« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008.11.30

081130 別腹

Joghurt_pb257265Kaki_pb297301Fruitmochi_pb297290 最近は食後の果物とお菓子が当たり前になってしまいました。
 朝バナナでダイエットしても別腹で相殺?
 でも、綺麗な器に盛って食卓に飾ると結構絵になります。
 戴いたヨーグルトは最初見たときおぼろ豆腐にねり梅を飾ってあるのかと思いました。
 O子様ご馳走様です。

 フルーツ餅は千里の山田東にある「松竹堂」というお店です。
 お菓子http://r.tabelog.com/osaka/A2706/A270601/27003885/
   


Posted on 11月 30, 2008 at 07:56 午前 | | コメント (3)

2008.11.29

081129-2 京都北部の山々をget

081129-2 京都北部の山々をget081129-2 京都北部の山々をget 16時に京都府立図書館に着いて、無事金久昌業氏の「京都北部の山々」を借りることが出来ました。
 288ページもあるからコピーが大変です。

Posted on 11月 29, 2008 at 05:47 午後 | | コメント (0)

081129 松竹堂のフルーツ餅

松竹堂のフルーツ餅松竹堂のフルーツ餅松竹堂のフルーツ餅 元町大丸で待ち合わせて、梅田、千里中央と乗り継いで山田という駅からタクシーでわざわざフルーツ餅を買いに来ました。
 美味しそう!
 これから門真に出て三条から京都府立図書館へ「京都北部の山々」を借りに行きます。
 下界も結構ハードです。

Posted on 11月 29, 2008 at 02:18 午後 | | コメント (0)

2008.11.28

081128 マウス買い換え

081127_2300011_2081127_explorerminimouse_pid_001 東京へ行っても、やっぱりヨドバシ
 初日の午前中は息子と二人で、夕方は子供たち全員と4人でヨドバシ通いでした。

 今回の買い物はEmobile(S21HT)、1テラbyteのHDD、そしてMicrosoftのBlueTrackテクノロジーを採用したマウス(Explorer Mini Mouse)でした。

 時間がなくて、昨夜からようやくマウスのセットをしましたが、さすがに光沢面、木材、絨毯の上でも反応がよいと謳ってあるだけあって、反応は抜群によいようです。

 これまで使っていた同じMSのOptical Mouse 4000も光学式ワイヤレスマウスですが、ガラスの上や机の上では時々反応が悪くなって、イライラしていましたから、これでストレスはなくなりそうです。

 でも、写真の通り、ユーザー登録用のPIDの数字がゴマ粒みたいな大きさで幅11mmに23文字印刷されていて、虫眼鏡で見ても8・9・6の判別がつきません。目をこらして、何とか判読し無事登録を終えました。
 ユーザー登録を勧めるならせめて倍くらいの大きさの印刷にしていただかないと、顧客サービスに問題があると非難されるのではないしょうか→MSサポート様

Posted on 11月 28, 2008 at 12:48 午前 | | コメント (2)

2008.11.27

081127 無重力下でカップからコーヒを飲む

081127_coffee_in_space
今日の/.jpに
無重力下でコーヒーをコップから飲む
というのがあります。

 従来、われわれのイメージとしては、流動物を摂る場合はストロー状の吸引口から吸い込むというイメージが強いのですが、YouTubeの動画を見る限りでは、確かにコップから飲んでいるように見えます。(YouTubeの動画

 引用記事では「NASA の宇宙飛行士 Don Pettit 氏は、無重力環境で使えるコップ「zero-G」を発明」とありますが、とてもごくごくと飲んでいるようには見えないので、何となくアヤシイ感じです。

 尿の再利用実験とか、1000万円もするような道具箱を宇宙に彷徨わせたりとか、あれこれ話題にこと欠かないスペースシャトルです。

【スラッシュドットの記事引用】
無重力下でコーヒーをコップから飲む
reoによる 2008年11月26日 10時00分の掲載
これがコップだというのか部門より。
ある Anonymous Coward 曰く、

宇宙では飲み物をパックからストローで吸って飲むが、コップからコーヒーを飲みたかったコーヒー大好きな NASA の宇宙飛行士 Don Pettit 氏は、無重力環境で使えるコップ「zero-G」を発明したそうだ(本家記事動画 )。ミッション用フライトデータファイルのプラスチックで出来たページを切って作ったというこのコップは、上からみるとティアドロップ (涙の滴) の形をしており、中に注がれた液体は表面張力でコップの角をつたい、コップの淵まで上って (?) くる。飲んだ分、また上ってくるので最後まできちんと飲みきれるとのこと。
今回のスペースシャトルのミッションでは乗組員の食料用の冷蔵庫も設置されるそうなので、宇宙でキーンと冷えた飲み物をコップから飲むことが可能になったようです。

例の尿から水を作り出す装置の話題もあって、本家は飲尿ネタで盛り上がり中。というか Don Pettit 氏は 14 日に打ち上げられたエンデバーで ISS に到着した飛行士なので、「昨日のコーヒーから今日のコーヒーを作り出す」と述べた「ある宇宙飛行士」とは彼のことなのでは……。

【追記】
youtubeの画面の左右に黒い余白が出ていますが、youtubeの表示がワイド画面対応になったそうです。
http://slashdot.jp/it/article.pl?sid=08/11/27/0540235
YouTubeがワイドスクリーン形式に
hylomによる 2008年11月27日 15時29分の掲載
4:3の絶滅が進む?部門より。
とあるAnonymous Coward 曰く、
動画共有サイトYouTubeにある全てのビデオの表示がワイドスクリーン形式となっているようだ(TechCrunchの記事)。またTwitterにおいてワイドスクリーンへの変更に関し、多数の意見が出ているとのこと。

YouTubeブログ (日本からアクセスすると強制的に日本語ブログに飛ばされ閲覧できないため、Googleのキャッシュ経由でのリンクです)によると、これはワイドスクリーンの動画が増えてきていることへの対処とのこと。4:3サイズの通常の動画は、左右に黒枠は表示される形になるようだ。これからは動画共有サイトもワイドスクリーンの時代、ということなのだろうか。

Posted on 11月 27, 2008 at 04:23 午後 | | コメント (0)

2008.11.26

081126 ママチャリ下町ツアー

 昨日は11時ころから16時ころまで亡妻の三輪自転車を借りて郵便局から始まって三つの銀行廻り。
 ついでに合羽橋の次女の職場も訪問したからそれなりにフル活動でした。
 絶好の快晴に恵まれて25日の節季と給料日で混雑する道路をすり抜けて快適なサイクリング
 でも、銀行のATMはどこも満員でこれだけは計算違いでした。

081125_shitamachi_001081125_shitamachi_002 隅田川に架かる橋も歩いて渡ると結構情緒があります。今回は横を通っただけでしたが、吾妻橋の上流にある白髭橋なんかはレトロな雰囲気を残していて、日が暮れてから歩くとタイムスリップして、そこの角から滝田ゆうや永井荷風が顔を出しそうです。

081125_shitamachi_003081125_shitamachi_004 東京スカイツリーの工事はまだ基礎の掘り起しが始まったばかりでしょう、クレーンが林立しているだけで外からはどうなっているのか判りませんでした。業平橋から押上までの4~500mは新しい街に生まれ変わります。北十間川は地下に側溝を掘って隠してしまうのでしょうか?

081126_skytree

追記
 北十間川はそのまま残して、東武橋と京成橋の中間の両岸に沿って遊歩橋ができるようです。
 川には遊覧船も運航されるようですが、水が濁っているから水遊びには向かないかもしれません。
 

墨田区の公式ウェブサイトより
北十間川水辺活用構想
081126_kitajukkenkawaplan


Posted on 11月 26, 2008 at 05:16 午後 | | コメント (3)

2008.11.25

081125 銀行廻り

081125 銀行廻り 昨日の雨が嘘のように東京は晴れ渡って暖かい小春日和です。
町内の子育て地蔵様も眩しそうです。
口座整理や解約手続きで銀行や郵便局廻りでチャリンコに乗ってあちこち移動中ですが、お天気で良かったです。

Posted on 11月 25, 2008 at 01:14 午後 | | コメント (3)

2008.11.24

081124 えんこ(浅草六区)

081124 えんこ081124 えんこ081124 えんこ 今日は午後から雨ですが、2年振りに浅草寺にお詣りできました。
 これからNWHさん夫妻と「まつり湯」でスキンシップです。

エンコはてなキーワード
エンコえんこ
浅草の通称。
新宿を「ジュク」、銀座を「ザギン」などと呼ぶのと同様に、主にヤクザや大衆芸能の関係者の間でそう呼ばれた。
由来はこの地域が明治時代に東京都初の都市型公園・浅草公園と名付けられたことから、「公園」を逆さ読みしたものと言われてる。
特に大衆劇場を中心とした歓楽街である浅草公園六区、いわゆる浅草六区界隈のみをエンコと呼ぶという説もある

Posted on 11月 24, 2008 at 03:24 午後 | | コメント (1)

2008.11.23

081123-3 スンマヘン

081123-3 スンマヘン081123-3 スンマヘン 墓参りを終えて、夕方から錦糸町で寿司三昧
 締めて40皿

Posted on 11月 23, 2008 at 08:48 午後 | | コメント (0)

081123-2 東京へ

081123-2 東京へ081123-2 東京へ 例によって始発の新幹線で東京へ
 名古屋が近くなる頃に漸く冬の陽が昇りました。
 伊吹山は山頂付近に白いものが見えます。
 今年は冬が早いです。

Posted on 11月 23, 2008 at 07:20 午前 | | コメント (0)

081123 徑のーカイハ

081123 徑のーカイハ081123 徑のーカイハ これは「ケイのかいは」ではなく、「ハイカーのみち」、と読みます。
 以前から金久昌業氏の「京都北部の山々」と木藤精一郎氏の「ハイカーの径」は京都北山や六甲の古道や廃道を再発見するためにも是非手に入れたいと古本市場やインターネットで探していました、
 JNKさんが昭和45年発行の飯田深雪さんの「西洋料理 初級 春〜夏」を探しているのと目的は違いますが、見つからないで、ますますこだわるのと、気持ちは同じです。
 一昨日、思いついて、図書館で探してみることにしました。

 昔は本を探すためには実際に図書館へ行って図書カードをめくらないと駄目でしたが、今では全国何処の図書館も蔵書の検索がインターネットで出来るようになっています。

 早速パソコンで検索したら飯田深雪さんの本も木藤精一郎氏の本も神戸中央図書館で見つかりました。ラッキー!

 ということで、会社帰りに待ち合わせて夜の図書館へ行ってきました。

 飯田深雪さんの本は貸し出し出来ましたが、木藤精一郎氏の本は館内閲覧しか出来ず残念でしたが、A2版の2枚の地図をコピーさせて頂いて二人とも大満足です。

 あとは金久昌業氏の本ですが、こちらは京都府立図書館に在ることが判りましたから12月になったら、借りに行くことにします。

 メデタシメデタシ!

Posted on 11月 23, 2008 at 07:13 午前 | | コメント (2)

2008.11.22

081122 Christmas tree

Christmas_tree2 かなり早めですが、クリスマスツリーがやってきました。
 でも師走になると忘年会や年賀状やらで、ばたばたしてしまうのは目に見えているから、早いに越したことはないかもしれません。

Posted on 11月 22, 2008 at 12:01 午前 | | コメント (0)

2008.11.21

081121 来年はSSDが普及、近い将来HDDは無くなる

081121_samsung_ssd 以前にも書きましたが、ノートパソコンのハードディスク(HDD)に代わってSSD(SolidStateDisk、半導体ディスク)が急激に容量を増やしつつあります。

きよもりの以前の記事  070626-2 半導体ディスク  080822 パソコンはハードディスクからSSDメモリーへ 
 07/6/26の記事では、Samsungが64GbyteのSSDの量産を開始とありますが、今回のニュースは同社が256Gbyteの量産を開始と云うことなので、ムーアの法則の上を行って、1年半足らずで容量は4倍になったことになります。  このままのペースだと2010年中頃には1TbyteのSSDが市販されるようになるでしょうから、ディスクトップも含めた通常のパソコンの内蔵ディスクはSSDが大勢を占めるようになるでしょう。

 SSDのメリットとしては駆動部分がないため消費電力が少ない、衝撃などによる故障が少ない、軽量、といった点が上げられますが、きよもり流に考えるとメカが無い分使用材料も少なく、製造工程も単純ですから、量産化が進めば、現在のHDDより安くなると思います。

 スペックの比較表はありませんが、判る範囲で書くと以下の通りで、価格面さえ解決すれば、SSDの優位は圧倒的です。
  …手持ちのWD社の250GbyteのHDD(WDCWD2500BEVE)は117g 2.5W、Samusungの256Gbyteは81g 1.1W
  …読み出し、書き込み速度はWD社の250Gbyteが100Mbyte/sec、に対してSamsungの256Gbyteは220Mbyte~200Mbyte/sec

 あと4、5年もしたら、「昔はメカニックなHDDを使っていたんだ」と笑い話になるでしょう。

【ITproの引用記事】
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20081121/319722/
Samsung,256Gバイトの2.5インチSSDを量産開始
 韓国のSamsung Electronicsは,記憶容量256Gバイトの2.5インチ型半導体ディスク(SSD:Solid State Disk)の量産を開始したと発表した。価格と発売時期は公表していない。

 1つのメモリー・セルに複数ビット情報を格納するマルチレベル・セル(MLC)タイプのフラッシュ・メモリーを採用し,既存ノート/デスクトップ・パソコンに内蔵可能な厚さ9.5mmの標準サイズで256Gバイトという大容量を実現したという。重さは128Gバイト版SSDと同等の81g。消費電力は1.1W。

 データの連続読み出し速度は220Mバイト/秒,連続書き込み速度は200Mバイト/秒で,同社の64Gバイト版および128Gバイト版SSDに比べ2倍以上速い。データ消去速度は毎分100Gバイト。高速なためスタンバイ/アイドル・モードに入る時間が長くなり,ノート・パソコンではバッテリ駆動時間が増えるという。

 とりわけサイズの大きなマルチメディア・ファイルを同時に読み書きする際の処理が高速で,1つ当たり約10Gバイトの高精細(HD)映画ファイル25個をわずか21分で保存できるとしている。回転速度7200rpmのハード・ディスク装置(HDD)だと保存に約70分かかるという。またアプリケーションの起動時間も10分の1未満に短縮できるとする。

 SSD全体の暗号化が可能で,パソコンからSSDを取り出されてもデータの不正読み出しを防げる。
(ITpro) [2008/11/21]

Posted on 11月 21, 2008 at 01:45 午後 | | コメント (1)

2008.11.20

081120 お勧め:麻生内閣メールマガジン

081120_asousyusyo_2 首相のメールマガジンは小泉さんが始められましたが、安倍さん、福田さんと受け継がれました。
 小泉さんの時は自分の意見を身近な体験をあげて明確に打ち出されていましたので、説得力もあり、好感を持って毎週木曜日を楽しみに読ませていただきました。
 安倍さん、福田さんと代わって、しばらく読んではいましたが、内容が真面目すぎてインパクトに欠けているように感じて、途中からは読まないようになってしまいました。

 麻生さんになってからは、『麻生太郎の「強く明るく」』、で書かれている内容は平易で、ご本人の気持ちや信念が小泉さんと同様に素直に表現されているようで好感が持てます。
 また、「太郎ちゃんねる」ではごく身近なテーマを毎回インタビューの形でほんの1分程度ですがインタビューに答える形で話されていて、人となりがよく出ていて好ましいです。

 以前にも紹介しましたが、興味のある方はメール配信をこちらで登録されるようお勧めします。
「麻生内閣メールマガジン」読者登録

 今週のお題は「Q:夫人から見た家庭での麻生太郎は?」というもので、自分と比較して納得したり、安心したりしました。

□太郎ちゃんねる(動画)
http://www.kantei.go.jp/jp/asovideo/2008/11/5418/normal_replay5418.html


【今週号の引用】
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
■○■○■    麻生内閣メールマガジン第7号    ■○■○■
□●□●□             2008/11/20    □●□●□
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
☆今週号では、佐藤委員長が振り込め詐欺撲滅に向けての取組みについて、
島根県海士(あま)町の後藤隆志氏が離島での活動について語ります。☆
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
●麻生太郎の「強く明るく」
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
[日本のリーダーシップ]

先週末、先進国のほか、インドや中国など新興国も加わった、20カ国の
首脳による金融サミットに、参加しました。

あのバブル崩壊を独力で乗り切った、日本の「経験」への期待。世界第二
位の経済大国である、日本が「果たしうる役割」への期待。

私の演説が終わった直後、インドのシン首相や、イギリスのブラウン首相
らが、「内容が極めて具体的でよかった」と言ってくれました。

わずか2日間の限られた時間ではありましたが、公的資本投入の重要性を
はじめ、日本の「経験」に基づいた具体的な提言の数々は、首脳会談の宣言
にも反映されました。


アメリカのように、市場原理主義だけでは、モラルハザードを含めて今回
のような問題を防げません。一方で、ヨーロッパのように、規制を強化する
だけでは、自由経済が失われてしまいます。

その中間に答えがあるのではないか。金融の規制・監督をめぐる議論でも、
日本の提案は、各国首脳の支持を得ることができました。

さらに、今、大きく伸びているのは、インドなど新興国の経済です。ここ
を支えていかなければ、世界経済全体のパイは大きくなっていきません。

新興国の経済を支えるため、日本として、IMF(国際通貨基金)に対し
て最大で1000億ドルの資金を融通する用意があることも、表明しました。

「金融・資本市場の安定維持に大きく貢献するもの」IMFのストロスカ
ーン専務理事も、特別に日本のリーダーシップを高く評価する声明を出しま
した。

百年に一度とも言われる金融危機。しかし、危機は、同時に、次なる時代
へのチャンスでもあります。これまでの歴史は、危機を克服したときに、新
しい秩序ができることを示しています。

今回のサミットでは、世界が協調してとるべき具体的な行動について、合
意することができました。

その実行が何よりも重要であることは言うまでもありませんが、世界が、
この危機を共に乗り越えていくため、少なくとも、大きな一歩を前に踏み出
した歴史的なサミットであったと考えています。

帰国した翌日、急遽、民主党の小沢代表から面会要請を受けました。中身
は、新たな補正予算を今国会に提出すべき、提出しなければ新テロ法案など
の参議院での採決には応じられない、というもの。

しかし、新テロ法案は、インド洋での給油活動を継続することにより、国
際社会によるテロとの闘いの一翼を、日本が担うための法律です。新たな補
正予算とは、何ら関係はありません。

結論を出すことを拒絶する政治では、一歩も前に踏み出すことはできませ
ん。党首討論もいまだに応じていただけない状態が続いています。政局では
なく、民主党も国民のことを第一に考えるならば、国会の場で正々堂々議論
し、国民のための結論を共に出すべきと考えます。

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
●「太郎ちゃんねる」
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
メルマガ読者の皆様を対象に、麻生総理へのインタビュー動画「太郎ちゃ
んねる」を配信しています。

今週のお題:
「Q:夫人から見た家庭での麻生太郎は?」

□太郎ちゃんねる(動画)
http://www.kantei.go.jp/jp/asovideo/2008/11/5418/normal_replay5418.html

━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─

Posted on 11月 20, 2008 at 10:14 午前 | | コメント (2)

2008.11.19

081119 昔話・VZ EditorからWZ EDITORへ

081119_wzeditor 今日の/.に
ビレッジセンター、2008年11月末で会社を解散へ
という記事があります。

 ビレッジセンターと云ってもWindows以前のパソコン利用者にしか記憶がないかも知れません。

 きよもりがパソコンをさわり始めた1970年代からWindows95が発売されるまでの約20年はマニアックな好き者の世界でした。 個人的には結婚直後の1973年からパソコンをさわっていましたが、あくまでもゲーム中心
 それが会社でもパソコンを導入して仕事で使い始めたのが、IBM5550 が発売された1983年以降です。

 当時は誰もが使える業務ソフトとしてワープロ(一太郎)や表計算(Multiplen)を使いましたが、しばらくしてdBASEⅡという業務開発用ソフトを入れて、ホストデータの取り込みや加工を始めました。その時にプログラムを記述するのに使っていたのが、VZ_Editorでした。

 当時、プログラマではない普通の人が使えるプログラム言語はBASICに代表されるインタプリタでしたが、入れ子構造や繰り返し記述にはエディターの利用が最適で、常駐できて動作の軽いVZ_Editorはすごく使いやすかったのを思い出します。

 1995年にWindows95が発売されて、Windowsとインターネットの時代が始まりましたが、昔のよしみでVZ Editorの後継であるWindows対応のWZ Editorを今も時々ブログ原稿作り等に利用させていただいています。
 
 ビレッジセンターは無くなりますが、WZ EDITORは、引き続き株式会社WZソフトウェアからWZ EDITOR 6 として発売されているそうですから、引き続きよろしくお願いします。

ビレッジセンター、2008年11月末で会社を解散へ
GetSetによる 2008年11月18日 22時56分の掲載
Hatris 曰く、
INTERNET Watchの記事によると、ビレッジセンターが11月末日をもって会社を解散することになったそうだ。

ビレッジセンターに関する最近の記事では、 「WZ EDITOR」が5年ぶりの更新、v6.0プレビュー版が公開が、まだ記憶に新しいのだが、解散に繋がった理由についての情報はなく、公式情報として解散における謝辞(リンク先はPDF)のみがあげられている。
なお、新製品を出したばかりのWZ Editorに関しては、別会社に権利を委譲して継続していくようだ。

昔、VZ Editorには大変お世話になったので、その携わった会社が無くなるのは寂しく思います。/.Jerの皆様も、ビレッジセンターやVZ Editor等にまつわる想い出はありませんか?

Posted on 11月 19, 2008 at 12:34 午後 | | コメント (0)

2008.11.18

081118-2 山行記録:11/16 第114回例会 北丹波/有馬富士

081116_arimafuji パソコンの修復が終わったので、ようやく写真と地図を編集できます。
 取りあえず、例会のトラック地図を掲載します。
 歩行距離:6.9km、所要時間:4時間39分のショートコースでアップダウンが少ないので楽な行程でしたが、林間の遊歩道、水鳥の集う池、岩混じりの急坂、アップダウンの多い紅葉尾根と変化があって楽しかったです。
 温泉も比較的空いていて綺麗でした、買い出しもしたし・・・

山行記録 第114回例会 北丹波/有馬富士
日 時:平成20年11月16日(日) 8:30~13:09 小雨のち曇り
参加者:12名/SSKさん、YMOさん、MEDさん、NROさん、USIさん、TRNさん、YNTさん、HRTさん、FTSさん、KMRさん、JNKさん、きよもり
行 先:新三田~福島大池~有馬富士~千丈寺湖~花山乃湯
地 図:25000分の一「三田」「藍本」
 断面図 GPSトラック
行 程: 6.9km 4時間39分(歩行時間:2時間24分、休憩昼食時間:2時間15分)
 尼崎7:435⇒8:18JR新三田
 新三田8:30→8:49八幡神社→9:01福島大池→9:12茅葺き民家(グレープフルーツ)9:35→9:50駐車場→10:00頂上広場(昼食)11:04→巻き道→11:15有馬富士・三等△374.0m(記念撮影)11:46→12:00鞍部(リンゴ)12:17→12:27小ピーク(310m)→12:55千丈寺湖畔・登山口→13:00花山院分岐(TRNさんは花山院へ)→13:09花山乃湯(入浴\600)
 尼寺(にんじ)バス停15:01⇒神姫バス(\340)⇒15:17JR三田(解散)
 

【写真】
081116_arimafuji_001_3
081116_arimafuji_002
081116_arimafuji_003
081116_arimafuji_004
081116_arimafuji_005
081116_arimafuji_006
081116_arimafuji_007
081116_arimafuji_008
081116_arimafuji_009
081116_arimafuji_010
081116_arimafuji_011
081116_arimafuji_012
081116_arimafuji_013
081116_arimafuji_014
081116_arimafuji_015
081116_arimafuji_016
081116_arimafuji_017
081116_arimafuji_018
【断面図】
081116t_arimafujidanmen
【GPSトラック】
081116t_arimafuji


Posted on 11月 18, 2008 at 05:40 午後 | | コメント (0)

081118-3 山行記録:例会下見 11/15 丹生山系/キスラシ山

081115_kisurashiyama_003 順番が逆になってしまいましたが、先週末土曜日の下見報告です。

 SILVAコンパスを使った陸測図の読図トレーニングを兼ねて1月18日(日)の例会下見に行きました。午後から天気が崩れるかと思ったら、最後まで爽やかな天気に恵まれ、砕石ピーク直下での読図トレーニングも納得できるまで出来ました。
 コースは馴れてしまえばコースをはずれないように歩くのはそれほど難しくはありませんが、後半はほとんど歩いている人がいないようなので、今回付けた虎テープを含めポイントポイントでチェックしながら歩く必要がありそうです。前半は少し藪がありますが、イバラなどをほぼ刈り払いましたから、例会は快適に歩けると思います。

山行記録 丹生山系/キスラシ山 例会下見&読図トレーニング
日 時:平成20年11月15日(土) 9:44~17:14 晴時々曇り
参加者:2名/JNKさん、きよもり
行 先:神鉄・五社~キスラシ山~天ヶ峰~ナダレ尾山~神鉄・大池
地 図:25000分の一「有馬」
 断面図 GPSトラック

行 程: 7.5km 7時間30分(歩行時間:4時間43分、休憩昼食読図時間:2時間47分)
 三宮8:55⇒9:05谷上9:06⇒9:23神鉄・五社
 五社9:44→9:55中尾神社(270m)→10:08高速道跨線橋→10:26小ピーク(380m、カキ)10:37→谷越の巻き道→尾根へ→11:05神戸砕石のピーク手前(分岐を右へ)→巻き道→11:15砕石ピーク直下の鞍部(読図トレーニング、22℃)12:11→尾根の北側巻き道→12:44キスラシ山→13:00桜池分岐→13:04最低鞍部→13:17天ヶ峰・四等△486.7m(昼食)14:36→14:51唐櫃台分岐→15:13多聞寺分岐(490m)15:18→15:29右折点→15:40左折点(510m)→15:45鉄塔→15:54縦走路・モトクロス場分岐(リンゴ)16:00→16:15大池分岐(谷道)→16:22ナダレ尾山分岐→16:28ナダレ尾山・四等△527.4m(18℃)16:38→16:43縦走路合流→16:55天下辻→17:14神鉄・大池
 大池17:19⇒17:26谷上17:27⇒17:37三宮

【写真】
081115_kisurashiyama_001
081115_kisurashiyama_002
081115_kisurashiyama_003_2
081115_kisurashiyama_004
081115_kisurashiyama_005
081115_kisurashiyama_006
081115_kisurashiyama_007
081115_kisurashiyama_008
081115_kisurashiyama_009
081115_kisurashiyama_010
【断面図
081115t_kisurashiyamadanmen
GPSトラック
081115t_kisurashiyama

Posted on 11月 18, 2008 at 04:42 午後 | | コメント (0)

081118 メーカーサポートよりインターネット検索

Windowstips

 2003/06/24以来、5年間お世話になった自宅のWindows XPマシーン(DELL Dimension 8300)に見切りをつけて、昨年(2007/05/09)購入したWindows VISTAマシーン(DELL Precision 390) へ、3万枚も貯め込んだデジカメ写真やカシミール3Dのトラックデータなどを移動し始めました。
 次のWindowsはWindows 7として、来年半ばくらいにはリリースされるようですが、その場合でもベースになるのはXPではなく、VISTAですから、今のうちに癖のあるWindows VISTAの操作に馴れておきたいというのが、移動の動機です。

 おなじみのXCOPYのDOSコマンドで、フォルダーは移動できましたが、先週初めからDVDドライブを認識しなくなりました。デバイスマネージャで見ても「!」マークが付いていて、「エラー10、このデバイスを開始できません」というエラーメッセージが表示されて、ドライバーのインストールをしようとしてもエラーになります。
 24時間サポートに加入しているので、11/8の深夜に1時間もサポートデスクと電話でやりとりしました。結論的にはWindowsの再インストールが必要ということで、フォーマットからやり直してみたものの、丸ごとバックアップではエラーは解消されず、フォルダー単位でバックアップしたら、デスクトップやインストール済みのプログラムがまともに起動できずお手上げ状態で、かれこれ一週間試行錯誤を繰り返しました。

 諦めかけたところで、googleで”ウィンドウズの再インストール VISTA”で検索すると、Windows Tips というホームページに「DVDドライブCDドライブが認識しなくなった ライティングソフトを削除したら、DVD/CDドライブが認識しなくなった。 外付けDVD/CDドライブを増設しても、同様に認識致しません。」
という、ずばりのTipsがあり、「レジストリから、UpperfiltersLowerfiltersを消す」、とありました。
 見事にDVDドライブを再認識してくれて、問題解決です。

 持つべきものは、インターネット検索だということをつくづく感じました。感謝感謝!

俺のメモ
USB接続のCD/DVD-ROMドライブ<2005/02/05>
ある特定のCD/DVDライティングソフトをインストールしたらドライブのアイコンが表示されなくなった
デバイスマネージャで見ても「!」マークが付いていて、「エラー10、このデバイスを開始できません」というエラーメッセージが表示されている。
一般的なサポートページには「デバイスマネージャからデバイスを削除して・・・・・」と書いているが、その通りにやっても正常な状態に戻らない。

こんな時は以下の手順を試してみましょう。

1.原因と思われるCD/DVDライティングソフトをアンインストールする。
 (分からない場合はとりあえず最後にインストールしたものをアンインストールする。)
2.Windowsの再起動が必要な場合は再起動する。
3.レジストリエディタで以下のキーを開く。
  HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Class\{4D36E965-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}
4.その中に「UpperFilters」、「LowerFilters」という2つのキーがあるはずなので、両方とも削除する。
 (片方しかない場合は、1つだけ削除することになる。)
5.Windowsを再起動する。

6.問題のCD/DVDドライブを接続してみる。
7.問題が改善されていれば11.に進む。改善されていなければ、8.に進む。
8.レジストリエディタで以下のキーを開く。
  HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Enum\USBSTOR\CdRom&Ven_(CD/DVDドライブのベンダー名のような文字列)\(英数字の羅列)
9.4.と同様に、「UpperFilters」、「LowerFilters」という2つのキーを削除する。
10.Windowsを再起動する。

11.アンインストールしたCD/DVDライティングソフトを再インストールする。

Posted on 11月 18, 2008 at 04:01 午前 | | コメント (2)

2008.11.17

081117 親馬鹿

081117_takasuginakko_001081117_takasuginakko_002081117_takasuginakko_003 糖尿病によくないとは知りつつ、つい甘くなるのは親の心理
 高杉のショートケーキをペロリとなめて、満足顔です。

Posted on 11月 17, 2008 at 02:59 午後 | | コメント (2)

2008.11.16

081116-2 13時下山

081116-2 13時下山081116-2 13時下山 昼前から雨が上がって快調に有馬富士をクリアして13時過ぎには花山乃湯に着きました。

Posted on 11月 16, 2008 at 02:21 午後 | | コメント (0)

081116 今日は雨のち曇り

081116 今日は雨のち曇り 昨日は午後から雲がわいてきましたが、終日よい天気で誰にも会わない静かな山歩きを楽しめましたが、今日は予報通り雨模様
 晴れ男大明神が不参加で雨男さんが参加だからやむを得ませんが、昼ぐらいに止んでくれたら嬉しいです。

Posted on 11月 16, 2008 at 07:53 午前 | | コメント (0)

2008.11.15

081115-2 現在位置確認

081115-2 現在位置確認081115_115601081115_115601_2 高丸山△508.5mと逢ヶ山△722.0mを目標に三角形の頂点から現在地を割り出しました。
 成功成功!
 よくできました!

Posted on 11月 15, 2008 at 11:55 午前 | | コメント (0)

081115 今日は曇り空

081115 今日は曇り空 神鉄五社からキスラシ山へ
 砕石場の上までのルートが確認できたので例会も大丈夫です。
 今から尾根の上で読図トレーニングを始めます。
 正面は逢ヶ山…

Posted on 11月 15, 2008 at 11:27 午前 | | コメント (0)

2008.11.14

081114 明日は下り坂、明後日は曇り時々雨

081114_tenkizu1114_0600 山仲間の例会も114回と回を重ねて、皆さんに支えられて10年も続いていることになりますが、事務局も加齢による体力の低下は避けられず、最近はロングコースは敬遠して、アップダウンが少なくて、降りたところに温泉があって、湯上がりにビールが飲めるところを最優先して行き先を選んでいます。
 今回の行き先は有馬富士で、以前なら公園歩きなんかと馬鹿にしていましたが、下見をしてみると駅からすぐ歩けるし、尾根筋なので展望もそこそこ楽しめるし、降りたところにはチャンと温泉がありますから、見逃す手はありません。天気が良ければ、温泉の前に西国三十三ヶ所番外の花山院にも寄りたいと思いますが、天候次第で無理はしないようにします。
以下は東京のNWHさんとのやりとりです。

【きよもりの返信】
 東京の明日の天気は晴れですね。
 雪を被った富士山が見えるよう祈っています。
 こちらの例会は明後日なので曇り時々雨の予報です。
 有馬富士の周囲は公園になっていて、道も整備されているから山頂直下のわんぱく砦以外は傘を差しても歩けますので、問題ありません。
 午前中雨の場合は、途中にある頂上広場には屋根があるので、タープを併用して雨をしのぐことになるでしょう。

 明日は丹生山系のキスラシ山の下見なので、多少藪があるし、木が茂っているのでこちらの方が心配です。

【NWHさんのメール】 常連の若丹組が欠席なのはさびしいですが、13名くらいにはなりそうですね。
 こちらの例会(といっても不定期ですが)は明日開催で、埼玉県の伊豆ケ岳に行きます。
 KTYさん、YSOさん、SNGさん、NNKさん(女性)、KYNさん(女性)、NWHの6名です。
 夢の東西交流はなかなか難しいので、当面はそれぞれで楽しみましょう。
  山仲間関東支部 NWH

Posted on 11月 14, 2008 at 10:42 午前 | | コメント (0)

2008.11.13

081113 山行計画:11/15 例会下見 丹生山系/キスラシ山

081025_kisurashiyama_001081025_kisurashiyama_002_2 今週末11/16(日)は山仲間例会で有馬富士へ行きますが、前日の11/15(土)は1月の例会で予定している六甲の北側に東西に延びる丹生山系の東端・キスラシ山へ下見に行きたいと思います。
キスラシ山へは既に10/19(日)、10/25(土)と2回も行っていますが、最初の時は神鉄・有馬口から尾根への取付を探して何とかキスラシ山(P449m)の山頂にたどり着くのが精一杯でした。二回目は神鉄・五社駅から歩き始め、石切場の上まで上がれましたが、そこからキスラシ山へ続く尾根へのルートが発見出来ず、諦めかけたときに偶然石切場ピークの手前からピークを巻くようにして下る巻き道を見つけて、キスラシ山から丹生山系に続く尾根ルートが繋がりました。

 この行程は前半は砕石場の間を抜けるダイナミックな尾根道で、展望にも恵まれていますが、キスラシ山から天下辻までは丹生山系特有の雑木が密生した緩やかなアップダウンが続きます。
 前回までの試歩ではコース確認がやっとでしたから、今回は分岐点の再確認と枝払いもしておきます。

 併せて、先週末(11/9)に「新ハイキング」の地図読み山行で行った貴船山で教えていただいたシルバコンパス(SILVA №3)の使い方のおさらいも兼ねていくことにします。
 読図練習のため、SILVAコンパス(№3型)とカシミール3Dデータのルート図に磁北線(6゜50')と30”間隔(約750m)で緯度経度線を印刷して持っていきます。
 同行していただける方は、25000分の一「有馬」、シルバコンパス3型、鉛筆をお忘れ無くご持参下さい。また、多少藪刈りをしますので、鋸もあったら持ってきて下さい。
 帰りは「からとの湯」に寄りますのでお風呂セットもお忘れ無く。

山行計画 11/15 丹生山系/キスラシ山~ナダレ尾山・下見&読図セミナー
日 時:平成20年11月15日(土) 10:00~17:00
行き先:神鉄・五社~キスラシ山~ナダレ尾山~天下辻~神鉄・大池
集 合:神鉄・五社駅改札口 9:40

 参考:地下鉄・三宮9:08⇒9:18谷上9:21⇒9:36五社
参加者:2名/JNKさん、きよもり(当日参加歓迎)
地 図:25000分の一「有馬」
 断面図 ルート図
行 程: 約7.1km 、所要時間:8時間(歩行時間:6時間30分、休憩昼食:1時間30分)
 五社(9:50頃)→10分→中尾神社→10分→高速道跨線橋→20分→小ピークP360m→20分→「北神戸砕石場」の上→10分→鞍部→30分→「神戸砕石」のピーク(分岐)→10分→「神戸砕石」上の広場(11:00頃)→30分→キスラシ山(P449m)→20分→桜池分岐→30分→天ヶ峰・△486.7m(12:40頃、昼食、13:30発)→20分→唐櫃台分岐→40分→P495分岐→30分→鉄塔(15:30頃)→10分→主尾根縦走路→30分→ナダレ尾山・△527.4m(16:30頃)→30分→天下辻→40分→神鉄・大池(17:50頃)
所持品:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、スパッツ、ストック、SILVAコンパス、鉛筆、着替え、のこぎり(ある人)

断面図
081115_kisurashiyamadanmen

ルート図
081115_kisurashiyama

カシミール3D用のルートデータ
「081115_KisurashiYama.gdb」をダウンロード

Posted on 11月 13, 2008 at 01:00 午後 | | コメント (1)

2008.11.12

081112 卒業

081112 卒業 今日は久し振りに雲一つ無い絶好の快晴
 天気予報でも全国的に小春日和の爽やかないち日になるとのことです。
 御影の47階建てのタワーマンションも25階まで伸びて見上げる高さです。

 10月の手術後の1ヶ月検診も異常無しで、今日で卒業ですと言われました。
 JNKさん始め皆様にご心配をお掛けしましたが、無事解放です。

Posted on 11月 12, 2008 at 10:27 午前 | | コメント (3)

2008.11.11

081111-2 山行計画:11/16山仲間例会114 有馬富士

081005_arimafuji_001081005_arimafuji_002                                         平成20年11月11日
山仲間諸兄諸姉
                                       山仲間事務局 きよもり
         山仲間第114回例会案内/南丹・有馬富士

 謹啓 11月に入って、当初は天候が不安定な日が続きましたが、今週はめっきり涼しくなっています。先週末あたりは各地で紅葉便りが聞かれ人出も増えているようですが、近畿地方の紅葉は2週間程度遅れているようです。
 皆様ご健勝のことと存じます。
 10月の例会は、京都北山/魚谷山から貴船山・夜泣峠を歩いていただきました。皆様お元気で13名無事完歩していただき有り難うございました。
 今回の例会は、三田の奥にある有馬富士へ行きたいと思います。有馬富士と云っても標高僅か374mですから、今までは例会に取り上げませんでしたが、麓の公園から、北側の千丈寺湖に抜ける縦走コースが整備されていますので、紅葉を眺めながらのんびり歩くには最適です。
 下山後のバス停脇には「花山乃湯」がありますので、着替えなどお持ち下さい。
 行程が6.1kmと短いので、歩き足らない方は西国三十三箇所番外の「花山院」(往復1時間)に寄っていただくのも良いと思います。
 参加して頂ける方は、11/14(金)までにメールまたはFAXでご連絡下さい。
                                                 敬具
日 時: 平成20年11月16日(日) 9:40~17:00
行き先: 南丹/有馬富士
集 合: 平成20年11月16日(日) JR福知山線・新三田駅改札口 8:30
 参考:三ノ宮7:20⇒新快速⇒7:36尼崎7:43⇒福知山線⇒川西池田7:54⇒8:18新三田
    京都6:59⇒快速⇒大阪7:36⇒7:42尼崎7:43⇒福知山線⇒8:18新三田
地 図: 25000縮尺図「藍本」「三田」
レベル:初級の下(行程が短くて歩きやすい道、ただし、「わんぱく砦」には要注意)
持ち物: 昼食、飲み物、雨具、着替え、スパッツ、ストック
行 程: 距離:6.1km 所要時間:4時間50分(歩行時間:3時間、休憩昼食:1時間50分)
   新三田(8:40頃)→30分→八幡神社→20分→福島大池→10分→西登山口分岐(トイレ)→30分→駐車場→20分→頂上広場(11:00頃)→10分→わんぱく砦→10分→有馬富士(四等△374.0m、11:30頃、昼食)→40分→北尾根登山口→10分→「花山乃湯」(13:30頃、入浴、\600)
   尼寺(にんじ)バス停15:01⇒神姫バス(\340)⇒15:17三田(解散)
  参考:尼寺発(三田行き)バス時刻12:51、14:06、15:01、16:31、17:26、18:12、18:56、19:32
費用:940円 (バス代\340、「花山乃湯」入浴料\600)
追記: 12月の例会は12/21(日)に恒例の水尾「鶏すき」で、保津峡ハイキングコースを歩きます。
     1月の例会は1/18(日)に六甲北・丹生山系のキスラシ山からナダレ尾山を予定しています。

きよもり 【山仲間】
E-mail : KGH03517@nifty.com
  神戸自宅 TEL/FAX : 078-766-8070
携帯(au):090-4491-0586
_/_/_/_/_/_/_/_/ 08.11.11 18:00 _/_/_/_/_/_/_/_/

断面図
081116_arimafujidanmen
ルート図
081116_arimafuji


Posted on 11月 11, 2008 at 06:23 午後 | | コメント (1)

081111 帯磁機(Magnetizer)

081111 帯磁機 先週からパソコンをバラしたり組み立てたり、かれこれ10回以上も繰り返していますが、その度に裏蓋や基板固定用のネジの取り外しや取り付けでネジが摘めずに苦労しています。
 昨日ヨドバシでドライバーに磁性を帯電させる器具があったので、購入しました。
 下の穴にドライバーを差してゆっくり抜くと帯電、上の穴に差してゆっくり抜くと消電します。
 どんな仕掛けでこうなるのか、上と下とで穴の形が違うのは何故なのかは分かりませんが、これでドライバーの先にピット糊を付けて引っ付けたりしなくてよくなります。
便利グッズ504円(サンワサプライ TK-MAG2)でした。

Posted on 11月 11, 2008 at 12:56 午後 | | コメント (1)

2008.11.10

081110-2 山行記録:11/9 貴船山(新ハイキング・読図トレーニング)

081109_kibuneyama_007_2 読図ハイキングというのは、「新ハイキング社」が年数回開催して、25000分の一の陸測図とSILVAコンパスを使って、方位の確認や目標物から現在地を割り出す方法などを一般参加者に指導する山行企画です。
 今回日程があったので、「新ハイキング(関西の山)11.12月号」の計画にHSMさん、JNKさん、きよもりの3名が申し込みし、参加させていただきました。

 地図の見方や、方位や現在地の割り出しは経験的に習得していますが、実際にSILVAコンパスを使って正確な測定をしたことがありませんでしたからよい勉強になりました。有り難うございました。

山行記録 貴船山・読図トレーニング
日 時:平成20年11月9日(日)
行き先:貴船口~貴船神社~滝谷峠~貴船山~貴船口
参加者:14名(うち山仲間3名/HSMさん、JNKさん、きよもり)
地 図:25000分の一「大原」
 断面図 GPSトラック
行 程 快晴、12℃~16℃、歩行距離:9.5km 所要時間:5時間32分(歩行時間:4時間21分、休憩時間:1時間11分)
 阪急御影7:41⇒7:44岡本7:47⇒神戸線・特急⇒8:05十三8:13⇒阪急京都線・特急⇒8:54河原町→京阪四条9:09⇒京阪線・特急⇒9:17出町柳9:30⇒叡山鉄道\410⇒10:14貴船口
 貴船口10:26→車道→10:53鞍馬寺西門→11:00貴船神社→11:12奥貴船神社(トイレ)11:21→11:35奥貴船橋(左へ)→登山道→12:16小休止12:20→12:36滝谷峠(昼食、読図指導)13:30→14:05小ピーク(722m、12℃)→14:29貴船山→14:38尾根道分岐(左へ)→15:20夜泣峠分岐(左へ)15:24→ユリ道→15:40カミナリ岩(330m、左折)→急斜面下降→15:58貴船口(解散)
 貴船口16:07⇒叡山鉄道\410⇒16:36出町柳16:40⇒京阪・快速急行\850⇒17:45渡辺橋(中之島線)

【写真】
081109_kibuneyama_001
081109_kibuneyama_002
081109_kibuneyama_003
081109_kibuneyama_004
081109_kibuneyama_005
081109_kibuneyama_006_2
081109_kibuneyama_007
081109_kibuneyama_008
081109_kibuneyama_009
【断面図】
081109t_kibuneyamadanmen
【GPSトラック】
081109t_kibuneyama


Posted on 11月 10, 2008 at 06:04 午後 | | コメント (0)

081110 HDD入換

081110 HDD入換 ノートパソコンのハードディスクが満タンになって、外付けで別のUSBドライブを付けて使っていましたが、外付けドライブではどうしてもアクセスが遅いので内蔵のドライブを入換する事にします。
 Acronis True Imageと言う専用ソフトでドライブ毎バックアップをとり、より容量の大きな別のHDDにリストアしますが、コピーもリストアも40分位で終わりますから意外に速いので驚きます。

【追記】081113
 Acronis True ImageによるCドライブのバックアップは成功し、換装したHDDは立ち上がりましたが、ドライブの大きさが変わっても、元のCドライブの容量分しかパーテーションが作れません。
 このソフトでのパーテーションを広げる方法がわからないので、結局諦めて、ARK情報システムの「HD革命」CopyDriveとPartationLiteのセットをヨドバシで購入して、まずクローンを作り、同じサイズで出来たパーテーションをPartationLiteで広げました。
 これでCドライブは40G→50Gに、外付けのHDD(内容は160G)は内蔵で200GのDドライブになり、すっきり本体に納まっています。

Posted on 11月 10, 2008 at 03:09 午後 | | コメント (0)

2008.11.09

081109-2 快速急行・中之島行き

081109-2 快速急行・中之島行き 貴船口から出町柳まで帰ってきて京阪に乗り、四条河原町で阪急乗り換えのつもりでしたが、出町柳から中之島まで直行で行けるみたいなので、飛び乗りました。
 3人座席はゆったりして快適です。

Posted on 11月 9, 2008 at 05:05 午後 | | コメント (2)

081109 地図のお勉強

081109 地図のお勉強 今日は「新ハイキング関西版」の企画にHSMさんJNKさんと一緒に乗っかって、貴船口から貴船神社、滝谷峠を歩きました。
 SILVAコンパスは皆さんが買うから持っていましたが、リングや赤い平行線が何故あるのか、どう使うのか知りませんでしたから、よい勉強しました。
 GPSを忘れたら役に立ちますね。

Posted on 11月 9, 2008 at 04:35 午後 | | コメント (1)

2008.11.08

明日は降水確率40%

明日は降水確率40% 天気予報で京都北部の明日は
  11/9(日)
  最高気温:14℃
  最低気温:9℃
  降水確率:40%
 となっています。
 十三発8:13の河原町行き特急に乗ります。

 今日の尾道は曇り時々雨でしたが、冬の気配でした。
 明日は暖かい格好で行きましょう。

Posted on 11月 8, 2008 at 07:15 午後 | | コメント (0)

081107 尾道

081107 尾道081107 尾道081107 尾道 今日は日帰りで母に会いに尾道へ
 こちらへ来たのは7年振りですが、駅前の様子も街並みもすっかり変わり、清楚な観光地に変貌しつつあるようですが、渡船の往来は昔と変わりません。

Posted on 11月 8, 2008 at 11:55 午前 | | コメント (2)

2008.11.07

081107 O子様から近況便り

078 関西は連休明けから天気が安定せず、11月にもかかわらず、何となく蒸し暑い気候が2、3日続いています。
 検査入院で手術、と言っても切ったり貼ったりしたわけではありませんから、本人は自覚症状もなければ術後の違和感なども全くありませんので、折角お見舞いのお言葉をいただきながら却って申し訳ないようなものです。

 そのような状況ですから、先週末の土日は久し振りに重廣さんの「ラウンド琵琶湖」のイベントに参加させていただき、23kgの荷物と2ヶ月ぶりの幕営を経験して、何とかクリアすることが出来ました。
 でも、手術とは関係ないと思いますが、加齢による基礎体力の衰えは隠せません。登りはともかく急斜面の下りは膝をかばいながら慎重に下りるため、同行の皆さんに付いていくのに汗を掻きました。
 
 拝見すると、つい先年まではスタッドレス無しでアイスバーンを運転されておられた由、まるで神風ばあさん(失礼!)ですね。普段から八面六臂、日本国中をまたに掛けて駆け巡っておられるからこその御壮健とは存じますが、相手があることですから、くれぐれも無理をされず、過信は禁物で安全運転を心がけていただくようお願い申し上げます。

 ログの落雷騒ぎは7月終わりのことだったと思いますが、3ヶ月経過してもまだ完全復旧されない状況では、キキママや地元の皆様のご不自由をおもんばかります。長い冬を前にして、更にご苦労されるでしょうから大変でしょう。

 日塩道路というのは日光と塩原温泉をつなぐ通称、日塩もみじラインという高速道路だそうですね。
   http://www.hunter.co.jp/aki/access/top.html
 足だけが移動手段だったきよもりには馴染みのないドライブ経験ですが、見事な紅葉で驚きました。
 関西は今週から来週辺りが紅葉の見頃だとは思われますが、先週の鈴鹿山脈でも部分的には赤や黄色に色づいてはいるものの、秋になっても本格的な夜間の気温冷却がないためか、今年もあまり紅葉は鮮やかさに欠けているように感じました。
 とはいうものの、明日は尾道の母を訪ねて日帰り、明後日は北山・貴船の山へ行きますので、乞う御期待と云ったところです。

 立冬が過ぎれば、寒さも本格化するでしょうから、外出にはカーディガンなどお忘れ無きようお身体をおいたわり下さい。

きよもり 【山仲間】
E-mail : KGH03517@nifty.com
_/_/_/_/_/_/_/_/ 08.11.07 12:16 _/_/_/_/_/_/_/_/


【O子様のメール】
Image208Image2371Image2571

>From: "O子"
>Subject: 日塩道路
>Date: Thu, 6 Nov 2008 19:53:14 +0900
>
> きよもり様、JNK様
>
>  明日は暦でも愈々冬を迎えようとしております。もうお体の
>  お加減はすっかり快復なされたのでしょうか? 私達も、
>  お蔭様で日常の体調をセーブしつつ、何とかスケジュール
>  を無事にこなしております。この秋は驚く程、予定が立て込み
>  落雷の被害以来のログ行きの機会も持てず、年内一度は是非
>  出かけなければとカレンダーの予定表と睨めっこの昨今です。
>  この冬は雪景色の中でも走ろうと、車も先日スタットレスを装着
>  致しました。もう以前のようにノーマルタイヤでブレーキを踏まぬ
>  様にログ迄走るなどという勇気はなくなりました。未だに電話は
>  修理が終わらず、携帯もドコモ以外使えない為、少々不便です。
>
>  山の紅葉は今が盛りのようで、寒くなり余り留守にすると(てんとう
>  蟲)の避寒場所となりログは乗っ取られますので、そろそろ重い
>  腰を上げて~と思います。日塩道路のこの秋の彩りを娘が送って
>  くれました。神戸にもお裾分けさせて頂きます。どうぞお元気で
>  年末をお過しくださいませ。
>    O子拝

Posted on 11月 7, 2008 at 12:29 午後 | | コメント (0)

2008.11.06

081106-2 山行記録:例会下見 11/3 保津峡~水尾

081103_hodukyo_009 パソコンのプログラムとデータ移行が長引いて、山行記録の掲載が後先になっています。11/1、2のラウンド琵琶湖の記録、11/3の12月例会下見で行った保津峡の記録を掲載します。日付が飛ぶと判りにくいので、山行日の直後に掲載日を変更していますのでご了解下さい。

山行記録  12月例会下見 保津峡~水尾
日 時:平成20年11月3日(月) 文化の日
行き先:洛西・亀岡~保津峡~高畑山~水尾
参加者:2名/JNKさん、きよもり
地 図:25000分の一「亀岡」「京都西北部」
 断面図 GPSトラック(緯度経度補助線は縦約900m、横約750mです。)
行 程 快晴、20℃、歩行距離:12.5km 所要時間:8時間(歩行時間:4時間46分、休憩時間:3時間14分)
 住吉7:22⇒7:28芦屋7:29⇒新快速⇒8:14京都8:26⇒山陰線(\400)⇒9:00亀岡
 亀岡9:10→車道→9:33保津町(右折)→9:55鳥居→10:05請田神社10:20→10:40不動明王10:53→11:10象頭谷橋→11:20登山口(100m)11:30→急斜面→11:54保津峡ハイキングコース分岐(左折)→12:04鉄塔(306m)12:06→12:20高畑山・△340.6m(昼食)14:06→14:18鉄塔道(右折)→14:30小ピーク(350m)→藪尾根下降→14:42登山道(尾根へ登る)→14:46明智越ハイキングコース分岐(右折した鉄塔道の20m先、柿)14:56→15:05鉄塔(250m)→15:19水尾川・明智越入口橋(160m)→川沿いの登山道→15:36水尾→15:42「六兵衛」(260m、鶏すき予約)16:20→川沿いの登山道→16:38明智越入口→16:44車道→16:54米買道分岐→16:58保津峡ハイキング道分岐橋→17:10JR保津峡駅
 JR保津峡17:12⇒山陰線(\230)⇒17:38京都17:53⇒19:00三ノ宮

補 足:
 1.木曜日・祝日・年末年始以外は水尾からJR保津峡までバスが運行されています。
   水尾発 7:35 9:15 14:40 16:20 17:45 
 2.下見は水尾から保津峡まで歩きましたが、例会では亀岡から高瀬山を経由して水尾までの行程になります。
   正味歩行距離は8.5km、所要時間は休憩1時間を含め、約4時間30分です。
   亀岡を9:10に出発して、水尾到着は13:40頃になると思います。
 3.参加人数によりますが、亀岡駅から請田神社までの約3kmはタクシーを使うと約40分短縮されます。

【写真】
081103_hodukyo_001
081103_hodukyo_002
081103_hodukyo_003
081103_hodukyo_004
081103_hodukyo_005
081103_hodukyo_006
081103_hodukyo_007
081103_hodukyo_008
081103_hodukyo_009
【断面図】
081103t_hodukyodanmen
【GPSトラック】
081103t_hodukyo


Posted on 11月 6, 2008 at 08:44 午後 | | コメント (0)

081106 猫も杓子もタッチパネル

081106_docomokeitai 昨日NTTdocomoが08冬モデルの携帯電話新シリーズを発表しました。今回の発表は22機種、と非常に多いのにも驚きですが、その内4割近くはタッチパネル搭載機種だそうです。

 きよもりの場合、当面はauから浮気する気持ちはありませんが、iPhoneで元気なソフトバンク、iPhoneに負けじと対抗機種を物量作戦で大量に投入してきたNTTに比較して、この2年あまり、auは全く元気がありません。
 
 それにしても、今回のdocomoの新機種では富士通、シャープ、HTOが各2機種、NEC、LG電子が各1機種とメーカーもタッチパネルの揃い踏みです。文句を付ける筋合いではありませんが、各メーカーの仕様を見ても、タッチパネル以外に加速度センサー、Bluetooth、多焦点カメラ等々、何れもiPhoneを始め、先行機器の良いとこ取りで独自の機能は見当たりません。このあたりが国策携帯市場の限界です。

ITmedia D+ Mobile 2008年11月05日 14時00分 更新
ドコモ、2008年冬モデル22機種発表──新型番で新たな4シリーズ展開
 ドコモは2008年冬モデル全22機種を発表。過去最多数の機種を用意し、8機種のタッチパネルケータイを投入する。ほかにも8M CCDカメラや3Wayスタイル、HTC・Nokia・RIM製スマートフォン、横スライドQWERTYキー、多色、防水、ブランドコラボなど多彩なラインアップで展開。ユーザーエージェント機能「iコンシェル」やウィジェット機能「iウィジェット」などの新サービスも始める。
 
 NTTドコモは11月5日、2008年冬モデル計22機種を発表した。

 新シリーズは、PRIME、STYLE、SMART、PROの4種類に分類して展開。富士通、NEC、パナソニック モバイルコミュニケーションズ、シャープといった国内メーカーのほかに、LG電子、HTC、ノキアといった海外メーカー製の端末も多くラインアップする。また、この冬モデルから新たなシリーズと端末型番を採用し、今までの90xi、70xiから、「x-00X」(メーカー名 - 発売順の通番 年度)という型番ルールになる。2008年11月19日以降、順次発売する。

Posted on 11月 6, 2008 at 11:17 午前 | | コメント (0)

2008.11.05

081105 手塚治虫の漫画、ニコニコ動画で二次利用可能に

081105_musipro 麻生さんのおかげで漫画やアニメの愛好者の肩身が広くなって、漫画・劇画世代のきよもりも恩恵を受け、自宅では堂々とさいとうたかを氏の劇画を読んでいます。
 そのこととは関係ありませんが、今日のITproに
 手塚治虫の漫画、ニコニコ動画で二次利用可能に とあって、手塚プロダクションの懐の深さというか、深謀遠慮を感じました。
 ただし、二次利用は「ニコニコ動画」サイトやその関連サイト、手塚氏の公式サイト内に限られます。
 ということは、こういって引用するのも駄目なのかも知れませんが、前向きな紹介と云うことでお許し下さい。

 きよもりの山の写真や動画をニコニコ動画に何回かアップさせていただいたことがありますが、ROM(死語?)の訪問者の皆さんがその画像を見るには、ユーザー登録しないといけません。山仲間の皆さんは慎重ですから、ユーザー登録されない方が多いです。YouTubeだとアイコンか画像をクリックするだけですから手軽です。
 YouTubeでも二次利用などの窓口を拡大してくれれば有り難いですね。

手塚治虫の漫画、ニコニコ動画で二次利用可能に

 動画投稿サイト「ニコニコ動画」を運営するニワンゴは2008年11月4日、手塚治虫氏の漫画作品について手塚プロダクションから二次利用の許諾を受けたと発表した。「鉄腕アトム」をはじめ、手塚氏の作った漫画キャラクターを用いて動画を作成し、ニコニコ動画に投稿することが可能になる。併せてニワンゴは、投稿動画などの素材を提供する関連サイト「ニコニ・コモンズ」において手塚氏の漫画キャラクターの素材を掲載し、ユーザーが自由にダウンロードできるようにした。

 ニコニ・コモンズで提供する素材は鉄腕アトムのほか、「ジャングル大帝」「リボンの騎士」「ブラックジャック」「火の鳥」など。ユーザーは、ニコニ・コモンズに掲載されているこれらの漫画キャラクター素材をダウンロードし、自分の投稿動画の素材として自由に二次利用することが可能。このほか、「ニコニ・コモンズに掲載されている以外の素材でも、手塚氏の漫画作品であればニコニコ動画への投稿用素材として二次利用できる」(ニワンゴの親会社であるドワンゴのニコニコ事業本部)。

 ただし、(1)投稿先はニコニコ動画と関連サイトのSMILEVIDEO、ニコニ・コモンズ、手塚氏の公式サイトに限られる、(2)手塚氏の作品のイメージを著しく損なうような利用は認めない、(3)ニコニ・コモンズに投稿する際は、「親作品」として基になった手塚氏の作品名を明記する、(4)二次利用可能なのは漫画のみで、テレビや映画などのアニメや、アニメで使われていた楽曲などは今回の許諾の対象外である――といった制限事項がある。

 ニワンゴは、プロの創作した作品を二次利用して、ユーザーがニコニコ動画の投稿動画を作成・公開できるよう、各分野の著作権団体などと交渉を進めている。2008年4月には、音楽著作権の二次利用について日本音楽著作権協会(JASRAC)から包括許諾を得るなど、二次創作の環境を整えつつある。ニコニコ動画では過去に、テレビ番組の無許諾投稿が相次いだことなどから、依然として二次利用に慎重姿勢を示す権利者や著作権団体も多いが、漫画業界で大きな影響力を持つ手塚プロダクションが許諾したことで、ニコニコ動画への二次利用を認める流れが加速しそうだ。

(金子 寛人=日経パソコン) [2008/11/04]

Posted on 11月 5, 2008 at 01:38 午後 | | コメント (0)

2008.11.04

081103 山行記録:11/1~2 ラウンド琵琶湖45(最終回) 仙ヶ岳~鈴鹿峠

山行記録
 ラウンド琵琶湖 第45回(最終回)
日時:平成20年11月1日(土)~2日(日)
行き先:野登山~仙ヶ岳~ベンケイ~四方草山~三子山~鈴鹿峠
参加者:4名/重廣さん、AKEさん、MRTさん、きよもり
行程
 11/1 快晴、14℃~20.5℃、歩行距離:7.2km 所要時間:5時間17分(歩行時間:4時間25分、休憩時間:52分)
 住吉6:34⇒東海道線・快速⇒7:56草津8:09⇒草津線⇒8:53柘植8:57⇒関西線⇒9:20亀山9:30⇒タクシー(\5430)⇒10:05野登林道・夢創庵
 夢創庵(670m)10:20→山道→10:36反射板→10:41林道終わり(野登寺分岐、右へ)→10:49参道分岐(820m、右の山道へ)→11:00野登山(二等△851.6m、20.5℃、軽食)11:12→11:19アンテナ下の車道→車道→11:28仙鶏尾根入口(右折)→アップダウンの多い尾根道→11:34鞍部(730m)→11:42 P778m→12:00最低鞍部(720m)→12:10仙鶏乗越/小岐須分岐(750m、14℃、昼食)12:27→12:46小ピーク(850m)→13:06東峰(950m、仙ヶ岩)→13:22仙ヶ岳(961m、18℃)13:34→13:59御所谷乗越(770m、北・南とも直下に水場あり)→14:15ヨコネ(P832m)→草原→14:37御所平手前(840m)14:46→14:54御所平(850m)→15:06ミズナシ(P832m)→15:12左折点(830m、展望よし)15:12→急な下り→15:25分岐(710m)→15:37舟石手前(幕営、17:10夕食、18:00就寝、24:00星観察(流星見えず))

 11/2 晴れ、15℃~20℃、歩行距離:10.0km 所要時間:7時間48分(歩行時間:6時間24分、休憩時間:1時間24分)
 舟石手前(4:30起床、5:00朝食)6:05→6:11舟石(p756m)→6:18ベンケイ分岐(デポ)→分岐下の谷間に水あり→6:37ベンケイ(三等△761.6m、展望無し)6:42→6:50台風23号爪痕→7:02ベンケイ分岐7:07→7:37太郎谷乗越(ススキ原)→7:54臼杵ヶ岳(697m)8:11→8:15右折(第2東名見える、左に分岐あり)→8:25谷と並行の尾根道(右の谷に水あり)→8:34かもしか高原(550m、ベンチあり)→8:55安楽越(490m、軽食、車7台駐車)9:06→急坂→9:41大峠(451m、山女原乗越)→10:08小ピーク(590m)→10:12コル10:22→10:37霧ヶ岳(630m、折り返し)→11:09四方草山(三等△667.4m)11:22→迷点→11:49戻り→12:25三子山北峰(Ⅰ峰568m、YNTさんと合流、昼食)12:48→13:03三子山(Ⅱ峰556m)→13:18南峰(Ⅲ峰、鉄塔分岐)→13:29自然歩道分岐→13:53鈴鹿峠(380m)
 鈴鹿峠14:08⇒YNTさん車⇒14:20土山道の駅14:40⇒15:10宮乃温泉(入浴\800)16:24⇒17:10京都南IC⇒17:20近鉄・竹田(解散)17:34⇒17:39京都17:53⇒快速⇒18:56住吉

Posted on 11月 4, 2008 at 04:19 午後 | | コメント (0)

081104 Windows 7の売りは「マルチタッチ」

081104_win7touchscreen タッチパネルは、銀行のATMや鉄道の切符購入などで普段目にする機会も多くなりましたが、パソコンにタッチパネルを搭載した機種はB・ゲーツ氏が執着したタブレットPCも、結局一般的には普及せず、われわれユーザーは相変わらずマウスとキーボードの呪縛から逃れられません。
 一方では、ニンテンドーDSのタッチスクリーンやiPhoneやiPodtouchのタッチスクリーンがどんどん浸透しているのに不思議です。

 そのような状況下、今日のASCII jpの記事に
Windows 7のUIは「マルチタッチ」が標準装備に というのがあり、2009年はタッチスクリーンが一般のノートパソコンに標準で搭載される画期的な変化の年になりそうです。

 Windows 7が発表されたときには売れてないVistaの後継OSなのに、動作が軽くなるとか、画面周りがすっきりするくらいで、あまり代わり映えしないと思っていましたから、この「マルチタッチ」機能だけでもOSを入れ替える価値がありそうです。
 ただし、ハード込みの変革ですから、パソコンごと買換になるでしょう。またパソコンメーカーの思うつぼに嵌るかも知れませんが、このような状況ですからノートパソコンの購入は来年まで待つのが得策でしょう。

 当然用途と使い勝手から考えると、ノートパソコンにまず搭載されて、普及に伴って、低価格化が進み大型スクリーンを前提としたデスクトップパソコンにも普及していくでしょう。

 記事を読んでいて、まだ理解出来ないのは、

>次世代クライアントOSである「Windows 7」は、ディスプレーに貼られたタッチセンサーによる操作(マルチタッチ)をサポートしている。 
 という部分で、通常のディスプレイにタッチセンサー機能を持つパネルを貼り付けるということは、既製のパソコンに対しても、後付けでタッチセンサー機能を付けられるようになるのでしょうか?
 その場合は、本体とのインターフェースがUSB接続になるでしょうから、また反応や伝送速度などでストレスが溜まりそうだから、やっぱり最初からタッチセンサー付ディスプレイ付きパソコンを買わないと駄目でしょう。

 タッチセンサーの機能が向上するとB・ゲーツ氏が志向したキーボード無しのタブレットPCの時代が来るかも知れません。

>次世代Windowsの姿が見えた!  第5回
Windows 7のUIは「マルチタッチ」が標準装備に
2008年10月30日 09時00分更新 文● 山本雅史

 次世代クライアントOSである「Windows 7」は、ディスプレーに貼られたタッチセンサーによる操作(マルチタッチ)をサポートしている。画面を触れるだけで、ボタンなどを直感的に操作できる。また、iPhoneやGoogle携帯(Android)のように、指の動きをコマンドにできるジェスチャーも採用されている。
 例えば写真を拡大するときには、ディスプレー上にある写真に指を添えて広げると、画面上でも写真が拡大していく。また、ブラウザーなどでよく使う上下のスクロールも、ブラウザーの画面に指をタッチして上下に動かせば、画面がスクロールする。
 Windows Vista同様、Windows 7はタブレットPCの機能も持っている。そのため、ディスプレーに指で文字を書いたり、絵を描ける。手書き文字認識機能を持つアプリケーションならば、ノートパッドに指で書いた数式を自動的に認識して、計算まで行なうといった芸当もできる。...

Posted on 11月 4, 2008 at 11:53 午前 | | コメント (0)

2008.11.03

Re:081103 保津川下り

Re:081103 保津川下りRe:081103 保津川下り 昨日帰りにYチャンの車の中からお誘いしたら、今日は葬式が入ったから駄目とのことでした。
 来週9日は一緒に貴船に行きますが、新ハイキングの読図トレーニング企画に乗ります。
 保津川下りハイキングコースは前半は保津川下りの船を冷やかしながら、後半は急登の尾根歩きです。
 相変わらず昼は焼き肉
 ξきよもり

>3連休フル活動ですね。HSMさんは一緒じゃないんですか?
>NWH
>
>>保津峡ハイキングコースを水尾に向かう途中にある請田神社で一休み
>>きよもり

Posted on 11月 3, 2008 at 12:48 午後 | | コメント (0)

081103 保津川下り

081103 保津川下り081103 保津川下り 保津峡ハイキングコースを水尾に向かう途中にある請田神社で一休み

Posted on 11月 3, 2008 at 10:27 午前 | | コメント (0)

081103 山行記録:11/1~2 ラウンド琵琶湖45(最終回) 仙ヶ岳~鈴鹿峠

081101_02_rb45_001_2081101_02_rb45_002_3 重廣さんの「ラウンド琵琶湖」は2005年1月8日から始まって今回まで足かけ4年
 鈴鹿峠からスタートして今回のゴール・鈴鹿峠で無事滋賀県境を踏破されました。
 最終回に同行させていただき、秋晴れの好天の下、楽しい2日間の山歩きを堪能しました。
 ありがとうございます。

地図:25000縮尺図「亀山」「伊船」「「土山」「鈴鹿峠」
 断面図 GPSトラック 11/1 11/2

断面図
081101_2t_sengatake_suzukatougedanm

GPSトラック
11/1
081101t_nonobori_sengatake

11/2
081102t_gosyodaira_suzukatouge

Posted on 11月 3, 2008 at 06:21 午前 | | コメント (2)

2008.11.02

081102-2 鈴鹿峠

081102-2 鈴鹿峠 足掛け4年のゴールは4年前のスタートです。
 2005年1月8日 鈴鹿峠のスタートは10cmの積雪の中、10:02雨具を着けて重廣さん、奥さん、きよもりの三名で開始しました。
 05/1/10 岳山(385.2m)を降りて、最奥の民家で電話をお借りして、タクシーで宮乃温泉に着いたのが16:30
 今日も鈴鹿峠を14:08に出て、15:10宮乃温泉でゆったりと疲れをほぐしました。

 重廣さん、これまで4年間参加された皆様お疲れ様でした。

Posted on 11月 2, 2008 at 01:59 午後 | | コメント (0)

081102 Re:鈴鹿峠に着きました

Re:鈴鹿峠に着きましたRe:鈴鹿峠に着きました 11:10四方草山三角点に到着
 ここから三子山まで50分位です。
 ξきよもり

>鈴鹿峠に着きました。県境尾根を三子山に向っています。
>YNT

Posted on 11月 2, 2008 at 11:17 午前 | | コメント (0)

2008.11.01

081101-4 Re:Re>081101 快晴・快調

Re:Re>081101 快晴・快調 今日は新月だから期待していますが、その前に酔っ払って寝たらあきまへんね!
 ξきよもり

>良かったですね。流れ星が流れるといいですね。
>おじゃま虫

Posted on 11月 1, 2008 at 04:56 午後 | | コメント (0)

081101-3 快晴・快調

081101 快晴・快調081101 快晴・快調 これ以上はない大快晴で御在所から鎌ヶ岳、四日市から名古屋まで見通せて最高
 米チャン差し入れの40度の焼酎とAKEさんの10年ものの泡盛を飲み比べてます。
 まだ16時30分
 夜は長い!

Posted on 11月 1, 2008 at 04:37 午後 | | コメント (0)

081101-2 Re:おはようございます。

AKEさんが寂しがっておられます。
もうすぐ草津
ξきよもり


>最終回はすばらしい天気でよかったですね。気を付けてお出掛けください。
>おじゃま虫

Posted on 11月 1, 2008 at 07:50 午前 | | コメント (1)

081101 Re:ラウンド琵琶湖

081101Re:ラウンド琵琶湖 ラウンド琵琶湖45回、最終回は4名です。
 重廣さん、AKEさん、きよもりと紅一点のMRTさんです。
 6時30分漸く陽が昇りました。
 行ってきます。
 明日の女峰山も寒いから気をつけて行って下さい。
 きよもり
>明日はどんなメンバーでしょうか。楽しんできて下さい。
>NWH

Posted on 11月 1, 2008 at 06:53 午前 | | コメント (0)