« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009.04.30

090430 山行記録:4/29 北山・花脊峠から天ヶ岳南尾根 写真追加

Dc043061 昨日は、天気が良くて風もなく、絶好のハイキング日和
 最初は、この叡電・鞍馬駅から天ヶ岳南尾根を登り、天ヶ岳から、花脊峠を経て、天狗杉(△837.2m)から鞍馬尾根を下って、鞍馬へ戻る行程を考えていましたが、往復20kmにもなるので諦めて、取りあえず、未踏査の花脊峠から百井峠までの尾根道と、長い天ヶ岳南尾根を一度歩いてみることにしました。

 花脊峠から百井峠までの尾根道はかすかな踏み跡があるものの、自然林が広がり明るくて展望も良い歩きやすいルートで、儲けた気持ちでした。
 一方、天ヶ岳南尾根は昭文社の地図にもルート図が掲載され、鞍馬駅から直接は入れることもあってか、登山者が多くて驚きました。尾根は長い割には平凡で、植林と雑木林でほとんど見通しもきかないため、後半は飽きてしまいました。ただ、歩きやすいのでのんびり多人数で歩くには向いています。

 天ヶ岳へ向かう途中で数株だけピンクの石楠花の花を見かけました。そういえば、天ヶ岳の手前で分岐し、焼杉山へ向かう尾根の途中、P604から左折して入る尾根には石楠花尾根という名前が付いているとおり、石楠花の群生があることを思い出しました。
 5/2からの連休は5日以外はすべて山行予定が入ってしまいましたが、もし体力が残っていたら、5/5に再度花脊峠から入って、この石楠花尾根を小出石まで歩いてみようと思います。

【山行記録】 京都北山・花脊峠から天ヶ岳南尾根
 日 時:平成21年4月29日(祝・水)9:14~15:36
 行 先:花脊峠~百井峠~天ヶ岳~南尾根~鞍馬駅
 参加者:2名/JNKさん、きよもり
 地 図:25000分の一「大原」
   断面図GPSトラック
 行 程:
  4/29 快晴、18℃~16.5℃ 歩行距離 10.5km 所要時間 6時間22分(歩行時間:4時間05分、休憩・昼食:2時間17分)
 阪急御影6:15⇒\510⇒6:18岡本6:20⇒特急⇒6:39十三6:48⇒快速急行⇒7:30河原町→祇園四条7:39⇒京阪\210⇒7:46出町柳7:50⇒京都バス\620⇒8:56花脊峠
 花脊峠(体操、18℃)9:14→9:36NTT中継所9:47→少し戻って尾根に入る→踏み跡→10:05 P835m→10:13右折(迷点)→10:27左折点(800m)→10:49百井峠(車道を左へ)→10:56天ヶ岳分岐(Soyjoy、16.5℃)11:11→11:30鉄塔・展望台(昼食、昼寝)12:39→12:49天ヶ岳(788m)→南尾根→13:09 650m小ピーク13:21→13:45三又岳(560m、山名表示なし、ヨーグルト)13:57→14:12 P516m巻き道→14:20静原分岐(記念撮影) 14:35→14:42戸谷峰(三等三角点525.m) 14:45→15:18薬王坂→急坂→15:36叡電・鞍馬駅
 鞍馬駅15:50⇒叡電\410⇒16:19出町柳16:30⇒京阪\210⇒16:54祇園四条→河原町18:19⇒阪急特急\390⇒19:03梅田(解散)

【写真】
 picasa3のWEBアルバム 写真は43枚あります。 

090429 花脊峠~天ヶ岳・南尾根

 スライドショー 再生時間 2’58”です
 BGMはカーメン・キャバレロのピアノ演奏でニーノ・ロータ作曲「太陽がいっぱい」です。 

【断面図】
090429_amagatakedanmen
【GPSトラック】
090429_amagatake

Posted on 4月 30, 2009 at 07:18 午前 | | コメント (0)

2009.04.29

090429 山行計画:5/2~5/3 台高・薊岳~高見山(転載) 食糧計画更新(09/04/30)

GW前半は一泊二日で台高・薊岳から国見岳を経て高見山を番外編メンバーで歩く予定です。
今回はHSMさん、AKEさんに全面おんぶで、計画書も作成していただきましたので、転載させていただきます。
有り難う御座いました。

Imgbb588210zikbzj【山行計画】 AKEさんの原案により、HSMさん作成

人員 献立が決まりましたので計画表作成しました。
今のところ天候もまあまあのようです。(HSM)


5月連休 台高山脈計画表

日 程:平成21年5月2日(土)~3日(日)
行き先:大又→薊岳→明神平→高見山→たかすみ温泉(平野)
参加者:4名
/HSMさん、AKEさん、MTNさん、きよもり
集 合:5月2日(土) 9:30 近鉄大阪線 榛原駅 バス乗り場
 参考:鶴橋駅 8:37発快速急行青山行→9:11八木駅→9:24着 榛原駅
行 程:
5/2 歩行時間 4時間30分
 近鉄榛原駅 9:55発(奈良交通バス)→11:04着 大又
 大又11:30→(昼食)古池辻12:30→大鏡池13:30→14:40薊岳15:00→16:10前山(デポ)→16:50明神岳17:00→17:30前山→18:00明神平

5/3 歩行時間 6時間
 明神平6:00→国見山7:00→伊勢辻山8:30→雲ヶ瀬山10:30→11:00大峠(昼食)11:30→12:40高見山13:00→15:00たかすみ温泉
 たかすみ温泉-高見平野バス停17:25発(奈良交通バス)→18:19着 近鉄榛原駅

地 図:25.000地形図「大豆生」「高見山」
 【断面図】
  5/2 大又~薊岳~明神平
  5/3 明神平~国見岳~高見山~たかすみ温泉
 【予定ルート】
  5/2 大又~薊岳~明神平
  5/3前半 明神平~国見岳~伊勢辻山
  5/3後半 ハンシ山~高見山~たかすみ温泉

共同装備:
 テント4人用       MRI
 グランドシート X 3  MRI X 2、HSM X 2
 鍋             MRI
 コッフェル        HSM
 食器一式        MRI
 カセット燃料 X 4   各自 1ヶ
 コンロ X 3      AKE、MTN、HSM
 防熱シート X 3    MRI X 1、HSM X 2
 ランタン X 2     HSM、MRI
 焼き網         HSM
 水タンク 2L      各自 1ヶ
 テルモス X 4    各自 1ヶ

食料計画:( 09/04/30更新)
献立表
2日(土) 各自持参 一 品
寄せ鍋
ちらし寿し
3日(日) 納 豆 ふかひれスープ
カレー雑炊 五目ごはん
食 材
2日・夜 3日・朝    
アルファ米(2食用) 2P アルファ米(2食用)   1P
ちらし寿しの素 アルファ米(1食用)予備   1P
ズワイカニ缶 冷凍うどん   1.5食
カレー粉    
うどんスープ カレー雑炊の素    
だしの素(2種) フライドオニオン    
海老 玉 子   4個
帆立貝 納 豆    
福神漬    
サーモン      
3日昼    
出し巻玉子 五目ごはん   4P
純和赤鳥もも肉 ふかひれスープ    
白菜 玉子   2個
生椎茸 胡瓜漬物    
エノキ      
豆腐      
きぬさや      
     
キザミネギ      
     
     
長芋      
   

 アルコール    AKE、HSM   適量
 一品、干物    AKE、HSM
 珈琲        MTN
 お茶        HSM
 行動食、非常食 各自

荷物の分担:
 テント         MRI
 大鍋、食器一式   MRI
 食材         AKE、MTN、HSM
 その他        調達担当者

                以上
【断面図】
5/2 大又~薊岳~明神平
090502_azamidakedanmen
5/3 明神平~国見岳~高見山~たかすみ温泉
090503_kunimiyama_takamiyamadanmen
【予定ルート】
5/2 大又~薊岳~明神平
090502_azamidake
5/3前半 明神平~国見岳~伊勢辻山
090503_kunimiyama_takamiyama_1
5/3後半 ハンシ山~高見山~たかすみ温泉
090503_kunimiyama_takamiyama_2
【カシミール3D データ】
 5/2 「090502_AzamiDake.gpx」をダウンロード
 5/3 「090503_KunimiYama_TakamiYama.gpx」をダウンロード

Posted on 4月 29, 2009 at 12:10 午前 | | コメント (0)

2009.04.28

090428 山行計画:4/29 京都北山・天ヶ岳南尾根

 一昨日、賑やかで楽しかった例会が終わったばかりですが、今週後半からGWに入ります。家にこもっているわけにもいきませんから、色々計画を入れています。
4/29(祝・水) 個人山行 京都北山・天ヶ岳南尾根
5/ 2(土)   山仲間番外編 台高・薊岳~明神平(泊)
5/ 3(日)     〃      明神平~高見山~たかすみ温泉
5/ 4(祝・月) 新ハイキング関西イベント 湖北・池河内湿原
5/ 6(祝・水) 新ハイキング関西イベント 湖西・山門水源の森

 この予定通りいけば、連休中に家にいるのは5/5(祝・火)だけになってしまいますが、幸か不幸か5/4の湖北・池河内湿原は定員24名に対し申し込み27名で満員になっています。申し込みが遅かったから、断られるかも知れません。

 明日、4/29の計画は後述の通りで、当初は鞍馬から天ヶ岳南尾根を登り、花脊峠から、鞍馬尾根を南下して、再び鞍馬に戻る行程を考えましたが、距離が長くてJNKさんに叱られそうだから、片道、それも下りばっかりの軟弱コースにします。

 5/2、3は久し振りにMTNさんも参加で、HSMさん、AKEさんとの4名で台高北部・薊岳から高見山まで歩く予定です。計画はHSMさん、AKEさんにお任せしていますので、きよもりはついていくだけです。

 池河内湿原というのは、敦賀から東に位置するようですが、全く不案内でそれなりの興味がありますが、行けないようなら、のんびりと六甲山高山植物園へ花の写真でも撮りに行きます。

 もう一つの、山門水源の森(やまかどすいげんのもり)というのは、近江塩津と永原の中間の西に位置する湿原と森林帯のようですから、マキノの三国山から野坂岳に向かう主尾根の東に当たります。

 明日の天ヶ岳南尾根は、地図を見ながら決めたルートですが、果たしてどんな感じでしょう。楽しみ半分、不安半分です。

【山行計画】 京都北山・天ヶ岳南尾根
日時:平成21年4月29日(祝・水) 9:00~15:30
行き先:花脊峠~天ヶ岳~二叉岳~薬王坂~鞍馬
参加者:2名/JNKさん、きよもり
  同行していただける方は、当日、出町柳発7:50の広河原行きにご乗車ください。 
地図:25000分の一「花脊」「大原」
  断面図 予定ルート

行程: 歩行距離:約9.2km、所要時間:6時間30分(歩行時間:4時間50分、休憩・昼食:1時間40分)
 阪急御影6:15⇒神戸線\510⇒6:45十三6:48⇒京都線・快速⇒7:30河原町→祇園四条7:39⇒京阪\210⇒7:46出町柳7:50⇒京都バス\620⇒8:53花脊峠
 花脊峠(758m、9:00頃)→60分→百井峠→50分→天ヶ岳(788m、11:00頃)→60分→二叉岳(560m、12:10頃、昼食)→40分→戸谷三角点(525.0m)→50分→薬王坂(390m、15:00頃)→30分→叡電・鞍馬駅(240m、15:30頃)
 鞍馬15:35⇒叡電\410⇒16:04出町柳16:10⇒京阪\210⇒16:14祇園四条→河原町16:30⇒阪急京都線・特急\510⇒17:10十三17:13⇒阪急神戸線・特急⇒17:22西宮北口17:24⇒17:35御影

【天ヶ岳南尾根/断面図】
090429_amagatakedanmen
【天ヶ岳南尾根/予定ルート】
090429_amagatake
【カシミール3Dルートファイル】
「090429_Amagatake.gpx」をダウンロード

Posted on 4月 28, 2009 at 12:41 午後 | | コメント (0)

2009.04.27

090427 山行記録:4/26 例会119/摩耶・掬星台~杣谷 写真追加

P4265218 昨日は強風の中、掬星台の休憩所で待望のミンク鯨のフルコース
 刺身、ずけ、百丈(小腸)、畝須ベーコンと全く臭みのない新鮮な鯨肉を堪能させていただきました。
 痛風のため、急遽車で搬送していただいたHRI Dr.、どうもごちそうさまでした。
 南極の一反木綿ほどもある大きな氷塊のお土産まで持ってきていただき、皆さんプチプチと心地よい音を楽しみながら飲むオンザロックは格別でした。

 下山路は、予定では杣谷峠から長峰尾根を下るつもりでしたが、アゴニー坂の途中から尾根通しで杣谷峠に出るルートを途中間違えて、急斜面の藪こぎの末に飛び出したところは、杣谷の登山ルートの最上部でした。
 皆さん、ごめんなさい。今回は、初級の下、とランク付けしていましたから、予定外の藪こぎに戸惑われたことでしょう。

  参加いただいた21名とミッチーちゃん(雌犬)の皆様ありがとうございました。

090426_125401 【山行記録】 山仲間例会119 摩耶山・掬星台/ミンク鯨フルコース~杣谷
 日 時:平成21年4月26日(日)10:30~17:05
 行 先:摩耶山・ケーブル虹の駅~掬星台(鯨づくし)~杣谷
 参加者:21名/SAC関係10名:YMOさん、HMDさん、AOMさん、NSNさん(初参加)、NSAさん(初参加、NSNさんの奥様)、HRIさん、ADTさん、DNNさん、きよもり、MRKさん(初参加、きよもりの姪)
         /会社関係7名+1匹:TRNさん、USIさん、KRKさん、YNTさん、HRTさん、FTSさん、MTHさん、ミッチー(HRTさんの愛犬)
         /重廣倶楽部4名:AOKさん、KMRさん、SGMさん、JNKさん
 地 図:25000分の一「神戸首部」
   断面図ルート図
  迷点のところで北へ振るべきところを東の支尾根を下ってしまいました。

 行 程: 17名の方は虹の駅から史跡公園~掬星台を歩いておられますが、便宜上、きよもりのGPSデータの通り、掬星台からのタイムテーブルになっています。また、解散は上野中学校前ですが、灘温泉までとしています。
  4/26 曇り時々雨、10℃ 歩行距離 5.7km 所要時間 3時間20分(歩行時間:2時間45分、休憩・昼食:35分)
 王子公園(集合10:00、17名はケーブル下まで10:05のバス利用)10:06⇒10:09阪急六甲10:35⇒阪急バス\900⇒11:30摩耶山上・掬星台(昼食、鯨づくし、10℃)
 掬星台14:10→アゴニー坂(途中から杣谷峠への踏み跡へ右折)→迷点→15:09藪の谷間15:15→15:20杣谷道→登山道を下山→15:34谷間(550m)15:44→16:22谷間(300m)16:31→16:50長峰橋16:55→17:05上野中学校前(解散)17:10→17:30灘温泉(入浴、\410)
 灘温泉18:30→18:45「いち栄」(懇親会)20:40→20:45王子公園(解散)
写真を追加しました(09/4/27 24:00)

【写真】
Googleフォトの写真アルバム(PicasaWeb廃止のためリンク修正)
090426 摩耶山ハリハリ鍋

picasa3のアルバム 写真は54枚あります

090426 摩耶山ハリハリ鍋

【コメント】
 土曜日(4/25)は予想より早く朝方から昼過ぎまで雨が間断なく降っていました。
 昨日の日曜日は、雨はなんとかあがりましたが、風が強く摩耶山上付近はいかにも寒そうです。
 9時過ぎ、自宅を出る前にケーブル駅に電話で確認したら、強風のためロープウェイは運行中止との事でした。
 
 王子公園駅で定刻通り皆さん集合されたのに、肝心の鯨肉を持ったHRIさんが現れず、やきもきしていたら、メールが入って、下船以来の昼夜にわたる祝宴続きで持病の痛風が勃発して歩行困難との事、そのため自宅から車で摩耶山上に向かう、との連絡でした。

 風と酒のトラブルにもめげず、17名と1匹は王子公園東口からケーブル下へバスで出発。一方、鍋4つやシート、コンロなどかさばる荷物を持ったきよもりと食材の豚肉や、お湯の入ったテルモスなどを手提げバックで手持ちしていただいたYMOさん、AOMさんの3名は阪急六甲駅まで戻り、丁字が辻経由摩耶山上行きのバスで掬星台を目指す事になりました。

 掬星台の休憩所は昨日の雨や今日も風が強いから、ほとんど人がいないと思ったらさすが行楽シーズンで広い屋根の下のテーブル席はどこにも先客がいて、21名が円座になってゆっくり、とはいきませんでしたが、タープで風よけをして何とか調理場と席を確保
 HRI Dr.は脂ののった上身の刺身やタレに漬け込んだヅケ、珍しい百条という鯨の小腸、塩漬畝須(鯨ベーコン)等々、次々とスライスして皆さんにまんべんなく賞味していただきました。
 ハリハリ鍋用の赤身をご自宅の冷蔵庫から出し忘れて、慌てる場面もありましたが、運良くきよもりが御影クラッセで予備の鯨肉と豚肉を購入してきたので、予定通り、ハリハリ鍋も皆さんに賞味していただけました。

 最後は、大きなアイスボックスの半分近くを占めた南極の氷塊が出てきてビックリ
 空気をたっぷり封じ込めた氷は溶けるときにプチプチと涼やかな音を楽しめますから、最後のブランデーまで綺麗に飲み干して、皆さんすっかりご機嫌でした。

 食後は、展望台で記念撮影をして、千鳥足の方も交えて、18人で長峰尾根に向けて出発
 きよもりが昨年とレースしたアゴニー坂の下り坂途中から右手の尾根を越えて、直接杣谷峠に出る尾根道に入りましたが、酔いの加減か左の尾根に入るところでうっかり直進して東の支尾根に入ってしまい、どんどん谷間に下りかけたので、一休みして尾根に登り直したら、ぽっかり、石の急な階段が続く登山道へ出ました。
 そこは、杣谷の登山道の最上部で、今更峠まで上がるのも面妖なので、このままカスケードバレーを下る事にして、谷道をゆっくり長峰まで降りました。やっぱり、予定ルートはGPSに入れておかないとだめですね。
 皆さん申し訳ありません。特に初参加の姪っ子のMRKさんはショートタイプのスニーカーだったので途中見事に180度宙返りがあったり、大事な顔にひっかき傷を付けたりでご苦労をかけましたが、本人は至って元気で最後の飲み会まで意気軒昂だったからよかったです。

 山幹のバス道に出ていったん解散、酔いが覚めて飲み足りない7名は灘温泉からいち栄のHSMさん、NWHさんの定番コースで21時まで大いに楽しみました。
 
【断面図】
 090426t_kikuseidaidanmen

【ルート図】
 赤色は計画のルート、青色はGPSトラック
 GPSトラックは掬星台からしかありませんが、搬送組以外は虹の駅から掬星台は予定ルート通り歩いています。
 090426t_kikuseidai_somadani

Posted on 4月 27, 2009 at 07:26 午前 | | コメント (0)

2009.04.26

090426-2 灘温泉からいち栄

090426-2 灘温泉からいち栄090426-2 灘温泉からいち栄 摩耶山から杣谷を下って、最後は久し振りに灘温泉からいち栄です。

Posted on 4月 26, 2009 at 06:51 午後 | | コメント (1)

090426 天気晴朗なれど風強し

090426_tenkizu_02 朝方3時に目を覚まして、外を見たら、凄い風と横殴りの強い雨
 雨は昨日昼過ぎであがった筈なのに・・・、と思ってがっくり来ましたが、クヨクヨ考えても仕方ないので取りあえず寝直して、
 次に起きたら6時、雨はあがっていますが、風は凄く強いです。

 天気図では昨日太平洋岸を通過した寒冷前線と平行して、日本海にも988hPaの大きな低気圧があって、いわゆる二つ玉低気圧になっています。
 二つ玉低気圧は厳冬期から春先にかけて発生することが多く、四月の終わりにもなってこんな現象は珍しいのですが、この気圧配置では日本海側や北アルプスでは大荒れになりそうで、天気予報でも北海道・東北は大雪の恐れと出ています。

090426_tenkizu01 近畿の太平洋岸は雨はもう降りそうもありませんが、大陸の高気圧が張り出してきて、風が強く、摩耶山の上では10~15mくらいの風が吹いて、気温も10℃くらいに下がりそうです。
 展望のよい「岩の丘」でハリハリ鍋をやる予定でしたが、掬星台に上がった状況で判断して、屋根と囲いのある休憩所に場所を変えることにします。

 それより摩耶ロープウェイが風で止まったら、ケーブルとロープウェイを乗り継いで掬星台まであがる予定だったYMOさん、AOMさんもケーブル上の虹の駅から歩いていただかないといけないので申し訳ないです。
 9時になったら、摩耶ケーブル駅に電話して、もしロープウェイが止まるようなら、阪急六甲駅から摩耶山上へ直行するバスに乗っていただくことにします。

全国概況
2009年4月26日 6時0分発表
北日本と北陸から山陰は荒れた天気となるでしょう。北海道や東北は雨や雪で、北海道の太平洋側では大雪の恐れがあります。暴風や高波にも警戒が必要です。また、北陸から山陰も雨が降り、雷の鳴る所もあるでしょう。関東から西の太平洋側や九州、沖縄は晴れ間が広がりますが、こちらも風が強いでしょう。最高気温は平年より低い所が多いですが、関東は暖かさが戻ります。

Posted on 4月 26, 2009 at 07:16 午前 | | コメント (0)

2009.04.25

090425-2 買い出し

090425-2 買い出し 良い具合に午後から雨もあがったので、三宮まで野菜や豆腐を買い出しに出掛けました。
 22名分だから量も半端ではありません。
 あとは、水菜と追加の豚肉を御影駅前のクラッセに買いに行きますが、締めて食材と調味料で12kg
 HRIさんが担いでこられる鯨肉が2kg位、南極の氷も2kg位でしょうが、王子公園で皆さんに分けて持っていただけるから、大丈夫でしょう。

 水は近くに水道があるから、タンクだけ持って行きます。
 問題は、鍋が4つなのでかさばることですが、たいして歩かないから、50Lのリュックで行きます。
 準備も結構楽しいです。

【食材費用】
   合計 21,408円ですが、山仲間のプール資金より充当します。

購入先 食材 金額 備考
ダイエー 醤油   205  
  モンカフェ   575 10P
  本だし   298 120g
  生姜   338  
  生わさび   336 2P
  コーヒーフレッシュ    98  
酒・やまもと 旭ポン酢  1,950 3本
阪神ミント 一味唐辛子   260 2個
  至高木綿豆腐  1,680 小14パック
  至高木綿豆腐   500 大2パック
阪神御影 鯨赤身  5,500 1kg
  豚しゃぶ用  5,819 2kg
  水菜  1,128 6パック
  ハリハリ出汁  1,516 4パック
  カットネギ   210 2パック
いかり三宮 ほうれん草   995 5パック
  合計  21,408  

Posted on 4月 25, 2009 at 06:05 午後 | | コメント (0)

090425 今日は雨

090425 今日は雨 天気予報よりかなり早く朝方から強い雨
 今日は近畿分水嶺の初日で友が島ですが、船なので渡れるのか、風が心配です。
 会社の方でも部内で4人くらいゴルフの予定をしていたから、お気の毒です。

 こちらは、明日の買い出しですから、雨でも大丈夫
 明日は雨も上がりそうでよかったです。

Posted on 4月 25, 2009 at 07:16 午前 | | コメント (0)

2009.04.24

090424-2 晩春

090422_mtfuji_01O子様

 発光路のお便り、有り難う御座います。

 失礼ながら、無理をなさってはいけませんよ。
 いつもは同じ戒めのお言葉をいただいておりますから、謹んでお返し申し上げます。

 今年の春は心なしか、慌ただしく通り過ぎたような印象です。
 神戸は山も海もしばらくはツツジの彩りで染まりますが、個人的にはやはり清楚な白木蓮や、ひっそり葉陰に咲く藪椿に色気を感じます。
 慌ただしい一泊二日の東京行きでしたが、車窓からまだ七合目あたりまで雪が残る富士山を見て、日本に生まれてよかったと、あらためて思いました。

 世間一般には不況で戦後最大の危機などと叫ばれていますが、先週久し振りに歩いた大阪・心斎橋も、今夜飲み屋から出てぶらついた、神戸・北野坂も人出は、昨年までの賑わいを取り戻しつつあるように感じました。

 会社の商品動向も、新学期の特需が見込まれる三月決算の出荷ピークを過ぎて、反動を懸念していましたが、いわゆるリピート受注の有無で店頭での前捌け状況を占う四月になっても、予想以上に受注は活発で、配送センターもうれしい悲鳴をあげているとのことでした。

 今まで我が世の春を謳歌していたグローバル企業の動向が世間一般の景気指標のように思われ勝ちですが、意外に一般消費者は内部留保が潤沢で、安くてよいモノにはちゅうちょ無く飛びつく余裕があるように思います。

 最悪状態の自動車産業にしても、ドイツのように50万円程度まで補助金を引き上げ、ハイブリにこだわらない刺激策をうてば、国内景気は案外早く回復するかも知れません。
 高速料金の引き下げで、前年同期比40%~110%も高速利用者が増えているそうですから、皆さん金の使いどころをわきまえたしたたかな消費者になりつつあるのではないでしょうか。

 ひと味違う商品を提供すれば、まだまだ売れそうですから、企業努力が成否を決するような気がします。

ξ きよもり 【山仲間】
■P E-mail : KGH03517@nifty.com
 ̄ URL : http://morii3.cocolog-nifty.com/
_/_/_/_/_/_/_/_/ 09.04.24 22:14 _/_/_/_/_/_/_/_/

2009/04/23 21:01 O子:
090414_133802>
> きよもり様
> JNK様
>
> ご無沙汰致しました。今年の始めから何かと諸事繁多を
>
> きわめました為、ふと気がつきますといつの間にやら春
>
> は足早に新緑の季節へのバトンタッチを始めております。
>
> せっかく愛車にスタットレスを穿かせて冬でもログへと
>
> 準備致しておりましたが、愚かにも自分たちの加齢の件
>
> 失念?ということに思いが到らず、タイヤはその本分を
>
> 発揮する機会を得ずにノーマルに交換する羽目になりま
>
> した。春の季節も不順が多く中々山での滞在は思うよう
>
> には行かぬうちに発光路の桜の季節は眩いばかりの新緑
>
> の時期へと歩みを進め始めて居ります。そしていつの間
>
> にかログでの暮らしも17年目を迎えて居ります。最近
>
> は日帰りでの事も増え、我々のログ行きも凡そ315~
>
> 回程を数えるに至りました。今回パソコンを次女に選ん
>
> で貰い、やっと取り換えが終わりましたが、中々扱いが
>
> 思うようにマスター出来ず、先ずはこの春のログのスナ
>
> ップを1枚添付させて頂き近況お知らせとさせて頂きま
>
> す。ナツコ君、ココログで素敵な記事を楽しませて頂い
>
> ております。お健やかにお過ごし下さい。  O子
>
>

Posted on 4月 24, 2009 at 10:35 午後 | | コメント (0)

090424 ツツジの初夏

090422_105801090424_084301 今週は神戸も東京もよい天気に恵まれ、少し歩くだけで汗ばむほどの暖かさでした。

 週末は天気が崩れそうで、少し心配です。
 日曜日(4/26)は、先ほどSGMさんからも参加表明をいただきましたから、21.5名+1匹の参加で賑やかで和やかな摩耶山山歩になりそうですから、是非晴れてほしいものです。
 ちなみに0.5名は常連になりつつあるHRIさんのお孫さん、1匹はHRTさんの愛犬の子犬で初参加です。

 ミンク鯨1頭分の上肉を丸々お持ちいただけるので、畝須や胸ヒレなどは、生食か刺身で食べた方が味わい深いかも知れません。歩き気より、食い気の方が優勢なメンバーですから、念のためいま出回っている安い鯨肉も1kg程度買っていこうと思います。

 一昨日、つくばエクスプレスの柏の葉キャンパスで降りたら、道路沿いに小振りのツツジが数十メートルにもわたって帯状に満開でした。ツツジは種類が多くて名前を調べるのも大変ですが、低木の街路樹でよく使われるのはクルメツツジという種類だそうですから、たぶんそれだと思います。

 昨夜東京から帰り、今朝出社する途中の道路沿いも大輪のツツジがほぼ満開で葉が見えないほど花に覆われていました。こちらは、街路樹では一般的なオオムラサキという種類だと思います。 

Posted on 4月 24, 2009 at 04:55 午後 | | コメント (0)

2009.04.23

090423 朝ご飯

090423 朝ご飯 今朝は4:30に起きて、メールチェックをしているうちにまた寝てしまって
 次に起きたら7:50
 慌てて飛び出して、何とか9時に間に合いました。

 初めてSOYJOYを買いました。しっとりして食べやすいです。
 30g、134Kcalですからウィダーより軽くてかさばりません。

Posted on 4月 23, 2009 at 09:42 午前 | | コメント (2)

2009.04.22

090422-2 つくばエクスプレス

090422-2 つくばエクスプレス090422-2 つくばエクスプレス 秋葉のJTサービスセンターで、VAIO+Emobileのモバイル環境を初めて試してみました。
 マウスポイントの動きは多少もたつくけど、インターネット接続での画面の更新は快適でした。
 こちらも初めてつくばエクスプレスに乗って柏の葉に向かいます。
 沿線はもっと畑が多いのかと思ったら見渡す限り住宅街続いていて、さすがは東京、感心しました。

Posted on 4月 22, 2009 at 10:36 午前 | | コメント (1)

090422-2 熟睡

090422-2 熟睡 京都に着くまでは昨日買った本を読んでいましたが、知らぬ間に気絶して、起きたら富士山が目の前

 一時間半くらいコテンと寝ていました。
 今日明日は良い天気です。

Posted on 4月 22, 2009 at 07:48 午前 | | コメント (0)

090422 シャープの新Mebiusは光センサーパッド

L_og_meb_002 先週、モニター応募したシャープの新Mebiusが昨日発表になったようです。
「光センサー液晶」を搭載した新型Mebius

 画面の大きさ(1024×600)や重量(1.46kg)、駆動時間(約3時間)などは、他のNetBookとあまり差はありませんが、マウスパッドの代わりにタッチパネルにもなる854×480の液晶パッドがキーボード下右についているのが目に付きます。

 果たして1%の確率のモニターに当たるでしょうか?

Posted on 4月 22, 2009 at 04:45 午前 | | コメント (0)

2009.04.21

090421-2 本と食器

090421-2 本と食器090421-2 本と食器 明日、明後日は東京出張
 普段は会社の行き帰りしか本を読めないので、たまに東京へ行く時は新幹線で読むべく、前日は本選びが楽しみです。
 今回は「隅田川の向う側」半藤一利著
 下町生まれの著者の原体験を短文に綴った随筆

 もう一つは、何故か「財務諸表を読みこなす」大藪卓也著
 こちらは仕事絡みで、今更ですが、最近話題になることが多い、繰延税金資産の処理と対応に関して、今までは経験的に、こんなもんだろうと、判ったつもりになっていた、税効果会計を少し真面目に理解しておこうと思います。

 最近は本も高くなって2冊で4千円もしますが、それでも、ジェラートのみるくアイスクリームが綺麗に盛りつけられた、ヘレンドの小皿の半額以下です。
 まあ、価値観の違いですから、お互いに猫に小判と割り切るしかありません。

Posted on 4月 21, 2009 at 09:56 午後 | | コメント (0)

090421 国内初の太陽電池ケータイ

090421_taiyodenchu_keitai 今日の日経BPnetに
  国内初の太陽電池ケータイ、シャープ製KDDI端末として6月に発売
 という記事があります。

 太陽電池は、地球環境保全という視点から、日本だけでなく、世界各国で実用化、効率化に向けた研究開発、製品化にいま一番勢いのある分野です。
 ただ、身近な商品としては、屋上取り付けのソーラーパネルが補助金による政府の普及支援が話題になってはいますが、普段手元に置いて、使うにはどうしても熱効率が悪く、腕時計以外では、使う機会がありませんでした。

 シャープが6月に発売を予定している太陽電池ケータイは、いまきよもりが使っているau(KDDI)から発売されるし、記事では防水機能付加とありますから、買い換えの食指が動きます。
 でも、10分充電で1分の通話では、あくまでも電池式の充電器の補助程度の役割しか果たしそうもありません。やはり、せめて10分充電で3分くらい使えないと、予備電池の代替とまではいかないのではないでしょうか。

【日経BPproの記事】
国内初の太陽電池ケータイ,シャープ製KDDI端末として6月に発売 2009/04/20 16:01赤坂 麻実=Tech-On!

 KDDIは2009年4月20日,地球環境保全への取り組みとして,太陽電池パネルを搭載したシャープ製の携帯電話機を2009年6月に発売すると発表した(発表資料)。太陽電池パネルを搭載する携帯電話機は中国や台湾では2007年頃から製品化されているが,国内では初めて。太陽電池による10分間の充電で1分程度の通話や2時間程度の待ち受けが可能になるという。本体の電池容量の80%までを太陽電池で充電できるとする。
 このほかの機能や仕様の詳細は今後検討するとしているが,IPX5/IPX7相当の防水機能を盛り込む予定という。価格については「携帯電話機の現在の主流価格帯は4万円台から5万円台の前半。これから大きく外れることはない。もちろん太陽電池搭載にコストはかかるが,ほかの機能の絞込みなどで価格を調整していきたい」(KDDI広報)とした。

Posted on 4月 21, 2009 at 12:32 午後 | | コメント (0)

2009.04.20

090420 寝袋買い換え

090420 寝袋買い換え 3月の高島トレイルで、ランタンが落ちて大穴が開いた寝袋 (2/27 JETBOIL-2 怖〜ぃ!のコメントを参照) は修理困難
 5月の薊岳に合わせて、昨日ロッジにて買い換えました。
 年相応に、これまでのより厚手の1kgですから、5月だともう暑いかも知れません。

Posted on 4月 20, 2009 at 12:23 午後 | | コメント (0)

2009.04.19

090419-2 山行計画:4/26 第119回 山仲間例会案内 摩耶山&ハリハリ鍋

090329_mayaiwanooka_01                               平成21年4月19日
山仲間諸兄諸姉
                            山仲間事務局 きよもり
      山仲間第119回例会案内/摩耶山+ハリハリ鍋

謹啓 春爛漫、桜花も散り尽くして、山々をツツジが覆う行楽のシーズンになりました。
 3月の例会は、13名参加で京滋県境・音羽山から芭蕉の旧蹟・幻住庵を訪ねました。今回も好天に恵まれ、早春の里山歩きを楽しんでいただいたことと存じます。皆様有り難うございました。
 4月の例会は、昨年10月以来、調査捕鯨母船・日新丸の船医として150日に及ぶ航海から無事ご帰国された山仲間、HRI Dr.の土産話をお聞きしながら、鯨のハリハリ鍋を賞味させていただきたいと思います。
 貴重な塩蔵畝須(えんぞううねす・鯨ベーコン)も試食できそうですから、お楽しみにご参加下さい。
 参加して頂ける方は、4/24(金)までにメールまたはFAXでご連絡ください。
                                      敬具

080921_mayaharihari_01日 時:平成21年4月26日(日) 10:30~17:00
行き先:摩耶山&ハリハリ鍋
集 合:平成21年4月26日(日) 阪急神戸線・王子公園駅・東改札口 10:00
 参考:阪急梅田9:20⇒神戸線・特急⇒9:33西宮北口9:35⇒普通⇒9:51王子公園
     阪急三宮9:52⇒普通⇒9:56王子公園
地 図:25000分の一「神戸首部」
  断面図 予定コース
  レベル:初級の下(歩くも歩かないもご本人次第)
行 程:距離:約7.0km、所要時間:6時間30分(歩行:3時間30分、休憩昼食:3時間00分)
 神戸市バス・王子公園東10:05⇒市バス102系統⇒10:15ケーブル下10:20⇒摩耶ケーブル\430⇒10:25虹の駅
 虹の駅10:30→30分→史跡公園→20分→掬星台(11:30頃)→20分→「岩の丘」(12:00頃、昼食・ハリハリ鍋)14:30→30分→杣谷峠→30分→天狗塚→80分→護国神社バス停(17:00頃、解散)
  徒歩が苦手な方は、ケーブル下~虹の駅~星の駅/ケーブル・ロープウェイ往復\1500です。
持ち物:主食(ハリハリ鍋を作ります)、飲み物(各自持参)、雨具、着替え(下山後、灘温泉に入る方)、ストック
費 用:交通費 630円、食材費は無料、ビール、お茶等は各自ご持参下さい。
     バス代\200(王子公園~ケーブル下)、ケーブル\430(ケーブル下~虹の駅)
追 記:5月の例会は5/17(日)に高槻の太閤道を予定しています。
     6月の例会は6/21(日)に京都北山・天ヶ岳から寂光院を歩きます。

きよもり 【山仲間】
E-mail : KGH03517@nifty.com
  URL : http://morii3.cocolog-nifty.com/
  自宅TEL/FAX : 078-766-8070
携帯(au):090-4491-0586
_/_/_/_/_/_/_/_/ 09.04.19 21:04 _/_/_/_/_/_/_/_/

【断面図】
 090426_mayasandanmen
【予定コース】
 090426_mayasan
【カシミール3Dのルートデータ】
「090426_MayaSan_Harihari.gpx」をダウンロード

Posted on 4月 19, 2009 at 09:40 午後 | | コメント (0)

090419 阪神→近鉄

090419 阪神→近鉄 3月20分から阪神電車が難波を経由して近鉄奈良まで直通運転されるようになりました。
 三宮から難波まで40分ですからJR新快速〜地下鉄乗換で難波に行くより早くて安く(620円→350円)なりました。
 難波や奈良へ行く用事があまりないので、昨日、網元へ行くために初めて乗りましたが、ゆっくり座っていけるから楽です。
 今日は上本町で昼から飲み会です。

Posted on 4月 19, 2009 at 10:24 午前 | | コメント (0)

2009.04.18

090418 網元

090418 網元090418 網元090418 網元 今日はJNKさんの誕生日、太らないで美味しいものということで、少し季節はずれですが、西心斎橋の「網元」へタラバ蟹を食べに来ました。
 タラバだから身が厚くて食べごたえがあります。
 満足・まんぞく!

Posted on 4月 18, 2009 at 02:15 午後 | | コメント (0)

2009.04.17

090417 83%の企業はWindows7発売後1年以内にアップグレード予定なし

 今日の/.jpに
 83%の企業はWindows7発売後1年以内にアップグレード予定なし

なかなか前評判のよさそうな Windows 7 だが、83% の企業が発売後 1 年は Windows 7 へ移行する予定はないそうだ 。
主な理由にはやはり資金面及び互換性の問題があるという。
やはり「今動いている XP に何の問題もないのに差し迫ってアップグレードする必要はない」というのが一番大きいだろうか。
 という記事があります。

090417_xpto7plan_2 同じ内容ですが、4/14付けのITmediaでも

企業の80%がVistaを飛ばしてWindows 7へ――ただし、時間を置いて

 8割の多くの企業はVistaを飛ばして直接Windows 7に移行する予定だが、12カ月以内
の移行を計画しているのはわずか17%だ。
 という記事があって、原文[Joe Wilcox,eWEEK]を翻訳した詳細な記載があります。

 企業が基幹のOSやシステムを入れ替える場合、費用、時間、手間に大きなリスクが伴います。基幹システムの移行はともかく、WindowsのようなOSは日常業務に直接的には影響がありませんから、リースアップによる機器の入れ替え時に、なし崩し的に移行するのが、望ましい選択で、その場合も、バグが取れてシステムが枯れるまではできるだけ入れ替えないで待つのが得策です。
 過去の経験からその待ち時間が半年なのか1年なのかはOSの出来にかかっていますが、慌てて入れ替えてもいまより早くならないのであれば、静観するのが正解でしょう。

【個人の場合】
 きよもりは自宅に複数台のパソコンがあり、WindowsもXP、VISTA、7の公開テスト版が併存しています。
 Windows7は、XPとデュアルブートになっていますが、JNKさんのプレインストールのVISTAに合わせて今のところVISTAがメインマシーンになっています。
 XPの方が安定しているとはいえ、VISTAがハングする事もありませんから、セキュリティー警告を停止して何不自由なく使っています。

090417_laviel_ll750_2 OSよりも重要視するのは、画面の解像度です。
 たとえば、JNKさんのパソコンは、昨日も書きましたが、昨年8月に購入したマイナーな(失礼)シャープのPC-AX120V(インターネットAQUOS)とパソコンディスクにのるギリギリ寸法である22インチのLC-22P1-Wというフルハイビジョン(1980×1080)ディスプレイです。

 インターネットの進展や、デジカメ解像度の向上、ブルーレイディスク(Blu-rayDisk)の普及など現在は画面や画像の処理能力がものをいう時代になっています。
 昨年時点ではAPPLE以外にはフルハイビジョンのディスプレイという選択はシャープにしかありませんでした。

 4/14付けでNECがブルーレイディスク内蔵、フルハイビジョンディスプレイを搭載したノートパソコンを採用した夏の新製品を発表しました。
 メーカーはユーザー心理と時代の流れを読んで、新商品を投入しなければ生き残れませんが、コストと売価のバランスから、製品化にはかなりの決断が必要です。その意味でNECの戦略は大いに評価できます。
 16インチでフルハイビジョン+ブルーレイディスク内蔵のLL750/TGは実売価格189,840円だそうですから、あと3万円安くなったら買いでしょう。

Posted on 4月 17, 2009 at 12:50 午後 | | コメント (2)

2009.04.16

090416 季節は初夏へ

090416 季節は初夏へ090416 季節は初夏へ 昨日、ボートアイランドの散歩道で蘇芳百日紅の花が早くも咲いているのを見かけました。
 今朝は八重桜に目を奪われました。
 先週で染井吉野は終わって、季節は春が終わろうとしています。

 でも、いくら何でも、4月に百日紅が咲くはずもないからこれは違う木でしょうか?
 木花でも草花でも花の色や、葉の形だけで名前を探すのは非常に難しいです。
 きよもりの場合、自宅に花の図鑑が山の花、野の花、庭木の花、高山植物、等々かれこれ10冊以上購入して持っていますが、色や形を頼りにページをめくって探すのですから、時間がかかります。
 これ以外にも花の季語事典4冊×2種もありますが、やっぱり見つけるのは難しいです。

【追記】
 百日紅かと思った紫の花は、蘇芳(すおう)でした。
 那須の里山花図鑑 の木の花で写真を拝見して、これではないかと思います。
 あかね雲さん有り難うございます。

 正確にはハナズオウ(花蘇芳)と呼ぶのが正しいようです。
 科学技術研究所・花図鑑

Posted on 4月 16, 2009 at 12:10 午後 | | コメント (0)

2009.04.15

090415 シャープ新ノートパソコンのモニター募集

090415_mebius 今日のASCII.jpにMebius復活かっ!? シャープが未発表ノートのモニター募集
 という記事があって、早速、シャープの応募サイトへ行ってみました。
 新ノートパソコンモニター100名募集中!

 応募が1万名になった時点で締め切りとありますから、当選確率は1%
 まあ、ダメ元ですが、とりあえず応募しました。

 Mebiusは、きよもりが東京にいた頃のメインマシーンとして、個人で使っていましたから懐かしいです。
 しかし、Wikipediaで見ても当時使っていた機種も購入時期も判りませんでしたが、おそらくWindows95の発表時期と前後していると思います。
 
 現在もMebiusではありませんが、シャープとの縁は続いていて、JNKさんが昨年8月に購入したPC-AX120VとAquos LC-22P1-Wのフルハイビジョンモニターを組み合わせて使っています。
 画面が1980×1080ですから、圧倒的な大画面で、デスクトップには200個くらいアイコンが並んでいます。

 Mebiusを購入した動機もJNKさんのパソコンを購入した動機も同じで、なんといっても世界最先端の液晶モニター製造技術ですから、今回の新ノートでも画面解像度に期待したいと思います。

Posted on 4月 15, 2009 at 12:10 午後 | | コメント (0)

090415 驚愕の結果!アルカリ乾電池性能比較実験!

05_c_1450x900 山へ持って行く装備の中で、予備電池は欠かせません。
 きよもりの場合、GPS(Garmin 60CSx)、ヘッドランプ、デジカメ、携帯電話のうち、携帯は専用のリチウムイオン充電池なので、auショップで予備電池を3つ購入して常時携帯していますから対象外として、その他のGPS、ヘッドランプ、デジカメは単3型の乾電池を共用できるので、単3電池を常に8本程度は持って行くようにしています。
 もっとも、デジカメは一昨年まで使っていたCanonのPowerShot S2 ISは単3を4本使用でしたが、昨年Olympas E-420に買い換えたため、専用充電池になって、これも予備電池を1個持って行きます。

 GPSは単3を2本使いますが、通常電源を入れっぱなしで使いますので、保っても1日半程度です。そのため、テント泊の場合は、日数に合わせて多いときには8本程度余分に単3乾電池を持って行くことになり、単3電池1本25g程度なので8本だと200g、重さはともかく何となくかさばります。
 GPSの場合は、完全な消耗品扱いですから、自宅には常時40本程度のストックを置いています。実用的にはニッカド充電池(1本31g)を使えばよいのですが、管理が悪いので、充電を忘れたり、中途半端に使ったりして、いざというときに不安なので、最近はPanasonicのエボルタを買い貯めしています。

 そんな状況の乾電池に関して、ASCII.jpに気になる記事があったので、一日遅れで読みました。
驚愕の結果! アルカリ乾電池性能比較実験!

 5ページにわたる長い記事ですが、前半は実験過程のレポートなので、読み飛ばしてもかまいません。
 要するに、各メーカーの現在市販されている乾電池で豆球の点灯テストをして、最も長く保つのはどれかを実験されています。電源は入れっぱなしではなく、10分点灯、20分消灯を繰り返して、1.5Vの定格電圧が0.9Vの終止電圧(JISC8511「アルカリ一次電池」規格) に減衰するまでの耐久時間を測定した結果です。

07_c_1450x900 実験対象の11種類のアルカリ電池の寿命は、10時間~11時間30分の範囲なので、まあ、実用上はあまり大きな差異ではないと考えてよいでしょう。
 しかし、コストパフォーマンスで見ると、圧倒的な差が歴然で、使い捨てならこそ、今後はあまり宣伝文句やブランドにこだわらない方が良さそうです。

090415_denchijumyo_2 コストの算出は左の表によりますから、実売上は若干の差があるかも知れません。

Posted on 4月 15, 2009 at 06:35 午前 | | コメント (2)

2009.04.14

090414 片山晋呉選手がマスターズで四位

090414_shingokatayama_masters きよもりには全く縁がないゴルフですが、やっぱり日本選手の活躍には胸が躍ります。
 この写真は最終日前日のものですが、スコアを伸ばして、会心の笑みを浮かべた片山選手
 スポーツ選手の笑顔は素晴らしいです。
 写真は日経ゴルフガイドから拝借しました。

Posted on 4月 14, 2009 at 09:35 午前 | | コメント (0)

2009.04.13

090413 山行記録:4/12 臥竜の森/新ハイキング関西・地図読みハイキング

090412_garyunomori_028 昨日と連チャンで新ハイキング関西のイベントに参加
 今日は山と云っても最高点がわずか280m余りですから、汗をかく間もなく龍王の峰(280.3m)に着きました。
 でも、駅を出たときから28℃でほとんど日陰のない広い道が続きましたから、帰宅して体重を計ったら700gも体重が落ちていました。これからの季節は、水分補給が大切です。

 コースは「臥竜の森」として、全国森林浴の森100選にも指定されている、「龍王の峰」を中心とした丘陵地帯の散策路から、湖南三山で売り出した観光名所・常楽寺に立ち寄り、市街地東南の「じゅらくの里」に大回りして、石部駅に戻る、一周約10.8kmの行程です。

 アップダウンが少なく、全体に楽な行程でしたから、ストックも使わず歩けましたが、時期的には山も街も丘も桜の花が満開で、最高のお花見散歩を楽しみました。

山行記録:湖南/臥竜の森から常楽寺(新ハイキング関西・地図読みハイキング)
 日時:平成21年4月12日(日) 10:02~14:56
 コース:JR石部~雨山運動公園~龍王の峰~憩いの広場~常楽寺~じゅらくの里~JR石部
 参加者:16名/L:TKMさん、SL:NKMさん他、きよもり、JNK
 地図:25000分の1「野洲」「三雲」
   断面図 GPSトラック
 行程: 快晴 28℃~32℃ 歩行距離:約10.8km 所要時間:4時間54分(歩行:2時間51分、休憩・昼食:2時間03分)
  住吉7:47⇒快速⇒9:15草津9:27⇒草津線⇒9:40石部
  石部駅(130m、28℃)10:02→10:34雨山運動公園(190m、読図基本教習)11:01→11:12龍王岩11:14→11:15龍王の峰(三等三角点280.3m、32℃、読図訓練、山名確認)11:37→11:50憩いの広場(230m、27℃、昼食)12:30→13:00石部高校→13:12常楽寺(入山料\500)13:39→14:00じゅらくの里公園14:05→14:56JR石部駅(解散)
  石部15:06⇒草津線⇒15:15草津15:24⇒新快速⇒16:13大阪⇒16:28芦屋16:29⇒16:36住吉

 写真49枚とスライドショーは続きをご覧下さい。

【picasa3の写真】
 花と山が多いので写真は49枚もあります。

送信者 090412 臥竜の森

【スライドショー】
 同じ写真のスライドショーです。4分37秒かかります。
 BGMはサザンオールスターズの「せつない胸に風が吹いてた」です。

【断面図】
090412t_garyunomoridanmen
【GPSトラック】
090412t_garyunomori


Posted on 4月 13, 2009 at 08:50 午後 | | コメント (0)

2009.04.12

090412 地図読みハイキング3回目

090412 地図読みハイキング3回目090412 地図読みハイキング3回目 昨日に続き、今日も新ハイキングのイベントに参加しました。
 草津線の石部から竜王の峰280.8mの小ピークを中心として散策路を巡り、湖南三山の常楽寺に寄って、石部に戻りました。
 皆さん元気だからピッチが早く、石部には15時に戻ってきましたから、自宅に帰ったのは、まだ17時前だったので、シャワーを浴びて腹ごしらえして、これから三宮へレッドクリフⅡを見に行きます。

Posted on 4月 12, 2009 at 06:25 午後 | | コメント (0)

2009.04.11

090411-2 山行記録:4/11 京都北山/花ノ木段 

Dc0412150 今日は新ハイキング関西主催の北山山行に参加しました。
 今までは、2回、地図読み山行というSILVAコンパスの使い方と地図の読み方研修が目的のイベントに参加しただけなので、通常の山行イベントは今回が初めてになります。

 日帰りですから、北山の奥、芦生まで足を伸ばすのに、貸切バスを利用しましたが、参加者が27名ですから、一人あたりの負担額は3千円と非常に手頃です。
 今回は地図上ではハナノ木段山(三等三角点703.8m)と表記はあるものの、完全な独立峰ですから、個人ではなかなか入りづらい山です。

 実際には登山口である道ノ谷林道入口(420m)から花の木段(703.8m)まで高度差で280m余り、距離にして2.4kmしかありません。また下りも花の木段から佐々里の村はずれにある分教場(380m)が、高度差で320m余り、距離にして2.3kmですから、10:18から歩き始めて、13:36には佐々里に戻ってきました。

 それでも、さすがは若丹国境近くだけあって、尾根道にはほとんど踏みあともなく、落ち葉道の柔らかい感触を足裏に心地よく確かめ、尾根筋に転々と白く輝くタムシバの花をカメラに納めながら気持ちよく歩きました。

Dc0412129山行記録:京都北山/花ノ木段
 日時:平成21年4月11日(土) 10:18~13:36
 コース:佐々里・道ノ谷林道~楢ノ木谷~花ノ木段(△703.8m)~東尾根~佐々里分教場
 参加者:27名/L:MRTさん他、きよもり、JNK
 地図:25000分の1「中」
   断面図 GPSルート図
 行程: 快晴 23℃~28℃ 歩行距離:約4.7km 所要時間:3時間18分(歩行:2時間12分、休憩・昼食:1時間06分)
  住吉6:17⇒快速⇒7:13京都駅(集合 7:30)7:37⇒貸切バス⇒8:18高尾(トイレ休憩)8:23⇒10:09道ノ谷林道入口
  道ノ谷林道入口(420m、24℃)10:18→10:35楢ノ木谷林道入口(右折)→10:47林道分岐(490m、右折)→急な広い地道→10:55地道終点(560m)11:03→急斜面の登り→11:20(急斜面の上、630m、23℃)11:28→支尾根の登り→11:40花ノ木段(三等三角点703.8m、昼食、28℃)12:25→12:55 630m付近12:58→タムシバ満開の緩い下り尾根→13:10共同アンテナ(590m)→13:20 490m付近13:22→急な尾根の下り→13:36美山高校分教場
  分教場14:00⇒貸切バス⇒14:28自然文化村「河鹿荘」(入浴\500)15:30⇒貸切バス⇒16:32高尾(トイレ休憩)16:37⇒17:27JR京都駅(解散)17:38⇒快速・遅れ⇒18:58住吉

  写真33枚とスライドショーを追加しました(09.04.14)

【picasa3の写真】
 写真は33枚あります。タムシバの白い輝きが伝わるでしょうか。

090411 花ノ木段

【スライドショー】
 同じ写真のスライドショーです。ビデオ再生時間は5分07秒です。
 BGMはサザンオールスターズの「さよならベイビー」です。

【断面図】
090411t_hananokidandanmen
【GPSトラック】
090411t_hananokidan

Posted on 4月 11, 2009 at 10:58 午後 | | コメント (0)

090411-2 花の木段から河鹿荘

090411-2 花の木段から河鹿荘090411-2 花の木段から河鹿荘 佐々里から80分で花の木段の三角点
 タムシバが満開の尾根道を70分下ったら佐々里
 わずか3時間の山旅でしたが、名前通り花を満喫できました。
 最後は久し振りに知見口の河鹿荘で汗を流してサッパリ
 只今15時30分これから京都まで2時間半のバスの帰路です。

Posted on 4月 11, 2009 at 04:12 午後 | | コメント (0)

090411 typePとEmobile

090411 typePとEmobile 昨年秋に秋葉原で衝動買いしたE mobileは画面が小さすぎてブラウザーとして使うにはかなり決心がいります。
 このことは買う前から予測していましたから、本命は月額4千円程度の定額でPCのモデムとしてパケット通信が出来ることです。
 実はいま使っているauでは、ケータイからインターネットを見る場合は上限4千円以上はいくら使っても定額ですが、パソコンのモデムとして使うとパケット数に応じた従量制で上限がありません。
 そのため、2月、3月は会社のパソコンにauをつないで大きなファイルをダウンロードした結果、月額請求がそれまでの12千円から4万円に跳ね上がりました。
 大きなファイルのダウンロードと言っても、せいぜい50メガで、接続時間にして1時間程度だから、パソコンLAN接続と比べたら微々たるものです。
 最近になってようやくパソコン接続も定額サービスがauでも出て来ましたが、対応機種は防水ではないので、普段使う携帯としては買い換えできません。

 というような事情でE mobileのパケット通信定額に期待して購入しました。

 持ち歩き用のパソコンは仕事ではA4タイプの2kgノートで、普段手軽に持ち歩くわけにはいかないので、こちらも半ば衝動買いで、VAIO type Pの128G SDDを直販で入手しました。

 なかなかセットアップする時間が取れなくて、昨夜ようやくUSBケーブルを繋いだら、至極簡単に接続完了しました。

 これでいつでも何処でものモバイル環境が整いましたが、さて、何処へ行きますかね。
 取り敢えず再来週の東京へ持って行って、使い心地を試してみます。

Posted on 4月 11, 2009 at 07:45 午前 | | コメント (0)

2009.04.10

090410 日本の行政サービス満足度は世界最低レベル

 今日の日経 ITproには、やっぱり、というか、そんなに?というか、
日本の行政サービス満足度は世界最低レベル---調査結果を読み解く
 という記事があります。

 きよもりが、以前から何度か書いた(090223 鬼の霍乱090303 住基カード)、役所の窓口の対応の遅さ、悪さ、非効率は、誰もが感じていることで、特に記事中の各国民の評価基準として、以下のような記載があります。

090410_accenture_1

市民の視点に立つ:ニーズに応じたサービスが不十分
 行政サービスの質を高め、市民の満足度を高めるにはどうすべきか。アクセンチュアでは、

1. 市民の視点に立つ
2. 市民の声を聴く
3. 官民の垣根を超えた協業
4. さらなる透明性の確保

という4つのポイントから市民の声を反映するメカニズムを強化することが有効であると提言する。

 「1.市民の視点に立つ」という点については、「世界一厳しい消費者」としての日本人の姿が調査結果から浮かび上がる。「均一的なサービスよりも、利用者のニーズに応じたサービスの提供に注力すべき」と答えている市民の比率は、他国と比べて日本は群を抜いて高い。一方で、「利用者のニーズに応じたサービスの提供状況」への評価はかなり低い。(図1)。


 いま、日本のお役所に必要なのは、「市民の視点に立つ」ということではないでしょうか。
 記事でも触れられていますが、均一サービスは、一見、平等の原則に則って正しいように見えますが、それは最低水準のインフラができているという前提に立ってのことで、ETCの普及と同様に、住基カードの普及も、いまや3万円でWindowsパソコンが入手できるのですから、一人12000円の給付金を優先的に読み取り機とセットでパソコン購入資金に充て、全国民が電子申請などが使えるような環境作りをしてはいかがでしょうか。

 もちろん、きよもりより年上の高齢者や、身障者に対するギャップを公共サービスで埋め合わせることを考えないといけませんが、並行的にサービスは向上させていけるでしょう。

 以下では、お寒い現状の具体例として、古い記事をネタに電子申請の現状に触れてみたいと思います。

090410_kobayashishi01 昨日の日経PCオンラインhttp://pc.nikkeibp.co.jp/を読んでいて、いい加減にしなさい!「住基カードと電子申請」
という過激なタイトルに惹かれて、かなり古いし(2/12)、5ページにわたる長文ですが、読んでみました。

 小林 隆氏の「デジタルでアナログな共同体」 は自治体や公共サービスに関する記事を連載されています。

 きよもりも電子申請に関して、二度(090223 鬼の霍乱090303 住基カード)ほど取り上げたことがありますし、件の小林氏のふ~ッ。やってみましたe-Tax!に関しても、3/3のコメントで引用させていただきました。

 今回の記事は、ご本人の電子申請手続きの経験談が中心で、きよもり自身も経験したことですから、どこのお役所も単能工化した窓口で、窓口提出→カード申請書チェック→本人暗証入力→住基カード発行、とその都度、申請者を工場の製造ライン上の半製品並に、待たせ、違う窓口に動かす工程は同じです。
 工場のラインならベルトに乗せてやれば、次工程に勝手に移動しますが、たらい回しされ、待たされ、自分の足で移動しなければいけない人間は、ストレスが溜まるばかりです。

 ただし、申請に必要な手続きや、必要書類などは、事前にインターネットなどで確認できますから、小林氏のように写真を持って行かないで窓口へ行くのは、ご本人には失礼ですが、少し準備不足でしょう。

 今回気になったのは、以下の記述です。

 住基カードは使えないという評判がある。東京23区の電子申請メニューを「東京電子自治体共同運営サービス」のサイトで、各区から提供されている電子申請の種類数を調べてみた(2009年2月7日現在)。

 まず驚いたことに、葛飾区はなんと355種類もの電子申請ができるのだ。なんでも電子申請できる断トツの第1位である。第2位が中野区の176種類、第 3位が荒川区の115種類と続く。こうした電子申請に熱心な自治体がある一方で、千代田区、文京区は電子申請で提供しているサービスが1つもない。断トツの最下位である。両区のホームページには独自の電子申請に取り組んでいる気配もない。そして下から3番目が杉並区でサービスはたったの2種類というお寒い状況である。電子申請への取り組み状況は自治体によって大きな差がある(図1)。

 葛飾区の355種類、千代田区や文京区のゼロ、とありますから、葛飾区はどこまでできるのかと、興味を持って
葛飾区のサービスへ行ってみました。

090410_katushikaku01 まずは、提供サービスを探すメニューを表示します。

 090410_katushikaku_02
 メニューから「手続一覧からさがす」を選ぶと、なんと20画面にわたって、合計400項目(2009年4月10日現在)も並んで壮観です。
 でもよく見ると募集・申請期間が終わっていて、×になっている項目が目立ちます。
 試しに指折り勘定すると、○になっている現行利用できるサービスは、88項目しかありませんでした。
 折角、ここまできめ細かいサービスを提供されるのであれば、せめて、有効サービスと無効サービスの表示切り替えくらいはほしいところです。

090410_katushikaku_03 さらにメニューに戻って、「分野からさがす」でサービスを種類別に見ると、矛盾に気づきます。
 一覧で見たら200件あったのに、分野別の項目横の数字を足すと99件しかありません。
 さらに各項目をドリルダウンすると中項目があって、その数字を足すと、なんと428件もあります。
 しかし、個別サービスで有効なサービスを足してみたら、88件ですから、実際にいま申請できるサービスはこの88件が正しいようです。

 メニューによって、項目数が異なるのは、このサービスを表示するプログラムのできが悪いとしか考えられませんが、こんなつまらないミスを、誰も指摘せずに放置されているのは、システムの評価以前の問題でしょう。
 ただし、これは葛飾区だけの問題ではなく、たとえば、墨田区の場合だと、一覧では85項目、分野別では58項目、そして有効なサービスは合計60件となっていて、このシステムは東京都が共通で運用していて、大元のプログラムのできが悪いと思われます。
 バグの修正もそうですが、せめて、有効サービスだけを表示する修正は早急に実行すべきでしょう⇒東京都知事殿

 ついでに、現在きよもりが住んでいる神戸市の同様サービス「電子申請のページ」を見ると、有効サービスだけの表示なので、項目数の矛盾はありませんが、提供されているサービスは13件だけで、住民票の交付以外は、ほとんどが各種納税証明書の交付サービスでした。

 葛飾区や墨田区のサービス項目が多いのは、各種イベントや教室への参加申し込みや、生ゴミ処理機の斡旋販売など、生活に密着したサービスをきめ細かく電子申請で受け付けるようにしていますから、他区はもちろん、神戸市などの他府県市の自治体も範とすべきでしょう。

 それにしても、できの悪いサービスメニューを作ったシステム開発会社はどこでしょうか?

Posted on 4月 10, 2009 at 07:33 午前 | | コメント (2)

2009.04.09

090409-2 コメント転載ごめん!

 昨日、NWHさんのブログ、山行計画:丹沢主脈縦走にコメントを書かせていただきました。

【4/8 きよもりのコメント】
 ウッ!うらやまし~
 泊まりで4人の大人数、小屋だから夜中まで飲み会というわけにはいかないでしょうが、せいぜいお楽しみください。

 この行程は、10年近く前に東京のSAC例会で組んだけど、雨で流れた記憶があります。
 その時、当日には晴れたので、TMRさんと奥日光の山王帽子山へ行ったのを思い出しました。

 このあと、NWHさん、HSMさんからもコメントがあって、今日またきよもりがコメントを書かせていただきましたが、本文を上回るような長文コメントで、軒先を借りて母屋を乗っ取ったみたいで、申し訳ありません。
 まあ、話題が丹沢や、日光のことだから、東のブログということでお許しください。
 折角だから、こちらに転載させていただきます。

【4/9 きよもりの2回目のコメント】
Hayatogawa_ootaki 丹沢へ泊まりで行ったのは後にも先にも、大学3年生の水無川~塔ノ岳~丹沢山~大滝(露営)~蛭ヶ岳~青根 の時だけですから、40年以上も前。
 この時は同期のNGM君が東大にいて相模原で下宿していたから、前日、泊めてもらって、翌日一緒に水無川を遡行し、彼は塔ノ岳で大倉尾根を下って帰り、一人雨の中、水場を求めて早戸川・大滝に下り、露営。
 翌日、尾根に登り直して、雨の中を蛭ヶ岳から青根へ急斜面で足の爪をはがしながら降りたのを思い出します。当時は足元は地下足袋だったから、ほとんど無謀でした。

 いまは、東京近郊の山頂にはちゃんとした山小屋があるから、暇さえあれば、4日でも5日でも歩けるんですね。是非笛吹川まで足を伸ばしてみたいものです。

 昨日のコメントで、TMRさんと奥日光へ行ったのは10年前ではなく、4年前の2005年6/11、12でした。この時は湯元の温泉宿に泊まって、戦場ヶ原を下る軟弱コースでした。

 HSMさん、言い忘れていましたが、八ヶ岳へ行くのはきよもりの法事の都合で、5月ではなくて、6/5(金)~6/7(日)に変えたいと思いますので、ご了解ください。今のところ、TMRさん、NWHさん、きよもりの三名は確定です。
 AOKさん、MTNさん、車で一緒に行きませんか?高速代1千円なら大助かりなんですけど・・・

 まるで、自分のブログみたいに長文コメントを書いてしまってすみません。ついでに、このまま自分のブログへも転載します。

Posted on 4月 9, 2009 at 06:12 午後 | | コメント (2)

090409 ダビング

090409 ダビング 昨夜は頼まれ仕事で、声楽演奏会のビデオをソニーのマイクロカセットテープからパソコンに落として、DVD10枚へダビングしました。
 テープからパソコンへ取り込み、ビデオ編集ソフトでタイトルやチャプターを追加して、最後にDVDに書き込み完了
 折角だからDVDラベルを作ったり、ケースのカバーを印刷して、見栄えが良くなりましたから、満足です。

090409 ダビング 作業に集中すると何故かお腹が空くので、JNKさんお得意の別腹に日本で一番売れている心泉堂の「幸せのいちごカステラ」がおさまりました。
 ナッコ君はショートケーキのクリームには目がないくせに、カステラには全く興味を示しません。

Posted on 4月 9, 2009 at 12:33 午後 | | コメント (0)

2009.04.08

090408 ささやき

090408 ささやき おじゃま虫さんにならって、こちらもポートアイランドの散歩道の桜並木です。
 ささやきと云うのは、手前の女の子とリスのブロンズ像です。
 花見も今週末で最後ですが、週末は新ハイキング関西の北山最奥・花の木段(4/11) と地図読みハイキングで湖南(4/12)、で4/11は芦生に近い山ですから、まだ満開前かも知れません。

Posted on 4月 8, 2009 at 01:00 午後 | | コメント (0)

2009.04.07

090407 ウイルスでリチウムイオン電池を作成

090407_virusbatt1enlarged 今日の/.jpの記事に
 MIT、ウイルスでリチウムイオン電池を作成する手法を開発
 というのがあります。

 ウィルスという表現には何となく引っかかりますが、ウィルスにリチウムイオン電池の電極を生成させる技術、というのはどのようなものなのでしょうか?

MIT Newsによると、「ウイルスを使ってリチウムイオン電池の陽極と負極を生成する方法を発見した」とのことで、ウイルスで作ったバッテリは既存のリチウムイオン電池と同様の容量/パフォーマンスを持つという。また、この製造プロセスは室温で動作し、また有害な有機溶剤を使用しないため、安価かつ低環境負荷であるという特徴があるとのこと。

 いま読んでいる「天才の発想力・エジソンとステラ、発明の神に学ぶ」 新戸 雅章著/サイエンス・アイ新書 にも記載がありますが、新しい独創的な発明は既存技術の延長線や応用によるものではなく、1%のひらめきや脳の直感に寄るところが大きいそうですから、ウィルスから自己再生型の電池を作るという発想は、ひらめきの産物ではないでしょうか。
 電池というと、AC電源による充電や最近では燃料電池による充電が一般的ですが、光合成と同様、バクテリアや触媒、生殖活動を利用したバイオテクには何となく夢があります。

【/.jpの記事】
MIT、ウイルスでリチウムイオン電池を作成する手法を開発
hylom による 2009年04月06日 14:10 の掲載 (サイエンス)
小人さんが作る電池 部門より
http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=09/04/06/0311243
+--------------------------------------------------------------------+
KuRo-CaT 曰く、
engadgetの記事より

米国マサチューセッツ工科大学のアンジェラ・ベルチャー教授のレポートによると、「M13」と呼ばれるウイルスを利用してリチウムイオンバッテリの構造を作ることができるとのこと(MIT News、Science誌オンライン版の論文要旨)。

ギークが大好きなガジェットに欠かせないバッテリ、しかしその製造コストと環境負荷は大きな問題となります。バッテリを安全に低コストになおかつ環境に優しく製造出来る手法の確立は多くのメーカーが望んでいるでしょう。マトリックスのように機械が支配し人間が電池として利用される世界は遠慮願いたいところですが:-(

MIT Newsによると、「ウイルスを使ってリチウムイオン電池の陽極と負極を生成する方法を発見した」とのことで、ウイルスで作ったバッテリは既存のリチウムイオン電池と同様の容量/パフォーマンスを持つという。また、この製造プロセスは室温で動作し、また有害な有機溶剤を使用しないため、安価かつ低環境負荷であるという特徴があるとのこと。


以下は、Microsoftが無料で公開しているTranslatorという機械翻訳サービスを使った、MITNewsの原文と機械翻訳の結果です。ほとんどそのままでは使えませんが、単語単位では正しいので、原文の構成を見ながら、読んでみると何となく意味が通じます。
機械翻訳はまだまだ改良の余地がありますが、単語10個くらいまでの構文なら、問題ないレベルまできているようですから、機械翻訳するときにはできるだけ、文節を短くするのがコツだと思います。

MS Translator(ワールドワイドの無料オンライン翻訳サービス) の機械翻訳

【MIT News】
New virus-built battery could power cars, electronic devices
Anne Trafton, News Office
April 2, 2009
新しいウイルスが構築したバッテリでした車、電子機器の電源
Lef Trafton、ニュース Office
2009 年 4 月 2

For the first time, MIT researchers have shown they can genetically engineer viruses to build both the positively and negatively charged ends of a lithium-ion battery.
初めて、遺伝的、積極的と否定的有料の両端のリチウム イオン バッテリをビルドするウイルスを設計することができます MIT 研究者がわかりました。

The new virus-produced batteries have the same energy capacity and power performance as state-of-the-art rechargeable batteries being considered to power plug-in hybrid cars, and they could also be used to power a range of personal electronic devices, said Angela Belcher, the MIT materials scientist who led the research team.
ウイルス-生成された新しいバッテリが電力パフォーマンス - 最先端の電池、プラグインのハイブリッド車電源を検討して、同じエネルギーの容量にあるし、個人の電子デバイスの範囲を電源に使用することができますではもアンジェラ メインイベント、調査チームを率いている MIT 材料の科学者を言った。

The new batteries, described in the April 2 online edition of Science, could be manufactured with a cheap and environmentally benign process: The synthesis takes place at and below room temperature and requires no harmful organic solvents, and the materials that go into the battery are non-toxic.
安いおよび環境的良性プロセスと、4 月 2 日のオンライン エディションで説明した、新しい電池を製造する可能性があります。 合成行わと部屋の温度以下有害な有機溶剤は必要なく、バッテリに移動する材料がない-毒物。

In a traditional lithium-ion battery, lithium ions flow between a negatively charged anode, usually graphite, and the positively charged cathode, usually cobalt oxide or lithium iron phosphate. Three years ago, an MIT team led by Belcher reported that it had engineered viruses that could build an anode by coating themselves with cobalt oxide and gold and self-assembling to form a nanowire.
伝統的なリチウムイオン電池を否定的に有料のアノード、通常グラファイトと積極的有料のカソードでは、間のリチウム イオン フロー通常コバルト酸化またはリチウム鉄リン酸。 3 年前、メインイベントに率い、MIT チームでは、ウイルス自体コバルト酸化と金に coating を self-assembling、ナノワイヤを形成する、アノードを構築できますがいたエンジニアリングされたを報告します。

In the latest work, the team focused on building a highly powerful cathode to pair up with the anode, said Belcher, the Germeshausen Professor of Materials Science and Engineering and Biological Engineering. Cathodes are more difficult to build than anodes because they must be highly conducting to be a fast electrode, however, most candidate materials for cathodes are highly insulating (non-conductive).
最新の作品で、チームが番いに、アノードに非常に強力なカソードを構築焦点とメインイベント、材料科学と技術および Biological 技術、Germeshausen 教授をいいます。 ただし、ほとんど候補 cathodes 材料は高い (導電性) を絶縁、cathodes は難しくする必要がありますが強く実施電極を高速にするために素子により構築します。

To achieve that, the researchers, including MIT Professor Gerbrand Ceder of materials science and Associate Professor Michael Strano of chemical engineering, genetically engineered viruses that first coat themselves with iron phosphate, then grab hold of carbon nanotubes to create a network of highly conductive material.
実現することには、MIT の教授 Gerbrand Ceder の材料科学、化学工学の教授 Michael Strano など、研究者、遺伝的エンジニアリング ウイルス最初自体で鉄リン酸、コートをし、導電性高い物質のネットワークを作成するカーボンナノチューブのグラブを保持します。

Because the viruses recognize and bind specifically to certain materials (carbon nanotubes in this case), each iron phosphate nanowire can be electrically "wired" to conducting carbon nanotube networks. Electrons can travel along the carbon nanotube networks, percolating throughout the electrodes to the iron phosphate and transferring energy in a very short time.
ウイルス認識できず、ある材料 (ここではカーボンナノチューブ) に具体的にはバインドので、それぞれ鉄リン酸ナノワイヤことができますが電気的「有線」炭素ナノチューブ ネットワークを実施しますします。 電子は、炭素ナノチューブ ネットワーク、鉄リン酸塩に電極を通じて percolating and ごく短時間でエネルギーを transferring に沿って旅行ことができます。

The viruses are a common bacteriophage, which infect bacteria but are harmless to humans.
ウイルスは、一般的なファージが細菌感染は人間に無害であります。

The team found that incorporating carbon nanotubes increases the cathode's conductivity without adding too much weight to the battery. In lab tests, batteries with the new cathode material could be charged and discharged at least 100 times without losing any capacitance. That is fewer charge cycles than currently available lithium-ion batteries, but "we expect them to be able to go much longer," Belcher said.
そのカーボンナノチューブを組み込む増加カソードの導電率バッテリにあまり重量を追加せずがわかりました。 ラボ テストでは、新しい陰極材料あるバッテリ バッテリでした請求も少なくとも 100 回の容量を失わずに放出されます。 メインイベントするには、現在利用可能なリチウムイオン電池、「私たち期待をはるかに長い時間で行ける」より少ない充電サイクルといいます。

The prototype is packaged as a typical coin cell battery, but the technology allows for the assembly of very lightweight, flexible and conformable batteries that can take the shape of their container.
プロトタイプは、典型的な coin 電池としてパッケージ化しますが、技術をそのコンテナの形状が実行できる非常軽量で柔軟な conformable の電池のアセンブリの使用できます。

Last week, MIT President Susan Hockfield took the prototype battery to a press briefing at the White House where she and U.S. President Barack Obama spoke about the need for federal funding to advance new clean-energy technologies.
先週、MIT 大統領 Susan Hockfield かかった、プロトタイプ バッテリ キーを押してブリーフィングがホワイトハウスで彼女は、米大統領 Barack の Obama を新しいクリーンアップ エネルギー技術を進める連邦 funding の必要性について話した場所。

Now that the researchers have demonstrated they can wire virus batteries at the nanoscale, they intend to pursue even better batteries using materials with higher voltage and capacitance, such as manganese phosphate and nickel phosphate, said Belcher. Once that next generation is ready, the technology could go into commercial production, she said.
研究者が、ナノスケールでウイルス電池を連結することができます発揮、上位の電圧とマンガン リン酸ソルダニッケル リン酸塩など、容量で材料を使用する良い電池を pursue しようとするメインイベントといいます。 その次世代準備が完了、技術でしたに方向付け商業生産、彼女は言った。

Lead authors of the Science paper are Yun Jung Lee and Hyunjung Yi, graduate students in materials science and engineering. Other authors are Woo-Jae Kim, postdoctoral fellow in chemical engineering; Kisuk Kang, recent MIT PhD recipient in materials science and engineering; and Dong Soo Yun, research engineer in materials science and engineering.
科学用紙の先行の作成者は、雲の中の李および Hyunjung 李、材料科学や工学で大学院生です。 他の作成者は Woo-柳金、化学工学の postdoctoral の男で、Kisuk 港、材料科学や工学; での最近の MIT 博士受信者と東秀雲、研究の材料科学や工学技術者です。

The research was funded by the Army Research Office Institute of the Institute of Collaborative Technologies, and the National Science Foundation through the Materials Research Science and Engineering Centers program.
研究が、陸軍 Office 研究所、大学のコラボレーション テクノロジ、およびプログラム材料研究科学およびエンジニアリング ・ センターを使用して、National Science Foundation のよって拠出されました。

Posted on 4月 7, 2009 at 12:45 午後 | | コメント (0)

2009.04.06

090406 KOUBE's Holiday スライドショー追加

090405_kobes_holiday_30 昨日は、尾道の母と、母がいつもお世話になっているUES千華さんが神戸に来られたので、朝9:30に新神戸でお出迎えして、布引ハーブ園から、三ノ宮、元町をぶらぶら
 午後からは、コンチェルトで90分の海上散歩、夕方にはポートアイランドに移動して、アラン・シャペルで3時間のディナー
 ホテルのシャトルバスで千華さんを新神戸にお送りしたのは20:30前でしたから、たっぷりのKOUBEの休日でした。

【追記】 4/6 17:40
 89歳でフランス料理のフルコースを完食するのもすごいけど、一夜明けた今朝、「よく寝たから、このまま帰ってももったいない」と、お茶漬けをお代わりして、昼前からJNKと一緒にもう一度三宮から元町まで出かけ、15:35のひかりで尾道へ戻ったそうです。
 この調子なら100歳まで元気みたいでよかったです。

【スライドショー】

【picasaの写真アルバム】

090405 神戸の休日

Posted on 4月 6, 2009 at 07:21 午前 | | コメント (0)

2009.04.05

090405-3 アラン・シャペル

090405-3 アラン・シャペル 仕上げはポートピアホテル/アラン・シャペルで夜景を見ながら夕食
 89歳の母が完食したのには、感心しました。

Posted on 4月 5, 2009 at 08:07 午後 | | コメント (0)

090405-2 コンチェルト

090405-2 コンチェルト 元町でお茶のあとは、コンチェルトで明石大橋までティークルーズ
 風が無く穏やかです。

Posted on 4月 5, 2009 at 04:09 午後 | | コメント (0)

090405 ハーブ園

090405 ハーブ園 尾道から母とお友達が二人で神戸の休日
 新神戸からまず布引ハーブ園
 まだ花には早いと思っていたけど、結構花盛りで満足

Posted on 4月 5, 2009 at 12:09 午後 | | コメント (0)

2009.04.04

090404 雨の摩耶山

090404 雨の摩耶山090404 雨の摩耶山 昼前から出掛けましたが、掬星台に着いたら雨
 ハリハリ鍋を食べてから、史跡公園に降りる頃には本降り
 白木蓮はあと4、5日で満開です

 掬星台の屋根のある休憩所でハリハリ鍋を仕掛けていたら、5人、10人、20人と、どんどん、雨具を着けた中高年の登山者が上がってきて、昼食を始めました。
 言葉に訛りがあるので、アレッと思っていたら、最終的には40名近くの大所帯になって、雨空を眺めて、思案していましたが、結局、13:40の丁字ヶ辻経由、阪急六甲行きのバスで下山されました。
 最初の人が着いて、昼食を取り始めてから、最後の人が着くまで約1時間も間がありましたから、どこから歩いてこられたのかと思って、見送りましたが、最後に着いた人なんか、バスが出発する間際の13:30頃到着ですから、おにぎりやペットボトルを手に持ったまま、慌ただしく出て行かれました。

 あとで山上のバス停係員さんに聞いたら、北九州から昨夜、貸切バスで来られて、今朝一番で須磨浦公園を出発し、宝塚までの全縦走に初めて挑戦されようとしておられたんだそうです。

 明日ならよい天気だったのに、折角のチャンスをお気の毒でした。それにしても、最初に着いた人は12:30頃だったから、さっさと出発していれば、18:00頃には宝塚に着いていたでしょうが、40名の団体で、50km歩くのはかなり難しいし、皆さんほとんど初めてでしょうから、コースも不案内だと思われるので、結局全員この掬星台で切り上げられたのは正解かも知れません。
 お疲れ様でした。

 やはり、全縦走は何回かに分けて、一度下見縦走してから挑戦すること、パーティはせいぜい3、4人組で自己責任で歩くことが原則でしょうね。
 
 こちらは先週に引き続き、史跡公園の白木蓮と、ハリハリ鍋のテストが目的ですから、史跡公園までは徒歩で降りましたが、雨がひどいので虹の駅からはまたケーブル利用の軟弱山行でした。すみません(m_m)
 
【ハリハリ鍋の作り方】
男の出刃ン
4人分の基本的な材料
 水菜(京菜です)大束で2束弱 600g
 しょうゆ 1/4カップ (50cc)
 本みりん 大さじ1.5
 豚ばら薄切りがお勧めですが、豚肩ロースでも可 600g
 だし汁 4カップ (800cc)
 塩 小さじ1/2
 昆布 10cmくらい(なければ本だし 小さじ2)
 砂糖 大さじ1.5
 豆腐 1丁

作り方
1 【下準備】
 水菜※1をきれいに水洗いします。根っこのあたりに土が挟まっていることがあるので、根元を丁寧に洗いましょう。
 根っこは、きれいに洗っても土が残っていることが多いので、切り捨て、それ以外の部分をザックザックと3cmくらいの長さに切っておきます。
  豚肩ロースも同様に、食べやすい大きさに細切れにしておきましょう。
 土鍋にだし汁、しょうゆ、みりん、塩、砂糖を加え、適宜本だしで味を調節して、加熱します。  
4 【豚肉に火をとおす】
  食卓にみなさんが揃ったら、豆腐を鍋に入れ、適当な大きさに切った豚肉を加えます。豚肉に火がとおって、一煮立ちしてから、水菜を加え、さっとゆでます。
5 【水菜をしゃぶしゃぶのようなタイミングでとりだす】
  水菜は「しなしな」になるまで火を通すよりも、針のように張った状態で食べたほうがおいしくいただけます。ですから、水菜を入れてからは、しゃぶしゃぶのようなタイミングで、水菜を豚肉といっしょに拾い上げます。

Posted on 4月 4, 2009 at 03:46 午後 | | コメント (2)

2009.04.03

090403-2 山行計画:4/11 京都北山北部/花の木段(703.8m)

Kitayama100zan_p173_1 新ハイキング関西の地図読み山行には貴船、太閤道の2回参加しましたが、今回は地図読みではなく、芦生に近い佐々里のすぐ西にある「花の木段」です。
 ダンという呼称は北山特有の上が平らな山頂の呼び名で堀越峠東のオバタケダンとか、タケダタンとかと同じです。ですから、花の木段山という呼び名は、ダンに失礼だから、単純に「花の木段」ということにしておきます。

 偉そうなことをいっても、今回は京都駅7:30集合の団体バスですから、ただ付いて行くだけの気楽な山行、それも温泉(河鹿荘)付き、日帰りですから老体に優しい北山です。

 とはいえ、ぞろぞろ付いて行くだけでは芸がないので、どこかに記録がないかと探したら、「北山百山」に昭和60年の記録があり、略図もあったので、ルート周辺の谷の名称も判明しました。北山クラブさんありがとうございます。

山行計画 京都北山/佐々里から花ノ木段
日 時:平成21年4月11日(土) 10:40~14:40
参加者:30名くらい/新ハイキング関西一般参加者、JNK、きよもり
地 図:25000分の一「中」
 断面図 予定コース
行 程:約4.4km 4時間
 京都駅(八条口)7:40⇒貸切バス⇒10:40佐々里・道ノ谷林道入口
 道ノ谷林道入口10:40→道ノ谷林道→11:10楢ノ木谷林道終点→12:00花ノ木段(703.8m、昼食)12:40→東尾根→14:30最勝寺→14:40佐々里・八幡神社
 佐々里14:40⇒貸切バス⇒15:30美山町自然文化村「河鹿荘」(入浴)16:30⇒貸切バス⇒18:00京都駅(解散)
費 用:¥4,100
 バス代¥3,000+入浴料¥600+運営費・保険代¥500

【参考】
 厳冬期京都北山最深部ヤブ山縦走 
  京都在住の高齢者突撃隊の皆さん、まだまだ意気軒昂ですね
 山ものがたり
  こちらはまじめな山名考、ハナノキというのはハナ(端)ノキ(軒・家のひさし?)の意味で、「端が崖になっている所」という意味なんだそうです。これは現地で確認してみないとわかりませんが、東尾根の最後は急な崖のようですから、名は地形を表すですね。

断面図
 090411_hananokidandanmen
予定コース
090411_hananokidan


Posted on 4月 3, 2009 at 06:12 午後 | | コメント (0)

090403 マグノリア

090403 マグノリア 日曜日の夜から断続的に続いた38.5度の高熱もようやくおさまりました。
 看病有り難う御座います→JNK様
 明日はマグノリアの親戚の白木蓮を見に行けそうですね。

Posted on 4月 3, 2009 at 08:21 午前 | | コメント (2)

2009.04.02

090402 ゴキブリがいなくなるスプレー

090401_kincyo_01 「ゴキブリがいなくなるスプレー」というタイトルに惹かれて、読みました。

 製造発売元の大日本除虫菊というのは、いかにもカビが生えそうないかめしい社名ですが、写真を見るとKinchoとありますから、キンチョールやキンチョウ蚊取りの会社です。
松下電器産業ではありませんが、虫嫌いは世界にいますから、市場拡大のためにも、社名の与える影響にもう少し配慮された方がよいと思います。

 噴霧後の効果が持続する薬剤成分により、ゴキブリを近づけないという効果があるようですから、蜂や、毛虫やゴキブリなど虫が苦手なJNKさんにはお奨めかも知れません。
 一番苦手なスズメバチ対策にも、衣類に噴霧しておけば蜂がいやがって近づかないようなスプレーがあればよいでしょうね。

日経 PC online エポックメーカーに聞く
ゴキブリ出現を“予防”する殺虫剤「見たくない」ニーズに応える
大日本除虫菊の「ゴキブリがいなくなるスプレー」 2009年3月27日
(聞き手:小林 佳代)

 大日本除虫菊は3月23日、ゴキブリ用エアゾール殺虫剤「ゴキブリがいなくなるスプレー」を発売した。
 ゴキブリに対する苦手意識を持つ消費者は多く、現れてから殺虫するのではなく、見たくない、見る前にいなくなってほしいというニーズが高いという。「ゴキブリがいなくなるスプレー」は、その名の通り、殺虫剤としての効果に加え、定期的に繰り返し使うことで、「ゴキブリがいなくなる」「寄りつかなくなる」という予防効果を加えた商品。駆除効果は約2週間続く。希望小売価格は1120円。

Posted on 4月 2, 2009 at 12:22 午後 | | コメント (0)

2009.04.01

090401-2 JTB時刻表表紙に銀河鉄道999

090401_timetable999 昨年、バス停で「シェー」で見事にはめられたせいか、今日は/.jpの記事を眉につばをつけながら読むようにしています。
 この画像まで含めた引っかけ、ということはないでしょうから、これは確かにJTBらしからぬ斬新さです。

JTB時刻表、通巻999号を迎える
hylomによる 2009年03月31日 13時23分の掲載
しばらく見ていない、部門より。
sillywalk 曰く、
JTB時刻表は大正14(1925)年4月に鉄道省運輸局編纂「汽車時間表 附汽船自動車発着表 4月号」(231頁、50銭)として発刊以来、2009年4月号で通巻999号を迎えました。999号の表紙には銀河鉄道999とメーテルが描かれ、一瞬、アニメ雑誌と見紛うデザインとなっています(笑)

それにしても、今日の/.jpの記事は20項目もあって驚きますが、4月1日ならこそかも知れません。この中には嘘の記事も混じり込んでいるのでしょうが、一番怪しいのは * エイプリルフール中止のお知らせ でしょう。

スラッシュドット・ジャパン ニュースレター 2009年04月01日

今日のニュース:
* Wacom、Intuos4を発表 
* MIT が全教員の学術論文をオープンアクセスに 
* 「萌えるゴミぶくろ」が販売される 
* 「らき☆すた」作者の家に主人公の部屋を再現し公開 
* JTB時刻表、通巻999号を迎える 
* 無料のホームページ作成サービス「Jimdo」が登場 
* 四国中央市がOpenOffice.orgを導入 
* Windows 7 RCのダウンロードページ、MSのサイトに一瞬登場 
* BitTorrentにインスパイアされたライトノベル「TorrentBoy」、CCで公開中 
* UFOのように宙を浮く「ベルシオン飛行艇」? 
* エイプリルフール中止のお知らせ 
* 期間限定のLinuxのマスコット、Tuxたんが登場 
* 携帯プログラム言語KOOL登場 
* Snow Leopardの売上の一部が絶滅危惧種に寄付される 
* Goo9le、新サービス「個人情報検索」を開始 
* 天下の名古屋が独自に「ゆとりーとビュー」を開始 
* トモを10人切って/.J編集者権限を手に入れよう 
* 改正著作権法施行、著作権保護期間は5,000年に延長 
* スラッシュドット・ジャパン、ISP事業へ進出 
* Z80で快適に動作する「Windos 7」登場
 
+--------------------------------------------------------------------+

Posted on 4月 1, 2009 at 01:54 午後 | | コメント (0)

090401 熱発

090401 熱発 先週後半から夕方になると38℃以上の熱が出て、朝になると平熱にもどる状態が続きました。
 今朝は熱が下がるどころか39.5度まで上がったから、神鋼病院へ検査に行きました。
 結果は肺炎とかではなく腎炎で細菌による発熱らしいです。
 頓服をもらって、飲みましたから、午後から会社へ行きます。
 人騒がせですみません→JNK様

Posted on 4月 1, 2009 at 12:04 午後 | | コメント (2)