« 061207 続報:大雪の岩籠山 | トップページ | 061209 六甲山上の池由来 »

2006.12.08

061208 準備完了:12/9 六甲山上池巡り・計画と池の追加

【余談】
 @niftyのココログサービス停止は折角丸2日半もかけてメンテナンスをしたのに、バグがつぶせなくて、原状に戻さざるを得なかったようですね。
 うまくいってれば、上場株の値も公開値を上回ったのかも知れませんが、バグが足を引っ張ってお気の毒です。

 きよもりは仕事の関係からF社とのお付き合いは結構長くてかれこれ30年にもなるでしょうか?
 今回ミソをつけた@niftyの社長のお詫びの言葉でもあるかと、K社長のHPを拝見しました。Mシリーズのホストマシーンの基本DBであるAIMや、DOSV(懐かしい!)パソコンの最初の機種でいまもシリーズが続いているFM-Rの開発責任者を経て、現在は@niftyの社長を勤めておられるから、F社でもずっと日なたを歩いてこられています。
 でも、今回の件に関してのお詫びどころか、ご自身のHPの書き込み最後が11月2日ですから、紺屋の白袴では済まされません。失望しました。

【12/9の計画】
http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2006/11/061111_e4fa.html
件名:六甲山上池巡り
実行日:平成18年12月9日(土) 
集合:阪急六甲駅 8:00
行程の概要:
阪急六甲8:00⇒バス⇒ケーブル下⇒ケーブル⇒山上9:00→10:00高山植物園→№1→№2→№3新池→№4→№5片野池→№6瓢箪池→№7バンガロー池→№8空池→№9アマ池→№10→№11九鬼池→№12つげ池→記念碑台(△796.0m・12:00頃・昼食)→№13住友池→№14だんごの奥池→№15阪急池→№16川崎池→№17→(シュライン往復)→№18ガルペン池(15:00頃)→№19雲龍池→№20星野池→丁字ヶ辻(15:30頃)→№21泥池→№22奥村上池→№23滝川池→№24川西池→三国岩三角点(△802.5m)→№25三国池(16:30頃)→摩耶山頂(17:00頃)⇒ロープウェイ+ケーブル⇒摩耶山下⇒王子公園(18:00頃)
時間節約のため、山上までの往復は極力ケーブル・ロープウェイ場合によってはバスを使います。
持ち物:昼弁当、飲み物、雨具、防寒具、手袋、スパッツ(藪漕ぎが基本です)
 共同装備:ノコギリ、虎テープ、プレート(№1~№25作成済、予備18枚作成中)
地図:25000の一地図は「神戸首部」「有馬」、昭文社の「六甲・摩耶」裏面(山上拡大図)
 共同使用地図:神戸市発行2500分の一地図「油コブシ(旧版)」「六甲山」「水晶山」「六甲山牧場(旧版)」 この地図は三ノ宮ダイエー6階のジュンク堂にしかありません。

この計画通りいくか、いかないかは、運次第みたいなもので池は山頂のように回りから目立つわけではありませんし、大部分が私有地の別荘敷地内にあるのではないかと思いますから、湖畔まで近づけないかも知れません

きよもり 【山仲間】
URL : http://morii3.cocolog-nifty.com/
E-mail : KGH03517@nifty.com
_/_/_/_/_/_/_/_/ 06.11.30 14:45 _/_/_/_/_/_/_/_/

【準備状況&地図と断面図】 
061208_07350001 日曜日夜から始めた六甲山上池巡りのプレート作りはNo.1〜No.25までと予備18枚の彫刻機での作製がほぼ完了しました。
 Roland DGのEGX-20という彫刻機は30万円近くしましたから、買うときにはかなり躊躇しましたが、これでこの機械を使って作ったプレートは500枚を越しますから1枚あたり¥600。もちろん手彫りではとても追い付きませんからまあ、ほぼ元は取ったといえるかも知れません。
 明日、番号を付けた25個はもちろん2500分の一地図で見つけた14個を含め39ヶ所を全部回ることは不可能でしょうが、出来る限り見つけてこのプレートを付けてこようと思います。問題は山頂なら1点ですが、池は周囲のどこに付けるか、かも知れません。取りあえず道に近いところに付けることにして、あとは成り行きということで・・・

ξきよもり

【池のリストと座標】
「ECXCEL表の池リスト」をダウンロード
【全体のルート図と断面図】
ルート図をダウンロード
断面図をダウンロード

【断面図と元ファイル】
061209_

「061209_.JPG」をダウンロード
【ルート図と元ファイル】
061209__1

「061209r_.JPG」をダウンロード

Posted on 12月 8, 2006 at 07:42 午前 |

コメント

コメントを書く