« 061003 山陽新幹線はGPS泣かせ | トップページ | 061005 朝風呂 »

2006.10.04

061004 台湾山行7:10/1 阿里山(祝山)ご来光

 7月以来のYMNさんの台湾便りです。
 仕事の合間を縫って近場から順に足を伸ばしておられるようで、頑張っていますね。

 今回は台中までの遠征で阿里山(アリシャン)登山です。

 きよもりが10年も前に台湾へ行ったとき、下山途中で阿里山鉄道の近くまで行ったと思いますが、記憶は定かではありません。
 11月の始めに仕事で台湾行く予定ですが、11/3~5の三連休は日本での話で、台湾には文化の日なんて無いでしょうから、残念ながら今回は山は無しです。

 阿里山の頂上で満天星を独り占めされたようですが、緯度が低いので、ヒョッとしたら南十字星の頭くらいは見えるのかも知れませんね。きよもりが玉山に上がったときには日の入り直後の地平線上に見ることが出来ましたが、普段見ていないと空一面の星の中から探すのは結構難しいでしょうね。
 台南まで行けば、北回帰線が近いので見えるそうです。

 以下は、YMNさんとのやり取りです。

【きよもりの返信】
お久しぶりですね。
少しずつ玉山へ近づいていますね。

それにしても夜行日帰りで2500mまで上がれるなんて素晴らしいです。
バスで2180mまで行けるなら観光目的でも充分ですね。
温泉がないのが少し残念ですが、それ以上に素晴らしい星空を満喫されたようでよかったです。

きよもり 【山仲間】
URL : http://morii3.cocolog-nifty.com/
E-mail : KGH03517@nifty.com
_/_/_/_/_/_/_/_/ 06.10.03 10:02 _/_/_/_/_/_/_/_/
博多にて

【YMNさんの台湾山行報告】
Photo_17YMN in台湾 2006/10/03 01:18
宛先: きよもり
件名: 阿里山(祝山)に行ってきました

こんばんは。
西に東に上海にとお忙しいようですね。

昨日、台湾中部の阿里山(祝山)に行ってきました。

台北を土曜日の20:45に夜行バスで出発し翌3時前にはバスターミナル(2180m位)に到着です。結局、睡眠時間はゼロに近い状態でした。

しかし、降り立つとそこは満天の星空でした。オリオン座がすぐには分からないくらい星だらけでしたし、久しぶりに流れ星も3個見ました。

山頂近くへ行く始発電車まで2時間以上ありましたから、もちろん展望台まで1時間半の夜間歩行としました。

登山道は整備されており、電灯もありますのでヘッドランプで足元さえ気を付ければ安心でした。

結局、4時半に一番乗りです。当然、真っ暗で地面に寝転べば上空はプラネタリウム状態です。

標高は2484m、気温は12度、気圧は750hp。気圧が低いので、あんぱんの袋がパンパンに膨らんでいました。

5:30頃には周囲は明るくなり、一気に観光客が増えます。そして6:10に玉山方面からのご来光を運良く拝めることが出来ました。

夜明け前の空の色の移り変わりや雲海と、なかなか感動ものでした。

阿里山区域は見事なヒノキの林で樹齢2000年等の巨木がたくさんあり、巨木群を巡るコースを順次観ていくと、結構運動になった気がします。

帰りは世界の3大登山鉄道と言われる阿里森林鉄道で2000mを3時間半かけて下りてきました。

レール幅76.2cmの狭軌鉄道で車両の中も3列と狭く、とてつもなく揺れるうえにディーゼルの排気臭が強烈でした。

それでも、スイッチバック3回、3重のスパイラルループ、3つの樹林帯(亜熱帯、暖帯、温帯)を通過、と珍しいものを一挙に体験できます。
乗り物マニアには堪らない列車でしょう。

日曜日の21:30に帰ってきましたので25時間中、乗り物に13時間揺られていたことになります。
年の割りに無茶しすぎかと思いますが、有意義な小旅行でした。

YMN

Photo_13Photo_14Photo_15

Photo_16Photo_17Photo_18

Photo_19Photo_20Photo_21

Photo_22Photo_23

Posted on 10月 4, 2006 at 12:31 午前 |

コメント

11月14日友人3人と玉山登山を楽しみます。

投稿: 中川紘生 | 2006/11/02 21:48:08

コメントを書く