« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006.10.31

061031 山行計画W:11/3例会下見・桶居山 11/5女子突撃隊・船坂谷

 台湾のホテル(神旺大飯店 SanWantHotel)も部屋にはLAN線が入っていますから、インターネットに接続できます。別に料金とか書いてない?から使い放題だと思いますが・・・

 こちらは今の時節はあまりよい天気が続かず、曇り勝ちだそうです。昨日も空港から高速を通って台北市内に入ると山に囲まれているせいか厚い雲に覆われてドンヨリとくすんでいました。気温は27℃だそうですが、スーツだと多少汗ばむ程度でそれほど蒸し暑くはありません。

 今週末から日本では三連休ですが、こちらは文化の日とは縁がありませんから、週末は日本に帰って、飛び石で日帰り山行の計画を組みました。

Photo_24 11/3は12月17日(日)の山仲間例会の下見で播州アルプスの桶居山(おけすえやま)からお馴染みの高御位山(たかみくらやま)に行きたいと思います。高御位山は例会でも行きましたが、その時は曽根から尾根通しで歩いて百間岩のスラブを登り、最後は高御位山から南に続く尾根を宝殿駅まで歩きました。今回は出来るだけコースの重複を避けて更に西の桶居山の三角ピークを訪ねてみようと思います。下りはジグザグ道を東に成井の方へ下って、大池下から宝殿までのバスで帰ることにします。

 11/5は女子突撃隊の発案で裏六甲の船坂谷を石の宝殿近くまで詰めて、東六甲縦走路の途中から座頭谷を下ることになりました。こちらは船坂谷の中流にある川上の滝以外は渓流歩きと云うよりは紅葉刈りがメインになるでしょうが、座頭谷の白い岩肌に紅葉が映えてみものかも知れません。

 今のところ参加は、きよもり以外にNWHさん、KKUさんが確定していますが、11/5は女子突撃隊のメンバーKMRさん、ARMさん、MTHさんも参加されると思います。

11/3 播州アルプス・桶居山~高御位山
日時集合:平成18年11月3日(金) JR山陽線・御着(ごちゃく) 9:00集合
 JR三ノ宮8:08⇒新快速⇒8:37加古川(乗換)8:39⇒普通列車⇒8:51御着
参加予定者:NWHさん、KKUさん、きよもり
地図:断面図ルート 1/25000地形図 「姫路南部」「加古川」
予定行程:
 御着(9;00頃)→40分→神社登山口→60分→桶居山(△247.6m)→30分→鉄塔2→30分→主尾根出合(12:30頃・昼食)→60分→高御位山(△299.8m・15:00頃)→60分→大池下バス停(16:00頃)
 大池下16:56⇒17:15JR宝殿(解散)
 大池発バス時刻  15:57 16:56 17:43 18:13 18:58
 宝殿発JR時刻 16:17 16:47 17:00 17:17 17:47 18:02 18:17 18:30 19:00
 歩行距離:10.5km 4時間40分
装備:昼食弁当、飲み物、雨具、スパッツ、ストック、防寒具など
参考HP:http://www2r.biglobe.ne.jp/~harima/okei/okei_1.htm#top
一緒に行っていただける方はきよもり宛にメールを下さい。

Photo_2511/5 裏六甲・船坂谷~座頭谷
日時集合:平成18年11月5日(日) 阪急バス・宝塚(有馬行き)乗り場 8:10集合
 阪急三宮7:30⇒特急⇒7:44西宮北口(乗換)7:47⇒今津線⇒8:01宝塚
 阪急王子公園7:26⇒各停⇒7:42西宮北口(乗換)7:47⇒今津線⇒8:01宝塚
 阪急梅田7:30⇒宝塚線⇒8:04宝塚
参加予定者:NWHさん、KMRさん、ARMさん、MTHさん、KKUさん、きよもり
地図:断面図ルート 1/25000地形図 「宝塚」
予定行程:
 宝塚8:25⇒阪急バス(\340)⇒9:00船坂橋
 船坂橋(9:10頃)→40分→老ヶ岩→20分→川上の滝→60分→石の宝殿(11:30頃・昼食)→60分→船坂峠→20分→縦走路分岐→60分→ハニー牧場→60分→しるべ岩(16:30頃)
 しるべ岩17:10⇒阪急バス(\220)⇒17:30宝塚(解散)
 しるべ岩発バス時刻 15:25 15:50 16:25 17:10 17:35 18:35 19:35
 歩行距離:10.0km 5時間20分
装備:昼食弁当、飲み物、雨具、スパッツ、ストック、防寒具など

参考HP:http://www.geocities.jp/karamatsu_tei/sld0608_10hunasaka/slide.htm

こちらは女子突撃隊主催ですので一緒に行っていただける方はKKUさんにメールを下さい。

きよもり 【山仲間】
URL : http://morii3.cocolog-nifty.com/
E-mail : KGH03517@nifty.com
自宅TEL/FAX : 078-882-5101
携帯(au):090-4491-0586
_/_/_/_/_/_/_/_/ 06.10.31 7:54 _/_/_/_/_/_/_/_/

061103_
061103__1
061105_
061105__1

Photo_26

Photo_25

Posted on 10月 31, 2006 at 08:55 午前 | | コメント (0)

2006.10.30

061030 10/29比良・八つ淵の滝~堂満岳

061029_hatibutinotaki_doumandake_004
 昨日は女子突撃隊の皆さん主催での比良・八つ淵の滝から堂満岳のロングコースでした。
 心配された天候も良い方に外れ、絶好の快晴。
 紅葉が始まった比良の谷歩きと尾根歩きを満喫しました。
 ありがとうございます。

 とりあえず、さわりの写真とGPSのトラックです。
 ルート図は青色がきよもりがカシミール3Dで事前に書いたルート図で、黄い地に赤線が実際にGARMIN 60CSxが記録したトラックです。
 谷筋も結構正確に拾ってくれますから、60CSxはこれの前の60CSから格段の性能アップになっていますね。
 堂満からの下りで尾根を隣に移るところは実際にはかなり予定と違うルートですね。また最後はイン谷口には出ないで、別荘地帯からまっすぐ比良駅に下りましたから、だいぶ近道でした。

 それでは台湾へ行ってきます。

061029t_

061029t__1

061029_hatibutinotaki_doumandake_001

061029_hatibutinotaki_doumandake_002

061029_hatibutinotaki_doumandake_003

061029_hatibutinotaki_doumandake_004

Posted on 10月 30, 2006 at 06:05 午前 | | コメント (0)

2006.10.29

061029-3 また食べもんネタ

061029-3 また食べもんネタ 八淵の滝は登るのに一生懸命でメールを書く余裕がありません。
 やっと八雲が原に着いて昼ご飯です。
 女性突撃隊主力ですから飲み気より食い気です。
 ご馳走様!
 ξきよもり

Posted on 10月 29, 2006 at 01:29 午後 | | コメント (0)

061029 何故か快晴

061029 何故か快晴 近江高島に着いたらきれいに晴れ渡って、絶好の登山日和です。
 八淵の滝は快適かな?
 ξきよもり

Posted on 10月 29, 2006 at 08:38 午前 | | コメント (0)

061029 10/28三ツ下谷トラック

 昨日は酔っぱらってすぐ寝てしまったので、地図のトラックだけです。
 今から比良へ行ってきます。
061028_mitushitadani_001

061028t_

061028t__2


Posted on 10月 29, 2006 at 06:05 午前 | | コメント (0)

2006.10.28

061028-2 慰労中→お疲れさまでした。

061028_inakamon 灘温泉からいなかもんです。
 今日は滝を結構直登したので疲れました。
 明日は八淵の滝から堂満なので今日の疲れを持ち越さないようにしなくっちゃ!
 ξきよもり

>沢登はまた格別の楽しさがあって良いですね。チーズケーキ美味しいと言っていただいて良かったです。
YNT

Posted on 10月 28, 2006 at 07:20 午後 | | コメント (0)

061028 烏帽子岩で宴会?

061027 烏帽子岩で宴会?061027 烏帽子岩で宴会? 三ツ下谷の滝登りで緊張した後のビールは最高でした。
 仕上げはYNTさん差し入れのチーズケーキと温かいカフェオレで満足満足です。
 ξきよもり

Posted on 10月 28, 2006 at 01:41 午後 | | コメント (0)

2006.10.27

061027 拝復92:次回のおかず?

【O子様への返信】
 お久しぶりで御座います。
 長い単身生活でそれまでは思いもしなかった自分で料理をする喜びを味わっていますが、所詮、素人の趣味ですから、いい加減なものです。
 それでも、子供達が残さず食べてくれると何となく、うれしくなりますね。
 それにしても4人で1kg1万円の牛タンシチューがぺろりと無くなったのには呆れましたが・・・
 でも、毎日、肉料理や中華ばかり作っていたら、3日目に下の娘が焼いてくれた秋刀魚の開きが意外に一番好評だったりします。

 初夏の頃から東京帰省が始まり早4ヶ月経過しました。
 季節も秋が深まり、そろそろコートが必要になってきましたから、瞬く間です。
 日ごとに寒くなりますので、どうぞご自愛下さい。
きよもり 【山仲間】

【O子様の絵手紙】
061027_himono"O子" 2006/10/27 09:11
宛先: "きよもり"
件名: 次回のおかず?

きよもり様
 東京でのご自宅での生活もすっかり充実されて何となく微笑ましい森井さんの一面を拝見、ィヤ発見させて頂いて居ります。 
 朝食の一品、ィヤ夕べのおつまみの一品をネット上でお送り致しますのでどうぞご賞味下さいませ。
 魚の名前は本人(魚)達に聞いてやって下さい。何と答えますやら~?

 今日は難病膠原病?に侵された学生時代の友を誘い出し老女三名でランチタイムを楽しみます。一番頑強そうなスポーツゥイマンだった彼女が歩行も侭ならず、それでも明るく生き抜こうとする姿勢にいつも頭が下がります。
 29日~2日は例によってジジ、ババで函館~ニセコ積丹半島一周旅行に出かけます。勿論スタットレスを穿かせた車使用です。娘達の心配をしっかり胸に畳み込んで安全運転で参ります。
 そちら様もどうぞ御自愛下さいませ。  
    O子拝

Posted on 10月 27, 2006 at 03:49 午後 | | コメント (0)

2006.10.26

061026 秋深まる

061026 秋深まる 今朝は部屋の中でも19℃しかありません。
 昨日の東京は久し振りに晴れて、会社の屋上からみる西空は綺麗な夕焼けに弓張月が掛かっていました。
 6日間の帰省+出張を終えて今夜神戸へ帰ります。
 ξきよもり

Posted on 10月 26, 2006 at 06:18 午前 | | コメント (0)

2006.10.25

061025 やっと晴れた

061025 やっと晴れた061025 やっと晴れた 日曜日の夕方から昨夜まで東京は雨が続いて風も強く、荒れ模様でした。
 昨夜は回鍋肉を作りましたが意外に好評で、三人でペロリと食べてしまいました。
 やっぱり若者はよく食べますね。
 ξきよもり

Posted on 10月 25, 2006 at 08:51 午前 | | コメント (0)

2006.10.24

061024 女子突撃隊?の山行計画:六甲・五助山リベンジ

このところ女性登山隊の勢いが強烈で毎週のように六甲中心に山歩きをされているようです。
今週末も比良・八淵の滝に挑戦されるし、今朝には11月12日の案内メールをいただきました。
きよもりは今現在は月一回ペースでしか山へ行けませんので今回もお断りしましたが、これからの季節ならウルシもすずめばちも大丈夫ですから好天に恵まれれば紅葉も楽しめるでしょう。
行けないお詫びにルート図を作ってみました。
シュラインを登ったところで13kmありますから、かなりのハードコースです。

【きよもりの返信】
11月11、12日は東京へ帰りますので残念ながらご一緒出来ません。
それにしても、頑張ってますね。
ルート図を作ってあげますね。
ξきよもり

【行程図】断面図ルート図

【KKUさんからの案内メール】
五助山登山リベンジのご案内 (五助山からシュラインロード)

【日時】 11/12(日) (雨天決行但しコース変更あり) (歩行時間5~6時間)

【集合】 阪急御影駅 8:00集合  
阪急御影駅60分(タクシー乗車かも?)→五助山取り付き120分→凌雲台(六甲ガーデンテラス昼食)→雲ヶ岩→心経岩→仙人窟→逢山峡分岐→シュラインロード→体力に応じてアイスロードか油コブシか六甲ケーブルで下山予定

【持ち物】 お昼御飯、雨具、水筒、お風呂セット?、着替え、帽子、タオル、手袋(2枚)、スパッツ、ストック、虫避けネット

8/6(日)にMTHさんHRTさんと五助山取り付きまで行ってウルシの藪こぎと川の増水で断念した五助山へのリベンジをしたいと思います。USIさんへの案内は携帯電話に送信します。

【今現在の参加者】 NWHさん・HRTさん・MTHさん・KMRさん・KKU
 (=^・^=) KKU

061112_1
061112_2

Posted on 10月 24, 2006 at 03:21 午後 | | コメント (0)

2006.10.23

061023 裏六甲・三ツ下谷/続報

山仲間のYNTさんから01/09/01の三ツ下谷遡行の追加情報を戴きました。
なるほど!
慕憮さんのコメントにもあった、幻のアマゴ探索が目的だったのですね。
アマゴは見つからなかったけど、滝登りも楽しんだし、烏帽子岩で食事してから始めて新穂高の場所も確認できましたから、成果はありました。
本当は最後に六甲アルプスを下るつもりでシュラインロードから地獄谷東尾根に入ったものの、取っ付きが分からず、諦めて東尾根を下ったのですね。
そのリベンジのために翌週一人で再チャレンジして、始めて六甲アルプスに足を踏み入れたと云うことです。
5年前の当時はシュラインから地獄谷東尾根への取っ付きも不明瞭だったと思いますが、最近では踏み跡もはっきりしていますから、相当の方がこの尾根を歩いておられるのでしょうが、六甲アルプスの方は昭文社の地図でも名前さえ書かれていないので、取っ付きが分からないとまず入れないでしょう。
でも、先月9/17にAOKさん達が地獄谷西尾根からの下りに挑戦されていますから、懐かしいです。
AOKさんから送っていただいていた六甲アルプスの写真を掲載させていただきます。
この尾根は崩壊が厳しいから、くれぐれも落石にご注意下さい。
写真は続きを読むをクリックしてください。

【YNTさんのメール】
おはようございます。
三ツ下谷にはアマゴが生息していると言う(当時ウインターを担当していらした)方の情報で、そのアマゴを確認するためにきよもりさんAOKさんYNTの3人で遡行しました。
炭ケ谷道に合流したところから谷上に引き返すとばかり思っていたら、時間がたっぷりあるから新穂高へ行くよってことになって、まだまだ暑くてちょっと辛かった記憶があります。
結局アマゴではなく、コイ科の魚だったと確認しましたから、所期の目的は果たせました。
三ツ下谷の水温と水量では、放流しても夏季に全部死んでしまいます。
三田や茨木の奥にある管理釣り場が、GWから10月の間閉鎖するのは、そのためです。
渓流釣用に持っていたウェーディングシューズを持参して、大変重宝しました。
YNT

Cimg0126
Cimg0129
Cimg0141
Cimg0142

Posted on 10月 23, 2006 at 08:08 午前 | | コメント (0)

2006.10.22

061022 お疲れ様→穂高湖は満員御礼

お疲れ様→穂高湖は満員御礼お疲れ様→穂高湖は満員御礼 スゴい人出ですね。
 こちらは朝からDVDを見ていたら3本目で寝てしまい、先ほど出掛けました。
 お腹空いた。
 昨夜のタンシチューが懐かしい。
 ξきよもり

> 今日は大池を9:00に出発して石楠花谷第三堰堤からダイヤモンドポイントに11:31に到着。リベンジは成功。穂高湖でご飯を食べていたら、KMRさんご夫妻が現れました。
 NWH

Posted on 10月 22, 2006 at 07:07 午後 | | コメント (0)

2006.10.21

061021 W山行計画:10/28裏六甲・三ツ下谷、10/29比良・八淵の滝~堂満岳

 今日から来週木曜(10/26)まで東京帰省&出張なので、来週末は一日置いてまた東京というわけにもいかないし、10/30からは台湾出張ですから、久しぶり(多分四ヶ月ぶり?)で連チャンで山歩きを堪能したいと思います。
 でも、29日はすでに比良・八淵の滝に予約が入っていますから、28日はどこへ行ったものやら・・・
 と思案していたら、2週間前に慕撫さんがKTUさん達と裏六甲へ行かれたのを思い出して、早速慕撫さんのHPの地図を拝見しました。上流では小滝が続くようで何となく楽しそうですから、ここへ行ってみようと思い、カシミール3Dでトレースを取ってルート図を作りました。

 が・・・、どうも何となく行ったことがあるような気がして、過去の記録を見ていくと・・・ありました。
 それも、2001年9/1と9/8に二週連続で行ってます。最初は多分YNTさんと、二回目は単独でした。
 9/1は谷上から小峠を越えて、谷に入りワラジに履き替えて2時間あまりで炭ヶ谷道に出、そのあとは新穂高を経由して最後は地獄谷東尾根を下っています。
 9/8は同じルートを登って、六甲山牧場を経て地獄谷東尾根の途中から六甲アルプスを下っています。
 今となっては推測の域を出ませんが、一回目は六甲アルプスの取っつきが判らないでそのまま東尾根を降りたので、翌週再挑戦して始めて六甲アルプスを確認したのでしょうね。

 5年も経つとすべてがあやふやな記憶しか残っていませんから、まあ10/28は初めてのつもりで三ツ下谷を上がって、烏帽子岩と天狗岩を探索し、天狗岩から北西に延びる支尾根を谷上へ戻ることにします。
 谷上8:30集合として、石楠花山で昼食という感じでしょう。

010908_mitushitadani_001010908_mitushitadani_002行き先: 裏六甲・三ツ下谷~烏帽子岩、天狗岩探索
日時:10月28日(土)
集合:谷上駅・改札口 8:30
 三宮8:17⇒地下鉄⇒8:28谷上(¥520)
参加者:きよもり、同行していただけるの方はメールをください。
地図:ルート図断面図
行程:
 谷上(8:40頃)→60分→三ツ下谷出合→120分→炭ヶ谷道→10分→烏帽子岩→20分→石楠花山△651.9m(12:30頃、昼食)→10分→天狗岩→120分→支尾根末端→60分→谷上駅(17:00頃)
費用:交通費/地下鉄(三宮~谷上往復)1040円
装備:雨具、着替え、スパッツ、昼食、飲み物、ザイル(20m)
追記:滝は巻くのでワラジは無しのつもりですが、天候と水量次第では、ひょっとしたら渓流シューズを持って行った方がよいかも知れませんね。


10/29比良・八淵の滝~堂満岳の計画は、女性中心の計画に乗せていただきますので、KKUさんが送ってくださった計画書を転載させていただきます。

030824_no51_yatubuthinotaki_001030824_no51_yatubuthinotaki_002 比良・八淵ノ滝登山ツアーのご案内 (八淵ノ滝から堂満岳)
【日時】 10/29(日) (雨天決行但しコース変更) 歩行行程7時間
【集合】 近江高島駅 8:30
【参考】 学園都市5:52⇒三宮6:15⇒JR三ノ宮6:27⇒(快速米原行)⇒住吉6:34⇒大阪6:56⇒7:31京都7:40⇒(JR湖西線永原行乗換)⇒近江高島駅8:26⇒8:30(タクシー)⇒ガリバー青年旅行村8:50
【行程】 ガリバー青年旅行村9:00→60分→10:00大摺鉢→150分→八雲ヶ原(12:30昼食13:30)→30分→14:00金糞峠(305m)→60分→15:00堂満岳( △1050m)→120分→17:00大山口→JR比良駅(18:00頃)
【持ち物】 お昼御飯、雨具、水筒、着替え(水ポチャの可能性あり靴下等)、帽子、タオル、手袋、スパッツ、 ストック
【今現在の参加者】 きよもりさん・AOKさん・NWHさん・MTHさん・KMRさん・ARMさん・KKU
雨天決行ですが、八淵ノ滝を避けてのコース変更になります。
【追記】 ルート図断面図(ルートはきよもりが書きましたが、距離があるので縮小しています。)

三ツ下谷のルート図
061028_

三ツ下谷の断面図
061028__1

比良・八淵の滝~堂満岳のルート図
061029_

比良・八淵の滝~堂満岳の断面図
061029__1

Posted on 10月 21, 2006 at 01:09 午前 | | コメント (3)

2006.10.20

061020 ダン・ブラウン

 秋だからということもないのですが、本を読む機会が増えています。
 たぶん「ダ・ヴィンチコード」以来ダンブラウンに嵌って、そのまま「天使と悪魔」、単行本の「パズル・パレス」「デセプションポイント」と2ヶ月くらいの間に読み終えて、読書癖が付いてしまったのですね。
 でも、あれだけ緻密に計算され尽くした作家には巡り会うことはありませんから、いきおい読みやすい本、題名や作家に引かれて本屋に平積みされた本を買ってしまいます。
061020nobunaganoyohei_1 最近ではやはり好きな津本陽氏の「信長の傭兵」が面白かったですね。

 でも、通勤は片道30分位なので朝晩読める時間はせいぜい20分くらいでなかなか進みません。かといって自宅ではココログの更新や山の計画を作っていて地図にルートを書き込んだり、写真を整理したりと間口が広がると結構時間がかかります。
 そのくせに、時々どうしても映画が見たくなって、インディジョーンズの三部作DVDを買って来て夜中まで見ていたりします。
 こんな調子ですから、本をまとまって読む機会は東京帰省の往復くらいですね。
 一日24時間では足りまへんな~

【MYGさんへの返信】
OKです。
同じ作家でも全く毛色が違うので戸惑うかも分かりませんが、24時間の出来事を場面切替と緊張感で引っ張る文体はやはり非凡です。
061020_ijyokisyourimasu_1今は読む本が無くなって、シドニーシェルダンという作家の最新作「異常気象売ります」を読み始めていますが、並行して月刊?グインサーガも通勤中に読んでたり、キムタク主演の映画「武士の一分」になる藤沢周平の原作本も手元にあったりします。
シドニーシェルダンって知ってますか?20年近くも前に「ゲームの達人」という本でデビューした日本で云うと赤川次郎みたいな文節が短くて読みやすい大衆向けミステリー作家です。
この辺りを読んでると、ダンブラウンの緻密な筋立てと蘊蓄は誰にも真似できないのではないかと思ってしまいます。

【MYGさんからのメール】
MYG 2006/10/20 09:18
宛先: きよもり
件名: ダン・ブラウン

おはようございます。
爽やかな天気ですね!

061020pazzlepalaceKGWさんに、きよもりさんからお借りしている”パズル・パレス”を渡されたのですが
継続でお借りしても大丈夫でしょうか??
天使と悪魔 読み終わりました!
中巻からの展開が面白かったです。
来週お送りします、長い間すみませんでした。。
そして有難うございました!!
きよもりさんのお陰で、読書の秋を満喫しました。


Posted on 10月 20, 2006 at 02:19 午後 | | コメント (0)

2006.10.19

061019 野坂への想い

古い記録を引っ張り出して、雨に濡れて読めない下手な字を解読しました。

【MTNさんへ問い合わせ】
有り難う御座います。
当時の記録を見てもなかなか分からない書き込みや記載漏れがあって・・・
記録から転記した記録を貼り付けておきます。
8/10重廣夫妻と再会したのは21:15のようです。
8/13~17は途中大御影辺りからの雨で携帯電話に水が入り、メールや電話が使えなくなりました。
14日は粟柄河内谷乗越でAOKさんと待ち合わせだったけど彼が来て無くて、電話も通じないから途中まで探しに行ったものの真っ暗になって危険なので、諦めて引き返して一人で寝ました。
16日はMTNさんが野坂の小屋まで夜中に迎えに来てくださったのですが、その時間が手帳に書いてなかったから、21:40としましたが、寝付いてしばらくしてからだったと思い書きましたが果たして正確には何時だったのでしょう?
あと分からないのは、8/13の朝ですが、近江今津7:40発で天増川口に7:58に着いていますからこの日もMTNさんに送っていただいたのだと思います。
もう一度風神でお会いしたのか、もっと手前のロクロ山辺りでお会いしたのかその辺りがはっきりしません。手帳ではP630でお会いしたことになっているのですが・・・

お忙しいのにすいません。

【記録】
2003年8月10日(日)
行き先:野坂岳
参加者:MTNさん、きよもり
行 程:
 自宅4:56→5:04JR灘5:11⇒6:27京都6:36⇒7:36近江今津7:55⇒MTNさん車⇒8:15天増川口(重廣夫妻下車)8:35⇒9:25関峠⇒9:40いこいの家(車デポ)
 いこいの家10:00→10:21椎の木地蔵10:32→10:50630m11:12→11:24一の岳→11:38800m11:53→12:00二の岳→12:07三の岳→12:12野坂岳(一等△913.5m)13:44→13:55西尾根藪刈り→14:35取っ付き点→15:50850m付近16:10→16:35野坂岳16:57→17:04三の岳→17:09二の岳→17:21一の岳→17:25行者の袖地蔵s→17:40椎の木地蔵17:47→18:03いこいの家
 いこいの家18:10⇒18:50十村(重廣夫妻乗車)21:15⇒22:55JR山科23:05⇒23:40大阪・梅田24:00⇒24:38王子公園⇒24:50自宅

030813

2003年8月13日(水)~17日(日)
行き先:江若国境・三十三間山~三国山~野坂岳
参加者:きよもり(単独) 8/13、8/16、17はMTNさん同行
装 備:25.2kg
行 程:
 8/13(水) 曇り
 自宅5:01→5:11JR灘⇒6:276:27京都6:36⇒7:36近江今津7:40⇒MTNさん車⇒7:58天増川口8:10→8:45尾根上(230m)9:00→9:13コル(280m)9:24→9:46広い草原・P358m手前(早昼食)10:06→10:10P358mひっつき虫の草原→10:40420mピーク→10:50風のコル(八幡のコル320m)11:08→11:30右折(405m)→11:57400m12:19→12:36迷点6(右折の迷点)→13:00萱の藪→13:15松の大木13:24→13:39630m小ピーク(MTNさん)13:55→14:11轆轤山(△662.5m)14:25→14:41685m14:53→15:19風神(おにぎり)15:47→16:08三十三間山(△842.3mMTNさん別れ)16:25→17:05P838m(ガス)17:10→17:22広尾根(ぶな古木)→17:43右折(美浜山遊会道標)→草原→17:51迷点・左折→17:54迷点の下(770m)18:10→18:27迷点2・右折(広い尾根)→18:40能登野越→19:00天増川林道(640m、幕営地)→19:10水場往復19:28→19:38天増川林道(幕営、21:20夕食、21:40就寝)
 8/14(木) 雨
 天増川林道幕営地(5:40起床、7:00朝食)7:52→尾根の藪コギ→8:22マイクロ東の道8:30→8:59小御影山(大日山△750.9m)9:10→9:45800m10:00→10:24三重岳分岐10:35→ノコ→11:40P780m(昼食)12:21→13:10メール13:25→13:40大御影山(△950.1m)13:55→14:15940m14:25→14:50県境尾根入口・左折15:10→広い尾根→16:00810m16:10→17:00谷→迷→17:20戻り→17:35粟柄河内林道(幕営地)・19:15→大谷山方面へ・AOKさん探し→20:55折り返し→20:55粟柄河内林道(幕営、21:35夕食、22:10就寝)
 8/15(金) 曇り
 粟柄河内林道(5:40起床、7:30朝食)8:30→登山ノート記入→9:00610m→9:20急坂上(750m)9:30→9:53急坂終わり9:59→10:08茅の草原→10:29大谷山(△813.9m)10:35→11:20寒風山(850m、昼食、展望良好)12:30→12:39迷点3・右折→下る→12:45雨具脱ぐ12:55→14:15粟柄越14:25→14:50赤坂山(△823.8m)15:00→15:15明王の禿→15:25禿の上15:35→15:45水場→16:00戻り→16:08禿の下→県境尾根藪→戻り→16:26禿の下→16:49巻き道16:55→17:04県境の登山道→17:22三国山(△876.3m、幕営、19:30夕食、20:00就寝)
 8/16(土) 曇り時々雨
 三国山(5:10起床、6:20朝食)7:00→7:23小ピーク→7:28P827m→7:30鉄塔17:40→長いジグザグの下り坂→8:34コル(580m・最低鞍部)8:45→植林界の登り→迷・左の谷へ→9:25尾根の上・戻り→9:45元の植林界・偵察(雨上がる)10:25→藪刈り→11:30ブナ林(750m、昼食)12:20→広い尾根→13:00ヌタ場→13:10P806m(テント場)13:20→藪刈り→14:35P866m→15:05迷尾根→15:15迷点2→16:15四等△727.0m(クラッカー)16:40→17:04鉄塔2→17:19P797m手前(急坂上)17:26→17:50国境分岐→17:58野坂岳(一等△913.5m)→18:00避難小屋(19:30夕食、21:20就寝、21:40MTNさん登場)
 8/17(日) 晴れ
 避難小屋(5:00起床、6:30朝食)7:35→8:05一の岳8:20→8:45椎の木地蔵8:50→9:12登山口
 登山口・駐車場9:24⇒MTNさん車⇒10:30長浜10:45⇒新快速⇒12:36三ノ宮12:45⇒12:50王子公園→13:00自宅
 

Posted on 10月 19, 2006 at 07:50 午後 | | コメント (2)

2006.10.18

061018 母の絵手紙

061018_hahanoetegami_001 出張や東京へ帰ったりしてしばらく連絡もしなかったら、心配して母から留守電が2回も入っていました。
 九州から帰ってきてすぐに電話を入れ、元気だよ!と言ったら怒りもしないで、翌々日この絵手紙と梅干し・めざし・山の芋・焼き豚など箱いっぱいに詰めた宅急便が届きました。
 幾つになっても子供は子供、心配かけてすみません。
 でも、つい半年前までは山へ行くたびに、一人ではだめよとか、懐炉を忘れるなとか言っていたのに、毎週東京へ帰るようになったら、今度は、たまには山へ行って気を紛らわせた方がよいから行きなさいと言うようになりました。やはり、親心なんですね。

Posted on 10月 18, 2006 at 10:38 午後 | | コメント (0)

2006.10.17

061017 山行記録(写真):例会89/箕作山~太郎坊山

二日遅れになりましたが、例会の写真をアップします。記録・地図などは再掲です。

10/15の山仲間第89回例会は17名のご参加をいただき、秋晴れの爽やかな空の下、快適な尾根歩きと、休憩毎に出される皆さんご持参の果物やおやつなどで飽食気味ながら楽しい一日でした。
有り難う御座います。

山仲間第89回例会 湖東・箕作山~太郎坊山
日 時:平成18年10月15日(日) 9:24~15:20
行き先:湖東・箕作山~太郎坊山
参加者:17名
地 図:断面図ルート図
行 程: 快晴、20℃
 JR三ノ宮7:35⇒新快速⇒大阪⇒京都⇒9:10(7分遅れ)近江八幡9:12⇒近江鉄道⇒9:24市辺
 市辺駅9:24→9:30阿賀神社(トイレ・体操)9:45→万葉歌碑→9:53舟岡山展望台→10:10用水池→10:13十三仏参詣道入口→10:24休憩所(200m・リンゴ)10:34→10:48十三仏(たこ焼きまんじゅう)10:57→11:00岩戸山→11:15小脇山(△373.6m/昼食(ホットドッグカレーうどんアップルコンフォートケーキ)、太郎坊展望SSKさん合流)12:38→13:00箕作山箕作城址分岐→13:23万霊観音→13:28瓦屋禅寺(トイレ・リンゴ)13:44→13:47戻り・万霊観音13:51→13:56赤神山分岐→14:05太郎坊山(赤神山)小脇山展望14:23→14:28太郎坊宮分岐→14:40太郎坊宮(参拝・リンゴ、ケーキ)14:58→階段太郎坊宮鳥居→15:20太郎坊宮前駅
 太郎坊宮前15:53⇒近江鉄道⇒16:07近江八幡(解散)
コメント:
 今回は歩行8kmと短い上に、高低差も少ないため至極のんびりした山行になりました。
 行程中の歩行時間2:22に対して休憩時間2:54で休憩時間の方が長かったことになります。
 よく食べ、よく食べた山行でした。

【写 真】28枚
061015_mitukuriyama_001061015_mitukuriyama_002061015_mitukuriyama_003

061015_mitukuriyama_004061015_mitukuriyama_005061015_mitukuriyama_006

061015_mitukuriyama_007061015_mitukuriyama_008061015_mitukuriyama_009

061015_mitukuriyama_010061015_mitukuriyama_011061015_mitukuriyama_012

061015_mitukuriyama_013061015_mitukuriyama_014061015_mitukuriyama_015

061015_mitukuriyama_016061015_mitukuriyama_017061015_mitukuriyama_018

061015_mitukuriyama_019061015_mitukuriyama_020061015_mitukuriyama_021

061015_mitukuriyama_022061015_mitukuriyama_023061015_mitukuriyama_024

061015_mitukuriyama_025061015_mitukuriyama_026061015_mitukuriyama_027

061015_mitukuriyama_028

【断面図】
061015t_mitukuriyamadanmen

【ルート図】 GPS GARMIN 60CSxのトラックは無修正です。
061015t_mitukuriyama


Posted on 10月 17, 2006 at 12:01 午後 | | コメント (0)

2006.10.16

061016 山行記録:例会89 箕作山~太郎坊山

昨日の山仲間第89回例会は17名のご参加をいただき、秋晴れの爽やかな空の下、快適な尾根歩きと、休憩毎に出される皆さんご持参の果物やおやつなどで飽食気味ながら楽しい一日でした。
有り難う御座います。

山仲間第89回例会 湖東・箕作山~太郎坊山
日 時:平成18年10月15日(日) 9:24~15:20
行き先:湖東・箕作山~太郎坊山
参加者:17名
行 程: 快晴、20℃
 JR三ノ宮7:35⇒新快速⇒大阪⇒京都⇒9:10(7分遅れ)近江八幡9:12⇒近江鉄道⇒9:24市辺
 市辺駅9:24→9:30阿賀神社(トイレ・体操)9:45→9:53舟岡山展望台→10:10用水池→10:13十三仏参詣道入口→10:24休憩所(200m・リンゴ)10:34→10:48十三仏(たこ焼きまんじゅう)10:57→11:00岩戸山→11:15小脇山(△373.6m/昼食SSKさん合流)12:38→13:00箕作山→13:23瓦屋禅寺(トイレ・リンゴ)13:44→万霊観音13:51→13:56赤神山分岐→14:05太郎坊山(赤神山)14:23→14:28太郎坊宮分岐→14:40太郎坊宮(参拝・リンゴ、ケーキ)14:58→15:20太郎坊宮前駅
 太郎坊宮前15:53⇒近江鉄道⇒16:07近江八幡(解散)
コメント:
 今回は歩行8kmと短い上に、高低差も少ないため至極のんびりした山行になりました。
 行程中の歩行時間2:22に対して休憩時間2:54で休憩時間の方が長かったことになります。
 よく食べ、よく食べた山行でした。

行程図:
GPSのトラックです。
GARMINの60CSxの高性能はすでになんどか取り上げましたが、昨日のトラックデータもスタートからゴールまで全く途切れないで完全に記録されていました。
061015t_mitukuriyamadanmen

061015t_mitukuriyama

Posted on 10月 16, 2006 at 01:07 午後 | | コメント (0)

2006.10.15

061015-3 ゴキゲン

061015-3 ゴキゲン 今日は早く降りて来ましたから京都タワー下で汗を流して味彩やで盛り上がっていました。
 気心の知れた山仲間同士です。
 ξきよもり

Posted on 10月 15, 2006 at 08:24 午後 | | コメント (0)

061015-2 感謝

061015-2 感謝061015-2 感謝 皆さんにお誕生日の御祝いをしていただきました。
 ユーハイムのアップルコンフォート!
 別腹も満足です。
 有り難うございます。
 ξきよもり

Posted on 10月 15, 2006 at 12:12 午後 | | コメント (0)

061015 カレーうどんとホットドッグ

061015 カレーうどんとホットドッグ061015 カレーうどんとホットドッグ 小脇山の三角点で早い昼飯です。
 緩いコースなので山頂でカレーうどんを作ったり、ホットドッグを焼いたり手作りの昼ご飯は盛り沢山です。
 ご馳走さま!
 ξきよもり

Posted on 10月 15, 2006 at 11:45 午前 | | コメント (0)

2006.10.14

061014 明日も快晴

061014 明日も快晴 今日で62歳。
 折角の誕生日なのに今日は出勤日ですから少し残念です。
 明日は例会で湖東の箕作山〜太郎坊山です。
 晴れそうで良かったですね。琵琶湖を取り巻く山々の展望が楽しみです。
 ξきよもり

Posted on 10月 14, 2006 at 08:24 午前 | | コメント (1)

2006.10.13

061013 週末も快晴?

061013 週末も快晴? 今週は久し振りにずっと神戸ですが、火曜日以外は快晴が続いています。
 日曜日も天気が良さそうですね。
 ξきよもり

Posted on 10月 13, 2006 at 01:42 午後 | | コメント (0)

2006.10.12

061012 山渓がインプレスの子会社化

今朝、何気なくスラッシュドットコムの記事を流し読みしていたら「インプレス、山と溪谷社を子会社化」という活字が飛び込んできました。
AIソフトがエプソンの子会社になってもあまり意外性はないですが、「山と渓谷」と云えば、「岳人」と共にきよもりが生まれる前からの山の専門誌です。
今後どういった方向を歩むのか気になりますが、今まで通り綺麗な写真掲載が続くよう祈ります。
まさか山渓関西の地元密着型のガイドブックや機関誌など無くならないと思いますが少し心配です。

http://www.impressholdings.com/release/2006/063/
各位

                         2006年10月11日
            株式会社インプレスホールディングス
                   (証券コード:東証一部9479)

 株式会社 山と溪谷社の株式取得(子会社化)に関する基本合意書締結のお知らせ

 当社は本日、株式会社 山と溪谷社(本社:東京都港区、社長:川崎吉光、以下「山と溪谷社」)の株式を取得し子会社化することについて、同社と基本合意書を締結いたしましたので下記の通りお知らせいたします。

以下は続きを読むをご覧下さい。

各位

                          2006年10月11日
             株式会社インプレスホールディングス
                   (証券コード:東証一部9479)

株式会社 山と溪谷社の株式取得(子会社化)に関する基本合意書締結のお知らせ

 当社は本日、株式会社 山と溪谷社(本社:東京都港区、社長:川崎吉光、以下「山と溪谷社」)の株式を取得し子会社化することについて、同社と基本合意書を締結いたしましたので下記の通りお知らせいたします。

                   記

1.新規事業分野への展開について
 インプレスグループは専門メディアグループとして、「IT分野」「音楽分野」「デザイン分野」「医療分野」の4分野において出版メディア事業及びデジタルメディア&サービス事業を展開しておりますが、このほど新規事業分野として「山岳・自然分野」へ進出いたします。
 山岳、自然、アウトドア関連マーケットは、シニア層を中心に堅実な固定ファンを確保しています。同マーケット関連コンテンツのデジタル対応による新規事業創出の可能性に期待し、山岳・自然分野への参入を決定いたしました。

2.株式取得の理由
 山と溪谷社は、創業以来76年間『登山の大衆化とゆとり』をテーマとして、月刊誌『山と溪谷』を中心に、国内外で山岳・自然科学・アウトドア・旅・スキー等の分野で出版活動を展開しております。
 インプレスグループは新規事業分野への進出にあたり、山岳・自然分野で確固たるブランドを確立し、専門性の高いコンテンツ力を有する山と溪谷社との提携が今後の事業展開に有効であると判断し、株式取得を決定いたしました。

3.子会社化後の事業方針
 今後は、山と溪谷社が従来手がけていた出版メディア事業をより積極的に発展させていくとともに、山と溪谷社が保有する豊富なコンテンツとインプレスグループが持つメディア技術力を融合し、コンテンツのデジタル化・サービス化により顧客の皆様に新しい価値を提供してまいります。
 また事業運営や経営管理において、インプレスグループとの経営資源の共有・統合を進め、利益率の向上を目指します。

4.子会社化の概要

(1)子会社となる会社の概要
商号 株式会社 山と溪谷社
代表者 代表取締役 川崎 吉光
所在地 東京都港区赤坂一丁目9-13
設立年月日 1940年4月30日
主な事業内容 登山、スキー、旅行等に関する雑誌・書籍の出版・販売
決算期 8月31日
従業員数 67名 (2006年8月末現在)
URL http://www.yamakei.co.jp/
資本の額 45百万円
発行済み株式数 900,000株
大株主構成および所有割合 川崎吉光  16.8%
              日本出版販売株式会社  13.33%
当社との関係 記載すべき事項はありません

最近事業年度における業績(単位:百万円)
061012_yamakei

(2)株式の取得の内容
既存株主26名より900,000株を45百万円にて取得(予定)

(3)異動の前後における所有株式の状況
異動前の所有株式数     - 株 (所有割合 0.00%)
取得株数         900,000株
異動後の所有株式数  900,000株 (所有割合 100.00%)
※本基本合意は発行済み株式数の100%取得を停止条件としております。

(4)株式取得の日程
2006年10月11日  取締役会決議
2006年11月30日  株式取得日(予定)

5. 今後の見通し
 本株式取得が予定通り実行された場合、山と溪谷社は当社の連結子会社となりますが、当社単体および連結の業績に与える影響は現時点では未定です。判明次第、速やかにお知らせいたします。    

                                       以上

≪本件に関するお問合せ先≫
株式会社インプレスホールディングス 社長室 広報担当
Tel: 03-5275-9010 / E-mail: release@impressholdings.com
URL:http://www.impressholdings.com/

Posted on 10月 12, 2006 at 10:56 午前 | | コメント (0)

2006.10.11

061011-2 秋刀魚の秋

061011_20490001061011_21000001 今日はさんま2匹298円。
 2匹とも焼いたら食べ切れないから1匹は開いて小骨と皮をそいで刺身にして食べました。
 刺身なんて生まれて初めて捌いたけど、捨てるところが多くて大変ですね。
 でも旬だから脂がのって美味しかったです。

Posted on 10月 11, 2006 at 09:59 午後 | | コメント (0)

061011 11/26山仲間第90回例会:野坂岳の案

 当初10月に予定していた加越国境の野坂岳ですが、JR新快速の敦賀乗り入れが10/21からなので11月に延期します。
 おじゃま虫さんからJRの時刻表や循環バスの時刻の情報を戴いて、日帰りコースを組んでみました。おじゃま虫さん、有り難う御座いました。
 これで、日帰りの目処が立ちました。

 添付地図ではJR小浜線・粟野から歩くことにしていますが、敦賀で小浜線の連絡が悪いため敦賀からキャンプ場上の野坂登山口までタクシーを利用します。そのため行程は8km、歩行時間は4時間程度と手頃なコースになります。

 11/26 山仲間第90回例会 加越国境・野坂岳
 ルート:地図断面図
 行程案
  JR三ノ宮7:20⇒新快速敦賀行き⇒7:45大阪⇒8:15京都⇒(湖西線経由)⇒9:51敦賀⇒タクシー⇒10:30粟野・野坂岳登山口(10:30頃)
 野坂岳登山口(10:40頃)→60分→行者の袖地蔵→30分→野坂岳△913.5m(昼食)13:00頃→30分→鉄塔道分岐→60分→黒河川支流→60分→山バス停(16:30頃)
 山バス停17:01⇒循環バス(黄色)⇒17:37敦賀17:55⇒JR新快速(北陸線経由)⇒19:42京都⇒20:13大阪⇒20:35三ノ宮
 交通費:約4000円(京都~敦賀/\1620、循環バス/\200位、タクシー1人/\500位)
 持ち物:防寒具、雨具、昼食、飲み物、念のため軽アイゼン、ストック、スパッツなど

 お断り:鉄塔道のルート確認、コースの下見を兼ねて11/18、19で江若丹同好会を予定しています。頂上避難小屋泊まりでベテランの方数名で下見に行く予定です。限定メンバーだけになりますのでご了解下さい。

ξ
■P きよもり 【山仲間】
 ̄ URL : http://morii3.cocolog-nifty.com/
E-mail : KGH03517@nifty.com
_/_/_/_/_/ 06.10.11 12:43 _/_/_/_/_/

0611

0611_1

Posted on 10月 11, 2006 at 12:46 午後 | | コメント (0)

2006.10.10

061010 拝復91:粕尾の今

久しぶりにO子さんからメールをいただきました。
相変わらずお元気そうで良かったです。
でも高齢者の運転はご本人が気をつけても相手があることですからくれぐれも慎重にされるよう祈ります。

【きよもりの返信】
 ご心配ご配慮恐縮です。
 体重は山仲間のHRIドクターの話では水分が増減するだけで、食べても食べなくても皮下脂肪は運動しないと減らないそうです。
 きよもりの場合は、食べて飲んだらすぐ太るし、飲む量を減らすとすぐ痩せます。
 東京へ帰る機会が増えて、子供達との接触が増えるのは楽しいことですが、一緒に食事しながらついビールを飲んでしまうので、体重が一気に増えます。
 今回は一日缶ビールひと缶に抑えましたから、あまり増えませんでした。

 色々とご心配いただいて大変ありがとうございます。
 二週間神戸にいて、21日からまた東京、台北、大阪と一週間単位で出張が続きますが、丈夫だけが取り柄で、健康を神に感謝しています。

 日光の方も秋が深まっているでしょうね。
 四季折々の変化が空の色、木々の緑、虫の音とともに、移りゆく花々から感じられる日本は本当によい国だと思います。
 小泉さんとは異なる道を歩みそうですが、安部さんにもがんばってほしいし、二代続く政治屋らしからぬ風貌を持つ宰相に期待したいと思います。

【O子さんのメール】
061007_okosan_higanbana2006/10/07 14:50
宛先: "きよもり"
件名: 粕尾の今
きよもり様
 暫くで御座います。
 上海、博多、札幌、神戸、東京広範囲でのご活躍の日々を或る時は楽しく、在る時は少しハラハラしながら拝見致して居ります。少しスリムになられたのは矢張り少しスケジュールがオーバーかしら?
 等と年寄りの取り越し苦労?ですね。

 今月初めの粕尾路は道の両側に彼岸花の群生、その奥の畑に真っ白な蕎麦の花が咲き、コントラストの美しさに目を奪われながらの運転となりました。(勿論安全運転ですが)
 ログの庭は目下コスモスの天下です。(昔ながらのオーソドックスな色彩りのもの)萩はそろそろ盛りを過ぎていました。

 来る10日からは2泊3日で友人と二人でログ泊の予定です。
 何と彼女は当日神戸から上京、東京駅へ出迎えて一路ドライブで山へ向かいます。
 天王寺の小学校1年生から夕陽丘高女時代を共に過した友人です。
 今は垂水在住で亡くなられたご主人は私の神戸高校の先輩、大学は北大で私の父の後輩のドクターでした。
 阪神大震災の被害も大きく一時は大変心配致しましたが持ち前の頑張りで再起されこうして70年近い付き合いを続けられる事の幸せをお互い感謝致して居ります。
 長い間の人生には本当に思いも懸けぬ出来事に遭遇するものですが、今ある事の幸せを忘れず残された日々を流れに逆らわず生きて見たいと思うこの頃です。
 久々に長いお喋りで失礼致しました。奥様のご快癒祈らせて頂きます。
 自然の秋をココロに取り込み穏やかにお過しください。
 O子

Posted on 10月 10, 2006 at 02:42 午前 | | コメント (0)

2006.10.09

061009 KMRさんの木曽駒便り

昨夜、連休に木曽駒へ行かれたKMRさんからメールをいただきました。
下界とは打って変わって山上は相当荒れていたようですが、装備もしっかりされていたので、無事下山されたようです。
同じ頃、北アルプスでも遭難騒ぎがありましたが、ニュースでは無事下山されたようですね。でも、気仙沼沖の海上遭難はまだ発見されていないとか・・・

木曽駒を中心とした中央アルプスは30年も前は北アルプスや南アルプスから離れた山域として、春山の対象として人気がありましたが、交通が不便でなかなか行きにくい山でした。
いまでは中央道で麓まで行き、駒ヶ岳ロープウェイで一気に千畳敷(2650m)まで上げてくれますから、凄くアプローチが良くなって人気スポットになりましたが、今回のような天候では、一般登山者を拒絶する厳しさがありますから、無事で何よりでしたね。

以下はメールのやり取りです。

【きよもりの返信】
Date Mon, 9 Oct 2006 14:46:37 +0900 (JST)
From きよもり
To kmr
Subject Re: 無事帰ってきました
 お疲れ様でした。
 天気が思わしくなかったようですが、無事で何よりでした。
 東京は3日間快晴でしたが、中央アルプスは下の方は晴れていても高所は厳しい寒気が包んで天気が悪かったのですね。
 中央アルプスはアプローチが悪くて東京時代のも足を向けたことはありませんが、東京の仲間も数年前に行って、ロープウェイが2時間待ちで諦めて千畳敷まで歩いて登ったと言っていました。
 仰るとおりアプローチがよいとピクニック気分でどんどん人が上がりますが、もちろん本格的な山の装備を用意している人よりハイキング気分で上がってくる人の方が多いので、荒天下では遭難の危険があって油断禁物です。

 でも、今の時期にすでにアイゼンを持って行くのは山慣れした人でも少ないのではないでしょうか。さすがはたいしたものです。
 11月の野坂は天候によってはみぞれが降る可能性もありますから、参加される皆さんにも雨具以外に防寒具、アイゼン、ホッカイロなど忘れないよう案内します。

 今日は裏六甲の石楠花谷ですね。出合の滝以外は難しいところはなかったと思いますが、中流で迷いやすいので果たしてうまくドライブウェイに出られたでしょうか?
 そろそろ家を出て病院に寄って帰ります。


【KMRさんからの写真メール】
061008_kisokoma
----- Original Message -----
>From: "KMR"
>Subject: 無事帰ってきました
>Date: Sun, 8 Oct 2006 19:14:16 +0900
>MTHさん、FTSさん立山は如何でしたか?
>お天気は大丈夫でしたか。
>
>私達(ARMさん・主人)は昨日の朝早く(3時半)自宅を出て、駒ケ岳ロープウェイで一気に千畳敷まで上がりましたが、麓は天気が良かったのですが上に上がると霧雨でとりあえず「宝剣山荘」にチェックインし荷物を置いて空身で木曽駒ケ岳をピストンしてきました。
>
>とにかく頂上についたというだけで視界はほとんどなくすぐ降りてきました。今朝、小屋の外に出ると全て凍っておりびっくりしました。
>本当は山荘から宝剣岳に登って空木岳に行く予定でしたが、宝剣岳はあきらめてとりあえずアイゼンをつけて千畳敷まで下ってそこから極楽平まで登り空木岳に行こうと思いましたが、稜線に出ると風が強くでとてもとても歩ける状態ではなく引き返してきました。2人の男性が途中まで行ったが寒くて顔が凍傷になりそうと言って引き返してきてましたね。
>今回の収穫はナナカマド、チングルマの氷花が見れたことかな。全ての植物が凍ってました。(写真添付)
>
>もう一人若い男性が行けるとこまで行くと言っていきましたがやはり無理で戻ってきてました。
>撤退するのは勇気がいりますが山は逃げないのでまた次回に期待します。
>
>帰ると白馬岳と奥穂高で遭難があったみたいでやはり行かなくて正解でした。この時期は一夜で冬山になるので怖いです。
>今回いろんな人に会いましたがとにかく装備が不十分な人が多いのにびっくりしました。アイゼンを殆どの人が持ってないし手袋なしで来ていた人もみかれましたし。
>
>Gパンで来ていた人。季節はずれの夏の帽子の人。スニーカーの人。合羽を持ってきていない人......
>木曽駒ケ岳はロープウェイで2600メートルまで上がり誰でも簡単に登れると思っているのでしょうね。山はそんなに甘くはないです。特にこの時期は。
>いろいろ勉強になった登山でした。
>
>明日はNWHさん達と石楠花谷に行ってきまーす。
>また15日の例会で皆さんお会いしましょうね。
>
>では。
>
>10/8  KMR

061008_kimurasan_kisokoma_senjyojiki

061008_kimurasan_kisokoma_douhyou

061008_kimurasan_kisokoma_tinguruma

Posted on 10月 9, 2006 at 03:48 午後 | | コメント (0)

061009 牛タンブロック

061009 牛タンブロック 昨夜帰り道でようやく牛タンブロックを見つけて買いました。
 一昨日は当初牛タンシチューを作ろうと大きな食品スーパーを三軒回りましたがどこにもタンブロックや牛タンの厚切り肉は置いてありません。
 結局「肉のハナマサ」でブロックを見つけて100g1029円とべらぼうな値段ですが、取りあえず購入しましたから、再来週帰ってきたときに牛タンシチューに挑戦したいと思います。

Posted on 10月 9, 2006 at 03:11 午後 | | コメント (0)

2006.10.08

061008-2 秋葉にいます

061008-2 秋葉にいます061008-2 秋葉にいます 映画が終わってアキバに来ています。
 ・・・とメールを入れたら即、息子から返事。似たもん親子と言うか?
 お互い行くところは一緒です。

 ξきよもり

Posted on 10月 8, 2006 at 03:22 午後 | | コメント (1)

061008 今日も快晴東京

061008 今日も快晴東京061008 今日も快晴東京 昨日今日と東京は曇りのないきれいな青空が広がっています。
 息子は用があって池袋に出掛けちゃったから、独りで映画を見て秋葉原から病院にまわるつもりです。
 東京へ帰ったら何故か毎回晩御飯当番になっていて、昨夜はビーフシチュー、今夜は豚肉と大根の昆布煮を作りました。
 スローポットなので仕掛けが終わったらあとは、4〜5時間待つだけです。
 こんなに便利な器具が何故日本で流行らないのか不思議ですね。
 器具も4千円位だし、調理時間や保温設定する24時間タイマーを一緒に買っても6千円位なのに・・・
 ξきよもり

Posted on 10月 8, 2006 at 11:38 午前 | | コメント (0)

2006.10.07

061007-2 台風一過

061007_teikiatu 東京へ帰ってきたら、こちらは昨夜まで3日連続の嵐だったそうです。
 天気図を見ると、台風が2つ合体して最初は990hPaくらいだったのが、台風から熱帯低気圧を経て低気圧になったのに970hPaまで勢力が大きくなっています。
 今夜から明日にかけて、東北の太平洋岸、北海道東部は更に大荒れでしょう。昼のニュースでは気仙沼沖で漁船が座礁しているそうで乗組員の安否が懸念されます。
■P きよもり 【山仲間】

_/_/_/_/_/ 06.10.07 12:26 _/_/_/_/_/

Posted on 10月 7, 2006 at 12:30 午後 | | コメント (0)

061007 山仲間第89回例会案内:湖東・箕作山~太郎坊山

スミマセン!以下の2箇所訂正です。
阪急三宮はJR三ノ宮の間違いでした。
11月の例会は11/19(日)ではなく11/26(日)に開催とさせていただきます。

060923_mitukuriyama_022                             平成18年10月6日
山仲間諸兄諸姉
                            山仲間事務局・きよもり
   山仲間第89回例会・湖東/箕作山~太郎坊山

 朝晩が涼しくなり秋の訪れを感じられる季節になりました。今年は大きな台風の被害もなく稲穂の実りも良いようですが、皆様ご健勝のことと存じます。
 9月の廃村八丁はロングコースにもかかわらず15名ものご参加をいただき、予定以上のハイピッチで無事完歩していただきました。ありがとうございました。
 10月の例会は当初予定の加越・野坂岳が新快速運転延長開始日に間に合わないため、変更して湖北・箕作山~太郎坊山の尾根歩きをのんびりと楽しんでいただこうと思います。
 このコースは標高僅か400mの低山ですが、近江平野の中央に位置するため周辺に遮るものもなく、西は比良山系から比叡山、南は湖南アルプス、東は御在所山から藤原岳、更に北へ霊仙山、伊吹山まで360度の展望を楽しんでいただけます。
 途中には聖徳太子が四天王寺を建立するため、この地で10万8千枚の瓦を焼き、その瓦を管理するために建立したと伝わる瓦屋禅寺もあり、紅葉の名所になっています。また太郎坊山は全体が巨岩を積み上げた特異な三角錐の秀峰です。
 コースは全体で8kmしかなく、道が整備され歩きやすいので無理なく楽しんでいただけると思います。9/23の下見時のように好い天気に恵まれることを祈りましょう。
 参加される方は10月14日(土)までにメール、FAXにてご連絡いただきますようお願い申し上げます。
                                                               敬具

             __記__
開催日:平成18年10月15日(日) 
行き先:湖東・箕作山~太郎坊山(難易度:初級の中/展望の尾根歩き)
     25千分の1地形図:「八日市」
集 合:10/15 近江鉄道八日市線・市辺駅 9:30
 参考:JR三ノ宮7:35⇒新快速⇒8:00大阪⇒9:03近江八幡(乗換)9:12⇒近江鉄道八日市線⇒9:23市辺
行 程:
 市辺9:30頃→10分→阿賀神社(トイレ・体操)→30分→十三仏参道入口→30分→十三仏(305m)→20分→小脇山(三等 △373.6m、11:30頃/昼食)→30分→箕作山(374m)→20分→瓦屋禅寺(13:30頃)→20分→太郎坊山(赤神山)→20分→太郎坊宮→20分→成願寺→20分→太郎坊宮前駅(16:00頃)
 太郎坊宮前16:11⇒16:26近江八幡(解散)16:40⇒18:06三ノ宮
  参考:太郎坊宮前発 15:14、15:54、16:11、16:48、17:11、17:48
  歩行距離:8km 所要時間:約6時間30分(歩行時間:3時間40分)
持ち物:昼食、飲み物、雨具
費 用:交通費/550円(近江鉄道フリー切符、人数分まとめて購入します)
   近江八幡までは各自ご購入下さい。(京都~近江八幡\650、京都までは昼特利用がお勧め)
追 記:11月の例会は10/21から湖西線が敦賀乗り入れになりますので、11/26(日)に野坂岳に行く予定です。
   12月の例会は12/17播州アルプス、桶居山(オケオキヤマ)を予定しています。高御位山の隣です。

きよもり 【山仲間】
E-mail : KGH03517@nifty.com
  URL : http://morii3.cocolog-nifty.com/
  自宅TEL/FAX : 078-882-5101
携帯(au):090-4491-0586
_/_/_/_/_/_/_/_/ 06.10.06 07:30 _/_/_/_/_/_/_/_/
下見の記録、写真などは060930 山行記録:湖北・箕作山例会下見(写真)をご覧ください。

断面図ルート図

Posted on 10月 7, 2006 at 12:14 午前 | | コメント (0)

2006.10.06

061006 福岡ドーム

福岡ドーム福岡ドーム 昨日と今日はYahoo!ドームの横のシーホークホテルで講演会です。
 3年前に来たときにはホークスの優勝が決まった後の最終戦で賑わっていましたが、今年はプレーオフ待ちで今日の天気と同じように嵐の前の静けさです。
 Vサインはきよもりの指ではなく、ホークスの鷹のモニュメントですから為念。
 15日の箕作山例会の案内はほとんど出来ていますが今朝は地図を貼る時間がなくてHPに掲載できるのは、今夜神戸に帰ってからになります。
 スミマセン!
 ξきよもり

Posted on 10月 6, 2006 at 08:48 午前 | | コメント (0)

2006.10.05

061005 朝風呂

朝風呂朝風呂 昨日で取りあえず ひと仕事終わったので一段落です。
 今日明日は博多ドームの近くで講演会。
 3日間目一杯仕事して夜は飲み会でしたからゆっくりする余裕もなく風呂にも入れませんでした。

 この西鉄イン 博多ホテルは最近出来て駅に近いので便利です。
 一番の特徴は1階に大きな大浴場があることと、2階ロビーが「つぼ八」に直結?していることでしょうか。
 6:30から朝風呂に入って久し振りに骨休めが出来ました。やっぱり部屋や自宅マンションのシャワーではこうはいきません。
 サウナも、露天風呂もあって大きな湯槽ですからお勧めです。

ξ
■P きよもり 【山仲間】
 ̄ URL : http://morii3.cocolog-nifty.com/
E-mail : KGH03517@nifty.com
_/_/_/_/_/ 06.10.05 8:16 _/_/_/_/_/

Posted on 10月 5, 2006 at 08:05 午前 | | コメント (0)

2006.10.04

061004 台湾山行7:10/1 阿里山(祝山)ご来光

 7月以来のYMNさんの台湾便りです。
 仕事の合間を縫って近場から順に足を伸ばしておられるようで、頑張っていますね。

 今回は台中までの遠征で阿里山(アリシャン)登山です。

 きよもりが10年も前に台湾へ行ったとき、下山途中で阿里山鉄道の近くまで行ったと思いますが、記憶は定かではありません。
 11月の始めに仕事で台湾行く予定ですが、11/3~5の三連休は日本での話で、台湾には文化の日なんて無いでしょうから、残念ながら今回は山は無しです。

 阿里山の頂上で満天星を独り占めされたようですが、緯度が低いので、ヒョッとしたら南十字星の頭くらいは見えるのかも知れませんね。きよもりが玉山に上がったときには日の入り直後の地平線上に見ることが出来ましたが、普段見ていないと空一面の星の中から探すのは結構難しいでしょうね。
 台南まで行けば、北回帰線が近いので見えるそうです。

 以下は、YMNさんとのやり取りです。

【きよもりの返信】
お久しぶりですね。
少しずつ玉山へ近づいていますね。

それにしても夜行日帰りで2500mまで上がれるなんて素晴らしいです。
バスで2180mまで行けるなら観光目的でも充分ですね。
温泉がないのが少し残念ですが、それ以上に素晴らしい星空を満喫されたようでよかったです。

きよもり 【山仲間】
URL : http://morii3.cocolog-nifty.com/
E-mail : KGH03517@nifty.com
_/_/_/_/_/_/_/_/ 06.10.03 10:02 _/_/_/_/_/_/_/_/
博多にて

【YMNさんの台湾山行報告】
Photo_17YMN in台湾 2006/10/03 01:18
宛先: きよもり
件名: 阿里山(祝山)に行ってきました

こんばんは。
西に東に上海にとお忙しいようですね。

昨日、台湾中部の阿里山(祝山)に行ってきました。

台北を土曜日の20:45に夜行バスで出発し翌3時前にはバスターミナル(2180m位)に到着です。結局、睡眠時間はゼロに近い状態でした。

しかし、降り立つとそこは満天の星空でした。オリオン座がすぐには分からないくらい星だらけでしたし、久しぶりに流れ星も3個見ました。

山頂近くへ行く始発電車まで2時間以上ありましたから、もちろん展望台まで1時間半の夜間歩行としました。

登山道は整備されており、電灯もありますのでヘッドランプで足元さえ気を付ければ安心でした。

結局、4時半に一番乗りです。当然、真っ暗で地面に寝転べば上空はプラネタリウム状態です。

標高は2484m、気温は12度、気圧は750hp。気圧が低いので、あんぱんの袋がパンパンに膨らんでいました。

5:30頃には周囲は明るくなり、一気に観光客が増えます。そして6:10に玉山方面からのご来光を運良く拝めることが出来ました。

夜明け前の空の色の移り変わりや雲海と、なかなか感動ものでした。

阿里山区域は見事なヒノキの林で樹齢2000年等の巨木がたくさんあり、巨木群を巡るコースを順次観ていくと、結構運動になった気がします。

帰りは世界の3大登山鉄道と言われる阿里森林鉄道で2000mを3時間半かけて下りてきました。

レール幅76.2cmの狭軌鉄道で車両の中も3列と狭く、とてつもなく揺れるうえにディーゼルの排気臭が強烈でした。

それでも、スイッチバック3回、3重のスパイラルループ、3つの樹林帯(亜熱帯、暖帯、温帯)を通過、と珍しいものを一挙に体験できます。
乗り物マニアには堪らない列車でしょう。

日曜日の21:30に帰ってきましたので25時間中、乗り物に13時間揺られていたことになります。
年の割りに無茶しすぎかと思いますが、有意義な小旅行でした。

YMN

Photo_13Photo_14Photo_15

Photo_16Photo_17Photo_18

Photo_19Photo_20Photo_21

Photo_22Photo_23

Posted on 10月 4, 2006 at 12:31 午前 | | コメント (1)

2006.10.03

061003 山陽新幹線はGPS泣かせ

 昨日から博多に来ています。
 福岡というと何となく九州の田舎(失礼)へ来たような、地方感あるイメージですが、博多へ来たというと華やいだ繁華街のイメージが浮かびます。
 新幹線の博多駅から2.5km東には福岡空港もあり、この町は栄えてますね。ホークスのドームもあるし・・・
 昨日の朝は6:38新神戸発に乗りましたから、一昨日22時頃東京から帰って、自宅にいたのは6時間足らずでした。でも、新幹線に乗ったらいつも三分の二くらいの時間寝ていますから、あまり疲れは残りません。
 今回は山陽新幹線でGPSのトレースを採ろうと新神戸でGARMIN 60CSxのスイッチを入れました。
 でも、ご存じの通り、新神戸は東西をトンネルに挟まれ、北面は山が迫っていますから、衛星信号を捉えきれないまま動き出してしまいました。GPSは一度衛星を捉えたらその後は多少慣性でトラックを拾い続けてくれるのですが、最初のポイントが決まらない状態ではお手上げです。
 結局、姫路の手前辺り、時速60km位まで落ちたところで漸くポイントを捉えてトラックの記録が始まりました。
 でも、窓際にGPSを置いてトラックを拾い始めると、山陽新幹線は思っていた以上にトンネルが多いのですね。もちろん関門トンネルは誰でもご存じの通りですが、岡山から広島辺りを走っているとしょっちゅう衛星信号のロストが出ます。山陽道の海沿いは在来線に沿って町並みが続きますから用地買収を避けて山間部に新幹線を敷設したせいでしょうね。
 昨夜、GPSからトラックデータをカシミール3Dに落としたら、なんと31個にも分断されていました。トラックを接続したら一応大きなポイントのズレはないものの、意外に長くて湾曲したトンネルが多いため、無理にトラックの接続をするのはやめて、そのまま保存しました。
 80万分の一の地図ではあまり分かりませんが、青い線がかなり途切れているので想像していただけるでしょう。もちろん平地部では、新幹線の窓から90度解放で、平均速度200kmの移動中も充分衛星を捉えて、トラックが残っていましたから、やはり60CSxはかなり高性能です。
 
 ココログに投稿しようとしたら、今日は午前1時~午後3時までメンテナンスだそうで、書き込みが出来ません。投稿は夕方に行いますのでご了承下さい。
 では、行ってきます。
 
ξ
■P きよもり 【山仲間】
 ̄ URL : http://morii3.cocolog-nifty.com/
E-mail : KGH03517@nifty.com
_/_/_/_/_/ 06.10.03 08:00 _/_/_/_/_/

061002_sanyoshinkansentrack

Posted on 10月 3, 2006 at 10:50 午後 | | コメント (0)

2006.10.02

061002 今日からは博多

 先週は上海、昨日一昨日は東京で、今週は月曜日から金曜日まで九州・博多になります。今週末は3連休なのでまた東京で、相変わらずJRとANAに貢献しています。

 一昨日、6時ののぞみに乗って,GARMINの60CSxでGPSのトレースを採ってみました。前の60CSならそんな無謀なことはしなかったのでしょうが、9/23、24の箕作山と廃村八丁で全く途切れないGPSのトレースが採れたので、ひょっとしたら新幹線でも意外にうまく拾ってくれるのではないかと思いやってみました。
 結果はごらんの通りで、GPSの電源を入れた京都から新横浜の手前の多摩川鉄橋まで466kmが見事にトレースに残りました。もちろん逢坂山のトンネルや新丹那トンネルなどでは拾えませんから、トラックデータとしては8個に分かれましたが、幸いトンネルはほぼ直線なのでカシミール3Dでデータを接続してやるとほとんど問題ありません。
 地図上で線路とのぶれが出ているところはせいぜい50mまでで、以前の60CSのように樺太の方まで飛んでしまうようなエラーデータもありません。
 時速250kmで動く新幹線の窓際に置いてこの状態ですから、車に積んで使う場合なら、ほぼ完璧に採れるものと思われます。
 アンテナが変わったそうですが、これだけ歴然とした差があると14万円も無駄ではないようです。
 スゴイ!スゴイ!

 今日から九州ですから、山陽新幹線でも試してみます。
060930_shinkansentrack

Posted on 10月 2, 2006 at 12:53 午前 | | コメント (1)

2006.10.01

061001 東京も雨

061001 東京も雨西から降り始めた雨が午後から東京にも降り出しました。
午前中は新しく買った80Gbyteの外付けHDDに今までの60GbyteのHDDからデータを移したり、DVDの夕陽のガンマンを見たり、溜まった郵便物を整理して、15時から石原の病院に向かいました。
小腹が空いたので昨夜息子に教えてもらった180円ラーメンで遅い昼ご飯です。
今時180円のラーメンてウソみたい!
ラーメン一番と云うチェーン店のようですが30席あるのに店員はひとりぼっち!
こうでもしないと採算が取れないのでしょうが、意外にあっさりして美味しかったですね。
ξきよもり

Posted on 10月 1, 2006 at 03:49 午後 | | コメント (0)