« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008.12.31

081231-4 笑顔

 久し振りにO子さんから絵手紙をいただきました。
 有り難うございます。

 笑顔は百薬の長
 微笑みは周りの人にも幸せを運びます
 幾つになっても、笑顔を絶やさず、美しい花を咲かせましょう
 お互いによい年を迎えましょうね!

Photo_2

Dear Mr' and Mr's Kiyomori
 
   Laughter is the best medicine.
 
   Our smiles encourage one another.
 
   We're most human when we smile.
 
   It's true that every age brings
 
   beautiful flowers!
 
   Best wishes for you and for your loved
 
   ones this coming new year~!
 
      O-ko


Posted on 12月 31, 2008 at 11:46 午後 | | コメント (0)

081231-3 ハゲ

081231-3 ハゲ 「はげがはげ 食うと笑われ 酒旨し 」 (^-^)/  みらパパさん

 KMRさんの旦那様、ご馳走様でした。

081231_tuki_kinsei_nakko_hage_004081231_tuki_kinsei_nakko_hage_001 今日は昼間に三宮へ出掛けて、auショップと本屋さん、帰りにコーナンに寄り道して、植木鉢とプランターを買いました。
 日が暮れて、西空に綺麗な下弦の月と金星が見えたのでレリーズをセットしてパチリ!

081231_tuki_kinsei_nakko_hage_002081231_tuki_kinsei_nakko_hage_003 KMRさんのご主人が和歌山で釣ってこられたハゲを戴いたので、煮付けにしてご馳走になりました。
 ナッコ君はさすがに魚のにおいには敏感
 お母さんの隙をついて、ハゲに突進です。

Posted on 12月 31, 2008 at 08:59 午後 | | コメント (0)

081231-2 一休み

081231_ca3a0002081231_ca3a0003 買い物が終わって、三宮さんちか・ドトールでロイヤルミルクティと野菜ジュース

Posted on 12月 31, 2008 at 04:29 午後 | | コメント (0)

081231 大晦日

081231 大晦日 一昨日から仕込んだ黒豆と柚子ジャムが出来ました。
 のんびりした年の瀬です。
 網戸の掃除も終わったからまた出掛けます。

081231_amidosoji_001081231_amidosoji_002

Posted on 12月 31, 2008 at 01:21 午後 | | コメント (1)

2008.12.30

081230 年末は静かに

Dc122869Dc123011 昨日は買い物のお付き合いで元町から三宮へ出かけましたが、今日は静かに自宅で過ごしています。
 運動をしないで別腹さんに付き合って色々食べるから、あっという間に体重が増えました。
 やっぱり運動と食事はバランスが重要

 12/29の熊野古道P2で見かけた金平糖の花の名前を調べるのに、三時間もかけて自宅にある花の図鑑五冊を全部めくって探しましたが見あたらず、苦しいときのgoogle頼みで花の形から金平糖の花で調べたら、「姫蔓蕎麦」という名前であることが判明しました。
 
 早速通販で手配(二株で\500)したら、今日昼には到着して、ベランダに置きましたが、植木鉢を買わなきゃ!

【参考HP】
http://plaza.rakuten.co.jp/tennanshou/diary/200811210000/
 ヒメツルソバ(姫蔓蕎麦)はタデ科イヌタデ属の多年草で、原産地はインド北部~ヒマラヤ地方で、日本へは明治中期に渡来しました。名前の由来は、暖地の海岸に自生するソバムギ(蕎麦麦)に似ていて小型であることからです。
 草丈は20~30cmで茎は細く蔓状に地を這って伸び、良く分枝します。茎や葉の縁には赤褐色の毛が生えています。葉は短柄があり、長さ3~4cmの卵形で先端が尖っていて、互生します。表面には濃紫色のV字の斑模様が入り、秋には赤く紅葉します。茎から長い花穂を出して分枝して、枝先に5~10ミリの淡紅色の小さな花を球形に密集して付けて5月~翌年1月と長期に亘り開花します。

【参考HP2】
http://sohmokutoh.blog9.fc2.com/blog-entry-568.html
姫蔓蕎麦はヒマラヤ原産だそうですが、ピンクの金平糖のような可愛らしい花です。
蕎麦は11月1日の誕生花のひとつで、花言葉は「あなたを救う」。
この写真のようなドレスを着たら、少女のような心に戻るのではないでしょうか?

薄紅の金平糖に包まれて乙女の心しばし戻らん --- 照隅燈

Posted on 12月 30, 2008 at 03:00 午後 | | コメント (0)

2008.12.29

081229 山行記録:12/28 熊野古道P2:布施屋~海南

 山中渓から歩き始めた熊野古道の二日目は、昨日の続きで、布施屋から海南まで
 紀ノ川の南に広がる和佐の田園地帯はのどかで豊かな豪農が多いようで、大きな旧家が残っています。
 山の麓にある歓喜寺では、京阪神では見かけない師走にご先祖様のお墓参りをするよき風習が残っているようで、どこのお墓にも新しい色鮮やかなお花が供えられて、心が洗われるような気持ちでした。

 矢田峠を越え、平緒王子で昼食後、全国に木の種を播いたと伝えられる素戔嗚尊の三人の子供を祀る伊太祇曽神社で一息入れ、最後の汐見峠を越えて海南まで足を引きずりながら何とか歩き通しました。

前日の19.1kmと今日の17.6kmで約37km、最近は日帰りでも12~3kmしか歩いていなかったから、連日の長距離歩行はかなり疲れました。
 でも、天気もよく、風もなかったから、真冬の里歩きを堪能しました。

山行記録 熊野古道里道Part2 布施屋から海南
日 時:平成20年12月28日 9:23~16:50 天候:晴れ 気温:12℃
行き先:布施屋(ほしや)~矢田峠~海南
参加者:2名/JNKさん、きよもり
地 図:25000分の一「丸栖」「和歌山」「海南」
 コース断面図 GPSトラック前半GPSトラック後半
行 程: 約17.6km 所要時間:7時間27分(歩行時間:4時間48分、休憩昼食:2時間39分)
 住吉7:03⇒7:26大阪7:33⇒紀州路快速⇒8:51和歌山9:04⇒和歌山線⇒9:14布施屋
 布施屋9:23→9:30川端王子→9:50宮井川端の道→9:55無人露店(小芋、水菜購入)9:59→10:12歓喜寺(ビャクシンの木、バナナ)10:31→10:45和佐王子→登り坂→10:55役行者像→11:05矢田峠(110m、徳本上人の名号碑)11:22→蜜柑畑の下り道→平尾集落→12:10平緒王子(昼食・ニシン蕎麦)13:02→踏切→13:22伊太祇曽神社(トイレ、祠くぐり)13:45→13:52六地蔵→14:08奈久智王子14:12→14:28武内神社(ミカン、バナナ)14:41→真っ直ぐ南下する道→15:05四ツ石地蔵→15:26松坂王子→15:35蜘蛛池端(ぜんざい)15:52→16:00汐見峠(呼び上げ地蔵)→16:05 Daily YAMAZAKI(トイレ、買い物)16:10→16:23松伏王子→16:25春日神社16:30→16:50 JR海南駅
 海南16:56⇒紀勢線⇒17:10和歌山17:19⇒紀州路快速⇒18:44大阪
写 真:
 TUNAMIに乗って44枚の写真のスライドショーをご覧ください。ただし、6分37秒かかります。


・ビデオをご覧いただくには、アドビ システムズ社のプラグインソフト「Flash Player 7.0」以上が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してインストールの上ご利用ください。
081228 熊野古道P2 布施屋~海南

【コース断面図】
081228t_kumanokodo_hosiya_kainandan

【GPSトラック】
 前半
 081228t_kumanokodo_hosiya_kainan1

 後半
 081228t_kumanokodo_hosiya_kainan2

Posted on 12月 29, 2008 at 10:14 午後 | | コメント (0)

081229 胡麻団子

081229 胡麻団子081229 胡麻団子 黒豆と柚子ジャムの仕掛けが終わったから、元町へ
 別腹のお付き合いも大変です
 元町の中華街から播磨屋を経て大丸へ買い物のお付き合い
 予報が外れてよいお天気です。

Posted on 12月 29, 2008 at 03:07 午後 | | コメント (0)

2008.12.28

081228-2 ニシン蕎麦

081228-2 ニシン蕎麦081228-2 ニシン蕎麦 布施屋から昨日の続きを歩き始めました。
 豊かな田園地帯で大きな旧家が多い和佐から矢田峠を越えて、平緒王子で昼ご飯
 暖かいニシン蕎麦が美味しいです。

Posted on 12月 28, 2008 at 12:53 午後 | | コメント (0)

081228 山行記録:12/27 熊野古道P1:山中渓~布施屋

 昨日は、前日夜に思いついて2005年2月以来の熊野古道の紀州への入り口、山中渓からもう一度歩いてみました。
 4年ぶりの街道周辺は以前とほとんど変わっておらず、懐かしくもあり、表舞台で観光客が多い中辺路や熊野本宮周辺とは違って、昔ながらの田園風景と車社会を反映した喧噪がミックスしたコースでしたが、車が往来する国道や県道を一歩はずれると江戸時代そのままの旧家やお寺、田んぼの広がりの合間を縫う細い道が残っていて、山歩きとは違った里歩きを楽しみました。

山行記録 熊野古道里道Part1 山中渓から布施屋
日 時:平成20年12月27日 9:25~16:36 天候:晴れ 気温:6℃~14℃
行き先:山中渓(やまなかだに)~布施屋(ほしや)
参加者:2名/JNKさん、きよもり
地 図:25000分の一「岩出」「丸栖」
 コース断面図 GPSトラック
行 程: 約19.1km 所要時間:7時間11分(歩行時間:5時間09分、休憩昼食:2時間02分)
 住吉7:17⇒7:40大阪7:55⇒紀州路快速⇒9:06和泉砂川9:08⇒9:14山中渓
 山中渓9:25→旧町並観光往復→9:35戻り→10:03桜地蔵→10:15中山王子(バナナ、6℃)10:25→10:53雄ノ山峠の不動明王(ヤッケ脱ぐ)10:58→11:23山口王子→11:35小野堂11:47→12:04役行者堂→12:25山口神社鳥居(コンビニ買い物、昼食)13:00→車道歩き→13:22地蔵尊(左折)→13:30西蓮寺・川辺王子13:45→14:00猫の迷点(間違って左折)14:15→小川沿いの道→14:40イズミヤ(トイレ)14:50→14:55栗山商店(右折)→15:12元の猫の迷点→折り返し→15:22中村王子(看板のみ)→15:32力侍神社(2匹目、3匹目の猫)15:52→16:18川辺橋北詰→16:28川辺橋南詰→16:36JR布施屋駅
 布施屋16:54⇒和歌山線⇒17:04和歌山17:19⇒紀州路快速⇒18:44大阪

081227_kumanokodo_p1_031 【写真】 170329 PicasaのWEBアルバムからGoogleフォトに移行

 081227 熊野古道P1:山中渓~布施屋・ミルクちゃんとの出逢い
 Googleフォトの写真アルバムです。
 写真は43枚あります。

 左の写真をクリックすると写真アルバムが別窓で開きます。

【コース断面図】
081227t_kumanokodo_yamanakadani_hos
【GPSトラック】
081227t_kumanokodo_yamanakadani_h_2

Posted on 12月 28, 2008 at 02:47 午前 | | コメント (2)

2008.12.27

081227 熊野古道P1

081227 熊野古道P1081227 熊野古道P1 少しでも暖かい和歌山へ
 山中渓(やまなかだに)から布施屋(ほしや)への古道は車道歩きが主体ですから単調ですが、足馴らしのつもりでのんびり歩くには最適です。
 ローソンもあってカップ麺も食べられるし・・・

Posted on 12月 27, 2008 at 01:43 午後 | | コメント (0)

2008.12.26

081226 忘年会

081226 忘年会081226 忘年会 仕事仲間10名と最終日に忘年会
 肉と海鮮三昧、ボリュームがあって、安いからお奨めです。
 鉄板居酒屋「武蔵」 という店です。

Posted on 12月 26, 2008 at 07:19 午後 | | コメント (0)

2008.12.25

081225 クリスマスイヴもナッコ君が主役

081224_christmaseve_007 昨夜はクリスマスイヴ
 二人と一匹でささやかに、静かなイヴになる予定でしたが、ナッコ君にサンタの帽子をかぶせるのに一騒動。
 りくろーおじさんのチーズケーキの上にホイップクリームをかぶせ、イチゴをトッピングしたJNKさん苦心の手作りクリスマスケーキを前にしては、なかなかおとなしくカメラに納まってくれません。


・ビデオをご覧いただくには、アドビ システムズ社のプラグインソフト「Flash Player 7.0」以上が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してインストールの上ご利用ください。
081224 Christmas Eve

Posted on 12月 25, 2008 at 02:50 午後 | | コメント (1)

2008.12.24

081224 『K-20/怪人二十面相・伝』とニコラ・テスラ

081224_k20 12/16にテスラコイルを使用したワイヤレス電源、800W分の電球を点灯 という記事を紹介しましたが、昨日兄の陣中見舞(?)の帰りに見た 『K-20/怪人二十面相・伝』 のメインテーマがまさにテスラコイルでした。

 われわれの世代はもちろん現代の若い人でも、発明王・エジソンは知っていても同時代に生きたもう一人の天才発明超人・ニコラ・テスラに関しては、名前さえ知らない人の方が多いのではないでしょうか。
 wikipediaの記事には気象兵器という項目があって、『K-20/怪人二十面相・伝』 はこの話にヒントを得て作ったのかも知れません。

【Wikipediaより引用】
 気象兵器
  1898年ニューヨークの新聞記者の前で2トンの鉄の塊を粉々に粉砕するという実験がテスラにより行われた。
  これは高周波の振動を発生する装置によるものであるとされる。
  テスラはこの兵器の出力を上げれば、「この地球でもリンゴを割るように真っ二つにできる」と述べた。
  この兵器は「地震兵器」と呼ばれている。
  また、1995年2月から4月にかけて、オウム真理教は、地震兵器や電磁シールドの設計図を入手するために6人から成る調査団を、ユーゴスラビアのベオグラードにあるテスラ博物館に派遣した。 しかし、閲覧の許可は下りなかった。

 映画は、『ALWAYS 三丁目の夕日』のスタッフが作ったと言うだけあって、レトロな東京のイメージがほのぼのした雰囲気で描かれ、まさに大冒険活劇を充分楽しめます。イメージとしては、宮崎駿さんの『天空の城・ラピュタ』 とも、三谷幸喜さんの『THE 有頂天ホテル』や『ザ・マジックアワー』 とも共通するところがあって、きよもりの嗜好と波長がぴったりでした。

【追記】
 全く関連性のない話題ではありますが、今日の/.JPにはオバマ次期米大統領の政権移行チーム、宇宙太陽発電を検討 という記事があります。
 内容や目指す方向はあまり具体的には記載されていませんが、記事の最後に、「開発の主要な課題は宇宙船開発と宇宙輸送のコストの高さにある」 とありますから、どうも宇宙で効率よく太陽光発電をして、それを蓄電池か何かでストックしたものを地球に運ぶのでしょうか。
 今、テスラやエジソンが生きていたら、何を肥汲みみたいなことをやってるんだと、馬鹿にされそうな気がします。
 「天才とは1%のひらめきと99%の努力だ」(エジソン)
 「わたしならその努力の90%を節約することができる」(テスラ)
 「天才とは、99%の努力を無にする、1%のひらめきのことである」(テスラ)

オバマ次期米大統領の政権移行チーム、宇宙太陽発電を検討
GetSetによる 2008年12月23日 23時00分の掲載
capra 曰く、
本家記事より。オバマ時期米大統領の政権移行チームは「宇宙太陽発電 -エネルギー自給と気候変動へのソリューション(Space Solar Power –A Solution for Energy Independence & Climate Change)」(pdf)なる白書を発表、一般からの意見を公募している。
この白書は民間の非営利組織「宇宙フロンティア財団」によって作成され、新政権が宇宙太陽発電の開発・整備を国家の優先事項とするよう提唱している。
白書によると宇宙太陽発電はNASA管轄下なのか、エネルギー省管轄下なのかが明確にされておらず、現在まで見過ごされてきたとのことで、他の再生可能エネルギーとは異なり、季節や時間、天候などに左右されない安定性や、スケーラビリティに秀でており、長期的な利点が多いとしている。また、開発の主要な課題は宇宙船開発と宇宙輸送のコストの高さにあると指摘している。
白書は宇宙太陽発電を国策と指定すること、また開発を率いる連邦政府関係機関を任命すること、そして少なくとも核融合の研究開発に割いてきた予算と同等の資金を投入することを提唱している。
ちなみに、米国では核融合の研究開発に過去50年で210億ドル以上資金が投じられ、現在もエネルギー省は年間3億ドルを核融合の研究開発にあてているそうだ。

Posted on 12月 24, 2008 at 12:07 午後 | | コメント (0)

2008.12.23

081223 寒くなりました

081222 寒くなりました081222 寒くなりました 例会の夜辺りから大陸から大きな高気圧が張り出してきて冬の気候に戻りました。
 昨夜の会社帰り、三宮ミント前の大きなクリスマスツリーが風で倒れそうなほど揺れていて、立ち入り禁止になっていました。
 今朝は風は止みましたが、かなり冷え込んでいます。少し曇っていますが、これから越乃寒梅をかついで河内山本まで兄に会いに行きます。

Posted on 12月 23, 2008 at 09:47 午前 | | コメント (0)

2008.12.22

081222 山行記録:12/21 山仲間例会115 保津峡~水尾・鶏すき

081221__001 今年最後の例会は、恒例になった水尾の鶏すき
 「六兵衛」に最初にお世話になったのは2002年1月20日で第32回例会でした。その時はSACのメンバー総勢7名で雪の愛宕山から寒さに震えながら、水尾の別れからの急坂を下って、「六兵衛」に着きましたが、当時はまだ今の離れの座敷が出来ておらず、少人数と云うこともあって、玄関先のエントランスで鍋を囲んだのを思い出します。
 今回まで延べ8回毎年鶏すきを楽しんでいますが、一度だけ百井の「とり幸」に替えた以外は、一昨年までは年明けの2月にこの水尾通いを続けてきました。
 でも、年が明けると柚子も傷んでしなびてくるので、昨年から新鮮な柚子がある12月に開催時期を変え、例会の納会を兼ねるようになりました。
 今回は、参加者が過去最高の24名にもなり、終始和気あいあいで楽しい時間を過ごせました。参加して頂いた皆様有り難うございました。

【山行記録】
 日 時:平成20年12月21日(日) 9:17(亀岡出発)~12:52(「六兵衛」到着)
 行 先:洛西/亀岡~保津峡ハイキングコース~明智越~水尾
 参加者:24名/SAC関係8名:YMOさん(納会のみ参加)、HSMさん、MEDさん、AOMさん(納会のみ参加)、NROさん、ADTさん、DNNさん、きよもり
         /会社関係9名:USIさん、TRNさん、YNTさん、MURさん、NSMさん、OOTさん(初参加)、
           HRTさん、FTSさん、MTHさん
         /重廣倶楽部7名:重廣さん、SGMさん、AOKさん、KMRさん、ARMさん、TKDさん、JNKさん
 地 図:25000分の一「亀岡」「京都西北部」
  行程断面図 GPSルートトラック
 行 程: 
  12/21 曇りのち小雨、14℃ 歩行距離 9.1km 所要時間 3時間35分(歩行時間:2時間30分、休憩・軽食:1時間5分)
   JR京都8:26⇒山陰線\400⇒8:58JR亀岡
   亀岡9:17→9:51鳥居9:56→10:01請田神社10:06→10:16不動明王→10:31山越コース登山口10:40→急坂→10:57保津峡ハイキングコース分岐(245m、軽食)11:22→11:31鉄塔→11:41高瀬山・三等三角点(340.6m)11:46→11:53明智越えコース合流点(右折の下り)→12:03支尾根の鉄塔(時間調整の休憩)12:19→12:31明智越入口→水尾遊歩道→12:52水尾「六兵衛」(入浴、鶏すき・牛すき)
   水尾16:17⇒送迎バス⇒16:28JR保津峡16:36⇒山陰線\280⇒17:00京都(解散)

【会計報告】
 集金 ¥144,000 一人\6,000×24名
 支払 ¥136,800 
  「六兵衛」:¥136,800/
   すき焼き:\122,000(鶏すき@5000×20、牛すき@5500×4)
   飲み物:\14,800(ビール大瓶@650×18、お酒@450×4、烏龍茶@250×2、烏龍缶@200×4)
 残金 ¥7,200 /山仲間・預金通帳に預け入れますので、ご了解下さい。
【写真】

081221 保津峡から水尾へ

 ゆっくりと36枚のスライドショーをご覧ください。ただし6分37秒かかります。
 
・ビデオをご覧いただくには、アドビ システムズ社のプラグインソフト「Flash Player 7.0」以上が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してインストールの上ご利用ください。

【行程断面図】
081221t_hodukyou_mizuodanmen
【GPSルートトラック】 
081221t_hodukyou_mizuo


Posted on 12月 22, 2008 at 06:04 午後 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.21

081221 六兵衛

081221 六兵衛081221 六兵衛 125回例会は02/1/20以来、7年越で恒例になった水尾の鶏すき 9時にJR亀岡に集合、22名の大人数でしたが、前半は保津川沿いの平坦な道 車が少ないので車道とは行っても川下りの船や対岸をゆっくり走るトロッコ列車を眺めながら、賑やかに進む。 後半は150mの急登を我慢して、軽く腹ごしらえしてから明智越から水尾川を経て13時前には「六兵衛」に到着 先行されたYMOさん、AOMさんの出迎えを受けて、柚子風呂で汗を流してから、24名の納会がスタート 水尾の鶏すきでお腹いっぱい 帰りは、マイクロバスでJR保津峡まで送って頂いたので、17時には京都に戻れました。

Posted on 12月 21, 2008 at 04:47 午後 | | コメント (0)

2008.12.20

081220 うどんすきでお誕生日おめでとう

081220 うどんすきでお誕生日おめでとう081220 うどんすきでお誕生日おめでとう 12月29日は尾道の母の89歳の誕生日
 むかしよく一緒に食べた美々卯のうどんすきのセットを送りました。
 お礼の電話で今から食べるとのことだったから、神戸の自宅でも同じうどんすきを楽しみました。
 まるで陰膳ですね。

 二人前となっているけど、うどんは3玉、具もたっぷりあるから一回では食べ切れません。

Posted on 12月 20, 2008 at 07:38 午前 | | コメント (0)

2008.12.19

081219 メリノウールは通販で/円高の時こそ輸入

081219_outsidesports 通販で欲しいものを探して購入するのはリスクもありますが、楽天やAmazonで購入する場合はセキュリティ面や信頼性の点でもほとんど不安はないようです。
 でも、全く聞いたこともない販売店の場合は、商品が届くまで何となく不安です。ましてそれが海外となると、チャンと注文できたのかも含めて、なかなか思い切りが必要です。

 そのようなリスクがあるものの、この一年ばかり、アイスブレーカーのアンダーウェアをニュージーランドのアウトサイドスポーツ(OutsideSports)というオンラインショップで頻繁に購入しています。
 理由はただ一つ、日本で購入するより三分の一から半分位安いからです。急激な円高の影響で昨年12月に1AU$=¥98だったのが、今年12月は1AU$=¥62位になって正味三分の二のレートになっています。

081219_outsidesports_2 そんなこともあって、ここ2ヶ月あまりは、十和田生まれのくせに、寒さに弱いJNKさんにせがまれての毎週のように発注しては取り寄せています。最近の例ではメリノウールのアンダータイツが\4,372ですから、ユニクロも真っ青かも知れません。
 問題は在庫管理が多少いい加減で、よく品切れの返事が来ます。その時は代わりの商品を再手配しなければいけないから、少し面倒です。

 英語圏ですから、画面や発注はすべて英語ですが、金額表示は円に変更できますから、送料も含めて買い物の目安も付きやすいし、一度実績が出来て、メールアドレスを登録すれば、二回目以降は送付先住所などは入力する必要がありません。

 興味のある方はOutsideSportsのHPにアクセスしてみて下さい。
 

Posted on 12月 19, 2008 at 11:41 午前 | | コメント (0)

2008.12.18

081218 猫はかすがい

081218_kafuka この写真はASCII.jp デジタルの『荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ”』の第82回子猫「かふか」の去勢から引用させて頂きました。
 このページは猫写真家/荻窪圭さんの飼い猫「大五郎」と子猫の「かふか」が主役です。かふか君は今年8月に生後3ヶ月で貰われてきて、最近は完全に主役の座を大五郎君から奪ってしまいました。

Dc1117139 ペットは猫でも犬でも自分の主人をチャンとわきまえていて、犬はご主人に忠実に仕えるという感じですが、猫は自分の面倒を見てくれるのが主人で、中心は常に猫自身です。

 きよもりの飼い猫「ナッコ君」は元々JNKさんが飼っていたオス猫ですが、野良猫だったそうですから、食い物にはすごくどん欲で、毎朝5時になると必ず起こしに来て、朝ご飯をねだりますし、この写真のように、甘いものやバター、ちくわ、鰹節など美味しいモノはよく知っていていくらでも食べます。

 でも、それが仇になって糖尿病で、毎日インシュリンの注射を打ってもらっていますから人間と同じです。もう少しダイエットしないといけないのですが、親が甘やかすから、なかなか食欲が減退しないので体重が減りません。
 ちなみにナッコ君もオスですから去勢されています。ちょっと可哀想!
 でも、変に媚びないでノビノビしていますから、年寄り夫婦のよい刺激剤になっています。

荻窪圭の“這いつくばって猫に近づけ” 第82回 子猫「かふか」の去勢  2008年12月17日 14時00分更新
文● 荻窪圭/猫写真家

 今、子猫の「かふか」の首にはこんな透明のコーンがはまってる。
 去勢手術をしたからだ。
 室内猫だし、うちには雄2匹だしで慌てて去勢する必要はないんだけれども、「大五郎」の時、のんびりしててえらい目にあったのである。
 猫にはおしっこでマーキングする「スプレー」と呼ばれる習慣がある。必ずするとは限らないんだけれども、大五郎の場合は1歳になった頃、それが始まり、部屋中の色んなところにおしっこをするようになったのだ。それが臭いのである。
 部屋の隅でしたり、布団の上でしたり、お気に入りのコートの上でしたり。直後はあまり臭わないんだけれども、時間が経つにつれ……臭くなっていくのだ。
 おしっこをされるたびに匂い消しスプレーで消して回るのだがとてもおっつかないし、おしっこの臭さはしつこくて消えないのである。あのときは布団に入るたびに臭かったなあ。
(続きはこちら)

Posted on 12月 18, 2008 at 11:11 午前 | | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.12.17

081217 山のゆく年くる年 電脳の2009年はSSDがブレイク

Dc0213269Dc0723225080811_15_0109okushirane_sukaisan

 今年もあと2週間を残すのみとなりましたが、年内の公式?行事は、山仲間の例会(12/21)で水尾へ行くのと、会社の部署の忘年会(12/26)の二つだけになりました。今年の山行日数は76日で終わりそうです。
 年末年始は12/27~1/4まで今年は9日間も休みがありますが、今のところ何も予定が入っていません。

 二年前なら年末から年始に掛けて3~4日間で若丹国境や熊野古道などテント・食糧を担いで真面目に歩いたものですが、05/12/29~06/1/2に南氷洋で新年を迎えられるDr.HRIさんと二人で熊野三山+奥駆最南部を歩いたのを最後に06年、07年は日帰りでチョロチョロと何度か歩くだけになってしまいました。

 あの頃が懐かしいと言ったら罰が当たりますが、先日の野坂岳避難小屋でもそうですが、テントを担いで歩くときは日帰りとは全く異なる緊張感があって本当に山へ帰ってきたという開放感があります。

 今年は8/11~15の奥白根山~皇海山(NWHさんと二人)を筆頭に6/18~21の槍ヶ岳(MTNさん、NWHさんと三人)、2/8~11の熊野古道・雲取越など10回の泊まり山行がありましたから、結構充実していました。ご一緒頂いた皆様有り難うございました。

 でも、来年は今のところ番外編の東西交流で5月22~24日に八ヶ岳へ行く計画があるだけで、まとまった山行予定は立てていません。立場上、3年前のように一人で思いついたらぶらっとテントを担いでというわけにはいかなくなったし、泊まり山行が平気な山仲間も転勤しちゃったり、忙しかったりで、寂しいですが活動範囲を縮小せざるを得ません

 それはさておき、今日の/.jpの記事に
 2009年はSSD躍進の年になるか? というのがあったので、今年と来年の山の話へ気持ちが行ってしまいました。
 この記事や、書かれているコメントでは、SSDはまだ高価で、動作がまだ安定していない、伝送速度が発展途上、等の理由で懐疑的な意見も半分程度はあるようです。

 個人的には、来年前半に現在のノートパソコン用のハードディスクの主流である120G~250Gの代替として同容量のSSDが1万円~2万円の価格帯になると思っています。

 今はやりのネットブックや携帯の延長にあるスマートフォン(iPhone、TouchDiamond等)が小型を維持しながら長時間駆動、高機能を達成するにはHDDにはない省電力&小型化&静音を兼ね備えたSSDは必然でしょう。
 一方で、今年の流行語であったCloudComputingの先に見えるのは、4、5年前にはやったThinClientタイプのパソコンですから、SSDには自前のビデオ画像や音楽、デジカメ写真などあくまでも大量のデータを持ち歩くための道具としての割り切りが増えると思われます。

 かく言うきよもりの場合も、会社でも自宅でも今は250G以上のHDDを使っていますが、その大部分は保存データの置き場所となっていますから、アクセス速度とデータの安定保証を目的としたSSDの使い方が進むかも知れません。

2009年はSSD躍進の年になるか?
hylom による 2008年12月16日 14:02 の掲載 (ストレージ)
旧型ノートのアップグレード向けにパラレルATAモデルが欲しい、 部門より

あるAnonymous Coward 曰く、
SSD搭載のPCはこの2年程でだいぶ見かけるようになったが、従来のハードディスクと比較すると依然高価である。しかしサムソンの256GBのSSDの量産開始や、インテルのSSD市場参入、またMicronの秒速1GBのSSD発表 などのニュースに象徴されるよう、2009年には安価で高パフォーマンスなSSDが消費者とビジネスの両市場で本格的に普及するのではないかと予想されているそうだ(本家記事より)。

2009年はSSD躍進の年になるだろうか?/.J諸氏はどう見る?

秋葉原などではアクセス速度が遅いMLCタイプのSSDであれば32GBのものが1万円以下で販売されている という状況で、だいぶ入手しやすくなっている。/.J読者の方々でも、SSDを使っているユーザーは少なくないのではないだろうか?

このストーリーへのコメント:
http://slashdot.jp/askslashdot/comments.pl?sid=08/12/16/0418228

Posted on 12月 17, 2008 at 12:32 午後 | | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.12.16

081216 テスラコイルを使用したワイヤレス電源、800W分の電球を点灯

081216_teslacoil テスラコイルと聞いても、文系人間にはピンと来ませんが、変圧器による放電現象に近いモノだと思います。
 今日の/.jpの記事です。テスラコイル使用したワイヤレス電源、800W分の電球を点灯

 共振変圧器という装置を使って、無線で電灯を点ける実験の結果とのことですが、,原理はともかくとして、世界中の町や村に張り巡らされた電柱の電線や、山と尾根を渡る高圧電線を見るたびに、電気の必要性と裏腹に電力供給のために避けられない電線が無くなれば世界は変わるだろうと思っている一人として、こういった技術が一般化すれば、本当の意味でのワイヤレス無線パソコンの実現へとイメージがふくらみます。

テスラコイル使用したワイヤレス電源、800W分の電球を点灯
hylom による 2008年12月15日 12:45 の掲載 (電力)
トラブルは発明の母、 部門より
http://slashdot.jp/hardware/article.pl?sid=08/12/15/031224

あるAnonymous Coward 曰く、
Nevada Lightning Laboratoryテスラコイルを使い無線で電力を送電し、5m離れた場所で800W分の電球を点灯させる実験に成功した。今年8月にはMITが2m離れた場所で60W電球を点灯させることに成功していたが、今回はこれを大きく超える結果となった。

なお、共振コイルを使用したワイヤレス電力に関する特許はテスラコイルを発案したニコラ・テスラ氏によって100
年以上前に特許が取得されているとのことで、同社は今回の実験を元に特許取得など知的財産を追及する意向はないことを明らかにしている。実験のデータなどは同社サイトに写真とともに掲載されている。

ちなみに今回の実験は、同社が高周波変圧器の実験を行っていた際に電源の抜いてあった別の変圧器が煙を出したことの原因究明がきっかけとなったそうである。

Posted on 12月 16, 2008 at 04:10 午後 | | コメント (2)

2008.12.15

081215 山行記録:12/13~14 野坂岳&忘年会

 山行記録と、精算、GPSのトラックを追記しました。(08/12/22)

 山仲間の番外編も今年は主力メンバーが転勤になったり、多忙だったりで、少し寂しくなりましたが、このところの常連四名で元気に野坂岳へ行ってきました。
 初日はひさしぶりに快晴、でも夕方から雲が厚くなって、楽しみにしていたふたご座流星群はもちろん、満月も見えませんでした。夜半に起きたらかなりの勢いで雨が降り出して朝方まで続きました。

 そんなことにはお構いなしで、酒豪三名は15時から始めた宴会で途中休憩もなく、22時に酒が尽きるまでひたすら飲み続けておられました。
 きよもりは16時くらいに一度ダウンして、17時過ぎに鍋をごちそうになり、また19時くらいにはダウンで、結局朝5時に目が覚めるまでかれこれ12時間近く寝たことになります。
 
 写真をピックアップしてスライドショーにしましたのでご覧ください。
  写真とBGMのタイミングを合わせ、コメントを入れましたから、見栄えはよくなったと思います。

野坂岳」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

・ビデオをご覧いただくには、アドビ システムズ社のプラグインソフト「Flash Player 7.0」以上が必要です。お持ちでない方は、こちらからダウンロード(無料)してインストールの上ご利用ください。

081213_14 野坂岳

【山行記録】
敦賀・野坂岳
日 時:平成20年12月13日(土) 10:35~12月14日(日) 10:28
行 先:敦賀・野坂岳&番外編忘年会
参加者:4名/HSMさん、AKEさん、KRKさん、きよもり
行 程:
 12/13 快晴 14℃ 歩行距離:3.7km 所要時間:3時間03分(歩行時間:1時間54分、休憩・昼食:1時間9分)
  住吉7:17⇒7:20芦屋7:29⇒新快速・湖西線⇒7:37尼崎⇒8:15京都⇒9:50敦賀9:57⇒タクシー・\3,280⇒10:20野坂岳登山口(キャンプ場)
  登山口(190m、14℃)10:35→11:05とちのき地蔵(水汲み、リンゴ)11:20→11:53行者岩(650m)12:00→12:10一の岳(700m、昼食)12:48→13:10二の岳→13:18急坂中間(850m)13:27→13:30三の岳→13:38野坂避難小屋(山頂往復、宴会用意、15:00開宴/一夜干し烏賊、鰤カマ、博多風鶏鍋、22:00就寝)
 12/14 小雨のち晴 2.5℃→15℃ 歩行距離:5.9km 所要時間:2時間36分(歩行時間:1時間55分、休憩:41分)
  野坂避難小屋(6:00起床、6:30朝食/鶏雑炊)7:52→7:58三の岳→8:07二の岳→8:24一の岳8:35→8:41行者岩→9:00とちのき地蔵9:10→9:31登山口(190m、雨具下・スパッツ・ストック片付け)9:51→遊歩道経由→10:28JR粟野
  JR粟野10:53⇒小浜線・\200⇒10:59敦賀(昼食/肉うどん・ビール・計\4410)11:35⇒コミュニティバス・\200⇒11:55リラポート(入浴・\1000、ビール・\380)13:26⇒コミュニティバス・\200⇒13:55敦賀14:23⇒新快速・湖西線⇒16:00京都(解散)⇒16:13高槻⇒16:30大阪⇒16:43芦屋(遅れ)17:07⇒17:12住吉

【会計報告】
 集金 ¥26,000 一人\6500×4名
 支払 ¥25,610 
  食材・おやつ他:¥10,000/AKE\8,000、HSM\1,000、MRI\1,000
  交通費:¥5,680/タクシー(敦賀~登山口)\3,310、JR(粟野~敦賀)\800、バス(敦賀駅~リラポート往復)\1,600
  昼食&ビール:¥5,930/駅前食堂(肉うどん&ビール)\4,410、缶ビール(リラポート)\1,520
  入浴料:¥4,000/リラポート\4,000
 残金 ¥390 /山仲間・預金通帳に預け入れます)

【地図】
 行程断面図
 GPSルートトラック 

【行程断面図】
 081213_14t_nosakadanmen
【GPSルートトラック】 
 081213_14t_nosakadake


Posted on 12月 15, 2008 at 01:04 午前 | | コメント (4)

2008.12.14

081214-3 Re:お疲れさま→列車酒場

081214_153401 京都まであと30分です。
 ブランデーも残り少なくなりました。
>
>宴会山行で飲み疲れしてませんか?このメンバーでは電車を降りても続きがありそうでコワイ。。
>こちらは一日家に居たので年賀状の準備が進みましたが、やはり週一回は山に行かないと物足りません。
>NWH
>
>>リラポート温泉ですっきりして
>>敦賀発の列車酒場に乗りました。
>>昨日の15時からず〜っと飲みっぱなし

Posted on 12月 14, 2008 at 03:45 午後 | | コメント (0)

081214-2 列車酒場

081214-3 列車酒場081214_142601 リラポート温泉ですっきりして
 敦賀発の列車酒場に乗りました。
 昨日の15時からず~っと飲みっぱなし

Posted on 12月 14, 2008 at 02:39 午後 | | コメント (0)

081214 Re:モーニングコール→第三ラウンド 博多鶏鍋

081214_063302 雨のち曇りなので引き返して早めに下ります。
 よく飲みよく食うパーティーです。
 白濁雑炊御馳走様
>
>そろそろ起きる時間ですよ。KRKさんにはお気の毒でしたが、鶏鍋美味しかったでしょう。こちらは家で缶ビール2本と焼酎の水割りを飲んでコロッと寝たので早く目が醒めてしまいました。
>今朝は雑炊ですね。天気は下り坂みたいですから帰り道に気をつけて!
>NWH
>
>>きよもりは3杯のんだから一寝入り
>>17時30分に起きたらAKEさんお手製の鶏鍋が出来上がっていました。
>>御馳走様です。

Posted on 12月 14, 2008 at 07:48 午前 | | コメント (0)

2008.12.13

081213-5 第三ラウンド 博多鶏鍋

081213-5 第三ラウンド 博多鶏鍋 きよもりは3杯のんだから一寝入り
 17時30分に起きたらAKEさんお手製の鶏鍋が出来上がっていました。
 御馳走様です。

Posted on 12月 13, 2008 at 05:34 午後 | | コメント (0)

081213-4 第二ラウンドは鰤かまと伊佐美

081213-4 第二ラウンドは鰤かまと伊佐美081213-4 第二ラウンドは鰤かまと伊佐美 酒と烏賊の次は鰤かまと焼酎です。
 15時40分
 シェフは大忙し

Posted on 12月 13, 2008 at 03:53 午後 | | コメント (0)

081213-3 八代亜紀の世界

081213-3 八代亜紀の世界081213-3 八代亜紀の世界 越乃寒梅はぬるめに澗をして
 一夜干しの烏賊を炙って早めの宴会
 ただいま15時

Posted on 12月 13, 2008 at 03:11 午後 | | コメント (0)

081213-2 横山岳、金糞岳、伊吹山

081213_123401081213-2 横山岳、金糞岳、伊吹山 手前は岩籠山です。
 快晴、快適
 のんびり地図のお勉強

Posted on 12月 13, 2008 at 12:40 午後 | | コメント (0)

081213 快晴→Re:野坂

081213 快晴→Re:野坂081213 快晴→Re:野坂 鍋の食材と酒3Lの重い荷物も久し振りにすっきり晴れた青空だから気持ちは軽いです。
 今夜はふたご座流星群が見られると最高だけど・・・
 行ってきま〜す
>おはようございます。野坂はAKEさんのヒレ酒がとっても美味しかったのが心に残っています。気を付けてお出掛け下さい。
>おじゃま虫

Posted on 12月 13, 2008 at 09:25 午前 | | コメント (0)

2008.12.12

081212-2 ウィルスは天文学的に膨張

081212_virus_ph1 一昨日の日経ITproに
2008年のウイルスは150万種類、たった1年で過去21年分の2倍 エフセキュアが報告
「1987年から2006年までは25万、2007年は50万」
という記事があって、ビックリしました。
 ウィルスによる被害届の件数はこの3年あまりで急激に増加し、天文学的な数字になっているようです。

081212_virus20080125_ph1 旧聞ですが、2008年1月の同記事には
2007年に出現したウイルスは500万種類以上、昨年の5倍以上に
というのがあって、調査会社の違いでしょうが数値が10倍も違いますが、グラフの形は驚くほど似通って、現状に警告を発しています。こちらのカウントでは昨年2007年は500万種類となっていましたから、2008年には、1500万種類ものウィルスが出現したと推定されます。

 こんなに猛烈な勢いで新種が現れている状況では、ワクチンソフトだって、追いつかないのではないかと思います。会社でも外部からの攻撃に対処するのに躍起ですが、自宅でもウィルス対抗ソフトを常駐させていてもなかなか安心できません。

 それと共に、以下の記事のように手口もますます巧妙になっているようで、危険な添付ファイルやアイコンをクリックしない習慣が付いていても、Adobe Acrobat Readerのダウンロード用アイコンなんかはつい更新ボタンを押してしまいますね。
 ウィルスやスパイメールなんかが毎日数億の単位で流されているのは、それによって膨大な利益を得るか搾取できるようなブラックマーケットがあるのでしょうか。
 この辺りから退治しないと喩えは違いますが、「WALL・e(ウォーリー)」みたいに人類はインターネット世界から逃げ出さないといけなくなるかも知れません。

【TorendMicroの08/12/01の記事】
オバマ勝利がもたらすサイバー犯罪
  
 2008年11月5日、米国大領領選挙でバラク・オバマ候補が勝利をおさめた後すぐ、選挙結果と動画を伝えると称したメッセージが出回りました。このメール内のリンクをクリックすると、米国政府関係のページが表示され、オバマ候補の勝利宣言の動画を紹介する記事が掲載されていました。その後、動画の下部に「ここをクリックしてAdobe Flash Playerの最新版をダウンロードしてください」というメッセージが現れますが、実際にダウンロードされるのは、ダウンローダ(不正なプログラムをWebからダウンロードするもの)やパソコン内の情報を収集し外部に送信する不正プログラムでした。

 サイバー犯罪者にとって、選挙関連の出来事の利用は、効果的なソーシャルエンジニアリングの手口です。特に米国選挙期間中は、投票者や米国民ではない人々も含め、オバマ氏の支持者から中傷者まで幅広い範囲の人々の関心を捕らえることができます。このことは、不正プログラムが広範囲の攻撃対象を確保できることを意味します。関心のあるユーザたちは、そうした政治色の濃いメールを好んで受け入れるでしょうし、この状況は、オバマ次期大統領就任式の2009年1月20日まで続くことでしょう。こうした攻撃によりユーザは、アカウント関係の個人情報を失うリスクにさらされます。失われた情報は、サイバー犯罪者たちにオンライン上で不正利用される危険性があります。

【2008/12/09 日経ITproの記事】
2008年のウイルスは150万種類、たった1年で過去21年分の2倍 エフセキュアが報告
「1987年から2006年までは25万、2007年は50万」
 フィンランドのセキュリティ企業エフセキュアの日本法人は2008年12月8日、2008年のセキュリティ動向をまとめたレポートを公表した。それによると、2008年中に検出したウイルス(悪質なプログラム)はおよそ150万種類。1987年から2007年までに検出した総数75万種類の2倍に該当するという。

 今回のレポートは、エフセキュア本社が2008年12月はじめに英語などで公開したレポートの日本語訳。同社がワールドワイドで観測・収集したデータに基づいている。

 同レポートによると、2008年中(実際には2008年11月まで)に同社が収集した「ウイルスの疑いがあるファイル(サンプル)」は数千万件。ユニーク数でも1000万件を超え、前年比450%増。そのうち、同社の解析によりウイルスであることが判明したファイルは、およそ150万種類だったという。

 一方、1987年から2006年までの20年間に検出したウイルスの種類はおよそ25万種類で、2007年中はおよそ50万種類だった。つまり、2007年には過去20年分のウイルスの倍に匹敵する種類が出現し、2008年には2007年までの倍が出現したことになる。

 今後もこの傾向は続くとして、同社では改めて対策の重要性を呼びかけている。

エフセキュア日本法人の情報

(勝村 幸博=日経パソコン) [2008/12/09]

【2008/01/25 日経ITproの記事】
2007年に出現したウイルスは500万種類以上、昨年の5倍以上に

 セキュリティベンダーの米サンベルトソフトウエアは2008年1月24日、ドイツのコンピューターウイルス検査機関「AV-Test.org」のデータを基に、年ごとに出現したウイルスの種類を集計し発表した。それによると、2007年には過去最高の549万960種類を確認(図)。2006年は97万 2606種類だったので、5倍以上になった。

 AV-Test.orgが入手した、年ごとのウイルスサンプル(検体)の種類は以下の通り。ここでは、このサンプルの種類を、年ごとに出現したウイルスの種類としている。
1985年 564種類
1986年 910種類
1987年 389種類
1988年 1738種類
1989年 2604種類
1990年 9044種類
1991年 1万8384種類
1992年 3万6822種類
1993年 1万2287種類
1994年 2万8613種類
1995年 1万5988種類
1996年 3万6816種類
1997年 13万7716種類
1998年 17万7615種類
1999年 9万8428種類
2000年 17万6329種類
2001年 15万5528種類
2002年 19万9049種類
2003年 17万8825種類
2004年 14万2321種類
2005年 33万3425種類
2006年 97万2606種類
2007年 549万960種類

 2004年までは10万台だったが、2005年に30万、2006年には90万を突破。そして2007年には、549万960種類のウイルスが確認された。

 この理由としてサンベルトソフトウエアでは、オリジナルのウイルスをわずかに変えた亜種(変種)が多数作られるようになっているためと分析する。 AV-Test.orgでは、同じ種類のウイルスかどうかを、ウイルスファイルのハッシュ値で判断する。ハッシュ値とは、ある関数(この場合にはMD5)を使って計算される、ファイル特有の固定長データのこと。ファイルの中身が1ビットでも異なれば、ハッシュ値は変わってくる。

 このため、「549万960種類」といっても、それらは全く異なるウイルスではなく、ファイルの中身を一部だけ改変した亜種が多数を占めているという。亜種を作る目的は、ウイルス対策ソフト(セキュリティ対策ソフト)の回避。現在では、亜種を作成するツールはインターネット上に多数出回っているので、オリジナルのウイルスさえ持っていれば、スキルのないユーザーでも亜種を簡単に作ることができる。

 以上のような状況からサンベルトソフトウエアでは、対策ソフトメーカーなどのセキュリティベンダーには、今までとは異なる対応が求められるだろうとコメントしている。セキュリティベンダーの多くは、ウイルスを自動的に解析するシステムを導入しているものの、新種ウイルスの詳細解析など、重要な作業については人手に頼らざるを得ない。このため、数名の研究者だけでウイルス解析しているようなベンダーは、現在のウイルスの脅威に対抗することは難しいとしている。できるだけ多人数のチームで臨む必要があるだろうと結んでいる。

* 米サンベルトソフトウエアの情報

(勝村 幸博=日経パソコン) [2008/01/25]

Posted on 12月 12, 2008 at 02:47 午後 | | コメント (2)

081212 徹夜の果て・Windows Home Server日本語版

081212_053302 苦戦の痕は「続きを読む」を見て頂くとして、自宅のウィンドウズホームサーバー(日本語版)のセットアップが昨夜ようやく終わりました。

 判ってみれば、アホらしい原因でしたが、昨日昼間に何気なく、ドスパラのマザーボードのセットアップ手順の記事を読んでいて、自作パソコンの場合は、マザーボードに付属している各種ドライバをインストールし、グラフィックやサウンドと共にネットワークドライバもインストール・・・というのがありました。
 考えてみれば、WindowsHomeServer英語版をバンドルしたパソコンを2月に購入したときは、クレバリーのWHSモデルを動作確認して送られてきていたので、ドライバのインストールなんて全く眼中になかったのですが、日本語版を上書きしたときに各種ドライバもすべて上書きされて、マザーボードの設定も消えてしまっているかも知れないと気がつきました。

 帰宅して、システム→ハードウェア→デバイスマネージャを見ると、やっぱり!
 グラフィックやサウンド、ネットワークの項目がすべて黄色い?
 画面が化けるとか、音が出ないとかなら、気がつくのですが、この辺りはWHS標準のドライバで対応しているようですから、ネットワークドライバが全く認識しないとは気付きませんでした。

 通販購入時の添付品CDからドライバ関係をセットして、一件落着!やーれやれ!
 OSの再インストールにはたとえ上書きインストールでもハード関係の設定も消されることがあることを覚えておかないといけません。

【苦戦の痕】
 Windows Home Server は08/02/26に秋葉原のクレバリーから通販で購入して使っていました。
 英語版ですが、WHSバンドルパソコンなので、最初から自宅のパソコン3台をルーター経由で接続すると勝手に認識し、定期的に各パソコンのバックアップを取ってくれて精神的には気楽になりました。
 8/30に日本語版が発売されましたが、前後して英語版のServicePack1も提供されたので、コマンドやコメントは英語のままでしたが、日本語入力も問題なく、日本語版へのアップグレードの必要性はほとんど感じませんでした。

 同じ8月末にJNKさんのパソコンとして、sharpのフルハイビジョン(1980×1080)を追加購入したので、パソコンは遂に4台になってしまいましたが、新しいパソコンもWHSはすぐに認識して、自動的に日々バックアップを取ってくれていました。
 MSの謳い文句通り、WHSがあると、ハードエラーで大事なデータを無くす心配もなくなり安心ですが、まあ、保険のようなモノで何事も起きなければ存在さえ忘れてしまいます。

 最近になって、少し欲が出てきて、二人がそれぞれ自分の写真データやメールのバックアップを持っていると、使いまわしが面倒なので、最終的には共通ファイルをサーバーに置いておいた方がよいと考えました。

 ただし、この辺りになると英語版では詳細の設定がコマンドレベルでは判りづらいし、WHSの解説本も市販品はゼロで敷居が高くなります。
 現時点では、MSが提供しているWindowsHomeServerのHP からhowto_Windows_Home_Server.pdfというマニュアルを見るか、ホームサーバーフォーラムでホームサーバー道場などを見ながら進めていくしかありません。

 日本語化すれば、もう少し色々出来そうな気がして、12/9本町での呑み会ついでに、ヨドバシでWindowsHomeServer日本語版を購入し、酔っぱらって帰ったその日の夜中に、上書きインストールで英語版から日本語版に切り替えました。
 
 サーバーインストールは問題なく終わりましたが、パソコン側のクライアントも日本語化しようとWHS ConnectorのCDを起動しようとしましたが、どうしてもサーバーを認識しません。
 試しに、パソコン側のクライアントソフトを削除して、新規にインストールしようとしても同じです。

 夜半を過ぎて、WHSのクリーンインストールもしてみましたが駄目。
 日本語版に問題があるかのと、再度英語版をクリーンインストールしてみましたが、これも駄目。

 前述のPDFファイルや、HSフォーラムのあちこちの記事を読んでも、インターネット接続を別途設定しなければいけないような記載はありません。
 ルーターの設定がおかしいのではないかと、コネクターを差し替えたり、ルーターを経由しないで、直接外部からのLANケーブルを差してみたりしましたが、全く認識しないままです。

 試行錯誤しているうちに朝になって、結局何年振りかの完全徹夜の夜が明けてしまいました。

 もちろん、翌日(とうじつ?)の夜は、折角の結婚一周年でしたが、食事を終えて、21:20には気絶し、起きたら7:20でした。

Posted on 12月 12, 2008 at 11:31 午前 | | コメント (2)

2008.12.11

081211 週末は晴れるか?

081210_futagoza_chart2_2 月初めに寒くなって、このまま更に寒さが厳しくなるのかと思っていましたが、今週はまた気温が上がって天気も安定しません。
 週末の土日は、6/28~29江若国境・赤坂山~野坂岳、以来の野坂岳
 今年6月も一昨年の秋も何故か野坂へ行くときは天気が良くありません。今回はどうでしょうか。

 今回は満月だし、ふたご座流星群のピークにも当たっていますから、是非晴れて欲しいものです。雲がなければ月明かりに負けない流れ星が見えるかも知れませんが、天気予報では12/14の日曜日は曇り時々雨だからあまり期待できず残念です。そういえば、9/13~15の尼来峠~横尾峠も満月でしたが、雲が多くて中秋の名月はあまり見えませんでした。

 このところ江若丹国境尾根はHSMさん、AKEさん、KRKさんときよもりがほぼ毎回同じメンバーで、食べ物はシェフがいますからいつもプロの食卓、酒はきよもり以外は底無しなので今回も伊佐美と越乃寒梅が無くなるまで飲むことになります。

Posted on 12月 11, 2008 at 04:15 午後 | | コメント (2)

2008.12.10

081210 山行計画: 第115回例会 12/21 保津峡から水尾(鶏すき)

081103_hodukyo_004
                                平成20年12月9日
山仲間諸兄諸姉
                             山仲間事務局 きよもり
    山仲間第115回例会案内/保津峡&水尾鶏すき

 謹啓 先週から本格的な冬の訪れでめっきり寒くなり、今年は風邪がはやっているようですが、皆様お元気でしょうか。
 11月の例会は、生憎の雨模様でしたが、昼頃からは雨も上がり、6kmのショートコースながら、変化の多いコースを楽しんで頂けたと存じます。参加して頂いた12名の皆様有り難うございました。

 12月の例会は、恒例になりました洛西・水尾の鶏すきと柚子風呂を楽しんで頂きたいと存じます。水尾へは愛宕山越えや明智越えで何度も訪れているため、今まで歩いていない行程を組むのも難しいですが、今回は保津峡沿いにハイキングコースを歩いて、途中から明智越のコースに合流する尾根道を歩いてみます。
 登りは1時間程度しかありませんので、脚力に自信がない方も参加して頂けると思います。

 「六兵衛」の予約の関係で参加して頂ける方は、12/18(木)までにメールまたはFAXでご連絡下さい。
                                        敬具

日 時: 平成20年12月21日(日)
行き先: 洛西/保津峡ハイキングコース~水尾(鶏すき)
集 合: 平成20年12月21日(日) 山陰線・亀岡駅改札口9:00

 参考:三ノ宮7:20⇒新快速⇒芦屋7:29⇒大阪7:45⇒8:14京都8:26⇒山陰線・園部行き⇒9:00亀岡
地 図: 25000縮尺図「亀岡」「京都西北部」
   断面図 予定ルート図
  レベル:初級の下(登りは1.5km高度差250mだけ)

持ち物: 軽食(鶏すきは14:00から)、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック
行 程: 距離:8.6km 所要時間:4時間30分(歩行時間:3時間30分、休憩昼食:1時間)
  JR亀岡(9:10頃)→20分→保津町→40分→請田神社→20分→不動明王→20分→登山口(11:00頃)→50分→高瀬山(△340.6m、12:00頃、軽食)→40分→明智越入口→20分→水尾「六兵衛」(13:40頃、入浴、鶏すき)
  水尾16:30頃⇒送迎バス⇒17:00JR保津峡(解散)
   参考:水尾発定期バス時刻14:40、16:20、17:45
費用:6000円 (鶏すき\5000+飲み物代)
  「六兵衛」 075-862-2454

追 記: 1月の例会は1/18(日)に六甲北・丹生山系のキスラシ山からナダレ尾山を予定しています。
     2月の例会は2/15(日)に京都北山・持越峠~氷室~京見峠を予定しています。

     きよもり 【山仲間】
E-mail : KGH03517@nifty.com
_/_/_/_/_/_/_/_/ 08.12.09 12:54 _/_/_/_/_/_/_/_/

【断面図】
081221_hodukyodanmen
【予定ルート図】
081221_hodukyo
【GPS予定ルートデータ】
「081221_Hodukyo.rte」をダウンロード


Posted on 12月 10, 2008 at 12:43 午後 | | コメント (2)

2008.12.09

081209-2 感謝状

081209_192801081209_192802 明日で丸一年です。

Posted on 12月 9, 2008 at 07:35 午後 | | コメント (4)

081209 山行計画:12/13~14 野坂岳

061126_nosaka_001061118_nosaka_001061126_nosaka_002

                                                    平成20年12月8日
 山仲間番外編 野坂岳&納会

 年末も押し迫りつつありますが、先週末から大きな高気圧が張り出して、本格的な冬の到来です。最近は番外編メンバーの皆さんはご多忙で、なかなか泊まりでの山行計画が立てにくくなる一方では経年劣化で20kg以上の荷物を持つことがかなり苦痛になりつつあります。
 そのような状況下ですが、山の魅力には抗しがたく、今回は出来るだけ楽に泊まり山行が楽しめる行程と云うことで、野坂岳に行くことにします。
 
【山行計画】
江若丹国境77/野坂岳&博多風水炊き
行き先:加越国境・野坂岳
日 時:平成20年12月13日(土)10:50~14日(日)10:30
参加者:4名 HSMさん、AKEさん、KRKさん、きよもり
地 図: 25000分の一「敦賀」「駄口」
 断面図 地図(GPS)
 GPSデータ
「081213_14_nosakadake.rte」をダウンロード
装備&食糧計画
「081213_1214_Nosakadake.xls」をダウンロード
行 程:
12/13 
 三ノ宮7:20⇒新快速(湖西線経由・敦賀行き、先頭車両乗車)⇒7:46大阪⇒8:15京都⇒9:07近江今津(後ろ4輛切り離し)9:17⇒9:51敦賀10:10⇒タクシー(\3500位)⇒10:35粟野上・野坂岳登山口(体操・トイレ)
 野坂岳登山口10:50→30分→栃の木地蔵(水補給)→60分→一の岳(12:30頃、昼食)→30分→二の岳→30分→三の岳→10分→野坂岳避難小屋(15:00頃)→20分(野坂岳・一等△913.5m往復→15:30野坂岳避難小屋(宴会用意、17:00宴会開始、20:00就寝)
12/14
 野坂小屋(5:00起床、6:00朝食)7:00→30分→P797m下・左折→10分→鉄塔(700m)→10分→左折点(8:00頃)→60分→アラ谷徒渉点→30分→かかしの小屋(アラ谷林道終点)→30分→山村落(森下酒店)→10分→山バス停(10:30頃、黒河ふれあいセンター、昼食)
 山バス停12:26⇒コミュニティバス(\200)⇒13:02敦賀13:35⇒周遊バス(\200)⇒13:56リラ・ポートきらめき温泉(入浴\1000)14:55⇒福鉄バス(\200)⇒15:09敦賀15:23⇒湖西レジャー号⇒16:59京都(解散)⇒17:30大阪⇒17:51三ノ宮
費 用:¥5000
 食材:¥2000、交通費:¥2000、入浴料:¥1000

【写真】
061126_nosaka_001
061118_nosaka_001
061126_nosaka_002
【断面図】
081213_14_nosakadakedanmen
【GPSルート図】
081213_14_nosakadake
【装備&食糧計画】
「081213_1214_Nosakadake.xls」をダウンロード

Posted on 12月 9, 2008 at 07:36 午前 | | コメント (2)

2008.12.08

081208 たかがブラウザ、されどブラウザ

 インターネットを閲覧するためには、ブラウザ(Browser)を使わないと駄目ですが、Browseというのは拾い読みするという意味ですから、自分の気に入ったホームページを毎日拾い読みして、新しい話題や知識を共有するのが楽しみです。

 きよもりの場合、インターネットを使い始めた当初はネトスケープ(Netscape)というブラウザを使っていました。もちろんMS-Windowsには当初からインターネットエクスプローラー(Internet Explorer(IE))が付いていましたが、使い勝手がよくて、こなれていたNetscapeが好きでした。
 そのため、今でもNetscape系列のファイアフォックス(Firefox)を引き続き使っています。

 マイクロソフトの技術力を疑うわけではありませんが、今のIEはタグブラウザにしても検索ツールバーにしても何となくFirefoxのあとを追いかけているようですし、タグの切り替えや表示にしても、やはりFirefoxの方がきびきびしています。
 もっと気に入らないのは、例えばMicrosoftのサポートページをFirefoxで開こうとするとエラーになることですね。
 金持ちなら金持ちらしくもちょっと鷹揚になって欲しいものです。

081208_browsermarketshare そんな判官贔屓にとって、今日の/.jpに出ていた Firefoxの世界シェア、20パーセントを越える という記事は何となく溜飲が下がりました。

 もっと驚いたのは、/.の読者の中でのFirefoxのシェアが44.5%(FF3.0+FF2.0)、IEが27.1%(IE6.0+IE7.0)と、マニアックらしい数字が出ていたことです。
 この辺りは単に判官贔屓と云うよりは、やはり毎日毎晩使う道具だからこそ、使いやすさが選択の基準になっているのだと思います。

 同様のことがg-mailにも云えますが、結局、パソコンを使っている大多数の方々は、御上(Microsoft)ごもっともで、与えられた環境に何の疑問も感じないで使っておられるのですね。

081208_slad_browsershare Firefoxの世界シェア、20パーセントを越える
hylomによる 2008年12月07日 16時46分の掲載
IE6は早く消えて欲しい……部門より。
TRON 曰く、
アメリカのNet Applicationsという企業の調査によると、11月のFirefoxのシェアが2割を越えたそうです。

この数値は世界シェアなので、国内ではFirefoxのシェアはこれほど高くはないと思われます。しかし、ウェブブラウザ間での競争が進む事で、Internet Explorerも含めた各ブラウザの性能が上がればよりウェブの進化が促されるのではないかなと思います。ウェブブラウザ間での今後の競争に期待したいです。

ちなみに、/.Jに訪れたユーザーが使っているWebブラウザトップ10(11月分)は次のような感じでした。
Firefox 3.0(38.73%)
MSIE 6.0(16.69%)
MSIE 7.0(10.36%)
Sleipnir(6.07%)
Firefox 2.0(5.75%)
Safari(4.57%)
Opera 9(4.00%)
Mobile: KDDI(2.94%)
Mobile: DoCoMo(2.16%)
Google Chrome 0.x(1.88%)

Posted on 12月 8, 2008 at 12:02 午後 | | コメント (5)

2008.12.07

081207-2 ミニ池巡り

081207-2 ミニ池巡り081207-2 ミニ池巡り 昼頃からケーブルで六甲山に上がって保塁岩から西松池(車道の左)、記念碑台、星野池(YMCA内)、滝川池(川西池の手前)と懐かしい池を巡り、川西池で暖かいおうどんで腹拵え
 これから三国岩、三国池から摩耶山へ向かいます。

Posted on 12月 7, 2008 at 02:34 午後 | | コメント (0)

081207 地球の出

081207_tikyunode 昨日の/.jpの記事で
2008年10月1日(日本時間)にハイビジョンカメラ(HDT V:望遠)で撮影された満地球の出 というのがあります。
 写真では何度か見た光景ですが、高解像度で全画面にしてみるとかなり迫力があります。
 映っている地球は、ちょうど日本も含めて太平洋のようです。

 今まであまり気にとめませんでしたが、YouTubeでは、カグヤに関連した動画がかなりアップされています。
 月周回衛星「かぐや(SELENE)」の紹介

http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=08/12/05/0236241
JAXA、月探査衛星「かぐや」の映像をYouTubeで配信
hylomによる 2008年12月05日 13時15分の掲載 月は出ているか、部門より。 JAXA

KAMUI 曰く、
宇宙航空研究開発機構(JAXA)が月周回衛星かぐやで撮影した月面の映像について Youtubeでの配信を開始した。
ハイビジョンカメラや地形カメラで撮影された映像だが、何本か試した限りでは最近話題になったおまじないは効かないような・・・ちょっと残念かな?(笑)

Posted on 12月 7, 2008 at 08:52 午前 | | コメント (0)

2008.12.06

081206-2 スタバではトールをたのめ

081206-2 スタバではトールをたのめ 本の題(「スタバではグランデを買え!」)そのままですが、マイカップを持参すると、トールは20円引きの320円
 陽当たりのよいテラスで日向ぼっこ

Posted on 12月 6, 2008 at 11:06 午前 | | コメント (0)

081206 予防注射

081206 予防注射081206 予防注射 予報通り快晴で冷たい風に震えながら、インフルエンザの予防接種に出掛けています。
 小学校以降、今まで予防注射なんか受けたこともないので、何となく緊張
 たまには独りでのんびりするのもよいものです。

Posted on 12月 6, 2008 at 10:14 午前 | | コメント (0)

2008.12.05

081205-2 午後からの冷え込みに要注意


 天気図を見てびっくり!
 雷雨をもたらした前線が通過して、こんなにはっきりした高気圧が張り出してきていますから、日本海側は大雪、太平洋側は天気が良くなって厳しい冷え込みが来そうです。
 土曜、日曜の山歩きは要注意ですね。土曜日は予防注射で家にいて、先日図書館で借りた「京都北部の山々」をひたすらスキャンするつもりです。
 日曜日はぶらりと摩耶山へでも行ってきます。

Posted on 12月 5, 2008 at 11:12 午前 | | コメント (0)

081205 秋の終わり

081205 秋の終わり 今年は関西では紅葉の色づくのが遅く、先週の寒波で漸く鮮やかな色になりました。
 でもこのまま寒くなるかと構えていたら12月に入ってまた暖かくなり、拍子抜け。
 昨夜のルミナリエもコートを着ていたら汗ばむくらいでした。
 今朝は一転、激しい雷雨で目を覚ましました。
 この雨で木々の葉は落ち尽くすでしょうから、モノトーンの季節になります。
 昨夜ルミナリエに行っておいてヨカッタですね。

Posted on 12月 5, 2008 at 09:25 午前 | | コメント (0)

2008.12.04

081204-2 うおまんの鯛めし

081204-2 うおまんの鯛めし081204-2 うおまんの鯛めし 鯛めしと鯛のお刺身、鯛茶漬けが一緒に楽しめるからひつまぶしと同じです。
 お薦めです。

Posted on 12月 4, 2008 at 09:45 午後 | | コメント (0)

081204 神戸ルミナリエ

081204 神戸ルミナリエ081204 神戸ルミナリエ 週末の混乱を予想して、初日にルミナリエに行きました。
 予想以上に空いていて行列なし
 何となく拍子抜けですがユックリ見られてヨカッタです。

Posted on 12月 4, 2008 at 08:17 午後 | | コメント (0)

2008.12.03

081203 ネットブックの購入は待ち

081203_ssd_kakaku ノートタイプのパソコンに今年はネットブックというジャンルが生まれました。
 昨年来、Asus、Acer、DELL、HPと海外勢力が上陸するのに遅れて、今年は東芝、NEC、オンキョー(SOTEC)、エプソンと国内メーカもようやく追随して、5万円の価格帯を巡る攻防になっています。
 大きさからいうとA4版のノートブックの半分A5版が中心のようですから、テレビなどの取材で見てもセカンドバッグに入れて街中を歩くスタイルがトレンドのようです。

 一方では、TKNさんのiPhoneやきよもりのtouchDiamondのようないわゆるPDAスマートフォンが携帯市場の延長線でどんどん高機能になりつつあります。
 予想通り、携帯とパソコンの境界は小型化&インターネットという共通の土俵で競合する状況になってきました。

 ネットブックが5万円を切るようになっていますが、今買う方は来年になったら大いに後悔すると思います。

 というのは、ここへ来てこれも予想通り、SSD(SolidStateDisk)の内蔵ディスクは、大容量・低価格化が猛烈に進行しているからです。
 最近のASCII.jpの記事では120GbyteSSDがアキバでは3万円を切っているそうですから、内蔵のHDDは来年はほとんどSSDに変わるでしょう。来年後半~再来年にはSSDの容量は500Gbyte辺りのものが発売になり、120GbyteSSDは1万円を切ると考えてよいと思います。
 
 並行して無料無線LANスポットが増えれば、いつでも、どこでも、誰とでもメールのやりとりやインターネット接続、動画鑑賞などのインフラが充実して、ネットブックの高機能化・多機能化が更に進むでしょう。

サハロフ佐藤のアキバ定点観測 (11月29日調査分)
 サハロフ佐藤さんが、毎週土曜日にアキバのPCショップ約60店を実際に周り、調査を行なった価格情報を毎週火曜日前後に掲載する本コーナー。
 本ページ内に掲載している「最低価格」は、文字どおりサハロフ佐藤さんが知り得た最も安い価格。そして、「目標価格」はアキバでも比較的知られているいくつかのショップでの価格だ。秋葉原に不慣れな人でも見つけることができるはずなので、目安にするといいだろう。
 価格は常に変動しており、掲載したリストはあくまで調査した時点での価格である。現在もこの価格で販売されていることを保証するものではないので、ご注意いただきたい。

【以下抜粋】
メモリ続落、120GBのSSDは3万円以下に! 2008年12月02日 21時45分更新
文● 編集部/取材●サハロフ佐藤
 HGSTの500GBモデルが5000円を割れSSDの120GBクラスが3万円を割る

 HDD、SSDの価格が下落している。
 HDDではHGSTの500GBモデル「HDP725050GLA360 (キャッシュ16MB)」が最安価格で4977円と5000円を割り込んでいる。
 一方、SSDでは、CFD販売「SSD Jシリーズ」の容量120GBモデル「CSSD-SM120NJ」が最安価格で2万8470円と3万円を割れを記録した

Posted on 12月 3, 2008 at 11:11 午前 | | コメント (0)

2008.12.02

081202 師走の恒例・神戸ルミナリエ

081201_trd0812012348021p1081201_kobeluminarie 昨日から師走
 年末は長女の誕生日や結婚記念日、母の誕生日(89歳)といった私的な行事から、年賀状の作成、番外編納会(12/13・14 野坂岳・博多風水炊き)、山仲間例会納会(12/21 水尾・鶏すき)、クリスマスと続きますが、その合間を縫って13年間欠かさず見ている 神戸ルミナリエ12/4~15 も始まります。
 95年の震災の年から数えて14回目、きよもりの神戸住まいも12年目を迎えます。
 復興から再建、新たな発展へ祈りを込めてお詣り?したいと思います。

輝く“無限の光”…「神戸ルミナリエ」試験点灯 2008.12.1 23:47
 阪神大震災の犠牲者の鎮魂を祈る「神戸ルミナリエ」(4~15日)の試験点灯が1日夜、会場となる神戸市中央区の東遊園地周辺で行われた。
 今年は過去と未来を輝かせる無限の光を表現しており、テーマは「光のインフィニート(無限)」。試験点灯はおよそ5分間で、約20万個の電球が光の回廊を浮かび上がらせた。
 試験点灯の日時は警備上の理由から事前に公表されておらず、会社帰りに偶然通りかかったという堺市の男性会社員(43)は「毎年家族で見に来ていますが、こんなにすいていることはないので写真を撮って帰ります」と話していた。

Posted on 12月 2, 2008 at 03:10 午前 | | コメント (2)

2008.12.01

081201 紅葉と黄葉

081201 紅葉と黄葉081201 紅葉と黄葉 ビルの谷間も晩秋です。
 今年は11月半ばまで暖かい日が続いたためか、鮮やかな紅葉を見る機会があまりありませんでしたが、ポートアイランドの欅もやっと紅色に染まって綺麗です。

Posted on 12月 1, 2008 at 10:32 午前 | | コメント (0)