« 061019 野坂への想い | トップページ | 061021 W山行計画:10/28裏六甲・三ツ下谷、10/29比良・八淵の滝~堂満岳 »

2006.10.20

061020 ダン・ブラウン

 秋だからということもないのですが、本を読む機会が増えています。
 たぶん「ダ・ヴィンチコード」以来ダンブラウンに嵌って、そのまま「天使と悪魔」、単行本の「パズル・パレス」「デセプションポイント」と2ヶ月くらいの間に読み終えて、読書癖が付いてしまったのですね。
 でも、あれだけ緻密に計算され尽くした作家には巡り会うことはありませんから、いきおい読みやすい本、題名や作家に引かれて本屋に平積みされた本を買ってしまいます。
061020nobunaganoyohei_1 最近ではやはり好きな津本陽氏の「信長の傭兵」が面白かったですね。

 でも、通勤は片道30分位なので朝晩読める時間はせいぜい20分くらいでなかなか進みません。かといって自宅ではココログの更新や山の計画を作っていて地図にルートを書き込んだり、写真を整理したりと間口が広がると結構時間がかかります。
 そのくせに、時々どうしても映画が見たくなって、インディジョーンズの三部作DVDを買って来て夜中まで見ていたりします。
 こんな調子ですから、本をまとまって読む機会は東京帰省の往復くらいですね。
 一日24時間では足りまへんな~

【MYGさんへの返信】
OKです。
同じ作家でも全く毛色が違うので戸惑うかも分かりませんが、24時間の出来事を場面切替と緊張感で引っ張る文体はやはり非凡です。
061020_ijyokisyourimasu_1今は読む本が無くなって、シドニーシェルダンという作家の最新作「異常気象売ります」を読み始めていますが、並行して月刊?グインサーガも通勤中に読んでたり、キムタク主演の映画「武士の一分」になる藤沢周平の原作本も手元にあったりします。
シドニーシェルダンって知ってますか?20年近くも前に「ゲームの達人」という本でデビューした日本で云うと赤川次郎みたいな文節が短くて読みやすい大衆向けミステリー作家です。
この辺りを読んでると、ダンブラウンの緻密な筋立てと蘊蓄は誰にも真似できないのではないかと思ってしまいます。

【MYGさんからのメール】
MYG 2006/10/20 09:18
宛先: きよもり
件名: ダン・ブラウン

おはようございます。
爽やかな天気ですね!

061020pazzlepalaceKGWさんに、きよもりさんからお借りしている”パズル・パレス”を渡されたのですが
継続でお借りしても大丈夫でしょうか??
天使と悪魔 読み終わりました!
中巻からの展開が面白かったです。
来週お送りします、長い間すみませんでした。。
そして有難うございました!!
きよもりさんのお陰で、読書の秋を満喫しました。


Posted on 10月 20, 2006 at 02:19 午後 |

コメント

コメントを書く