« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008.01.31

080131-3 手書きのアンケート用紙を自動集計

夕方遅くなってからITmediaに
“紙”のアンケートを自動集計してくれるASP「AltPaper」という記事を見つけました。
協会や、団体の仕事をしていると、会員アンケートとか、ユーザーアンケートは全体の傾向や志向を把握する上で有効な手段としてよく実施します。
20人、30人くらいなら番号別に数を集計して、EXCELい入力する手間もそれほどではありませんが、それでも項目が多いとそれだけでもかなりの時間がかかります。

引用記事によると、Wordで作成したアンケート用紙に鉛筆やボールペンで記入された選択肢をスキャンで読み取って自動的に集計するサービスです。
自由記入の欄などはそのままイメージでファイルにするようですから、その部分の転記入力は避けられないとしても、番号のマークや訂正はサーバー側で認識してくれるそうです。

取りあえず、300枚までなら無料だそうですから、興味のある方は使ってみられてはいかがでしょうか。
これって、実際のサービスを受ける場合の金額なんか書かれていませんが、ASP(Application Service Provider)だから、一件いくらで支払うんでしょうね。

引用記事には情報基盤開発としかないので、会社名かと思って検索したらありました。
株式会社情報基盤開発
提供している商品(アプリケーション)には、「橋守」と「AltPaper」しかのっていませんが、橋守は鉄道橋の管理システムで全国で数万箇所も設置されているんだそうです。
設立は06年8月ですから、まだ新しい会社ですが、業務内容から見てもかなりユニークな会社ですね。

Itmedia_bizid_logoニュース
“紙”のアンケートを自動集計してくれるASP「AltPaper」
Wordで作成し普通の紙に印刷したアンケート用紙を、スキャナを使ってネットで自動集計してくれるサービスが登場。300枚までの集計なら無償で行えるトライアルを実施している。2008年01月31日 02時33分 更新


080131_bizid_ks_altp3
 何十枚ものアンケート用紙の束を見ながら、データの入力をしたことのある人なら、その面倒さが分かるだろう。チェックマークが付いている数字を見ながら、ここは1、これは2……とひたすら入力していくという作業だ。

 こうした面倒な集計を、スキャナを通じて自動集計してくれるASPサービスが登場した。情報基盤開発が開発した「AltPaper」は、手書きのアンケート用紙や帳票をスキャナに通してあげれば、サーバがデータを自動集計してくれるサービスだ。現在無償のトライアルを実施しており、300枚までの集計なら料金がかからず行える。



使い慣れたWordでアンケート用紙を作成
 AltPaperのポイントは大きく3つある。1つは、アンケート作成時に、使い慣れたWordを使う点だ。AltPaper自体はサーバで集計を行うASPサービスだが、ユーザーが接するのはWebブラウザではなくWord。Wordに組み込んだプラグインを使い、アンケート用紙の作成から、サーバへの送信、集計結果の表示まで行う。

080131_bizid_ks_altp1
 「Wordを使うことで、今まで作ったアンケート項目や、世にあるアンケートのテンプレートを再利用できる」と情報基盤開発の鎌田長明社長。

 こうして作成したWordのページを印刷すればアンケート用紙のできあがりだ。特殊な紙やプリンタを使う必要もなく、再生紙や両面印刷でも問題ないという。

スキャナで読み込んだデータを、サーバで認識、自動集計
 アンケートへの回答はマークシートのような繊細さは必要なく、普通に手書きすればよい。回収後は普通のスキャナで読み込み、Wordを通じてAltPaperのサーバに送信する。送信後、100ページ程度なら10分~20分で認識が完了し、通知が戻ってくる。これらは人手を介さず、すべてサーバ処理だけで行われる。

 アンケートのどこにどのようなチェックがされているかの認識は、同社の技術が生かされている部分。例えば、いったんAにチェックしたが、バツを付けて、Bにチェックし直された用紙。こんな場合でも、「その人がほかの項目でチェックしている形と違う場合は、それを認識してアラートを出し、人が目で確認できるようにしている」と鎌田氏。ずっと「レ」でチェックしていた人が「×」を付けていたら、これはチェック場所を間違えたのだな──と認識してくれるというわけだ。

 また数字は自動で文字認識するほか、自由回答欄はその部分だけを取り出して画像として表示し、手入力を容易にする工夫もされている。

080131_bizid_ks_altp2
インターネット万能から、紙との併用へ
 アンケート集計というと、Webブラウザを使ってネットだけで完結するものをイメージする人のほうが増えてきた。しかし、イベント会場や学校の教室などでアンケートを行う場合、紙を使ったアンケートが必須。

 「Webアンケートは実は回答率が20~30%。一度はWebに移行したが、回答率の低さから紙に戻したという学校の例もある」(鎌田氏)

 紙のアンケート用紙という使い慣れた道具と、それをPCとネットを使って自動化するというハイブリッドなシステム。ちょっと考えても、小規模なイベントや、部署内など、気軽に使える用途がたくさん思い浮かぶサービスだ。

Posted on 1月 31, 2008 at 06:37 午後 | | コメント (0)

080131-2 T&Eソフト

080131_tesoft_2今日のITmediaに
T&Eソフトがドワンゴ傘下にというのがあります。

T&Eソフトといってもご存じない方も多いでしょうが、きよもりにとっては25年も前に、今もあるI/Oという雑誌にPC6001用のマシーン語プログラムリストを掲載していた会社として、インプットされています。
当時子供をダシにして買ったPC6001に機械語のリストをシコシコ入力した「タワーパニック」は今でも新鮮に思い出します。

このマシーン語は16進数を英数アルファベットに変換したリストを見ながらキーボードに入力するので、I/Oの巻末に10頁ものリストが転載されていて、それを丸3日くらい徹夜して一文字一文字間違いなく入力しました。

でもチェックデジットなんて付いていないマシーン語モニターだったから、(小文字エル)と1(数字イチ)の違いを見つけられなくて、更に3日間悩んだ末に、アキバへプリンターを買いに走って、熱転写ロール紙にプリントして、ようやく間違いを見つけたときは本当に嬉しかったです。

このゲームは難易度が高くて、ジャンプしていくタイミングで飛び移れなかったり、落ちてくる障害物にぶつかったりで、何度やっても半分も上がれませんでした。でもBGMも付いていて楽しかったです。

T&Eソフトはその後のパソコンブームに乗ってゲームソフトで勇名を馳せましたが、この業界も再編成が進んでいるのですね。

Itmedianews T&Eソフトがドワンゴ傘下に
「ハイドライド」「遥かなるオーガスタ」などで知られる老舗ソフトハウスT&Eソフトを、 ドワンゴ傘下のゲームズアリーナが子会社化する。 2008年01月30日 21時59分 更新


Wikipediaの記事から抜粋します。
T&E SOFT(株式会社ティーアンドイーソフト)
1982年にパソコン雑誌「I/O」にNECのパソコンPC-6001シリーズ向けのゲームのプログラムリストを投稿、掲載し、そのゲームをパッケージ販売することで活動を開始した。1983年 からはI/O誌でのプログラムリスト公開をやめ・・・
1982年
4月 リアルゴルフゲーム
5月 3Dアステロイドファイヤー
6月 ミサイルファントム
7月 タワーパニック
8月 マリンシューター
10月 ピラミッド

Posted on 1月 31, 2008 at 04:38 午後 | | コメント (0)

080131 猫に小判、猫に穴子

080131 猫に小判、猫に穴子080131 猫に小判、猫に穴子大先輩のSSKさんから見事な薔薇が贈られてきました。
きよもりにとっては猫に小判だけど、JNKさんは舞い上がってしまって、三宮まで花瓶を買いに飛んで行きました。
有難うございます。
ナッコ君は相変わらず食欲旺盛、KMRさんからいただいた穴子に突進

Posted on 1月 31, 2008 at 01:02 午後 | | コメント (2)

2008.01.30

080130-2 2/8~11 山行計画 ・熊野古道/大雲取越え・小雲取越え

080130_senninburo2月は建国記念日を挟んで3連休があります。
当初は三峰山~高見山縦走の計画がありましたが、今年は雪が多くて寒そうだから、冬場でも暖かいし、仙人(千人)風呂が楽しめる熊野古道へ行くことになりました。
温泉旅行といってもテント泊ですから、それなりの覚悟が必要です。ただし、今回は途中で買い物が出来る集落を通りますから、いつも不足気味になる酒なども途中補給が出来ると思います。
ということでやっぱり軟弱計画かな?

【山行計画】
行き先:熊野古道/大雲取越え・小雲取越え+熊野本宮・大日越え
期 間:08/2/8~2/11(夜行1泊3日間)
参加予定者:5名(1/30現在)/HSMさん、AKEさん、NWHさん、KRKさん、きよもり
地 図:25000分の1/新宮、紀伊大野、本宮、伏拝
行 程:歩行距離合計:32.4km、歩行時間合計:13時間10分、休憩入浴時間:7時間30分
2/8 アプローチ
 新大阪20:03⇒スーパーくろしお31号(乗\4310・特\2390)⇒23:52紀伊勝浦24:00⇒タクシー(5000円くらい)⇒24:30青岸渡寺(仮眠)

2/9 歩行距離:15.0km、歩行時間:6時間30分、休憩時間:2時間30分
 断面図 ルート図
 熊野那智大社・青岸渡寺(7:00頃)→30分→那智高原→40分→登立茶屋跡→50分→舟見茶屋跡→30分→色川辻→50分→地蔵茶屋跡→20分→石倉峠→40分→越前峠(12:00頃・昼食)→60分→楠の久保旅籠跡→40分→円座石→30分→小口自然の家(16:00頃・幕営)
 
2/10 歩行距離:14.2km、歩行時間:5時間10分、休憩・入浴時間:3時間20分
  断面図 ルート図
 小口自然の家(7:00頃)→20分→尾切地→60分→桜茶屋跡→50分→石堂茶屋跡→20分→林道交差→20分→百間嵓→30分→松畑茶屋跡→70 分→請川バス停(12:30頃・昼食)→20分→川湯キャンプ場(14:00頃・デポ)→10分→川湯温泉(入浴)→10分→川湯キャンプ場(15:30頃・幕営)
 
2/11 歩行距離:3.2km、歩行時間:1時間30分、休憩時間:1時間40分
 断面図 ルート図
 川湯キャンプ場(7:50頃)→10分→川湯温泉・ふじや前8:10⇒龍神バス(\290)⇒8:19熊野本宮(参拝)9:00→10分→大齋原→10分→大日越え登山口→30分→月夜丘神社→30分→湯の峰温泉(11:00頃・入浴・)12:51⇒龍神バス(\1900)⇒14:31JR紀伊田辺14:44⇒オーシャンアロー22号(乗\2940・特\2190)⇒16:51新大阪(解散) 

費用合計:¥20,000
 交通費概算/¥16,000(JR\11,830、バス\2,190、タクシー一人\2,000)
 湯の峯温泉入浴/¥250(川湯温泉は無料)
 食費(3日分)/¥3,000(夕食・朝食・昼食/各2回、2/9朝食は各自持参)
 その他/¥500(キャンプ料?)

食料、装備の分担は追って作成します。

 

断面図
2/9
080209_ookumotorikoedanmen

2/10
080210_kokumotorikoedanmen

2/11
080211_dainitikoedanmen

ルート図
2/9
080209_ookumotorikoe

2/10、11
0802010_11_kokumotorikoedainitikoe


Posted on 1月 30, 2008 at 06:32 午後 | | コメント (0)

080130 雪の愛宕山

080130 雪の愛宕山080130 雪の愛宕山080130 雪の愛宕山今朝から女子突撃隊の皆さんは愛宕山へ行かれています。
KMRさん、TKDさん、MTKさんとJNKさんの4名で、アイゼンストックも持参されているし、ベテランばかりだから心配はありませんが、先週までの好天は今週になって完全に崩れていますから、道も凍っているので気をつけてください。
当初は水尾の分かれから中尾根を米買い道の乗越まで下って、最後は長坂峠から保津峡に降りる予定だったのですが、踏み跡がはっきりしている表参道から長坂峠に下る尾根を降りるようですね。
羨ましくもあり、羨ましくも無し・・・

【きよもりからの返信】
こりゃ大変や
こんな時はさっさと降りて来ないとあきません。
気を付けてね!
ξきよもり

【JNKさんからのメール】
>今愛宕山山頂下りです。水尾の分かれからの下りはいつもTKDさんが降りている長坂峠目指してツツジ道を降ります。理由は雪が多く、踏み跡もないし、テープも雪でかぶさっているからです。またメール入れます。
>JNK
>


Posted on 1月 30, 2008 at 01:13 午後 | | コメント (0)

2008.01.29

080129 下見計画:2/2湖南アルプス・堂山

040418_sanpo59_sasama_douyama04休日は山歩き、普段は20時頃まで仕事に追われる生活が続いています。
来週末には三度目の大雲取り・小雲取りの熊野詣でが控えていますが、その前に今週末に3月例会(3/16)の下見も予定していますので、結構忙しいです。
ということで、NWHさんから教えていただいたので、2/2湖南アルプス・堂山の下見は04年の第59回例会の記録を元にして行うことにさせていただきます。
例会は既に105回になっていますから、以前の記録や写真が懐かしいです。
今回はGPSも性能アップしていますから、大谷河原から、迎不動へ直接出るルートを考えてみます。

【3月例会下見計画・2/2湖南アルプス・堂山】
行き先:湖南アルプス・笹間ヶ岳~堂山
開催日:平成20年2月2日(土) 例会は3/16(日)を予定
集 合:JR・石山駅南側バス停8:00集合
  参考:三ノ宮6:26⇒米原行き快速⇒6:48尼崎⇒6:56大阪⇒7:32京都⇒7:47石山
     JRの電車は最後尾にお乗りください。
コース:石山(8:10発)⇒(帝産バス¥360)⇒8:28上関
 上関(8:30頃)→90分→笹間ヶ岳(433.0m)→60分→矢筈ヶ岳分岐→60分→迎不動(昼食/13:30頃出発)→60分→堂山(384m)→60分→新免バス停(16:00頃)
 新免16:27⇒(帝産バス¥380)⇒16:50石山(解散)  歩行:約5時間30分 11km
 時間があれば、南郷温泉「二葉屋」に行きます。(\800)
地 図:25000分の一「瀬田」、「朝宮」「京都滋賀/近郊の山を歩く」京都新聞社刊
  断面図 ルート図 (いずれも04/4/18作成)
装 備:弁当、飲み物、防寒具、雨具、手袋
費 用:¥1000程度(バス代のみ往復 \740)


【追記】
1/27の六甲前山・金鳥山、七兵衛山、打越山、黒五山、十文字山の写真をフォトムービーにしましたので掲載します。
ニコニコ動画ですから、お好きなコメントを書き込んでいただいて結構です。

【笹間ヶ岳・堂山断面図】040418作成
040418_sasama_douyama_danmen

【笹間ヶ岳・堂山ルート図】040418作成
040418_sasamagatake_douyama

【04/4/18の例会59の案内】
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2004/04/040407__d6e0.html
040407 山歩仲間例会59湖南アルプス・笹間ヶ岳~堂山のご案内
開催日:平成16年4月18日(日)
集 合:JR・石山駅南側バス停8:00集合
   新バス停は駅南のロータリーから100m西に移動しました
  参考:三ノ宮6:26⇒米原行き快速⇒6:48尼崎⇒6:56大阪⇒7:31京都⇒7:46石山
     JRの電車は最後尾にお乗りください。
コース:石山(8:10発)⇒8:28上関
 上関(8:30頃)→90分→笹間ヶ岳(433.0m)→60分→矢筈ヶ岳分岐→60分→迎不動(昼食/13:30頃出発)→60分→堂山(384m)→60分→新免バス停(16:00頃)
 新免16:27⇒16:50石山(解散)  歩行:約5時間30分 11km
 今回も温泉はありませんが、希望者は途中下車して南郷温泉「二葉屋」に行きます。(\800)
地 図:25000分の一「瀬田」、「朝宮」「京都滋賀/近郊の山を歩く」京都新聞社刊
装 備:雨具、弁当、水筒、手袋(堂山は岩尾根です)
費 用:¥1000程度(バス代のみ往復 \730)

【04/4/18の例会59の報告】
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2004/04/040423__3ee0.html
2004.04.22
040423 山歩仲間例会59:湖南・笹間ヶ岳~堂山
4/18 湖南アルプス・笹間ヶ岳~堂山
参加者:14名
SAC: UO、YMS、YMO、HSM、MED、YMN、きよもり
重廣クラブ:S・MTK、MTN、NKG
ASC:AOK、YNT、USI、NWH

行程:
JR石山8:10⇒8:32上関
上関8:48→9:22展望岩9:30→9:58笹間ヶ岳(433.0m)10:21→10:48大谷河原→11:02御仏川原11:14→11:58迎不動新ダム(昼食)12:45→13:04鎧ダム
→14:05堂山(384m)14:27→15:07新免分岐→15:38ゲートボール場→15:48新免バス停(解散)

コメント:
 笹間ヶ岳から堂山のコースは、前半が笹間ヶ岳の登山、後半は一旦、道路まで下りて再度堂山へ登り直しという変則的な縦走です。支尾根と谷筋が入り乱れていて、明確な尾根縦走のルートはとれませんが、その分変化があって面白いコースです。
 山歩仲間では、以前笹間ヶ岳から矢筈ヶ岳、太神山(タナカミサン)と縦走したことがありますし、堂山の頂上で焼き肉パーティをした思い出も鮮明です。
 今回は、3月に有馬で懇親会をやったばかりなので、歩くことに主眼を置きました。 
 しかし、4月半ばというのに、7月上旬並みの暑さで、特に後半の堂山は、天日に焼かれるような尾根歩きとなりました。それだけに、洗堰の南郷温泉「二葉屋」の入浴と、湯上がりのビールは格別でした。

Posted on 1月 29, 2008 at 05:51 午後 | | コメント (1)

2008.01.28

080128-2 iPodTouchは今が買い時

080128_ipodtouch_00以前から時々取り上げている iPod Touchですが、ファームウェアが更新されているようです。
元々からアメリカで先行発売された iPhoneのクローンですから、電話機能を含めて期待大でしたが、メール機能や、googleMapの表示など、携帯に近づいてきました。
携帯でもほとんど電話としては使わないきよもりにとっては、携帯を持つ意味がだんだん薄くなっていきそうです。
様子を見ておられた方々にとってもiPodTouchは今が買い時でしょう。

レビュー2008年01月25日 11時44分 更新
Itmedia_plusd_lifestyle_logoiPod touch「8つの新機能」をチェックする

アプリケーションが追加されiPhoneとほぼ同等の能力を持つに至った「iPod touch」。アプリ追加&ファームアップで利用可能になる8つの機能をチェックしてみた。
 iPod touchに「1月のソフトウェア・アップグレード」が登場した(関連記事)。ファームウェアアップデートと有料のアプリケーション追加で、iPod touchの機能を最新iPhoneと同等にするものだ。両製品はカメラと携帯電話以外は同等の能力を有しているはずであるが、iPhoneを使えない日本においては非常にありがたいこと。

これで何ができるようになるのか、ざっと挙げる。

1.歌詞表示が(やっと)可能になった
2.ホーム画面のアイコンを自在に並べ替えられるようになった
3.SafariからWebページをホーム画面に張り付けられるようになった(Webクリップ機能)
4.メール機能がついた。それに伴って、写真やWebページをメールで送れるようになった
5.Google Maps機能がついた
6.メモ帳が(やっと)使えるようになった
7.天気予報を見られるようになった
8.株価チェック

4~8はiPhoneですでに実現されていたものであるが、使えるアプリがいきなり増えたのは素晴らしいことである。これなら、無線LANの電波さえ捕まえればiPodを越えた幅広い使い方が可能になるってもんだ。
以下省略

ニュース2008年01月16日 04時41分 更新
iPod touchに5つのアプリケーションが追加

iPod touchにMailを始めとした5つのアプリケーションが新たに用意される。有償のアップグレードサービスも用意される。
 米Appleは1月15日(現地)、開催中のMacworld Conference & Expo 2008にてiPod touchに5つのアプリケーションを新たに用意すると発表した。基調講演を行った同社CEO スティーブ・ジョブズ氏が明らかにした。

 追加されるのはMail/マップ/天気/株価/メモの5つで、1月15日以降に出荷されるiPod touchにはこれらアプリケーションがプリインストールされている。以前に出荷された製品を対象としたアップグレードサービスも用意される。アップグレードはiTunes Storeを利用し、価格は2480円。

 MailはHTMLメールならびにPDF、Word、Excelの閲覧も可能。マップはGoogleマップを利用し、地図表示のほかナビゲーションも行える。天気は向こう1週間の天気を、Stocksは任意の銘柄について日/週/月/半年/1年/2年足を表示できる。メモはメモを取るほか、ToDoリストの作製も行える。

 このアップグレードを実施することで、Webクリップとホーム画面のカスタマイズ機能も追加される。ホーム画面のカスタマイズでは、Dockをカスタマイズするほか、Webクリップを配置することでワンタップで任意のサイトへアクセスできる。また、同時発表されたiTunesを利用してのムービーレンタルも利用できる(米国のみ)ようになる。

Posted on 1月 28, 2008 at 12:10 午後 | | コメント (0)

080128 黒五山

080127_7beeyama昨日は6名参加で賑やかな六甲前山散策

散策とは言っても、藪こぎあり、アップダウンの激しいコース選定で覚悟していきましたが、金鳥山三角點の確認と七兵衛山への近道、黒五山から住吉川への直行崖?ルートの探索も出来ましたから、成果充分でした。

それにしても、流石はNW企画で、9:04岡本出発、15:44新落合橋到着、6時間40分で12.9km、平均時速1.9kmでした。

断面図を見ると、七兵衛山の登りと黒五山の下りの急峻さが目立っています。
ルート図では最初の保久良神社までのルート、金鳥山三角點への寄り道?とハイキングルートへの再接続、黒五山から住吉川への西斜面の崖下降と数ヶ所で計画ルートと異なっていますが、すべて予定の行動ですからご安心下さい。

【1/27断面図】
080127t_kurogoyamadanmen

【黒五山周辺ルート図、GPSトラック】
 青は事前の計画ルート、赤は1/27GPSトラック
080127t_kurogoyama

Posted on 1月 28, 2008 at 07:19 午前 | | コメント (0)

2008.01.27

080127-2 金鳥山から黒五山

080127-2 金鳥山から黒五山080127-2 金鳥山から黒五山080127-2 金鳥山から黒五山NW企画に乗って岡本から金鳥山、七兵衛山、打越山と次々クリア
黒五山から強引に住吉川に降りて、再度登り直して最後は十文字山
里山を堪能して住吉でお疲れさま会です。

Posted on 1月 27, 2008 at 04:41 午後 | | コメント (0)

080127 1/26菊水ルンゼ

080126_kikusuirunze01昨日は二人で菊水ルンゼ

六甲山やまある記
あびちゃんの日記の記事を参考に、どちらもそれほど苦労されている様子もないし、谷の核心部には要所にロープが残っているだろうと思いながらも、念のため昨年末に好日で購入した25mザイルを持って行きました。
鈴蘭台の駅(9:40)から石井ダムまでの線路沿いの道は、好天とあってバードウォッチングの30名くらいの団体や六甲を綺麗にするゴミ集めボランティアの団体、更には近くの高校のクラブ活動の練習か、ランニング姿の礼儀正しい高校生が挨拶しながら横を駆け抜けていきました。

石井ダムに着いて(10:07)、まず目を引くのは谷間に拡がる湖面とダムの向こうに拡がる神戸港の遠望、右手には初めて見る妙号岩の何段にも折り重なったスラブの連続、そして左手湖面を隔てた菊水山に逆くの字型に食い込む目的の菊水ルンゼです。

ダムに掛かる烏原大橋左手にはっきりした踏み跡があってダムの湖面の沿って山のひだをルンゼに向かってトラバース開始(10:17)
大きな岩が斜面を埋めるところがルンゼの取付でした。(10:36)
左右の支尾根に向かっては太いロープや残置ザイルがフィックスされていましたが、取りあえず行き詰まるまでは谷通しに上がることにして、登り始めました。(10:52)

ルンゼは5~10mくらいの滝が連続するような感じで曲がりながら上に延びています。
最初の2段くらいまではスタンスもしっかりしていて、残置ロープもきっちり固定されていて快適に登りました。

少し谷が広くなる辺りから、残置ロープがつぎはぎだらけになってきて、そのうちにやばいところなのに、ロープがない斜面に遭遇したため、安全を期して持参のザイルを出しました。(11:15着11:32発)

中間点から上は更に厳しくなってきて、自分一人でもちょっと緊張するような手懸かりのない斜面登りになってきたので、ザイルを付けたままで、トップと確保引き上げを繰り返し、何とか谷が狭まって岩場が完了したのでホッとしました。(12:20着12:32発)
ここにはダム用の雨量観測ロボットらしきものがあって、尾根からはっきりした踏み跡が降りてきていました。

尾根の広い踏み跡を空きっ腹を抱えながら登り切ってようやく菊水山の山頂(12:56)
ルンゼで冷や汗をかいたせいか、今日の山頂からの展望は過去何度も見たはずの菊水山からの展望を遙かに上回る素晴らしさで、特に友ヶ島から淡路に続く紀淡海峡は光を反射して綺麗に輝いていました。東側の展望も少し雲がかかっていますが、明るくて爽やかでした。

下りは予定通り、階段の全縦走登山道を避けて、今登ってきた尾根道を途中まで戻って、菊水尾根の急斜面を降りました。
降りきって、鵯越からの全縦走路に合流する手前で「ガンチャン新道」の分岐がありましたが、今日はもう一度登り直す余力は心身ともに残ってないので、縦走路出合からは石井ダムの下を回り込んで鵯越駅に向かいました。

今日はこれくらいにしといたろか!とつぶやきながら・・・

【ニコニコ動画】


【断面図】
080126t_kikusuirunzedanmen

【GPSトラック】
080126t_kikusuirunze

【写真】
080126_kikusuirunze_001080126_kikusuirunze_002080126_kikusuirunze_003

080126_kikusuirunze_004080126_kikusuirunze_005080126_kikusuirunze_006

080126_kikusuirunze_007080126_kikusuirunze_008080126_kikusuirunze_009

080126_kikusuirunze_010080126_kikusuirunze_011080126_kikusuirunze_012

080126_kikusuirunze_013080126_kikusuirunze_014080126_kikusuirunze_015

080126_kikusuirunze_016080126_kikusuirunze_017080126_kikusuirunze_018

080126_kikusuirunze_019080126_kikusuirunze_020080126_kikusuirunze_021

080126_kikusuirunze_022080126_kikusuirunze_023080126_kikusuirunze_024

080126_kikusuirunze_025080126_kikusuirunze_026080126_kikusuirunze_027

080126_kikusuirunze_028080126_kikusuirunze_029080126_kikusuirunze_030

080126_kikusuirunze_031

【パノラマ写真2点】
080126_kikusuiyama_01

080126_kikusuiyama_02


Posted on 1月 27, 2008 at 06:38 午前 | | コメント (0)

2008.01.26

080126-2 怖かった〜

080126-2 怖かった〜080126-2 怖かった〜080126-2 怖かった〜菊水ルンゼは上へ行くほど急な濡れた岩で、緊張感が最高でした。
半べそのJNKさんをなだめながら、ずっと25mザイルをつないだままでようやく滝場を脱出しました。

展望最高の菊水山の山頂で乾杯

Posted on 1月 26, 2008 at 01:26 午後 | | コメント (3)

080126 菊水ルンゼから妙号岩

080126 菊水ルンゼから妙号岩080126 菊水ルンゼから妙号岩ルンゼにはロープがフィクスされていますが、つぎはぎばかりで不安です。
妙号岩を降りている猛者がいます。

Posted on 1月 26, 2008 at 11:29 午前 | | コメント (0)

2008.01.25

080125 土日は裏山ハイク

080125 土日は裏山ハイク明日の土曜日(1/26)はHSMさん達は霧氷の高見山
こちらは、マイペースで以前から気になっていた菊水山の別ルート、菊水ルンゼとガンチャン新道を歩いてみます。
菊水ルンゼからは妙号岩も正面ですから、楽しみです。
新開地9時集合です。
明後日(1/27)はNWHさんの企画に乗って岡本から黒五山、十文字山です。
こちらは9時岡本集合です。

今朝も摩耶山は雪雲に包まれて寒そうです。

【1/26菊水ルンゼ断面図】
080126_kikusuirunzedanmen

【1/26菊水ルンゼルート図】
080126_kikusuirunze

【1/27黒五山断面図】
080127_kurogoyamadanmen

【1/27黒五山ルート図】
080127_kurogoyama

Posted on 1月 25, 2008 at 08:14 午前 | | コメント (2)

2008.01.24

080124 時雨模様

080124 寒天今朝の摩耶山、中腹から上は霧に覆われています。
ポートアイランドで降りて歩き始めたらぽつぽつと降り出しました。
霧と見えたのは山上では雪になっているのかも知れません。
時雨というのは、こんな天気を云うようです。

気になって今日の天気図を見ると完全な冬型に戻っています。
雨雲レーダーでも山陰から北陸にかけて既に雪になっているようです。

【天気図】
080124_tenkizu
【雨雲レーダー】
080124_amagumorader


Posted on 1月 24, 2008 at 11:14 午前 | | コメント (0)

2008.01.23

080123-2 巻き取り式ディスプレイ発売

080123_makitoridhisuplay今日のITmediaに「巻き取り式ディスプレイ付き携帯、2008年半ば発売へ」という記事がありました。

この記事によると
Philips傘下のPolymer Visionは、名刺2枚分サイズの画面を巻き込んで収納できる携帯電話を発表した。iPhoneやKindleの手ごわいライバルになりそうだ。(ロイター)
2008年01月22日 15時15分 更新

とあり、実際に画像を見るとどこかで見たことあるなと思い、自分の過去の書き込みを探しました。
ありました!
070209-2 巻き取り式ディスプレイ
丸1年前の記事でまさに同じ写真ですが、予告通り08年に発売ですね。
でも、例によって日本での発売には触れていません。
携帯の日本と日本以外との壁は相変わらずのようです。

【ITmedia 記事引用】
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0801/22/news105.html
ニュース
巻き取り式ディスプレイ付き携帯、2008年半ば発売へ
Philips傘下のPolymer Visionは、名刺2枚分サイズの画面を巻き込んで収納できる携帯電話を発表した。iPhoneやKindleの手ごわいライバルになりそうだ。(ロイター) 2008年01月22日 15時15分 更新

 オランダのPolymer Visionは携帯電話サイズの端末に名刺2枚分の大きさのディスプレイを組み込むことに成功した。それを可能にしたのが、使わないときには巻いて収納できるディスプレイだ。

 この携帯端末「Readius」に搭載される5インチ(13cm)のディスプレイは世界で初めての巻き取り式となっており、ニュースやブログ、メールを読む際には広げて用い、それ以外のときにはコンパクトに巻き取ってポケットに収まる大きさにできる。

 Polymer VisionはオランダのPhilipsからベンチャーキャピタルの出資を受けてスピンアウトした企業で、Philipsは現在もPolymer Visionの25%の株式を所有している。Polymer Visionは2年ほど前にこの端末のプロトタイプを披露し、ガジェット愛好家の好奇心をかき立てた。同端末は現在製造中で2008年半ばのリリースが予定されており、米Appleの携帯端末「iPhone」やAmazonの電子書籍リーダー「Kindle」との競合が予想される。

 「電子読書を楽しむための大型ディスプレイ、電子読書に適した長時間のバッテリー駆動、ハイエンドな接続性を、携帯電話のフォームファクタと重量で実現している」とPolymer VisionのCEO、カール・マックゴールドリック氏は語っている。

 「われわれの狙いは電子読書を携帯電話の世界にも拡大することだ」と同氏。

 マックゴールドリック氏はReadiusの価格については明言を避けたが、通常のハイエンドな携帯電話と同程度の価格になるだろうと語っている。

 また同氏によると、動画を再生できる8インチのカラーディスプレイを搭載した携帯電話は彼にとって「夢のデバイス」であり、同社はそうした端末も5年以内に開発する計画という。

 AmazonのKindleと同様、Readiusはいわゆる電子ペーパー型のディスプレイを搭載し、紙の印刷物のような読みやすさで白黒テキストや画像を表示できる。

 またこの端末は通常の音声通話に使用できるほか、第3世代(3G)携帯電話網を介して高速データ通信でインターネットにも接続できる。

 現在Polymer Visionはこの端末の販売をめぐり、小売業者や携帯電話事業者と交渉を進めているところという。AppleのiPhoneと同様、この端末は携帯電話事業者にとって、音声通話よりも収益性の高いデータ通信の利用を促進するチャンスとなる。

 ユーザーは自宅のコンピュータを使って、メールアカウントやニュースソース、ポッドキャスト、オーディオブック、ブログフィードなどを設定し、情報が更新されるたびにReadius端末に最新のデータが送信されるようにすることが可能だ。

 直接Webを閲覧させるのではなく、こうしたアプローチを選択した理由について、マックゴールドリック氏は「その方がモバイル環境をシンプルにできるからだ」と説明している。

 「この手の端末には50個もの操作ボタンを搭載するものもあるが、Readiusには操作ボタンは8個しか付いていない」と同氏は語り、さらに今後のモデルにキーパッドを追加する計画も明らかにしている。

Posted on 1月 23, 2008 at 07:09 午後 | | コメント (2)

080123 長女来神

080123 長女来神080123 長女来神080123 長女来神広島へ出張のついでに上の娘が神戸に寄ってくれました。
ステーキランドで神戸牛のあとは、自宅で高杉のケーキ
よく食べてよく喋って楽しい時間を過ごせて良かったですね。

Posted on 1月 23, 2008 at 08:11 午前 | | コメント (2)

2008.01.22

080122 山行記録:取りあえずドントリッジ

080120_dauntridge080120_reikai104dauntridge昨日(1/20)は山から下りてきて「すずらんの湯」で暖まり、気持ちよく酔っぱらったので、早く帰ったけど何もしないで寝てしまいました。
その反動で今朝は5時に目が覚めたけど、急ぎの会社の仕事を片付けていて時間切れでそのまま出勤、
というような状況で、ようやく昨晩遅くに地図の落とし込みだけ終わらせました。
取りあえず、記念撮影と地図だけでも先に掲載させていただきます。
地図:断面図 GPSルート図

【断面】
080120t_dauntridgedanmen

【GPSトラック】
080120t_dauntridge

Posted on 1月 22, 2008 at 12:48 午前 | | コメント (0)

2008.01.21

080121 大寒

080121 大寒080121 大寒昨日の午後降り始めた雪は、夜半には止んだようです。
でも、今朝通勤時に見上げると摩耶山から六甲山にかけて山上付近はうっすらと雪化粧

昨日の昼食は森林植物園の展望台でしたが、雪が降り始めて0℃で震えました。今朝は少し寒さはゆるんでいるようです。

暦の上では今日が大寒で一番寒い時期です。
ポートアイランドの散歩道に多い寒椿も一斉に花が開いて見事です。
そういえば、この寒椿や真夏に咲く百日紅は同じ時期に競って咲く花がない孤高の花ですが、それだけに余計に目立ちます。

Posted on 1月 21, 2008 at 12:45 午後 | | コメント (0)

2008.01.20

080120-2 酒盛り

080120-2 酒盛りドンドン酒が進みます。
今日の例会参加者は酒豪ばかりですから、ビール→焼酎→枡酒と、留まるところを知りません。
かろうじて、酒宴を切り上げて、鈴蘭台への送迎バスに飛び乗りました。

伝え聞くところでは、このあと、新開地での三次会では気絶するまで飲んだそうです。
くわばらくわばら!

Posted on 1月 20, 2008 at 04:07 午後 | | コメント (0)

080120 雪見酒

080120 雪見酒城山、再度山、高尾山ときつい登り3ヶ所を一気にクリア
北ドントリッジの岩場を越して、緊張感がゆるんだ後はゆっくりと昼御飯を食べながら持参の焼酎1.5Lを正味5人でを飲み切ったのは流石です。
午後からは雪が強くなったので駆け足ですずらんの湯へ
熱い温泉で生き返って二回目の酒盛り開始

Posted on 1月 20, 2008 at 03:19 午後 | | コメント (0)

2008.01.19

080119-2 明日はドントリッジ

昨年12月24日に例会下見ということで、NWHさん、KMRさん、ARMさん、TKDさん、JNKさん、きよもりの6人で新神戸から布引谷経由で高尾山に上がり、ドントリッジに入りました。
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2007/12/071224_f632.html
明日の例会本番では、行程が短すぎるので、新神戸から城山へ上がり、景色を見ながら二本松、修法ヶ原を経由して高尾山に上がります。
天気が崩れそうなのと、寒いのでNWHさんのピッチが上がりそうですが、最後はゆっくり「すずらんの湯」で身体を温めてきます。

ということで、最近入手したAIsoftの「MovieTheater3」というフォトムービー作成ソフトで加工した12月24日の写真アルバムを掲載しておきます。

12/24の記録(再掲)
参考コースタイム:
 新神戸8:01→8:12布引雄滝→8:29布引貯水池→8:47市ヶ原(7℃)8:57→9:28高尾山(四等△476.5m)9:34→9:42南ドントリッジ入口分岐→9:58分水嶺越→10:02北ドントリッジ入口→10:16小ピークP460 10:21→10:34支尾根分岐・左へ→10:45東門への支尾根分岐・右へ→11:16森林管理道→11:20ツエンティクロス・森林植物園東門(昼食)12:01→支尾根を戻る→12:35元の支尾根分岐12:40→12:48植物園の展望台12:59→山田道→フェンス迂回→13:23森林植物園正門13:27→13:35元のフェンス→北西の尾根へ→14:00五辻T字路→車道歩き→14:22小部峠→有馬街道→14:35「すずらんの湯」(入浴・900円/解散)
「すずらんの湯」16:30⇒送迎バス⇒16:38神鉄・鈴蘭台16:51⇒17:05新開地(解散)

Posted on 1月 19, 2008 at 02:43 午後 | | コメント (0)

080119 今日は出勤日

080119 今日は出勤日080119_08290001080119_08360001何故か出勤日ですが、こんな時に限って良い天気です。
今日はNWHさんは休みだそうですから、摩耶山辺りを思いっきり歩いておられることでしょう。
ウラヤマシ~

摩耶山の上空には少し雲がかかっていますが、天気図では等圧線の縦縞は消えているので、意外に寒くないです。

久し振りに見かけたレレレおじさんと愛犬君も落ち葉が落ち尽くして何となく手持ちぶさたみたいですね。

明日は、午前中曇りで午後から雨または雪の予報です。防寒具と耳覆いの付いた帽子をお忘れなく。

1/19 9:00現在の天気図
080119_tenkizu01090900

1/19 11:00発表の兵庫県南部の天気予報
080119_tenkiyoho01091100


Posted on 1月 19, 2008 at 08:10 午前 | | コメント (0)

2008.01.18

080118 GoogleEarth GPS デジカメの三題噺

Kashmir_degicameplugin以前から、カシミール3Dにデジカメ写真を貼り付けることが出来ることは知っていましたが、自分が楽しむだけでは面白くないので、少し試してみて、それっきりになっていました。
最近、GoogleEarthやGoogleMapとデジカメ写真や、GPSのトラックデータをリンクさせる記事を時々見かけます。
 参考:Picasaを使って位置情報付き写真をGoogle Earthで表示

ようやく少し時間的余裕が出来たので、見よう見まねで挑戦してみようと思います。

1.デジカメ写真に位置情報を記録
カシミール3DにGARMIN 60CSXなどのGPSから歩いた軌跡を落とすのは馴れていますので問題はありません。
一方、デジカメはフィルムがただ?ですから、最近は一回の日帰り山行で200枚くらい撮っています。
問題は、デジカメ写真のデータには撮影日時は記録されているけど、位置情報は記録されていません。
そこで、GPSトラックデータに記録されたトラックの個別ポイントの日時とを紐付けして、デジカメ写真に位置情報を記録するのです。アッタマイイ!
 参考:デジカメ画像(JPEG)とExif情報

080118_googleearth_rokko2.GoogleEarthに表示
位置情報が追記されたデジカメの写真をgoogleの写真ビューワーであるPicasaで選択するとGoogleEarthに表示されるようになります。
次は、GoogleEarthにGPSのトラックデータを表示してみます。

もうネナクッチャ!

080114_rokkouupdowngoogleearth3.GoogleEarthにGPSトラックを表示
最後はカシミール3Dに落としたGPSのトラックデータをGoogleEarthに表示する方法ですが、
これは、かつトレさんのForerunner と GoogleEarthを見て割に簡単に落とせました。
記事にも書いてありましたが、最初はトラックデータを拡張子 .gpx で保存してGoogleEarthで読み取ろうとしましたが、うまくいかなかったので、トラックデータをルートデータに変換してから、ルートデータを拡張子 .gpx で保存したらうまく画面に表示されました。
俯瞰図にして、写真も表示できるようにし、完成形を貼り付けることは出来ましたが、このままではHPでご覧になっている方が自分で操作することは出来ません。
写真を表示させるだけなら出来ますから、トラックと写真を一緒にしたデータが公開できないか、もう少し研究してみます。

2時を過ぎたので寝ようと思ったのに・・・

ちなみに、GoogleEarthに写真を68枚貼り付けてPicasaという写真公開ファイルにしたものを添付しておきます。
ただし、ファイルが3.3Mbyteもありますから、光回線またはADSLでWindowsXPが快適に動く環境でないと開かないかも知れません。

【写真付きGoogleEarth】 3.3Mbyteありますから要注意
「080114_picasa.kmz」をダウンロード
【GPSトラック】
GoogleEarthを立ち上げてから ファイル→開くで、ファイルの種類をgpxにして、このファイルを読み込むとルートが表示されると思います。
「080114T_RokkouUpDown2.gpx」をダウンロード


Posted on 1月 18, 2008 at 01:34 午前 | | コメント (4)

2008.01.17

080117 合掌

080117 合掌080117 合掌大きさが元の6cm×6cm×7cmに戻った高杉のショートケーキ
大震災から13年経って、神戸の街も、倒壊被害が最も大きかった高杉のある東灘も、すっかり元気を取り戻しました。

今日からまた寒くなりました。
摩耶に掛かるのは雪雲ですね。

Posted on 1月 17, 2008 at 08:17 午前 | | コメント (0)

2008.01.16

080116 ナッコ君のシェー

080116 ナッコ君のシェー080116 ナッコ君のシェー昨夜は遅くまで山の写真を整理していました。
ナッコ君はその横で気持ち良さそうにお気に入りの専用椅子で寝ています。
今日は再び武生へ日帰り出張

Posted on 1月 16, 2008 at 08:42 午前 | | コメント (0)

080116 山行記録:六甲ケーブル周辺一筆書き

080114_rokkotenguiwa山行記録とまではいきませんが、一昨日1/14のGPSトラックと、写真の動画版を掲載します。記録とコメントはNWHさんのHPから引用させていただきましたm(-_-)m
それにしてもいったん渦森台まで降りてきてまた登り返すとは、皆さんお元気です。
GPSトラックを見ると一筆書きで人が立っているように見えます。

【地図】 
 断面図 GPSトラック

【写真】どちらも同じ画像です。
 YouTube画像

 ニコニコ動画画像
【ニコニコ動画】080114 六甲ケーブル周遊一筆書き
画像を一時ストップして、好きなコメントを書き込めます。

【山行記録(引用)】 
NWHさんの「外食山行」から引用
ただし、GPSトラックから歩行距離を修正、参加者はきよもり流に順序変更しました。
日時:08年1月14日(月)9:05~16:03
天候:晴れ
距離:約13.3km
同行:NWH、USI、AOK、HRT、MTH、KMR、ARM、JNK、きよもり

有料道路内にある取付きから急登し、ほとんど人の歩かない静かな一ケ谷道西尾根を六甲ケーブル山上駅へ。登六庵は休業していて名物のライスカレーはお預け。ガーデンパレスまで足を伸ばして霧氷を見ながらのジンギスカンランチとなりました。
午後は天狗岩南尾根から西山谷へ下り、さらに寒天山道を登り返しました。途中でけわしい道とゆるやかな道の二手に分かれましたがかかった時間は同じ。油コブシ出合いからは下りに進路を変更して一気に終点のケーブル下まで。
距離のわりには歩き応えのあるコースでした。
阪急六甲(バス)→六甲ケーブル下9:05~一ケ谷道西尾根取付~9:16第1鉄塔9:19~9:24第2鉄塔9:26~9:32第3鉄塔9: 34~9:37第4鉄塔9:38~天望山9:40~9:52 520m 10:02~10:23 665m 10:25~10:43ケーブル山上駅10:53~11:09登六庵11:14~11:40ジンギスカンパレス(ランチ)12:40~12:55池探索(明石屋池) 13:06~13:17天狗岩(南尾根)13:26~13:52緩急分岐13:58~14:16寒天橋上14:20~寒天山道登り口~14:37緩急分岐(ゆるやかな道)14:41~15:02緩急分岐15:11~15:15油コブシ出合15:17~15:22油コブシ三角点15:24~15:55高羽道入口~16:03六甲ケーブル下(タクシー)→灘温泉~な也

【地図】 
断面図
080114t_rokkouupdowndanmen

GPSトラック
080114t_rokkouupdown

Posted on 1月 16, 2008 at 01:17 午前 | | コメント (0)

2008.01.15

080115 携帯型プロジェクター

080115_miniprojecter先週末、1/12の/.に携帯型プロジェクタが数ヶ月以内に発売?という記事があります。

液晶プロジェクターは10年以上前から会社では導入を始めました。その後、年々表示解像度が上がっていますが、それを理由にしてか、なかなか20万円前後から価格が下がりません。
ビジネスでは会議等での利用機会が増えて、現在では社内でも各部署で導入が当然になっています。

この市場には、きよもりも東京の自宅で購入した家庭用の液晶プロジェクションというのがありますが、どうしても明るい室内では画像の再現性に遜色があり、なかなか個人市場では広がりが見られません。

今回の記事では携帯電話程度の大きさまで小さくなっていますから、あくまでも2、3名のグループでオフィスや自宅の壁面などの投影するには最適な機器になるでしょう。
解像度はまだVGA程度のようですが、これも数年以内にはフルハイビジョン並になるでしょうから、DVDで映画を楽しめるようになるかも知れません。でも、パソコンがないと駄目だから、折角プロジェクターを使うのですからやっぱり少なくとも50インチ程度の大画面にきれいに写って欲しいですね。

【/.の記事】
+--------------------------------------------------------------------+
携帯型プロジェクタが数ヶ月以内に発売?
nabeshin による 2008年01月11日 10:54 の掲載 (モニター)
携帯に内蔵していたTIのDLPはどこいった 部門より
http://slashdot.jp/hardware/article.pl?sid=08/01/11/0125206
+--------------------------------------------------------------------+
k_f 曰く、
本家でも記事になっているが、米国3Mがマッチ箱サイズで厚さ1/2インチ未満のプロジェクタを発表した
本家記事が参照しているPC Proの記事 によれば、明るさは8~10ルーメンで解像度がVGA、50インチ(状況がよければ60インチ)まで拡大できるという。消費電力の面でも、携帯電話レベルのバッテリーで連続2時間動作が可能だそうだ。またAFP BBの記事では、実際に動作しているらしいミニプロジェクタが紹介されている。今後数ヶ月以内に「リーズナブルな値段で」商品化されるとのこと。さて、どんな形の商品になるのだろうか?

【AFP BBの記事引用】
http://www.afpbb.com/article/economy/2334100/2505788
家電見本市で注目される携帯型ミニプロジェクター
2008年01月09日 14:26 発信地:ラスベガス/米国

【1月9日 AFP】米ラスベガス(Las Vegas)で開催されている世界最大の家電見本市「2008国際コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で、動画やGPS画像を机や壁に投影できる携帯型プロジェクターが出品されている。新しいプロジェクションテクノロジーに注目が集まっている。

 プロジェクターはマッチ箱大で、携帯電話、MP3プレイヤー、携帯GPSナビゲーション装置に対応し、インターネット上の動画やテレビ番組、画像など好きな場所に投影できる。プレゼンテーションや商品のプロモーションにも有用だ。

 スリーエム(3M corporation)のグレッグ・ロバーツ(Greg Roberts)氏は、「動画や画像を2人以上で見たいときに役に立つ」と語る。同氏によると、この端末は既存のテクノロジーを組み合わせるだけで実現可能なため、数か月以内に「リーズナブルな値段で」発売される見込みという。ちなみに同社の製品は発光ダイオードと液晶ディスプレイが使用されている。

 ミニプロジェクター市場は今後4年間で爆発的に拡大すると複数の専門家は見る。ある専門家は、「安価かつ省電力で大きな画面を提供する。しかも小さく軽量だ」とその要因を分析する。

 ディスプレイ市場のリサーチ会社Pacific Media Associatesは、省電力ミニプロジェクターの売上台数は2011年までに650万台に達すると予想している。(c)AFP/Glenn Chapman

Posted on 1月 15, 2008 at 11:47 午前 | | コメント (0)

2008.01.14

080114-2 やっぱりカレーうどん

やっぱりカレーうどんやっぱりカレーうどんやっぱりカレーうどん9人で六甲ケーブル西尾根を上がり、カレーの登六庵を目指しましたが、生憎休みでガーデンテラスでジンギスカン
天狗南尾根から寒天道を登り直して油こぶしを下るアップダウンの連チャン
灘温泉からな也でカレーうどんで仕上げ

Posted on 1月 14, 2008 at 06:42 午後 | | コメント (0)

080114 野球の動画

080113_yakyujyomikibousaikouen昨日は北神戸の三木総合防災公園のグラウンドへ会社の野球部の応援に行きました。
防災公園は丹生山脈の西端、ツクハラ湖に接していて、見上げるとシビレ山や丹生山が間近です。
震災後に造成して作られたのですが、立派なスタンドとナイター設備のあるグラウンドのすぐ北側の練習用球場での試合でした。
練習用といっても芝生も綺麗に整備された立派な球場で、気持ちよく観戦できました。

デジカメ写真をAIsoftのMovie Theater2というソフトで連続写真に編集した動画です。
YouTubeでは10分以上の動画は登録できませんから、写真はだいぶカットしました。
ニコニコ動画にも少し形を変えてアップして見ました。
【ニコニコ動画】神戸市長杯軟式野球大会決勝戦


ニコニコ動画はYou Tubeとはかなり使い勝手が違うので、馴れるまで大変です。
こちらは、一つのファイルが100Mbyteまでアップできるようですから、かなり大きなファイルがアップできるし、YouTubetの大きな違いは見た人がコメントを残せるそうです。

Posted on 1月 14, 2008 at 07:25 午前 | | コメント (0)

2008.01.13

080113-2 祝優勝

080113_yakyuyusyo野球部のメンバーは最近4、5年は毎年若い人が入ってきて、だんだん強くなってきています。
今年は元大学野球部のマネジャーをしていた女性も入部されて、記録もきっちりしたものになっています。
きよもりが情報システム部にいた頃のシステム部のメンバーを主体とした野球チームがベースですが、現在は部門の壁を取っ払って、どんどん若返り、頼もしくなっています。
今シーズン後半は負け知らずの6連勝で、ついに今日優勝戦
ピッチャーのMTIさんも安定していますが、打撃の方でもまだヒット数は少ないもののチャンスに一本出るようになっています。
何よりも、エラーがほとんど無くなったから見ていて安心です。
今年は野球応援にも出来るだけ顔を出させていただきます。


080113-2 祝優勝080113-2 祝優勝会社の野球部の神戸市長杯の最終戦が押部谷の奥でありました。
負けたらそのまま丹生山に登ろうと思っていたら、2対0で勝ってしまいました。
みんな車だから飲めないけど、取りあえず王将で水で乾杯して祝勝会です。

Posted on 1月 13, 2008 at 01:36 午後 | | コメント (1)

080113 米寿

080112_haha88_01尾道にいる母は、昨年12月で満88歳
昨日初詣に行った清荒神の星祭りでは90歳です。
昔から山歩きで鍛えていたから今も元気です。
夕方、御影のシェ・Yamatoで米寿のお祝いをしました。

080112_haha88_03

Posted on 1月 13, 2008 at 07:49 午前 | | コメント (3)

2008.01.12

080112-2 清荒神

080112-2 清荒神080112-2 清荒神080112-2 清荒神毎年正月は母に付き添って清荒神に初詣
13年目で初めて雨が降る生憎の天気でしたが、晴れ女の母の霊験あらたかで、本殿にお参りする頃には止んでいました。
流石は、モガの元祖ですが、今年は数え歳90ですから、駅から往復4km歩き通す元気には敬服
参拝を終えて、恒例の明石焼きで小腹をなだめました。

Posted on 1月 12, 2008 at 01:32 午後 | | コメント (0)

080112 鏡開き

080112 鏡開き080112 鏡開き昨日は鏡開きだったけど、「がんこ」の豚カツでご飯三杯とジョッキで、帰ったら即ダウン
今朝早く起きて朝からぜんざいです。
何にでも口を出すナッコ君が小豆を食べ始めたからビックリ!

Posted on 1月 12, 2008 at 06:55 午前 | | コメント (2)

2008.01.11

080111 山行計画:104回例会 西六甲/ドントリッジ

071224_dauntridge_13                                平成20年1月11日
山仲間諸兄諸姉
                              山仲間事務局・きよもり
   山仲間第104回例会 西六甲/ドントリッジ

 年末ぎりぎりに雪が降って寒くなり槍ヶ岳でも雪崩事故が起きましたが、皆様はどのように年末年始を迎えられたでしょうか。本年もよろしくお願い申し上げます。
 12月の例会は恒例の水尾・鶏すきでしたが、最終参加者は23名となり、お陰様で大盛会になりました。有り難うございました。行き帰りに歩いていただいた米買い道も普段はなかなか行けないルートですから楽しんでいただけたと存じます。
 さて、1月の例会は近場になりますが、西六甲・再度山からドントリッジを歩きます。ドントリッジはdon’t ridgeではなく、大正時代に神戸に住んでおられたドイツ人Daunt氏が好んで歩かれた尾根道です。昭文社の「六甲・摩耶」では山腹を巻いている森林管理道を北ドントリッジと誤記されていますが、実際には岩尾根を交えた瘠せた稜線(リッジ)ですから、結構変化があります。
 最後は森林植物園を抜けて「すずらんの湯」で身体を温めて帰る予定です。
 参加していただける方は、1/18(金)までにメールまたはFAXでご連絡いただくようお願い申し上げます。
                                  敬具
            __記__
開催日:平成20年1月20日(日) 
行き先:西六甲・再度山~ドントリッジ
  難易度:初級の中(多少の藪こぎは覚悟)
集 合:1/20 新幹線・新神戸駅のガード下/布引滝道登山口 8:00
地 図:25000分の一「神戸首部」、昭文社「六甲・摩耶」
  断面図
  ルート図
行 程: 所要時間/約8時間(歩行5時間50分、休憩2時間10分)距離/約9.1km
 新神戸(8:00頃)→30分→城山→20分→二本松→40分→大龍寺→20分→再度山(10:30頃/470m)→60分→高尾山(476.6m)→30分→分水嶺越(12:00頃/昼食)→40分→東門分岐→20分→展望台→20分→フェンス→10分→五辻→20分→老人ホーム分岐→40分→「すずらんの湯」(16:00頃/入浴\900/解散)
 「すずらんの湯」17:20⇒無料送迎バス⇒17:27鈴蘭台駅(解散)
  参考:「すずらんの湯」発バス時刻/14:30 15:30 16:30 17:20(最終)
装 備:弁当、飲み物、雨具、着替、防寒具、スパッツ、ストック
費 用:900円(入浴される方)
追 記:
 ・2月の例会は2/17に播州・小野アルプスを予定しています。
 ・番外編として2/9~11の三連休に熊野古道・大雲取越、小雲取越を企画しています。
   2/8(金)新大阪20:03⇒スーパー黒潮31号⇒2/9 0:07新宮⇒タクシー⇒那智本宮(仮眠)
   2/9(土) 那智本宮→大雲取越→小口(幕営)
   2/10(日) 小口→小雲取越→請川→川湯温泉(千人風呂入浴、幕営)
   2/11(月) 川湯温泉⇒熊野本宮→湯の峯越→湯の峯温泉(入浴)⇒JRバス⇒JR田辺 

きよもり 【山仲間】
URL : http://morii3.cocolog-nifty.com/
E-mail : KGH03517@nifty.com
 _/_/_/_/_/_/_/_/ 08.01.11 14:23 _/_/_/_/_/_/_/_/

下見の記録などは、http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2007/12/071224_f632.html をご覧下さい。

コース断面図
080120_dountridge_danmen

ルート図
080120_dountridge


Posted on 1月 11, 2008 at 02:51 午後 | | コメント (0)

2008.01.10

080110-4 山行記録:小野アルプス下見

1/6正月休み最後の日曜日に、2月の105回例会の下見で播州・小野アルプスに行きました。
小野アルプスは加古川からJR加古川線で行くか、新開地から神鉄粟生線で入ります。
最初はJR小野町駅から1時間くらい歩いて西の福甸峠(ふくでんとうげ)から入るルートを考えましたが、途中の紅山(べにやま)は約100mの岩尾根で最大斜度は35度~40度もあり、例会でここを下るのはかなり危険なので、東の白雲谷温泉「ユピカ」から入って、紅山を登って福甸峠に出ることにしました。
問題は温泉はスタート地点である市場にありますから、最後を温泉で締めくくるために福甸峠から「ユピカ」にタクシーで戻ることにしました。
距離は9kmしかありませんが、紅山南稜の岩場以外に合計13個ものピークがのこぎりの刃のように連続するので、アップダウンの鍛錬には最適かも知れません。
ただし、紅山以外は一つのピークの高度差はせいぜい60m位ですから、意外に楽に越えられます。

080106_onoalps行き先:小野アルプス全山縦走
日 付:平成20年1月6日(日)
参加者:5名/HSMさん、NWHさん、USIさん、JNKさん、きよもり
地 図: 断面図 GPSルート図
行 程:
 1/5 快晴 気温 0℃~14℃ 歩行距離:9.0km 所要時間4時間54/ 歩行3時間18分、休憩・食事1時間36分
 JR加古川8:16⇒加古川線⇒8:36市場
 市場(7℃)8:43→8:56「ユピカ」→9:05高山展望台雲海/P1・130m)9:09→9:16市境(0℃)→9:24前々山(P2・140m)→9:26前山(docomoアンテナ/P3・138m)9:31→9:38愛宕山(P4・150m)→霧氷の下り→9:46安場山(P5・△156.3m)9:55→10:06柿木山(P6・165m)→10:12東コース入口(車道)→10:14アザメ峠(地蔵/中コース入口)→10:24総山(P7・△168.3m)10:33→10:44アンテナ山(P8・170m)→10:54惣山(P9・200m)→11:00展望デッキ(記念撮影/P10・180m)11:09→戻り→11:13惣山(P9・200m) →11:22西ルート入口(岩倉峠下/南班・北班に分割)→11:30北コース入口→11:45紅山(南稜1南稜2/P11・184m/合流、昼食/小林さんと記念撮影)12:45→13:06岩山(P12・△163.8m)→13:22宮山(P13・140m/タクシー呼出)13:30→13:37福甸峠
 福甸峠13:40⇒タクシー(\2150)⇒13:46白雲谷温泉「ユピカ」(入浴\600)14:57→15:00JR市場15:15⇒加古川線⇒15:34加古川

【断面図】080106t_onoalps_danmen

【GPSルート図】 ルート図は赤い線が1/6 のトラックです。
 ただし、きよもりとJNKさんは紅山の北ルートを登りましたので、HSMさん、NWHさん、USIさんが登られた南稜の岩尾根は黄色い線の方になります。ちなみに黄色い線は12/30の下見の事前確認ルートのトラックです。
080106t_onoalps

【写真】
080106_onoalps_001080106_onoalps_015080106_onoalps_002

080106_onoalps_003080106_onoalps_004080106_onoalps_005

080106_onoalps_006080106_onoalps_007080106_onoalps_008

080106_onoalps_009080106_onoalps_010080106_onoalps_011

080106_onoalps_012080106_onoalps_013080106_onoalps_014

Posted on 1月 10, 2008 at 07:23 午後 | | コメント (0)

080110-3 自動車の自動運転実現

1/10の/.にGM、運転不要な車を2018年までに販売準備という記事があります。

きよもりが最近読んだいくつかの記事からも、自動運転や無事故運転は現在の技術の延長線上に実現可能性があるように思います。
記事1.車車間通信システム NECのユーザー誌「コンセンサス」08/01~02月号 P24P25
 この記事は各車両から電波を発信して、他の車のセンサーで感知し、車間を一定にたもつ技術の紹介です。
記事2.飲酒運転は自動車のエンジンがかからない 週間 東洋経済 08/01/12号
 この雑誌の「格差なき成長は可能だ!『北欧』はここまでやる」という特集の中に、運転者は乗る前に車に備え付けられた感知器に息を吹き付けてアルコール濃度が合格しないとエンジンがかからない、という車が紹介されています。
記事3.改正道交法により飲酒運転事故約28%減 産経ニュース 07/12/27
 罰則が厳しくなって飲酒運転の摘発も事故も減っているそうです。でも「死亡事故は94件あり、昨年を3件上回る結果」とありますから、それでも悲惨な事故はなくなっていません。

10年後にGMが自動運転自動車を発売すると云うことは、トヨタでもすでに技術は持っているのでしょうから、4年前にも書いたように、利益に走って投資回収を優先しているとXEROXの轍を踏むことになりますよ。

【/.記事】
GM、運転不要な車を2018年までに販売準備
http://slashdot.org/articles/08/01/08/210246.shtml本家のネタとなっているが、GMの研究開発部門のvice presidentが、 http://ap.google.com/article/ALeqM5gX_0j9c5xALZczXkvPXQaZlMOnRQD8U0LUMO02018年までに運転不要な自動車の販売準備ができるとAPのインタビューに応えたらしい。安価なコンピュータチップとアンテナを使って各車両を結ぶネットワークを作り、動作を制御するようだが、 2015年までに必要な技術のテストを行い、2018年までに実際に販売という計画のようだ。
漠然とした内容だが、販売台数ではTOYOTAに追い越され、米国の自動車メーカーには次の利益の源泉が求められている状況からすると、現状を打開するためにこうした驚くような技術を開発してくるかもしれない

【NECのユーザー誌コンセンサス】
0801_02_consensus_car1

0801_02_consensus_car2


【東洋経済の表紙】
080110_toyokeizai080112

Posted on 1月 10, 2008 at 12:10 午後 | | コメント (0)

080110 Microsoft WindowsHomeServer日本語版発表

080110_windowshomeserverjp今日たまたま、googleでWindowsHomeServerというキーワードを入れたら、
マイクロソフト、CES 2008においてWindows(R) Home Server向けのPower Pack 1を公開
~Windows Vista(R) x64のサポート、リモートアクセスやデータ保護機能の強化、日本語と中国語のサポートを実現~

というビッグニュースにぶつかりました。

マイクロソフトのWindowsHomeServer というのは、昨年11月に英語版が日本でも発売されました。
きよもりは07/11/26日経パソコンのオンラインニュースでその概要を知っていましたが、英語版ということで購入は見合わせていました。

マイクロソフトのプレスリリースのタイトルは以下の通りです。
米国時間1月7日(月)、米国ネバダ州ラスベガス開催されている2008 International CESにおいて Windows(R) Home Server Power Pack 1の公開http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3319

詳しくは続きを読むをご覧下さい。
これで、自宅の3台のパソコンと、持ち歩き用のノートパソコンとでファイルの共有環境と、効率の良いバックアップが出来そうです。外部からのアクセスはIEでしかできないようですが、iPod touchのSafariでも出来たら素晴らしいでしょうね。
取りあえず、英語版を購入して、それに公開されているPower Pack 1 を当てると良いみたいですね。
その前に、サーバーにする機械の検討から始めます。

http://www.microsoft.com/japan/presspass/detail.aspx?newsid=3319
News 2008 年 1 月 8 日 (Japan) マイクロソフト株式会社
Microsoft_presslogo■Microsoft最新情報
●マイクロソフト、CES 2008においてWindows(R) Home Server向けのPower Pack 1を公開
~Windows Vista(R) x64のサポート、リモートアクセスやデータ保護機能の強化、日本語と中国語のサポートを実現~

~(当リリースは 2008 年 1 月 7 日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています)~ 

 マイクロソフトコーポレーション(Microsoft Corporation、本社:米国ワシントン州レドモンド)は、米国時間1月7日(月)、米国ネバダ州ラスベガス開催されている2008 International CESにおいてWindows(R) Home Server Power Pack 1(以下、Power Pack 1)の公開を行いました。この新しいソフトウェアは、昨年11月にリリースされた家庭用サーバー ソフトウェアであるWindows Home Server向けの強化パックとして、デジタル写真、音楽、ビデオならびに文書の保護、整理そして共有などに役立つ広範な強化機能を提供します。

 マイクロソフトは、Windows Home Serverの継続的な強化を通して、より広範な機能や利点をパートナー企業ならびに消費者に提供していく方針です。そして今回のPower Pack 1では以下のような強化機能を提供します。まず、家庭用コンピュータ向けのWindows Home Server Connectorソフトウェアに、64ビット版Windows Vista(R)との互換性を提供します。また、家庭用サーバーのバックアップを外部ストレージに保存できるようにするなど、火災や盗難といった事態からデータを守るための新しい保護機能を提供します。このほか、複数ファイルをアップロードするための簡便な方法やサムネイル画像による写真の一覧表示機能を提供し、かつリモート ユーザーのアクセス管理を強化するなどして、リモート アクセス環境の改善をはかっています。

 さらに、Power Pack 1を導入することによってWindows Home Serverで稼働するサーバーの電力消費を効率化することができます。具体的にはFujitsu Siemens ComputersのSCALEO Home ServerやTranquil Home ServersといったWindows Home Serverをベースにしたハードウェア製品の電源管理機能を補完する機能が提供されます。また、Power Pack 1を導入することにより日本語と中国語のサポートを追加することができます。Power Pack 1は2008年春にWindows Update経由で自動的に配布される予定です。詳細については以下のURLに掲載されているWindows Home Serverブログをご参照ください。
http://blogs.technet.com/homeserver to US SITE

 Windows Home Serverは、2007年のCESにおいてマイクロソフト コーポレーション 会長であるビル ゲイツ(Bill Gates)が公開、同年の11月に発売されており、消費者と業界パートナー企業の双方から期待されている新たなカテゴリの製品です。Forrester Research Inc.の予測によれば、家庭用サーバーを利用する世帯の数は今後5年間に456万に達する見込みです。

 Forrester Researchの主幹アナリストであるJ.P.ゴウンダー(Gownder)は、2007年12月に開催された「Forrester’s Windows Home Server Outlook and Forecast」と題する電話会議の中で、「Windows Home Serverは、重要な新しい製品カテゴリの成長を主導することでしょう。消費者が保有するデジタル情報の急増が家庭用サーバーの必要性を生んでいます。また、複数のPCを家庭内ネットワークと組み合わせて利用する世帯も急速に増加しています」と述べています。

          ◇

消費者の期待

 消費者市場におけるWindows Home Serverの需要は堅調です。例えば、Windows Home Serverを搭載したHPのMediaSmart Serverは、そのリリース後、有力小売りWebサイトを通じて完売しています。Windows Home Serverは、現在30以上の国々でデジタル コンテンツの鑑賞などに利用されています。例えば米国のユーザーであるブライアンドリスコル(Brian Driscall)は、9才の息子が保存していたコンピュータ ゲーム「LEGO Star Wars」の進度情報が4才の息子によって削除されてしまった後、Windows Home Serverを使ってこの情報をすべて迅速に修復することができました。

 ドリスコルは、「私は息子の窮地を救ってやることができましたし、私自身も音楽、ビデオや写真などを自宅の家庭用サーバーからストリーム再生できることを喜んでいます。先日何人かの友人達が来てくれた時も、感謝祭の休暇中に撮った写真を我が家のテレビを使って見せることができました」と述べています。

 ブライアン アービン(Brian Irvin)は、ニューヨーク地域国家航空警備隊(New York Air National Guard)の技術担当守衛官(technical sergeant)として南極大陸に派遣されています。彼は自分自身のビデオ画像を自分の家に設置された家庭用サーバーにアップすることによって、自分の妻や子供達との連絡を欠かさないようにしています。

 アービンは、「子供達は本当に喜んでいます。5才になる娘はコンピュータでビデオを再生している時に、そのコンピュータに話しかけたりします。地球の反対側にいても子供達におとぎ話を聞かせることもできます」と述べています。

          ◇

新たなハードウェア製品やソリューションのためのプラットフォームをパートナー企業に提供

 これまでに、世界で15社以上のハードウェアメーカーがWindows Home Serverをベースにした製品を発表しています。またサードパーティのソフトウェア開発業者は、個人用ブログ、家庭用Webサイト、メディア共有、家庭用セキュリティ機能、ホーム オートメーション、ウイルス対策やマルウェア対策などに関連したWindows Home Serverの機能を拡張することできるアドイン プログラムをリリースないしは発表しています。

 CESの報道関係者用控え室には、Windows Home Serverと、SonosのDigital Music SystemやCEIVAの「デジタル写真立て」といったパートナー企業のソリューションと組み合わせたシステムが展示されます。フランスでは、 OMWAVEがOMSERVERと呼ばれるWindows Home Serverをベースにした新しいハードウェア製品を、サードパーティ製のホームオートメーション用アドインと組み合わせて提供しています。 Windows Home Serverをベースにしたハードウェア製品ならびにサードパーティ製アドインについては以下のサイトをご参照ください。
http://www.microsoft.com/presspass/presskits/homeserver to US SITE 

Posted on 1月 10, 2008 at 10:34 午前 | | コメント (2)

080110 MIKAGE

080110 MIKAGE080110 MIKAGE御影タワーレジデンスの阪神百貨店は内装工事が進行中

080110 MIKAGEナッコ君は飼い主に似て寒がりです


Posted on 1月 10, 2008 at 08:08 午前 | | コメント (0)

2008.01.09

080109 ヤッターマンも復活

080108_153300011昨年末12/26にタケコプターの話題を書きましたが、その折り、ドラえもん以外にマジンガーZ、ガンダムについても復権しつつあることに触れました。
30年~40年前のアニメが今と比べて面白いのかどうかは意見が分かれるところですが、やっぱり慣れ親しんだキャラクターは見ている方も安心できます。
昨日は、私用で大阪警察病院に行ったので午後休でしたが、大阪駅のホームから下りる階段で、懐かしいドロンジョ様の顔を見つけて思わず立ち止まってみてしまいました。主人公のヤッターマンを忘れても、この色気たっぷりのドロンジョ様は存在感では抜群です。
このキャラのデザインは天野喜孝氏だったんですね。さすが!

080108_19530002わが家のナッコ君は相変わらず食欲旺盛で、たまにお菓子に興味を示さない時なんかはかえって心配してしまいます。昨日帰りに買ったりくろーおじさんのチーズケーキ、軟らかいし暖かいから「やっぱり猫も好き」です。

080109_07380001御影タワーレジデンスの工事は正月休みが終わって再開していますが、御影駅前・阪神百貨店の方は外装もオープンになって完成に近づいています。

Posted on 1月 9, 2008 at 02:07 午後 | | コメント (2)

2008.01.08

080108 「山野井泰史NHKスペシャル」

080107_nanakusagayu昨日は仕事始めで、1月5日の出張報告をまとめていたら、すっかり遅くなって、21時の全館消灯警告に追い立てられて帰宅の途に付きました。
帰った途端に、NHKで岩登りの映像が流れていて、七草粥を食べながら1時間の雲上山歩のスリルを楽しませていただきました。
ご夫婦とも厳冬期の岩壁登攀中の事故で足と手の指をご主人は10本、奥様は18本無くされて、一時は岩登りへの復帰なんてとても考える状況ではなかったそうです。
それでも、岩の魅力に勝るものはないと、臥薪嘗胆されて、昨年8月にグリーンランドの1300mのビッグウォール「オルカ」への挑戦記録です。
ぼうけんの記録によりますと、今日明日(1/9)深夜に再放送されるそうですから、ぜひご覧下さい。

2008年1月7日(月)NHK 総合テレビ 22時00分~22時59分
 NHKスペシャル『夫婦で挑んだ白夜の大岩壁』
 再放送 2008年1月8日の深夜00時10分~01時09分 
※深夜00時以降なので正確には910日になります。録画予約していただく際はご注意ください!!

山野井さんのメールを中心としたHPに写真がありましたので拝借します。
【山野井通信】
080108_yamanoi01080108_yamanoi02

NWHさんから、再放送は1/9の深夜ですとの指摘がありましたので、修正します。
参照させていただいた元のHP/ぼうけんの記録は直っていません。

Posted on 1月 8, 2008 at 07:38 午前 | | コメント (9)

2008.01.07

080107 iPhoneはブレイクする!?

080107_ipodtouch080107_bose_sounddock080107_nikeheadphoneiPod touchはきよもりの自宅でもようやく市民権を得て、定着しつつあります。
定着の最初のキッカケは、FONへの加入
FONは公共のアクセスポイントを公開する代わりに、無線の個人用アクセスポイントが設置されますから、自宅でのiPod touchやDS LightのWi-Fi接続環境が提供されます。無線のルーターを買うことを考えたら3千円程度ですから安いです。これで自宅でいつでも好きなだけインターネット接続して、ネットサーフィンやG-mail閲覧が出来るようになりました。

次の環境改善は、一昨日(1/5)、APPLE StoreからBOSEのSound DockとNike Headphoneが到着
BOSEのスピーカーは高いですが、小型でも音はよいので\46,200の投資もやむを得ないし、iPod touchを外で聞くにはやっぱり耳に負担が少ないHeadPhoneが欲しいところです。
これで、iTuneとのリンクも簡単になりました。

そのような状況下ですが、本国では昨年9月から発売されているiPhoneの日本での発売に関する日経ビジネスの記事が出ています。

これによると、日本では必ずしもiPhoneは成功しないとの観測ですが、きよもりは逆に売れないはずはないと思っています。
電話機能の付いていないiPod touchを触って見ると気付きますが、この操作感覚は今までの携帯電話や携帯情報端末(PDA)、ノートパソコンとは一線を画するものです。
直感的な操作性はどちらかといえば、DS Lightに近いかも知れません。
DSのタッチパネルとの違いは、DSを含めた通常のタッチパネルは一点のセンサーしか付いていないのに、iPod touchのマルチタッチインターフェースは、指を2本使って指の動作を認識します。その為、タッチペンや手袋をしていては感知しません。
そういえば、「プレイステーション・ポータブル(PSP)」でIP電話ソフト「Skype」を利用可能にする という記事も今日の日経IT proにありましたが、個人的には、ゲーム機と携帯、PDAの区別はこの1、2年で無くなっていくと思っています。
BusinessWeek誌の記事が本当か、きよもりの予言が本当かは時間が答えを出してくれるでしょうが、iPhoneが日本で成功しないとしたら、ユーザーのせいではなく、NTT、au、Softbankの三すくみ寡占市場と互換性のないローカルな通信規格が枷になるからでしょう。

Nbonlinelogo
日本にアイフォンは必要か?

ケータイ先進国の消費者はそっぽを向くかも 2008年1月7日 月曜日
Kenji Hall (BusinessWeek誌、東京支局テクノロジー担当記者)
米国時間2007年12月20日更新 「Does Japan Need the iPhone? 」

 「iPod(アイポッド)」は日本でバカ売れだ。ならば「iPhone(アイフォン)」だって歓迎されないはずがない――。
 米アップル(AAPL、本社:カリフォルニア州クパチーノ)のアイポッドが日本で収めた成功を考えれば、同じ遺伝子を持つハイテク携帯電話、アイフォンも大ヒットするだろうと考えたくなるのも無理はない。

 なにしろ、アイポッドは日本の携帯メディアプレーヤー市場で約50%のシェアを占めている(市場調査会社BCN<本社:東京>の調べ)。センスが良くて、カッコいい、なおかつ使いやすい携帯機器のメーカーという、アップルが入念に築き上げた企業イメージも有利に働くに違いない。

日本のユーザーはさほど驚かない
 だが2008年に世界で最も進化した日本の携帯電話市場に参入すれば、9800万人ものユーザーを満足させるのは一筋縄ではいかないことが分かるだろう。例えば、ほかの国と違って日本のユーザーはアイフォンのハイテク機能にさほど驚くことはないだろう。

 国内の大手携帯端末メーカー10社は、既に10機種以上の端末を投入している。一般に価格は数百ドルで、電子メールの送受信、インターネットの閲覧、動画撮影もできるカメラ、テレビ番組の視聴といった機能を備えている。位置情報が得られるGPS(全地球測位システム)機能は大半の機種に搭載されており、クレジットカードや通勤定期を兼ねたり、指紋認証や顔認識で個人データを保護したりするものもある。

 またアイフォンの現行機種は、日本の先進3G(第3世代)ネットワークでは使えない。スティーブ・ジョブズCEO(最高経営責任者)率いるアップル経営陣が来年新たにアイフォンの高速3G対応機種を発売するとの噂もある。だがそれで日本の消費者が満足するかといえば、アナリストは懐疑的だ。

 アイフォンの現行機種の特長は、3.5インチのタッチパネルのほか、米グーグル(GOOG)の動画共有サイト「YouTube(ユーチューブ)」や地図サービス「Google Map(グーグルマップ)」といったオンラインアプリケーションに接続できる点のみ。ほかの機能は既存の端末とさほど変わらない。

ジョブズ氏と中村雅夫NTTドコモ社長が会談、その中身は?
 日本の端末の方がアイフォンよりも技術的に優れており、アイフォンの一部機能は必ずしも有用とは言えない。例えば、無線LAN(構内情報通信網)の標準規格である「WiFi(ワイファイ)」によるネットワーク接続機能は大して役に立たない。ワイファイを利用できるホットスポット(短距離の高速無線LAN接続サービス)を提供している店は国内にほとんどないからだ。

 「あまり売れそうにない」と、スイスの金融グループUBS(UBS)傘下のUBS証券でマネージング・ディレクターを務める乾牧夫氏も否定的だ。日本の消費者はアイフォンの価格の高さと貧弱な機能にそっぽを向くのではないかと見ている。

 アイフォンが“受ける”としたら、オオハシ・ケイコさん(32歳)のような消費者だろう。営業部長をしているオオハシさんはアイポッドのユーザーである。国産の携帯電話は余計な機能が多すぎると感じている。望んでいるのは、パソコンと同じ配列のキーボードとブラウザーを備えた端末だ。「アイフォンが発売されたら、ぜひ買いたい」と言う。

 その望みはかないそうだ。ジョブズ氏は先頃、アイフォンの日本市場投入に向け、携帯電話サービス国内最大手NTTドコモ(DCM)の中村維夫社長と会談した。アップルの目当てはドコモの高速3Gネットワークだけではない。その販売力とマーケティング力にも期待をかけている。ドコモと手を組むことで、年間約5000万台という市場規模を誇る日本の携帯電話市場に食い込むことが容易になる。また2008年までのアイフォンの世界販売目標1000万台の達成も見えてくる(10月22日までの販売台数は140万台)。

ドコモとの交渉は難航する可能性が高い
 しかし業界幹部は、この交渉は難航する可能性が高いと見ている。ドコモは会談の詳細を明らかにしていないが、ジョブズ氏はアイフォンの加入者からの通信料収入の一部を支払うことをドコモに強く要求していると報じられている(アップル幹部からのコメントは得られなかった)。ドコモ幹部はこれに断固として抵抗すると見られる。アップルの要求に応じれば、ほかの端末メーカーも便乗してもっと有利な条件を引き出そうとしてくるからだ。

 またアップルは、米国でアイフォンを独占的に扱う米AT&Tと同様に、自社のオンライン楽曲ストア「iTunes(アイチューンズ)」を通じてアイフォンの利用開始手続きを行うよう提案している。この案にもドコモが難色を示す可能性がある。

 現在、ドコモの携帯電話の利用開始手続きができるのは正規のドコモショップだけだ。アイフォンユーザーがドコモショップに行かなくていいということは、ドコモ独自のポータル(玄関)サイト「iモード」や、iモード経由で提供されている音楽、ショッピング、投資などのサービスも利用されなくなる可能性が出てくる。

 こうした利益率の高いサービスからの収入を奪われたら、ドコモは無線ネットワークの基地局やサーバーを管理する単なる接続業者になってしまう。「そうなれば、ドコモは“パイプ”を張るだけの会社になってしまう。それだけは避けたいはずだ」と、ある通信業界幹部は匿名を条件に語る。

 選択肢はほかにもある。例えば、MVNO(仮想移動体通信事業者)契約を締結し、ドコモがアップルに帯域を貸し出すというものだ。ただしその場合、アップル側の負担は大きい。音声通話とデータ送信処理のためのデータセンターを設立するだけでも、少なくとも3000万ドルという多額の費用がかかる。また自前の無線事業の運営管理のため、現地スタッフの雇用も必要となる。

 あるいは、ドコモはアイフォン利用者からの通信料収入の一部をアップルに支払い、アップルは帯域料をドコモに支払うという折衷案も考えられる。

 いずれにせよ、妥協点を見いだすにはまだしばらく時間がかかりそうだ。

c 2007 by The McGraw-Hill Companies, Inc. All rights reserved.

Posted on 1月 7, 2008 at 01:59 午後 | | コメント (0)

2008.01.06

080106 こっちは紅山→Re:天下台山

こっちは紅山→Re:天下台山こっちは紅山→Re:天下台山紅山南稜のスラブを登り切ってうまい酒を飲んでます。
ξきよもり

>小野アルプスを通り越して相生に来ています。快晴で暑いくらいです。
>おじゃま虫

【追記】
おじゃま虫さんの行かれた天下台山は相生市内ですから、日帰り圏内ですね。
山頂への道にある「とんび岩」は高御位山の鷹の巣そっくりです。
天下台山天下台山

Posted on 1月 6, 2008 at 12:16 午後 | | コメント (0)

2008.01.05

080105-3 ご参考→Re: 明日は5人 1/6の下見計画

Img_3278明日の小野アルプス縦走下見ですが、当初は福甸峠(ふくでんとうげ)から白雲谷温泉「ゆぴか」へ西から東へ縦走する予定でしたが、紅山南稜の岩尾根(斜度35°)を下るのはやばいと云うことで、逆コースを一度歩いてから考えることにしました。
結果的には、福甸峠までタクシーを呼べますので、1/6の下見も東から西への逆コースに変えたいと思います。

07/12/30のルート確認の記録です。
加古川8:16⇒加古川線⇒8:36市場駅8:50→9:04白雲谷温泉→9:15小野市・加古川市市境→道不明のため戻り→9:42白雲谷温泉「ゆぴか」9:48→遊歩道→10:00高山展望台(130m・P1)10:06→10:18市境小ピーク(P2)→10:30前山(130m・P3/docomo中継アンテナ)10:46→10:55愛宕山(158m・P4)10:58→11:05安場山(△156.3m・P5)11:14→11:30柿木山(160m・P6)→11:44アザメ峠→12:00総山(△168.3m・P7/昼食)12:37→12:54アンテナ山(180m・P8)12:58→13:10惣山(200m・P9)→13:15展望デッキ(180m・P10)→往復→13:36惣山13:42→13:58岩倉峠→14:02紅山南稜取付14:07→岩尾根→14:38紅山(184.2m・P11)14:56→15:30岩山(△163.8m・P12)→15:48宮山(140m・P13)→16:03福甸峠(78m・車道)16:06⇒タクシー2150円⇒16:15白雲谷温泉「ユピカ」(入浴・600円)18:00→18:15JR市場駅18:21⇒18:41加古川
地図:
 断面図GPSトラック

Posted on 1月 5, 2008 at 06:41 午後 | | コメント (0)

080105-2 水陸両用タクシー?

080105_suirikutakusii古ネタで申し訳ありませんが、12/31の/.に「水陸両用タクシー登場へ」という記事がありました。

水陸両用バスは昨年大阪、神戸で定期運行を開始しましたが、今度は水陸両用タクシーが運行されるそうです。
観光タクシーとありますから、ある程度コースが決まっているのでしょうが、神戸で云うとポートアイランドから六甲アイランドまで行くのに湾岸線経由で30分かかるのを直接海の上を行けば10分で行けるかも知れません。

Sankeinews_logo水陸両用タクシー登場へ 大阪市内で全国初 2007.12.27 00:53


来年、大阪市内で全国初登場する水陸両用観光タクシー 近畿運輸局は26日、来年から大阪市内で全国初となる水陸両用観光タクシーの運行を開始すると発表した。市内の名所めぐりや水上観光を行う予定で「水都大阪」をPRする。

 日本タクシーと、NPO法人「大阪みずかいどうはちまるはち」が運行。ドイツ製の水陸両用車を2台使用する。乗客の定員は3人。現在、コースを設定中で来年早々にもお目見えしそう。

 大阪、神戸両市内では、すでに水陸両用観光バスの定期運行が始まっており、「水上観光」に注目が集まっている。なにわ発の水上ビジネスは新たなブームの波に乗れるか?

Posted on 1月 5, 2008 at 12:01 午後 | | コメント (0)

080105 野坂岳

080105 野坂岳080105 野坂岳080105 野坂岳
夜明けと共にサンダーバード1号で北陸へ
と言っても今日は仕事ですから、雪化粧の野坂岳を横目に武生に向かっています。
北陸トンネルを越えると雪国でした。

Posted on 1月 5, 2008 at 08:42 午前 | | コメント (0)

2008.01.04

080104 山行記録:摩耶ケーブル東尾根・中尾根

080103_mayacable摩耶ケーブル東尾根とか中尾根と書いてもご存じの方はおられないでしょう。仮称ですから当然です。
昨日は昼前から出掛けて、2時間くらいで帰ってくるつもりでしたが、結局2.6km歩いただけなのに4時間半かかってしまいました。
短い尾根の上り下りですから、例会にするのはほかのコースと組まないとだめだけど、灘・東灘周辺に住んでおられる皆さんがちょっとしたトレーニングで行くにはよいかも知れません。
取付付近はかなりの急斜面ですからストックがあった方がよいでしょう。
【地図】
断面図 GPSトラック

【行程」
08/01/03 晴のち曇り 6℃ 2.6km 4時間30分(歩行 2時間57分、休憩食事 1時間33分) 
摩耶ケーブル下11:46→11:50桜のトンネル突き当たり駐車場(150m/用意)11:59→12:06堰堤→尾根急登→12:22尾根上の台地(250m/昼食)12:53→13:08第1鉄塔(265m)→13:30岩尾根上→13:38第2鉄塔(329m)→広い尾根道→13:48ケーブルが見える尾根道(360m)13:55→14:10摩耶観光ホテル跡14:20→14:23虹の駅(450m)14:36→14:55第2鉄塔(350m)→14:58尾根分岐・左へ→15:03第1鉄塔(320m)→15:12上野道合流・十三丁石塔を左折→15:18トンネル上15:25→15:34小ピーク(250m/羊羹)15:40→16:00東尾根ルート合流点16:10→16:16桜のトンネル(150m)16:27→16:53灘温泉

【ルート概要】
登りのルートは桜のトンネルを摩耶ケーブル駅に曲がらないでそのまま突き当たりまで進んで駐車場の奥の藪に突入
急な斜面をトラバース気味に右(東)へ踏み跡をたどり、谷を堰堤で渡って尾根に取り付く
摩耶ケーブル東尾根は最初は急斜面で、いったん250mまで登ると少し傾斜は緩くなり、そこで昼食

緩急に傾斜が変わる細い尾根を踏み後が続くのでどんどん登っていくとようやく第1鉄塔
第1鉄塔と第2鉄塔間は岩尾根で短いけど緊張
第2鉄塔から上は散歩道が摩耶観光ホテル跡まで続き、鉄柵をまたいで虹の駅
虹の駅の展望台からは東灘のマンションのマックの看板が見つけられました。
下りは、上野道のハイキングルートと並行する尾根を右手に上野道を見ながら第2鉄塔、第1鉄塔と下っていく
上野道の十三丁石塔から左折する支尾根を下り、ケーブルの真ん中にあるトンネル上をまたいでケーブル車両を眼下に見て、東に続く尾根を滑りそうになりながらの急斜面の下り
最後は虎ロープを頼りに降りきって、振り出しの桜のトンネルに戻りました。

断面図
080103t_mayayabu2danmen

GPSトラック
080103t_mayayabu2

写真
080103_mayacablemiti_001080103_mayacablemiti_002080103_mayacablemiti_003

080103_mayacablemiti_004080103_mayacablemiti_005

Posted on 1月 4, 2008 at 12:44 午後 | | コメント (5)

2008.01.03

080103-2 摩耶観光ホテル

080103-2 摩耶観光ホテル080103-2 摩耶観光ホテル桜のトンネルを突き当たりまで進んで駐車場の奥の藪に突入
右の谷を堰堤で渡って尾根に取り付く
摩耶ケーブル東尾根は最初は急斜面
第1鉄塔と第2鉄塔間は岩尾根
第2鉄塔から上は散歩道が摩耶観光ホテル跡まで続きます。
下りはケーブルの真ん中にあるトンネルを上野道の十三丁石塔から左折する支尾根を下り振り出しの桜のトンネルに戻りました。

Posted on 1月 3, 2008 at 07:13 午後 | | コメント (2)

080103 60×60×65

080103 60×60×65080103 60×60×65御影・高杉のショートケーキが小さくなったと騒いでいます。
HPでファンの書き込みを見ると
60×60×65と書いてありますが
昨日、大丸の初売りの帰りにそごうデパ地下で買ったショートケーキは
60×55×65
5mm奥行きが短い!
ほんとにホント!
まさにショートケーキ?
洒落てる場合ではありませんが、さすがは別腹にも年季が入ってます。
脱帽!

080103_takasugi_shortorgお店のHPからコピーした写真と、違うようにも見えませんけどね~?


【追記】
高杉のショートケーキにはかなりマニアが多いようです。
http://plaza.rakuten.co.jp/conawind8686/diary/200704130000/

こちらは寸法だけですが、
http://blog.kansai.com/3110hpa/91
こちらにはケーキの寸法はもちろん重さまで書いてあります。
ちなみに昨日そごうの地下で買ってきたショートケーキは、台紙を含めて151gでした。
やっぱり重さで160g→151gに-5.6%、体積では234平方cm→214.5平方cmに-8.3%小さくなっているみたいです。
でも、以前からデパ地下のは苺も違うと話していましたから、今度は阪急御影駅前でもう一度オリジナルのショートケーキを買ってこなくっちゃ!
ヤレヤレ!?

【追記の追記】
080103_takasugi_shortorg2どうでもよいことにこだわるのはO型のサガ?
http://www.mikage-takasugi.jp/pathisie/kodawari.html
でも、高杉のお店が運営されるHPでここまではっきり書かれると、これはもう犯罪というか、裏切り

Posted on 1月 3, 2008 at 05:48 午前 | | コメント (3)

2008.01.02

080102-4 iPod touchでインターネット

080102-4 iPod touchでインターネット080102-4 iPod touchでインターネット080102-4 iPod touchでインターネットFONでWi-Fiの環境が出来たのでやっとiPod touchでインターネットに繋ぎました。
3.5インチ液晶(480×320ピクセル)の画面は、大きいし、タッチパネルなので画面の拡大・縮小からキーボードを含めすべて指先操作で結構楽しいです。
インターネットに接続すると通常のパソコン同様、細密文字で横長表示にも出来るし、画面を90度回転させると縦長表示になります。更に、親指と人差し指を画面上で開いたり閉じたりすると指の動きに合わせて画面も拡大(ピンチアウト)・縮小(ピンチ)されます。
やっぱり、楽しい!

iPodは2年くらい前に一度、nanoを買いましたが、通勤時間30分は携帯メールを読むのが精一杯。iPodで音楽を聴いている余裕はないので下の娘にあげてしまいました。その後、iPod Video(今のClassicの前身)も発売されて、本格的な画像対応になりましたが、インターネットに対応するiPod touchは画像や音楽に特化しない発展性が感じられます。

アメリカ本国では、iPhoneとして07/06に一足先に電話機能をメインに発売され、携帯用通信環境の整備が遅れた日本では電話機能をはずしたほとんど同型のiPod touchとして07/09に発売
きよもりがtouchを購入したのは10月ですからTrend Watcherとしてはまずまずですが、その後ほとんど使わない(使えない?)状態で部屋に置きっぱなしでした。
しょっちゅう出歩くなら、マクドナルドや駅のホットスポットでインターネットに無線LAN接続できますが、普段は繁華街とは縁のない事務所やオフィス街にしか行かないので無線LANの環境が得られませんでした。

少しずつtouchのガイドブックが増えてきて、店頭でも人気急上昇になってきた11月の終わりに、FONを使うことを思いつきました。
FONというのは公衆無線LAN基地局を個人が公開する代わりに、全世界の他人が公開する公衆無線LAN基地局を無料で使えるというサービスです。
個人で基地局を設置するには、FON専用の無線LANルーター・La Fonera+(ラ・フォネラ プラス)を購入しなければなりませんが、ヨドバシ梅田では扱っていないどころか知っている店員がいなくて、結局4700円でフォン・ジャパンから直売購入しました。
ところが、その後台湾や東京と出張が続いて、La Fonera+が着いたことさえ忘却!
冬休みに入ってやっと自宅でパソコンに触れる時間的余裕が出来て、iPod touchをもう一度引っ張り出して、無線LAN接続に再挑戦し、今日やっと自宅でtouchを使ってインターネット接続が出来るようになりました。


Posted on 1月 2, 2008 at 10:25 午後 | | コメント (0)

070102-3 史跡公園の初日の出

080101_mayahatuhinode2_2元旦は朝2:30に起きて、3時間遅れの年越しそばを食べてから、山の道具を揃えて摩耶ケーブル駅に向かいました。
3年前にもケーブルの始発で、掬星台に上がった記憶がありますが、今日のケーブルは満席
大晦日の夜から完全な冬型になって、北の空には雪雲が厚くかぶっているものの、摩耶山の上空から大阪湾にかけてはよく晴れていました。
でも、掬星台は車で簡単に上がってこれるので、日の出前には人があふれるばかりに混雑
騒がしいのは苦手ですから、リュックを担ぎ直して、史跡公園に移動
史跡公園も3年前の正月にはきよもり一人だったのに今日は夜明け前に階段を上がってこられた登山姿の人が20人あまりもいてびっくりしました。

残念ながら今年も金剛山あたりは厚い雲がかなりの高度までかぶっていて、山の端からの日の出とはいきませんでしたがまずまずでした。
ちなみにおじゃま虫さんから教えていただいた国際宇宙ステーションは見られませんでしたが、帰ってから各駅停車のHPを見たら、朝の6:30じゃなくて、夕方の6:30(18:30)だったんですね。
失礼しました。

初日の出を拝み、天上寺で初詣を済ませて、アゴニー坂から徳川道を下りました。
山上の気温はマイナス1℃でしたからアゴニー坂には5cmもある霜柱や珍しい氷花(土から吸い上げた水分が茎からしみ出て、気温が氷点下に下がったために凍りついたもの)が見られました。


夜明け前の掬星台
080101_maya_suzuran_001

アゴニー坂の霜柱
080101_maya_suzuran_002

アゴニー坂の霜花
080101_maya_suzuran_003

Posted on 1月 2, 2008 at 04:34 午後 | | コメント (0)

080102-2 初売り

080102-2 初売り080102-2 初売り元旦の冷え込みは和らいで今日は穏やかな好天
大丸の初売りに付き合いです。
それにしてもルミナリエの行列と同じ場所に2周の人出
景気は確実に回復しつつあるようです。
福袋はきよもりにとっては異次元の世界です。

Posted on 1月 2, 2008 at 10:25 午前 | | コメント (0)

080102 謹賀新年

080101_nakkonengaナッコ君からの年賀状です。

Posted on 1月 2, 2008 at 07:53 午前 | | コメント (0)

2008.01.01

080101-4 ドンデン返し3回

080101-4 ドンデン返し3回080101-4 ドンデン返し3回森林植物園から五辻に出る古い並木道が見つかって、五辻にはスッキリ行けることが確認出来ました。
五辻からすずらんの湯に車道を避けて谷沿いに降りていきましたが、竹藪を抜け、側溝を下り、堰堤工事道を辿って、漸く老人ホームに出たら、また行き止まりで石垣を飛び降り、弘稜高校の裏から更にゲートをまたいで、漸くすずらんの湯に到着
約1時間20分掛かりましたが、迷わず歩けば40分だから、車道歩きと余り差はないと思います。
本番は成り行きとします。

【追記】
前回12/24の下見で森林植物園から五辻に直接出るルートが判りませんでしたが、今日の再確認で明確になりました。
また、五辻から車の往来の激しい車道を小部峠まで降りて更に有馬街道の途中からすずらんの湯に上る道はうざったいので、五辻から送電線の下を真っ直ぐ西に向かって下るルートがないか探ってみました。
結果的には藪こぎやフェンスがあって例会には不適当ですが、五辻から小部峠に降りていく途中で老人ホームへ左折すれば、弘稜高校の横を回り込んですずらんの湯へ車を避けて直行できることが判りました。
例会ではそのルートをとります。
摩耶山~すずらんの湯断面図
森林植物園~五辻~すずらんの湯トラック

【摩耶山~すずらんの湯断面図】
080101t_maya_suzurannoyudanmen

【森林植物園~すずらんの湯トラック】
黄色い線は12/24 下見のトラック
青い線は1/1 柿の木塚~五辻正規ルート&五辻~すずらんの湯ショートカット
080101t_suzurannoyu


Posted on 1月 1, 2008 at 03:05 午後 | | コメント (2)

080101-3 お節料理

080101-3 お節料理摩耶の掬星台はあまりに人が多いので史跡公園で初日の出
天上寺の初詣を終えて徳川道を下りました。
先週と同じ森林植物園東門でお節で早い昼ご飯
美味しいです。

Posted on 1月 1, 2008 at 11:16 午前 | | コメント (0)

080101-2 やっぱり山

071230_beniyamananryo02タイトルに反して、身近ネタばっかりでスミマセン。
年末30日の小野アルプスは面白かったので、昨日大晦日は、地図(断面図GPSトラック)や写真で遊ばせてもらいました。
一日おいて、今日は摩耶山天上寺の初詣を兼ねて、掬星台に初日の出を拝みに行きます。
その前に小野アルプスの地図と展望デッキから48倍望遠で撮ったレレレおじさんの紅山南陵登攀ライブです。
071230_onoalps_016_2

【小野アルプスの断面図】
071230t_onoalps_danmen

【小野アルプスのGPSトラック】
071230t_onoalps


Posted on 1月 1, 2008 at 04:57 午前 | | コメント (0)

080101 元旦

080101 元旦080101 元旦080101 元旦雪隠詰めから開放されて
ちょっと遅れた年越しそば→馬鹿ウマで写真撮り遅れ
改めまして
明けましておめでとうございます!

Posted on 1月 1, 2008 at 04:13 午前 | | コメント (0)

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます明けましておめでとうございます明けましておめでとうございます明けましておめでとうございます
初詣は恵方の南南東方向だと海を隔てた高野山ですが、前日から行かないと無理なので、恵方を諦めて毎年恒例の摩耶山天上寺に6時のケーブルに乗って行きます。
JNKさんは寝ないでお節の仕込み
邪魔者の男どもは、パソコンルームでは、ドアノブを開けてしまうので、ノブのないトイレで雪隠詰めです。

Posted on 1月 1, 2008 at 02:48 午前 | | コメント (0)