« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007.05.31

070531 拝復102:優しい花!

有り難うございます。
蓮の花は蓮華と書くので、レンゲ草のイメージが強くなりますが、蓮華は聖徳寺のHPにも書かれていたとおり、仏様の生まれ変わりだそうですからこれからは大事にしょうと思います。
毎年今頃になると玄関先にひっそりと咲くこの蓮の花を見てカミさんを思い出すことが続くでしょう。
今後は時々は手入れもしてやって、毎年命日の頃には花を付けてくれるよう祈りたいと思います。

優しい花!
070531_yasasiihanaきよもり様
ふっくらとした美しい姿です。
ふと足を止めてしまいました。
お目に懸った事の無い奥様の面影を重ね合わせていました。 不思議です。
ココログのお花の写真と祭壇のお写真にこの蓮の蕾を合わせて送らせて頂きお心安らかにと祈らせて頂きます。
 O子

Posted on 5月 31, 2007 at 01:37 午後 | | コメント (0)

2007.05.30

070530 蓮華の蕾

070530 蓮華の蕾お通夜と葬儀に読経をお願いした聖徳寺はHPを開設されていて、その中に仏法を分かり易く解説したQAがあります。

そちらからの引用です。

「仏説阿弥陀経」には、「お浄土の池には、大きく美しい蓮の花が、色とりどりに咲いている」と説かれています。これは、あらゆる「いのち」がそれぞれの持ち味のまま美しく輝いているということを教えてくださっています。蓮華の花は、泥沼に咲きながら泥にそまらず、それどころか、泥沼を美しい花園に変えていきます。仏様の知恵も、私たちの醜い煩悩の泥沼を、尊い仏様の徳の花園へと変えてくださることから、蓮華を仏様の象徴とされてきました。

今朝、5時過ぎに起きて玄関先の甕に昨朝咲いた一輪の蓮の花が開く前の蕾を撮しました。
この蓮は25年も前に植えたもので、毎年葉は新しいものが出ているのに全く花を付けることが無くて、無花種なのだと諦めていましたが、10年くらい前に初めて一輪の花が咲いてびっくりしたのを覚えています。
その後また花を付けることはなかったのに、カミさんの遺骨を自宅に安置した翌朝、10年ぶりにまた花が咲きました。不思議な偶然ですが、ご遺体を見ても涙が出ることはなかったのに、この可憐な清らかな花を見ていると、ついこみ上げてきました。
南無阿弥陀仏!

Posted on 5月 30, 2007 at 06:22 午前 | | コメント (2)

2007.05.29

070529-2 蓮華

070529-2 蓮華今朝10年に一回一輪しか咲かない自宅の蓮に花が咲きました。
カミさんの送り花ですね。

Posted on 5月 29, 2007 at 01:06 午後 | | コメント (0)

070529 拝復101:いつも一緒です!

ご丁重な弔電をいただきましてありがとうございました。
昨日、無事亡妻を彼岸に送ることができました。
カミさんの心を顕すような好天の爽やかな日和に恵まれて、安らかに旅立てたと思います。

様々なことを思い出すまま、葬儀の会葬御礼で話している内につい言葉に詰まりました。
子供達には3人それぞれ忙しい仕事の帰り道に病院に寄ってカミさんを励ましたり、身体を拭いたり、歯を磨いたり、甲斐甲斐しく世話を焼いてくれて本当に感謝しています。
私自身は神戸から月2、3回しか帰れませんでしたが、できるだけ事はしてやれたのでこれも運命と諦観しております。

070528_itsumoissyodesuきよもり様
奥様は、これからはずっとご家族の皆様とご一緒です。
お子様を胸に抱き、きよもり様の日々が安らかである様、見守り続けられる事と思います。ご自身は彼岸で穏やかな時を過されて皆様への思いの中に生き続けられると信じております。
どうぞくれぐれもお体をお大切に日常を平穏にお過しくださいませ。
 O子拝

Posted on 5月 29, 2007 at 09:09 午前 | | コメント (0)

2007.05.28

070528 合掌

おはようございます。
お悔やみのお言葉有り難う御座います。ごく内輪の葬儀にするつもりでしたが、カミさんとご親交戴いた方々は勿論、会社関係でも、カミさんを見知っていただいている同僚、高校山岳部の東京在住メンバーなど、沢山の方にお参りいただき、滞り無く通夜を終えることが出来ました。
今日は葬儀ですが、天気も良さそうですから、カミさんの晴れ女の功徳かも知れません。
11年間、カミさんを独りぼっちにして申し訳なかったと、後悔しておりましたが、この4日間一時も離れずそばにいてやれましたから、少しは機嫌を直してくれるかも知れません。
発病して11ヶ月で亡くなりましたが、殆ど毎日、子供達が忙しい仕事の合間に枕元でカミさんの世話や声を掛けてくれてカミさんを励まし続けてくれました。カミさんも満足していることだと思います。
私は月2、3回しか顔を見に来れなくてカミさんには申し訳ない思いもありますが、仕事人間だと云うことはカミさんも結婚前から承知の上ですから、許してくれるでしょう。
山仲間の皆様からもAKEさんAOKさん始め女子突撃隊の皆さんからも弔電をいただきました。有り難う御座いました。
落ち着きましたら、また仕事の合間に出来るだけ山で皆さんとご一緒させて頂きたいと思いますので今後ともよろしくお願い申し上げます。
ξ森井 潔

>昨日はHSMさんと伊吹山新ルート探索に行ってきました。薮こぎありガレ場あり史跡ありで伊吹の新しい顔をみたような新鮮なルートでした。話は変わって奥様の一報に接し心からお悔やみ申し上げます。ありきたりの事しか書けませんがお許しください。
>MTN

070527_14170001gassyo


Posted on 5月 28, 2007 at 05:01 午前 | | コメント (0)

2007.05.27

070527 借り物

070527 借り物着替えを持たないで東京に帰って来たから白いワイシャツを貸す代わりに息子の真っ黒なシャツを借用しました。
息子は着るものからバッグ、靴まで黒一色で、タバコまでJPという真っ黒なパッケージで徹底しています。
それにしても親子の背格好は殆ど同じ、但し身長だけは1cm位負けてます。

Posted on 5月 27, 2007 at 10:00 午前 | | コメント (0)

2007.05.26

070526 ビデオボードって?

昨日午後から東京へ帰ってきていますが、神戸は朝から猛烈な雨でした。
これで四国の水不足は解消されてよかったのですが、摩耶山から弓削牧場へ行かれた女子突撃隊の皆さんはツェンティクロス(二十渉り)を無事渡れたのかと心配しました。
夕方、無事下山されたとメールをいただきましたから良かったです。
さすがは突撃隊!雨にも負けず初志貫徹は雨具の性能向上のお陰だけではありません。

今週からセットアップを始めた新しいパソコン
まだソフトのインストールはATOKとOffice Proだけなので何とも評価できませんが、息子が悩んでいる機器の不安定は親爺の方にはありません。
パーツの組み立てと初期動作の確認はDELLがすべて完了して送られてきていますから、当たり前ですよね。

Flexscan_s2451wディスプレイはいままで使っていたEIZOのS2210W(1680×1050)をそのまま使っています。1680×1050の画像はきれいで、DVDの映画を見るのが楽しみです。
ところが、またナナオからFlexScan S2451W * WUXGA (1920×1200)が発売されて、15K円程度なので食指を動かしています。
問題はDell Precision 390 Extreme QX6700のビデオボードの性能で、息子の買い替えたビデオボードの修理上がりで帰ってきたビデオボードを下取りして交換する予定です。
これがうまくいったらディスプレイも買い替え?
まさに、Microsoftのホームシアター戦略に嵌ってしまいそうで怖いです。

マニアックな会話で申し訳ありません(m_m)
【親子のやりとり】
たかもりの交換で送ってきたグラフィックボードはGF7950GX2-E1024HW
仕様:nVIDIA SLIマルチGPUインターフェース
コアクロック:500MHz
メモリクロック:1.2GHz
ビデオメモリ容量:GDDR3/1GB

いま親爺のDell Precision 390, クアッドコア インテルCore2 Extreme プロセッサー QX6700に入っているビデオボードもnVIDIAですが、ビデオメモリーの容量が1GBと128MBで決定的に違いますね。
NVIDIA(R) Quadro(R) FX 550 128MB DDR (PCI Express, DVI-Ix2ポート、 DB-15変換コネクタx2 付)

※1GPUにつき512MBという意味が分かりませんが、512MBとしても128MBとでは4倍差があるので、画像描画が早いと云うことでしょうか。
気になるのは、Dell Precision 390の電源の容量で
http://www1.jp.dell.com/content/products/productdetails.aspx/precn_390?c=jp&l=jp&s=bsd
で見ると、容量は375Wですから、最低500Wに換えた方がよいのでしょうか。

【最初のやりとり】
フーン
使ってみないと分かりません。
ξきよもり

>たかもりからのメール
>やっぱり同等品、なんだが、このボード(ダブルボード)のターボファンって、煩いって有名なんだよね・・・
>PC内部に防音材貼って、防音処理したほうがいいかも?
>(でも、熱籠もるから注意!)
>http://host.kuroutoshikou.com/products/gboard/gf7950gx2-e1024hwfset.html
>
>> GF7950GX2-E1024HW
>> 主な仕様: nVIDIA SLIマルチGPUインターフェース
>> コアクロック:500MHz
>> メモリクロック:1.2GHz
>> ビデオメモリ容量:GDDR3/1GB
>>  ※1GPUにつき512MB
>> メモリビット幅:512bit
>>  ※1GPUにつき256bit
>> DirectX9.0、およびOpenGLをサポート
>> Support:DVI(Dula-Link)×2、HDTV
>> 空冷ファン
>> PCI-Express X16

きよもりのPrecision 390の仕様は以下の通りです。
>>Dell Precision 390, クアッドコア インテル(R) Core(TM)2 Extreme プロセッサー QX6700 (8MB L2 キャッシュ、2.66GHz、1066MHz FSB)
>>4GB (1GBx4) デュアルチャネルDDR2-SDRAM メモリ (667MHz, ECC)
>>SATA250Gbyte No RAID (HDDx1 or HDDx2)構成
>>NVIDIA(R) Quadro(R) FX 550 128MB DDR (PCI Express, DVI-Ix2ポート、 DB-15変換コネクタx2 付)
>>3.5インチ フロッピーディスクドライブ(2モード)
>>Windows Vista Ultimate 32ビット版 正規版 (日本語版)
>>(Vista用) Sound BlasterX-FiXtreme Music(D) PCI サウンドカード
>>250GB SATA 3.0Gb/s NCQ HDD(7200回転)
>>DVD+/-RW ドライブVista対応(DVD+R2層書込み対応)

Posted on 5月 26, 2007 at 06:32 午前 | | コメント (0)

2007.05.25

070525 取り敢えず

070525_vista昨日は大阪へ出る用事があったので帰りにヨドバシでパソコン2台の自動切替器を購入しました。
プリンターの切替器とか、ディスプレイの切替器というのは、社内LANのネットワーク環境が無かった12年(Windows95)以前の昔はよくお世話になりましたが、すべての機器がネットワークに接続されるようになってからは需要が無くなりました。でも、パソコン切替器はそういったネットワーク環境だから必要なのかも知れません。
簡単に言うと、パソコンが2台あっても一人で同時に使えるのは1台ですから、ディスプレイ、キーボード、マウスを共用しようというものです。実はこの切替器は2代目で先代は昨日までは今のXP機とベアボーン機を共用するために2年前に買いましたが、今回はVistaではキーボードもマウスも従来のPS/2からUSBに変わったためにやむを得ず買い替えたわけで、それだけでは面白くないので、同時にスピーカー出力も共用できる機器にしましたから、今はiTuneで竹内まりやの「Denim」をXPで聞きながら、Vistaのセットアップをするなんて、芸当も出来ます。
何はともあれ、Vistaの方は、一昨夜というか昨日早朝に転送ツールでXPの100Gbyteあまりのファイルを新しいVistaにコピーを始めて、昨夜帰ったら一つだけ転送できないファイル(おそらく、TVキャプチャーで落とした映画)があって止まっていましたが、スキップして継続し、今朝1:30に起きたら転送完了していました。
転送されたのは基本的にはデスクトップとか、IEのお気に入り、データなどだけで、Officeやnotesを始め、カシミール3DやHomeDPEなど、それぞれのプログラムはこれから一つずつ動作検証ですから気の遠くなる作業です。
いちいちプログラムを再インストールしてては大変ですから、2台の機械を共用に設定してやりとりを効率化したいと思います。
それにしても10日ほど前からサイドバーに表示し始めた早起き生活の折れ線グラフは間違いではなく、最近は呑んだら10分もしないうちに寝てしまいますから、起きる時間がだんだん早くなって?、昨日は2:30、今朝は1:30でした。おじゃま虫さんならまだ仕事をされている時間ですね。

070525 取り敢えず070525 取り敢えず

Mariyatakeuchi_denim_1


Posted on 5月 25, 2007 at 03:55 午前 | | コメント (0)

2007.05.24

070524 転送

070524_tenso昨夜もミント阪神のKYKで買って帰ったヒレカツでビールを飲んで22時には気絶
起きたら2:30!
気になる新しいパソコンの設定を始めました。
最近殆ど使っていないベアボーン機から電源とディスプレイ、キーボード、マウスのコネクターを新しいパソコンに差し替えて、LAN、スピーカーを繋いだら準備完了。
電源を入れると何事もなく初画面が表示されて、トントンと進行
日経PCからの事前知識で読んでいた転送ツールが表示されました。
転送ツールはVISTAには最初から含まれているけどXPには勿論ありませんから、VISTAからUSBメモリーにコピーしてXPに落とします。
転送ツールは良くできていて、XPのディスクトップやマイドキュメントは勿論、写真や地図など他のフォルダーもまとめてVISTAに転送してくれます。
でも100Gbyte以上あるからかなり時間がかかりそうです。30分経ったけどまだ10%も終わっていませんから、今朝はどちらのパソコンも使えません。当たり前か!!
いま5:55、AC MILANが優勝してカップを受け取っています。

070524 転送
070524_dell

Posted on 5月 24, 2007 at 05:56 午前 | | コメント (0)

2007.05.23

070523-2 楽しくなければ勉強じゃない!

今日の/.(スラッシュ・ドット)の記事に「ニンテンドーDSを用いた授業でめざましい効果」というのがありました。
学校でも、会社でも楽しくやるに越したことはないですね。楽しくなければ仕事じゃない!というのはショム2の江角さんの専売特許ではありません。
DS Liteはまだ品不足気味ですが、アキバのヨドバシでも昨年末よりだいぶ行列が短くなりましたから、今は買い時かも知れません。きよもりは3回も行列に並びました。

【/.の記事】
ニンテンドーDSを用いた授業でめざましい効果
MSN毎日インタラクティブの記事によると、ニンテンドーDSの英単語学習ソフトを学校の授業で用いたところ、「めざましい効果があった」(実験者)とのこと。
中学英単語ターゲット1800DS」を用いた実験を行ったのは京都府八幡市の中学校。授業の冒頭10分、ゲームによる英単語学習を行ったところ、5ヶ月で平均語彙数が35~40%も増加したそうだ。またアンケートに回答した生徒の9割以上が「楽しかった」と回答したという。
どのようにすれば学習意欲を高められるか、というのが昨今の大きな問題だが、ゲームがその解法となるか。

【MSNニュースの記事】
Msnnews_logoニンテンドーDS:授業に導入 英単語「めざましい効果」

 ◇4中学に600台

 京都府八幡市教委職員が提案した人気携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」用の英単語学習ソフトを中学3年の授業で使ったところ、わずか5カ月で語彙(ごい)が平均4割アップしたことが、同市教委などの実証実験で分かった。実験に協力した池田真・上智大准教授(英文学科)は「全国の中学生の3割程度しかいない英検3級に匹敵する学力が付いた計算で、めざましい効果があった」と分析。市教委は21日から、全市立中学4校の2年生の授業にゲーム機を本格導入した。

 市教委によると、このソフトは職員が3年前に東京のメーカー「IEインスティテュート」に開発を提案した「中学英単語ターゲット1800DS」。効果を調べるため、昨年9月から市立男山東中3年の49人をグループ分けし、授業冒頭の約10分、ゲーム機の英単語学習を取り入れた。

 生徒の語彙数は、1~2組(計24人)の1人当たり平均語彙数が1025から1386(35・2%増)に、3~4組(計25人)が1013から1436(41・8%増)に増加。英検3級のレベルに達した。

 アンケートに回答した生徒(42人)の9割以上が「楽しかった」「効果があった」と答え、7割以上が「正しい発音が身につく」と答えた。市教委は、国の支援を受けてゲーム機600台を購入、2年生の英単語学習に導入した。【玉置勝巳】

Posted on 5月 23, 2007 at 10:10 午前 | | コメント (0)

070523 DELL開梱

昨夜は22時に帰ってきてから青椒肉絲(チンジャオロース)を作って缶ビールで夕食
6/2、3の計画を入力しながら、例によって直ぐに気絶してしまいました。
18日に着いて、梱包のまま玄関を占領していたDELL Precision 390(Intel Core2Extreme&WindowsVista)ですが、そのまま置いておくわけにもいかないので、今朝ようやく開梱しました。
いったん現行機の横に置きましたが、これじゃー椅子を置く場所がない。
やむを得ず、現行機の上に積み上げることにします。
さてデータやソフトの引越にどれくらい時間がかかることやら・・・

070522_22140001070523_07000001

070523_06570001070523_07160001

Posted on 5月 23, 2007 at 07:34 午前 | | コメント (0)

2007.05.22

070522 山行計画:070602~03 若丹国境RR縦走第3回/オバタケダン~八ヶ峰

021012_jyakutannitibotu_01山行計画
江若丹国境尾根RR縦走・第3回/横尾峠から五波峠まで
日 程: 平成19年6月2日(土)~3日(日)
行き先: 横尾峠~堀越峠~オバタケダン~八ヶ峰~五波峠
参加予定者:8名(HSM、MTN、AKE、AOK、YMU、NWH、KRK、きよもり)
集 合: 6/2(土) 7:00 JR京都駅北側(烏丸口)中央郵便局前
地 図: 25000縮尺図「口坂本」、「久坂」
      断面図 横尾峠~オバタケダンオバタケダン~五波峠
      ルート図 横尾峠~オバタケダンオバタケダン~五波峠
行程:約18.6km
 6/2 約7.3km 歩行 5時間50分
 JR京都(7:00頃) ⇒(MTN・AOK車)162号線・周山街道⇒安掛(8:30頃)⇒五波峠(9:00頃・AOK号デポ)⇒九鬼ヶ坂⇒鶴ヶ岡⇒山森(9:30頃)
 山森(10:00発)→90分→横尾峠(昼食)→60分→P674m→60分→西谷△675.2m→60分→ムシュウ越→40分→堀越峠(17:00頃・水補給)→40分→棚野坂(18:00頃・幕営)
 6/3 約11.3km 歩行 6時間30分 
 棚野坂(7:00発)→70分→オバタケダン△729.0m→60分→鉄塔→60分→P721m→40分→迷点4・右折点(12:00頃・昼食)→60分→P772m→50分→知井坂→20分→八ヶ峰△800.1m(15:30頃)→70分→五波峠(16:50頃)
 五波峠(17:00頃)⇒(AOK号)⇒山森(MTN号回収)⇒自然休暇村・河鹿荘(入浴・19:00頃)⇒周山街道⇒京都(21:00頃・解散)

  
050409_horikositouge_016/2、3は第1回:3/17、18 吉坂峠~三国岳~永谷坂 第2回:4/28~30 永谷坂~尼来峠~頭巾山~横尾峠 に続く第3回の若丹国境尾根のReRunです。
第3回は前回の続きで横尾峠~堀越峠~オバタケダン~八ヶ峰~五波峠 を予定しています。
昨夜、カシミール3Dでルートを書いてみましたが、約18kmのロングコースで画像が1枚では入りきらないのでルート図も断面図もオバタケダンを挟んで2枚ずつになってしまいました。
今のところ同行していただける方は、HSMさん、MTNさん、AKEさん、YMUさん、NWHさん、KRKさん、きよもりの7名が確定ですが、AOKさんが同行していただければMTNさんの車と2台で効率よく行けそうですが、もし行けなければ、レンタカーにしてKRKさんに運転をお願いしようかと思っています。
登山口は美山町・鶴ヶ岡の奥、下山は五波峠なので車を利用せざるを得ません。
行程を作り始めましたが、過去の記録では通しで歩いたものがありません。いくつかの記録を抜き出して集計すると、山森~横尾峠 2:00、横尾峠~堀越峠 4:00、堀越峠~知井坂 5:30、知井坂~五波峠 1:30
休憩時間無しの正味の歩行時間で13時間かかっています。
初日に堀越峠を越えて、オバタケダンまで行ければ二日目はアップダウンが少ないので比較的楽でしょうから、初日は飲み水だけ持って、堀越峠で水を補給し、オバタケダンまで足を伸ばそうと思います。

【断面図】
 横尾峠~オバタケダン
070602_03_yokootouge_obatakedandanmen
 オバタケダン~五波峠
070602_03_obatakedan_hatigaminedanmen
【ルート図】
 横尾峠~オバタケダン
070602_03_yokootouge_obatakedanroot
オバタケダン~五波峠
070602_03_obatakedan_obatakedanroot

Posted on 5月 22, 2007 at 07:26 午前 | | コメント (3)

2007.05.21

070521 山かけ鉄火丼

070521 山かけ鉄火丼070521 山かけ鉄火丼今日は昨日の反動で、あっさりと鉄火丼が晩御飯です。
昨夜は三日月と宵の明星の快晴でしたが今夜は少し雲が出て金星は見えず残念です。

Posted on 5月 21, 2007 at 08:29 午後 | | コメント (0)

2007.05.20

070520 山行記録:例会96 六甲山上池巡り&焼き肉

070520_garupenike今日は昨日同様ひんやりした涼しい日でしたが、幸い終日曇り空ながら、絶好の山日和でした。
昨年12月から足掛け三度も皆さんにご協力いただいて、六甲山上の池39ヶ所を探索しましたが、その中から16個の池をピックアップして、例会のコースを決めました。
ケーブル山上駅から三国池までほとんど高低差のない平坦なコースですから、歩くだけでは物足りないので、恒例の焼き肉例会を兼ねて総勢21名もの参加をいただき、大いに食べ呑み語り楽しんでいただけたようでよかったです。
肉の買い出しや、野菜やキムチを用意していただいた女子突撃隊の皆様有り難う御座いました。
取りあえず、GPSのトラック断面図を掲載しておきます。

タイムテーブルなどはNWHさんのHP・外食山行をご覧下さい。


070520t_rokkosanjyoikemeguridanmen

070520t_rokkosanjyoikemeguritrack

Posted on 5月 20, 2007 at 11:45 午後 | | コメント (0)

2007.05.19

070519-2 お疲れ様

070519_iwakomoritanitosyou070519_iwakomoriyama追記:
 昨夜は車内バーで盛り上がり、飲み過ぎてしまったようです。
 帰って、今日も着る洗い物を洗濯機に放り込んで洗っているうちに気絶してしまいました。
 今から干しながら、今日の食材のキャベツを切ります。
 ところで、NWHさんが両手で持っている黄色いものは何かご存じですか?
 「さんちか」(三ノ宮地下ショップ)の「SJ KOBE」という輸入食品専門店でしか売っていません。

 昨日の岩籠山下見は天気に恵まれず、景色を楽しめなくて残念でしたが、コースは変化があって面白かったので、例会本番(6/17)では、皆さんに満足していただけるでしょう。
 タイムテーブルはNWHさんの「外食山行」をご覧下さい。
 きよもりの方は取りあえず断面図ルート図のトラックを掲載しておきます。約12Km、5時間40分の行程でした。

元文:
070519-2 お疲れ様070519-2 お疲れ様予定より1時間半も早い15:30に山集落に降りてきました。タクシーでリラポートに寄り道。
岩籠山山頂には予定通り13時に着きましたが、生憎の天候でインディアン平原に回るのを割愛したのと山への下り尾根が良い道で一気に降りきりました。
例会では晴れると良いですね。
谷沿いの登り道、インディアン平原、樹林の尾根下りと変化があって面白いコースです。

例によって車内バーの開店です。

070520_05370001

5/19岩籠山下見の断面図
070519t_iwagomoriyamadanmen

5/19岩籠山下見のルート図(GPSのトラック)
070519t_iwagomoriyamatrack


Posted on 5月 19, 2007 at 06:15 午後 | | コメント (0)

070519 gaman我慢?

070519_05080001昨夜遅くに5月の連休に息子と一緒に秋葉で発注した新しいパソコンが配達されてきました。
これを開くとどうしても電源を入れたくなりますから、グッと我慢してそのまま玄関においてあります。
開梱してしまったら、徹夜になって今日の下見で歩けないと困るもんね!
今週は水、木、金と会議が5つも続いて、その資料作りや発表の予習で結構バタバタしましたが、取りあえず一区切り付きましたから、今日明日は目一杯山に没頭したいと思います。

Posted on 5月 19, 2007 at 05:46 午前 | | コメント (0)

2007.05.18

070518 宵の明星

070517_kinsei_02070517_kinsei_01070517_seizaおじゃま虫さんに触発されたわけではありませんが、今日は星の写真を撮ってみました。
一眼レフなら解放にして天文シミュレーションも可能でしょうが、普通のデジカメではせいぜい三脚を使うくらいしかできません。
それでも、惑星は結構大きく撮れますので、新月のため明るさが増した宵の明星です。
三脚を使ってもデジカメにはレリーズなんてものは無いので、セルフタイマーの連写モードです。
あいにく少し雲がかかって明るさは半減していますが、10倍でも金星は識別できます。
デジタルズームで撮ると画面は粗くなりますが、形がはっきり判りますから、機会があったら土星の輪などにも挑戦してみます。
小学生の頃までは将来プラネタリウムの技師になりたいと思ったほど星が好きで、当時四つ橋にあったプラネタリウムに親爺と一緒によく通ったものです。小学生ですから当然本格的な望遠鏡などは買ってもらえませんでしたが、100倍くらいの手持ちの望遠鏡で月の表面のクレーターなどを見て感激していました。

そんな夢見る気持ちが薄れたのは、空気が汚れ、町が夜も明るくなって星を見る環境ではなくなったせいでしょうね。今は半世紀も前の純朴な気持ちに戻れるのは、山の上で快晴に恵まれて月が出ていないときに満天の星に囲まれた時だけです。

Posted on 5月 18, 2007 at 12:01 午前 | | コメント (0)

2007.05.17

070517-2 バターチキンシチュー?

070517-2 バターチキンシチュー?昨夜遅くから作り始めたバターチキンカレーですが、今朝電気鍋からジップロックケースに移して冷凍室に放り込んで出掛けました。
今夜は試食

うーん!
旨いけどパンチが全然効いてないな〜
カシューナッツペーストと生クリーム、ヨーグルトが入っている、というよりこれら以外には鶏肉とトマトと香辛料5種類(ニンニク、ショウガ、ガラムマサラ、ターメリック、パブリカ)しか入ってないから、どうしても味はまろやかになります。
こってりして濃厚なクリームシチューを食べている感じでした。
明日は、赤唐辛子をかけて、少し牛乳か、スープでのばして食べてみます。

Posted on 5月 17, 2007 at 10:27 午後 | | コメント (0)

070517 バターチキンカレー

070517_delhi_butterchickenデリーのバターチキン って知ってますか?
http://online.delhi.co.jp/dish02.html
カレーとしては破格?の¥940(250g)です。
これを初めて山の上で食べたのは、大御影山の上だったかな?


2年も前から、湯島のデリーが通販でカレーを売り始めて、直ぐ飛びつきました。
デリーは結婚して東京に住み始めた頃から上野に行くたびにカミさんとよく食べに行きました。
当時はいつも一番辛~いカシミール専門。
カミさんと汗をかきながらやせ我慢しながら食べたっけ!

イカリや成城石井にもレトルトで箱に入った商品が並んでいるのでご存じの方も多いでしょう。
でもお店では売っていないバターチキンはダントツのうまさです。昨年秋に秋葉から湯島へ寄ったときにお店でカシミールを食べている間に持ち帰りでバターチキンを作ってもらって、夜子供達と食べましたが、やっぱり美味しいです。

今回は、デリーのHPでレシピを拝見して、自分で作ってみようと思い立ちました。
忙しいのにナニヤッテンダカ!

鶏肉を一口大に切って、塩とニンニク、ショウガ、ガラムマサラ、ターメリック、パブリカを入れてよくもみ込む
フ~ン・・・
ヤスダヨーグルトを250CC入れてよく混ぜたら1時間以上置く、だって・・・
あら!、
待ってたら寝ている暇がないから先に寝ます。
明日朝起きれたら続きをやります。

と、思ったけど明日朝起きれんかったら困るからもうちょっと・・・
カシューナッツを茹でてからつぶして、ペーストを作らなあかんし、完熟トマトをバターで炒めないかんし・・・
コリャ大変や~(^。^;)

缶詰のホールトマトをバターで炒めながらすり潰して、、ナッツペーストを溶かし込み、鶏肉を煮込んで・・・
なかなか手間のかかる料理ですね。
最後に生クリームで味を調える、と書いてるけど・・・ちょっとしょっぱいかな?
おつまみのカシューナッツだから塩がききすぎてるかも知れないです。

まあ、朝まで電気鍋のLOWでゆっくり煮込んだらそれなりの味になる、と期待して、お休みなさい!

070516_23560001070516_23560002070517_00030001

070517_00440001070517_00510001070517_01480001

070517_02270001


Posted on 5月 17, 2007 at 01:35 午前 | | コメント (2)

2007.05.16

070516 cocologのカスタマイズ

070516_tenplateココログでは前月以前のカレンダー表示が出来ないので不便です。
昨日、リッチテンプレートという既製の画面デザインを利用すると前月以前のカレンダーを表示したり、自分のHP内のキーワード検索が出来るブログパーツ
http://java.cocolog-nifty.com/blog/2005/10/javascript_c163.html
を発見して、早速試してみました。

確かにカレンダーの移動も、自分のHP内でたとえば「オバタケダン」などと入れて検索すると「オバタケダン」が含まれる頁が一覧表示されて、すごく便利です。

でも、このブログパーツを設置すると、画面のカスタマイズが一切出来ません。
一番困るのは、画面の表示幅が極端に狭くなり、文字もすごく小さくなること。
文字色も薄くて気に入らないし、結局元に戻しました。

でも、折角便利な機能なので、せめてgoogleで自分のHP内のキーワード検索だけでも実現したいと試行錯誤中です。

Googleサイドバーにあるgoogleの横の入力ボックスに漢字やカナでキーワードを入れ、グレーのボタンを押すと、山行記録のHPの中から該当する頁を表示してくれるはずですが、何故か文字化けします。
幸い、きよもりのHPを検索する画面になりますので、そこでもう一度キーワードを入れたら、ずらずらとキーワードを含む頁が羅列されます。
まあ、二重手間ですが、目的は達せられますから60点のできというところですね。

Posted on 5月 16, 2007 at 01:10 午前 | | コメント (0)

2007.05.15

070515-2 燕岳

070515_tubakuro3tai2山仲間のKMRさんは先週末、雪上訓練で燕山荘へ登られたそうです。
先月、穂高で滑落事故を目撃?されて、雪上技術の必要性を認識されたようで、立派な心がけで感服いたしました。
燕岳の燕山荘は北アルプス屈指の立派な山小屋で、食事も待遇もすばらしいです。
きよもりの場合、学生時代はテント担ぎの貧乏山行でしたから、山小屋に泊まった経験もほとんどありませんが、大学2年の夏、滝谷本谷遡行で日がとっぷり暮れて、ふらふらぺこぺこの状態でようやくたどり着いた北穂小屋で、足と頭を互い違いにして皆さんの寝ておられる隙間に潜り込んだ想い出が強烈ですから、燕山荘のように生ビールやドリップ珈琲を出してもらえるようなヨーロッパアルプス並のムードを漂わせる山小屋には感激しました。
燕山荘の先代のご主人は山仲間のAOKさんのお父様の戦友とかで、その関係もあって、02年6月、04年5月、05年4月末と連続して泊めていただきました。
KMRさんから送っていただいた写真と02年6月に小屋の2階からのスケッチを並べてみました。今年も雪は少ないようですね。

Posted on 5月 15, 2007 at 06:13 午前 | | コメント (0)

070515 またすれ違いの頭巾山

030101_toukinsan01昨日、「小浜山の会」のKMTさんに尼来峠の様子を書いてメールさせていただいたら、早速お返事をいただきました。4/30にはKMTさん達も頭巾山へ登ってこられたのですね。
そういえば、03/1/1にも頭巾山の初日の出を拝みに行ったとき、同会のIWSさんとすれ違いになったことがあり、同じ山域で同じ時に登っていてもなかなかぴったり遭遇というわけにはいかないようです。
そう考えるときよもりとおじゃま虫さんとは3度も山の上でばったり逢っていますから、おじゃま虫さんには完全に行動を読まれているのでしょうね。

【きよもりの返信】
早速のお返事有り難う御座います。
4/30は前日丸山の山頂あたりで幕営するつもりが、ルートがはっきりしていて、笹藪も全くなくなっていたこともあって、頭巾山まで足を伸ばせたため、朝のうちに横尾峠まで空身で往復して、次回のつなぎを効率よくしました。
頭巾山に戻って、行谷へ下り始めたのが4/30 10:32ですから皆さんが野鹿谷の方から登ってこられたのはその後でしょうね。分岐からジャジャ滝へ下り始めた頃に山頂の方で話し声が聞こえたような気がしましたから、ひょっとしたら?

6/2、3は山森から横尾峠の旧道の尾根を登って、横尾峠から堀越峠を越えて八ヶ峰まで行く予定にしています。
そういえば、たぬきさんのHPきばけいしばけさんのHPに05/10/29にオバタケダンと棚野坂の六地蔵様の記録と共に貴会や虎テープのことも書いておられて西畑からタケガタンを越えてオバタケダンに藪こぎした当時を懐かしく思い出しました。

きよもり 【山仲間】
E-mail : KGH03517@nifty.com
  URL : http://morii3.cocolog-nifty.com/
_/_/_/_/_/_/_/_/ 07.05.15 4:55 _/_/_/_/_/_/_/_/

【「小浜山の会」KMTさんからの返信】
きよもり様

本当に、ご無沙汰しております。
昨年は、あまり山へも行けませんでしたが、今年は、ボツボツと山に入っております。ただ残念ながら、県境稜線は、しばらく、ご無沙汰です。

相変わらずの、精力的な山行、恐れ入ります。山歩仲間の方のご努力で、福井と京都、滋賀の県境稜線も、何とか歩き通せる状況になりました。地元の山の会としては、情けないことですが、充分な足跡が残せていないのが現状です。

今回も、貴重な情報、ありがとうございました。尼来峠付近に伐採が入っていることは知っていましたが、今回お送り頂いた写真で、状況がよくわかりました。今回頂いた情報を、HPの最新情報に追加させていただきます。

今後も、続いて県境稜線に入られるようですね。一度、どこかでお会いできることを楽しみにしております。なお、4月30日は、我々も石楠花を見に、頭巾山に登りました。きよもりさんのHPで、当日は、頭巾山がお昼ごろの予定だったので、お会いできるかと思っていましたが、スケジュールが早まったようで、我々が頂上に着いた頃には、もう下山された後のようで、残念でした。

今後ともよろしくお願いします。
              
            小浜山の会事務局 KMT

Posted on 5月 15, 2007 at 05:44 午前 | | コメント (0)

2007.05.14

070514 若丹国境再訪

070429_amagitouge02江若丹国境尾根は総延長140kmのロングコースですから、神戸からのアプローチには山仲間のMTNさんやAOKさんの車に便乗させていただくか、山陰線、湖西線を使って、さらにバスかタクシーで麓まで入り込むことになります。
3月から3年半ぶりに西の三国岳をスタートに東上し始めたのは山仲間の皆さん、特に昨年辺りから参加されているKRKさんやMNBさんにもこの山域の素晴らしさを体感していただきたかったこともありますが、気心の知れた山仲間と寝食を共にして旨い酒を飲みながらのんびりともう一度歩きたかったのが本音です。
初めて五波峠から歩き出したのは2002年5/11、12 UOさんと二人で五波峠からのP682までの迷歩、ですから丸5年も経ったのですね。
久しぶりに訪れた尼来峠の様子を参考までに地元の「小浜山の会」KMTさんへお知らせしたメールを転載させていただきます。

【「小浜山の会」KMTさんへのメール】
長らくご無沙汰して申し訳ありません。
雪も消えて土筆が出始めた頃から、新しいメンバーも増えた関係で若狭・三国岳から若丹国境に再訪し始めました。
新人(?)2人を中心に国境尾根の素晴らしさを紹介する目的もあって4、5年ぶりに三国岳、尼公坂、尼来峠、頭巾山まで足を進めましたが、何度歩いても常に暖かく我々を迎えてくれる若丹の山や峠に、初めて足を踏み入れた2人もすっかり病み付きになり、してやったりの成果がありました。

070429_amagitougebassai永谷坂や坪坂峠で貴会が設置していただいた導標を見つけて懐かしく思い出しました。
尼公坂から頭巾山までの尾根道は途中から尼来峠の東面が全面的に伐採されて様変わりしていて驚きましたが、すっかり刈り払われて尼来峠のお地蔵様も眩しそうでした。
工事とは関係はないのでしょうが、あれほど茂っていた笹がすっかり枯れて歩きやすく踏み跡も判りやすくなっていて隔世の感がありましたが、丸山(P761)の急斜面が踏み跡も明確になり、刈り払い機で根曲がり竹の藪刈りをした頭巾北陵のルートも根曲がり竹がすっかり枯れて綺麗なハイキングコースになっていたのには驚きました。
5年前の苦労が嘘のようで、うれしいような少し残念なような複雑な感激でしたが、これでたくさんの登山客が気軽に足を向けて若丹国境の素晴らしさに触れていただけるなら苦労の甲斐もあったと思いました。
コースで以前と変化があったのは以下の数点です。
1.尼来峠周辺:峠の北・P581から丸山(P761)の東面はほとんど伐採が完了して殺風景な谷間が見渡せるようになっていました。残材もほぼ片付けられているようですから、尼来谷からのアプローチルートは以前より判りやすくなっています。
  ただし、峠から谷間までの旧峠道も完全に伐採されてかえって判りにくくなっているかも知れません。
2.頭巾山北陵:尼来峠から頭巾山までの藪は笹や根曲がり竹が完全に枯れ切っていて、非常に歩きやすくなっています。尼来峠から頭巾山頂までの所要時間は3時間30分程度に短縮しています。
3.行谷林道:頭巾山南面の行谷の裏八反の滝から20分ほど下流に鎖のゲートが設置され一般の車はこの上流には入れなくなっています。頭巾山直下のジャジャ滝から下りで1時間かかりましたから、登りだと1時間30分はかかると思います。

追記:
 今後の予定は
 第3回 6/2、3 横尾峠~堀越峠~八ヶ峰~五波峠
 第4回 6/30、7/1 五波峠~杉尾坂~三国峠~朽窪峠
 第5回 7/14~16 朽窪峠~百里ヶ岳~木地山峠
 第6回 8/4、5 木地山峠~駒ヶ岳~天増川口
 第7回 8/11~14 天増川口~三十三間山~大御影山~粟柄河内谷乗越~大谷山~栗柄越
 第8回 9/8、9 粟柄越~三国山~野坂岳(完了)
 踏査済み
 第1回 3/17、18 吉坂峠~三国岳~永谷坂
 第2回 4/28~30 永谷坂~尼公坂~尼来峠~頭巾山~横尾峠

きよもり 【山仲間】
E-mail : KGH03517@nifty.com
URL : http://morii3.cocolog-nifty.com/
  /_/_/_/_/_/_/_/ 07.05.14 6:49 _/_/_/_/_/_/_/_/
【行谷林道の位置関係】
Photo_38
【尼来峠周辺の写真】
070429_amagitouge01070429_amagitouge03070429_amagitouge04

Posted on 5月 14, 2007 at 07:32 午前 | | コメント (0)

2007.05.13

070513-3 神田祭り

070513-3 神田祭り東京に夏を呼び込む祭りの季節になりました。
今週から神田明神浅草三社鳥越と下町の祭りが続きます。
神田明神の神輿がアキバの駅を練り歩いていました。
ξきよもり

Posted on 5月 13, 2007 at 03:03 午後 | | コメント (2)

070513 山行計画:6/16第3案 鏡峠~三尾山~黒頭峰~瓶割峠

おじゃま虫さんのHPでNKJさんのアドバイスをいただいたので、さらにコースを延ばして三尾山の東・鏡峠からの分水嶺尾根を三尾山~黒頭峰~瓶割峠まで縦走して最後に国領温泉・助七で汗を流す計画を組んでみました。
行程としては約11kmのロングコースになりますが、時間切れの場合は温泉をあきらめることにします。
たぬきさんの山歩きのHPでは地元の強みでこのコースを断続的に何度も歩いておられます。写真の借用とコースタイムなど参考にさせていただきました。ありがとうございます。
070616_mituosan070616_kt_1

以下は再度の焼き直しです。

ひと月先の話で恐縮ですが、7月(7/22)の例会として、6/16(土)に舞鶴道の丹波第一トンネルが下を抜けている岩峰・三尾山(586m)へ行く予定です。
この山は若丹からの帰路、AOKさんの車で神戸に向かう途中、篠山へ出る手前に高速道路脇にそびえていて、以前から一度行ってみたいと思っていました。
まず、山名からヤマケイの分県登山ガイド「兵庫県」で三尾山を探して、コースを決め、カシミール3Dでルートを書いてみました。
次に神姫バスで福知山線の「黒井駅」から野瀬行きのバス時刻を調べました。
あら!
バスは一日五便しかない、しかも始発は黒井駅11:43!
国領からの戻りのバスの最終は18:02ですから6時間あれば登ってこれますが、歩き始めて直ぐに昼ご飯というのも威勢が上がりません。
ということで、行きは黒井駅から東中山までタクシー(¥3000位)に乗ることにし、帰りは国領温泉で汗を流して帰ることにしたいと思います。例会は人数によりますが、15名程度ならタクシー4台くらい予約しておこうと思います。
下見計画
行き先:丹波/鏡峠~三尾山(ミツオサン)~黒頭峰(クロズホウ)~瓶割峠
日時:平成19年6月16日(土) 例会本番は7月22日(日)の予定
地図:25000縮尺図「宮田」「柏原」 分県登山ガイド「兵庫県・24」参照
   断面図 ルート図
行程:約11km 正味歩行時間6時間20分
 大阪 7:13⇒福知山線・普通(\1620)⇒9:11黒井9:20⇒氷上交通タクシー(\3000位)⇒9:40東中山
 東中山(9:50頃)→10分→中山新池→60分→鏡峠→30分→P533→20分→覗岩(12:00頃・昼食/12:40出発)→10分→佐仲峠分岐→10分→三尾山本峰(586m)→20分→東峰(530m)→20分→三尾山本峰(586m)→10分→佐仲峠分岐→10分→佐仲峠(14:00頃)→60分→黒頭峰(15:00頃、620.6m・二等△)→30分→奥坪山(554m)→30分→瓶割峠→40分→国領温泉(16:50頃・入浴/17:40発)→20分→国領バス停(18:00頃)
国領バス停18:02⇒神姫バス(\240)⇒18:12黒井18:14⇒福知山線⇒18:50篠山口(乗換)18:58⇒福知山線・快速⇒20:05大阪(解散)
温泉:国領温泉 助七(0795-75-0010) http://www.kisnet.ne.jp/~sukeshic/spa/

タクシー:氷上交通 0795-82-6644

【三尾山/鏡峠~瓶割峠断面図】
070616_mituosan3danmen
【三尾山/鏡峠~瓶割峠ルート図】
Mit070616_mituosan3root
【GPSデータ】
「070616_MituoSanPLAN3.gdb」をダウンロード


Posted on 5月 13, 2007 at 09:59 午前 | | コメント (0)

070513 東京の休日

070512_14560001昨日はいつもより遅く昼前に東京に着いて、午後からみんなで「駒形どぜう」の二階座敷でどぜう鍋、柳川、蒲焼きと鯨のお化けで下町の味を堪能しました。浅草には「並木・藪そば」、「浅草・麦とろ」、「前川・うなぎ」、「駒形・どぜう」と半径200mの範囲に下町らしい老舗の旨い店が集中していますが、おそらく駒形どぜうはもっとも江戸らしい情緒が今も残るお店でしょう。
どぜう鍋は下茹でした泥鰌を浅い鉄鍋に並べ上から乱切りしたネギと山椒をぶっかけて七輪で煮詰めながら食べます。子供達がまだ小さい頃には何度か行きましたが、本当に久しぶりに下町の味を堪能できました。

070512_21500001食後、三社祭間近で賑わう雷門仲見世を抜けて公会堂に回り込んで「アンヂェラス」でコーヒーとアンヂェラスというチョコケーキを食べてからみんなと別れ、一人で昨日紹介した銀座・「谷澤」へ向かいました。
「谷澤」では今使っているダレスバッグのオーバーホールができないか聞きました。6年も使い込んでいますから、角の皮摩滅、金具や鍵の交換など修理してもらえそうなので、次回持ってくることにしてその間使うために少し小振りのバッグを買いました。今度のは色違いのブラウンですが、今持っているノートパソコンの寸法にぴったりですからこれで安心して修理をお願いできます。

Posted on 5月 13, 2007 at 12:37 午前 | | コメント (0)

2007.05.12

070512 鞄復活

070512_kaban女性と違って男の場合は通勤や、出張にいろいろなバッグやセカンドバッグを使い分けることはせず、普段から持ち歩くバッグはかなり長く同じものを使っているのではないでしょうか。
普通のビジネスマンなら手帳や筆記具を入れるポーチ程度が多いのでしょうが、きよもりの場合は鞄に何でも詰め込んで持ち歩く習慣になって、どうしても大きなバッグになります。
東京にいた頃はA4サイズが縦に入るショルダーバッグで通っていましたが、神戸に来てから仕事が替わったときに今の大きめのバッグに買い換えました。
このバッグはA4より二回りくらい大きなパソコンでもゆっくり入りますから、仕事でパソコンを持ち出す場合にも使っています。普段は通勤中に読む本、弁当?傘、ペットボトルなど、出張の時にはそれにパソコンやA4ファイルなど年間通して持ち歩いています。
これってダレスバッグというらしいですね。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9E%84
ダレスバッグ(ドクターズバッグ)
マチ幅の広い口金式のブリーフケースをいう。米国のダレス特使が愛用していたことからこの名がつくが、米国では携行品の多い医師が多く使用することからドクターズバッグといわれる。素材は硬くて厚い牛革が用いられることが多い。かつては堅牢かつ容量自在なブリーフケースとして普及していたが、ナイロン製の軽量鞄に普及に押され気味である。Mr.ビーンも使用する。

6年も使っているのにほとんど型くずれしませんが、普段でも4、5kg、出張時には8kgもの重さのものをショルダーベルトで肩にかけて持ち歩くためその間にベルトの金具が摩擦ですり減って2回交換しました。
今回はがま口の支点のビスが折れてしまったので、昨日ハンズでこれと思う金具を買ってきて自分で修理しました。そろそろ寿命と思っていますが、馬油(ばーゆ)で磨いてやると艶も戻ってまだまだ使えそうです。
ご苦労様!⇒鞄さん

この鞄もこの前の縦型鞄も銀座一丁目の「谷澤」で買いました。
鞄という漢字は「谷澤」の初代店主が明治時代に初めてこの文字をあてたとありますから由緒あるお店だったんですね。

Posted on 5月 12, 2007 at 06:35 午前 | | コメント (0)

2007.05.11

070511-2 携帯の充電完了アラーム

インプレスの携帯ウオッチに「ノキア、省エネを推進する充電完了アラート機能」という記事が出ていました。
これって、auのG’z Oneでは最初から付いている機能ではないのでしょうか?
以前のサンヨーの携帯では確かに充電完了の確認はできなかったのですが、カシオのこの携帯では、充電が完了すると短いアラームが鳴って、画面の電池マークにもFULLという文字が出ます。
過充電はメモリー効果の点からも避けたいのですが、どうしても帰宅してすぐにACアダプターに差し、そのまま朝までというパターンが多いから、コンセントを抜かなくても充電器(ACアダプター)の電気消費をゼロにして欲しいものですね。

ノキア、省エネを推進する充電完了アラート機能
 ノキアは、電池の充電が完了したことを知らせる機能を持つ携帯電話を開発し、新興市場向けのエントリーモデルとして出荷を開始すると発表した。
 ノキアでは、省エネルギーの観点から、充電が終了したら充電器をコンセントから抜くことを推奨している。また、電源コンセントに装着したままの充電器が、携帯電話を接続していない状態でも電気を消費しているとし、この時の消費電力を極力抑えた充電器の開発にも取り組んでいる。
 同社では、携帯電話に充電の完了を知らせるアラート機能を搭載することで充電器をコンセントから抜くことも促すとし、まずは成長著しいインドや中国、南米などの新興市場向けに、Nokia 1200、1208、1650シリーズに同梱して出荷する。

Posted on 5月 11, 2007 at 07:17 午後 | | コメント (0)

070511 下見計画:6/16 丹波/三尾山~黒頭峰

これで確定しょうと思ったら、おじゃま虫さんのHPでNKJさんのアドバイスを発見!
三尾山の東にある鏡峠から登った方がコースとしてはお薦めとありました。
ということで、今夜にでも両方のコースを描いてみて再検討したいと思います。
行程としては1時間くらい長くなるかも知れませんが、鏡峠、佐仲峠、瓶割峠と峠ツアーになって年寄り向けかも知れません。
070617mituosan4070617mituosan3昨日掲載した6/16の下見計画は丹波の三尾山を登って帰りに国領温泉による企画でしたが、いったん車道に出てまた山裾の温泉に戻るような回り道もシャクだし、佐仲峠からの下り道が九十九折りの林道?で面白くないみたいですから、折角往復3千円+タクシー代を出して行くので、もう少し足を伸ばしてみようと思います。
ということで、三尾山から黒頭峰(クロズホ)へ縦走するコースに切り替えます。
これで黒頭峰の2等三角点にも触れますから一石三鳥かな?
以下は焼き直しです。

ひと月先の話で恐縮ですが、7月(7/22)の例会として、6/17(土)に舞鶴道の丹波第一トンネルが下を抜けている岩峰・三尾山(586m)へ行く予定です。
この山は若丹からの帰路、AOKさんの車で神戸に向かう途中、篠山へ出る手前に高速道路脇にそびえていて、以前から一度行ってみたいと思っていました。
まず、山名からヤマケイの分県登山ガイド「兵庫県」で三尾山を探して、コースを決め、カシミール3Dでルートを書いてみました。
行程としては7kmしかありませんから、正味三時間で登れそうです。
次に神姫バスで福知山線の「黒井駅」から野瀬行きのバス時刻を調べました。
あら!
バスは一日五便しかない、しかも始発は黒井駅11:43!
戻りのバスの最終は17:59ですから6時間あれば登ってこれますが、歩き始めて直ぐに昼ご飯というのも威勢が上がりません。
ということで、行きは黒井駅から三尾登山口までタクシー(¥2700位)に乗ることにし、帰りは国領温泉で汗を流して帰ることにしたいと思います。例会は人数によりますが、15名程度ならタクシー4台くらい予約しておこうと思います。
下見計画
行き先:丹波/三尾山(ミツオサン)~黒頭峰(クロズホ)
日時:平成19年6月16日(土) 例会本番は7月22日(日)の予定
地図:25000縮尺図「宮田」「柏原」 分県登山ガイド「兵庫県・24」参照
   断面図 ルート図
行程:
 大阪 7:13⇒福知山線・普通(\1620)⇒9:11黒井9:20⇒氷上交通タクシー(\2700位)⇒9:40中山登山口
 中山登山口(9:50頃)→10分→高架下→50分→鞍部→10分→東峰(530m)→20分→西峰(560m)→10分→三尾山本峰(586m、11:40頃・昼食/12:30発)→10分→分岐→40分→佐仲峠→60分→黒頭峰(14:30頃、620.6m・二等△)→30分→P554m→30分→瓶割峠→40分→国領温泉(16:30頃・入浴/17:30発)→20分→国領バス停(18:00頃)
国領バス停18:02⇒神姫バス⇒18:12黒井⇒18:14⇒福知山線⇒18:50篠山口(乗換)18:58⇒福知山線・快速⇒20:05大阪(解散)
温泉:国領温泉 助七(0795-75-0010) http://www.kisnet.ne.jp/~sukeshic/spa/

タクシー:氷上交通 0795-82-6644

写真をお借りした方のHPです
http://www.ne.jp/asahi/tanba/kirinosato/TANBA-kurotubo-docu.htm
http://mohry.web.infoseek.co.jp/mituosan_0504.htm

【三尾山~黒頭峰断面図】
070616_mituosankurozuhoudanmen

【三尾山~黒頭峰ルート図】
070616_mituosankurozuhouroot align="left" hspace="5"/>

Posted on 5月 11, 2007 at 12:52 午前 | | コメント (0)

2007.05.10

070510 下見計画:丹波/三尾山

070616_mituosanphoto070616_mituosanphoto2ひと月先の話で恐縮ですが、7月(7/22)の例会として、6/17(土)に舞鶴道の丹波第一トンネルが下を抜けている岩峰・三尾山(586m)へ行く予定です。
この山は若丹からの帰路、AOKさんの車で神戸に向かう途中、篠山へ出る手前に高速道路脇にそびえていて、以前から一度行ってみたいと思っていました。
まず、山名からヤマケイの分県登山ガイド「兵庫県」で三尾山を探して、コースを決め、カシミール3Dでルートを書いてみました。
行程としては7kmしかありませんから、正味三時間で登れそうです。
次に神姫バスで福知山線の「黒井駅」から野瀬行きのバス時刻を調べました。
あら!
バスは一日五便しかない、しかも始発は黒井駅11:43!
戻りのバスの最終は17:59ですから6時間あれば登ってこれますが、歩き始めて直ぐに昼ご飯というのも威勢が上がりません。
ということで、行きは黒井駅から三尾登山口までタクシー(¥2700位)に乗ることにし、帰りは国領温泉で汗を流して帰ることにしたいと思います。例会は人数によりますが、15名程度ならタクシー4台くらい予約しておこうと思います。
下見計画
行き先:丹波/三尾山(ミツオサン)
日時:平成19年6月16日(土) 例会本番は7月22日(日)の予定
地図:25000縮尺図「宮田」 分県登山ガイド「兵庫県・24」参照
   断面図 ルート図
行程:
 大阪 7:13⇒福知山線・普通(\1620)⇒9:11黒井9:20⇒氷上交通タクシー(\2700位)⇒9:40中山(三尾山登山口)
 三尾山登山口(9:50頃)→20分→高架下→50分→鞍部→10分→東峰(530m)→20分→西峰(560m)→10分→三尾山本峰(586m、12:00頃・昼食)→10分→分岐→40分→佐仲峠→60分→高架下→20分→東中(15:30頃)→30分→国領温泉(16:00頃・入浴)→国領バス停(18:00頃)
国領バス停18:02⇒神姫バス⇒18:12黒井⇒18:14⇒福知山線⇒18:50篠山口(乗換)18:58⇒福知山線・快速⇒20:05大阪(解散)
温泉:国領温泉 助七(0795-75-0010) http://www.kisnet.ne.jp/~sukeshic/spa/

タクシー:氷上交通 0795-82-6644

追記:三尾山の南西1kmに黒頭峰(クロズホウ)という二等三角点があります。時間があれば佐仲峠から往復してみます。


【三尾山断面図】
070616_mituosandanmen

【三尾山ルート図】
070616_mituosanroot

Posted on 5月 10, 2007 at 07:39 午前 | | コメント (0)

2007.05.09

070509 ドロップシャドウに挑戦

070428_30_nagatanisaka_yokootouge_35070428_30_nagatanisaka_yokootouge_26_2

昨日のケプコのHPから引用させていただいた写真で、右と下に陰が付いていて写真全体が浮き上がって見えていたのに気づいた方も多いと思います。
きよもりが普段使っている画像処理はMS-Paintですからそんな画像効果を付加する機能はありません。
気になったのでgoogleで探してみましたが、陰影、台紙、フレームと試行錯誤しながらようやく見つけたのがドロップシャドウというキーワードです。
この効果を付けるには、WEBで直接画像に陰影枠を付ける方法もあるようですが、HTMLタグを付けるのも面倒です。 
ということで、最初に見つけたのが、PictBearというフリーの画像加工ソフト。
これで加工してみたのが夕闇の青葉山の画像です。
次に見つけたのはFastStone Image Viewerという海外のソフト。
これで加工したのは丸山山頂の記念撮影です。

両方を使ってみて、きよもりのようなミーハー向けには画像を選んでDropShadowというコマンドを選ぶだけで陰を付けてくれるFastStoneImageViewerの方が楽です。PictBearの方はフォトショップのような本格的な画像加工を目的とする場合、フリーソフトなので無料で使えますが、陰影を付けるだけならタスキが長すぎます。


Posted on 5月 9, 2007 at 06:35 午前 | | コメント (0)

2007.05.08

070508 下見計画:岩籠山

070508_iwagomoriyama 5/20 六甲山上池巡り例会の前日は、6月例会の下見で敦賀の手前・野坂岳の東にある岩籠山(イワゴモリヤマ)へ行きます。ほかの方のHPを拝見すると、渓流が美しいのと山上にあるインディアン平原が明るくて楽しそうです。
http://www.kepco.co.jp/wakasa/tanpou/hurusato/148.html

 夏場か、薄の秋がよいようですが、冬場にYMUさんやMTNさん、HSMさんが行かれていて、綺麗な雪景色の写真を送っていただきました。
 三ノ宮から新疋田まで¥2940(京都~新疋田¥1450)ですから、かなりの決心がいりますが、天気に恵まれれば、敦賀湾を眼下に快適な山行が期待できます。
 下見に参加していただける方は、5/18(金)までにメールでお知らせ下さい。今のところNWHさん、KKUさんが同行していただける予定です。

下見計画
行き先:野坂山地東部・岩籠山
日時:平成19年5月19日(土) 9:50~17:00 
行程: 11km 歩行 約6時間
 三ノ宮7:20⇒湖西レジャー号敦賀行き⇒7:45大阪⇒9:43新疋田
 新疋田(9:50頃)→30分→5叉路→20分→市橋駐車場→50分→二股(11:30頃/軽食)→60分→尾根分岐→20分→岩籠山(△765.2m・13:00頃/昼食)→10分→インディアン平原(折り返し)→50分→夕暮山(△720.4m・15:00頃)→50分→尾根分岐点→50分→堰堤→20分→山バス停(17:00頃)
 山バス停17:06⇒コミュニティバス粟野廻り(\200)⇒17:45JR敦賀17:55⇒新快速(米原廻り)⇒20:13大阪⇒20:37三ノ宮
装備:昼食、飲み物、雨具、スパッツ、ストック
地図:25000縮尺図「敦賀」「駄口」
 断面図ルート図
GPSのルートデータです
「070519_IwakomoriYama.gpx」をダウンロード

岩籠山の断面図
070519_iwagomoriyamadanmen

岩籠山の下見ルート図
070519_iwagomoriyamaroot

Posted on 5月 8, 2007 at 07:15 午前 | | コメント (0)

2007.05.07

070507 5/20例会案内:六甲山上池巡り&焼き肉

                                 平成19年5月7日
山仲間諸兄諸姉
                              山仲間事務局・きよもり
    山仲間第96回例会・六甲山上池巡り&焼き肉

 皆様ゴールデンウィークはいかがお過ごしだったでしょうか?最終日以外は絶好の天候に恵まれ有意義な連休を過ごされたことと存じます。
 4月の例会は22名の大部隊で洛東・上醍醐寺から湖南・岩間寺まで旧巡礼道を長駆しましたが、皆さんお元気で無事完歩していただきました。ご参加有り難う御座いました。
 さて、5月の例会は昨年12月から3度にわたってコース確認した六甲山上39個もの池から16個をピックアップして歩きます。歩行距離は8km弱、高度差もほとんどありませんので、途中のガルペン池で恒例になりました焼き肉を楽しんでいただこうと思います。
 参加していただける方は、肉等の食材手配の関係があるため早めの締め切りで申し訳ありませんが、5/16(水)までにメールまたはFAXでご連絡いただくようお願い申し上げます。
                                          敬具
                   __記__
開催日:平成19年5月20日(日) 
行き先:六甲山上池巡り 断面図ルート図 
  難易度:初級の下/藪こぎはほとんど(?)しません
  地図:昭文社「六甲・摩耶」(裏面の「六甲山上」をご覧下さい)
集 合:5/20 六甲ケーブル山上駅 9:00 
 (ケーブル山上駅で集合ですからお間違えなく。 油コブシを登って来られても結構です。)
 参考: 阪急梅田7:30⇒神戸線特急⇒7:42西宮北口(乗換)7:58⇒普通⇒7:58阪急六甲
     (神戸方面からは阪急三宮7:52⇒普通⇒7:58阪急六甲)
     阪急六甲8:07⇒神戸市バス(\200)⇒8:17ケーブル下8:20⇒ケーブル(\570)⇒8:30山上駅
     六甲ケーブルは毎時00、20、40の20分おき発車です。
行 程:距離/約8km、歩行所要時間/4時間
六甲ケーブル山上駅9:00→30分→みよし観音→10分→清水谷上池(高山植物園)→10分→清水谷長池中池(オルゴール館)・新池→20分→三富池瓢箪池→10分→空池→20分→つげ池九鬼池(10:50頃/記念碑台)→30分→だんごの奥池→10分→阪急池→20分→ガルペン池(12:00頃/昼食・焼き肉14:00頃出発)→10分→星野池(YMCA)→10分→丁字ヶ辻→10分→滝川池→10分→川西池→30分→三国池→10分→三国池バス停(15:40頃)
三国池バス停15:49⇒阪急バス(\760)⇒阪急六甲(17:10/解散)
装 備:昼食(ご飯だけ)、雨具、防寒具、着替え、スパッツ
費 用:一人2000円(焼き肉食材、ビールお茶など)
    (交通費\1,530は各自払いとします)
追 記:6月の例会は6/17(日)に敦賀・岩籠山(イワコモリヤマ)を予定しています。
    7月の例会は7/22(日)に丹波篠山・三尾山(ミツオヤマ)を予定しています。
    5/19(土)に岩籠山の下見に行きます。三ノ宮7:20⇒7:45大阪⇒9:44新疋田に乗ります。

【六甲山上池巡り断面図】
070520_rokkousanjyoikemeguri_yakinikudan
【六甲山上池巡りルート図】
070520_rokkousanjyoikemeguri_yakinikuroo
【写真】
すべて07/04/21下見の時の写真です。例会で廻る池の順に並べてありますから、16枚あります。
高山植物園内にある清水谷上池
070421_rokkosanjyoikemeguri_001
オルゴール館の裏にある清水谷長池は絶好の休憩スポット
070421_rokkosanjyoikemeguri_002
清水谷中池はオルゴール館の前庭の小池
070421_rokkosanjyoikemeguri_003
新池は昔はスケート場だったらしい
070421_rokkosanjyoikemeguri_004
瓢箪池はゴルフ場の敷地内にあるためフェンス越し
070421_rokkosanjyoikemeguri_005
瓢箪池の向かいの別荘内にある小池が三富池(仮称)
070421_rokkosanjyoikemeguri_006
空池は六甲全縦走路から少し入ったところ
070421_rokkosanjyoikemeguri_007
九鬼池はつげ池と隣接して内藤酒店の裏
070421_rokkosanjyoikemeguri_008
つげ池は六甲山ガイドハウスの斜め前の車道脇
070421_rokkosanjyoikemeguri_009
だんごの奥池は巻き道の途中にひっそりと2つ並んで
070421_rokkosanjyoikemeguri_010
昔はボート池と言っていた阪急池
070421_rokkosanjyoikemeguri_011
堰堤が崩壊して涸れ池になったガルペン池は絶好の焼き肉会場
070421_rokkosanjyoikemeguri_012
星野池はYMCAの敷地内で横を通るだけ
070421_rokkosanjyoikemeguri_013
滝川池は藪を掻き分けないと見過ごしそうなところ
070421_rokkosanjyoikemeguri_014
川西池は滅多に誰も来ないので山奥の池のような感じ
070421_rokkosanjyoikemeguri_015
最後を飾る三国池
070421_rokkosanjyoikemeguri_016


Posted on 5月 7, 2007 at 12:10 午後 | | コメント (0)

070507 拝復100:山姥の山案内

070507jyakutannnohana__001070507jyakutannnohana__002 白根葵の画像ありがとうございます。奥日光の白根山でよく見られるから白根葵という名が付いたそうですね。
 今年の春は暖冬の影響か六甲山中では3月終わり頃から4月中旬にかけてマンサクや白木蓮、山桜、三つ葉躑躅まで同時進行形で咲いていました。
 特徴的だと思ったのは、地域による開花時期の差がかなり大きいことで、六甲では既に4月中旬には散り尽くした辛夷の花が若丹国境では先週のGWまで花びらが付いていたし、岩鏡や岩団扇もまだこれから花が付くところでした。
 若丹国境は日本海に面している関係から花の盛りも神戸あたりとひと月くらいずれているように思います。
ξ
■P きよもり 【山仲間】
 ̄ URL : http://morii3.cocolog-nifty.com/
E-mail : KGH03517@nifty.com
_/_/_/_/_/ 07.05.07 14:45 _/_/_/_/_/

070507_shiraneaoi"O子 2007/05/04 23:40
宛先: "きよもり"
件名: 山姥の山案内 - livedoor Blog(ブログ)
きよもり様

 大型連休も後半に入り、幹線道路は帰りの車で何処も難行苦行の長い列が出来ている模様です。
 この時期、我々は逆に日頃仕事で混雑する都心の下町での散策を楽しみに今日は午後から出かけました。休日は道路上のパーキングメーターは総て無料なのも嬉しい事です。浜町公園から明治座を背にして甘酒横丁を真っ直ぐ進み、普段は込み合う町並みの駐車場も今日は思いのままに停める事が出来、然も時間を気にする事も無く薫風の吹きぬける路地から路地へのそぞろ歩きを楽しみました。
 路地裏には其々の家の個性を伺える植木、草花が春を競い合い時折通り抜ける爽やかな風に揺れ、花の香を漂わせ、飽きる事無く老夫婦の歩みを進めさせてくれました。 
 帰宅後ココログを紐どき、今日は同じ東京でお過しと伺い、上粕尾のキキママから届きました”白根葵”の花の開花をお知らせしたいとパソコンを開きました。丁度1週間前に友人3人とログへ2泊しました折はまだ蕾でしたが!
 ”逝く春を ログに惜しみて 4人婆”
 
 この春を共に過せた感謝と又の春への望みを祈りつつログでの15回目の春を過してまいりました。
 今頃は紫陽花と見まごう”大手鞠”の花が咲き始めている頃でしょう。連休明けには出かけて参る積りです。
 どうぞお健やかに夏へのご準備をなされます様お祈り申し上げます。
  O子拝

Posted on 5月 7, 2007 at 12:01 午後 | | コメント (0)

2007.05.06

070506 Uターン

070506 Uターンまだ早いので東京駅は空いていました。
午後からは混むから早々に神戸に帰ります。朝方まで降っていた雨は止んでいますが、神戸は?
ξきよもり

Posted on 5月 6, 2007 at 10:13 午前 | | コメント (0)

2007.05.05

070505 東京の休日

【追記】
070505_dellprecision390vista息子のハングの原因はグラフィックボードの不良でした。九十九(ツクモ)のサポートセンターはその場で検証して原因を特定してくれますから、流石ですね。
でも修理交換中はパソコンが使えないから、もう一枚グラフィックボードを買ってました。
風と桶屋の関係で、修理で上がってきたグラフィックボードを親爺が貰うことになって、海老鯛じゃないけど帰り際にDELLのリアルサイト(直営ショールーム)でクワッドコア(QX6700)のデスクトップを買う羽目?になりました。
今年中には買い換えてWindows Vista に換えるつもりだったから、まあ、イイケド・・・
これってやっぱり衝動買い? それにしても¥360Kは高い衝動買いです。

【本文】
070505 東京の休日070505 東京の休日070505 東京の休日昨夜は亀戸ホルモンでホルモン焼き、評判の店らしく待ち行列40分。
やっぱりホルモンより放らないカルビやロースの方が美味しいです。
最後に食べた牛テールの煮込みは辛くて美味しかったけど・・・
今日はごった返してるアキバに息子のお供。
自作のハイスペックマシーンでVistaがしょっちゅうハングするそうで、グラフィックボードとの相性が悪いのじゃないかと思います。
ξきよもり

Posted on 5月 5, 2007 at 02:04 午後 | | コメント (0)

2007.05.04

070504 山行記録:04/28~30 若丹国境RR縦走第2回/永谷坂~横尾峠

070428_nikotouge_001GW後半は前半の山歩きの後始末もそこそこに東京へ帰っています。
昨日は神保町・三省堂で石仏彫刻の教習本を探しましたが、木彫りの教習本は色々あるのに、石彫りは全く見当たりません。三井寺の仏師が書かれた制作順の写真本「石仏を彫る」(日本教文社)、日本石仏協会編の「石仏の楽しみ方」(晶文社出版)にわずかに石仏の彫り方の記載があったので、取りあえず購入しました。
木彫りなら丸太を探して来て彫刻刀で制作に入れますが、石彫りとなるとまず原石をどこで入手するかが問題です。石は六甲の石切道にも転がっているかも分かんないけど、最低でも30kgくらいありそうだし、背負い子で持って帰っても、どこで作業するかが問題で、粉塵対策やら、鑿の手配なんか考えたら道は遙かです。でも3年計画くらいでゆっくりと挑戦してみます。三井寺の仏師の方は機械を使っておられるのでしょうが、月1体くらいのペースで制作されておられる時もあります。石を削って仏を出す作業は昔は大変だったでしょうが、若丹のお地蔵様を見ているとほのぼのした庶民の祈りを感じますから、そんな気持ちで作れたらよいなと思っています。
言い忘れましたが、元々は尼公坂のお地蔵様の首が無いのが気になって、身代わり仏を作ってみようと思い立ったのが動機です。

また、脇道から入ってしまいましたが、取りあえず4/28~30の記録と会計報告をまとめましたので掲載します。

070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_41
山行記録
 若丹国境尾根RR縦走第2回 永谷坂~尼公峠~尼来峠~頭巾山~横尾峠
日 時:平成19年4月28日(土)11:00~30日(月)11:58
参加者:6名/HSM、MTN、AOK、NWH、KRK、きよもり
行 程:
4/28 曇りのち晴れ 16.0℃
 王子公園6:10⇒(AOK号/阪神・名神高速・9号線)⇒7:35亀岡(MTN号と合流/9号線・27号線・府道1号線)8:02⇒9:50行谷林道行ゲート(AOK号デポ)10:12⇒(府道1号線)⇒10:38永谷坂(MTN号デポ)立浪草草苺
 永谷坂11:00→急登→11:27妻谷尾(四等△412.2m・16.0℃・昼食導標整備)11:56→12:30小P(520m・迷点4右折)12:45→13:18鳩ヶ峰手前(550m・リンゴ)13:36→13:45鳩ヶ峰(三等△574.3m)13:48→14:03菅の坂(460m・地蔵様)14:16→14:30広いピーク(左折点)→14:43左折点(520m・ドーナツ)→15:21小脇谷(四等△427.0m)→林道展望→15:24尼公峠地蔵様(幕営/17:00夕食麻婆豆腐、21:00就寝)
4/29 快晴 7.0℃→16.0℃→20.0℃ 
 尼公峠(4:00起床、4:50朝食・7.0℃)6:10→急登→6:57小P(560m・寛ぐ)7:32→7:40横谷(三等△573.0m・16℃)7:46→7:54迫沼峠→古道並行→8:13P541m8:27→明るい尾根道躑躅藪手鞠→9:03急坂分岐(560m・リンゴ)9:18→9:25P581m→9:38伐採跡→9:46550m標識(左折)→9:55古和木分岐→10:00尼来峠導標健在(携帯探し)10:30→10:36乗越→急登→10:55鞍部手前小P(640m)11:10→11:25鞍部(600m・20℃)→急斜面→11:40中間点(700m)11:50→12:14丸山(P761m、昼食/パン・スープ・昼寝)14:00→14:18小鞍部(650m)14:40→15:04P765m→藪刈跡道→15:17笹原小P(790m・エビネ蘭辛夷)15:37→15:55北稜分岐→16:02下山口手前16:18→16:28下山口→16:38 頭巾山(二等△871.0m、幕営/18:00夕食/青椒肉絲レトルトカレー、21:00就寝)
4/30 快晴 4.0℃→16.0℃
 頭巾山(5:00起床、5:50朝食・4.0℃)7:02→7:10上谷下山口7:14→7:30キジ広場7:38→8:00P783m8:08→8:23鉄塔→8:29横尾峠(リンゴ)8:52→折り返し→9:24小P(800m)9:35→展望1展望2→9:46キジ広場→9:56上谷下山口10:05→10:16頭巾山(撤収)10:33→10:30下山口→10:56ジャージャー滝→11:02→11:18堰堤(以前の駐車場)→11:37裏八反の滝→11:58行谷林道ゲート(昼食/ラーメン)
 行谷ゲート13:35⇒(AOK号/林道・府道1号線)⇒14:00永谷坂(MTN号回収)14:14⇒14:25あやべ温泉(入浴、解散)15:42⇒(AOK号/府道1号線・舞鶴道経由)⇒17:00淡河(道の駅)17:06⇒17:46名谷17:53⇒(地下鉄)⇒18:10三宮
会計報告
 会費:36,000円(@6000×6名)
 支出:35,800円
 ・食材 16,800円
   きよもり手配/¥7950:麻婆の素、肉、ピーマン、雑炊の素ほか
   〃 α米/¥2550:6個のみ(あとは前回余り使用)
   HSM手配/¥4000:パン、レトルトカレー、リンゴほか
   KRK手配/¥2300:ビール12缶
 ・ガソリン代+運転手当 19,000円
   ガソリン代/¥5000×2台分
   運転手当/¥4500×2台分
 残金:200円(例会預金に入金)
   

【写真】
070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_1070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_2

070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_3070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_4070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_5

070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_6070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_7070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_8

070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_9070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_10070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_11

070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_12070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_13070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_14

070428_nikotouge_namuamidabutsu070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_15070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_16

070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_17070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_18070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_19

070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_20070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_21070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_22

070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_23

070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_42

070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_24070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_25070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_26

070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_27070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_28070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_29

070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_30070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_31070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_32

070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_33070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_34070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_35

070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_36070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_37070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_38

070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_39070428_30_jyakutanrr2_nagatanisaka_yokoo_40


Posted on 5月 4, 2007 at 06:48 午後 | | コメント (0)

2007.05.03

070503 夜明けがはやくなりました

070503 夜明けがはやくなりました070503 夜明けがはやくなりました東京へ帰る時はいつも新大阪6時の新幹線ですが、先月初めまではまだ暗かったJR灘駅も5時にはすっかり明るくなりました。
跨線橋の工事が進むと、この駅舎もその内取り壊すのでしょうね。
木造のレトロな明かり取りが見られるのもあと暫くです。

GWだから新大阪はごった返しています。大きなリュックにピッケルやマットを付けた登山姿も結構多いです。
毎年連休中の滑落事故が起きていますから無事をお祈りします。そういえばKMRさんが北穂で聞かれた滑落事故はその後どうなったのでしょう。雪は少ないとは云え3千m峰では早朝は氷点下になります。経験的に言うと、使い古したアイゼンでは凍った地面に効かないので慎重な足運びが必要です。
こちらは山は前半で満喫しましたから後半は都会モードに切り替えです。
ξきよもり

Posted on 5月 3, 2007 at 06:27 午前 | | コメント (3)

2007.05.02

070502 頭巾北陵の今昔

021123_24_toukinhokuryoyabukari_2_02昨日の写真の記念撮影を動画に替えて、写真を整理し始めましたが、一行6人のうち、頭巾山北陵の根曲がり竹の猛烈な藪を体験した3人の昔日の活躍の様子を見ていただきたいので、当時の藪刈り写真を掲載します。

行谷の林道終点から刈り払い機、燃料の混合ガソリンを担ぎ上げて、延べ5日間の苦闘の成果が今回の快適な快速縦走の背景にあります。
きよもりの道楽にお付き合いいただいたMTNさん、AOKさん、本当に有り難う御座いました。
でも、今回再訪して、2m幅員の立派な登山道路が北陵から丸山(P761m)に延び、新しいハイキングコースが出来たことを確認できて本当によかったですね。
5年前の頭巾北陵は分岐からP765mまでびっしりと根曲がり竹が茂っていて、20kgの荷物を背負っていてはとても通過できませんでした。
2002年9/22からは、それまで百里ヶ岳からさらに東へ向けて足を伸ばしていた若丹国境縦走の方向を西に方向転換しました。
9/22~23、10/5~6、10/12~14、10/19、10/26~27と5回、10日間かけて、八ヶ峰の方から国境尾根を尺取り虫のように一泊、二泊の波状攻撃で西へ西へと歩きつめてきて、頭巾山まで到達しましたが、尼来峠へ続く北陵の藪に阻まれ、縦走が途切れてしまいました。
そこで鳩首協議して、北陵を攻めるにはそれまでののこぎり片手の藪こぎでは埒があかないので、コーナンで2万円強投資して動力の刈り払い機と、一番切れ味のよいステン丸刃を購入しました。
何とか雪が積もる前に見通しをたてたいので、お二人に無理を承知でお付き合いいただいて、行谷林道通いを重ねた次第です。
どうも有り難う御座いました。

第1回 2002年11月3、4日 MTNさん、きよもり 第一回目は二日間でわずか300m
第2回 2002年11月9日 AOKさん、きよもり 早朝からの大雪のため日帰りに変更
第3回 2002年11月23、24日 MTNさん、きよもり 初めて丸山を越えて尼来峠往復

現在の様子
2007年4月29日の付近の写真をご覧下さい。
070429_toukinhokuryouhighway_01 070429_toukinhokuryouhighway_02070429_toukinhokuryouhighway_03

2002年当時の藪刈り風景
021103_04_toukinhokuryoyabukari_0_01021109_toukinhokuryoyabukari_1_01

021123_24_toukinhokuryoyabukari_2_01021123_24_toukinhokuryoyabukari_2_02

頭巾北陵の拡大図
070502_toukinnhokuryoukakudaizu

Posted on 5月 2, 2007 at 12:32 午前 | | コメント (0)

2007.05.01

070501 山行報告:永谷坂~頭巾山

070428_nikotougenoimori070429_maruyamakinensatuei070430_yokootougegool4/28~30 若丹国境再挑戦の第二回は第1回3/17~18吉坂峠~三国岳~永谷坂の続き。
永谷坂~尼公坂~尼来峠~頭巾山~横尾峠を歩きました。
取りあえずは、ルートのGPSトラックと断面図を作りました。
断面図を3枚並べると初日(永谷坂~尼公坂/6.0km)、二日目(尼公坂~尼来峠~丸山~頭巾山/9.4km)、三日目(頭巾山~横尾峠往復~ジャジャ滝~林道ゲート/10.4km)で約25.7kmのロングコースでした。
3年ぶりに歩いて大きく変わっていたのは、以下の4点です。
1.コース全体の笹や根曲がり竹が全部枯れていて、すごく歩きやすくなっていたこと
2.尼来峠の手前から丸山の手前までの東斜面は納田終側からの伐採が入ってすっかり様子が変わってしまったこと
3.5年前にMTNさん、AOKさんに刈り払い機で5回にわたって刈り取った頭巾北尾根の根曲がり竹もすっかり枯れて2m幅のハイウェイは見事に原状通り歩きやすい道になって残っていたこと
4.以前は行谷林道の終点・ジャジャ滝まで車が入ったのに、2.5km下の林道途中に鎖のゲートが出来て頭巾山のアプローチが悪くなったこと

取りあえずお地蔵様6態と踊りの写真だけ掲載します。


GPSトラック
070428_30t_nagatanisaka_toukinzan

GPS断面図
4/28
070428t_nagatanisaka_nikosakadanmen

4/29
070429t_nikosaka_toukinzandanmen

4/30
070430t_toukinzan_yokootougedanmen

地蔵6態(7体)
070428_30_jizousama5tai_01070428_30_jizousama5tai_02070428_30_jizousama5tai_03

070428_30_amagitougejizousama_01070428_30_jizousama5tai_04070428_30_jizousama5tai_05

踊り3態
070428_30_odori_3tai_01070428_30_odori_3tai_02070428_30_odori_3tai_03

Posted on 5月 1, 2007 at 07:06 午前 | | コメント (0)