2018.11.16

181116 山行計画:平成31年1月28日(月) 丸亀「讃岐富士(飯野山)登山と純手打うどん「よしや」

190129_sanukifuji1190129_sanukifuji2

190129_sanukifuji3190129_sanukifuji4

 平成31年1月27日(日)~1月28日(月)に開催される「関西ハイク山友会 2019年新春懇親会」の2日目に予定されている山行計画を作成致しました。
 行き先を讃岐富士・飯野山(いいのやま)と決めました。
 目標を決めてからの行程等の立案なので、現地での変更もあり得ますのでご了承下さい。
 なお、雨天の場合は讃岐の金毘羅山へお参りして讃岐うどんを食べることにしますが、こちらも足の便次第で変更する可能性があります。
 讃岐富士は讃岐平野の真ん中に位置し周りに遮るような山は無いので、晴れていれば好展望が期待できます。
 富士の名前が付きますが、ネットで調べるとこの山は火山活動で出来たのでは無く、浸食によって周囲が削られ、固い安山岩が残って出来たのだそうです。
 山頂には巨人伝説で伝えられる巨人「おじょもの足跡」があります。
昔々、大昔「おじょも」という大男がおったんやと。
このおじょもは山を造るのが得意で、日本中を歩きながら山をつくっておったんやと。
「讃岐の国にも、山を造ろうか」と瀬戸の海をひとまたぎ。
「むすびのようにけっこい三角の山を造るぞ」とそおっと土地を落としてできたんが讃岐富士と呼ばれている飯野山なんや。
「この飯野山が一番のええ出来じゃ」と眺めているうちに、おじょもは小便がしとうなったんやと。
できたばかりの飯野山と琴平の象頭山(大麻山)に足をかけて、「しゃー」いうて大雨のような小便をしたんや。
すると、たちまち大きな川ができて、それが今の土器川になったんや。
そやけん、飯野山には足をかけた時の足跡が、今もちゃんと残っておるやろ。

 昭和天皇のお歌:「暁に駒をとどめて見渡せば讃岐の富士に雲ぞかかれる」の歌碑があります。
 摂政官だった大正11(1922)年、陸軍大演習で香川を訪れられた時に詠まれた歌です。

 下山後、バス停近くの純手打うどん「よしや」で讃岐うどんを食べます。
 https://yossense.com/udon_yoshiya/
 「第一回 ナイスタウン讃岐うどん選手権2017」でも優勝した地元の香川県人が一押しのお店です。

丸亀市のホームページ
https://www.city.marugame.lg.jp/sightseeing/spot/inoyama/index.html
丸亀コミュニティバス レオマ宇多津線 時刻表 運賃は200円
https://www.city.marugame.lg.jp/useful/timetable/marugame/reoma.html

【山行計画】
丸亀「讃岐富士(飯野山)と純手打うどん「よしや」」 関西ハイク山友会 懇親会山行

日 時:平成31年1月28日(月) 9:30~14:00  

集合場所:1月28日(月) 「ホテル レオマの森」 フロント付近 午前8時20分
 8時40分発の丸亀コミュニティバス 宇多津駅北口行に乗車します

【雨天の場合】
  前日、1月27日(日) 17:00発表の気象情報で、香川県の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:香川県 087-177(前1月27日(日) 17時発表の予報)

参加予定者:20名程度/未確定

コース:NEWレオマワールド8:40(丸亀コミュニティバス200円)9:16山根西バス停(9:30頃)―西坂元―飯山(はんざん)登山口―急登下―ジグザグ道下―飯山登山道分岐―讃岐富士・飯野山421.7m―飯山登山道分岐―左折点―右折点―飯神社―県道―山根西・純手打ちうどん「よしや」(昼食)14:30頃(送迎バス?)15:00「レオマの森」(15時頃、解散)

レベル:一般向き (山頂までは高低差350mの急登、下りはなだらかな周遊道)

地 図:2万5千=「丸亀」、山と渓谷社・分県登山ガイド=「香川県の山」

行 程:約6.3km 所要時間4時間30分(歩行時間:3時間00分、休憩・軽食:1時間30分)、累計標高差±440m
 NEWレオマワールド8:40(丸亀コミュニティバス200円)9:16山根西
 山根西バス停15m(9:30頃)―10分―西坂元15m―5分―飯山(はんざん)登山口20m(9:50頃)―15分―急登下60m―30分―ジグザグ道下200m(10:50頃)―30分―飯山登山道分岐350m―20分―讃岐富士・飯野山421.7m(12:00頃、軽食12:20発)―10分―飯山登山道分岐350m―25分―左折点180m(13:10頃)―10分―右折点100m―10分―飯神社40m(13:40頃)―10分―県道15m―5分―山根西・純手打ちうどん「よしや」(14:00頃、昼食)14:30頃(送迎バス)15:00「レオマの森」(15時頃、解散)

装 備:軽食、飲み物、雨具、防寒具、ストック

費 用:各自払い/行きのバス代は200円、
 帰路はバス利用の場合14:50発がありますが、NEWレオマワールド(「レオマの森」)到着が15時28分のため、大阪直行バス15:30発に間に合わない可能性があります。
 【バス時刻表】 200円
https://www.city.marugame.lg.jp/useful/timetable/marugame/reoma.html#a02

GPSデータ
 トラックとして読み込み
 「190128rot_.gpx」をダウンロード
 ルートとして読み込み
 「190128rot_.gpx」をダウンロード

続きを読む... "181116 山行計画:平成31年1月28日(月) 丸亀「讃岐富士(飯野山)登山と純手打うどん「よしや」"

2018 11 16 [地図, 山行計画, 関西ハイク山友会] | 固定リンク | コメント (0)

2018.11.15

181115 山行計画:11/17 京都北山「杉坂西尾根から新京見峠」 関西ハイク山友会№1424例会

181028_sugisakanishione_shinkyomito181028_sugisakanishione_shinkyomi_2

181028_sugisakanishione_shinkyomi_3181028_sugisakanishione_shinkyomi_4

 平成30年1月28日(日)の第1245回例会 京都北山「杉坂西尾根から沢山」は積雪期のため、主に林道歩きになりましたが、今回は出来るだけ尾根通しで歩いてみます。
 杉坂西尾根の取っ付きは、1月の例会では気付かなかったひとつ西の尾根にはっきりした尾根道が見つかったので、急登ながら藪は無い尾根を登り、P542mに到達します。 
 P565mへの尾根は猛烈な藪で、展望も無いため、今回も割愛して新京見峠へ向かいます。
 新京見峠から京見峠の京都トレイル道も倒木で苦戦しますが、氷室の車道の途中から釈迦谷山の三角点を踏んで、綺麗に舗装された車道を鷹峯へ下ります。
【山行計画】
京都北山「杉坂西尾根から新京見峠」関西ハイク山友会 №1424例会

日 時:11月17日(土) 9:00~16:20  

集合場所:JR京都駅前 JR3乗り場 7時40分
 7時50分発のJRバス周山行きに乗車します

【雨天の場合】
  前日、11月16日(金) 17:00発表の気象情報で、京都府南部の降水確率が当日午前(6:00~12:00)、午後(12:00~18:00)いずれかが60%以上(60%を含む)場合は中止します。
 ℡情報:京都府南部 075-177(前11月16日(金) 17時発表の予報)

参加予定者:20名/11/15現在

コース:JR京都駅前7:50(JRバス800円)8:51杉阪口(9:00頃)―尾根取付―急尾根上―林道―小屋―P542m―林道出合―林道分岐・作業小屋―P565m分岐―林道出合―道風分岐・小屋―上ノ水峠分岐―新京見峠―氷室車道出合―千束分岐―釈迦谷山分岐―釈迦谷山291.1m―千束分岐―鷹峯源光庵前バス停(17:40頃、解散)

レベル:中級向き (最初の急登と倒木次第)

地 図:2万5千=「周山」「京都西北部」、昭文社=「京都北山」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行  程: 約9.1km 所要時間7時間20分(歩行時間:5時間00分、休憩・昼食:2時間20分)、累計標高差+550m-630m
 JR京都駅前7:50(JRバス800円)8:51杉阪口
 杉阪口250m(9:00頃)―10分―尾根取付230m―50分―急尾根上400m(10:10頃)―20分―林道490m―10分―小屋510m(10:50頃)―10分―P542m―10分―林道出合510m―20分―林道分岐・作業小屋550m(11:40頃、昼食)―20分―P565m分岐490m―10分―P565m下510m―5分―林道出合500m―10分―道風分岐・小屋430m(13:20頃)―15分―上ノ水峠分岐420m―5分―新京見峠420m(13:50頃)―30分―氷室車道出合370m―10分―千束分岐330m―10分―釈迦谷山分岐290m―15分―釈迦谷山291.1m(15:20頃)―20分―車道250m―10分―千束分岐190m―10分―鷹峯源光庵前バス停150m(16:20頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、雨具、防寒具、スパッツ、ストック、ノコギリ、植木ばさみなど

費 用:各自払い/集合時にバス代として900円を集金します(行きJRバス800円+帰り市バス230円=1,030円)

GPSデータ
 トラックとして読み込み
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/181117trk_.gpx
 ルートとして読み込み
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/files/181117rot_.gpx

続きを読む... "181115 山行計画:11/17 京都北山「杉坂西尾根から新京見峠」 関西ハイク山友会№1424例会"

2018 11 15 [地図, 山行計画, 関西ハイク山友会] | 固定リンク | コメント (0)

2018.11.14

181114 2019年1月2月の下見と例会予定→確定

1812_1901_calendar1902_03_calendar 年明け1月2月の下見と例会の日程をまとめ始めました。
 但し、1月2月3月の例会開催日はまだ確定していませんから、開催日が変更になる可能性がありますが、計画内容は大きな変更は無いはずです。
 12月末から3月に掛けて熊野古道の紀伊路をJR山中渓から歩き始め、6回目でJR西御坊まで歩きたいと思います。
 熊野古道・紀伊路は、7年前の新ハイキング時代に狩野さん、仲谷さんリーダーで日帰りで歩いた行程ですが、関西ハイク山友会に変わり、新しい会員も増えておられるのでもう一度歩きます。 
 日帰りシリーズは山中渓から御坊まで紀伊路を6回分けて歩きます。
 御坊から先、紀伊田辺までは海岸線の車道歩き主体になるので、日帰りは御坊辺りで打ち切らざるを得ません。
 ① 山中渓―雄ノ峠―布施屋 
 ② 布施屋―伊太祁曽神社―海南 
 ③ 海南―藤白坂―紀伊宮原 
 ④ 紀伊宮原―糸我峠―湯浅 
 ⑤ 湯浅―鹿ヶ背峠―紀伊内原 
 ⑥ 紀伊内原―道成寺―西御坊
その先は海岸線や街中歩きは敬遠して、再来年に掛けて、
 ① 中辺路(滝尻―近露―熊野本宮)
 ② 小辺路(高野山―野迫川―果無越―熊野本宮)
 ③ 大雲取・小雲取(速玉大社=那智大社―大雲取越―小雲取越―熊野本宮
を三度に分けて二泊三日でバスで行ければ好いなと思いますが、貸切バスだと高くなるので、片送り・片迎えでの貸切バス運行が可能か検討し、宿泊は民宿利用にして費用を抑えたいと思います。

12月後半から2月までの日程

【下見山行計画】
熊野古道 「布施屋から伊太祁曽神社、海南」 関西ハイク山友会 平成31年1月5日(土)例会の下見
 熊野古道・紀伊路2/6

日 時:12月15日(土) 9:30~16:30 

集合場所:JR和歌山線・布施屋駅 改札口 9時20分
 ※JR京都6:44(快速)7:19大阪7:29(紀伊路快速)8:58和歌山9:04(和歌山線)9:14布施屋
【雨天の場合】 下見なので雨天決行です
 
参加予定者:9名/HMDさん、OONさん、KWTさん、KNKさん、HIMさん、FJSさん(会員外)、KSBさん(会員外)、JNK、きよもり /11/12現在
  下見に同行していただける方はメールを下さい。

コース:布施屋駅(集合9時20分)―川端王子―旧中筋家住宅―和佐王子―矢田峠―平緒王子―伊太祁曽(いたきそ)神社―奈久智王子―武内神社―四つ石地蔵―松坂王子―汐見峠―松代王子―菩提房王子―熊野一の鳥居跡―JR海南駅(16時30分頃、解散)

レベル:一般向き (アップダウンの少ないロングコース)

地 図:2万5千=「丸栖」「和歌山」「海南」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行  程: 約18.5km 所要時間7時間00分(歩行時間:5時間10分、休憩・昼食:1時間50分)、累計登り+320m下り-320m
 布施屋駅10m(集合9:20)―10分―川端王子―40分―旧中筋家住宅―10分―和佐王子20m(10:30頃)―20分―矢田峠90m―50分―平緒王子―20分―伊太祁曽(いたきそ)神社(12:30頃、昼食)―20分―奈久智王子―15分―武内神社(13:50頃)―30分―四つ石地蔵―20分―松坂王子20m―20分―汐見峠25m(15:20頃)―15分―松代王子―10分―菩提房王子―10分―熊野一の鳥居跡―20分―JR海南駅5m(16:30頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:各自払い/京都~布施屋2,270円+海南~京都2,270円=4,540円
 青春18切符利用可能(1枚@2,370円)

コメント:
  布施屋(ほしや)駅から線路に並行する道を途中、川端王子の前を過ぎて西に進み、農道の突き当たりで左折してしばらくあぜ道を進むと井ノ口の集落に到着します。
 ここは古い家並みとマッチした掘割(宮井川)が集落の中央を抜けていて大きな鯉が清流に泳いでいます。
 しばらく行くと江戸時代の大庄屋・中筋家の住宅があり、境内に和歌山市指定天然記念物の柏槇(ビャクシン)がある歓喜寺でひと休み。
 三十三間堂の通し矢で一昼夜に13,053本もの矢を射た和佐大八郎の墓がある和佐王子から70mの長い急坂を登り切ると矢田峠で、徳本(とくほん)上人の名号碑があり、明るいミカン畑の南斜面を塩ノ谷へ下ります。
 昔ながらの街道筋にある平緒王子を過ぎ、タマ電車で有名になった貴志川線の踏切を渡って緑の森に囲まれ木の神様を祀る伊太祁曽(いたきそ)神社に到着します。
 六地蔵まで戻り、長い車道をさらに南下して途中 奈久智王子を経て、阪和自動車道のガードを潜ると武内神社があります。
 古い街道筋を抜けて松坂王子で県道に合流、車に注意しながら緩い登り坂を上がるとクモ池でここにも徳本上人の碑があります。
 汐見峠を越えると海南の町が見えますが、さらに春日大社の松代王子に回り道をしてからようやく海南駅に向かいます。

【参考】
081229 山行記録:12/28 熊野古道P2:布施屋~海南
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2008/12/081229-1228-p2-.html
110108 山行記録:1/8 紀北・布施屋駅から海南駅/新ハイキング関西
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2011/01/11010718-f99d-1.html
110107 山行計画:1/8 紀北・布施屋駅から海南駅/新ハイキング関西(P1~P6リンク含む)
 http://morii3.cocolog-nifty.com/sanpo/2011/01/11010718-f99d.html


12月23日(日) 例会№1451
京都北山 「中尾根から愛宕山、水尾忘年会」
 記述省略


【下見山行計画】
熊野古道 「山中渓、雄ノ山峠から布施屋」 関西ハイク山友会 平成31年1月12日(土)例会の下見
 熊野古道・紀伊路1/6

日 時:12月29日(土) 9:40~16:40 

集合場所:JR阪和線・山中渓駅 改札口 9時30分
 ※JR京都7:29(新快速)7:57大阪8:09(紀州路快速)9:21山中渓駅
【雨天の場合】 下見なので雨天決行です
 
参加予定者:7名/HMDさん、OONさん、KWTさん、KNKさん、FJSさん(会員外)、JNKさん、きよもり/11/12現在
   下見に同行していただける方はメールを下さい。

コース:山中渓駅(集合9時30分)―馬目王子―境橋・仇討ちの碑―中山王子―雄ノ山峠―山口王子―山口神社鳥居―山口神社―山口神社鳥居―川辺王子・西蓮寺―中村王子―力侍神社―川辺橋北詰―川辺橋南詰―吐前王子―布施屋駅10m(16時40分頃、解散)

レベル:一般向き (アップダウンは少ないが18.2kmのロングコース)

地 図:2万5千=「岩出」「丸栖」
 予定断面図予定ルート図
 予定ルート拡大図:前半後半

行  程: 約18.2km 所要時間7時間00分(歩行時間5時間00分、休憩・昼食2時間00分)、累計登り+330m下り-390m
 山中渓駅70m(集合9:30)―10分―馬目王子―5分―紀州街道入口―25分―境橋・仇討ちの碑―10分―中山王子150m(10:30頃)―40分―雄ノ山峠・不動明王190m―30分―山口王子・小野堂50m―20分―山口神社鳥居・ローソン25m―10分―山口神社(12:30頃、昼食)―10分―山口神社鳥居―20分―県道左折点―10分―川辺王子・西蓮寺20m―10分―筒井川・ミルクの郷―10分―中村王子―10分―力侍(りきし)神社(14:50頃)―30分―川辺橋北詰―10分―川辺橋南詰―10分―布施屋(ほしや)の渡し跡―15分―吐前(はんざき)王子―25分―布施屋駅10m(16:40頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック

費 用:各自払い/京都~山中渓1,580円+布施屋~京都2,270円=3,850円
 青春18切符利用可能(1枚@2,370円)/平成31年1月19日(土)例会は関西1デイパスが利用可能3,600円

コメント:
 熊野三山詣では、平安から鎌倉時代は上皇をはじめとする王侯貴族を中心でしたが、次第に武家や庶民にまで「蟻の熊野詣で」と言われるくらい盛んになりました。
 京の都から淀川を下り、大阪・天満橋の八軒屋から熊野街道を南下し、道中に点在する九十九王子を繋ぎながら熊野三山を目指しました。
 今も名前が残る阿倍王子神社などを過ぎて二十番目が今回の起点である山中渓の馬目王子です。
 県境である境橋を渡るといよいよ紀州に入りますが、雄ノ山(おのやま)峠を越えると紀ノ川が前面に広がりますが、国道沿いなので車に注意して下ります。
 小野小町の墓と伝えられる小町堂を過ぎ,山口神社下で国道7号を右折して西に進みます。
 国道沿いに1.5km歩いて、地蔵堂の前で左折して神波(こうなみ)集落に入ると古い家並みが残り、川辺王子・西蓮寺からは紀ノ川沿いの田園風景が広がります。
 ミルクの郷を抜けて和泉山脈のやまなみを眺めながら力侍(りきし)神社に立ち寄って、紀ノ川に突き当たります。
 正面に高積山237mの優美な姿を見ながら756mの長い川辺橋を渡り、間近になった布施屋(ほしや)駅を横目に、吐前(はんざき)王子に寄り道してから駅に向かいます。


平成31年1月5日(土) 例会№  熊野古道・紀伊路2/6
熊野古道 「布施屋から伊太祁曽神社、海南
 定員:25名 一般向き 青春18切符利用可能
 行程とコメントなどは12月15日(土)の下見計画を参照


平成31年1月12日(土) 例会№  熊野古道・紀伊路1/6
熊野古道 「山中渓、雄ノ山峠から布施屋」 
 定員:25名 一般向き 関西1デイパス利用可能
 行程とコメントなどは12月29日(土)の下見計画を参照

101204_okesueyama_takamikurayama_01101204_okesueyama_takamikurayama_02101204_okesueyama_takamikurayama_03101204_okesueyama_takamikurayama_04
【下見山行計画】
播州 「北播磨アルプス・高山から鷹ノ巣山」 関西ハイク山友会 例会№ 下見

日 時:平成31年1月26日(土) 9:30~16:10 

集合場所:JR山陽線・ひめじ別所駅 神姫バス乗り場 9時
 ※JR京都7:14(新快速)大阪7:45=三ノ宮8:08=8:36加古川(乗換)8:40=8:50ひめじ別所
  関西1デイパス利用可能
【雨天の場合】 下見なので雨天決行です
 
参加予定者:2名/JNKさん、きよもり/11/12現在
   下見に同行していただける方はメールを下さい。

コース:ひめじ別所(集合9:00)9:13(神姫バス170円)9:21深志野本町―飾東町北山―白山神社―尾根上―点名・志吹197.2mⅣ―小P200m―急登上―右折点―左折点―高山298.1mⅢ―P251m分岐―P251m―鉄塔―鉄塔Ⅱ―思出川車道―尾根取付―P182m―桶居山分岐―大ハング上―主稜線―鷹ノ巣山264.2mⅣ―馬の背―鹿島神社16:20(神姫バス290円)16:36JR宝殿(解散)

レベル:中級向き (100m前後の急登が連続する岩尾根のロングコース)

地 図:2万5千=「笠原」「加古川」
 予定断面図予定ルート図
 ルート拡大図:前半後半

行  程: 約11.0km 所要時間6時間40分(歩行時間5時間20分、休憩・昼食1時間20分)、累計登り+1030m下り-1020m
 ひめじ別所(集合9:00)9:13(神姫バス170円)9:21深志野本町20m(出発9:30頃)―25分―飾東町北山20m―10分―白山神社60m―20分―尾根上140m(10:30頃)―5分―鞍部100m―15分―点名・志吹197.2mⅣ―10分―小P200m―30分―急登上270m(11:40頃、昼食)―10分―右折点240m―15分―左折点260m―25分―高山298.1mⅢ(13:10頃)―10分―P251m分岐240m―10分―P251m―5分―鉄塔180m―20分―鉄塔Ⅱ150m(14:05頃)―10分―車道70m―5分―尾根取付60m―25分―P182m―5分―桶居山分岐150m(14:50頃)―25分―大ハング上170m―20分―主稜線230m―10分―鷹ノ巣山264.2mⅣ(15:50頃)―10分―馬の背160m―10分―鹿島神社20m(16:10頃)16:20(神姫バス290円)16:36JR宝殿(解散)
 宝殿16:46(快速)16:53加古川16:52=17:22三ノ宮=17:45大阪=18:14京都

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック、軽アイゼン、ヘッドランプ(下山が遅くなる可能性があります)

費 用:各自払い/JR京都~ひめじ別所 2,270円ですが、関西1デイパス3,600円が利用可能です。3,600円

コメント:
 播州アルプスの桶居山から高御位山の縦走路から北に並行して東西に延びる岩尾根(仮称・北播州アルプス)に初挑戦します。
 播州アルプス同様にアップダウンの多い岩尾根で100m程度の急登が数回繰り返すハードコースです。
 帰路のバスは鹿島神社からになりますので、後半の行程は車道から播州アルプスへ登り返します。
 鹿島神社発のバスは最終が16:20なので、間に合わない場合はJR曽根まで30分歩く覚悟で臨みます。
 高山からいったん車道へ降りてくる時間が15時を過ぎるようなら車道を思井で川沿いに2km西へ下って、夕陽ヶ丘17:10の神姫バスでひめじ別所に戻ります。


190202_190202__2
【下見山行計画】
京都北山 「左大文字と鷹峯三山」 関西ハイク山友会2月11日(月・祝) 例会の下見

日 時:平成31年2月2日(土) 9:10~15:50 

集合場所:JR嵯峨野山陰線・二条駅改札口 8時20分
 ※京都市バス 二条駅前 8:40発の6系統玄琢行に乗車
【雨天の場合】 下見なので雨天決行です
 
参加予定者:2名/JNKさん、きよもり/11/12現在
   下見に同行していただける方はメールを下さい。

コース:JR二条駅改札口(集合8:20)二条駅前8:40(京都市バス230円)9:01土天井―鷹ヶ峰取付―鷹ヶ峰260m―左大文字山―鷲ヶ峰314m―千束車道―天ヶ峰取付―尾根上―天ヶ峰・桃山466m―展望台―尾根分岐―常信寺―千束車道―千束―鷹峯源光庵前(15:50頃、解散)

レベル:一般向き (天ヶ峰の登り260mは倒木次第)

地 図:2万5千=「京都西北部」

行  程: 約8.1km 所要時間6時間40分(歩行時間4時間55分、休憩・昼食1時間45分)、累計登り+640m下り-620m
 JR二条駅改札口(集合8:20)二条駅前6系統玄琢行8:40(京都市バス230円)9:01土天井
 土天井130m(出発9:10頃)―20分―鷹ヶ峰取付150m―30分―鷹ヶ峰260m(10:10頃)―15分―左大文字山231m―15分―鞍部240m―20分―鷲ヶ峰314m(11:10頃、昼食)―20分―千束車道150m―20分―天ヶ峰取付200m―40分―尾根上350m―30分―天ヶ峰・桃山466m(14:00頃)―5分―展望台410m―15分―尾根分岐330m―15分―常信寺230m(14:50頃)―10分―千束車道170m―20分―千束140m―20分―鷹峯源光庵前150m(15:50頃、解散)

装 備:昼食弁当、飲み物、防寒具、雨具、着替え、スパッツ、ストック、ノコギリまたは剪定はさみ、軽アイゼン

費 用:各自払い

コメント:
 冬場の北山歩きとして市街地に隣接した鷹峯三山を歩いてみます。
 御土居跡が残る土天井町のバス停から150m程度の登るとすぐに鷹ヶ峰なので、鷲ヶ峰に向かう途中、左大文字山に寄り道します。
 天ヶ峰へは鷲ヶ峰からいったん千束の車道に降り切って、300mの登りですが、倒木があるかも知れませんので、時間的には余裕を見てあります。
 町名の由来になっている鷹ヶ峰と鷲ヶ峰、天ヶ峰の三山は光悦寺のお庭から一望できるそうですから解散後、希望者のみ光悦寺に立ち寄りたいと思います。


平成31年2月9日(土) 例会№  初心の山42
播州 「北播磨アルプス・高山から鷹ノ巣山」
 関西1デイパス利用可能 中級向き 定員25名
 行程とコメントなどは12月29日(土)の下見計画を参照


平成31年2月11日(月・祝) 例会№  北山の尾根と峠61
京都北山 「左大文字と鷹峯三山」
 一般向き 定員25名
 行程とコメントなどは12月29日(土)の下見計画を参照

続きを読む... "181114 2019年1月2月の下見と例会予定→確定"

2018 11 14 [地図, 山行計画, 関西ハイク山友会] | 固定リンク | コメント (0)