーズ E-P1 の発売が7/3でしたから、約半年遅れで、少し機能アップした改良機種の発売と言うことになります。

【コメント】
 きよもりの場合、今年の春から同じくOLYMPUSの一眼レフデジカメ E-42010倍ズーム(ZUIKO DIGITAL ED 18-180mm)を付けて山へ持って行くようになり、変化のある写真が撮れるようになった反面、本体と望遠レンズで850gあるため、かなり首が痛くなっていますので、重量軽減のマイクロフォーサーズには昨年発表の時から期待していましたが、まだ高倍率ズームが発表されていなかったのでE-P1は見送りました。

 今回のE-2Pで一番気になるのは、やはりファインダー(電子ビューファインダー)です。接眼部は自由に動きますから、ローアングルや、手持ち撮影でも重宝しそうですが、本体と同じぐらい上に伸びますから、高倍率の交換レンズを付けていると、前と上に突出していかにも扱いにくそうです。
 一方、高倍率のズームレンズは、非常に魅力的です。
 これまで標準的なズームレンズしか発売していなかったので、魅力が半減していましたから、価格がどの程度かにもよりますが、10倍ズームの重量がどの程度なのかも気になるところです。

【写真】
091109_olympus_ep2 本体は黒に変わったけど形はほぼE-P1を踏襲、イメージは一眼レフタイプではなく、いわゆるデジカメの形に近い

091109_olympus_ep2finder ファインダーを付けると本体の高さが倍くらいになるので、好みが分かれるところ

091109_olympus_ep2lens 10倍以上の望遠になる、高倍率ズームM.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6は最大の魅力

【記事引用】
 オリンパスイメージングの欧州現地法人は2009年11月5日、マイクロフォーサーズ対応デジタル一眼の新製品「OLYMPUS PEN E-P2」を発表した。国内外で大ヒットした「オリンパス・ペン E-P1」を改良したものだ。

 海外での発売は2010年1月の予定。価格は、専用液晶ビューファインダーのセットモデルが949ユーロ(約12万7000円)。現時点で、国内向け製品の発表はない。

 E-P2のおもな特徴は以下の通り。
・高級感のあるブラックボディー
・背面に拡張端子を新設、ホットシューに電子ビューファインダーやマイク接続ユニットなどが装着できる
・電子ビューファインダーは144万ドットの高精細タイプ
・撮像素子のスペックはE-P1と同じ
・E-P1と同じく、内蔵ストロボは持たない
・動画撮影機能もE-P1と同じ(1280×720ドット)
・アートフィルターを2種類追加(ジオラマモード、クロスプロセスモード)、計8種類に
・主要な被写体のみを鮮やかにする「i-エンハンス」機能
・被写体追尾AF機能を追加
・マイクロフォーサーズ専用の超広角ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6」と高倍率ズームレンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 14-150mm F4.0-5.6」を発表(いずれも2010年前半に発売予定)

Posted on 11月 9, 2009 at 12:40 午後 | | コメント (0)

2009.11.08

091108 替え玉

091108 替え玉 今日は久し振りに息子と二人で秋葉詣
 11時00分~16時00分までタップリうろつきました。
 探していたヤシカのスキャナー付きのフォトフレーム/DVF828は結局見つからなかったけど、端から端まで歩き回ってアキバの変貌振りがよく判りました。

 ヨドバシ上の「ちゃぶ屋」で遅めの昼食
 替え玉でお腹一杯になったから、ボツボツ神戸に帰ります。

Posted on 11月 8, 2009 at 04:30 午後 | | コメント (1)

2009.11.07

091107 久し振りの東京/お疲れモード

 最近ダイエット食を続けているお陰?で、夕食時に欠かさなかった缶ビールがぴったり止まっています。
 そのせいもあって、たまに外でビールを飲んだりするとすぐに酔っぱらって眠くなります。

 昨夜は、仕事が終わって、三宮の「丸高」で鰻丼を食べ、ついでにビールを一本飲んで、そのまま三ノ宮から新大阪へ向かいました。
 通勤時間帯だったので結構込んでいて、大阪まで立っていましたが、大阪駅で次の駅なのに、席が空いたので座ったのが運の尽き!
 車内放送で気が付いたら、高槻!
 慌てて飛び降りて、時計を見たら、これから新大阪へ引き返しても、とても指定を取った新幹線の時間には間に合いません。やっぱりこの2週間ばかり、一昨日の会社のノートパソコンも含めて4台も一気にWindows7に入れ替える作業とソフトの動作確認などの後処理に追われ、徹夜4回、その他の日でも平均睡眠時間4時間という、学生時代並みの過酷な作業に追われていたから酔いと睡眠不足の相乗効果ですね。
 何とか日付が変わる頃には東京の自宅に戻れてよかったです。

091107_115201091107_120001 それに懲りず、また東京の自宅でSSL-VPNの動作確認やメールのチェックをしていたら、昨夜もまた寝たのは2:30でしたから、朝、寝過ごして慌てて出たけど、またも京成電車の予定時間に一歩間に合いませんでした。
 墓参りと次女の病院見舞いとの掛け持ちの合間に草加でパスタを食べながら、性懲りもなくまたワンカップビールを飲んでしまいましたが、今度は子供達と一緒ですから無事でした。

 
 

Posted on 11月 7, 2009 at 05:28 午後 | | コメント (0)

2009.11.06

091106 山行計画:11/15 山仲間第125回例会 播州アルプス/桶居山~百間岩

                                          平成21年11月6日
山仲間諸兄諸姉
                                           山仲間事務局 きよもり   
     山仲間第125回例会案内 播州アルプス/桶居山~百間岩縦走
 11月に入り、ようやく朝晩は肌寒くなりました。新型インフルエンザが猛威をふるっていますので、睡眠と規則正しい食事を心がけていただくようお願い申し上げます。
 10月の例会は好天の穏やかな日差しの下、比叡山から奥比叡への尾根歩きを楽しんでいただけたと思います。参加していただいた13名の皆様有り難うございました。
 11月の例会は、3年ぶりに播州アルプスの桶居山へ行きたいと思います。今年も紅葉が遅れているようで、11/3の下見ではまだほとんど色づいていませんでしたが、例会の頃には全山紅葉が進んでいると期待していただいてよいと思います。
 桶居山から百間岩へのルートは露岩や草付きの岩尾根が続きますので、適度な緊張と播磨灘から大阪湾、淡路島まで遮るものがない大展望を楽しんでいただけると思います。
 参加して頂ける方は、11/13(金)までにメールまたはFAXでご連絡ください。
                                           敬具

091103_okesueyama_020【山行計画】 
日 時:平成21年11月15日(日) 9:10~17:00
行き先:播州アルプス・桶居山(オケスエヤマ)~百間岩

 コース:JR御着駅~桶居山~鷹巣山~百間岩~経塚山古墳~豆崎~JR曽根駅
集 合:平成21年11月15日(日) JR山陽線・御着駅 9:00集合
 参考: 大阪7:45⇒新快速・姫路行き⇒7:59芦屋⇒8:08三ノ宮⇒8:37加古川・乗換8:39⇒8:52御着
     JR住吉7:41⇒快速・姫路行⇒7:49三ノ宮⇒8:39加古川⇒8:52御着(ゴチャク)
地 図:25000分の一「加古川」「姫路南部」
 断面図予定コース
レベル:初級の上(岩尾根の下りは要注意)
行 程: 歩行距離:10.7km 所要時間:7時間50分(歩行時間:6時間10分、休憩昼食:1時間40分)
 御着(9:10頃)→20分→登山口→30分→P177m→50分→桶居山(三等△247.6m)→70分→大ハングのピーク(180m、12:30頃、昼食)→20分→主尾根出合→10分→鷹巣山△→20分→百間岩上→30分→百間岩下(15:30頃)→60分→曽根駅(17:00頃)
 曽根17:13⇒快速\950⇒18:16住吉
装備等:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替、スパッツ、ストック
費 用:各自払い(三ノ宮~御着\950、曽根~三ノ宮\820)
追記:12月の例会は、12/20(日)に恒例の水尾で鶏すきを楽しみます。
   1月の例会は1/17(日)に大和・山辺の道を歩きたいと思います。

【地 図】
断面図
091103t_okesueyamadanmen

予定コース
091103t_okesueyama

Posted on 11月 6, 2009 at 03:04 午後 | | コメント (0)

2009.11.05

091105 Windows XPからWindows 7へ (ツール利用)

091105_1240010001 いよいよ会社のパソコンもWindows7に移行することになりました。
 昨日朝からハードディスクの全データを外付けのハードディスクへXCOPYでバックアップして、夕方からセットアップをスタート
 XPからの移行は、クリーンインストールが基本ですから、まともにやったら三日くらいかかりそうですが、今まで使っていたパソコンの設定をできる限りそのまま移行するため、有償のソフト「パソコン引越し7 Pro」を使ってみました。
 
 結果的には、ほぼデスクトップやマイドキュメントなど通常のフォルダーは問題なく移行できましたから、8割まではOKと言ってよいと思います。ただし、¥6980は決して安くはないし、一台でしか使えませんから、普通は時間をかけて一つずつソフトを再インストールするのが無難でしょう。
 今朝から、再設定したソフトは、ClipOut2000(クリップボード監視、定型文登録)、Filevisor(エクスプローラー拡張版)、Fineprint(プリントプレビューと集約、日本語未対応のため英語版)とブラウザーのです。
 普段はNotesとOffice以外には、この三つのソフトが中心ですから、とりあえず通常業務に戻りました。

 あとは、ATOK(日本語変換)をインストールすれば、とりあえずOKです。
 EXCEL、WordはOffice2007に変わりますので、2003モードでも使えるように、「Back to 2003 Pro」もついでにインストールしました。

Posted on 11月 5, 2009 at 12:45 午後 | | コメント (0)

2009.11.04

091104 山行記録:11/3 播磨アルプス/桶居山~百間岩縦走

091103_okesueyama_020 昨日は、久し振りに一人で例会の下見
 桶居山へは06/12/10の第91回例会で桶居山から高御位山へ長距離縦走をしましたから、約3年ぶりになります。
 今回は高御位山へは行かず、鷹巣山の三角点から百間岩を下って、曽根に出ました。

 播磨アルプスは山域全体が岩盤で、稜線は草付きの岩尾根になっていて、アップダウンが多いのですが、それぞれのピークが低いので比較的歩きやすいです。
 ただし、乾燥している場合は摩擦があって大丈夫ですが、雨の後などでは滑らないよう細心の注意が必要でしょう。でも、変化が多くてコースも紆余曲折していますから、結構楽しいです。
 本番では、鹿嶋神社からバスで戻ることも視野に入れておきたいと思います。
 
【山行記録】
日 時:平成21年11月3日(火・文化の日) 8:56~15:50 
行き先:播州アルプス・桶居山(オケスエヤマ)~百間岩
 コース:御着駅~桶居山~鷹巣山~百間岩~経塚山古墳~豆崎~曽根駅
参加者:1名/きよもり
地 図:
 断面図GPSトラック
行 程: 歩行距離:10.7km 所要時間:6時間54分(歩行時間:4時間40分、休憩昼食:2時間14分) 快晴のち曇り、20℃~18℃
 JR住吉7:41⇒快速・姫路行\950⇒8:52御着(ゴチャク)
 御着8:56→9:07大歳神社→9:24桶居山登山口9:34→急登→9:50尾根上→9:55小ピーク(165m、上着脱ぐ) 10:00→10:07P177m→10:20小ピーク(210m、メール) 10:35→10:38鉄塔1→10:55桶居山(三等△247.6m) 11:05→11:17右折点→11:29鉄塔2(220m)→11:30左折点→11:41鉄塔3(170m)→11:47右折点(谷へ)→12:04大ハングのピーク(180m、昼食、珈琲) 12:57→13:15主尾根出合→13:24鷹巣山(四等△264.2m、点名:地徳) 13:27→13:46反射板(220m、ミカン) 13:58→14:06百間岩上→途中から戻って巻き道へ→天狗の小道→14:19二股・右へ→14:27百間岩下・展望台(95m) 14:32→14:35鹿嶋神社分岐→急登→14:46小ピーク(190m) 14:55→15:03小ピーク(155m、メール) 15:15→15:24大谷山(三等△155.7m)→15:29豆崎登山口・中所登山口分岐(右へ)→15:35経塚山古墳→15:42国道・豆崎→15:50曽根駅
 曽根15:58⇒16:05加古川16:07⇒新快速\820⇒16:35三ノ宮(解散)
費 用:交通費¥1,770(住吉~御着\950、曽根~三ノ宮\820

【写 真】
picasa3の写真は46枚あります。
位置情報付きです。

091103 桶居山下見

【地 図】
断面図
091103t_okesueyamadanmen

GPSトラック
091103t_okesueyama

Posted on 11月 4, 2009 at 06:02 午前 | | コメント (0)

2009.11.03

091103-2 百間岩

Re:橫 百間岩を途中まで降りて、引き返し、巻き道を下って百間岩の下の展望台へ出ました。
 巻き道は途中二ヶ所分岐があるけど、どちらも右に入れば展望台に出ます。
 15分です。
 あと30分で曽根の駅に着くでしょう。
 ξきよもり

>もう下山したんかなあ。百間岩は怖い?JNK

Posted on 11月 3, 2009 at 03:13 午後 | | コメント (0)

091103 桶居山

091103 桶居山091103 桶居山 快晴の播磨灘
 今日は独りです。

Posted on 11月 3, 2009 at 10:31 午前 | | コメント (3)

2009.11.02

091102-2 山行計画:11/3 例会下見 播磨アルプス/桶居山~百間岩

061210_ 一昨日に引き続き、明日(11/3)は11月15日例会の下見で、播州アルプスの桶居山へ行きます。
 桶居山には06/12/10の第91回例会で桶居山から高御位山へ長距離縦走をしましたから、約3年ぶりになります。
 今回は鷹巣山の三角点から前回行けなかった百間岩を下って、曽根に出るコースです。
 
【山行計画】
開催日:平成21年11月3日(火・文化の日) 
行き先:播州アルプス・桶居山(オケスエヤマ)~百間岩
参加予定:2名/JNKさん、きよもり
 参加希望の方は、9:00までにJR山陽線・御着(ゴチャク)駅にお越し下さい。
地 図:
 断面図歩行ルート
行 程: 歩行距離:9.7km 所要時間:7時間50分(歩行時間:5時間30分、休憩昼食:2時間20分)
 JR住吉7:41⇒快速・姫路行\950⇒8:52御着(ゴチャク)
 御着(9:10頃)→20分→登山口→30分→P177m→50分→桶居山(三等△247.6m)→50分→鉄塔左折点(12:00頃、昼食)→60分→主尾根出合→10分→鷹巣山△→20分→百間岩上→30分→百間岩下→60分→曽根駅(17:00頃)
 曽根17:13⇒快速\950⇒18:16住吉
装備等:昼食弁当、飲み物、雨具、着替、スパッツ、ストック

【地 図】
断面図
091103_okesueyamadanmen

歩行ルート
091103_okesueyama

カシミール3Dデータ
「091103_OkesueYama.gpx」をダウンロード

Posted on 11月 2, 2009 at 12:39 午後 | | コメント (0)

091102 朝焼け

091102_062701_2 昨日は昼過ぎから雨が降り出して、あいにくの天候でしたが、今朝は綺麗に晴れています。
 朝焼けは天候悪化の兆しと言われますが、天気図を見る限り、大陸から大きな高気圧(1052hPa)が張り出していますから、太平洋岸は好天が続くでしょうが冷え込みそうです。
 日本海側や北アルプスでは荒れて、降雪も増えそうです。

Posted on 11月 2, 2009 at 09:44 午前 | | コメント (0)

2009.11.01

091101 山行記録:10/31 岳山~見張山/新ハイキング関西例会

091031_dakeyama_015 昨日の岳山は天気がよくて、秋らしい爽やかな尾根歩きを楽しめました。
 岳山の手前までは登りが続きますが、そこから先はアップダウンの歩きやすい尾根
 オウム岩で昼食を摂るには30人では狭いので、鳥越峰まで足を伸ばし、黄葉の樹林の中で昼食。
 ほとんどアップダウンのない長い尾根道を見張山まで、鉄砲岩やろくわ岩など、戦国時代の名残を見ながら、長法寺跡、打下(うちおろし)城跡に寄り道しても、余裕を持って予定より10分早く日吉神社下に着きました。

 前回サルナシ(猿梨)と教えていただいたリンゴのミニチュアのような木の実はオオウラジロノキ(大裏白の木、ヤマリンゴ)というのだそうです。今回はソヨゴ(そよご)とかサネカズラ(眞葛)とか、秋らしく木の実があちこちで実っていました。
 今までなら、つい見逃してしまうか、気になっても名前がわからないのでそのまま忘れてしまうことがほとんどでしたが、新ハイキング関西の参加者はベテランが多く、足も丈夫ですが、花の名前や木の名前など博識な方も何人もおられて非常に勉強になります。
 有り難う御座いました。

 
【山行記録】
 10/31 新ハイキング関西イベント リトル比良/岳山~見張山
日 時:平成21年10月31日(土) 9:00~15:41
行き先:リトル比良/岳山~見張山
 コース:近江高島駅~大炊神社~観音堂跡~岳山~オウム岩~鳥越峰~長法寺跡~打下城跡~日吉神社~近江高島駅
参加者:30名/リーダー・村田さん、きよもり、JNKさん、他
地 図:25000分の一「北小松」「勝野」
  断面図 GPSのトラック

行 程:12.0km、所要時間:6時間21分(歩行時間:4時間29分、休憩・昼食:1時間52分)、晴れ、20℃~22℃
 JR住吉7:22⇒7:26芦屋7:29⇒新快速(京都から\820)⇒8:55近江高島
 JR近江高島駅(集合9:00、90m) 9:20→9:36大炊神社(100m) 9:43→10:12石灯籠上(280m) 10:20→10:35岳観音堂跡→10:46展望広場(460m) 10:55→11:11岳山(565m)→11:30鞍部(540m) 11:35→急な登り→11:52オウム岩11:54→12:06鳥越峰(710m)→12:12反射板下(昼食、690m)12:50→緩い下り尾根→13:32見張山(二等三角点517.3m) 13:39→13:47長法寺分岐(460m)→14:00長法寺跡(360m) 14:03→戻り→14:18分岐→14:20鉄塔展望台(440m) 14:30→14:38打下城分岐(デポ)→14:42打下城跡(374m) 14:45→戻り→14:48分岐14:53→山王谷への急な下り→15:20日吉神社(トイレ、110m) 15:35→15:41近江高島駅(解散)
 近江高島16:20⇒新快速(\820)⇒17:41芦屋17:42⇒17:50住吉
会費:¥500(保険料事務料\500)
【写真】

091031 岳山~見張山


【地図】
断面図
091031t_dakeyama_mihariyamadanmen
GPSトラック
091031t_dakeyama_mihariyama

Posted on 11月 1, 2009 at 10:00 午前 | | コメント (0)