« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009.02.28

090228 快晴

090228 快晴090228 快晴 久し振りに晴れて
 昨年末の野坂岳以来の泊まり山行です。
 鍋とテント、餅、α米でかさばって25.4kgです

Posted on 2月 28, 2009 at 06:57 午前 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.27

090227 JETBOIL-2 怖〜ぃ!

JETBOIL始末記


090227 JETBOIL-2 怖〜ぃ!090227 JETBOIL-2 怖〜ぃ!090227 JETBOIL-2 怖〜ぃ! 三日前に購入したジェットボイル
 昨日昼間、JNKさんに何分くらいでお湯が沸くのかテストしてもらいました。

 ところが、底のフラックスリング(FLUXRING)という熱効率をあげる蛇腹部の保護カバーをはずさないで火にかけてしまった為、プラスチックのカバーがアッという間に溶けてしまいました

 怪我もなく火事にもならなくって良かったけど、確かに知らない人は鍋の底にカバーがかぶせてあるとは気付かないかも知れません。
 ロッジに交換部品を買いに行ったら、火口の交換をしていただいて、溶けたプラスチックも綺麗に掃除して下さいました。ご面倒をおかけして有り難う御座います。

 実際に同じコンロで1Lの湯が沸騰する時間を測ると、フラックスリング付きで約6分、無しだと約8分でした。
 コンロ自体もかなり効率が良いようです。

 それにしても、驚きました

Posted on 2月 27, 2009 at 12:29 午前 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.02.26

090226 週末はアイゼン不要?

090225_kumagawasyuku 今週末2/28~3/1は、久し振りの江若丹国境ですが、今回は県境から離れて、高島トレイル歩きなので厳密には国境尾根周辺と云うことになります。
 天気図を見ると、昨日まで連日変わりやすい天気で、神戸でも雨が降ったりやんだりしていましたが、ようやく大陸からの高気圧が張り出してきましたので、週末に掛けては大きな天候の崩れはないと思います。

 若狭街道(国道303)、熊川宿設置のライブカメラでは全く雪は残っていませんし、ここ数日の悪天も江若国境尾根でも雪にはならず雨だったようです。

 今回は、5人参加で賑やかですが、飲兵衛が多いから勢い荷物も増え勝ちです。まあ、半分は宴会目的ですから仕方ありませんが、テントも2張、鍋の用意、飲み物、水など皆さん増えそうです。
 ということで、少しでも荷を軽くするためアイゼンは持って行かないことにします。

Posted on 2月 26, 2009 at 12:20 午後 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.02.25

090225 デフラグツール/UltimateDefrag

090222_164401_2090223_072101_2 デフラグというのは、ハードディスクの中で長期にわたって読み込んだり書き込んだりしているうちに断片化したデータやファイルをできるだけファイル単位に連続化してハードディスクのヘッドの移動効率を上げる処理です。
 DOS/Vの頃からこのツールはOSに含まれていて、時々使ってはいましたが、いまいち、効果があるのかどうか判らないのに、結構処理時間がかかるので、最近は全く使っていませんでした。

 最近、日経ITproの記事に
 強力な無料のデフラグ・ツール「UltimateDefrag」
という記事があり、試しに使ってみました。
 XPからVISTAへ移行すべく、使い始めてまだ3ヶ月あまりのWindowsVISTAのパソコンで「UltimateDefrag」を実行した結果がこの写真です。
 これだけ見事に整理されるといかにもスッキリします。


090210_135401 でも、もう一つの、WindowsXPのパソコンの方はやりかけて、途中で中断していますが、使い始めて5年以上たちますから、VISTA機のようにはいきません。

 こういったソフトの泣き所は、適用前と適用後でどの程度処理速度が向上するかとか、ファイルの容量が何%圧縮されるかとかの効果が判らないことです。処理前にシミュレーションで比較できればもっと使う人が増えそうな気がします。

 今ひとつの問題は、最近のハードディスクは容量が大きいこともあって、再配置には相当時間がかかることです。
 ちなみにきよもりのVISTA機の場合、2/22 16:44から始めて、その日の夜、寝る間際に見たときはまだ終わっていなくて、そのまま寝てしまい翌朝画面確認したら終わっていたので正味何時間かかったのか判りませんが、おそらく7時間程度はかかったのではないでしょうか。HDDの容量は500Gbyteです。

 今回の処理で納得できたのは、デフラグをするなら、少なくとも月一回程度継続的にやらないと、何年も放っておいてからでは、あまりきれいに整理されないということです。

【日経 ITproの記事(抜粋)】
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090128/323645/?ST=win&P=1
強力な無料のデフラグ・ツール「UltimateDefrag」
■「UltimateDefrag」はフリーソフトながら,高機能なディスク・デフラグ・ツールである。デフラグ機能に加え,よく使うファイルをハードディスクの高速なエリアに配置するなどの機能も併せ持っている。
■最初は派手なユーザー・インタフェースに驚かされるが,ディスク上の状態をわかりやすく把握しながら操作できる。ビギナーズからパワーユーザーまでにお薦めのツールである。

■ソフト名 UltimateDefrag(バージョン1.72)
■開発 Disktrix社
■URL http://www.disktrix.com/UDFree.htm
■ファイル UltimateDefragFREEPublicDomainEditionSetup.exe(2,547,712バイト)
■対応OS Windows XP/Vista
■価格 無料
■評価 (5段階) ★★★★☆

 コンピュータを長く使用していると,ハードディスクへの書き込みや削除のプロセスが繰り返され,ハードディスク内のファイルが連続して配置されなくなる「フラグメント」(断片化)が起こるようになる。ファイルの断片化が進むと,ハードディスク内でのファイルの読み取りや書き込みのための時間がかかるようになり,コンピュータ全体のパフォーマンスの低下をもたらす要因の1つとなる。また,ファイルの断片化や空き領域の断片化が増えると,読み取りや書き込み,あるいは削除のために,ハードディスク内でヘッドが移動する回数や距離も増大し,結果としてハードディスクの劣化に影響を及ぼす要因の1つになるとも言われている。

Windows標準のデフラグ・ツールは貧弱
 このようなファイルの断片化を解消するためのツールとして,Windowsには標準でディスク・デフラグ・ツールを搭載しており,ディスクのプロパティ画面の「ツール」タブにある「最適化」などから実行できる。だが,このWindows標準のデフラグ・ツール(最適化ツール)は,単純にファイルのフラグメントを解消する機能しかない。よりパフォーマンスを向上させたいと願うユーザーは,高機能で強力なシェアウエアや市販のツールを使用しなければならない。

 読み込みや書き込み,削除といったファイル操作がコンピュータのパフォーマンスやハードディスクの寿命に影響を及ぼす点については,ハードディスクの構造が密接に関連している。ハードディスクは1枚あるいは何枚かの円盤状のディスクで構成されており,この円盤の上をヘッドが高速に移動しながらファイルを操作する。だが,ディスクという構造上,円盤の外周部と内周部ではパフォーマンスが異なってくる。当然ながら,ディスクの外周部は内周部に比べてヘッドの移動距離も小さく高速で移動できるため,ファイル操作のパフォーマンスも高い。このことを考慮すると,たとえば頻繁に使用するファイルはディスクの外周部に,あまり使用されることのないファイルはディスクの内周部に配置すれば,コンピュータのパフォーマンスとハードディスクの寿命の双方でメリットが生ずることになる。

 ディスクのデフラグ・ツールは,古くからWindows用のユーティリティ・ツールとしては人気のあるジャンルの1つで,シェアウエアや市販のツールも数多い。今回は,この中から,フリーソフトでありながら,デフラグ機能とファイルの再配置機能を併せ持つ強力なツールの1つである「UltimateDefrag」を紹介しよう。
(以下省略)

(R&Iメセナ 松本 寿浩) [2009/01/30]

Posted on 2月 25, 2009 at 04:58 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.24

090224-2 JETBOIL

090224-2 JETBOIL090224-2 JETBOIL 今週末の山行にあわせて、先週、音羽山の山頂で2人連れが使っておられるのを見た熱効率の良いジェットボイルを買いました。
 一体型では正味500cc位しか沸かせないので容量1.5Lのタイプをロッジで購入

 帰りは阪神10階でひつまぶしと鉄火丼
 風邪の時は滋養のある食事をとらないとね。
 彼女は胡麻プリンで別腹を満たしていました。

Posted on 2月 24, 2009 at 08:26 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

090224-2 装備表と食糧計画


090228~0301 高島トレイル横谷峠~水坂峠 装備表2009/2/24
品 名チェック必要装備数量ハイキング日帰り登山小屋泊まり参考重量g
ヤッケ300
ベスト300
長袖シャツ350
防寒着800
ズ ボ ン400
アンダーウェア300
レインスーツ700
ソックス2100
手   袋260
着 替 え600
帽   子200
<登山用服装>4110
登山靴2000
ストック・杖500
スパッツ150
ザ ッ ク50L1600
ザックカバー150
アイゼン1200
雨 傘200
水 筒100
魔 法 瓶200
水タンク2.5L100
ヘッドランプ150
地   図50
コンパス30
ガイドブック200
ナ イ フ30
タ オ ル30
小物入れ袋50
ち り 紙50
ゴ ミ 袋10
時   計60
カ メ ラ500
筆記用具50
健康保険証10
ライター40
GPS500
懐炉200
非常食セット500
<登山装備道具>8860
シュラフ各自750
シュラフカバー各自400
エアマット各自500
防水シートMRI/AOK500
テントシューズ各自100
<個人幕営用具>2250
コ ン ロMRI/KRK400
ランタンMRI/HSM150
カセット燃料各自21800
大鍋MRI1000
救急薬品セット MRI200
<共同装備>3550
※◎・○は必要装備、△は状況に応じて用意するもの18770

5人分×2日担当02/2803/01数量重量
主食(朝)AKE雑炊5人分×1食1000α米×2、α米はMRI持参
主食(昼)MRI各自弁当5人分×1食1500餅15個
主食(夜)AKE5人分×1食1000鍋+α米
副食(朝)AKE5人分×1食300漬け物
副食(昼)MRI味噌汁5人分×1食200粉末味噌汁
副食(夜)AKEもつ鍋5人分×1食2000鍋の具(肉、野菜など)
調味料AKE適量200出汁の素、醤油、塩
果物HSM行動中×2日800リンゴ大3個
おやつHSM行動中×2日600チョコレート、飴
飲み物 MRI朝晩×1日200コーヒー、お茶葉・ココア
つまみ各自夜×1回600干物、ナッツなど各自お任せ
アルコール各自夜×1回2500焼酎、ウィスキーなど1人当たり500CC

必要量内訳調達担当必要量調達担当
主食飲み物ほうじ茶適量MRI
α米5袋2食分MRIココア適量MRI
15個1食分MRIコーヒー適量MRI
もつ鍋の具一式1回分AKE果物
  AKEリンゴ大3個HSM
 野菜AKE酒肴品
 その他AKEめざし適量HSM
味噌汁の素1缶1回分MRIほか適量各自
ベーコン1パック1回分MRI
タマネギ1玉1回分MRI
副食焼酎 1500ccHSM/AOK/KRK
漬け物1袋1回分AKEウィスキー 500ccAKE
山椒1パック1回分MRIブランデー 500ccMRI
調味料適量AKE
 醤油適量AKE嗜好品
 出汁の素適量AKE適量HSM
その他チョコレート適量HSM
 食器12枚MRI
 箸/お玉6膳/2個MRI

Posted on 2月 24, 2009 at 04:04 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

090224 山行計画:2/28~3/1 高島トレイル/横谷峠~水坂峠

040314_kohokubunagatake
 今週末、2/29~3/1は江若丹国境尾根周辺の内、未踏査部分の駒ヶ岳の東/横谷峠から湖北・武奈ヶ岳の南/水坂峠の間と、湖北・武奈ヶ岳往復の約24kmを歩く予定です。
 高島トレイル運営協議会から詳細マップを送っていただいたので、コースは把握できましたが、初めての行程ですから、あまり無理をせずじっくりと歩きたいと思います。
 ただ、当初は横谷峠から水坂峠までを日帰りで歩く予定でしたが、折角の遠出だから土日の泊まりで行くことに計画を変更しましたので、余力があれば、水坂峠(290m)から湖北・武奈ヶ岳(865m)を往復して角川(つのかわ)へ下りることにします。
 途中の幕営地や水場の有無が確認できていませんから、初日どこまで行けるかは臨機応変に対応することになり、初日のはかどり具合で翌日の行程も変わるでしょう。

山仲間番外編計画:2/28~3/1 高島トレイル(分水嶺ルート)/横谷峠~行者山~二の谷山~水坂峠~湖北・武奈ヶ岳

日 時:平成21年2月28日(土)~3月1日(日) 

行き先:横谷~横谷峠~行者山~搦谷越~檜峠~西峰山~桜峠~二の谷山~水坂峠~湖北・武奈ヶ岳~赤岩山~角川口
集 合:JR湖西線・安曇川駅改札口 8:30集合
 参考:三ノ宮6:04⇒快速⇒6:11住吉⇒6:35大阪⇒7:09京都7:25⇒8:25安曇川
     大和八木5:56⇒近鉄⇒6:56京都
参加者:5名/HSMさん、AKEさん、AOKさん、KRKさん、きよもり
地 図:25000分の1「饗庭野」「熊川」 
 断面図 ルート図/前半後半

行 程: 約24.3km 所要時間:18時間10分(歩行時間:11時間50分、休憩昼食:6時間20分)
 2/28 約10.9km 所要時間:8時間10分(歩行時間:4時間50分、休憩昼食:3時間20分)
  安曇川8:40⇒タクシー(汽船タクシー安曇川/0740-32-4000/\12,000位)⇒9:30頃 横谷
  横谷(230m、9:30発)→40分→横谷越→80分→行者山(△586.8m、12:00頃、昼食)→90分→溺谷越(280m、15:00頃)→40分→檜峠(310m)→40分→西峰山(490m、17:00頃)→30分→桜峠(320m、17:40頃、幕営)

 3/1 約13.4km 所要時間:10時間00分(歩行時間:7時間00分、休憩昼食:3時間00分)
  桜峠(7:00発)→100分→二の谷山(△608.2m、9:00頃)→80分→水坂峠(290m、10:30頃)→90分→P620m(12:30頃、昼食)→20分→西赤岩山(720m、14:00頃、デポ)→40分→湖北・武奈ヶ岳(865m、15:00頃、折り返し)→30分→赤岩山(△740.3m)→60分→角川口(17:00頃)
  角川口17:36⇒JRバス\650⇒17:58近江今津18:26⇒湖西線⇒19:32京都(解散)

費 用:約6000円 /交通費:約3000円、食費:約3000円
持ち物: 初日昼食、飲み物、雨具、防寒具、スパッツ、ストック、着替え、アイゼン
 装備表と食糧計画は続きを見るをご覧ください。(EXCEL表とHTMLタグでも記載しています)
カシミール3DのGPSルート図(GPSでは500ポイントしか読み取れないので2件のファイルになっています)
「090228_0301_YokotaniToge_MizusakaToge.gpx」をダウンロード
「090228_0301_YokotaniToge_MizusakaToge2.gpx」をダウンロード
装備食糧計画のEXCEL表です。

「090228_0301_YokataniToge_MizusakaToge.xls」をダウンロード



【装備表】
 090228~0301 高島トレイル横谷峠~水坂峠 装備表
品 名 チェック 必要装備 数量 ハイキング 日帰り登山 小屋泊まり 参考重量g
ヤッケ      300
ベスト 300
長袖シャツ 350
防寒着 800
ズ ボ ン 400
アンダーウェア 300
レインスーツ 700
ソックス 2 100
手   袋 2 60
着 替 え 600
帽   子 200
<登山用服装> 4110
登山靴 2000
ストック・杖 500
スパッツ 150
ザ ッ ク 50L 1600
ザックカバー 150
アイゼン 1200
雨 傘 200
水 筒 100
魔 法 瓶 200
水タンク 2.5L 100
ヘッドランプ 150
地   図 50
コンパス 30
ガイドブック 200
ナ イ フ 30
タ オ ル 30
小物入れ袋 50
ち り 紙 50
ゴ ミ 袋 10
時   計 60
カ メ ラ 500
筆記用具 50
健康保険証 10
ライター 40
GPS 500
懐炉 200
非常食セット 500
<登山装備道具> 8860
シュラフ 各自 750
シュラフカバー 各自 400
エアマット 各自 500
防水シート MRI/AOK 500
テントシューズ 各自 100
<個人幕営用具> 2250
テント(4人+3人) MRI/AOK 4500
コ ン ロ MRI/KRK 400
ランタン MRI/HSM 150
カセット燃料 各自2 1800
大鍋(中・小) MRI 1000
コッフェル KRK/MRI 0
救急薬品セット  MRI 200
<共同装備> 8050
              23270
 ※◎・○は必要装備、△は状況に応じて用意するもの

【食糧計画】
5人分×2日 担当 02/28 03/01 数量 重量
主食(朝) AKE 雑炊 5人分×1食 1000 α米×2、α米はMRI持参
主食(昼) MRI 各自弁当 5人分×1食 1500 餅15個
主食(夜) AKE 5人分×1食 1000 鍋+α米
副食(朝) AKE 5人分×1食 300 漬け物
副食(昼) MRI 味噌汁 5人分×1食 200 粉末味噌汁
副食(夜) AKE もつ鍋 5人分×1食 2000 鍋の具(肉、野菜など)
調味料 AKE 適量 200 出汁の素、醤油、塩
果物 HSM 行動中×2日 800 リンゴ大3個
おやつ HSM 行動中×2日 600 チョコレート、飴
飲み物  MRI 朝晩×1日 200 コーヒー、お茶葉・ココア
つまみ 各自 夜×1回 600 干物、ナッツなど各自お任せ
アルコール 各自 夜×1回 2500 焼酎、ウィスキーなど1人当たり500CC

【食料分担】
必要量 内訳 調達担当 必要量 調達担当
主食 飲み物 ほうじ茶 適量 MRI
α米 5袋 2食分 MRI ココア 適量 MRI
15個 1食分 MRI コーヒー 適量 MRI
もつ鍋の具 一式 1回分 AKE 果物
   AKE リンゴ 大3個 HSM
  野菜 AKE 酒肴品
  その他 AKE めざし 適量 HSM
味噌汁の素 1缶 1回分 MRI ほか 適量 各自
ベーコン 1パック 1回分 MRI
タマネギ 1玉 1回分 MRI
副食 焼酎 1500cc HSM/AOK/KRK
漬け物 1袋 1回分 AKE ウィスキー 500cc AKE
山椒 1パック 1回分 MRI ブランデー 500cc MRI
調味料 適量 AKE
  醤油 適量 AKE 嗜好品
  出汁の素 適量 AKE 適量 HSM
その他 チョコレート 適量 HSM
  食器 12枚 MRI
  箸/お玉 6膳/2個 MRI

Posted on 2月 24, 2009 at 12:31 午前 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.23

090223 鬼の霍乱

090223 鬼の霍乱090223 鬼の霍乱 昨日夕方から降り出した雨は止みましたが、摩耶山は相変わらず雲に覆われています。

 先週後半から喉風邪で咳が止まらないため、午前休を取って、病院に行き、ついでに電子証明の申請手続きをしました。
 交付時に暗証番号登録のため、再度区役所へ来ないと駄目ですから住民基本台帳カードの普及が遅々として進まないのも理解できます。
 今年はプリントして確定申告をしましたが来年からはe-TAXを使います。

 会社員は普段はなかなか昼間に抜け出して区役所や市役所に行けませんから、住基カードを普及させるには企業が窓口になって手続き代行できるようにしないと駄目でしょう。

Posted on 2月 23, 2009 at 11:12 午前 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.22

090222 会社から野球の応援へ

090222090222 今日は花粉日和で暖かいです。
 野暮用で会社に寄ってから、和田岬まで野球の応援に行きます。
 晴れてよかった!

 試合は、予想外(?)に点が入って5回、12対2のコールド勝ち
 来月から海外転勤されるUSIさん、FJTさんにはよい記念になりました。

090222_送別野球

Posted on 2月 22, 2009 at 09:50 午前 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.21

090221-2 下見報告:2/21 京滋県境・音羽山~石山寺

Dc022119 昨日は夕方から天候が回復し、高気圧が張り出してきました。今朝は神戸ではすっかり晴れて冬らしい天気になっていましたが、いざ山科まで来てみるとちらちらと雪が舞い震え上がりました。
 今回のコースは、音羽山から千頭岳の手前で東海自然歩道を左折して、いったん国分二丁目の住宅地に入ってから石山寺の裏山である伽藍山(239m)の小ピークを越えて石山寺に参拝するコースを歩きました。
GPSのお陰で迷うことはありませんでしたが、最後の石山寺に出るところで鹿よけのフェンスに阻まれて苦戦しました。本番では最後だけ別ルートを考えないとだめです。

山仲間下見:2/21 京滋県境・音羽山~石山寺
日 時:平成21年2月21日(土) 9:10~16:34

コース:京阪・大谷~逢坂の関~音羽山~パノラマ台~伽藍山~石山寺
参加者:3名/HSMさん、JNKさん、きよもり
地 図:25000分の1「京都東南部」「瀬田」 初級の中(最初の登りは440m)
 断面図 GPSトラック
行 程: 約12.8km 所要時間:7時間24分(歩行時間:4時間53分、休憩昼食:2時間31分)
 京阪・大谷8:55⇒京阪京津線\160⇒9:01京阪・大谷
 大谷(170m) 9:10→9:24最初の急階段上(280m)→9:40二度目の急階段下(380m、リンゴ) 9:50→10:05無線中継所(545m)→10:12(トイレ)→10:20道標(580m) 10:28→10:35音羽山(598.4m、9℃)10:44→10:55鳴滝不動分岐→11:00パノラマ台(550m、昼食) 12:00→12:15自然歩道分岐12:18→12:28若葉台分岐12:31→12:37無舗装の車道→12:44西山路傍休憩所(270m、トイレ) 12:57→13:04自然歩道左折点(車道分岐)→溜め池の間の地道→13:20車道に合流→13:45仏神寺(150m、コンビニあり、ぜんざい) 14:02→ルート探索→14:20尾根への旧道→14:27旧道から南斜面へ→14:38伽藍山の主尾根(175m、左へ)→14:54伽藍山(239m)15:00→倒木の多い尾根道→15:13小ピーク(200m)→15:20鞍部(180m、直進)→15:35鹿よけフェンス(くぐる)15:44→15:50石山寺・光堂16:03→石山寺本堂(参拝)→16:34京阪・石山寺
 京阪・石山寺16:35⇒京阪・石山坂本線\160⇒16:38石山16:58⇒JR新快速⇒17:45大阪(解散)⇒17:58芦屋17:59⇒18:06住吉

写真やスライドショーは続きを読むを押してください。

【写真】
 picasaのwebアルバムです。
 

090221 音羽山~石山寺

 こちらはBGM付きのスライドショーです。
 30枚のスライドショーで、4分06秒かかります。
 


・ビデオをご覧いただくには、アドビ システムズ社のプラグインソフト「Flash Player 7.0」以上が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してインストールの上ご利用ください。

【断面図】
090221t_otowayama_ishiyamaderadanme

【GPSトラック】
090221t_otowayama_ishiyamadera

Posted on 2月 21, 2009 at 09:57 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

090221 音羽山

09021 音羽山 雪混じりの寒い日より
 ハイピッチの登りを400m頑張ってパノラマ台で早い昼食です。
 9℃しかないからニシン蕎麦が有り難いです。

Posted on 2月 21, 2009 at 11:45 午前 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.20

090220-3 ビックリの手前味噌

 今日の/.JPでJAXAのかぐやから見た金環食の話題を取り上げましたが、何気なく最後の記事を見てびっくり!
 以下はノーコメントですが、何となく面はゆいです。
+--------------------------------------------------------------------+
世界展開する日本発のブランドは?
soara による 2009年02月19日 22:30 の掲載 (ビジネス)
とりあえず MUJI といってみる 部門より
http://slashdot.jp/askslashdot/article.pl?sid=09/02/19/135250
+--------------------------------------------------------------------+
 nique 曰く、 世界で認められた日本発ブランドは?の記事で30位が気になったのでタレコんでみますね^^;
 ざーっとみていくとほぼ納得のラインナップなのですが、アシックスはともかくキッコーマンが驚きました。
 キッコーマンって醤油のメーカーですよね? いつのまにかこの中に割り込むほどのブランド力になっていたのですね。日本で普通に生活していると、食品メーカー関係だと味の素とか日清食品のほうがより強いブランドのように感じます。みなさんはどのように思いましたか?

ITmedia News
世界で認められた日本発ブランドは? 3位「SONY」、4位「Canon」、5位「Nintendo」
 国際展開する日本発のブランドの価値ランキングで、トップは「TOYOTA」。エレクトロニクス関連では「SONY」が3位、「Canon」が4位、「Nintendo」が5位に入った。
 2009年02月19日 07時00分 更新

Mmi_brand_01_2

 企業のブランド戦略立案などを行うインターブランドジャパンは2月18日、国際展開する日本発のブランドの価値ランキング「Japan's Best Global Brands 2009」のトップ30を発表した。1位は「TOYOTA」、2位以下は「HONDA」「SONY」「Canon」「Nintendo」「Panasonic」「LEXUS」と続く。

 国内企業が生んだコーポレートブランドを対象に、(1)ブランドの収益予想(財務)、(2)ブランドが消費者の購買意志決定に与える影響力(ブランド役割)、(3)消費者の需要を維持するブランドの能力(ブランド力)──の3点を分析し、ブランド価値を金額に換算して算出した。対象企業が株式上場していることや、海外売上高比率が30%以上あることなどが条件。

 上位7ブランドは、昨年9月に発表した世界のブランド価値ランキング「Best Global Brands 2008」トップ100にもランクインしているが、当時と比べブランド価値がアップしたのは「Nintendo」のみ。

 Nintendoは「『Wii』や『ニンテンドーDS』で性別や年代に区別なく、家族で楽しめる新しいコンセプトを示し、グローバルで独自のポジションを築き上げた」(同社の田中英富エグゼクティブ・コンサルタント)点を評価。
「Panasonic」は「National」を廃止し、ブランド統一した効果を評価し、ブランド価値をほぼ横ばいとした。

 30位までのうち、自動車関連が30%、エレクトロニクス関連が50%を占めた。「自動車とエレクトロニクスに支えられた日本の産業構造の特徴がランキングにも反映されている」と田中さんは指摘。昨年の世界ランキングでは自動車が13%、エレクトロニクスが23%にとどまっている。

 同社のテレンス・オリバーCEOは「ブランドは会社の大切な資産。世界ランキングに日本のブランドが7社しか入っていないのは寂しい。日本のブランドがグローバルで強くなるよう願っている」とコメントした。


 ランキングは以下の通り。
ブランド ブランド価値(100万ドル)
1位 TOYOTA 31570
2位 HONDA 17673
3位 SONY 12438
4位 Canon 10484
5位 Nintendo 9182
6位 Panasonic 4287
7位 LEXUS 3233
8位 NISSAN 2901
9位 TOSHIBA 2404
10位 SHARP 2344
11位 SHISEIDO 2201
12位 KOMATSU 2005
13位 SUZUKI 1562
14位 Nikon 1533
15位 RICOH 1376
16位 OLYMPUS 1267
17位 MITSUBISHI ELECTRIC 1105
18位 BRIDGESTONE 1105
19位 DAIKIN 1074
20位 YAMAHA 953
21位 KONICA MINOLTA 792
22位 HITACHI 661
23位 MITSUBISHI MOTORS 628
24位 MAZDA 613
25位 FUJITSU 612
26位 ASICS 598
27位 CASIO 591
28位 EPSON 583
29位 brother 556
30位 kikkoman 539

Posted on 2月 20, 2009 at 06:40 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

090220-2 必見→月から見た地球の「ダイヤモンドリング」

20090218_kaguya_1l また「おじゃま虫さん」の話題とかぶってしまいそうですが、7月の皆既日食の前にかぐやから撮影した地球食のダイヤモンドリンクがJAXAから公開されています。
 ホームページではダイヤモンドリンクができる原理とかも詳しい図入りで説明されていてなかなか為になります。
特に動画は一見の値打ちがありますから是非ご覧ください。

宇宙航空研究開発機構
プレスリリース > 月周回衛星「かぐや(SELENE)」のハイビジョンカメラ(HDTV)による半影月食時の地球の撮影の成功について

月周回衛星「かぐや(SELENE)」のハイビジョンカメラ(HDTV)による 半影月食時の地球の撮影の成功について

                                      平成21年2月18日
                                      宇宙航空研究開発機構
                                      日本放送協会

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)および日本放送協会(NHK)は、平成21年2月10日(日本時間、以下同様)に月周回衛星「かぐや(SELENE)」からハイビジョンカメラ(HDTV)によって、「半影月食」※時に、「かぐや」から見て地球が太陽の大部分を覆い隠し、地球がダイヤモンドリングのように見える瞬間を動画撮影することに成功しました。この現象が月から撮影されたのは、世界で初めてのことです。

 撮影は、「かぐや(SELENE)」に搭載されたNHK開発の宇宙仕様のハイビジョンカメラ(HDTV)によって行われたものです。「かぐや(SELENE)」で撮影した動画をJAXAにて受信し、その後、NHKにおいてデータ処理を行いました。

※半影月食とは、太陽、地球、月がほぼ一直線に並び、月が地球の半影(月から見て太陽が地球により一部隠されて(部分食)見える)に入る現象で、月に届く太陽の光量が減るため地球からは月の表面がいつもより暗く照らされて見えます。月を極軌道で周回する「かぐや」が月食に遭遇するのは、最大で年に2度程度と大変貴重なものです。

「かぐや」ハイビジョン望遠カメラによる映像月から見た地球の「ダイヤモンドリング」
(解像度:480×270px 音声無し)

図1 ハイビジョンカメラ(望遠)による半影月食時の地球の撮影画像
20090218_kaguya_1l この画像は、平成21年2月10日(日本時間)に「かぐや(SELENE)」ハイビジョンカメラ(望遠)で撮影された動画の一部を静止画像として切り出したものです。
 右下の明るく光っている部分は太陽、細いリングで囲まれた黒い部分が地球です。ちょうど地球の夜の側を見ているため真っ暗です。太陽の大部分は、地球、そして赤い点線で示された月面によって隠されています。
 地球がリング状に輝いているのは、大気があるためです。太陽の光は地球の大気によって散乱を起こすため、太陽光の一部は地球の縁を回り込むようにして月に到達します。そのため月からは地球の大気が青く、リング状に光っているように見えるのです。これは、太陽光の散乱が、青い色の光で起きやすいためだと考えられます。

図2 ハイビジョンカメラ(望遠)による半影月食時の地球の連続撮影画像
20090218_kaguya_2l

 今回撮影された動画には、地球と太陽が月面から徐々に現れる様子がとらえられています。上の一連の画像は、その推移がわかるよう切り出したものです。
 左上の画像は、月面から地球が現れた直後の様子。太陽が月面から現れ、ダイヤモンドリングのような光景が見られる(右下の画像)まで、およそ47秒かかっています。

20090218_kaguya_3

図3 「半影月食時の地球の出」撮影時の「かぐや」、月、地球、太陽の位置関係
--------------------------------------------------------------------------------
参考
 表 2008年10月1日以降のハイビジョンの撮影リスト
撮影場所(クレーター名など) 撮影日(世界標準時)
地球の入り 2008/11/23
バーコフ 2008/11/21
シッカード 2008/11/14
地球の出 2008/11/11
地球の入り 2008/11/11
アルプス谷 2008/11/9
ジャンセン谷 2008/11/7
アトラス谷 2008/11/6
エンディミオン(北側) 2008/11/6
エンディミオン 2008/11/6
シュレディンガー谷から南の海 2008/11/2
シャックルトンからシュレディンガー谷 2008/11/2
南極・ポアンカレ(北側) 2008/10/29
南極・ポアンカレ 2008/10/29
地球 2008/10/27
地球の入り 2008/10/27
北極付近(南側) 2008/10/24
北極付近 2008/10/24
オーム 2008/10/22
ハウゼン 2008/10/20
ライナー・ガンマ 2008/10/18
シラー 2008/10/17
モトレス・クラビウスの西側 2008/10/15
モトレス・クラビウス 2008/10/14
地球の入り 2008/10/13
満地球の入り 2008/10/1
※これらについても、JAXAデジタルアーカイブスにて公開しております。
JAXAデジタルアーカイブスHP:http://jda.jaxa.jp/

関連リンク:
月周回衛星「かぐや(SELENE)」
「かぐや」プロジェクトサイト

Posted on 2月 20, 2009 at 06:30 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

090220 明日は晴れ

090220_135801 昨日午後から曇りだして、仕事で遅くなって23時頃帰宅したときには本降り
 今朝までかなりの雨と風ですっかり寒くなりました。
 午後になっても摩耶山には厚い雲がかかっていますが、天気図を見ると前線が日本を西から東へ横断したせいで天気が崩れたようです。

 晴れ男さん参加のおかげで、大陸から大きな高気圧が張り出してきましたから、明日は晴れるけど寒くなるようです。
 明日は3月の下見で音羽山から石山寺ですが、音羽山の上では風が強すぎるから風よけの木が多いパノラマ台辺りで定番のニシンそばで暖まることにしたいと思います。

 明後日は、野球部の応援、夕方は芦屋税務署に確定申告
 月末は高島トレイルですから、何やかやと2月は忙しいです。

Posted on 2月 20, 2009 at 02:18 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.19

090219 インターネットエクスプローラーはIE8(Internet Explorer 8)で大変身?

090220_ie8_01_px400 昨日の日経トレンディネット(TRENDYnet)に
 IE8をテスト! 動作は7より軽快作業効率を上げる3つの注目機能の実力は?(トレンド・フォーカス)
  マイクロソフトの次世代Webブラウザー「Internet Explorer 8」には多く新機能が
  盛り込まれている。多くの新機能の中で使い勝手を高めるのが「検索候補」「アクセ
  ラレータ」「Webスライス」の3つだ。これらの機能を中心にIE8をテストしてみよう。

 
 という記事があります。

 きよもりの場合は、先週末に会社のパソコンを代替機に変更しましたので、ついでにプレインストールされたIE6からIE7を飛び越してIE8にしてしまいました。
 IE8といっても現時点では「製品候補版」となっていますから、Microsoftのホームページからダウンロードすることになります。


 記事にもある通り動作は軽くなっていますし、従来自社提供サービス以外には閉鎖的であったMicrosoftでしたが、国内の主要コンテンツ/Webサービスプロバイダー21社がIE8の新機能に対応したサービスを発表(関連記事) とあるように、アドオンや検索プロバイダーに価格.comや産経ニュース、Weblio辞書(多機能辞書)など海外を含め多方面の追加サービスが利用できるようになっています。

 詳しくは、前述の日経トレンディネットの記事を参照していただけば詳細に記載されていますが、一番気に入ったのは「アクセラレータ」機能で、閲覧中の記事の気になった単語や熟語をマウスで範囲指定すると、反転した文字列の右下に090220_ie8_acceleratoricon青いアイコンが表示され、それにマウスを重ねると別窓が開いて、確認したい検索、翻訳、地図などのサービスへジャンプできるようになっています。
 今のところ最初に表示されるのはMS提供サービスのLive Searchが優先されていますが、追加アクセラレータで登録していけばgoogleもgooも検索できます。ただし、きよもりのもっとも使用頻度が高いWikipediaはgoogleを経由しないと一発では検索できないようです。

 

Posted on 2月 19, 2009 at 12:20 午後 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.02.18

090218 下見計画:2/21 京滋県境・音羽山~石山寺

050508
 先週末に2月の例会が終わったばかりですが、3月の118回例会(3月15日)は久し振りに湖南へ方角を変えて、音羽山へ行きたいと思います。そのため二週連続になりますが、2月21日(土)に下見に行きます。

 音羽山へは2007年8月26日(第99回例会)で牛尾観音から登っていますし、写真のラウンド琵琶湖(2005年5月8日)でも重廣さんと登りました。また2001年1月21日(第20回例会)では今回と同じく京阪・大谷、逢坂の関から取っ付いて雪に難渋しながら音羽山~千頭岳、最後は岩間寺まで長距離縦走しました。

 今回は、コースを短縮して、千頭岳の手前から東海自然歩道を下って、石山寺に抜けたいと思います。
 ただし、そのまま京阪・石山寺から電車で帰っては面白くないので、いったん下ってから石山寺の裏山である伽藍山(239m)の小ピークを越えて石山寺に参拝するコースを考えました。まあGPSあればこそのルートですが、里山ですから、案外はっきりした道が付いているかもしれません。

 今のところ同行していただけるのは、HSMさん、JNKさんときよもりの3名ですが、一緒の歩いていただける方は、2/20(金)までにメールをいただければ幸甚です。

山仲間下見計画:2/21 京滋県境・音羽山~石山寺
日 時:平成21年2月21日(土) 9:00~16:00

行き先:京阪・大谷~逢坂の関~音羽山~パノラマ台~伽藍山~石山寺
集 合:JR琵琶湖線・山科駅改札口 8:45集合 (京阪・山科8:55発に乗換⇒京阪・大谷9:01着)
参加予定者:2/18現在 3名/HSMさん、JNKさん、きよもり
地 図:25000分の1「京都東南部」「瀬田」 初級の中(最初の登りは440m)
 断面図 ルート図
行 程: 約11.1km 所要時間:6時間50分(歩行時間:4時間50分、休憩昼食:2時間)
 京阪・大谷8:55⇒京阪京津線\160⇒9:01京阪・大谷
 大谷(9:10頃)→50分→無線中継所→40分→音羽山(598.4m、11:00頃)→20分→パノラマ台(11:30頃、昼食)→20分→自然歩道分岐→20分→路傍休憩所(13:00頃)→60分→車道分岐→30分→伽藍山(239m)→30分→石山寺(15:30頃、参拝)→20分→京阪・石山寺(16:00頃、解散)
 京阪・石山寺16:05⇒京阪・石山坂本線\160⇒16:08石山16:13⇒JR新快速⇒16:58大阪
持ち物: 昼食、飲み物、雨具、防寒具、スパッツ、ストック、着替え

【断面図】
090221_otowayama_ishiyamaderadanmen
【ルート図】
090221_otowayama_ishiyamadera
【カシミール3D・データ】
「090221_Otowayama.gpx」をダウンロード

Posted on 2月 18, 2009 at 12:34 午前 | | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.02.17

090217 画像の切替(javascript)のテスト

 デジカメでたくさん写真を撮ると、つい欲が出て、出来るだけブログに全部掲載したいと思ってしまいますが、見ていただく方の大半は大体の様子が判ればよいわけで、ただ冗長な印象になってしまいます。
 最近は別の無料サーバーに画像を登録してそれを開いたり(Picasa3)、スライドショーを作ってビデオとしてWebにアップしたり(ココログビデオ共有)しています。

 それでも、昔やっていたGIFアニメーターは、パラパラ漫画みたいで結構面白いのですが、ココログでは1ファイル1Mbyte以上の大きな画像だとアップできなくなりましたから、最近は使わなくなっています。
 その代わりではありませんが、昨日はjavascriptでMouseOverという処理を試してみました。これはご覧になったようにマウスカーソルを画像に重ねると画面が切り替わるものです。
 しかし、これでは二枚の画像しか使えず、パラパラ漫画は出来ません。

   そこで、またHPをあちこち探して、「ホームページ作成の第一歩」でBASICのループと同じように、一定時間ごとに複数枚の画像を切り替えるスクリプトを見つけました。
 これだと一枚ずつの画像のサイズさえ1Mbyte以内に抑えれば、ココログにアップできますから、理論上は何枚の画像があっても登録上の問題はありません。
 大体こんな感じです。


 最終的には源右衛門窯のオンラインショップのように、マウスを動かすとフレームで隠れている部分の画像が上下左右にスクロールするようにしたいのですが、なかなかその方法が見つかりません。

Posted on 2月 17, 2009 at 02:13 午前 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.16

090216 山行記録:2/15 山仲間例会117 持越峠~氷室~鷹ヶ峰&船岡温泉

 昨日は前日に引き続き春を思わせる陽気で終日快晴で最高の山歩きが楽しめました。
 コースは最初のショートカットは多少の藪こぎと急登で苦労しましたが、持越峠から林道をしばらく過ぎて、氷室までの落ち葉道、京見峠から上ノ水峠までの北山トレール、と快調な足取りで、ロングコースにもかかわらず当初予定より1時間も早く鷹ヶ峰に降りてくることができました。

 お陰様でSSKさんご推奨の船岡温泉にもゆっくり入浴できました。参加いただいた14名の皆様ありがとうございました。

Himuro 【山行記録】 山仲間例会117 持越峠~氷室~鷹ヶ峰&船岡温泉
 日 時:平成21年2月15日(日) 9:32~15:17
 行 先:京都北山・持越峠~氷室~上ノ水峠~鷹ヶ峰
 参加者:14名/SAC関係6名:SSKさん、HSMさん、MEDさん、NROさん、ADTさん、きよもり
         /会社関係3名:HRTさん、FTSさん、MTHさん
         /重廣倶楽部5名:AOKさん、AKEさん、KMRさん、TKDさん、JNKさん
 地 図:25000分の一「周山」「京都北西部」
   断面図 GPSルート図
 行 程: 
  2/15 快晴、17℃~20℃ 歩行距離 12.9km 所要時間 5時間45分(歩行時間:4時間06分、休憩・昼食:1時間39分)
   出町柳8:30⇒京都バス/雲ヶ畑・岩屋橋行き(\530)⇒9:20白梅橋
   白梅橋(270m、17℃、スパッツ付け、準備体操)9:32→谷沿いの近道・最後は急登→9:58持越峠上の林道(430m、グレープフルーツ)10:12→10:36白木谷山(565.6m三等三角点、リンゴ)10:49→尾根沿いの無舗装林道/展望良好→11:10林道終点→落ち葉の尾根道→11:23 P518m峠11:26→11:35ダラノ坂→急な下り→アップダウンの尾根道→12:00氷室・氷室神社前(370m、昼食)12:40→車道→植林の急斜面→13:04城山(479.8m三等三角点、ミカン)13:13→13:21車道→13:26長坂峠・京見峠→13:30上ノ水峠分岐(右折)→13:45新京見峠(展望良好)13:59→アップダウン道(北山トレイル)→14:26上ノ水峠14:32→谷沿いの下り道→14:44車道→15:06千束→15:17鷹ヶ峰源光庵(160m、解散)
   源光庵前15:27⇒市バス(\220)⇒15:47千本鞍馬口→15:55「船岡温泉」(入浴 \410)16:40→16:55堀川鞍馬口17:01⇒市バス(\220)⇒17:28京都駅

 会計報告:
   集金  7,000円 @500×14名
   バス代 6,590円 回数券\6,500+\90(通常購入7,420円/@530×14、差引830円割引)
   残金    410円 山仲間の預金通帳に預け入れさせていただきました)

 写真やスライドショーは続きを読むを押してください。

【写真】
 picasaのwebアルバムです。

090215 持越峠~氷室~鷹ヶ峰

 こちらはBGM付きのスライドショーです。
 45枚のスライドショーで、4分18秒かかります。
 


・ビデオをご覧いただくには、アドビ システムズ社のプラグインソフト「Flash Player 7.0」以上が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してインストールの上ご利用ください。

Posted on 2月 16, 2009 at 07:35 午前 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.15

090215 氷室から船岡温泉

090215 氷室から船岡温泉090215 氷室から船岡温泉090215 氷室から船岡温泉 元気な14人で快調な北山の尾根歩き
 最後は大正11年営業開始の船岡温泉で仕上げ

Posted on 2月 15, 2009 at 04:43 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.14

090214-2 ハーバーランド

090214-2 ハーバーランド090214-2 ハーバーランド 南 裕嘉さんのファーストソロリサイタルで何年振りかでハーバーランドにやって来ました。
 以前あったダイエーはイズミヤに代わり、ソフマップも場所が変わっていました。
 春めいた陽気で人出も多く、神戸港を出帆するConcerto跳ね橋も華やいで見えます。

Posted on 2月 14, 2009 at 05:55 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

090214 おかわり自由

090214 おかわり自由 昨夜は朝方までかなりの勢いで雨が降っていました。
 今朝はすっかりあがりましたが、摩耶山は麓から山上まで雲に覆われて、全く見えません。
 明日の例会は駆け込みでMTHさんも参加していただけることになりましたから、16名の盛況です。
 有り難う御座います。
 天気は回復しそうですが、気圧配置が異常ですから、暖かいけど変わりやすいでしょう。
 後半は広い道を歩きますから傘も持って行かれた方がよいと思います。

090214 おかわり自由 閑話休題 
 不景気にもかかわらず、或いは不景気だからこそMacの売上が一割以上伸びているそうです。
 売上増加に貢献しているのが、コーヒーで、今までならMacは家族連れや学生が常連客でしたが、昨年からコーヒーが美味しくなってサラリーマンや中高年の男性客も増えています。
 以前も書きましたが、MacのPremium Roast Coffeeは120円なのにお代わり自由です。
 問題は肝心の店員の皆さんにあまり自覚がないのか、時間によって、作り置き時間が経ちすぎて、香りが落ちていることが、あることです。
 出来るだけ煎れ立てのタイミングで頼むのがコツです。
 きよもりの場合は新しいコーヒーが出来上がったタイミングを狙って、お代わりを頼みます。
 勿論お代わりはJNKさんが頼みに行ってくれます。スンマヘンm(_ _)m

Posted on 2月 14, 2009 at 11:44 午前 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.13

090213 13日の金曜日

090213 13日の金曜日 昨日午後、会社のノートパソコンが全く突然、電源が入らなくなりました。
 今朝から代替機で通常業務の環境作りに四苦八苦

 借りたパソコンの画面(Dynabook SS RX1)はB5タイプ1280×800で今まで使っていたLet's Note(CF-Y2)のA4タイプ1400×1050と比べると二回り小さいのでストレスが溜まります。
 今まで同様タッチパッドで使っていますが、微妙にカーソルの反応が異なりますから、慣れるまではマウスも併用しないといけないようです。

 CF-Y2は丸5年使いましたから、きよもりのパソコンとしてはかなり長く現役で活躍してくれました。当時としては画期的な画面解像度で、1400×1050(SXGA+)というのは最近ようやく一般化していますが、5年前なら、A4でもSXGA(1280×1024)だったと思います。A4機の割に軽い(1.3kg)のも気に入っていました。

 Let' Noteはリースアップしたので来月新機器に入れ替えですが、次は富士通だそうです。

 

Posted on 2月 13, 2009 at 10:41 午前 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.02.12

090212 山行記録:2/11 熊野古道P6:紀伊内原~道成寺~印南

090211_kiiutihara_inami_013 日帰り熊野古道も今回で第六回
 紀伊内原から歌舞伎で有名な道成寺を織り込んで印南まで25kmを9時間かけて歩きました。

 紀伊田辺まではあと二回かかるようですが、今回を含めて海岸沿いの舗装道路歩きですから、山歩きの地道になれた足には結構きつい行程です。

 紀伊路は海沿いの集落を抜けて伸びていますから、冬場の行程としては日差しが心地よいのが幸いですが、今回は15℃~20℃もありましたから、さすがは南国で汗ばむほどでした。

 道成寺歌舞伎ではおなじみですが、お寺としても立派な堂宇でした。清姫の祟りか、鐘楼だけが無くて、再建した鐘楼も秀吉の紀州攻めの折に焼け落ちて、現在は鐘だけが京都の妙滿寺に保存されているそうです。安珍清姫伝説や、道成寺の縁起については、能のふるさと「紀州道成寺」に詳細に記載されています。

 
山行記録 熊野古道Part6 紀伊内原から道成寺に寄って印南まで
日 時:平成21年2月11日 9:00~16:56 天候:快晴 気温:10℃~20℃
行き先:紀伊内原~道成寺~印南
参加者:2名/JNKさん、きよもり
地 図:25000分の一「高家」「御坊」「印南」
 断面図 GPSルート図 ルート図1ルート図2ルート図3
行 程: 約24.9km 所要時間:7時間56分(歩行時間:6時間01分、休憩昼食:1時間55分)
 住吉5:42⇒6:17新大阪629⇒紀伊路快速(紀伊田辺行き)\2210⇒8:52紀伊内原
 紀伊内原9:00(10℃、快晴)→9:23道間違い戻り→9:28一里塚→9:35道分け地蔵→9:44善童子王子(33m、16℃)→9:47徳本上人念仏碑→10:00愛徳山王子(梅畑、バナナ)10:10→10:25道成寺(参拝、釣り鐘まんじゅう購入)10:36→10:50海士王子(20m)→10:58重力踏切→11:05湯川子安神社→古い町並み→11:20九品寺(トイレ)11:28→11:44野口新橋→11:49野口新橋東詰(土手沿いに右折)→土手沿いの直線道→11:56土手から左折→12:10御坊大橋東詰(横切る)→12:12岩内王子(19m、19.5℃、昼食)12:57→13:36圓満寺(14m、釣り鐘まんじゅうを食べる)13:47→13:54塩屋王子(美人王子、トイレ)14:03→14:16光専寺(柏槙・びゃくしん)→14:26観音山遊歩道の峠(40m、海が見える)→14:30祓井戸→14:45清姫草履塚→14:55右折点(はし長の先、みかん)15:03→15:40上野王子15:48→16:20フェニックスの木(左の道へ)→16:32車道の長い登り(22m、フレッシュマート)→左折→16:37叶王子(津井王子)16:42→駆け足→印南の町を駆け抜け→16:56JR印南駅(10m)
 印南17:01⇒紀勢線・御坊行き(大阪まで\2520)⇒17:20御坊17:28⇒紀勢線・和歌山行き⇒18:32和歌山18:35⇒快速⇒19:57大阪19:59⇒新快速⇒20:14芦屋20:15⇒20:21住吉
写 真:
 40枚のスライドショーです。(2'47")
 BGMはJetStreamから「渚のアデリーヌ」リチャードクレイダーマン作曲です。

 こちらはpicasaのwebアルバムです。 

090211 熊野古道P6

【断面図】 海抜0m~40mのため、高低差は意味がありません。
 090211t_kiiutihara_inamidanmen

【GPSルート図】データが大きいため3枚に分けています。
 ルート図1
 090211t_kiiutihara_inami_1

 ルート図2
 090211t_kiiutihara_inami_2

 ルート図3
 090211t_kiiutihara_inami_3

Posted on 2月 12, 2009 at 03:28 午前 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.11

090211-2 最後は駆け足

090211-2 最後は駆け足090211-2 最後は駆け足 紀伊内原から25km歩いてやっと印南に着きました。
 一時間に一本しか電車がないから、最後は駆け足
 乗換の御坊で鯖寿司といなりとビールを買ってやっとひと心地です。

Posted on 2月 11, 2009 at 05:45 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

090211 熊野古道6は御坊から印南

090211 熊野古道6は御坊から印南090211 熊野古道6は御坊から印南 前回の続きで、道成寺から海岸沿いのロングコース
 清姫の草鞋塚は清姫が草鞋を脱ぎ捨てて安珍を追いかけたとか
 げに恐ろしきは女の執念

Posted on 2月 11, 2009 at 03:02 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.10

090210 多摩テック 9月で営業終了

090210_tamatech 今日の/.jpに
多摩テック、今年9月いっぱいで閉鎖 という記事があります。

 自家用車がほとんどの家庭に普及し、一方では若者の車離れが進んでいる世情から判断すると、あまり意外感はありませんが、公式案内 を見ると、開園は1961年だそうですから、50年近い間、子供達はもちろんゴーカートに憧れる大人達の夢を支えてくれたのですね。

 きよもりがよく行ったのは、先輩のKDWさんがホンダにお勤めで入場券をいただいたりしたからですが、子供達が小学生の頃ですから、もう20年も前のことでしょうか。
 多摩は東京の下町からではかなり足を伸ばさないと行けませんが、多摩には多摩動物公園もありますから、一日かかりの行楽には最適でした。

 でも子供達以上に本人がジェームズ・ディーン赤木圭一郎の生き様、死に様に憧れていたところがありましたから、結構子供を差し置いて夢中だった記憶があります。

 多摩テック関係者の皆様お疲れ様でした。

【/.jpの記事引用】
多摩テック、今年9月いっぱいで閉鎖
hylomによる 2009年02月09日 16時52分の掲載
今のお子様は乗り物には興味ないのだろうか、部門より。
あるAnonymous Coward 曰く、

東京都日野市の遊園地「多摩テック」が、今年9月末をもって閉鎖されることになった。併設の温泉施設も同様に閉鎖となる(営業終了のご案内)。

多摩テックはゴーカートやミニバイクなど、子供でも運転できる乗り物が充実しており、子供時代にあこがれていたアレゲ人も多いのではないだろうか。東京の奥地で若干アクセスが悪いということで、結局タレコミ子は一度も行くことはできなかったが、乗り物好きのお子様をお持ちの方は最後の機会に、ぜひ遊びに行ってみてはいかがだろうか。

【多摩テックの営業終了案内】
ゆうえんち「多摩テック」営業終了のご案内

1961年の開業以来、48年間にわたり皆様からのりもの遊園地としてご愛顧いただきました「多摩テック」は、2009年9月30日をもちまして営業を終了させていただくこととなりました。
併せて多摩テック敷地内にある温浴施設「天然温泉クア・ガーデン」につきましても同様に終了させていただきます。
これまでの皆様のご愛顧に心より御礼申しあげます。
尚、9月末の終了までは平常どおり営業を行うと共に、長年ご利用いただきましたお客様、ご支援いただいた地域の皆様に向けた感謝イベント等も実施してまいりますので、是非ご来園賜りますようご案内いたします。

ありがとうございました。

(営業終了に関するお問合せ先) 多摩テック代表 : TEL 042-591-0820

Posted on 2月 10, 2009 at 12:48 午後 | | コメント (1) | トラックバック (0)

2009.02.09

090209 山行記録:播磨/光明寺から五峰山(扇山)

 昨日は午前中は曇りがちの肌寒い天候でしたが、午後からは雲が切れて春を思わせるよい日和になりました。
 10:20から会社の野球試合があって、例会の小野アルプスで何度か通った加古川線・市場駅の更に先の滝野駅まで行きました。

 播磨中央公園というのは丘陵地帯をうまく利用した運動散策施設です。野球のグランドもよく整備されていて、気持ちよく応援できました。

 試合はいきなり1点入れられて嫌なムードでしたが、すぐ2点取り返し、また2点入れられて再逆転され、諦めかけたところで、3盗したランナーがパスボールで生還して同点。

 結局そのまま時間切れ引き分けになりましたが、勝ち抜きなので最後は9人ずつでくじ引き。
 今までくじ運が悪かったのが嘘みたいに当り籤を連続で引いて、勝ち抜くことが出来ました。

 気分をよくして皆さんと別れ、午後からは五峰山を目指しました。
 五峰山(ごぶさん)は扇山とも呼ばれているようですが、二等三角点(258.4m、点名:光明寺)があり展望に期待しましたが、木立で眺望はありません。

 光明寺は太平記に出てくる古戦場で観応二年(1351)、足利尊氏の弟・足利直義方の石塔頼房が五千余騎で当山にこもったとき、本堂及びこのあたりに本陣が置かれたそうです。このとき攻め方の尊氏は光明寺の本陣を攻め落とせず、摂津まで後退し、後に和睦したと縁起にあります。

 光明寺の手前には見晴台があって、そこからは六甲連山や雄岡山・雌岡山、小野アルプスが播磨平野に浮かぶようによく見えました。光明寺から先はよく踏まれた落ち葉道で五峰山を経て、「ぽかぽの湯」で汗を流して帰路に就きました。
090208_komyojimiharashidai_3

山行記録 播磨/光明寺から五峰山(扇山)
日 時:平成21年2月8日(日) 12:03~14:50
参加者:2名/JNKさん、きよもり
地 図:25000分の一「西脇」
 断面図 GPSトラック
行 程:約6.3km 所要時間2時間47分(歩行時間:1時間48分、休憩昼食:59分)
 住吉7:06⇒快速⇒8:00加古川8:16⇒加古川線⇒9:00滝野駅
 滝野駅(50m)9:08→9:33播磨中央公園・野球場(野球応援)
 中央公園12:03→12:17光明寺車道分岐→12:30光明寺駐車場(160m、12℃、昼食)13:04→13:10見晴台→13:27光明寺本堂(230m)→13:40奥の谷コース分岐(左折)→13:46五峰山(扇山、二等三角点258.4m、10℃)14:03→急斜面の下り→14:13奥の谷ルート合流→14:20峠(205m、奥の谷ルート・ぽかぽの湯の分岐、左折)→谷間道→14:34光明寺集落(100m)14:42→14:50ぽかぽの湯(入浴\600)
 ぽかぽの湯15:32⇒タクシー(\1280)⇒15:39JR滝野駅15:53⇒加古川線⇒16:33加古川16:37⇒新快速⇒17:07三ノ宮
後 記: 冬場にのんびり歩くには最適な山道ですが、いかんせん行程が6.3kmしかありませんから、山仲間の例会に取り上げるには物足りません。奥の谷コースを角尾山(つのおやま、△343.8m)まで縦走する行程もありますが、その場合は「ぽかぽの湯」まで戻ることになります。
「ぽかぽの湯」は露天風呂が湯槽が広くて天気が良いと気持ちが良いです。

【スライドショー】
 26枚あります、再生時間は2分58秒です。
 BGMはJetStreamから「午後の旅立ち」
 


【写真】
 こちらはpicasa3のアルバムです。
 
090208 光明寺~五峰山

【断面図】
090208t_komyoji_gobusandanmen
【GPSトラック】
090208t_komyoji_gobusan
【カシミール3Dデータ】
「090208T_Komyoji_Gobusan.gpx」をダウンロード

Posted on 2月 9, 2009 at 05:58 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.08

090208-2 パスコロのジェラート

090208-2 パスコロのジェラート090208-2 パスコロのジェラート ぽかぽの湯からあがって、向かいにあるアイスクリーム屋さんで買ったジェラートを食べながら帰ります。
 二人で3つではなく、ほとんどひとりでに代わる代わる食べ比べています。
 みるくがメチャうまいです。
 @280です。

Posted on 2月 8, 2009 at 04:50 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

090208 野球応援から五峰山

090208 野球応援から五峰山 野球は3対3で最後はくじ引きで勝って気分よく午後から光明寺から扇山を縦走して最後はぽかぽの湯で暖まって帰ります

Posted on 2月 8, 2009 at 12:54 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.07

090207 山行計画:例会117 京都北山・持越峠~氷室

                                         平成21年2月7日
山仲間諸兄諸姉
                                      山仲間事務局 きよもり
  山仲間第117回例会案内/京都北山・持越峠~氷室~上ノ水峠

090124_shinkyomitouge2 謹啓 少し春めいてはきたものの相変わらず不順な天候が続いていますが、皆様ご健勝のことと存じます。

1月の例会は、11名の参加をいただいて北六甲のキスラシ山へ行きました。久しぶりに藪こぎもできましたから、ベテランの皆様はご満足いただけたことと存じます。皆様参加有り難うございました。

2月の例会は、京都北山の氷室への道を歩いてみたいと思います。氷室は市街地からは近いものの標高は370mですから、名前の通り昔は御所へ上納する氷の産地でした。いまも静かなたたずまいが残る別天地です。今回もアイゼンは不要です。

 参加して頂ける方は、2/13(金)までにメールまたはFAXでご連絡下さい。
                              敬具

日 時: 平成21年2月15日(日)

行き先: 京都北山/持越峠~氷室~上ノ水峠

集 合: 平成21年2月15日(日) 叡電・出町柳駅横のバス停 8:20

 参考:十三7:18⇒阪急急行⇒8:01河原町→祇園四条8:09⇒京阪⇒8:14出町柳

地 図: 25000分の一「周山」「京都西北部」

  断面図 
予定ルート


  レベル:初級の上(距離は少し長めですがコースはよく踏まれています)

行 程: 距離:約12.4km、所要時間:6時間50分(歩行:4時間40分、休憩昼食:2時間10分)

 出町柳8:30⇒京都バス・岩屋橋行き\530⇒9:19白梅橋

 白梅橋(9:30頃)→30分→持越峠→30分→白木谷山(△565.6m)→40分→P518m(11:30頃)→40分→氷室(12:20頃、昼食)→50分→京見峠→50分→上ノ水峠(15:30頃)→40分→鷹峯源光院前バス停(16:20頃)

 鷹峯源光院前16:33⇒京都市バス\440⇒17:15北大路バスターミナル(解散)

持ち物:昼食、飲み物、防寒具、雨具、スパッツ、ストック

費 用:交通費 約1000円

  出町柳~白梅橋 \530、鷹峯源光院前~北大路バスターミナル \440

追 記: 3月の例会は3/15(日)に湖南・音羽山~千頭岳~石山寺を予定しています。

   4月の例会は事務局の都合で変則日程になりますが、4/26(日)に摩耶山で平井ドクターのはりはり鍋が出来るよう期待しましょう。

【断面図】
090215_mochikositoge_himurodanmen
【予定ルート】
090215_mochikositoge_himuro
【カシミール3Dデータ】
「090215_MochikosiToge_Himuro.gpx」をダウンロード


Posted on 2月 7, 2009 at 11:38 午後 | | コメント (0)

2009.02.06

090206 自分の居場所をGoogle Mapsで表示「Google Latitude」

 今日の/.jpに
 自分の居場所をGoogle Mapsで表示するGoogle Latitude、サービス開始 という記事があります。

 このニュースは、既に昨日夕方ITmediaに掲載されていて、 興味を持って読みましたが、記事の中で
 携帯向けGoogle Mapsの新機能として、友人の現在位置が把握できる「Google Latitude」が登場した。
  ……
 現時点では27カ国42言語に対応しているが、日本における日本語での利用は現在はできない。

090206_google_latitude

 とありましたから、日本の地図上では表示できないものと思っていましたが、/.jpからリンク先を見ると、ちゃんと日本語の地図で位置情報に顔写真が載っていますから、既に使えるのかも知れません。

 GPS付きの携帯はもはや珍しくありませんが、いま使っている携帯(casio W62CA)でもGoogleMapが使えたら、このGoogle Latitudeで山の中にいても自分の居場所が見られるかも知れません。きよもりの場合は見られると云うより監視されるといった方が正しいような気がしますけど。

 これが普及したら、東京マラソンでどの辺りを走っているかとかも逐次見えますから、急激に普及しそうです。
 実用的にはお母さんが家にいながら、子供がどこで遊んでいるのか判るし、老人の一人歩きの場合にも家族の皆さんが安心ですから、爆発的な普及の予感がします。

自分の居場所をGoogle Mapsで表示するGoogle Latitude、サービス開始
hylomによる 2009年02月05日 15時28分の掲載
ここにいるよ、部門より。
あるAnonymous Coward 曰く、

米国時間2月4日、Google Mapsのモバイル版であるGoogle Mobile MapsにGoogle Latitudeというアプリケーションが加わった(TechCrunch Japan)。

これは、GPSなどで取得できる携帯電話の位置情報を指定した人間に対し公開することができるもので、自分がいまどこにいるのかを地図上に表示することが可能だ。現在対応する携帯電話はAndroidおよびBlackberry、Windows Mobile(5.0以上)、Nokia S60。27か国で利用可能で、日本でも使えるようだ。

また、近いうちにiPhoneやJ2ME対応携帯電話にも対応する模様。

なお、公開設定などを間違えると、自分の居場所を知られたくない人にまで晒してしまう可能性があるのでご注意を。さすがに自分の携帯電話にこっそりと仕込まれる、ということはないかと思いますが……。

Posted on 2月 6, 2009 at 12:20 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.05

090205-2 EXCEL表のブログ表示

090205_exceltohtml_2 仕事ではもちろん、山行記録の整理や案内書の作成には、EXCELやWordを使っています。

 問題は、Wordなら入力した文書をコピーして、ブログに貼り付け、写真や地図をイメージとして添付すれば、たいした手間をかけないでブログに表示できますが、EXCEL表となるとそうはいきません。  一つ二つならテーブルを作って数字や文字の間に<tr>とか<th>とかタグを挿入していけばよいのですが、大きな表ではその手間はとても大変です。
 (061122-2 表形式(テーブル)表示のテストを参照)

 googleで”ブログ EXCEL表示”で検索したら、
「エクセルシートをHTMLテーブルに変換しちゃう君 」がすごく便利 という記事を見つけました。

エクセルシートをHTMLテーブルに変換しちゃう君 (ββ)」は、エクセルの表を貼り付けるとHTMLのTableタグで表を生成、プレビューも表示してくれる便利ツール。

 早速、試しに昨年の山行リストをコピーして見たらあっと言う間に出来上がりました。
 アンポンタン・ポカンさん有り難うございます。
 めでたし!めでたし!
 ドットハレ!
【2008年の山行リスト】
累計回数 累計日数 年間累計 開始日 終了日 期間  山域 行き先 サブタイトル 回数 同行者
634 日 853 日 1 日 H20年01月01日(火) 1 日 六甲 初日の出・摩耶山~五辻~すずらんの湯 摩耶山 2名
635 日 854 日 2 日 H20年01月03日(木) 1 日 六甲 摩耶ケーブル東尾根~中尾根 摩耶山 2名
636 日 855 日 3 日 H20年01月06日(日) 1 日 播州 小野アルプス/下見 5名
637 日 856 日 4 日 H20年01月14日(月) 1 日 六甲 一ヶ谷西尾根~天狗南尾根~油コブシ 9名
638 日 857 日 5 日 H20年01月20日(日) 1 日 六甲 ドントリッジ~森林公園~すずらんの湯 山歩仲間例会 104 11名
639 日 858 日 6 日 H20年01月26日(土) 1 日 六甲 菊水ルンゼ~菊水山 2名
640 日 859 日 7 日 H20年01月27日(日) 1 日 六甲 保久良神社~黒五谷 6名
641 日 860 日 8 日 H20年02月02日(土) 1 日 湖南 湖南アルプス・笹間ヶ岳~堂山/下見 4名
642 日 861 日 9 日 H20年02月03日(日) 1 日 六甲 有馬滝巡り~太閤の湯 4名
643 日 865 日 13 日 H20年02月08日(金) 02月11日(月) 4 日 熊野古道 夜発⇒那智高原
那智~大雲取越~小仲
小雲取越~川湯温泉
大日越~湯の峰温泉
6名
644 日 866 日 14 日 H20年02月17日(日) 1 日 播州 小野アルプス 山歩仲間例会 105 8名
645 日 867 日 15 日 H20年03月01日(土) 1 日 阪奈 屯鶴峰~二上山~平石峠~うぐいすの湯 8名
646 日 868 日 16 日 H20年03月08日(土) 1 日 六甲 掬星台/テント補修・カレー鍋 摩耶山 7名
647 日 869 日 17 日 H20年03月15日(土) 1 日 六甲 甲山~ガベノ城~北山公園/下見 2名
648 日 870 日 18 日 H20年03月16日(日) 1 日 湖南 湖南アルプス・笹間ヶ岳~堂山 山歩仲間例会 106 12名
649 日 872 日 20 日 H20年03月22日(土) 03月23日(日) 2 日 湖北 夜発⇒薬草の里
伊吹山・弥高尾根~五合目
6名
650 日 874 日 22 日 H20年04月12日(土) 04月13日(日) 2 日 江若 湖北・武奈ヶ岳~三重岳
三重岳~石田川ダム
江若丹 73 4名
651 日 875 日 23 日 H20年04月19日(土) 1 日 東山 山科~大文字越/下見 2名
652 日 876 日 24 日 H20年04月20日(日) 1 日 六甲 甲山~ガベノ城~北山公園 山歩仲間例会 107 20名
653 日 877 日 25 日 H20年04月26日(土) 1 日 奈良 加茂~灯明寺山~岩船寺 2名
654 日 878 日 26 日 H20年04月29日(火) 1 日 奈良 加茂~岩船寺~鶯の滝~三笠山 3名
655 日 879 日 27 日 H20年05月05日(月) 1 日 六甲 高山植物園/雨 2名
656 日 880 日 28 日 H20年05月06日(火) 1 日 六甲 掬星台~山羊戸渡 摩耶山 2名
657 日 881 日 29 日 H20年05月11日(日) 1 日 六甲 天上寺~穂高湖~双子山 摩耶山 2名
658 日 882 日 30 日 H20年05月17日(土) 1 日 奈良 滝坂道~芳山~鶯の滝~三笠山/下見 2名
659 日 883 日 31 日 H20年05月18日(日) 1 日 東山 山科~大文字越 山歩仲間例会 108 12名
660 日 885 日 33 日 H20年05月31日(土) 06月01日(日) 2 日 江若 石田川~三重岳~大御影山
大御影山~大谷山~赤坂山
江若丹
RR8
74 2名
661 日 886 日 34 日 H20年06月14日(土) 1 日 比良 白滝山~蓬莱山北尾根~打見山 3名
662 日 887 日 35 日 H20年06月15日(日) 1 日 奈良 滝坂道~芳山~鶯の滝~三笠山 山歩仲間例会 109 17名
663 日 889 日 37 日 H20年06月28日(土) 06月29日(日) 2 日 江若
加越
赤坂山~三国岳~P806
P806~野坂岳
江若丹
RR9
75 4名
664 日 890 日 38 日 H20年07月05日(土) 1 日 比良 蓬莱山北尾根~白滝谷 4名
665 日 891 日 39 日 H20年07月06日(日) 1 日 比良 打見山~蓬莱山北尾根~打見山/下見 2名
666 日 892 日 40 日 H20年07月12日(土) 1 日 北山 魚谷山~滝谷峠~二ノ瀬 3名
667 日 893 日 41 日 H20年07月13日(日) 1 日 比良 蓬莱山北尾根~打見山/流し素麺 山歩仲間例会 110 12名
668 日 897 日 45 日 H20年07月18日(金) 07月21日(月) 4 日 北ア 夜発⇒新穂高
新穂高~飛騨乗越
槍ヶ岳~飛騨乗越~新穂高
新穂高⇒松本/三河屋
3名
669 日 898 日 46 日 H20年07月27日(日) 1 日 六甲 逢山峡~古寺山/下見 4名
670 日 900 日 48 日 H20年08月02日(土) 08月03日(日) 2 日 江若丹 生杉~地蔵峠~野田畑峠/すき焼き
野田畑峠~三国峠~生杉
江若丹 76 5名
671 日 905 日 53 日 H20年08月11日(月) 08月15日(金) 5 日 奥日光 丸沼~奥白根山~五色沼小屋
錫ヶ岳~ネギト沢コル
三俣山~国境平
皇海山~鋸山~六林班峠
庚申山荘~銀山平⇒神戸
2名
672 日 906 日 54 日 H20年08月02日(土) 1 日 六甲 逢山峡~堰堤/焼き肉 山歩仲間例会 111 16名+2名
673 日 907 日 55 日 H20年08月31日(日) 1 日 丹生山系 ナダレ尾山~大池 2名
674 日 908 日 56 日 H20年09月06日(土) 1 日 比良 鉄塔道~蓬莱山北尾根 2名
675 日 909 日 57 日 H20年09月07日(日) 1 日 六甲 鷹尾山~荒地山~東お多福山 2名
676 日 912 日 60 日 H20年09月13日(土) 09月15日(月) 3 日 若丹 古和木川~尼来峠~丸山
頭巾山~横尾峠
横尾峠~流星館
江若丹 77 3名
677 日 913 日 61 日 H20年09月21日(日) 1 日 六甲 上野道~掬星台/雨 山歩仲間例会
摩耶山
112 9名
678 日 914 日 62 日 H20年09月28日(日) 1 日 六甲 石切道~心経岩~唐櫃台 3名
679 日 915 日 63 日 H20年10月05日(日) 1 日 北摂 有馬富士~花山院 2名
680 日 916 日 64 日 H20年10月18日(土) 1 日 六甲 高山植物園~池巡り 2名
681 日 917 日 65 日 H20年10月19日(日) 1 日 丹生山系 天ヶ峰~ナダレ尾山~五社 単独
682 日 918 日 66 日 H20年10月25日(土) 1 日 丹生山系 五社~ナダレ尾山~天ヶ峰~大池 2名
683 日 920 日 68 日 H20年11月01日(土) 11月02日(日) 2 日 鈴鹿 野登山~御所平
四方原山~鈴鹿峠
ラウンド琵琶湖 4名
684 日 921 日 69 日 H20年11月03日(月) 1 日 洛西 保津峡~水尾/下見 2名
685 日 922 日 70 日 H20年11月09日(日) 1 日 北山 貴船山~ユリ道/新ハイキング 3名+
686 日 923 日 71 日 H20年11月15日(土) 1 日 丹生山系 五社~ナダレ尾山~天ヶ峰~大池/下見 2名
687 日 924 日 72 日 H20年11月16日(日) 1 日 北摂 有馬富士~花山乃湯 山歩仲間例会 114 12名
688 日 925 日 73 日 H20年12月07日(日) 1 日 六甲 六甲~川西池~摩耶菊星台 2名
689 日 927 日 75 日 H20年12月13日(土) 12月14日(日) 2 日 加越 登山口~野坂岳/忘年会
野坂岳~粟野
江若丹 78 4名
690 日 928 日 76 日 H20年12月21日(日) 1 日 洛西 保津峡~水尾/鶏すき 山歩仲間例会 115 22名+2名
691 日 929 日 77 日 H20年12月27日(土) 1 日 熊野古道 熊野古道①・山中渓~雄ノ山峠~布施屋 2名
692 日 930 日 78 日 H20年12月28日(日) 1 日 熊野古道 熊野古道②・布施屋~海南 2名
78 日 59 回

Posted on 2月 5, 2009 at 10:41 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

090205-3 EXCEL表のテスト

累計回数 累計日数 年間累計 開始日 終了日 期間 山域 行き先 サブタイトル 回数 同行者
634 日 853 日 1 日 H20年01月01日(火)   1 日 六甲 初日の出・摩耶山~五辻~すずらんの湯 摩耶山   2名
635 日 854 日 2 日 H20年01月03日(木)   1 日 六甲 摩耶ケーブル東尾根~中尾根 摩耶山   2名
636 日 855 日 3 日 H20年01月06日(日)   1 日 播州 小野アルプス/下見     5名
637 日 856 日 4 日 H20年01月14日(月)   1 日 六甲 一ヶ谷西尾根~天狗南尾根~油コブシ     9名
638 日 857 日 5 日 H20年01月20日(日)   1 日 六甲 ドントリッジ~森林公園~すずらんの湯 山歩仲間例会 104 11名
639 日 858 日 6 日 H20年01月26日(土)   1 日 六甲 菊水ルンゼ~菊水山     2名
640 日 859 日 7 日 H20年01月27日(日)   1 日 六甲 保久良神社~黒五谷     6名
641 日 860 日 8 日 H20年02月02日(土)   1 日 湖南 湖南アルプス・笹間ヶ岳~堂山/下見     4名
642 日 861 日 9 日 H20年02月03日(日)   1 日 六甲 有馬滝巡り~太閤の湯     4名
643 日 865 日 13 日 H20年02月08日(金) 02月11日(月) 4 日 熊野古道 夜発⇒那智高原
那智~大雲取越~小仲
小雲取越~川湯温泉
大日越~湯の峰温泉
    6名
644 日 866 日 14 日 H20年02月17日(日)   1 日 播州 小野アルプス 山歩仲間例会 105 8名
645 日 867 日 15 日 H20年03月01日(土)   1 日 阪奈 屯鶴峰~二上山~平石峠~うぐいすの湯     8名
646 日 868 日 16 日 H20年03月08日(土)   1 日 六甲 掬星台/テント補修・カレー鍋 摩耶山   7名
647 日 869 日 17 日 H20年03月15日(土)   1 日 六甲 甲山~ガベノ城~北山公園/下見     2名
648 日 870 日 18 日 H20年03月16日(日)   1 日 湖南 湖南アルプス・笹間ヶ岳~堂山 山歩仲間例会 106 12名
649 日 872 日 20 日 H20年03月22日(土) 03月23日(日) 2 日 湖北 夜発⇒薬草の里
伊吹山・弥高尾根~五合目
    6名
650 日 874 日 22 日 H20年04月12日(土) 04月13日(日) 2 日 江若 湖北・武奈ヶ岳~三重岳
三重岳~石田川ダム
江若丹 73 4名
651 日 875 日 23 日 H20年04月19日(土)   1 日 東山 山科~大文字越/下見     2名
652 日 876 日 24 日 H20年04月20日(日)   1 日 六甲 甲山~ガベノ城~北山公園 山歩仲間例会 107 20名
653 日 877 日 25 日 H20年04月26日(土)   1 日 奈良 加茂~灯明寺山~岩船寺     2名
654 日 878 日 26 日 H20年04月29日(火)   1 日 奈良 加茂~岩船寺~鶯の滝~三笠山     3名
655 日 879 日 27 日 H20年05月05日(月)   1 日 六甲 高山植物園/雨     2名
656 日 880 日 28 日 H20年05月06日(火)   1 日 六甲 掬星台~山羊戸渡 摩耶山   2名
657 日 881 日 29 日 H20年05月11日(日)   1 日 六甲 天上寺~穂高湖~双子山 摩耶山   2名
658 日 882 日 30 日 H20年05月17日(土)   1 日 奈良 滝坂道~芳山~鶯の滝~三笠山/下見     2名
659 日 883 日 31 日 H20年05月18日(日)   1 日 東山 山科~大文字越 山歩仲間例会 108 12名
660 日 885 日 33 日 H20年05月31日(土) 06月01日(日) 2 日 江若 石田川~三重岳~大御影山
大御影山~大谷山~赤坂山
江若丹
RR8
74 2名
661 日 886 日 34 日 H20年06月14日(土)   1 日 比良 白滝山~蓬莱山北尾根~打見山     3名
662 日 887 日 35 日 H20年06月15日(日)   1 日 奈良 滝坂道~芳山~鶯の滝~三笠山 山歩仲間例会 109 17名
663 日 889 日 37 日 H20年06月28日(土) 06月29日(日) 2 日 江若
加越
赤坂山~三国岳~P806
P806~野坂岳
江若丹
RR9
75 4名
664 日 890 日 38 日 H20年07月05日(土)   1 日 比良 蓬莱山北尾根~白滝谷     4名
665 日 891 日 39 日 H20年07月06日(日)   1 日 比良 打見山~蓬莱山北尾根~打見山/下見     2名
666 日 892 日 40 日 H20年07月12日(土)   1 日 北山 魚谷山~滝谷峠~二ノ瀬     3名
667 日 893 日 41 日 H20年07月13日(日)   1 日 比良 蓬莱山北尾根~打見山/流し素麺 山歩仲間例会 110 12名
668 日 897 日 45 日 H20年07月18日(金) 07月21日(月) 4 日 北ア 夜発⇒新穂高
新穂高~飛騨乗越
槍ヶ岳~飛騨乗越~新穂高
新穂高⇒松本/三河屋
    3名
669 日 898 日 46 日 H20年07月27日(日)   1 日 六甲 逢山峡~古寺山/下見     4名
670 日 900 日 48 日 H20年08月02日(土) 08月03日(日) 2 日 江若丹 生杉~地蔵峠~野田畑峠/すき焼き
野田畑峠~三国峠~生杉
江若丹 76 5名
671 日 905 日 53 日 H20年08月11日(月) 08月15日(金) 5 日 奥日光 丸沼~奥白根山~五色沼小屋
錫ヶ岳~ネギト沢コル
三俣山~国境平
皇海山~鋸山~六林班峠
庚申山荘~銀山平⇒神戸
    2名
672 日 906 日 54 日 H20年08月02日(土)   1 日 六甲 逢山峡~堰堤/焼き肉 山歩仲間例会 111 16名+2名
673 日 907 日 55 日 H20年08月31日(日)   1 日 丹生山系 ナダレ尾山~大池     2名
674 日 908 日 56 日 H20年09月06日(土)   1 日 比良 鉄塔道~蓬莱山北尾根     2名
675 日 909 日 57 日 H20年09月07日(日)   1 日 六甲 鷹尾山~荒地山~東お多福山     2名
676 日 912 日 60 日 H20年09月13日(土) 09月15日(月) 3 日 若丹 古和木川~尼来峠~丸山
頭巾山~横尾峠
横尾峠~流星館
江若丹 77 3名
677 日 913 日 61 日 H20年09月21日(日)   1 日 六甲 上野道~掬星台/雨 山歩仲間例会
摩耶山
112 9名
678 日 914 日 62 日 H20年09月28日(日)   1 日 六甲 石切道~心経岩~唐櫃台     3名
679 日 915 日 63 日 H20年10月05日(日)   1 日 北摂 有馬富士~花山院     2名
680 日 916 日 64 日 H20年10月18日(土)   1 日 六甲 高山植物園~池巡り     2名
681 日 917 日 65 日 H20年10月19日(日)   1 日 丹生山系 天ヶ峰~ナダレ尾山~五社     単独
682 日 918 日 66 日 H20年10月25日(土)   1 日 丹生山系 五社~ナダレ尾山~天ヶ峰~大池     2名
683 日 920 日 68 日 H20年11月01日(土) 11月02日(日) 2 日 鈴鹿 野登山~御所平
四方原山~鈴鹿峠
ラウンド琵琶湖   4名
684 日 921 日 69 日 H20年11月03日(月)   1 日 洛西 保津峡~水尾/下見     2名
685 日 922 日 70 日 H20年11月09日(日)   1 日 北山 貴船山~ユリ道/新ハイキング     3名+
686 日 923 日 71 日 H20年11月15日(土)   1 日 丹生山系 五社~ナダレ尾山~天ヶ峰~大池/下見     2名
687 日 924 日 72 日 H20年11月16日(日)   1 日 北摂 有馬富士~花山乃湯 山歩仲間例会 114 12名
688 日 925 日 73 日 H20年12月07日(日)   1 日 六甲 六甲~川西池~摩耶菊星台     2名
689 日 927 日 75 日 H20年12月13日(土) 12月14日(日) 2 日 加越 登山口~野坂岳/忘年会
野坂岳~粟野
江若丹 78 4名
690 日 928 日 76 日 H20年12月21日(日)   1 日 洛西 保津峡~水尾/鶏すき 山歩仲間例会 115 22名+2名
691 日 929 日 77 日 H20年12月27日(土)   1 日 熊野古道 熊野古道①・山中渓~雄ノ山峠~布施屋     2名
692 日 930 日 78 日 H20年12月28日(日)   1 日 熊野古道 熊野古道②・布施屋~海南     2名
          78 日 59 回        

Posted on 2月 5, 2009 at 10:37 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

090205 経済産業省 CHECK PC!

 今日の/.jpに 経済産業省 CHECK PC! という記事があります。

090205_checkpc_poster02 実際に、CHECK PC!のサイトを開くとビックリします。
 ほとんどアニメか、中高生向けのノリですが、それぞれのタブを開くと内容は至って真面目で、安心したと言うか、失望したと言うか・・・

 例えば、”CHECK PC!って?”というボタンをクリックすると:
CHECK PC!って?
誰でも容易にインターネットに接続できるようになった今日、コンピュータウイルスの感染、不正アクセス、フィッシング詐欺等の被害に遭遇する危険性が高まっています。

このような被害を未然に防ぎ、安心してITを利用するための意識及び知識の向上を図るため、経済産業省は一般のインターネット利用者を対象に情報セキュリティ対策強化キャンペーン「CHECK PC !」を実施致します。

キャンペーンタイトルの「CHECK PC !」は、「自分のパソコンをチェックしてみよう。」ということをわかりやすく表現するために使用しています。

2009年「CHECK PC!」キャンペーン概要
2009年2月から、キャンペーンキャラクター「セキュリーナ」を起用した、情報セキュリティ対策に関する普及啓発活動を実施します。

と言う趣旨説明があって、内容は至極まともです。

 パソコンや、携帯でのインターネット閲覧ユーザーの過半数は若い方でしょうから、「自分のパソコンをチェックしてみよう。」という政府キャンペーンを展開するにあたって、対象者の年代を意識した画面と考えれば納得です。

折角ですから、CHECK PC!のブログパーツをサイドバーに貼らせて頂きます。


【/.jp の記事引用】
経済産業省 CHECK PC!
hylomによる 2009年02月04日 14時30分の掲載
ちょっとアイマス風味?部門より。
odate 曰く、

経済産業省による、CHECK PC!というWebサイトが公開されています。

キャンペーンキャラクターは「セキュリーナ」で、無駄にタイトルが長いデビュー曲「セキュリティCHECK!をしなかったら、なんて考えただけで青ざめちゃう。」の凄い気合が入っているPV(人形が歌って踊り、かなりカオスな感じ)も公開されています。悪乗りしてる?

CHECK PC!って?によると、

キャンペーンタイトルの「CHECK PC !」は、「自分のパソコンをチェックしてみよう。」ということをわかりやすく表現するために使用しています。

とのことで、2009年2月から「セキュリーナ」を起用した情報セキュリティ対策に関する普及啓発活動を実施するそうです。なお、監修は慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 武田圭史教授。セキュリティ啓蒙サイトとは思えないトップページ、無駄にちゃんと作られているPVやセキュリーナプロフィールなど、見所満載です。

Posted on 2月 5, 2009 at 12:03 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.04

090204 Windows7 インストールのオオボケ

090204_010501 昨夜というか、今朝方ようやくWindows7 β版をインストールしました。
 実は、日本語版として公開された1/14に早速、Microsoftのホームページから2Gbyteもあるファイルをダウンロードして、DVDにコピーしていたのですが、どうしてもDVDからインストールできず、何度も焼き直したりして試行錯誤していました。

 その間、マイクロソフトのホームページでインストール方法も読んでプリントもしていたのですが、その中の:
ステップ 2 : インストール DVD の作成
 インストール DVD を作成する
 Windows 7 ベータ版ダウンロードは ISO 形式のファイルで、インストールする前に、空のディスクから DVD を作成する必要があります。これには、ISO ファイルから DVD を作成するためのソフトウェアを使用する必要があります。

という記載をDVDにコピーすればよいと、軽く読み飛ばしていました。

 実際には、拡張子 ISO のファイルは、CDやDVDのデータを丸ごと1つのファイルとして保存したものだそうですから、LZHやZIPと同様、解凍して実行形式のファイルや、データファイルに展開しないといけなかったのです。
 普段、DVDビデオのデータを扱い慣れていれば、この辺りはファイルを見ればすぐ判断が付いたのでしょうが、Microsoftが標準で提供しない変換用ソフトを使わないと、インストールできないとは考えも及びませんでした。
 このことが判ったのは、次期OS「Windows7 ベータ版」をDL、インストールしてみた! というブログを読んでいて、B'sRecorderGoldで焼いたとあったからです。
 これでは、誰でも簡単にインストール、というわけにもいかないのが当然です。

 ついでに、Windows7の紹介記事ではしょっちゅうお目にかかっていたこの魚ですが、ベタという熱帯魚なんだそうです。
090204_010601日経トレンディの戸田 覚のPC進化論Windows 7は確かに快適だが拍子抜け の中でも以下の記述があって、やっぱりしゃれなのかも知れません。

 ちなみに、「どうしてWindows 7の壁紙は金魚なんだ?」という声を相当に聞いたが、この魚は金魚じゃない。いわゆる熱帯魚で「ベタ」という種類だ。「ベータ版」だから「ベタ」だと、開発者の洒落っ気を感じるのは僕だけか?

Posted on 2月 4, 2009 at 01:00 午後 | | コメント (0) | トラックバック (1)

2009.02.03

090203-2 節分

090203-2 節分  旭鮨 という寿司屋さん直伝の鮪と烏賊、胡瓜、紫蘇、ガリを巻いた手巻き寿司を作ってくれました。
 これは丸かぶりではもったいない旨さです。
 鰯を食べてから、頭を柊に刺して飾りましたから、あとは豆まきが残っているだけです。
 はい、ご苦労様!
 レシピなどは JNKさんのブログ をご覧下さい。

Posted on 2月 3, 2009 at 09:14 午後 | | コメント (2) | トラックバック (0)

090203 危機感は同じ:オバマ氏と鬼塚氏 0204追記

 堅い話で恐縮ですが、今日の日経メディカルに
 オバマ新大統領の就任演説を読む 二木 立(日本福祉大学教授)
という記事があります。

090204_obamaenzetu_2 内容は、サイトの性格上から云っても当然ですが、アメリカにおける医療制度の改革について:
 オバマ氏は国民皆保険制度の導入を公約したのではなく、高額になっている国民の医療費負担を引き下げるため、
カルテの電子化を実現して、「医療費のムダを削減し、お役所的形式主義を駆逐し、高価な検査の繰り返しを減らす」、と共に、「800万人以上の医療保険を守る」、というのが骨子だそうです。
ただし、対象を子どもに限定した医療保険制度の拡充(あるいは子ども皆保険制度)、に関しては法制化を志向していると書かれています。(イタリック部分引用、以下同じ)

 経済危機はアメリカでも日本でも同様の状況ですが、政府がなすべきこととして、
「市場の力は比類なきものだ。しかし、今回の(経済)危機は、市場は注意深い監視がなされなければ、制御不能になるおそれがあることを、私たちに思い起こさせた」と述べたことです
と政府が関与して市場の軌道を正すことを宣言していますから、危機感を訴え、経済再生が喫緊の案件であることを明確にしています。

 さらに、2008. 12. 4の同サイトに
 オバマ・アメリカ次期大統領の医療制度改革案を読む 二木 立(日本福祉大学教授)
という記事があって、その中に
 「アメリカ大統領選挙への関心についての世論調査では、日本人のなんと83%が「関心ある」と回答し、アメリカの80%(第2位)すら上回って世界一だったそうです(「中日新聞」10月4日朝刊「米大統領選と日本(下)」)。
とありますから、今の日本では、もたもたしている麻生さんには見切りを付けて、アメリカ人以上にオバマ氏の「変革(change)」に期待している方が多いようです。

 全く関係ないようですが、同じく今日の日経ビジネスオンラインに1985年8月19日号の記事が再掲されていました。
 24年も前の記事ですから、今更の感もありますが、トップの資質という点では説得力があり、オバマ氏も20年後にこういう風に振り返られる大統領であるよう祈ります。

【日経ビジネスが描いた日本経済の40年】
2009年2月3日
【時代のリーダー】鬼塚喜八郎・アシックス社長
「我慢で成功を買った男」「幸せの世襲あってたまるか」脱同族が旗印、創業の気概

先行きが見通しにくい2009年。困難な時代には新しいリーダー像が生まれるはずだ。これまでも企業経営や政治に新しい時代を切り開いたリーダーがいた。そんな時代のリーダーを日経ビジネスが描いた当時の記事で振り返る。
1985年8月19日号より

http://business.nikkeibp.co.jp/article/person/20090127/184051/?P=1

【02/04 追記】
 昨日、オバマ大統領のことを書きながら、鬼塚氏の20年以上も前の記事も引用しましたが、自分でもどこに共通点があるのかと思いながら、何となく気になっていました。今日、以下の記事を読んで納得がいきました。
 要は共通するのはリーダーシップであり、それを表現できるカリスマ性です。
 リーダーシップには信長のような独断専行型もいますが、オバマ氏や鬼塚氏は衆議独裁型という点で共通しているのではないでしょうか。日本の宰相にもそれを期待しましたが、今のところ空回りされているようで残念です。

2/4 ITmedia エグゼクティブ より引用
なぜ日本のリーダーはオバマ大統領になれないのか
 改めて認識しなければならないことがある。それは、「リーダー自身には力がない」ということだ。リーダーとは、自分に力がある人を指すのではなく、組織に属するメンバーの力を引き出す人を指す。メンバーそれぞれが持つ能力を引き出し、それを組織の成長に活用する。問題が発生したときには、リーダーが答えるのではない。答えは皆の中にある。皆に活躍する場を提供して、力を思う存分発揮してもらうことがリーダーの責務である。

Posted on 2月 3, 2009 at 12:19 午後 | | コメント (0)

2009.02.02

090202-2 御礼→アクセスカウント40万件

090202_accesscounter400 写真にもある通り、きよもりがブログを始めたのは2004年1月1日です。
 それから丸5年と1ヶ月。1857日にわたって3200件の記事を書き続けてきたことになりますから、我ながら呆れますが、皆様の励ましやご愛読のお陰と深く御礼申し上げます。

 思い出すのは5年も前のまだブログという言葉が一般化する前のことです。
 2004/01/08 電脳煩悩5 大ブレークの予言 
 2004/01/14 電脳煩悩6 続・大ブレークの予言

 これらの記事の中で、今後は個人はもちろん企業でもブログを利用したプロモーションや社内コミュニケーションが活発化すると書いていますが、おおむねその方向で拡大しているようです。

 個人的には、ブログは個人の日常活動や思っていることを書き留めて、興味のある方が閲覧も出来るツールだと思っていますから、きよもり自身は他の方が書かれたり、記録された写真を引用することがあっても、必ず出典を明らかにすると共に、自分自身の気持ちや感想も必ず添えるようにしているつもりです。

 また、中傷や政治絡みで片寄った意見は書かないようにしていますが、割に将来の予想を書いたりすることは好きな方です。自分自身では、常識的な人間だと思っていますが、JNKさん始め回りの方から見るとかなり個性がはっきりしているのだという意見が多いです。

 こういった記事のスタイルは今更変えようがありませんので、今後ともご辛抱の上、ご愛読お願い申し上げます。

 ついでで申し訳ありませんが、JNKさんも今年の初めからきよもりに奨められて(?)ブログを始めましたのでご紹介申し上げます。
 きよもりのブログとは全く毛色の異なる、食器、猫、料理の話題が大部分を占めていますので、ナッコ君以外は共通点無しです。興味をお持ちの方は是非覗いてやってください。
 http://junko32.cocolog-nifty.com
 または、googleでナッコ君と検索すれば多分ヒットすると思います。

 でも、ブリザードって、猛吹雪とユーミンの歌以外には知らなかったけど、着色ドライフラワーもブリザードって云うんですね。まさによその世界です。スンマセンm(_ _)m


Posted on 2月 2, 2009 at 06:17 午後 | | コメント (2)

090202 揚げないポテトチップス

 今日の日経 BPnetに
 「揚げないポテトチップス」で競合多いスナック市場に参入 サッポロファインフーズの「ポテかるっ」 2009年1月30日

という記事があります。
090202_potekaru 「ポテかるっ」は油で揚げず、遠赤外線で焼き上げる独自の方法で製造しているのが特徴。油分を72%削減し、1袋食べても摂取カロリーは138kcalにとどまるという。味は「うすしお味」と「あらびき黒胡椒味」の2種類。希望小売価格は150円。

 とありますから、これは画期的です。
 2、3年前から火を使わないオーブンレンジとか、水を使わない洗濯機とか、過去の常識を覆すような新しい発想の商品が市場を賑わすニュースを見かける機会が増えましたが、さしずめ油を使わないポテトチップスという新しい発想の商品です。

 記事にもある通り、従来から油で揚げていないポテチというのはありましたが、すべてマッシュポテトベースの粉末ジャガイモを固めて作る製法だったのを今回はサイコロ状のイモそのものを圧縮・熱加工して作っているそうなので食感がポテチに近いとか。
 これはコンビニに走るしかありません。でも、首都圏から発売とありますから、神戸で買えるのはいつのことでしょう。

 ロッテリアの産地直送ポテトも今のところ東京都内だけで発売だそうですから、各メーカーは東京での評価を受けて全国版に拡大するのが定法になっているようですね。でも、昔からイモ蛸南京は女性の大好物ですし、ポテトは男性でもビールのアテに好む人が圧倒的に多いのですから、もっと積極的に販売網を広げても間違いはないと思います。

 「揚げないポテトチップス」で
競合多いスナック市場に参入
 サッポロファインフーズの「ポテかるっ」 2009年1月30日
(聞き手:小林 佳代)

 サッポロホールディングス傘下のサッポロファインフーズは2月23日、首都圏地区のコンビニエンスストアでポテトチップス「ポテかるっ」を発売し、スナック市場に参入する。
 「ポテかるっ」は油で揚げず、遠赤外線で焼き上げる独自の方法で製造しているのが特徴。油分を72%削減し、1袋食べても摂取カロリーは138kcalにとどまるという。味は「うすしお味」と「あらびき黒胡椒味」の2種類。希望小売価格は150円。
 サッポロファインフーズは2008年3月の設立で、今回が初の商品発売となる。3月2日からはコンビニエンスストア以外のチャネルでも販売を始める。「ポテかるっ」の特徴やスナック市場参入の背景などをサッポロファインフーズの酒見謙三社長、荻野芳則取締役総合企画部長に聞いた。

── 最初に「ポテかるっ」の特徴を教えてください。

酒見 何と言っても、最大の特徴は油で揚げていないことです。通常のポテトチップスは油で揚げるため、重量の半分以上を油が占めます。「ポテかるっ」の場合は、遠赤外線で焼き上げているので、従来のポテトチップスに比べ、油分を72%削減できます。非常に軽い、今までにない食感に仕上がっています。ノンフライですから、当然、摂取カロリーも少ない。1袋食べても138kcalに抑えられます。

 我々は大手企業もひしめくポテトチップス市場に新規参入します。既にある商品と同じようなものを開発しても、太刀打ちできません。新しく、楽しく、自然な食生活が楽しめる商品を提供することを念頭に、従来なかったポテトチップスとして、この「ポテかるっ」を開発しました。

サクッ、フワッとした独特の口当たりを実現

── 油で揚げない製法はどのように確立したのですか。

酒見 サッポログループのサッポロ飲料が出資していた大分県の食品会社・ユニバースフーズが特許を持っているノンフライ製法の使用許諾契約を結び、その技術・ノウハウを使っています。

── 具体的には、どのような製法なのでしょうか。

荻野 通常のポテトチップスは、1mm程度にスライスしたポテトを油で揚げて、味付けして作ります。「ポテかるっ」の場合は、原料にサイコロ状にカットした乾燥ジャガイモを使用します。これにいったん加水し、特殊な機械で高温高圧をかけ、水分を蒸発させます。「膨化」という工程なのですが、この工程を経ると、ジャガイモがふわっとします。これに味付けし、遠赤外線で焼成し、製品に仕上げます。遠赤外線の持つ電磁波の効果で、内部から自己発熱し、水分が飛びます。それによって、サクッ、フワッとした独特の口当たりになります。

── 今までも、「油で揚げていない」ことをうたったスナック菓子はありましたが、「ポテかるっ」はどういう点が違うのですか。

酒見 「揚げない」製法で作ったポテトスナックは、海外にも国内にもあります。これらのものは、原料がフレークポテト、つまり粉で、その粉を成形して、焼いているケースが多いのです。「ポテかるっ」は乾燥ジャガイモ自体を使って作っているので、素材そのものの味が楽しめます。

メーンターゲットを大人の女性に設定した

── 油で揚げていないけれど、「ノンオイル」ではないのですか。

荻野 味付けする際、オイルスプレーをかける工程があります。口当たりを良くしたり、しっかり味がなじむようにするためです。

 「ノンオイル」と表示するためには、添加するオイルが本当に微量でなくてはなりません。技術的には不可能ではないと思います。ただ、スナック菓子の本質的な価値は「おいしい」ことです。おいしさを担保した上で、プラスアルファの価値があってこそ、差別化できる。おいしい、食感がいい、油分が少ない……。お客様が求める価値のバランスを取りながら、製品に仕上げるということで、現在のスタイルとなっています。

── ターゲットとしているのはどういう顧客層ですか。

荻野 開発段階で、「低脂質ポテトチップス」がどのように受け入れられるか、調査を行いました。油で揚げない、油分をカットしている、カロリーが低いといった特徴を示し、購入意向を調べたところ、全体の8割は「買いたい」、中でも、2割以上が「非常に買いたい」と答えました。「非常に買いたい」という回答が2割を超えるというのは、あまり例がないそうです。

 女性で、年齢が高くなるほど、また、ポテトチップスを食べる頻度が多いユーザーほど、「買いたい」「非常に買いたい」という回答が増える傾向にありました。そこで、「ポテかるっ」は25~44歳の女性をメーンターゲットと据えています。

後発の「ポテかるっ」は普通のポテトチップスとどう違うかを伝えることがカギになる。次回は、大人の女性に向け、パッケージや広告に施した工夫などを聞く。

小林佳代
1967年東京都生まれ。1990年慶応義塾大学法学部政治学科卒業。同年日経BP社に入社。「日経ビジネス」記者などを経て2001年に退社、フリーに。現在、「日経ビジネス」、「日経ビジネスアソシエ」、「日経エコロジー」など、主に経営・ビジネス関係の媒体で執筆中。

Posted on 2月 2, 2009 at 04:27 午後 | | コメント (0)

2009.02.01

090201 山行記録:1/31 熊野古道P5:湯浅~紀伊内原

090131_yuasa_kiiuchihara_019 二週間ぶりの熊野古道
 第五回は湯浅駅をスタートして、石畳が残る鹿ヶ瀬越えで紀伊内原まで18kmの長丁場でした。
 だんだんアプローチが長くなって、あと二回で紀伊田辺になりますから、その先、中辺路へは日帰りでは難しいでしょう。

 前日から雨がやまず、大きな低気圧が南海上を通過して、駅に着いたら雨が降っていました。歩き始めてしばらくしたら幸い雨は止みましたが、相変わらずの曇天で風が強くて、寒い一日でした。

 今回の目玉は赤、白、黄色と彩りをそろえた梅の花と500m続く石畳の古道、そして黒竹です。黒竹は刈った竹を色づけするのかと思っていたら、元々から黒いのですね。以前は生け垣や仕切り戸などよく売れたそうですが、最近ではさっぱりだと、庭先でお話ししたおばあさんがこぼしておられましたが、この地方の名産なんだそうです。

 
山行記録 熊野古道Part5 湯浅から鹿ヶ瀬越えで紀伊内原
日 時:平成21年1月31日 9:00~15:57 天候:小雨のち曇り 気温:12℃~10℃
行き先:湯浅~河瀬王子~鹿ヶ瀬峠~原谷~紀伊内原
参加者:2名/JNKさん、きよもり
地 図:25000分の一「湯浅」「高家」
 断面図 GPSルート図
行 程: 約19.2km 所要時間:6時間57分(歩行時間:5時間08分、休憩昼食:1時間49分)
 住吉5:42⇒6:17新大阪629⇒紀伊路快速(紀伊田辺行き)\1890⇒8:36湯浅
 湯浅9:00(16℃、5m、小雨)→9:08勝楽寺(紀伊国屋門左衛門の碑)→9:11久米崎王子→9:40新柳瀬橋→9:55津兼王子10:01→10:28丹賀大権現(神様のデパート)→10:32河瀬(ゴノセ)王子(40m、12℃、バナナ)10:46→10:58馬留王子(登山口、90m、あと2340mの標識)→コンクリート道→11:07ジグザグ道(左折、あと2030m)→旧道・地道→11:23展望台(170m、あと1230m)11:26→コンクリート道→11:40(260m、新しい石畳、あと710m)→11:53(350m、平坦道、あと152m)→11:58鹿ヶ瀬峠(360m、10℃、昼食・ニシン蕎麦)12:46→落ち葉の地道→12:59小峠(290m)→石畳の古道→13:12峠下・熊野古道公園(200m、紅梅と蝋梅)13:20→13:28板碑→13:32金魚茶屋跡(トイレあり)→13:38村入り口(120m、おばあさんと談笑)13:41→舗装道路→13:47沓掛王子→14:04爪かき地蔵→14:16四ツ石聖蹟(黒竹民芸品組合)→14:25西の馬留王子・光明寺(ぜんざい)14:36→14:52滑橋(右岸へ)→14:56内ノ畑王子→15:18左折(JR沿いの車道)→15:25高家(タイエ)王子(20m、トイレ)15:41→15:57JR紀伊内原(10m)
 紀伊内原16:06⇒紀勢線・大阪まで\2210⇒17:09和歌山17:19⇒快速⇒18:44大阪18:47⇒19:09三ノ宮
写 真:
 34枚のスライドショーです。(3'25")
 BGMはサザンオールスターズの「かしの樹の下で」です。

 こちらはpicasaのwebアルバムです。 
 

090131 熊野古道P5

【断面図】
090131t_yuasa_kiiuchiharadanmen

【GPSルート図】データが大きいため縮小しています。計画の画像も参考にしてください。
090131t_yuasa_kiiuchihara

Posted on 2月 1, 2009 at 11:23 午前 | | コメント (0)