« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007.08.31

070831-4 明日は晴れ時々曇り

070831-4 明日は晴れ時々曇り人間ドッグが昼前に終わったので、午後から会社へ行きました。
ノンビリ休めないのは元企業戦士の性ですね。
早めに切り上げて三宮に向かっていますが、17時過ぎなので摩耶山は西陽で陰影がくっきりして綺麗です。
明日は成り行きで沢歩きと下見を兼ねることになりましたが、涼しくなって来たからシャワークライミングは避けます。

Posted on 8月 31, 2007 at 05:12 午後 | | コメント (0)

070831-3 山行計画::台湾玉山の参 手荷物と食料手配

今日はきよもりは人間ドッグ検査のため、会社を休んでいるので、皆さんが気にしておられる飛行機に乗せられない物、預けることは出来るが機内に持ち込めない物を調べてみました。

これは、基本的にはテロ対策と植物検疫の目的ですから、空港のカウンターや通関でもめても仕方がないので、持ち込めない物、飛行機に乗せられない物はすべて台湾で購入するか、事前にYMNさんにお願いして購入していただきますので、出来るだけあやしい物は持って行かないようにするのが得策です。

なお、出発時の服装は、ボディーチェックの可能性がありますので、山のスタイルよりは運動靴、Tシャツ、チノパン程度が無難だと思います。
30~50Lのリュックに登山靴、ベスト、長袖シャツなどの登山時の服装と登山用装備、ストックなどをすべて詰め込んで、JAAカウンターで預けるようにしてください。
機内持込は最低限の貴重品、カメラ程度が無難です。

飛行機搭乗時の荷物の留意点について以下のHPからそれぞれPDFに落としました。
http://www.japanasia.co.jp/safety/frame.html (JAA日本アジア航空)
JAAのホームページから預け荷物、機内持込手荷物の制限に関して、内容を確認しました。
JAAはJALグループなので制限事項はJALのHPと共通になります。

http://www.jal.com/ja/safety/passenger/passenger3.html
危険物について(JAL)

http://www.jal.co.jp/inter/service/bag/
お手荷物について(JAL)

http://www.jal.co.jp/other/info2006_1219.html
機内持込液体の制限(JAL)

http://www.pps.go.jp/trip/oversea/leaflet/pdf-leaflet/taiwan(2005.10).pdf
台湾の植物検疫・持込&持ち出し


上のHPの内容をまとめると以下の通りです。
飛行機に乗せられない物
危険物:ガスボンベ、オイルライター燃料、ガスライターガス、スプレー缶、マッチ、殺虫スプレー、携帯酸素ボンベ、
植物検疫:イネ、小麦、柑橘類、種苗、土、砂などとなっていますから、基本的に生野菜、果物はやめた方がよいと思います。これは台湾から日本への持ち帰りも同様です。α米やパンなど加工された食べ物は問題ありません。

手荷物として機内に持ち込めない物
凶器:ナイフ、カッター、ドライバー等先のとがった物
危険物:ガスボンベ、オイルライター燃料、ガスライターガス、スプレー缶、マッチ、殺虫スプレー、携帯酸素ボンベ
液体:100mlを超える液体容器は持込不可、全体で1000ml以下になるよう透明のジップロックなどに入れる。液体の中には、ジェル状の物(エネルゲン、朝バナナなど)、チューブ入り歯磨きなども含まれる。

現地で事前調達をお願いする物
携帯コンロ用ガスボンベ 中サイズ/6個
高山病対策の携帯酸素ボンベ 通常サイズ/6個

到着後まとめてあるいは各自購入する物
二日目(9/16)、三日目(9/17)の昼食は行動食になります。
 主食:パン、中華まん、チマキ、饅頭
 副食:漬け物、佃煮、缶詰、スープ、味噌汁
 飲み物:お茶(ペットボトル)
 おやつ:チョコレート、果物
 嗜好品:ナッツ、カラスミ、塩干物
 酒類:ビール、ウィスキー、紹興酒

 山荘での食事がどのようなものかは分かりませんので、念のため日本からα米と山菜おこわ、漬け物、味噌汁、スープを適量持って行きます。

きyもり 【山仲間】
URL : http://morii3.cocolog-nifty.com/
E-mail : KGH03517@nifty.com
_/_/_/_/_/_/_/_/ 07.08.31 16:28 _/_/_/_/_/_/_/_/

Posted on 8月 31, 2007 at 04:29 午後 | | コメント (0)

070831-2 山行計画:台湾玉山の弐 12年前の参考記録

Gyokusankokkakouen

一昨日、計画を作りかけて、12年前の記録を探してみました。
今書き継いでいる山手帳の第一冊目に残っていて、以前にも一度掲載したような気がしますが、9/15~18の行程の参考になればと思い、再度記載してみました。
この時も台湾政府に登山許可を提出して登ったので、当然ガイドが付いていました。
同行はガイドとわれわれ5名以外に台湾の旅行社に勤める若い女性3名、台湾交通大学の女子大学生1名の総勢10名でした。
コースタイムを書いていて普段のわれわれの山行と大きく違うのは、休憩が少ないことです。
排雲山荘までの8.5kmは登り道ですが急斜面はないので樹林の山腹を縫うように少しずつ高度を上げていきます。
登山口の塔塔加鞍部が3000m弱、排雲山荘が3500m位なので約5時間かけて500mを上がります。
途中の休憩は5回しかないので1時間歩いて10分休憩と思えばよいと思います。
今回の登頂は翌日夜明け前ですが、12年前には排雲山荘で1時間20分ほど休憩してからその日のうちに玉山を往復しました。
排雲山荘から玉山までは2.4kmしかありませんが、高度差は420mありますから、かなりの急斜面です。
でも、12年前は山荘まで同様、2時間で2回しか休憩していません。そういえば、同行してもらったガイドは風貌も動作も猿人に近くて急斜面でも駆け上がっていましたから、われわれとは身体の構造が違ったのかも知れません。
今回の計画では夜明けに玉山に着いて、御来光を拝み、その足で排雲山荘を経て下山しますから、9月17日の行程の方が長くなります。休憩時間はあまり取れないので、昼食は行動中でも簡単に少しずつでも食べられるものにした方がよさそうです。
塔塔加鞍部から排雲山荘までは所々に展望台や大岩(大峭壁)があるものの全体としては自然林の単調な道が続くと思って間違いありません。
ただ、支谷を渡るところや、崩れやすい斜面にはものすごく重そうで立派な鉄骨の橋やハシゴがかかっています。多分陸軍のヘリかなんかで宙づりにして持ってきたのでしょう。
では、以下は過去の山行の参考記録です。
写真はhttp://www.mpi-obkai.org/html/gyokusan.htmからお借りしました。黒川亮さん有り難うございます。

日時:1995年5月26日~28日
参加者:5名(UEHさん、KMDさん、FJWさん、SRYさん、きよもり)
5/26 概念図
八広6:18⇒6:44大門→6:48浜松町7:15⇒7:52羽田国際線(通関)8:50⇒CI107便⇒11:00台北空港(通関)11:45⇒マイクロバス(晴32℃)⇒13:05苗栗(昼食)13:40⇒14:25台中市警察(登山届)15:16⇒17:25嘉義(高速出口)⇒17:50石筆(夕食)19:00⇒19:35阿里山⇒19:45自忠(民宿、22:00就寝)

5/27
 自忠(4:00起床、4:30朝食)5:06→5:23東楠山荘(登山口)5:26→5:34塔塔加鞍部

・塔塔加鞍部~排雲山荘:登り8.5km 所要時間 5時間10分(歩行 3時間58分、休憩5回 1時間12分)
 塔塔加鞍部5:44→6:13 1.0km/7.5km →6:30 1.5km吾妻屋(3000m)6:40→6:48 2.0km/7.0km →7:00 2.5km →7:10 3.0km →7:23 3.5km →7:35 4.0km/4.5km 7:45→8:00 4.5km → 8:15 5.0km/3.5km・白木林展望台(昼食) 8:46→9:03 5.5km/3.0km →9:15 6.0km/2.5km →9:29 6.5km/2.0km → 9:36大峭壁(だいしょうへき) 9:47→9:57 7.0km/1.5km →10:00 7.5km/1.0km →10:26 8.0km/0.5km →10:34排雲山荘直下10:44→10:54排雲山荘(3528m)

・排雲山荘~玉山山頂:登り2.4km 所要時間 2時間15分(歩行 1時間58分、休憩2回 17分)
 玉山山頂~排雲山荘:下り2.4km 所要時間 1時間16分(歩行 1時間16分、休憩なし)
 排雲山荘(3528m)12:15→12:33 0.5km/1.9km→12:48 石楠花畑(森林限界)12:54→13:00 1.0km/1.4km→13:10急登のガレ場→13:34最後の急登手前13:45→14:02 2.0km/0.4km頂上直下のコル→14:30玉山(一等三角点3952m、于右任中国首相像)14:50→アラレ→15:05 2.0km/0.4kmコル→15:35 1.4km/1.0km →15:42石楠花畑→15:52 1.9km/0.5km →16:06排雲山荘(自炊、19:00夕食、21:00就寝)

5/28
・排雲山荘~塔塔加鞍部:下り8.5km 所要時間 3時間14分(歩行 2時間40分、休憩2回 34分)
 排雲山荘(4:30起床)5:23→5:32 0.5km →5:10 1.0km →5:50 1.5km →5:55大峭壁(だいしょうへき)→6:00 2.0km →6:07 2.5km →6:15 3.0km →6:28 3.5km白木林展望台(朝食)6:51→7:03 4.0km →7:10 4.5km →7:19 5.0km →7:27 5.5km →7:30前峰登山口(5.8km/2.7km) →7:36 6.0km →7:45 6.5km →7:50温帯亜寒帯林(3000m)8:01→8:05 7.0km →8:17 7.5km →8:29 8.0km →8:37塔塔加鞍部

 塔塔加鞍部8:52→9:15鹿林山分岐9:20→9:40楠渓林道入口9:51→9:55観光センター10:05⇒マイクロ⇒12:40草屯(昼食)13:48⇒16:05台北空港(通関)17:20⇒CI106便⇒21:20羽田

070831_taiwantizu
070831_toutoukaanbu
070831_haiunsasohe
070831_gyokusan
070831_gyokusansantyo

Posted on 8月 31, 2007 at 09:54 午前 | | コメント (2)

070831 神戸は雨

070831 神戸は雨今朝も6:45から検査
血圧110-60、体温36.5度、脈拍50で昨日とほとんど変わりません。
8:00から10:00まで採血・検尿が4回続きますからゆっくりパソコンを触っている暇もありません。
いつも人間ドッグに入ると言われるのが脈拍が少ないと云うことです。
東京時代にはその為に心臓の再検査までやらされましたが、こちらに来てから別の人間ドッグに入ったときに運動選手の中には運動肺と言って脈拍数や呼吸数が普通の人より少ない場合がありますから、心配はいりませんと言われて何となく納得しています。自分自身では省エネ呼吸だと思っていますが、googleで探しても運動肺なんて出てこないのに、看護婦さんもそのようなことは知っているようなので不思議です。

Posted on 8月 31, 2007 at 09:03 午前 | | コメント (0)

2007.08.30

070830 ドッグ入り

070830 ドッグ入り別に体調が悪い訳でもありませんが、毎年今頃に人間ドッグに行ってますから、今年も今日明日はドッグ入りです。
5月から丸3ヶ月、色々ありましたが、風邪さえ引かずに何とか過ごせて丈夫で良かったと思います。
慢心することなく、ちゃんとチェックしておきます。
三ノ宮駅のすぐ近くですから、窓からの眺めは動きがあって結構面白いです。
昔はやったシムシティやタワーというゲームを思い出します。
9時前から検査開始、血圧104-59、体温36.1度、脈拍が遅いのは運動肺のせいです。

Posted on 8月 30, 2007 at 09:04 午前 | | コメント (2)

2007.08.29

070829-3 山行計画:台湾玉山の序 天気とツアー行程

Gyokusankokkakouen

【玉山の天気予報】
おじゃま虫さんのHP( http://blog.kansai.com/ojyamamushi/422 )にも天気概況が出ていますが、出所が分からないので、同様のキーで探してみました。

こちらはアイコン表示ですが、玉山は曇り時々雷雨が続いているようです。
気温は3℃~12℃ですから雨具と防寒具の用意は欠かせません。
http://tw.weather.yahoo.com/travel.html

こちらは漢字ですが意味は分かります。
http://fema1.swcb.gov.tw/waps/w4.asp
晴れまたは曇りで午後からにわか雷雨があると云うことですね。
登頂は日の出前だから雷雨の心配はないとは思いますが、3℃だとフリースの上にヤッケか、羽毛があってもよいくらいです。

試行錯誤していて漸くYMNさんに教えていただいたHPの中から「一週預報」→「一週旅遊預報」を見ると玉山の天気が表示されることが分かりました。
http://www.cwb.gov.tw/
台北は25℃~33℃くらいですから日本と同じくらいですね。

【行程について】
計画の原案を作り始めていますが、まだ未完成です。現時点の予定を見られる方は続きを読むをクリックしてください。
所持品リスト:特にパスポートと航空券がないと飛行機に乗れません。
飛行機持ち込み不可能品:ナイフ、ライター、コンロのガス(預けも出来ません)、ペットボトルは1本
このようないろいろな注意事項があります。ガスや飲み水は、台北で入手します。

以下のURLには、今回われわれが参加するツアーと同じ行程で行かれた黒川亮さんという方の生々しいレポートと写真が載っていますので、大いに参考になると思います。
http://www.mpi-obkai.org/html/gyokusan.htm
写真でもお判りのように、排雲山荘までは樹林の山腹道で急な坂道や岩場はありません。
排雲山荘から上は森林限界で逆にほとんど木がない岩の急斜面が続きます。要所には富士山や槍の穂同様、鎖やはしごがかかっていますので注意すれば大丈夫ですが、空気が薄いから正直堪えます。
御来光が拝めたらよいですね。

きよもりが登った12年前には2日目に前日泊まった自忠というところから朝早く出て、塔塔加まで歩き、長い山道を排雲山荘に15時頃たどり着き、更に小休止ののち、玉山まで往復3時間ピストンしました。
12年前と比較したら、2日目の行程はすごく余裕がありますから、最悪、2日目に高山病になられても一晩寝て高度順応すれば、翌朝2時からの登頂は問題ないと思います。
日 程:1995年(平成7年) 5月26~28日
主 題:東京支部例会(第7回)/台湾・玉山3952m
参加者:UEH、KMD、きよもり、FJW、SRY 5名
行 程:台南・阿里山/自忠(泊)→塔塔加鞍部登山口→大峭壁→排雲山荘→玉山→排雲山荘(泊)→塔塔加→玉山観光C⇒草屯
コメント:初の海外遠征、新高山の方が懐かしいが、道がきれいに整備されていて感心

【台湾「1+1」登頂ツアー】http://www.taiwanalpine.org.tw/gioksan_101/schedule_ja.htm
ツアーの行程より今回の日程に対応させました。
昼食はツアーには付きませんので、山行行動中の9/16、9/17は現地でまとめて調達する予定です。
山荘での朝食、夕食は付きますが副食やおやつは用意しないといけないと思います。
初日の車移動中にまとめて購入します。

計画概要
期間:9/15(土)~9/18(火)
1日目 9/15(土)
集 合:関空・JAA(日本アジア航空)カウンター 8:30
出 発:JAA211便 関空10:00⇒11:45台北・桃園国際空港
出迎え:桃園国際空港でYMNさん、ツアーコンダクターの出迎え
行 程:
 空港→台北101ビル見学
 台北→移動時間約5~7時間→奮起湖・東埔山莊へ移動
食 事:
 昼食-自前で軽食
 夕食-奮起湖・東埔山莊で提供
宿 泊:東埔山莊

2日目 9/16(日)
出 発:朝6:00~6:30送迎車にて塔塔加鞍部(登山口)へ移動
行 程:塔塔加鞍部→徒步8.5キロ→午後3時、排雲山莊に到着。
    (翌日の登頂に備えて、夜7時で就寝)。
食 事:
 朝食-東埔山莊で提供
 昼食-自前で用意が必要
 夕食-排雲山莊で提供
宿 泊:排雲山莊

3日目 9/17(月)
出 発:朝2時起床→2:30朝食後出発
行 程:排雲山荘→徒歩距離2.5キロ→玉山山頂到着、台湾の屋根から「ご来光」を迎える
 玉山山頂→排雲山莊を経て徒歩下山→午後3時ごろ塔塔加鞍部
 塔塔加鞍部から専用車で宿泊ホテル神旺大飯店まで送迎。(解散は夜9時ごろ)
食 事:
 朝食-排雲山莊で提供
 昼食-自前で用意が必要
 夕食-鼎泰豐http://www.dintaifung.com.tw/jp/index.aspで小籠包?
宿 泊:神旺大飯店http://www.taipeinavi.com/hotel/goods_view.php?goods_seq=36#check
 神旺大飯店は地下鉄の忠孝敦化駅も近いし、YMNさんの会社も2駅先です。

4日目 9/18(火)
出 発:ホテルチェックアウト8:00頃
行 程:
 未定 8:00~14:00の活動可能時間あり
     各自自由行動も可能ですが、故宮博物館の見学も視野に入れたいと思います。
食 事:
 未定
移 動:
 台北14:00頃⇒バス利用?⇒15:00頃・桃園国際空港
出 発:
 JAA212便 台北・桃園国際空港16:40⇒関空20:15

Gyokusantenki


Posted on 8月 29, 2007 at 06:23 午後 | | コメント (1)

070829-2 山行計画:9/1 例会下見・武庫川渓谷/桜の園谷

下見の計画はもちろん、2週間後に迫った台湾/玉山の計画もようやく登山許可がおりたので、具体的に作成しないといけません。そのくせ、この前の書き込みのように目新しいニュースが目に付くと気になってつい書きたくなる習性はなかなか治りません。

台湾の計画の方は14名の参加が確定したのは2ヶ月も前でしたが、台湾国家山岳協会から登山申請に対する認可がおりたのはつい2、3日前です。
航空券は7/5頃に手配完了して、参加の皆様にはお送りしていますが、飛行機に持ち込めないコンロのガスや刃物、ペットボトルや生野菜などをどうするかとか、登頂が夜明けになるので3978mの山頂での気温がどの程度なのかとか天候の心配まで含めると、なかなか計画作りも大変で、明日から人間ドッグに入りますから、病院にパソコンを持ち込んでその間に煮詰めようと思っています。

070901_sakuranosonotaniheさて、今週末に迫った、9月例会(9/30)の下見ですが、行き先は武庫川渓谷の支流・桜の園谷です。
参加予定は現在7名になっていますが、参加希望の方はメールを下さい。飛び入りでも結構です。

なお、9/2も番外編でNWHさん中心に裏六甲・逢山峡から小川谷を極楽茶屋に登り、ガーデンテラスでジンギスカンを食べる計画がありますので、興味のある方はNWHさんにご連絡下さい。
http://blog.kansai.com/nwh1/316

山行計画:桜の園谷
日 時:平成19年9月1日(土) 
行き先:武庫川支流・桜の園谷~大峰山~十万辻~中山最高峰
参加予定者(8/28現在):7名/SSKさん、HSMさん、MEDさん、NWHさん、KRKさん、MITさん、きよもり
集 合:9/1 JR宝塚駅 9:00集合、9:04発・三田行き最後尾乗車
 京都、大阪方面から乗られる方は武田尾まで乗車券を購入していただいて車中で合流します。
 参考:JR/京都7:36⇒大阪8:29⇒尼崎8:37⇒川西池田8:56⇒宝塚9:04⇒武田尾9:12
     阪急/三宮8:20⇒特急⇒8:35西宮北口8:38⇒8:52宝塚(JRに乗換)
     阪急/王子公園8:16⇒普通⇒8:21御影⇒8:32西宮北口8:38⇒8:52宝塚(JRに乗換)
行 程: 所要時間/約8時間(歩行5時間20分、休憩2時間40分)、距離/約13.8km
 武田尾9:30頃→30分→桜の園谷出合→60分→鞍部→20分→大峰山(552.3m、12:00頃、昼食)→40分→十万辻バス停(14:00頃)→70分→中山最高峰(478.2m)→30分→中山奥之院(16:00頃)→20分→やすらぎ広場→30分→清荒神→20分→清荒神駅(17:30頃・解散)
地 図:25000分の一「武田尾」「宝塚」、昭文社「47 北摂・京都西山」
  断面図 & ルート図
持ち物:昼食、飲み物(ペットボトル1.5~2L) 、雨具、着替、スパッツ、ストック、ヘッドランプ(武庫川トンネルで使用、無くても可)
追 記:
 ・桜の園谷は出来るだけ谷通しに詰めますが、谷が短いので通常の登山靴で大丈夫です。
 ・12時までに大峰山に着かないようなら、十万辻からバスに乗る事も視野に入れます。
   十万辻~宝塚¥390ですが、午後は2本しかありません。
   十万辻発 15:37⇒16:03宝塚  十万辻発17:12⇒17:38宝塚


追記2:
念のためもう一度HPを確認したら、すごいページが出てきました。
http://anshade.zone.ne.jp/sawanavi/2006/h_nishinotani/h_nishinotani.htm

この谷は、もともと西ノ谷といっていたようです。
きよもりは2001/5/19にこの谷に行ったことがあるのですが、その時はワラジを履いていったかどうか覚えていません。
ただ、大きな滝があって、それのすぐ横に滝見道があったので簡単に巻きましたから、靴でも沢靴でも問題ないと思います。

今回の参加メンバーでは、HSMさん(ワラジ)、NWHさん、KRKさん、MITさん、きよもり(ワラジ)が沢靴を持っていますが、SSKさん、MEDさんは登山靴だし、例会としても登山靴での参加が前提になりますから、取りあえず靴を履いて谷を登ることを想定します。念のためザイルを持って行きます。

【コース断面図】
070901_sakuranosonodanidanmen
【ルート図】
070901_sakuranosonodaniroot

Posted on 8月 29, 2007 at 12:56 午後 | | コメント (2)

070829 32GのSDメモリー

MicrosdアクションカムATC-2Kの内蔵SDメモリーカードは2Gbyteで、記録時間は約1時間(640×480 30/fps)です。
もう少し容量の大きい物に買い替えたいと思っていますが、今のところ4G以上だと6千円近くしてまだ踏み切れません。
2週間前にアキバで調べたら現時点でも8Gで11千円以上ですが、その上の16Gとなると現物がないものの24万円とかでまだまだ市場には出回っていないことが分かります。
しかし、以下引用の/.JPの書き込みの通り、パソコンのHDD代わりはもちろん、オーディオやデジタルビデオの記憶装置としては、低電力と読み込み速度の優位性は他の追随を許しません。
記事にある通り、32Gbyteで2万円以下まで下がれば、需要は大きいですから大ブレイクしそうですね。
SDメモリーの小型化も進んで、今の携帯や、ガルミンのGPSではminiSDより更に小さいmicroSDが内蔵されています。こちらの方は2Gで4千円~6千円とこなれていますが、まだ4Gは市場には出回っていないようですね。これも記事では8Gで2万円程度で発売見込みとのことですから、4Gは価格がこなれて8千円程度にはなるでしょう。
きよもりの場合、いつも小銭入れに2GのmicroSDを持って歩いています。画像では大きさが分かりませんが、15mm×11mmで厚さは1mmしかありません。
こんなことを書くと笑われるかも知れませんが、きよもりにはパソコンや関連商品の小型化が進むに従って、製造原材料の所要量が減ることにより製造コストは限りなく安くなり、価格を決めるのは技術の先行投資の回収、いわゆる開発コストだけになると思っています。ですから同じ機器をどの程度の量販売するかで売価が決まるので、だんだんパソコンソフトの価格付け方法に近くなると思います。
パソコンソフトは15年も前にビルトッテン氏が率いるアシストが当時7万円もしたLotus1-2-3に対抗するアシストカルクを9千円台で発売して、価格破壊をしましたが、開発コストを回収するために桁違いの販売量を設定して単価を下げたのと同じ原理です。これを契機にLotusがIBMの傘下に入ったのも同然です。

東芝、32GBのSDメモリカード発表
TRON 曰く
東芝が来年の一月に32GBのSDメモリカードを発売する事を発表 しました。併せて16GBのSDメモリカード、8GBのmicroSDメモリカードも発表されています。これらはそれぞれ今年の十月と来年の一月に発売されます。マイコミジャーナルの記事 によると、32GBのSDメモリカードが8万円前後、16GBのものが4万円前後、8GBのmicroSDが2万円前後になるとの事です。

32GBとなるとちょっとしたハードディスクの容量です。8万円もするので気軽に買えるものではないですが、amazon.co.jpSDメモリカード のリストを見てみると5000円代で4GBのSDメモリカードが売っていたりします。32GBのカードもそう遠くない未来に一万円以下で入手できる様になるのではないでしょうか。 SDメモリカードの使い道というと、デジタルカメラと一部の音楽プレーヤが主なものかと思います。文書や画像や音楽など、色々なデジタルデータを利用できる、バッテリの持ちの良い小型軽量の機器の登場に期待したいです。

Posted on 8月 29, 2007 at 11:30 午前 | | コメント (0)

2007.08.28

070828 山行報告:例会99:素麺&音羽山/ビデオに挑戦

070826_otowayama_01一昨日8/26の例会には19名もの方が参加していただきました。有り難う御座いました。
写真は未整理ですが、今回初めて使った防水ビデオカメラ・アクションカムATC-2K、通称キンカンビデオで例会の様子をご覧下さい。
画質とビデオレートを落としたので画像は粗いですが、参加された方には大体どの辺りかお分かりいただけると思います。ただし、7分58秒もありますから、お暇な時にご覧下さい。
画像の編集をすればもう少し見栄えがよくなりそうですが、取りあえず試行錯誤中ということでお許し下さい。

断面図GPSのトラックを付けておきます。

NWHさんのHPから記録を拝借します。
写真もありますので是非ご覧下さい。
三ノ宮7:50→山科~京阪山科→追分9:25~10:00大師堂10:09~10:37桜の馬場(音羽川岸・素麺)13:17~13:30牛尾観音 13:41~13:53支尾根ベンチ14:02~14:17パノラマ台14:42~15:00音羽山15:15~15:52音羽参道16:08~16: 54追分→京阪山科~山科→17:13京都(東湯)→三ノ宮

【記念撮影】№2
070826_otowayama_02

【断面図】
070826t_otowayamadanmen

【GPSトラック】
070826t_otowayama

【素麺&音羽山のビデオ】7分58秒

Posted on 8月 28, 2007 at 04:51 午前 | | コメント (0)

2007.08.27

070827 猫の手も借りたい!

070827 猫の手も借りたい!キンカンビデオカメラを買ったのはよいけど、デジカメ写真、GPS、ビデオとメカに振り回されて、HPを更新している暇がありません。
何のこっちゃ!

Posted on 8月 27, 2007 at 09:46 午後 | | コメント (0)

2007.08.26

070826 快晴例会

070826 快晴例会070826 快晴例会牛尾観音の河原で流し素麺と稲庭ぶっかけうどんでノンビリ
パノラマ台から音羽山へ向かいます。

Posted on 8月 26, 2007 at 02:33 午後 | | コメント (0)

2007.08.25

070825 曇天から快晴

070825 曇天から快晴070825 曇天から快晴ようやく連日の真夏日から抜けましたが、まだ蒸し暑い日が続いています。
今日は摩耶山頂付近は雲に覆われていますが、下界は朝から蒸し暑いです。
舞洲で業界の野球がありますので、カンカン照りにならなくて幸いでした。
風があれば多少過ごしやすいと思いますが、舞洲に着いた頃には上空から雲が消えていました。

Posted on 8月 25, 2007 at 10:24 午前 | | コメント (0)

2007.08.24

070824 雷の動画(YouTube)

一昨日8/22の夜、神戸を襲った雷雨のビデオをYouTubeにアップしてみました。
初めてなのでうまくいったらお慰みです。
AVIファイルをMPGに変換して約45Mbyte、4分ほどですが、圧縮する方法に慣れていないので、ダウンロードに時間が掛かるようならお許し下さい。
それにしても、間近に見る稲光も強烈ですが、時々響く雷鳴に飛び上がって、カメラが動いてしまったのもご愛敬です。

Posted on 8月 24, 2007 at 01:08 午前 | | コメント (4)

2007.08.23

070823 雷

070822_kaminari_05昨夜は20時頃から約1時間、神戸地方は激しい雷雨におそわれました。
2週間以上快晴続きだったのが嘘のように猛烈な雨が降り始め、同時に強烈な稲光と共に雷鳴が轟きます。
滅多にないチャンス?なので、早速、今週初めに入手したばかりのビデオカメラでライブ録画
知識不足でビデオの動画掲載が出来ないのが残念ですが、静止画でも多少迫力を感じていただけるでしょうか。

070822_kaminari_01070822_kaminari_02

070822_kaminari_03070822_kaminari_04


Posted on 8月 23, 2007 at 07:14 午前 | | コメント (4)

2007.08.22

070822-2 キンカンカメラ

070822-2 キンカンカメラ27Kを投資(本体+SD2G+アダプター)してビデオカメラをゲット!
さて何に使うかが課題ですが、取りあえず5m防水でかさばらないし、SDメモリーも2Gで1時間以上記録出来るから、今まで未挑戦だったビデオデータ編集を勉強してみます。VGA画面で2分位記録すると、20M〜30Mbyteになっていますから、320×240のVGA画面の四分の一で記録した5Mbyte位ならHPにも掲載出来るかも知れません。
YOU TUBEなんかはどのようにして圧縮してるんでしょう。
全て白紙からのスタートだから、先の長い話です。
形と大きさから、誰もカメラとは気付かないかも知れません。

Posted on 8月 22, 2007 at 07:04 午後 | | コメント (0)

070822 ヴォイジャー探査機、30歳

070822_voyagerwebsite
今日の/.JPにヴォイジャー探査機、30歳にという記事があって、興味本位で見に行きました。
+--------------------------------------------------------------------+
ヴォイジャー探査機、30歳に
yoosee による 2007年08月21日 17:09 の掲載 (NASA)
そのうちボーグになって帰ってきます 部門より
http://slashdot.jp/science/article.pl?sid=07/08/21/0754209
+--------------------------------------------------------------------+
本家/.で記事になっているが、アメリカ時間8月20日は外部太陽系および惑星間空間探査ミッション・ヴォイジャー計画 の探査機であるヴォイジャー2号が1977年に打ち上げられてから30周年 となる。 これまで、海王星の輪を発見するなど、膨大なデータと魅惑的な画像 を提供してきた1・2号は現在も太陽系外へと飛び続けており、現在位置はSpacecraft escaping the Solar System などで見ることが出来る。

NASA Blogsの記事「What Would You Put on a New Golden Record 」では、地球の音、画像とメッセージを収録したVoyagerに搭載されたゴールデン・レコード (収録されたものの一部はNASAのページ "Sites and Sounds of the Golden Record" で参照できる)を想起して、「もし、新たにゴールデン・レコードを作成するなら、この30年間の出来事から何を選んで収録しますか?」というアンケートをヴォイジャー1号が打ち上げられた9月5日まで応募している。月面からみた『地球の出』や、ISSでの人間活動などが現在あがっているようだ。

070822_voyager_introductionVoyager web site
http://voyager.jpl.nasa.gov/

ImagesIndexでは導入(Introduction)・木星(Jupiter)・土星(Saturn)・天王星(Uranus)・海王星(Neptune)・惑星空間(Interstellar Space)のサムネイル画像も見られますが、動画も一部公開されていますので、是非ご覧下さい。

VoyagerThe Great Adventure Continues
http://voyager.jpl.nasa.gov/window/voyager_ad.htm
Voyager Enters the Heliosheath
http://voyager.jpl.nasa.gov/050523-voyager.qtl
参考:
日本惑星協会
http://www.planetary.or.jp/HotTopics/topics060823_3.htm
http://www.planetary.or.jp/HotTopics/topics031112_1.htm

070822_voyager_index


Posted on 8月 22, 2007 at 01:34 午後 | | コメント (0)

2007.08.21

070821 山行計画:例会99 音羽山&素麺

                                          平成19年8月20日
山仲間諸兄諸姉
                                        山仲間事務局・きよもり
        山仲間第99回例会・京滋県境/音羽山&素麺・稲庭饂飩
070716_otowayama観測記録を塗り替えるような猛暑が続いておりますが、皆様今年は日中の外出は控えておられることでしょう。梅雨が長かった反動で夏は雨がない日が2週間続いているようです。
7月の例会は曇り空でしたが、丹波・三尾山まで遠出にもかかわらず13名のご参加をいただき、無事完了できました。ご参加有り難うございました。
8月の例会は恒例になった流し素麺ですが、暑い最中ですから、出来る限り歩行距離が短くて足の便の良いところということで、山城・音羽山の麓にある牛尾観音下の河原で素麺と稲庭ぶっかけ饂飩を楽しんでいただこうと思います。食後は希望者のみで牛尾観音から音羽山まで登り、西尾根を元の参道に降りてくる予定です。
牛尾観音下まではタクシーまたは自家用車も入りますので、一歩も歩きたくない方もどうぞ車でお越し下さい。
タクシー利用の際は追分駅からでは拾い難いので、山科から直接、音羽川上流の牛尾観音の下の桜の広場までと指定していただければ、簡単に入れます。¥2000位だと思います。
歩行の方は京阪追分から1時間半程度ですが、市街地を抜けると音羽川沿いの舗装道路なので日射しは暑くありません。帰りは途中から同じ道を引き返すことになります。
いつも間際の案内で申し訳ありませんが、参加していただける方は、8/24(金)までにメールまたはFAXでご連絡いただくようお願い申し上げます。
                                                 敬具
                      __記__
開催日:平成19年8月26日(日) 
行き先:京滋県境/音羽山、牛尾観音下・素麺&ぶっかけ饂飩
  断面図ルート図 地図:25000分の1「京都東南部」
  難易度:初級の下~中(素麺だけなら初級の下、音羽山まで歩いたら初級の中)
集 合:8/26 JR・山科駅改札口9:00集合
  三ノ宮発7:50新快速・野洲行き最後尾乗車
  JR三ノ宮7:50⇒新快速⇒7:59芦屋⇒8:15大阪⇒8:45京都⇒8:50山科
行 程:距離/約11km、所要時間/4時間30分
 京阪山科9:09⇒京阪京津線¥160⇒9:13京阪追分
 追分9:20頃→40分→大師堂→30分→桜の馬場(牛尾観音下)→10分→音羽川岸(11:00頃/素麺&稲庭饂飩13:30頃発)→15分→牛尾観音→15分→支尾根ベンチ→30分→パノラマ台→20分→音羽山(15:30頃)→60分→音羽川参道→40分→追分(18:00頃・解散)
【コメント】
脚力に自信のない方は桜の馬場までタクシー。自信のある方は音羽山へ登ります。
装 備:昼食(おかず、トッピング食材)、飲み物(お茶、ビール等は各自ご持参下さい)、雨具、着替え、ストック
費 用:500円
京阪往復250円くらい(回数券利用)+素麺/出汁・薬味代250円
追 記:
 9月の例会は9/30(日)に武庫川渓谷・桜谷~中山最高峰を予定します。
  9/1(土)に9月例会の下見に行きますので、同行していただける方はJR宝塚駅に9:00に集合してください。
 9/15(土)~9/18(火)に例会100回記念として台湾・玉山へ行きます。参加者は14名。

きよもり
E-mail : KGH03517@nifty.com
http://morii3.cocolog-nifty.com/
_/_/_/_/_/_/_/_/ 07.08.20 18:13 _/_/_/_/_/_/_/_/

【コース断面図】
070826_otowayamadanmen
【ルート図】
070826_otowayama


Posted on 8月 21, 2007 at 07:33 午前 | | コメント (0)

2007.08.20

070820 光る海

070820 光る海少し風があって爽やかな朝ですが、今日も好天が続くようです。
これで8月5日以来16日間真夏日の猛暑になります。
昨夜は、灘温泉で大汗を流して、いち栄でHSMさん、NWHさんと心地よく酔って、外に出たら雨が降っていました。
でも自宅に帰る頃には止んでいましたから、通り雨だったようです。
今年が酷暑になると予想したのはひょっとしたら気象庁よりきよもりの方が早かったかも知れませんが、それにしてもこんだけ暑くなるなんて想定外です。
昔なら、暑い日でも夕方サーと夕立があって、すっきりするのですが、今年は夕立さえないので、ひたすらコンガリと焼かれているだけで、情緒もありません。

070820_tenki0708


Posted on 8月 20, 2007 at 08:45 午前 | | コメント (0)

2007.08.19

070819-2 キャッスルウォール

070819-2 キャッスルウォール芦屋ゲートで昼寝して荒地山から高座谷を降ります。
この岩には、高校時代、大学時代を通じて大変お世話になりました。
高校2年の時に生まれて初めて岩から落ちたのもこの岩だし、OBになってから、後輩のKSK君と組んで最上部のチムニーを完登した想い出も懐かしいです。

この岩の前で最後の休憩をしました。
HSMさんから40年も前、故AOK与一郎さんが中間付近から滑落されたときの様子をお聞きして、その岩の前だけに何度もお聞きしたお話なのに、すごく臨場感があって胸が高鳴りました。

Posted on 8月 19, 2007 at 04:05 午後 | | コメント (0)

070819 水遊び

070819 水遊び070819 水遊び暑さに閉口
弁天岩の上から待望の谷へ入りました。
せいぜい水浴びをして歩きます。

Posted on 8月 19, 2007 at 01:13 午後 | | コメント (2)

2007.08.18

070818-3 入り口は行者堂

070818-4 入り口は行者堂行者尾根の青谷からの取付は行者茶屋の手前にある行者堂の裏からでした。
行者堂の奥に続く谷沿いの道を100mほどあがったところにある天狗道と書いた岩から右に入ります。

Posted on 8月 18, 2007 at 11:56 午前 | | コメント (0)

070818-2 摩耶ロックガーデン?

070818-3 摩耶ロックガーデン行者尾根は青谷の行者茶屋から天狗道の縦走路に突き上げる短い尾根ですが、展望は抜群だし、岩が重なって緊張感があります。
荷物がなければ一気に降りれるほど急峻な道ですが、赤いテープや赤ペンキでマークがあって分かりやすい道でした。
左に史跡公園、右に学校林道を見ながら下ります。
今日も日差しが強いけどこの尾根は適当に木陰があって快適です。

Posted on 8月 18, 2007 at 11:09 午前 | | コメント (0)

070818 今日も快晴

070818 今日も快晴予想に反して、昨夜から一片の雲もない空が視界一面に広がります。
流れ星はほとんど見つけられなかったけど満点星の爽やかな夜景を満喫しました。
今朝も快晴で既に日なたは汗ばむ陽気です。
行者尾根から学校林道に出て新神戸に降ります。

Posted on 8月 18, 2007 at 08:08 午前 | | コメント (0)

2007.08.17

070817-3 追い討ち→丸禁映像うなぎ

追い討ち→丸禁映像うなぎお仕事中すんません!
デリーのバターチキンカレーをレトルトにしたチキンマサラカレーがハウスから発売されました。
やっとダイエーに並んだので今夜は史跡公園でカレーです。312円です。
きよもり

>刺激的な映像はお断りします。仕事に影響します。
>おじゃま虫

Posted on 8月 17, 2007 at 05:06 午後 | | コメント (0)

070817-2 夏はうな丼

070817-2 夏はうな丼この暑さは予測通りだけど、ちょっと暑すぎます。
東京都内は朝から30℃を超したのは観測史上初めてだそうです。
神戸の会社も空調は止めているから、34.4℃
2:30まで頑張ったけど、キーボードに汗が落ちる状態では仕事になりまへん。
トットと片付けて、三宮センター街の万平でうな丼を食べてスタミナ補給しました。
アッチッチ!

Posted on 8月 17, 2007 at 03:47 午後 | | コメント (0)

070817 鰯雲

070817 鰯雲昨夕、猛暑の中を神戸に帰ってきましたが、新大阪のホームは熱風でひどい状況でした。駅のホームは空調をかけることは出来ないし、2~3分間隔で放熱の固まりのような車両が発着しますから、仕方ないのでしょうが、所々ある待合室だけでは待つ乗客は収納できても、発着する乗客にとっては何の足しにもなりません。
急いで、乗り継いで取りあえず涼しいヨドバシ梅田に逃げ込みました。

大文字の送り火は毎年8月16日と決まっているのかも知れませんが、いつも新幹線で帰省帰りや山帰りだったりするので未だにじかで見たことはありません。
火床(ひどこ)には5、6回も行ってますが、下から見上げるより、火床から宏大な京都の古都を眺める方が素晴らしいと負け惜しみを言ってます。今年は早く帰宅できたので始めてTVの実況中継でゆっくり見られてよかったです。

今朝も5時頃起きてベランダに出るときれいな鰯雲が東の空を覆っていました。先々週の5日から12日間も続いた快晴無風の高温状態も明日辺りから収まりそうでよかったのですが、今夜から明日、明後日も山へ行くから適当に晴れても欲しいし・・・


070817_daimonji

Posted on 8月 17, 2007 at 07:24 午前 | | コメント (0)

2007.08.16

070816-2 遅い昼食

070816-2 遅い昼食
昼過ぎに昨日ヨドバシで買った洗濯機や炊飯器、液晶テレビの配達と設置
並行してインド産黒御影の墓石の図面確認と振込もあって、バタバタと慌ただしい中をすり抜けて、何とか新幹線に間に合いました。
車中で2時間遅れの昼食です。
まい泉のヘレカツサンドは大きさの割に高いのですが、冷めても美味しいので東京在住の頃から愛用させていただいてます。

Posted on 8月 16, 2007 at 02:42 午後 | | コメント (0)

070816 cocologサイドバーの改造

070816_cocolog_oritatami今朝、おじゃま虫さんから画面が煩雑とのおしかりを受けたこともあって、きよもりのココログには右側にごちゃごちゃと色々な項目が並んでいます。
これもココログtipsというか、頭のよい方のツールを利用させていただいて、サイドバーの折りたたみに挑戦してみました。
左の写真の通り、カレンダーの下の+ボタン付でバックナンバーやカテゴリーが折りたたまれています。
カテゴリーを折りたたむとグーグル検索やアニメ時計も隠れてしまうのは、ご愛敬ということでお許し下さい。
そのうちに修正します。

facet-diverさん有り難うございました。
http://facet.cocolog-nifty.com/divers/2004/10/post_1.html

Posted on 8月 16, 2007 at 11:31 午前 | | コメント (3)

2007.08.15

070815-2 カレンダー改造

070815_calender_kiaココログを始めたのは2003年12月ですが、毎日書き始めたのは2004年1月1日から
3年8ヶ月目に入りアクセス数も20万件を超えましたから、閲覧していただいている皆様に深く感謝申し上げます。

ココログを始めた最初のアドレスが http://morii.cocolog-nifty.com でしたが、半年位して保管容量がいっぱいになったので http://morii2.cocolog-nifty.com を追加でアドレスを取得して、毎日書き続けました。
そのうち2の方もいっぱいになったので、3に移行しました。
一方ココログの保管容量の方がどんどん拡大されて今では10Gbyteまで保管できるようになって、容量の心配をしなくてよくなりました。
こうなると、3つのブログを持っている必然性が無くなり、別の市販ソフトで、1と2をすべて3の方へコピーして現在に至っています。
でも、どちらのバグかは分かりませんが、カレンダーで以前のを見ると、最初の頃の月によっては所々抜けている日があって、そのうち修復しようと今のところそのままにしています。

以前からココログの機能に関する不満で、カレンダー表示が当月だけで、他のブログのように先月分のカレンダーが表示できません。
最強カレンダーというajaxを使った暴想さんのスクリプトが公開されているのを知って、早速試そうとしましたが、これは、ココログのデザインが横幅固定のテンプレートでないと使えないことが分かって、諦めていました。http://java.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/cocolog_ajax_ca_45a0.html
夏休みに入って、少し余裕が出来たので、今日もう一度探したら・・・
ありました。
風流亭さんの【ココログ】バックナンバーに応じたカレンダーを表示するスクリプト&過去月カレンダー作成フォーム
http://furyu.tea-nifty.com/annex/2006/07/post_e83a.html
これで、カレンダーの月表示の左右に<<や>>が表示されますので懐古趣味のご要望にもお応えできます。
もっと古いのをごらんになる場合は、サイドバーのバックナンバーの文字をクリックしていただくと2003年12月まで月が表示され、カレンダーもその月の日付に変わります。

Posted on 8月 15, 2007 at 02:57 午後 | | コメント (2)

070815 盆飾り

070814_23040001東京は旧盆ですが、わが家は関西流なのでは8月がお盆です。
お陰で、間際のお願いにもかかわらず、お坊さんは快く読経を引き受けていただけました。

取りあえず、新盆も無事終わりましたから、あとは百箇日に納骨です。
何とかお墓も間に合いそうでよかった。

東京は今日も大快晴!
これだけ好天が続くと外へ出るには勇気がいりますね。


Posted on 8月 15, 2007 at 12:11 午後 | | コメント (0)

2007.08.14

070814-3 上野からアキバ

070814-3 上野からアキバ070814-3 上野からアキバ070814-3 上野からアキバのんびりと蓮見物の後はデリーでカシミールカレー
かみさんも辛いのが好きだったのを思い出します。
うさぎやの名物は最中、どら焼き、うさぎ饅頭
池波正太郎さんも好きだったどら焼きは日持ちがしないから、今夜子ども達と食べます。

秋葉へは久し振りに裏通りのジャンク街を冷やかしながら歩きました。
10年くらい前よりパーツ屋が増えたようですが、それ以上にメイドカフェとかコスプレショップみたいなのが増えたようです。入ったこと無いけど・・・
ドトールで一休みして汗を引かせてます。

Posted on 8月 14, 2007 at 05:59 午後 | | コメント (2)

070814-2 不忍池

070814-2 不忍池うさぎやの最中を買うついでに、デリーでバターチキンカレーを買います。
その前に蓮があまりに見事なので池之端に出てみました。
池の向こうは弁天堂で上野の森の緑が目に優しいです。

Posted on 8月 14, 2007 at 03:50 午後 | | コメント (0)

070814 石屋川

070812_camembertきよもりが住んでいる御影は、神功皇后が湧き水でお姿を映されたことから御影という地名になった事は、以前にも書きましたが、御影が全国的に名前が知られているのは、御影石の産地であったことからです。

最近購入した神戸新聞総合出版センター編の「六甲・まや101の大疑問」(\762+税)には、「山麓に石のつく地名が多いのはなぜ?」というページがあって、六甲山地でとれる花崗岩が江戸時代には徳井川という名称であった石屋川に沿った道を浜御影まで牛車で運ばれたとあります。
その為、この川の周辺には石の加工をして全国に船積みするための石屋がたくさんあったそうで、いつの頃か石屋川と呼ばれるようになったのだそうです。
この石屋川は、天井川で国道2号線は川の上をわたりますが、山手幹線は川の手前から急坂になって川を越しています。

一昨日は元町のとんかつ「太郎」で衣が薄くて肉厚のへれトンカツで遅い昼食のあと、母を新神戸のホームまで見送って、帰りに新神戸近くの布引バス停から石屋川車庫行きのバスに乗り、初めて終点の石屋川車庫まで行きました。
5年位も前にYNTちゃんの車で送ってもらったチーズ専門店「カマンベール」を見つけて感激!
この店には、kiriのクリームチーズの1kgブロックが置かれていて、久し振りに購入しました。\1500
kiriのチーズは通常一口大の粒でケースに入って、食品スーパーに売られていますが、1kgブロックはこういった専門店にしか置かれていません。これをナビスコのプレミアムクラッカーにバターナイフでたっぷり塗って食べたら、抜群のビールのつまみになります。

また寄り道してしまいましたが、本題です。
Dc0814974_2石屋川の天井川の下を抜けるトンネルをこえて自宅まで歩きました。
このトンネルは、明治6年にJR(戦前は省線といっていたと思います)がこの川を高架で越えるのではなく天井川の川底にトンネルを掘ってくぐり抜けていたんだそうです。
この川の土手には記念碑もありました。

Dc0814967Dc0814973


Posted on 8月 14, 2007 at 01:37 午後 | | コメント (0)

2007.08.13

070813-2 東京も快晴

070813-2 東京も快晴午前中は曇っていたけど、午後からすっかり雲が消えて地平に入道雲が残るだけ
錦糸公園も夏真っ盛りです。
子供たちは仕事や遊びなので親父はのんびりと4ヶ月ぶりに映画館のハシゴです。

午後一番に見た「オーシャンズ13」は理屈っぽくてつまらなかったけど、夕方から見た「ダイハード4.0」は何も考えなくてよいから面白かったです。
デジタルのテロに振り回されるアナログ主人公が直感と行動力で悪漢をやっつける構図はやっぱりシリーズ共通で爽快でした。
あとは、「パイレーツ・オブ・カリビアン3」と「ザ・シューター」だけですが、ザ・シューターはもう上映している映画館が東京にはありません。

Posted on 8月 13, 2007 at 04:31 午後 | | コメント (0)

070813 新盆

070813 新盆070813 新盆昨日は母が無事に尾道に帰宅したのを確認して、早めに寝ました。
今朝は住吉始発で新盆の東京に向かっています。
新大阪を出て、直ぐに寝てしまい、名古屋でウトウトして、次に目を覚ましたら、すっかり雲に包まれた富士山の麓を走っていました。
やっぱり親守疲れですね。

Posted on 8月 13, 2007 at 08:42 午前 | | コメント (1)

2007.08.12

070812 米寿

070812 米寿070812 米寿猛暑の中、尾道から母がひとりで神戸に出てきてくれました。
最近は足が弱ってきたものの、毎年正月には、清荒神様に初詣を欠かしません。
今回は一番暑い時期なので心配しましたが、杖もつかず元気に歩いていますから安心しました。
相変わらずよく喋るし、食べるのも量は少し控えめにしているそうですが、何でもよく食べます。

三ノ宮から昼下がりの日差しを避けて早めに御影に帰り、ゆっくり自宅で涼んで、夕食は花家
魚、鶏、野菜と創作料理は変化があって美味しかったです。マンションから5分ですから助かります。
今日は、好きな元町を少しぶらついて、ウィンドウショッピングしてから夕方新神戸へ送っていくつもりです。

Posted on 8月 12, 2007 at 07:28 午前 | | コメント (2)

2007.08.11

070811 女のいる風景

070811 女のいる風景石阪春生さんのレリーフが地下鉄三宮の連絡通路にあったのに初めて気が付きました。
今日は88歳になる母が尾道から息子のマンション視察?に来ますので、新神戸まで出迎えに行きました。
さすがに今年の正月に清荒神へ一緒にお参りした頃から足が弱って、あまり長い距離は歩けないので今日は宝寿司で昼飯を一緒に食べて、少しそごうに寄ってから御影に向かいました。

070811_12270001


Posted on 8月 11, 2007 at 11:35 午前 | | コメント (0)

2007.08.10

070810 山行計画:夏は水遊びとスターウォッチング

梅雨前には8月の夏休みを利用して、江若丹国境尾根を三十三間山から赤坂山まで足を伸ばすつもりでしたが、皆さん夏休みは帰省や、旅行などの計画があって、参加メンバーが集まらないので、夏休みの山行計画は無しにしました。
かといって今年は土曜日から日曜日まで9日間も休みなので、せめて、一日でも二日でも近場の山歩きでストレスを貯めないようにしたいと思います。
でも、予想通り今年の梅雨が長かった反動で夏は猛暑になりましたから、先週の江若国境のように日中に炎天下を歩くと脱水症状になったら元も子もありません。

ということで、苦肉の策で考えたのは、谷歩きと納涼深夜登山
谷歩きは8/19(日)に芦屋川の本流を弁天岩辺りから谷沿いに歩こうと思います。
納涼深夜登山は、ペルセウス座流星群のスターウオッチングと云うことで、日が暮れてから史跡公園にビールと蚊取り線香とおつまみだけ持って、行こうかと思っています。
こちらは、8/17(木) 19:30頃の摩耶ケーブル下集合とします。翌日は、山羊戸渡か青谷の行者尾根を下って午前中に帰る予定です。

ということで、取りあえず8/19の計画から掲載します。

【Plan1】
Benteniwa山行計画 8/19 芦屋川本谷遡行と道畦谷北尾根下降
行き先:芦屋川本流遡行~東お多福山~道畦谷北尾根
日時:平成19年8月19日(日)
 阪急芦屋川駅北口 8:00集合
装備:沢靴またはワラジ、昼食弁当、飲み物(最低1~2L)、雨具、手袋、着替え
 地図:昭文社「六甲山・摩耶山・有馬」、25000「西宮」「宝塚」
 コース断面図予定ルート
行程:歩行 12.5km、所要時間 10時間30分(うち歩行7時間30分)
 阪急芦屋川8:00発→40分→芦屋川本谷遡行点→60分→弁天岩→60分→芦屋ゲート(11:00頃)→30分→蛇谷出合→60分→東お多福山(13:00頃・昼食)→60分→ロックガーデン分岐→20分→荒地山(16:00頃)→60分→道畦谷北尾根下→60分→阪急芦屋川(18:30頃・解散)
コメント:
 共同装備として5mmロープ40mは持って行きますが、岩登りは避けますから、ご安心下さい。
 水が浅ければ、じゃぶじゃぶ入っていこうと云うことでワラジか沢靴をお持ち下さい。
 参加していただける方は、メールでご連絡下さい。飛び入り歓迎です。
参考:
 http://www.mcs-proguide.com/newpage86.html
 http://www.geocities.jp/jyunkubo/kobe/hike_sub/asiyagawa/asiyagawa.htm 
GPSルートデータも付けておきます。
「070819_AshiyaGawa_HigashiOtafuku.gdb」をダウンロード

【Plan2】
Peruseusuryuusei山行?計画 8/17 納涼流星ウォッチング
集合:8/17 19:30摩耶ケーブル下駅
目的:史跡公園からペルセウス座流星群と100万ドルの夜景を観賞
行程:
 8/17 ケーブル下(19:40発)⇒虹の駅→30分→史跡公園(20:30頃、酒盛り、仮眠、スターウォッチング、就寝2:00頃)
 8/18 史跡公園(9:00発)→30分→掬星台→30分→縦走路・行者尾根取付→60分→行者茶屋→60分→阪急王子公園(13:00頃・解散)
個人装備:寝袋カバー、エアマット、飲み物(酒、ビール)、つまみ&軽食、雨具、ヘッドランプ
団体装備(きよもりが用意):コンロ、水、コッフェル、タープ、ツエルト、蚊取線香
コメント:おじゃま虫さんのHPでは8/11~14を中心に流星群が夜半から増えるそうですから、天気がよいことを信じて行って見ます。
私も参加したいという方は、メールを下さい。こちらも飛び入り歓迎ですが、ケーブルの最終は21時ですから気をつけてください。

【芦屋川本谷】
断面図
070819_ashigawadanmen

予定ルート
070819_ashiyagawa_higashiotafuku

摩耶山のケーブル時刻表
Mayakeiburu

Posted on 8月 10, 2007 at 06:08 午後 | | コメント (4)

2007.08.09

070809-2 夕焼け空

070809-2 夕焼け空神戸の夏は高取山と菊水山の中間辺りに日が沈みます。
明日も好天で暑そうです。

Posted on 8月 9, 2007 at 06:50 午後 | | コメント (0)

070809 カサブランカ

070808_20150001昨日はひと月ぶりに本町で飲み会
皆さん私より高齢ですが、元気いっぱい。
やはり目的を持つことは気持ちにも身体にも張りが出てすばらしいことだと思いました。

070809_casablanca22時に帰宅して、昼間買ったピアノ曲のCDをiTuneにダウンロードしながら、ふと、「カサブランカ」の酒場の再会シーンで黒人のピアニストが弾く曲を思い出しました。
カサブランカというのは、アフリカ・モロッコの都市の名前ですが、1942年制作のハリウッド映画の題名です。
今は著作権が切れて、500円DVDでいつでも入手できますから、お薦めです。
以前取り上げた「恐怖の報酬」が男のロマンならこの「カサブランカ」は男の美学といった映画ですね。

封切り当時、きざな男の殺し文句としてはやったのが、「昨日のことは忘れた!」、「明日の事なんて分からない!」というハンフリーボガートの台詞
以下は原文と訳文の引用ですが、こちらのホームページでは映画のシーンが音声で再現されます。
http://www.kyudan.com/column/casablanca.htm

Ybonne: Were you last night ? きのうの夜はどこにいたの
Rick: That's so long ago, I don't remember. そんな昔のことは忘れた
Ybonne: Will I see you tonight ? 今晩会えるかしら
Rick: (matter-of-factly) I never make plans that far ahead. (感情を入れないで)そんな先のことは解らないよ

イングリッドバーグマンが登場して、ハンフリーボガートが経営する酒場で、顔なじみのピアニストに彼との想い出の曲をリクエスト
この曲は「時の過ぎ行くままに」と訳されていますが、「As Time Goes By」というのが原題のピアノ曲です。
こちらの方は「Reel Classics」という古い名画のコンテンツを紹介するHPから歌詞を引用させていただきました。
http://www.reelclassics.com/Movies/Casablanca/casablanca.htm

Casablanca (1942)

"As Time Goes By"
music and words by Herman Hupfeld

http://www.reelclassics.com/Audio_Video/Music7q/clips/casabl_astime_music.wav
Hear Dooley Wilson sing "As Time Goes By" (a .WAV file).

[This day and age we're living in
Gives cause for apprehension
With speed and new invention
And things like fourth dimension.

Yet we get a trifle weary
With Mr. Einstein's theory.
So we must get down to earth at times
Relax relieve the tension

And no matter what the progress
Or what may yet be proved
The simple facts of life are such
They cannot be removed.]

You must remember this
A kiss is just a kiss, a sigh is just a sigh.
The fundamental things apply
As time goes by.

And when two lovers woo
They still say, "I love you."
On that you can rely
No matter what the future brings
As time goes by.

Moonlight and love songs
Never out of date.
Hearts full of passion
Jealousy and hate.
Woman needs man
And man must have his mate
That no one can deny.

It's still the same old story
A fight for love and glory
A case of do or die.
The world will always welcome lovers
As time goes by.

Oh yes, the world will always welcome lovers
As time goes by.

(c) 1931 Warner Bros. Music Corporation, ASCAP

Posted on 8月 9, 2007 at 11:30 午前 | | コメント (0)

2007.08.08

070808-2 アクションカムって何?

今日の/.JPに以下の記事があって、覗いてみました。

+--------------------------------------------------------------------+
アクションカム ATC-2K
yoosee による 2007年08月08日 1:23 の掲載 (テクノロジー)
自転車旅行のお供にいかが 部門より
http://slashdot.jp/article.pl?sid=07/08/07/1514234

070808_atc2kこれは面白そうですね。
山では、06/04/24購入のキャノンのPowerShot S2 ISというデジカメを使っています。12倍ズームなので少しかさばりますがセルフタイマーで連続撮影が出来たりしてそれなりに気に入っています。ただ、星や月を撮るのに解放撮影とかできないのでそろそろ買い替えたいけど、一眼レフも価格が下がっていて魅力的ですが、かさばるのは駄目です。
もう一つの問題は防水性で、いつでも撮れるようむき出しで首にぶら下げていますから、今年の梅雨みたいに行くたびに雨の時には神経を使いますが、携帯もカメラもアウトドア用の仕様になってもらわないと気易く扱えません。
携帯はカシオのG'zOneに替えて安心して乱暴に扱えるようになったけど、デジカメは6月に一度雨に濡らしてから、電源が入りにくくなって閉口しています。
防水デジカメも発売されていますが、せいぜい3倍ズームで、マイナーな機種なので手は伸びないです。
今日のアクションカムというのはカメラではなくビデオカメラなんですね。
ビデオカメラは今まで使ったことはありませんが、なんと言っても防水仕様だし、ズームはないけど120gですから、手軽に持ち歩いて使ってみたいと思います。
HPで写真を動画もどきにGIFファイルで時々掲載していますが、ビデオとなるとどのようにして掲載できるのかこれから試行錯誤してみたいと思います。最近はYouTubeみたいにネットでビデオ公開が大流行ですから、まあ、時代の流れに乗ってみようと云うことで乞うご期待ですね。

ImpressJPのAV Watchの記事

Posted on 8月 8, 2007 at 11:47 午前 | | コメント (0)

070808 山行記録:8/4~5 江若国境RR6 木地山峠~天増川口

070804_komagatake 時間がなかなか取れなくて取りあえず、GPSトラックをまず掲載します。
 8/4 歩行距離 10.6km
 8/5 歩行距離 10.5km
 二日間ともほとんど同じ距離を歩いています。合計21.1kmのロングコースでした。
 それにしても二日目は暑かったですね!

【山行記録】
8月4日~8月5日 江若・木地山峠から駒ヶ岳~天増川口 RR6

日 時:平成19年8月4日(土)~8月5日(日)
 
参加者:4名/HSMさん、NWHさん、MNBさん、きよもり

コース:
8月4日(土) JR安曇川駅(タクシー\8140)木地山林道入口―木地山峠―桜谷山P825m―池河内越―駒ヶ岳―駒ヶ池(幕営)
8月5日(日) 駒ヶ池―P744m―高島トレイル分岐P693m―P628m―小原谷越―寒風山559.6m―天増川口―橘町(JRバス)若狭大森(JRバス)近江今津(湖西線)京都(解散)

地図:国土地理院25000分の一「古屋」「饗庭野」「熊川」、高島トレイル運営協議会「中央分水嶺高島トレイル」
歩行断面図
8月4日8月5日
GPSトラックのルート図
8月4日8月5日

行 程:
8月4日(土) 歩行距離:10.6km、所要時間:6時間57分(歩行:4時間53分、休憩昼食:2時間04分)、天候:晴れ、気温:20℃
 京都6:30(湖西線)7:26安曇川7:38(タクシー\8140)8:15木地山林道ゲート(310m)
 林道ゲート(310m)8:30―南谷出合(320m)8:34―林道分岐(360m)8:50―小屋跡9:06~19―巻き道―川原(520m、20℃)9:50~10:06―水汲み(570m)10:22~28―木地山峠(670m、リンゴ)10:52~11:07―桜谷山(825m、昼食)11:35~12:11―P765m12:35―池河内越(710m)12:45~13:06―与助谷山・木地山分岐(750m、左折)13:13―林道(730m)13:42―駒ヶ岳(780.1m)14:27~14:44―駒ヶ越(750m、右折)14:52―駒ヶ池15:27(670m、幕営、夕食16:30、就寝21:00) 

8月5日(日) 歩行距離:10.5km、所要時間:7時間35分(歩行:5時間01分、休憩昼食:2時間34分)、天候:快晴、気温:19℃→28℃
 駒ヶ池(起床4:00、朝食4:30、19℃)6:00―P744m駒東(池原山分岐)6:35~45―シダの藪下り―P693m・高島トレイル分岐7:20~35―迷う―元の尾根7:54―小ピーク(650m、リンゴ)8:06~22―P628m(左折)8:45~55―藪漕ぎ9:14―P562m 9:25~35―P487m10:07~25―寒風山(559.6m、昼食)11:00~44―採石場上(440m)12:05―支尾根(370m、28℃)12:18~36―谷間(160m)13:00~23―天増川口(120m)13:35―橘町バス停(80m)13:53
 橘町14:09(JRバス)14:18若狭大森(瓜割の湯廃業)14:23(JRバス)14:58近江今津15:10(湖西線)15:58京都駅(入浴、反省会、解散19:10)

会 費:20,000円/一人5000円
 交通費:13,220円/タクシー安曇川~木地山8140円、JRバス橘町~若狭大森@310/1240円、若狭大森-近江今津@960/3840円
 食 費:6,160円/HSM420円、NWH2300円、MRI2000円、MNB360円、ビール1080円
 残 金:  620円
【写真】
PicasaのWEBアルバムです。35枚あります

070804_05 木地山峠~駒ヶ岳~天増川口

断面図
070804t_kijiyama_komagatakedanmen
070805t_komagatake_amasugawadanmen
GPSトラック
070804t_kijiyama_komagatake
070805t_komagatake_amasugawa


Posted on 8月 8, 2007 at 07:28 午前 | | コメント (2)

070808 月齢24日

070808 月齢24日070808 月齢24日昨夜は徹夜明けで21時には気絶していましたから、今朝の寝覚めは爽やかです。
4時過ぎに空を見上げると夏には見えないオリオン座が南東の空に残っていて少し感激
5時過ぎには空が白み始めましたが太陽はビルの陰で見えません。
10月頃なら国道2号線から昇る朝日が拝めるかも知れません。
今日も良い天気で暑くなりそうです。

山では下弦の月でしたが、中天に残る月はかなり欠けています。
古文で立ち待ちの月とか居待ちの月、寝待ち月という古人らしい風雅な表現に感心しましたが、25日目くらいの月は何と言うのでしょうか?
有明の月ぞ残れる、といった表現しか思い浮かびません。

Posted on 8月 8, 2007 at 05:38 午前 | | コメント (1)

2007.08.07

070807-3 たこ焼き初挑戦

070807-3 たこ焼き初挑戦070807-3 たこ焼き初挑戦ご近所の誼でまたKMRさんからご主人が釣ってこられた蛸を頂戴しました。
大阪生まれの大阪育ちのくせに今まで家でたこ焼きを作ったことがありませんので今夜が初挑戦です。
蛸が新鮮だからやっぱり美味しいです。
ご馳走様でした。
NWHさんオハコを取ってしまってすみません。
部屋が片付いたからもういつ誰に来ていただいても大丈夫ですよ、冷蔵庫はお菓子ばっかり?だけど・・・

Posted on 8月 7, 2007 at 09:38 午後 | | コメント (0)

070807-2 神戸が好き

070807-2 神戸が好き日が永くなったので黄昏の山並みや海をひかえた空が広々と続いています。
山が迫った港街は四季折々、朝夕で景色がかわって見飽きることがありません。

Posted on 8月 7, 2007 at 06:41 午後 | | コメント (3)

070807 やっと完了

070807 やっと完了070807 やっと完了引っ越しから早くも40日
ずっとダンボールから出さないで積んであった山やパソコン関係の本を漸く棚に収納完了しました。
今週末には尾道から母が来神しますから、間に合ってよかったです。というより、母が来るから片付けたと言うべきでしょうね。
それにしてもダンボール15ケースで600冊位あったと思います。
同じ本が7種類も有りました。
経年劣化です。

Posted on 8月 7, 2007 at 08:10 午前 | | コメント (2)

2007.08.06

070806-2 一気に盛夏

070806-2 一気に盛夏昨日は山の上でも29℃
帰りに降りた京都駅では一瞬怯むような熱風でした。
これから猛暑が始まります。

Posted on 8月 6, 2007 at 06:31 午後 | | コメント (0)

070806 お疲れ様・反省

070804_komagatake昨日は朝6時から午後1時まで大半が強い日射しの中の縦走になりました。
起床時の気温は19℃、昼食を摂った寒風山の山頂では28℃まで上がっていました。
採石場から北へ分かれる支尾根の急坂を下り、谷間に降りた時にはほとんど脱水状態で、ベストを脱いで頭から谷川の水をかぶって身体の火照りを冷まし、ようやく一息つきました。
折角楽しみにしていた「瓜割の湯」が昨年8月末で閉鎖されていて、がっくりでしたが、急遽目標を京都タワー浴場に切替、近江今津に向かいました。
風呂のあとはお馴染みの「味彩や」で黒佐藤、赤霧島を飲んで、19時過ぎには帰路につきました。
21時前に帰宅、そのまま気絶してしまいました。
2時頃一度目を冷まし、野菜ジュースをがぶ飲みして、また寝てしまいました。
今回は真夏の縦走と云うことで、汗を3Lもかいて完全な水分不足でバテる寸前でした。
飲み水と炊事用の水を4L持って歩きましたが、それでもこれだけ暑いと途中で水を補給しないと長い縦走は難しいようですね。

Posted on 8月 6, 2007 at 10:53 午前 | | コメント (2)

2007.08.05

070805-5 帰ります

070805-4 帰ります19時で出来上がって帰ります。

Posted on 8月 5, 2007 at 07:12 午後 | | コメント (2)

070805-4 呑ん兵衛

070805_18290001070805-4 呑ん兵衛横画面ですんまへん
京都地下街の味彩やでひたすら呑んでます。
酒が飲めるのは幸せですね。
ξきよもり

Posted on 8月 5, 2007 at 06:38 午後 | | コメント (0)

070805-3 最後に大どんでん返し

070805-3 最後に大どんでん返し予定より1時間半も早く天増川口に降りてきたので瓜割の湯でゆっくり汗を流し、酒盛りして帰ろうと思い天増川から若狭大森にバスで向かいました。
スーパー銭湯に着いたら、ナナナナ何と!
風呂屋が潰れてる!
慌てて近江今津へ向かうバスに乗って京都タワー浴場に目標変更です。
それでもバスを少し遅らせちゃったけど、缶ビールをゲットしました。
この辺りは経験の効用です。

Posted on 8月 5, 2007 at 03:03 午後 | | コメント (2)

070805-2 暑いです→おはようございます

070805-2 暑いです→おはようございます最後の石切場の上です。
29℃あって日差しが強くて厳しいです。
ξきよもり

>天気が良くて良かったですね。
>おじゃま虫

Posted on 8月 5, 2007 at 12:34 午後 | | コメント (0)

070805 半月

070805 半月夜半にテントが明るいので外に出てみると焚き火は消えて、山毛欅の樹の間からお月様が顔を出していました。
今日も良い天気です。

Posted on 8月 5, 2007 at 02:04 午前 | | コメント (1)

2007.08.04

070804-4 酒盛りの第3ラウンド→070804-2 駒ヶ岳

第3ラウンド→070804-2 駒ヶ岳今日は晴れ男大明神の霊験あらたかで曇り空ながらテント場に着いたらすっかり晴れて絶好の夕べになりました。
ξきよもり

>予定通りのテント場ですね。お疲れさまです。
>おじゃま虫

Posted on 8月 4, 2007 at 08:15 午後 | | コメント (0)

070804-3 しあわせ

070804-3 しあわせ15:30に幕営地の池に着いたので4時頃から酒盛り
広々とした山毛欅の原生林で悠久の時を過ごせるのは最高の贅沢です。

Posted on 8月 4, 2007 at 07:29 午後 | | コメント (0)

070804-2 駒ヶ岳

070804-2 駒ヶ岳14:30に駒ヶ岳に着きました。
1時間早いピッチ

Posted on 8月 4, 2007 at 07:23 午後 | | コメント (0)

070804行ってきまーす→おはようございます

070804行ってきまーす→おはようございます070804行ってきまーす→おはようございます070804行ってきまーす→おはようございますまだ雲が切れない鬱陶しい天気ですが、元気に行ってきまーす。
木地山峠への谷道は4年前と変わってないでしょうか?
ξきよもり

>気を付けてお出掛けください。こちらはこれから一眠りします。
>おじゃま虫

Posted on 8月 4, 2007 at 07:08 午前 | | コメント (2)

2007.08.03

070803-2 明日は晴れ?

070803_taifu05070803_amagumo_radar台風は意外に早く日本海に抜け、17時現在では鳥取の北220kmの海上にあって、北東に進んでいるそうです。
うまくいけば、明日の江若国境は台風一過の夏空が広がるかも知れませんが、西の方に高気圧の固まりがないので、不安定な空模様が続くと思った方がよさそうです。
でも、大雨と風に祟られることは避けられそうですから、やっぱり晴男大明神の御利益ですね。感謝!!
それでもかなり雨が降ったので谷沿いの道は気をつけないといけません。
念のため5mmのケブラーロープは持って行くようにします。

Posted on 8月 3, 2007 at 06:51 午後 | | コメント (1)

070803 台風の進行は?

070803 台風の進行は?九州に上陸した5号は時速25km程度のゆっくりペースだから、明日の今頃はまだ若狭湾辺りかも知れません。
午前中は谷の遡行なので慎重に行きます。
百日紅も満開で神戸も夏本番を迎えました。
それにしても今週は蒸し暑いです。

Posted on 8月 3, 2007 at 08:15 午前 | | コメント (0)

2007.08.02

070802 何故か巻雲

070802 何故か巻雲070802 何故か巻雲昨夜はひと月振りに自分で八宝菜とエビチリを作りました。
料理の先生や奥様方から叱られそうですが、料理の楽しみは出来てみないとどんな味になるか判らないところにあります。この八宝菜にしても中華名菜のレシピにはキャベツだけですぐ出来ると書いてありますが、やっぱり八宝菜は白菜でしょ!
中華名菜のような手間のかからない80%レトルトの場合、豆板醤や肉や海老を追加してやると如何にも料理っぽくなるから不思議です。

昨日で日本の梅雨は全国的に明けたのだそうです。
今年はやっぱり記録的に長い梅雨だったそうですから、山へ行くたびに雨に遭ったのも仕方なかったのかも知れません。梅雨は明けたとはいえ今週末も何となく怪しい天候ですね。
この3日間はすごく良い天気になっていますが、朝晩は驚くほど涼しいし、空を見上げても入道雲なんて何処にもせり上がっていないどころか、秋空みたいに絹層雲が爽やかに広がっています。
やっぱり夏はかっと照り返して入道雲がモクモク上がらないと西瓜の丸かぶりには向きません。


Posted on 8月 2, 2007 at 08:46 午前 | | コメント (0)

2007.08.01

070801 山行計画:江若国境縦走RR6 木地山峠~天増川口

031012_komagatake_01今週末は三週間ぶりに江若国境尾根に行く予定です。
先週は色々あって、その後また東京へ帰り、墓地の確認・申し込み、墓石の手配などやっていましたから、ようやく今週は正常に戻ったところです。
前回の朽窪峠~木地山峠も雨と風に祟られましたから、今度こそ晴れて欲しいところです。
晴男大明神様、よろしくお願いします。

今回のコースはだいぶ開けた江若丹国境尾根の中でも目立ったピークがないのと、アプローチが悪く、長いのであまり歩く人は増えていません。ただし、コースの中間にある駒ヶ岳は北側の河内川からは車で入りやすいようで、周辺は道や導標が整備されていました。しかし、コースを一歩離れると猛烈な間伐後の放置材と、藪で02年頃は苦労しましたから、今回はどうでしょう。

江若国境尾根再挑戦第6回 木地山峠~駒ヶ岳~寒風山~天増川口
日時:平成19年8月4日(土)~5日(日)
参加予定者:4名/HSMさん、NWHさん、MNBさん、きよもり
集 合:8/4 三ノ宮発5:07の始発列車の最後尾乗車
地図:25000「古屋」「饗庭野」「熊川」
 断面図(8/48/5)&予定ルート(8/48/5
行 程:
8/4

三ノ宮5:07⇒普通京都行き⇒5:34尼崎⇒5:42大阪⇒6:26京都(乗換)6:32⇒7:26安曇川7:30⇒タクシー(\8000)⇒8:10木地山
木地山(中小屋)8:30→11:00木地山峠→11:30P825(昼食12:30発)→13:30P765→14:30P696→15:30駒ヶ岳(780.1m)→17:30P744(幕営)
8/5
P744(4:00起床、6:00発)→7:00P693(横谷分岐)→9:00P628→11:00P453(小原谷越)→12:30寒風山(△559.8m、昼食13:30発)→15:00天増川口
天増川口15:06⇒JRバス\370⇒15:15若狭大森(「瓜割の湯」入浴\880)16:23⇒JRバス\960⇒16:58近江今津17:08⇒新快速⇒17:59京都⇒18:30大阪⇒18:51三ノ宮
コメント:
この案だと初日に駒ヶ岳を越えて少しでも先に足を伸ばせば、天増川口から「瓜割の湯」に寄り道して汗を流しても19時前には三ノ宮まで戻ってこられると思います。
このルートは、木地山峠までの谷筋、駒ヶ岳から先の尾根道の間伐状況によって、時間がかなり左右されると思いますので、天候と道次第です。
費 用:一人¥5000(交通費/\3330位、入浴料/\880、食費/\800)
交通費/タクシー1台\8000位(一人当たり\2000)、バス代2回\1330、入浴料/\880
食費/\3200(一人当たり\800、出来るだけ手持ちの在庫を利用します)

【 GPSルートのカシミール3Dファイル】
「070804_05_Kijiyama_AmasugawaROOT.gdb」をダウンロード
【装備表と食糧計画】
「RR06_PLAN_Soubi.xls」をダウンロード

【過去の記録】
木地山峠から天増川間を一度で歩き通したのは03/10/11~10/13の一度だけで、それも逆コースですから、余り参考になりません。
最初は02/08/31~09/01 木地山峠~駒東(P744m)をHSMさん、AOKさん、きよもりの3人、二日目にMTNさんが木地山から北谷を詰めて登ってこられて驚きました。
二回目は03/07/19~07/21 この時はきよもり単独で駒東の先の支尾根を横谷から登って、寒風山、天増川まで前年の続きを歩き、二日目は雨の中を天増川を越えて三十三間山に向かいましたが、この時も三十三間山の手前、風神の近くでMTNさんとお会いして、倉見に下りました。
三回目は03/10/11~10/13 HSMさんときよもりの二人で駒東周辺の間伐や藪を整理して縦走路を整備する目的で前述の通り天増川口から入りました。三日目は豪雨の中を駆け足で木地山峠を通って、木地山まで降りました。この時、雨に濡れた丸木橋から見事に転落してしまいましたが、幸いリュックの中の鍋が身代わりになってひしゃげ、怪我もなく済んでいます。
【参考記録】
02/08/31~09/01 江若丹第9回 木地山峠~駒ヶ岳
参加者 HSMさん、AOKさん、きよもり、+ MTNさん
8/31 晴
灘5:11⇒6:27京都6:34⇒7:27安曇川7:31⇒タクシー⇒7:55朽木役場8:00⇒バス⇒8:17木地山バス停→8:20林道終点(バンガロー)
木地山8:33→8:51二股・左→9:11左支谷9:21→9:25小屋跡(百里分岐)→左岸へ→9:37二股(左マーク有り)→9:43右へ→9:56高巻き道10:06→10:27水汲み10:39→11:00木地山峠11:25→12:00P825(昼食・迷点1)12:50→12:59景色良好→13:19迷う→13:30正しい下り→急な下り尾根→13:40気持ちよい尾根道→14:09P76514:33→14:40迷点2(740m)→14:50広い鞍部→15:00750m→道なりに左折北へ→15:08右折東へ→15:25730m15:39→左折(右下尾根道有り)→東側植林→15:53右林道→15:57コル(水無し)16:15→16:25植林のコル(幕営、18:10夕食、19:38就寝)
9/1 晴
コル(5:30起床、6:00朝食)7:14→景色の良い植林帯(防火帯)→7:37植林界(造林公社)左折755m→7:42二股・右へ(左支尾根)→歩きやすい尾根→8:02駒ヶ岳(三等△780.1m)8:38→8:45大きな導標/MTNさんと邂逅(750m)9:25→9:26谷入口→9:47P682m→9:49左折→右植林→10:00植林帯10:09→東へ振る・階段→沼の左を巻いて尾根へ→10:26小ピーク→10:40伐採跡・北側巻道→10:50藪の伐採跡→11:00藪のP744m(ミカン)11:16→11:43コル・林道見える→11:51コル・登り道→12:05広いP693m(昼食、迷点)南へ12:44→急斜面→谷間→13:26林道(ジュース)13:39→14:05水場14:14→14:30横谷→14:37横谷口
横谷口14:50⇒松波さん車⇒15:45朽木

03/07/19~07/21 江若丹第28回 駒東~天増川口・~三十三間山
参加者 きよもり(単独)
7/19 曇りのち雨
灘5:11⇒6:24京都6:36⇒湖西線\950⇒7:27安曇川8:02⇒江若バス\720⇒8:32朽木役場8:41⇒村営バス\300⇒8:57横谷
横谷9:00→9:50峠→9:57尾根取付10:20→10:35支尾根10:40→11:00570m11:08→踏み跡・境界標有り→11:20檜植林→11:40P693m(昼食)12:10→植林界→12:30迷(戻る)→12:46元のP693m→12:55670m下りの途中(右植林)→灌木の下り→広尾根の登り→13:16P641m(広い)→13:24小コル→13:30660m(広尾根)13:50→14:00左折→14:04小ピーク→14:15鹿死体→14:35P628m14:41→15:20トラバース手前15:36→16:12P562m16:18→16:28ブナ林→16:55P453m(穴のピーク)17:05→17:25小原谷越→17:42P487m(伐採)17:52→18:06左折点(520m)→18:35寒風山(△559.6m、幕営、仮眠、23:00夕食、23:15就寝)
7/20 雨
寒風山(5:00起床、5:30朝食)6:30→藪こぎ→6:44迷点→7:10P487m(何もない尾根の斜面)→7:25採石場上→左折・北へ→急な支尾根下り→7:47支尾根途中(テープ有り)8:02→8:30谷合流点8:50→9:10国道・天増川口バス停
以下は、天増川集落より県境尾根に戻り三十三間山を目指したため省略

03/10/11~10/13 江若丹第33回 天増川口~駒ヶ岳~木地山
参加者 HSMさん、きよもり
10/11 曇り
灘5:10⇒6:26京都6:39⇒7:37近江今津8:15⇒JRバス⇒8:40天増川口
天増川口9:00→9:12谷分岐(水汲み)9:20→9:30支尾根途中9:38→10:09採石場上(梨)10:27→10:53P487m→11:08展望台(500m・三十三間山見ゆ)11:20→11:26迷点1→11:32寒風山(△559.6m)→11:52右折点(昼食)12:27→12:55小原谷越手前(展望斜面)13:10→13:25小原谷越(導標)→13:45右植林(465m付近)13:55→14:06広場14:10→左・檜植林→石楠花→14:15P562m14:35→15:03広い空き地(590m)15:11→15:30P628m(迷点2)→15:44林道近接点(620m、幕営、水汲み、19:00夕食、20:00就寝)
10/12 曇り
林道近接点(5:00起床、5:45朝食)7:12→7:40P641m7:52→7:58東駒登り(灌木の藪)→8:15東駒(P693m、迷点3)8:30→8:33植林下枝刈り8:43→8:50藪刈り(間伐材整理、雨・軽食、藪刈り)12:05→12:55P744m(藪刈り)13:36→14:06快適な尾根(700m)、水探し(15分下)14:52→池(東を巻く)→15:25P682m手前15:47→16:05明神谷分岐(導標)→16:15駒ヶ岳(△780.1m)16:30→16:33木地山分岐→16:54防火帯→17:07幕営(678m)
10/13 雨
幕営地(5:50起床)6:56→7:11P696m(迷点)→7:50765m→8:41P825m→9:14木地山峠→9:22谷出合9:30→9:58飯場跡(徒渉点)→10:20滝下10:28→10:58林道11:10→11:30南谷出合→11:40木地山バス停
木地山13:05⇒村営バス⇒13:33朽木14:37⇒15:05安曇川15:42⇒16:46京都(入浴)18:01⇒18:51三ノ宮
【02/08/31~09/01の写真】
020831_0901_komagatake_01020831_0901_komagatake_02

020831_0901_komagatake_03020831_0901_komagatake_04

【断面図】
8/4 木地山~駒ヶ岳
070804_05_kijiyama_amasugawadanmen1

8/5 駒ヶ岳~天増川口
070804_05_kijiyama_amasugawadanmen2

【ルート図】
8/4 木地山~駒ヶ岳
070804_05_kijiyama_amasugawaroot1

8/5 駒ヶ岳~天増川口
070804_05_kijiyama_amasugawaroot2

Posted on 8月 1, 2007 at 03:14 午後 | | コメント (0)