« 061011-2 秋刀魚の秋 | トップページ | 061013 週末も快晴? »

2006.10.12

061012 山渓がインプレスの子会社化

今朝、何気なくスラッシュドットコムの記事を流し読みしていたら「インプレス、山と溪谷社を子会社化」という活字が飛び込んできました。
AIソフトがエプソンの子会社になってもあまり意外性はないですが、「山と渓谷」と云えば、「岳人」と共にきよもりが生まれる前からの山の専門誌です。
今後どういった方向を歩むのか気になりますが、今まで通り綺麗な写真掲載が続くよう祈ります。
まさか山渓関西の地元密着型のガイドブックや機関誌など無くならないと思いますが少し心配です。

http://www.impressholdings.com/release/2006/063/
各位

                         2006年10月11日
            株式会社インプレスホールディングス
                   (証券コード:東証一部9479)

 株式会社 山と溪谷社の株式取得(子会社化)に関する基本合意書締結のお知らせ

 当社は本日、株式会社 山と溪谷社(本社:東京都港区、社長:川崎吉光、以下「山と溪谷社」)の株式を取得し子会社化することについて、同社と基本合意書を締結いたしましたので下記の通りお知らせいたします。

以下は続きを読むをご覧下さい。

各位

                          2006年10月11日
             株式会社インプレスホールディングス
                   (証券コード:東証一部9479)

株式会社 山と溪谷社の株式取得(子会社化)に関する基本合意書締結のお知らせ

 当社は本日、株式会社 山と溪谷社(本社:東京都港区、社長:川崎吉光、以下「山と溪谷社」)の株式を取得し子会社化することについて、同社と基本合意書を締結いたしましたので下記の通りお知らせいたします。

                   記

1.新規事業分野への展開について
 インプレスグループは専門メディアグループとして、「IT分野」「音楽分野」「デザイン分野」「医療分野」の4分野において出版メディア事業及びデジタルメディア&サービス事業を展開しておりますが、このほど新規事業分野として「山岳・自然分野」へ進出いたします。
 山岳、自然、アウトドア関連マーケットは、シニア層を中心に堅実な固定ファンを確保しています。同マーケット関連コンテンツのデジタル対応による新規事業創出の可能性に期待し、山岳・自然分野への参入を決定いたしました。

2.株式取得の理由
 山と溪谷社は、創業以来76年間『登山の大衆化とゆとり』をテーマとして、月刊誌『山と溪谷』を中心に、国内外で山岳・自然科学・アウトドア・旅・スキー等の分野で出版活動を展開しております。
 インプレスグループは新規事業分野への進出にあたり、山岳・自然分野で確固たるブランドを確立し、専門性の高いコンテンツ力を有する山と溪谷社との提携が今後の事業展開に有効であると判断し、株式取得を決定いたしました。

3.子会社化後の事業方針
 今後は、山と溪谷社が従来手がけていた出版メディア事業をより積極的に発展させていくとともに、山と溪谷社が保有する豊富なコンテンツとインプレスグループが持つメディア技術力を融合し、コンテンツのデジタル化・サービス化により顧客の皆様に新しい価値を提供してまいります。
 また事業運営や経営管理において、インプレスグループとの経営資源の共有・統合を進め、利益率の向上を目指します。

4.子会社化の概要

(1)子会社となる会社の概要
商号 株式会社 山と溪谷社
代表者 代表取締役 川崎 吉光
所在地 東京都港区赤坂一丁目9-13
設立年月日 1940年4月30日
主な事業内容 登山、スキー、旅行等に関する雑誌・書籍の出版・販売
決算期 8月31日
従業員数 67名 (2006年8月末現在)
URL http://www.yamakei.co.jp/
資本の額 45百万円
発行済み株式数 900,000株
大株主構成および所有割合 川崎吉光  16.8%
              日本出版販売株式会社  13.33%
当社との関係 記載すべき事項はありません

最近事業年度における業績(単位:百万円)
061012_yamakei

(2)株式の取得の内容
既存株主26名より900,000株を45百万円にて取得(予定)

(3)異動の前後における所有株式の状況
異動前の所有株式数     - 株 (所有割合 0.00%)
取得株数         900,000株
異動後の所有株式数  900,000株 (所有割合 100.00%)
※本基本合意は発行済み株式数の100%取得を停止条件としております。

(4)株式取得の日程
2006年10月11日  取締役会決議
2006年11月30日  株式取得日(予定)

5. 今後の見通し
 本株式取得が予定通り実行された場合、山と溪谷社は当社の連結子会社となりますが、当社単体および連結の業績に与える影響は現時点では未定です。判明次第、速やかにお知らせいたします。    

                                       以上

≪本件に関するお問合せ先≫
株式会社インプレスホールディングス 社長室 広報担当
Tel: 03-5275-9010 / E-mail: release@impressholdings.com
URL:http://www.impressholdings.com/

Posted on 10月 12, 2006 at 10:56 午前 |

コメント

コメントを書く