« 080727 アチッチ | トップページ | 080728-2 山行記録:裏六甲・逢山峡~古寺山/例会下見 »

2008.07.28

080728 コンピュータはコンピューターに

080728_the47thsamurai一昨日(7/26)の/.JPに
マイクロソフトがカタカナ用語の長音表記ルールを変更へ
という記事があります。

記事を読んで初めて気がつきましたが、昔はプログラマーとかエディターとかコンピューターとかカタカナ外来語の読みには原文のerやorを長音として表現していたのに、いつの間にかプログラマ、エディタ、コンピュータという表現に替わっていたのには、マイクロソフトの意図が反映されていたのですね。
長音を表記しない理由にはコンピューター資源の節約というのもあって、何となく納得しますが、今後は発音に合わせて末尾に長音を付けることになるそうですから、どうでもよいことですが、覚えておきます。

ちなみに表示方法を変えるカタカナ外来語はコンピューター用語ばかりですから、パソコンとかハード機器に関与しない方の日常生活には影響しないと思います。
マイクロソフトが公開している一覧表では313語あります。興味のある方はダウンロードしてご覧下さい。
「マイクロソフト日本語スタイルガイド(Katakana_FAQ_External.xls)」をダウンロード

そういえば、関係ないかも知れませんが、先日読み終わった『サイボーグ士官ジェニー・ケイシー』 (ハヤカワ文庫 SF/エリザベス・ベア)では 携帯電話を「ケータイ」と表現していましたが、アメリカでは携帯電話をCellular Phone(セルラーフォン)とかMobile Phone(モバイルフォン)と言っているのに、あえて「ケータイ」(ケイタイでも携帯電話でもなく)と表現している点が面白く、またこの「ケータイ」が物語の中では重要な役割を担っている点でも興味がありました。
ジェニー・ケイシーが終わったのでいま読み始めたスチィーヴン・ハンターの新作『四十七人目の男(The 47th Samurai』でもハンターとしては初めて日本を舞台にしたボブ・リー・スワガーの活躍だそうですから、日本の文化や風土が善かれ悪しかれ、海外、特にアメリカでも明確に認識されだしたように思います。

+--------------------------------------------------------------------+
マイクロソフトがカタカナ用語の長音表記ルールを変更へ
Acanthopanax による 2008年07月25日 19:30 の掲載 (マイクロソフト)
正書法 部門より
http://slashdot.jp/article.pl?sid=08/07/25/1027225
+--------------------------------------------------------------------+
urx 曰く、
「マイクロソフト製品ならびにサービスにおける外来語カタカナ用語末尾の長音表記の変更について」 によると、マイクロソフトがカタカナ語の長音表記ルールを変更するそうです。

マイクロソフトの製品・サービスにおいて、「3音以上の用語」では原則省略されるルールとなっていた長音記号「ー」が、多くのカタカナ語で付加されるようになります。日本語スタイルガイドより例を挙げると、「スキャナ」・「フォルダ」・「ブラウザ」などは長音記号が付くようになり、「コンパイラ」・「プログラマ」・「レジスタ」などは変更なし(長音記号つかず)、「クラッカー」・「ドッペルゲンガー」・「ユーザー」なども変更なし(もともと長音付き)と分類されています。

長音記号を省略した用語に慣れきったためか、提示された用語に若干の違和感があるのですが、みなさんはいかがでしょうか?

Posted on 7月 28, 2008 at 12:02 午後 |

コメント

こんばんわ。tknです。やはりこのネタに注目されましたか。
うちの会社もコンピュータですし、フロッピディスクです。入社した際に凄く違和感を感じた事を記憶しています。
タイミング的に恐らくマイクロソフト日本法人が設立される前からの表記ルールではなかったかと思います。業界で何かしらの指針があったのでないかと思いますが必ずしも業界で表記が同じ訳ではありません。
もしマイクロソフトが震源なら驚くべき事です。例えばPC-8001のマニュアル作成の為のガイドだったとしたら...このあたりの事情は古川さんに聞いてみるのが手っとり早いかもしれないですね。
話は違いますが役職名を英字に省略するのは通産省の指導があったとの話を聞いた事があります。部長がB、課長がKとなるような省略ですが指導の目的が業務効率化だと聞きました。パンチャーの工数削減とか。何となく都市伝説のような気がしますが、もしかすると「ー」を省略することと根っこが同じかもしれません。
いずれも私が入社する前の話なので真相は不明ですし、入社時に明文化された規約やガイドラインで教育された覚えはありません。「ー」の件は、工場ではルールがあったように聞いた事があるのですが、拠点では慣習として続いているような感覚です。
実に興味深いネタで、ぜひ経緯を知りたいと常々思っていました。

投稿: tkn | 2008/07/28 22:17:35

コメントを書く