« 061009 KMRさんの木曽駒便り | トップページ | 061011 11/26山仲間第90回例会:野坂岳の案 »

2006.10.10

061010 拝復91:粕尾の今

久しぶりにO子さんからメールをいただきました。
相変わらずお元気そうで良かったです。
でも高齢者の運転はご本人が気をつけても相手があることですからくれぐれも慎重にされるよう祈ります。

【きよもりの返信】
 ご心配ご配慮恐縮です。
 体重は山仲間のHRIドクターの話では水分が増減するだけで、食べても食べなくても皮下脂肪は運動しないと減らないそうです。
 きよもりの場合は、食べて飲んだらすぐ太るし、飲む量を減らすとすぐ痩せます。
 東京へ帰る機会が増えて、子供達との接触が増えるのは楽しいことですが、一緒に食事しながらついビールを飲んでしまうので、体重が一気に増えます。
 今回は一日缶ビールひと缶に抑えましたから、あまり増えませんでした。

 色々とご心配いただいて大変ありがとうございます。
 二週間神戸にいて、21日からまた東京、台北、大阪と一週間単位で出張が続きますが、丈夫だけが取り柄で、健康を神に感謝しています。

 日光の方も秋が深まっているでしょうね。
 四季折々の変化が空の色、木々の緑、虫の音とともに、移りゆく花々から感じられる日本は本当によい国だと思います。
 小泉さんとは異なる道を歩みそうですが、安部さんにもがんばってほしいし、二代続く政治屋らしからぬ風貌を持つ宰相に期待したいと思います。

【O子さんのメール】
061007_okosan_higanbana2006/10/07 14:50
宛先: "きよもり"
件名: 粕尾の今
きよもり様
 暫くで御座います。
 上海、博多、札幌、神戸、東京広範囲でのご活躍の日々を或る時は楽しく、在る時は少しハラハラしながら拝見致して居ります。少しスリムになられたのは矢張り少しスケジュールがオーバーかしら?
 等と年寄りの取り越し苦労?ですね。

 今月初めの粕尾路は道の両側に彼岸花の群生、その奥の畑に真っ白な蕎麦の花が咲き、コントラストの美しさに目を奪われながらの運転となりました。(勿論安全運転ですが)
 ログの庭は目下コスモスの天下です。(昔ながらのオーソドックスな色彩りのもの)萩はそろそろ盛りを過ぎていました。

 来る10日からは2泊3日で友人と二人でログ泊の予定です。
 何と彼女は当日神戸から上京、東京駅へ出迎えて一路ドライブで山へ向かいます。
 天王寺の小学校1年生から夕陽丘高女時代を共に過した友人です。
 今は垂水在住で亡くなられたご主人は私の神戸高校の先輩、大学は北大で私の父の後輩のドクターでした。
 阪神大震災の被害も大きく一時は大変心配致しましたが持ち前の頑張りで再起されこうして70年近い付き合いを続けられる事の幸せをお互い感謝致して居ります。
 長い間の人生には本当に思いも懸けぬ出来事に遭遇するものですが、今ある事の幸せを忘れず残された日々を流れに逆らわず生きて見たいと思うこの頃です。
 久々に長いお喋りで失礼致しました。奥様のご快癒祈らせて頂きます。
 自然の秋をココロに取り込み穏やかにお過しください。
 O子

Posted on 10月 10, 2006 at 02:42 午前 |

コメント

コメントを書く